VOGUE GIRL LINE Twitter Facebook Pinterest Instagram mail
牡牛座

牡牛座のみなさんへ
2022年下半期、牡牛座は
「大きな自己変革をして、
バカンス時間も取り戻す。
さぁ、行くよ、私!」

みなさんこんにちは。しいたけ.です。

皆様お元気でしょうか。今回、2022年下半期の占いを執筆していて、改めて「各星座が大きな変化の真っただ中にいるんだな」と感じました。というのは、「こういうのが幸せ」、「こういうのを目指せばよい」とか、今までにあった「正解」のほうではなく、各自がつくっていく「これが私達の幸せ!」というもののほうが力を増していく気がしました。そういう意味で、今は「0(ゼロ)からの新しい仕組みとか、楽しみなんかを組み立てていける人」が運をつかんでいくんじゃないか。「生活の場を2拠点持ってもよくない? できるんじゃないかな」とか「月に1回、それぞれの時短料理テクニックを披露しない?」といった遊び心とか「あんた何言ってるの?」と言われてしまうような空想の中に、これからの未来を切り開いていく鍵がある。2022年下半期は、子どもの頃やってきた空想を、大人が取り戻していくための時間。ぜひ、ゆっくり読んでいただいて、参考になってもらえればうれしいです。

しいたけ.

2022年下半期の運勢は?

プレゼントと安らぎ。

2022年下半期のオーラ
牡牛座

2022年下半期の牡牛座は「プレゼントと安らぎ」を表すエメラルドが出ています。2022年が始まって半年間、やはり牡牛座もいろいろな面で相当バタバタしてきたと思います。というのは、牡牛座は基本的に「1点集中の本気モードで、難問を突破していくやり方」を得意としているのです。でも、この2022年においても、あなたは自分の仕様とかシステムをかなり変更したり、改善してきたりしました。ここまでですでに、あなたは乗り越えるべきものをちゃんと乗り越えてきたのです。2022年下半期は自分の得意を取り戻し、また、新しい自分になって、成果やゴールを勝ち取っていきます。そして、その道にちゃんと「安らぎ」と「プレゼント」を得ていく。自分を整え、新しく自分に与えられる報酬やご褒美や立場をきちんと受け取っていく。自分を楽しみ、やるべきことをやり、受け取るべきものを受け取る。牡牛座の栄光のストーリーを一緒に見ていきましょう。

自分システムの変更と改善。

2022年下半期のことを書いていく前に、やはりあなたがここまでやってきた「自分システムの変更と改善」について書いていきたいです。

もともとなのですが、牡牛座は「ひとつの物事に200%のエネルギーを投下する人」です。ほかの人にはない、あなたには何かに対しての1点集中とか、「命がけ活動」のようなものがあり、仕事でも、遊びでも、趣味でも、今の自分のマイブーム以外に対しては、本当に興味がなかったりします。たとえば、「今の私はとにかく仕事でのし上がりたい!」と決意したら、本当に仕事以外のことに関してはやらなくなります。でも、仕事の情報交換が絡むような土日の会合に関しては、ちゃんと参加したりする。そのほかに「私はハワイが第2の故郷だ」と決めた牡牛座は、1年中頭の中でアロハミュージックが流れていたりするし、お仕事などでつらいことがあったとしても、ハワイのために乗り切ったりします。

「自分で決めた何かに対して、全身全霊の一心同体化をしていくことによって、独自の成長や独自の活躍を見せていく」

それが、牡牛座が持つ脅威の成長システムなのです。

でも、ここ最近までのあなたは、「1つのことに200%集中」できていた時間はほとんどなかったと思います。「1人分業体制」というか、「あっちのこと」も、「こっちのこと」も、毎日に「2つ以上のミッション」があるのが当たり前になったりもしていました。

それが結構、大変だったこともあったと思います。なぜなら、あなたにとって「まだこっちをやっている途中なのに、中途半端な状態であっちのこともやらなければいけない」とか、時間が断絶されるとか、切り上げなきゃいけないというのは、相当フラストレーションが溜まってしまうことだからです。

でも、あなたはちゃんと覚悟を決めた感じがありました。

「自分の理想のシステムではなくて、今のシステムの中で慣れるしかない。そして、自分のやり方を細かく変更していって、反省して、改善もして、今の状況に合わせてちゃんとアップデートしていこう」

