VOGUE GIRL LINE Twitter Facebook Pinterest Instagram mail
魚座

魚座のみなさんへ
2022年上半期、魚座は
「これまでの改革が実を結ぶ。
責任を取る立場になるけど、
遊びまくるよ」

みなさんこんにちは。しいたけ.です。

今回の2022年上半期占いは、誰よりも僕自身が「2022年はどういう年になるんだろう?」という気持ちを持って書いていきました。そして、この2022年の上半期は多くの人にとっても特別なものになっていくし、特別だったものを取り戻していく時間になっていくと確信しました。もちろん、どの人も、まだ穴から出たばかりで「今まであった世界」に適応する時間も必要になります。でも、ちゃんと特別な思い出を残していける。ちゃんと楽しんでもいける。

また、この2022年は「これまでの10年」が終わり、「これから始まっていく新しい10年の始まりの年」になります。それぞれが、大きな節目なり、区切りなりを迎えていく。いつもよりも内容が濃い感じになっているので、ゆっくり読んでいただいたらうれしいです。

2021年12月 しいたけ.

2022年上半期の運勢は?

改革の着地点。

2022年上半期のオーラ
魚座

2022年上半期の魚座は「改革の着地点」を表すシルバーが出ています。魚座はこの2022年上半期に自分が行ってきた改革や自己変革に決着をつけ、これから先の自分の居場所をきちんとつくっていきます。この2022年上半期も、「自分にとって何が大事なのか」を考え、周りと折り合いをつけ、着地したり、落ち着いたり、また飛びあがったりと、四方八方での活躍を見せていきます。いろいろ考える。いろいろ話し合う。やりたいこと、押さえておきたいこと、そして、これから先も変わり続けていきたいこと。バタバタは変わらずについて回るけど、とても面白くてワクワクするような半年間を過ごしていきます。

これまでの10年間。
これからの10年間。

まず、前書きでも少し触れたのですが、2022年は「これまでの10年間」が終わり、「新しい10年間が始まっていく」ような、ちょうど節目や区切りの年であり、メモリアルな話も多くなっていきます。では、魚座にとっての「これまでの10年間」はどういうものだったのかというと、「社会勉強ありがとう」の期間でした。いきなりぶっ飛んだ説明をして申し訳ないのですが、魚座はやはり宇宙的なところがあります。あなたの中で「え、私の中の常識ではなかった。そうか。地球ではこういうルールでやるんだ」みたいな感じで、規格外の立場から物事を見ているようなところがある。でも、これまでの10年間の経験を通じて、あなたは周りの助けもあり、「社会勉強」とか「常識」、そして、「周りに貢献すること」を強く学んでいきました。ただ、これから先の10年間において、あなたはもうちょっと「自由研究的な生き方」をしていきたくなります。カッコつけた言い方ではないのですが、これから先のあなたは「自分にしかできないことをやっていきたい」、「自分で自分の居場所をつくり、そして、契約みたいな形で何かのモノづくりに助力していきたい」と願うようになります。どっぷり集団の中に入っていくのではなくて、独力で、自由を持ってひとりでいろいろやっていきたい気持ちが強まっていくのです。DIY的な生き方が強くなるというか、自分で思いついたことを、自分で道具を使ってシステムや機能をつくって完成させていくみたいなことをしていく。「思いついたことは、基本的に全部やってみたい」という生き方をどんどん追求していきます。

とにかく濃かったこれまでの4年間。

それで、もうちょっと振り返りをしたいのですが、魚座ほど、ここまでの4年間ぐらいの期間が濃密だった人もなかなかいないのです。ここまでの魚座はやはり「改革」をすごくやってきた。

