VOGUE GIRL LINE Twitter Facebook Pinterest Instagram mail
水瓶座

水瓶座のみなさんへ
2022年上半期、水瓶座は
「プロ意識の爆発。
私がこれからの答えをつくっていくよ。
みんな見ててね」

みなさんこんにちは。しいたけ.です。

今回の2022年上半期占いは、誰よりも僕自身が「2022年はどういう年になるんだろう?」という気持ちを持って書いていきました。そして、この2022年の上半期は多くの人にとっても特別なものになっていくし、特別だったものを取り戻していく時間になっていくと確信しました。もちろん、どの人も、まだ穴から出たばかりで「今まであった世界」に適応する時間も必要になります。でも、ちゃんと特別な思い出を残していける。ちゃんと楽しんでもいける。

また、この2022年は「これまでの10年」が終わり、「これから始まっていく新しい10年の始まりの年」になります。それぞれが、大きな節目なり、区切りなりを迎えていく。いつもよりも内容が濃い感じになっているので、ゆっくり読んでいただいたらうれしいです。

2021年12月 しいたけ.

2022年上半期の運勢は?

私の逆襲。チームの逆襲。

2022年上半期のオーラ
水瓶座

2022年上半期の水瓶座は「私の逆襲。チームの逆襲」を表す赤が出ています。今回の占いは、いつも以上に言葉を選ばずに伝えさせてください。2022年の上半期の水瓶座は「逆襲」が大きなテーマになっていきます。どういうことなのかというと、2022年に至るまでの約2年、多くの人の心の中に「負け続け」の感触が残りました。そして、水瓶座は強く「この時代、そして、この国」について意識し、自問自答もした。もちろん、勝ち負けの基準なんてそんなに単純にはできないけど、少なくともこの2年間、「この国はすげー!」とはあんまり思えなかった。だから、シンプルにあなたは「すげー!」を取り戻していきたいと誓っているのです。「面白いもの見せていってやるよ!」と燃えている。自分の周りに「すげー!」をつくっていかなければいけない危機感も持っている。この2022年上半期は、あなたと、あなたの周りで再結集していくチームの力。これがもうすごいことになり、燃えていきます。いつも以上に大きな怒りと、そして、楽しみを持って、水瓶座の2022年上半期は幕を開けていくのです。

守っていきたいものがある。

前書きでも触れたように、2022年はちょうど「これまでの10年間の物語」が終焉し、「これから先の10年間の物語」が始まっていくような、節目や区切りにあたる年になっています。では、水瓶座にとっての「これまでの10年間」は何だったのか。それは、「いろいろな場所への顔出し」を、重点的にやってきたイメージなのです。「自分の居場所はここ!」とか「私がやっていくのはこれ!」と、ひとつのものや場所に自分を限定せずに、旅人のような立場で暮らしてきた部分がある。なぜあなたは旅人をやってきたのか。それは、人を知りたかったから。いろいろな文化や世界、そして、そこに暮らす人達が営む時間を知りたかった。いろいろな場所で自分を試してみたかった。これまでの水瓶座はまさに、旅のような10年間を過ごしてきました。

それでは、水瓶座にとっての、これから先の10年間とは何か。それは「地主とか、劇場主みたいになっていく」です。「は? 何それ?」と言われるでしょうけど、聞いてください。あなたはこれまでの10年、「世界を知るために、自分を試していくために」旅をしてきました。その旅によっていろいろなものに出合ってきた。でも、「旅の途中」だったから、自分にとって「特別、これじゃなきゃダメ」というものを、あえて選んでこないところもありました。1つの可能性だけを試すんじゃなくて、5個の可能性があったら、その5個をすべて試してみたかった。でも、これから先の10年間というのは、選ぶものをかなり厳選していきます。あなたは自分が本気で「育てていきたいもの」、「守っていきたいもの」とともに生きようとしていきます。これまであなたが生きた経験から、「面白いもの」や「素晴らしいもの」、そして文化というものは、簡単に傷つけられ、無知な人によってめちゃくちゃにされて、手入れや盛り立てをしていかないと、容易に損なわれてしまうと知ったから。水瓶座は「自分自身の価値」についてはよくわからない部分があります。でも、世の中の「価値あるもの」は絶対的にわかる。その応援者となり、盛り立て役になる。今後10年、あなたはの周りに面白い人や文化が集まる地主とか劇場主みたいになっていく。ただ何かをつくっていくとかではなくて、表現をプロデュースしていくとか、見せ方や演出を考えるなど、表方、裏方など、さまざまな立場で「表現」には強く関わっていくことになるのです。

心のリハビリ。

ある程度波乱の状態で幕開けした2022年上半期において、あなたはまず何をしていくか。それは、タイトルにあるように、心のリハビリになっていきます。というのは、どの人ももちろんそうだったのですが、水瓶座にとっても2020年、2021年と、この2年間で受けたダメージは計り知れなかったからです。あなたはこの過去2年間で「大きな旅」を中止せざるを得なかったし、あと、周りにいる人たちを支えたり、誰かのために「問題を整理していった」など、縁の下の力持ちの作業をひたすら続けてきた。