と取り組んできた。

ここまでが本当にすごいことだったのです。「自分の改善」なんて、実は誰にでもできることじゃないし、すぐに成果も出ない。それでも、ひたすら地味に「これまでの自分のシステムや、時間の使い方の改善」に取り組んできたあなたは本当にえらいのです。ここまでの自分の人生の取り組み方に、どうか誇りを持ってください。

スピーディー牡牛座へ変身。

ここまでも説明してきたように、あなたはこれまでの「1点集中のやり方」ではなくて、「“あっち”も“こっち”も」をやらなければいけなくなった流れがありました。でも、その「1人分業体制」のやり方が、実はあなたに革命的な変化をもたらしているのです。

2022年の下半期のあなたは、「完璧」や「納得」よりも、効率的にやって、時間や気持ちの余裕をつくっていきます。今までのあなただったら「とことんやる」とか「まだ足りない」という台詞が多くなっていたかもしれませんが、この時期のあなたは「これでいいかも!」と言えるようになっていくのです。

物事を100%完成させようとしていくのではなくて、完成度を70%にして、後の30%の空きをつくる。

つまり、完璧な準備や企画を練って、それで「自分なりの100%」を目指すんじゃなくて、「大体これぐらいの準備で大丈夫。あとは当日に起こることを自分の新しい材料にしよう。よし、とりあえずこれでやってみよう!」と、これまで以上にフットワークを軽くして、真剣勝負やぶっつけ本番に臨んでいく。

2022年下半期のあなたは、かなりスピーディーにいろいろな物事やタスク、そして、楽しみさえも進めていきます。ぶっちゃけ、準備に飽きたし、いろいろ考えていくことに飽きたし、今までのフラストレーションが溜まってきた分、「とりあえずやってから考えよう! そして、反省点はまた次回にちゃんと活かしていこう」と、かなりフットワークの軽い、行動主義者になっていきます。

あなた、変わったね。

2022年の下半期は、「どれかひとつが大事」じゃなくて、「あっちも大事。こっちも大事」と、身の回りにあるものがすべて「大事」になっていきます。そして、それに対応する心構えとやり方もきちんとあなたは鍛えてきました。

運命の面白いところのひとつとして、運命は「やり方を変えた人」に急にプレゼントを贈ることが多いのです。

たとえば、常に「周りに負けたくない」と思って、根性で頑張ってきた人がいたとします。でも、その人が何かの拍子に「ごめんなさい」をちゃんと誰かに伝えたとき、その人の中にものすごい「変革」が起きているのが想像できたりするのです。

「自分のやり方が変わった。自分が喋る言葉が変わった。いつもだったら言えないことを、伝える努力をしてきた」

その人が新しい自分に迎えようとしてきた「変化」は、実はその人以上に、周りの人から鮮明に見えていくものなのです。友達とか知り合いが、「あなた、変わったね」と言ってくれたりもする。

2022年下半期の牡牛座は、いろいろなところで「あなた、変わったね」と言われるようになっていきます。変わる努力をしてきたあなたは、運命からのプレゼントを受け取る資格があります。あなたは何をプレゼントとして受け取るのか。

新しい立場、居場所。
そして、安らぎ。

牡牛座が2022年下半期に受け取るプレゼント。それは大きく2つあります。ひとつが、「新しい立場や居場所」です。そして、もうひとつが「安らぎ」です。

「頑張って、2つのことを同時にやってみる」

何度もお伝えしてきたように、あなたは2022年下半期に、自分にとって新しい武器を手に入れていきます。だからこそ、「自分の独自の道を切り開きつつも、周りに対する貢献の道も選んでいく。自分のことも大事だし、周りも同じように大事だ」と、半々で頑張っていくことができるし、リラックスをして、手を抜くところは抜きます。

柔軟に変わっていこうとしているあなただからこそ、周りや運命が放っておかないのです。「あなたと一緒にやりたい」とか、「あなたにぜひ○○をやってもらいたい」と、今までの自分だったら頼まれないようなことも頼まれていったりします。そして、あなた自身が「次はこういうことをしてみたい」と、お仕事などの面でも、プライベートでの楽しみの面でも、新しい扉を開いていきたいと心から願う。