この改革について改めて説明したいのですが、2019年からあなたは「今の自分の居場所」について、やり終えた感覚を持ったと思います。魚座はどこか、「自分にしかわからない、契約期間の感覚」を持ちます。これは本当に不思議なのですが、「あ、もう私がいなくなってもいいな」とか「私としては、ここで学んでいくことはすべて学んだ」とか、「ここに在籍しつつも、違う可能性をちゃんと追求していきたい」という好奇心とかも持つ。自分の熱が「次」に推移していくのを感じた。魚座は本気の人だから、「本気の温度が弱まった。では、次に私が100℃の温度を出せるところを探していこう」と、次の旅なり、次の居場所づくりに向けて出発するようなところがあるのです。2022年までの期間、多くの魚座が「自分の城を築く」努力をしてきた感じなのです。「自分の城」とか「自分の国立公園」とか、「自分の家」とか。そこは、ただ落ち着く場所ではなくて、どんどんバージョンアップしていくというか、面白い文化基地みたいな場所。もちろん、激しいものだけではなくて、「自宅をパン工場にしたい」とか、「自分だけの実験スペース&居場所」を構築しようとしてきた。

では、いろいろな「改革運動」も含めた、2022年上半期のあなたはどうなっていくのか。それを次に見ていきたいと思います。

独走期の終了。

まずですね、2022年は2月まで、魚座はもがく時期が続きます。これは「つらい」という意味ではなくて、2月の中旬ぐらいから、「落ち着く」とか「自分がどこに着地していきたいか見える」みたいなことが起こる。3月からは迷いがなくなり、自分のやりたいことの舞台に立っていったり、チャンスをもらう。

一方で、2022年上半期のあなたは「責任段階」が一段階上がるのです。周りをまとめる役になるとか、「え、私でいいんですか?」みたいな役を任される。

これまで、「自己変革」とか「自分の周りの環境を変えたい」、あと、やはりこれまでの魚座は「独立心」というか、「誰かの下についているわけではなくて、もうちょっと自分の裁量で自由にやりたい」という気持ちがひそかに強くありました。

そして、2022年上半期は「自分が行ってきた改革」と、「周りからの要望」と「自分の責任段階が上がる」という、それぞれの現象がちゃんとまとまっていきます。つまり、「ちゃんと要望を伝えたり、話し合ったり、信頼関係を築いていけば、自分のやりたいことは別に邪魔されるものではない」とわかっていく。そして、いろいろなものとの「よい距離感」を築いていけるようになる。仕事や勉強、遊びも両立できるようになる。これまでは多少「自分のやり方で独走したい。試してみたい」というやり方によっていたのが、周りの要望とマッチさせるというやり方も採用していけるようになります。2022年上半期は、「調和と協力期」になって、2019年から続いてきた一種の「オリジナリティと独立と独走期」が終わろうとしています。

責任段階が上がる。

さきほども言いましたが、魚座は3月になってからの展開がかなり速くなります。やりたいことを実現していく。ただ、もう一方で、2022年2月から「責任段階」がひとつ上がります。

これはどういうことなのかというと、たとえば仕事などの例でいうと、「単発のゲスト」として呼ばれていた人が、「レギュラー」としての役を任されるようになる動きなのです。テレビの番組でも、何かの連載でも「レギュラーになる」って、その媒体とか集団の「ファミリー」に招かれることでもあるわけじゃないですか。そういう意味で、「好き勝手にやる」というよりか、周りのバランスをもっと見ていく責任感が伴っていきます。

同時に、「責任段階が上がる」んだけど、何を引き受けるかをちゃんと考えていかなければいけないです。というのは、2022年上半期の魚座は仕事とかキャリアとか、あと、プライベートにおいても「これからする選択が、2年後、3年後にも関係」していくものにもなっていくから。プレッシャーを感じる必要はないのですが、「こっちの役目を引き受けちゃうと、私がやりたかったこっちのプランへの時間を取るのが難しくなっちゃうよな」みたいなことも起きてきちゃうのです。

なので、対応策としては、この2022年上半期の1月から3月は、やっぱり人と会ったほうがよいです。先輩とか同輩とか。今のあなたにとって、知り合いがこれからの人生のサンプルになります。もちろん、人に会って参考にしていくだけではなくて、旅をしたりするのもおすすめ。旅というのは、自分のこれまでの頑張りをねぎらうことができるし、あと、普段の自分を客観視していくこともできるから。

自分の自己実現だけではなくて、周りとどう折り合いをつけるか。それでもちゃんと「いや、すみません! どうせ生きるなら、私はこっちのほうを重点的にやっていきたいです」みたいなことを、周りに対しても伝えていく時期です。堂々と胸を張って、自分の美学を追求していってください。