変なアドバイスになってしまうのですが、2022年の下半期はぜひ、「逃亡制度」も導入してみてください。限界まで「やらなければいけないこと」をやるんじゃなくて、あなたはもっと柔軟になります。「このまま根を詰めて頑張っても無駄だから、ちゃんとリフレッシュしよう。よし、脱出!」と、いつも自分がいる場所を脱出していく。自分の半径5mの空気の入れ替えを適度にしていって。

リラックスして、リフレッシュをして、頑張る。頼り、頼られ、甘え、甘えられ、「鉄壁の自分」を持つんじゃなくて、よい形でちゃんと周りと依存し合う。

ガチガチに形を整えていこうとする自分じゃなくて、もっと「自分」と「周り」の境界線が緩やかになった新しい居場所、そして、安らぎをあなたは手に入れていきます。

伝えるべきことを、
伝えていく人になっていく。

牡牛座の人って、なかなか心を開くまで時間がかかる部分がありますが、縁のある人に対して、ちゃんと「伝えるべきこと」を伝えてくれる人でもあります。「あなたはすごい頑張っている。いけるよ。絶対」とか。「こういうことを言うの恥ずかしいんだけどさ、お互いに刺激を分け合って、もっと面白いことをしていこうよ」とか。周りも、あなたがおべっかや嘘をつくタイプではないと知っているから、あなたに贈ってもらった言葉は、その人がこれから先の人生を生きていく上で、宝物になっていくのです。だから、2022年下半期も、あなたはあなたのままで。変に肩肘を張る必要はないし、変に特別な言葉を伝えようとしなくても大丈夫。でも、「何かを言いたい」と思ったときだけ、その瞬間だけ少しの勇気を持ってみて。周りと、自分と、お互いの物語を分かち合う。あなたにとってこの2022年下半期が素晴らしいものになりますように!

仕事運はどうなる?

一段自分を下げる。

2022年下半期の仕事面でのあなたのテーマは「一段自分を下げる」です。仕事面において、牡牛座はもともとかなり強い一匹狼性があります。「仕事場で友達ごっこはいらない」とか「馴れ合いは嫌い」とか「実力と実績、そして、どう困難を乗り越えるかで評価される」など、あなたにとっての仕事は「自己証明を賭けた真剣勝負」の性質があったりします。ただ、2022年の下半期のあなたは、仕事面においても新しい役割や立場を任されやすいです。「信用され、評価され、任される」。大きなプレゼントを受け取っていくために、あなたに求められることは一段自分を下げること。これは「謙虚さが大切なんですね」とか、そういうことではないんです。たとえば、優れたリーダーは、自分の経験値だけで物事を考えず、そして、決めつけないで、自分よりも年下の人に教えを乞うことができます。「自分を下げる」のは、自己卑下ではなく、「周りと繋がり、協力し合い、これまでやってこなかった新しい可能性を生む」ための最大の武器になっていくのです。この時期、あなたはひとりでは戦いません。もっと周りと協力して戦っていく。そのために、「自分のプライド」を脇にどけて、ちゃんとお願いをする。ちゃんとお礼を伝える。この時期、周りを立てることはすごく大事な生存の作法になっていきます。今のあなたなら、面白がってやれちゃったりするので、ぜひトライしてみてください。

恋愛運はどうなる?