インスピレーションの扱い方。

魚座って、ニコニコしているけど、自分のやりたいことは絶対的に決まっていることが多い星座なのです。たとえば、みんなでごはんを食べに行って、本当はラーメンを食べたかったけど、周りの空気的にイタリアンになってしまった。そうしたら、「そのとき受けた“ラーメンを食べている私”のイメージなり、インスピレーション」は忘れない人なのです。なので、いろいろな経験を積んだ魚座は、「あ、私勝手にやるので。ラーメン! ラーメン!」と、自分の個人行動の時間をとても大事にしていく。

何が言いたいのかというと、2022年上半期は、あなたのインスピレーションが現実化していくようなときです。そういう意味で、この時期のあなたはやはり自分の活動を3つぐらいに分けてやっていくようなところがあります。

  • ①インスピレーションとか、思いついたからやっていく。秘密基地活動
  • ②2年~3年後を見据えて、今からやっておきたいことをやる。将来に向けての活動
  • ③頭を空っぽにして遊ぶ。空っぽ風任せ活動

できれば、この3つを紙に書いたりして、すべてじゃなくてよいから、人に説明できるようにしておいてください。あなたのやっていくことに対して、他人への説得や交渉を行ったり、伝えていく段階に入っているから。「分かってくれないだろう」という影は払っていくとき。分かり合えなかったらそれでよいのです。そういうことがあっても、あなたはもう前に進んでいけるから。

全員と分かり合うんじゃなくて、価値観が多少異なることがあっても、未来へのヴィジョンとか目標を共有できて、協力し合える仲間に恵まれていきます。

出し惜しみをしないこと、挑戦してみること。そして、協力し合うこと。2022年の上半期のあなたは「理想のための現実」を確実にやっていきます。話し合いとかもそうだし、自分の要望を伝えることも、相手からの要望を聞くことも。ぶつかり合っても大丈夫。ぶつかり合うことで、信頼関係をつくっていくこともできるから。

「私は私」のあなたも素敵です。でも、それ以上に、話し合えるあなたも素敵です。細かいところから大きなところまで、「よし、やるか!」の勇気を出して、あともう一歩前へ! ここまでちゃんと準備もしてきたし、苦労もしてきたんだから、主役となり、周りの空気を動かしていってみて! 頭を空っぽにして、遊びまくる時間もちゃんと取ってね!

仕事運はどうなる?

設備投資と初心。

2022年上半期の仕事面でのあなたのテーマは「設備投資と初心」です。まず、この時期の魚座は「自宅を作業場にする」みたいな動きがかなり強まります。これは仕事以外にも、「これから先、趣味なども含めて、自分で開拓していきたい分野」とか、「いつでもどこでも自由研究ができる設備」に対して、設備投資をしていく動きが強くなります。人によっては、「知人と共同でスペースを借りる」など、場所づくりに燃えていく。もうひとつ、2022年上半期のあなたの仕事面で大事なことは「変えちゃいけない部分への注目」があります。魚座って、周りから見て「癒やし系」のところがあります。「疲れが溜まると、会いたい人」の上位に選ばれる魅力を持っている。それで、ここまでの世の中は「新しい生活様式」とか、「生活の仕方、仕事のやり方を変えなければいけない」動きが強くありました。でも、2022年はその「変革」に反動がきて、「元あったやり方も正しい」みたいな動きが起こる。変革疲れが起こる。そういう流れの中で、魚座は「変えちゃいけないもの」とか「昔の定番メニューを復刻させる」とか、「変わらない、変えてはならない仕事の基本や初心の気持ち」に強く縁が出てきたりします。この時期、仕事面においても「初心に返る」のはとても大事になります。

恋愛運はどうなる?