褒め褒めナルシストになっていく。

2022年下半期の恋愛面でのあなたのテーマは「褒め褒めナルシストになっていく」です。まず、牡牛座の魅力の奥底には、ちゃんとした「ナルシスト性」があるのです。ナルシスト性というのは、「こんな私、どうよ?」と外に向けて自分の魅力とか、特別な時間を過ごしている自分を発表していくことです。牡牛座は、「自慢」が嫌いではない人です。密かに自慢することで、自分のテンションをアゲていくこともやったりします。2022年下半期は特に、「SNSなどで、自分にとっての特別な時間をちゃんと写真に収め、見てくれる人達のために公表する」とか、「最近こういうことあったんですよ」など、面白かった出来事を話してみてくださいね。多少盛ったとしても構わないし、あなたの側から「そろそろテンション上げていこうぜ!」という気持ちを込めて、外に自分の情報を発信していってよいのです。1日1回でよいので、「今日のあなたね、すごくカッコよかった。あなたの座り方は美しいわよね」とか、自分に対しても、ちゃんと賛美を送ってあげてみて。牡牛座は、自分を徹底的に出さない謙虚さと、「自慢をしたり、調子に乗っていくことで、ものすごく魅力を開花する」など、やっぱり勢いの人なのです。2022年下半期のあなたは「プレゼントと安らぎ」を受け取っていくタイミングなのだから、毎日1回、自分を極上のものとして扱う。そして、他人が持っている魅力や美点に気づき、そこをちゃんと評価していく。その地道な作業はぜひやってみて! もうね、謙虚で我慢強く、コツコツとした努力をやっていく時間ではなくて、パーティーの時間が訪れてくるから。だから、ちゃんとナルシストになって、自分をアピールし、そして、周りの見えないアピールもちゃんと褒めてあげてください。2022年下半期は、「他人の魅力や美点に気づき、褒めることができる人」が勝っていくから。毎日の自己賛美の訓練によってきちんと自信をつけていって、周りに対しても美点に気づける人、声を掛けられる人になっていく。あなたは恋愛面や人間関係の面でも、ちゃんと自分に魔法をかけ、変身していくのです。

月ごとのアドバイス

7
放浪期、リハビリ期。
8
バカンスは続くよどこまでも。
9
自分のセンチメンタル成分と戦う。
10
スーパー駆け抜けタイム。
11
果報が急にやってくる。
12
極めの呼吸。

★マークのついた⽉はラッキー⽉です。

July 7月
7月のオーラ
牡牛座

放浪期、リハビリ期。

「放浪期、リハビリ期」のベージュが出ています。牡牛座にはほかの人以上に、「ちょっと最近頑張りすぎちゃったから、外の世界や他人に対して一切の気をつかわないで、自分の素の時間に浸る時間がほしい。では、さようなら~」という時間が必要なのです。7月はまさにその放浪とリハビリの期間で、あなたはもう、自分のことを風だと思ってください。気の向くままに流れる形でOK。ただ一方で、この時期のあなたには「イベントが宝物になる可能性」がある時間でもあるので、7月が始まる前に「特別な予定を3件」入れちゃってください。そこをご褒美にやってみる。あと、変に慎重になってしまったり、「本当に大丈夫かな」と弱気になりやすいので、「絶対に私は楽しむ!」と、強気で大胆な姿勢をときには嘘でも持ってみて!

August 8月
8月のオーラ
牡牛座

バカンスは続くよ、どこまでも。

「バカンスは続くよ、どこまでも」のターコイズが出ています。先月の7月とこの8月の牡牛座のバカンス運はすごくよいです。まず、大事なことを言わせてください。この8月は、面倒くさいこと、考えなきゃいけないことはまず脇に置いといて、「あー、楽しかったー!」の時間をバカンスで取り戻していってください。牡牛座はバカンスを送るために生まれてきたような人でもあります。さんさんと輝く太陽の真下や、山あいに吹く風を感じながら、自分のエネルギーを補充していく時間が何よりも大切。ここまでやってきたんだから、8月は羽を伸ばしましょ! 遊んで遊んで、遊びまくってください。それで、もうひとつだけアドバイスがあって、この時期はちょっと「自分のプライド」も脇にどけちゃって! わからなかったら「教えてください」と頼めばよいし、「ありがとう」と言えば大丈夫だから。「私が自分に求める基準」とか、そんな固いことは言わないで、この時期はフニャフニャになって、自分の天日干しをしていってくださいね。

September 9月
9月のオーラ
牡牛座

自分のセンチメンタル成分と戦う。

「自分のセンチメンタル成分と戦う」の青が出ています。牡牛座は特殊体質を持っていて、独特の「傷つきやすさ」を持っています。だからあなたはミッションに燃えて、負けないように、自分を保ち続ける。そして、この9月のあなたは「傷つく自分」と、「ちゃんと毎日戦っている自分」を分けていく必要があります。つまり、感情やセンチメンタルに引きずられすぎてもいけない。考えたいこと、心配することがあったら、歩きながら考える。「よし、ちょっと考えに出かけるか!」などの作法を持つとなおよかったりします。踏ん張りどころだから、負けないこと! あと、この時期のあなたは「自分の専門外のことも受け持つ」とか「やれることや、可能性の裾野がかなり広がっていく」という時期でもあるので、突発的な依頼こそがチャンスになっていきます。