遊んで、遊んで、遊びまくる。

2022年上半期の恋愛面でのあなたのテーマは「遊んで、遊んで、遊びまくる」です。これはもう本当に身も蓋もない話になってしまうのですが、魚座の人生にとって「ワーイ!」と「すげー!」は必須なのです。必須栄養素なのです。五感を研ぎ澄まし、楽しいもの、普段の自分の生活の中では目にできないもの、「どういう調理の仕方をしたらこんなおいしいものができるんだ?」を口に入れること。そういう、「非日常感」はマストなのです。あなたは刺激を即自分のパワーにできる人。2022年上半期の魚座は、この「刺激と欲望の解放」と「遊んで、遊んで、遊びまくる」がキーワードとなり、キーパーソンも「思いきり一緒に遊んでくれる人」になります。遊園地とかはもちろん、映画とかに一緒に行ってくれる人。あと、あなたはこの2022年の上半期に「勝手な自由研究」を結構強くやっていきます。「ひとり写真撮り部」とか「パンこねくり部」とか。その趣味の世界とかを一緒に楽しんでくれる人、また、あなたをディープな趣味の世界に誘ってくれる人との縁が濃くなっていくのです。ひとつだけ恋愛面で注意が必要なのが、「悪ふざけのやりすぎ」と、あと、「自分の趣味や好きな世界から帰ってこなくなること」です。「悪ふざけ」に関しては、この時期のあなたは楽しすぎて、「私楽しい! あなたも楽しいでしょ? え、何であなたも最高速度を出さないの? ほら、限界超えろよ!」みたいな形で、最高速度や最高温度の強要みたいなことが起こりやすい。もうひとつ、「自分の好きなことがやっとできる!」ということで、同居人を放置しまくったりする危険性もあるので、「遊ぶのは全開だけど、ブレーキをちゃんとかけるところはかけたり、周りの様子もうかがう」のも一緒にやってあげてください。

月ごとのアドバイス

1
刺激不足を解消していく
2
責任と決断
3
迷いが消える。賭ける
4
一発勝負!
5
粘り強く!
6
神秘体験

★マークのついた⽉はラッキー⽉です。

January 1月
1月のオーラ
魚座

刺激不足を解消していく。

「刺激不足を解消していく」の紫が出ています。この1月は自分のペースで、「今までの閉じ込められていた世界から出る活動を本格化していき、寄り道をして宝物を発見していく」みたいな時期になります。2022年上半期に入る前までの魚座は修行のようにいろいろな、自分なりの試みを黙々とやってきた。だからこそ、今のあなたは「圧倒的な刺激不足」であったりします。この時期は静かにバージョンアップしていくときだし、見ていく世界を入れ替えていきます。おすすめなのが、本屋さんに行って目が合った本を選んでみること。2022年上半期のあなたは「自分が守ってきた世界以外の、新しい世界への進出」にも出会いやすいので、ネット以外での、「肉体を使っての情報摂取」は重要になります。

February 2月
2月のオーラ
魚座

責任と決断。

「責任と決断」の茶色が出ています。この2月なのですが、運勢的にあなたの「責任段階」みたいなものが一段階上がりそうなのです。仕事の責任者を任せられたり、新しい分野にチャレンジしていったり。だから、この時期のあなたは「何を選んでいくか」とか「返答」みたいなことも求められるようになります。なので、できたら、「外の世界」ものぞいてみてください。他業種の人の話を聞くとか、「○○の学部には興味がないけど、この人には興味がある」とか。「自分とは縁がないだろうな」と思われていた分野にも縁が開きやすいとき。あわてずに、人の話も聞いて、あと、メリットとデメリットなんかも洗い出して、ちゃんと悩んでいくこと。海外への興味が強くなる人も多くなるし、何かと2022年上半期の魚座は「移動」とか「異動」に縁ができやすいです。

March 3月
3月のオーラ
魚座

迷いが消える。賭ける。

「迷いが消える。賭ける」の金色が出ています。この3月は魚座にとってのかなり大きな節目になるような時期で、あなたにとって「いろいろなもの」が1周回った感じなのです。だから、ここまで悩んできたこと、考えてきたこと、自分の将来など、ひと通りの答えが出る。「賭けてみたい」という気持ちも出てきます。そして、ある種の怒涛の新展開みたいなものも始まっていき、「ついていくだけで精一杯」みたいな感じも出てきます。でも、「余裕の無さが楽しい」と感じられることもあります。やっと納得ができる動きができていくことも。この時期、発表とか、他人に対して「言い切る」場面なんかも出てきます。少し気が早いですが、今年と来年以降にも繋がっていく道の扉が開いていくのです。

April 4月
4月のオーラ
魚座

一発勝負!