October 10月
10月のオーラ
牡牛座

スーパー駆け抜けタイム。

「スーパー駆け抜けタイム」のオレンジが出ています。牡牛座はやはり素敵で、あなたが本当に自分のやりたいことや、済ましていきたいことに夢中になるとき、「ぼーっとした小学生」みたいな顔つきになります。何か呆けているような、でも、頭脳と心はちゃんと高速で動いているみたいな、そういう動きを見せていきます。10月は、「夢中月間」になります。あなたは密かに「内なる闘志」を燃やし、きちんと成果を勝ち取っていく。自分が決めたところまでちゃんとミッションを遂行していく。不思議と解決策がわかるし、どのように手を打てば面白くなるのかとか、第六感が働くかのように、頭が冴えます。やるべきことも、やりたいことも、全部に対して夢中でやり抜いて! 全体的に、時間が足りなくなる動きもあるので、ある程度の計画は組んでおいてくださいませ。

November 11月
11月のオーラ
牡牛座

果報が急にやってくる。

「果報が急にやってくる」の金色が出ています。2022年の下半期全体がそうなのですが、牡牛座は「プレゼントを授かる運」が急に開けてきます。この11月に関しても、「急によい知らせがやってくる」みたいな感じで、今までの努力とか積み重ね以外に、いきなりのランクアップが訪れます。この時期の「プレゼント」はご褒美的な意味もあるのですが、それよりも、「そのプレゼントや評価を受け取った後は、以前の自分とは違う人間になる。成長を示す」とか、そういう「けじめ」も含まれていたりします。この時期、「何の努力をするべきか」などよりも、とにかく人柄が大切になります。なので、客観的に自分をみて「こういうことはカッコ悪いからしないほうがよいな」と、自分の倫理や節度をわきまえることが、幸運の扉に繋がっていく方法になります。「何をするか」ではなくて、「私は何をしないか」を決めるほうが大事になります。

December 12月
12月のオーラ
牡牛座

極めの呼吸。

「極めの呼吸」のピンクが出ています。牡牛座は本当に自分に期待ができるとき、自分が溜めてきたものを発揮していくとき、すごく静かに言います。「あ、私やっちゃうわ」って。始まる前に勝利宣言をしてしまう。12月のあなたは「勝利を収めていく」ときで、ネガティブな意味ではなくて、周りにあんまり期待しないのです。自分でやっていっちゃう自信があるから。そして、この時期のあなたは小さな物事に対しても手を抜かず、マニアックさと好奇心の両方を発動させながら、いろいろなことを「極めていきたい」と願います。静かな覚悟と、大胆な行動。あなたの周りの景色を変えていってしまって。自分にとって大切なものを守る意思。世界を変えていく意思。その2つが合わさって、すごいことになるから。2022年の最後までちゃんと走り抜けていって!

しいたけ.からの
魔法のメッセージ

2022年の下半期、あなたはたくさんのプレゼントを受け取っていくことになります。そして、あなたは自分にやってくるプレゼントに対して、「私は何を返していける人なんだろう」と考えてしまうこともあるかもしれません。あなたが周りに対して返していくもの。それは、笑顔だけで十分です。あなたが誰かに対して一生懸命に恩を返そうとしてきたことを周りは知っているし、周りをフォローしてくれたり、全体のことを考えてくれたことも、実は結構みんな知っています。それを知らない人は相当、センスがないです。だから、あなたも「まだ自分が足りない」とか「もっと準備しなきゃ」と考えるんじゃなくて、もっとフラフラと、準備なく、テキトーな感じでやってみて。バカンスがしたくなったら、今の場所からちゃんと「はい、逃亡!」とも言ってみて。あなたの笑顔をまた見たいですし、また、その笑顔に会いに行きたい人がいます。2022年下半期はもっといっぱい遊びましょうね!

しいたけ.

SHIITAKE LIVE CHATしいたけ.さんが登場!
SHIITAKE LIVEを
お見逃しなく。

しいたけ占い2022年下半期公開を記念して、占い師しいたけ.さんが12星座別のLIVEをインスタグラムとツイッター、TikTokで同時開催。星座別にお悩みや質問も募集中なので、ぜひ参加して! 詳細はこちら

THANK YOU