「一発勝負!」のシルバーが出ています。魚座にとって前月の3月とこの4月は怒涛になります。4月は「大チャレンジ」のようなことをしていくし、これまでの自分が準備してきたこと、用意してきたことが試されていったりもする。この時期のあなたは「恨み言なし、後悔なし!」とあらかじめ決めておいたほうがよいです。それだけ、遊びでも、やらなければいけないことでも、勝負を賭けていきたいし、大胆なことをしていきたいから。だから、「よくよく考えたらこうすべきだった」みたいなことは言わなくて大丈夫。精一杯やるだけ。また、2022年上半期の魚座のひとつのパターンなのですが、「派手な舞台を体験した後に、また次の日は地道な下積みに戻る」とか、光と影の舞台を行ったり来たりします。自分の殻を破ることも、地道に準備することも、両方大切。

May 5月
5月のオーラ
魚座

粘り強く!

「粘り強く!」のネイビーが出ています。この5月はまず、「あともうちょっと!」が欲しくなるときなのです。準備をしてきたことがまとまっていき、動かしていける。そして、身近にいる人から楽しい誘いなんかも増えたりする。いろいろな方面で話が盛り上がっていくのです。でも、今の魚座は「歴戦の戦士」みたいなところがあって、「結果出してから喜ぼうや」みたいな、そういう「冷静な締め」の感覚があるんですね。だけど、ちゃんとこの5月は動いていけます。ひとつだけアドバイスがあって、この時期のあなたは「1番後ろの位置」にいるようにしてください。この位置は、周りの人にフォローを入れる係です。よく周りを見て、「この部分をやってくれて本当にありがとう」とか、声を掛けていくとき。いやらしい意味ではなくて、人望稼ぎのチャンスです。その人望が大きな財産になっていくから。すべてに対して粘り強く。短気が起きたら散歩をする。

June 6月
6月のオーラ
魚座

神秘体験。

「神秘体験」のターコイズが出ています。突然ですが、魚座は結構「神秘体験」に縁がある人が多いのです。友達に話しても「本当かよー」と言われてしまうことが多いけど、「あ、多分私はこっちだ」と突然やるべきことがわかったりする。この6月は、自分の中で「やってきたことの意味。踏ん張ってきたことの意味」がわかるような体験が多くなります。「このために頑張ってきたんだ」とか。「面白そうだからやってみた」ことが、結構よい結果に結びつくことが多いです。また、この時期は「手放すこと」なんかにも縁があります。「もういいや! 遊んじゃえ!」と弾丸で遊びに出かけるとか、「頑張ること」から距離を置くことも大事。遊ぶこと。青春ごっこをすること。空白をつくることも大事。

しいたけ.からの
魔法のメッセージ

魚座の説明って、ほかの人と比べて少し難しい部分があります。というのは、あなたはこの人間社会で生きていくために「妖精活動」みたいなこともしていかなければいけない人だから。人と会う、社会人をする、参加をする。そういうのって、「人間としての仮面」をかぶってやらないといけない。でも、魚座はずっとその「仮面」をつけてはいられない人。仮面を外して、妖精とか、ときには自然物とか、そういう「人間じゃないもの」に帰っていく時間が必要。これまで、人間界での改革、自己変革。本当にあなたは勲章を贈られてもよいぐらいに働いてきました。だから、2022年の上半期は少し仮面を外す時間も持って、年齢とか性別とか立場とか、立派とか、そういうものを外して解放される時間も持ってみて。変態的な意味ではなくて、ちゃんと全裸時間を取る。ここまで、本当にお疲れ様でした。解放もされて、英気も養って、次に楽しく進んでいくこと!

しいたけ.

SHIITAKE LIVE CHATしいたけ.さんが登場!
SHIITAKE LIVEを
お見逃しなく。

しいたけ占い2022年上半期公開を記念して、占い師しいたけ.さんが12星座別のLIVEを インスタグラムとツイッターで同時開催。星座別にお悩みや質問も募集中なので、ぜひ参加して! 詳細はこちら

THANK YOU