だからこそ、「もう、何にも感動しねー」みたいな感じで心が荒んでいる面もあります。

なので、この2022年上半期はまず、自分のペースでよいです。まずは遊びとかプライベートに目標を持ち込んでみてください。「目標とか、緊張する言葉を使ってくれるじゃない」と思うかもしれないのですが、この目標を公言する必要はないです。「海に行って、海風を吸う活動を再開させよう」とか、そういうのでよいのです。そこから「この区間を歩いてみよう」とか、自分が今もっている限界を、少しずつ超えていく。「ただ○○する」とか「何となく○○する」みたいな行動ももちろん必要なのですが、2022年上半期のあなたはやることが多いです。だから、目的意識を持ってひとつひとつの行動に励む。人と会って笑い合うこともそうだし、おいしいものを食べに行くというのもそうだし、それに「おいしい」って、食材とか調理方法が素晴らしいというのもそうだけど、「おいしい」って空気じゃないですか。「いろいろなものが込められていた空気」と断絶してこなければならなかったから、その空気を取り戻しに行く。それがもう、本当にこの半年間でやっていきたいあなたの心のリハビリなのです。それさえやっちゃえば、あとはもう「やるべきこと」と「やりたいこと」なんて勝手に見えてくるから。

学んでいる人から学ぶ。

2022年上半期の水瓶座は「自習時間をどうするか」が結構大事になってきます。ほら、学生だったころとか、あと、今これを読んでいる学生の人もいると思うのですが、「自習時間」ってできたりするじゃないですか。先生が休んで、授業に空白ができる。その「自習時間」をどう使っていくかが2022年の上半期は重要になってくる。もちろん、休んでもよいです。ゲームをしてもよいです。友達と遊んでもよい。「突然できた空白の時間」ってやっぱり最高にうれしいものだから。

ただ、もう今年は、待つのはごめんなのです。受動や受け身が本当に嫌。

だから、

「自分にできた空きの時間を、何に使っていくか」

それをもう、リスト化してもよいから決めていっちゃったほうがよいです。「百人一首をやってみる」とかでもいいんです。

「どこに空きをつくるかは自分で決める。誰かに決められることではない」

と、反骨精神も発揮していく。

そして、2022年上半期の水瓶座は「学んでいる人から学ぶ」というキーワードがかなり重要になってきます。「学んでいる人」とは、年齢や立場に関係なく、今の自分に安泰していない人のことですし、「私は答えを知っている」と考えていない人です。極端な言い方をすれば、自分の年齢が70歳になっても、10代の人から何かを学ぼうとしている人のこと。油断をしていない人。仕事が完成された後に、「今回も精一杯やった。でも、次にやるとしたら、ここは修正したいし、改善の余地がある」と思ってしまう人。そういう「学ぼうとする人」が未来をつくっていく人だから。

この2022年上半期の水瓶座はいつも以上に人を選びます。「危機感」という言葉だと言いすぎになってしまうけど、「何をしなければいけないのか」を常に自問自答している人とより深く縁が出来ていく。真剣さを持ち、だけどもちろん、OFFや遊びも大事にしている。不思議と、そういう人同士でこの時期は集まっていくから。結構ですね、今期のあなたは激しさや熱さを前に出していきますよ。

私達がプロなんだよ。

ここまで一貫して「怒り」によって突き動かされていく水瓶座も珍しいです。2022年上半期は、怒りがベースになって発生した「熱さ」と「プロ意識」が生まれてくる。だから何か、この時期のあなたは遊びでもプライベートでも、お仕事などの面でも「本気でヤバい人」とすごく大きな縁ができていくし、チームを組んでいきます。「本気でヤバい人」というのは、突然殴りかかってくるとかそういう人ではなくて、「魅せなきゃね」という感覚を持っている人。そこに対する手間を惜しまない人。「楽しむ」ということに対する要望がきちんと高い人です。プロとアマチュアの境目が無くなってきた時代において、「プロとは何か?」を自問自答する。

あなた自身、さまざまなシーンで「プロ意識」を発揮していきます。

  • ・平均的に求められることは何か
  • ・皆はどこまでやろうとするのか
  • ・では、私はどこの基準を超えていくか

など。「ただやるだけ」なんて、時間を無駄にしたにすぎない。私にしかできない方法で関わって、そして、何を人の心に残していくか。何を繋げていくか。もう何か、涙が出るほど、そういうことを本気でやりたい。あなた自身、すごく人を見ていくし、試していくし、また、あなたも周りから試されていきます。

クールさの中にきちんと執念の炎を燃やす。2022年上半期は「悔しさ」が前面に出てしまってよいです。自分に嘘がつけないのがあなただから。「めでたしめでたしじゃないんだよ」と、ちょっと嫌なやつになってもよい気がします。

面白いことになってきた。

水瓶座は、殻を脱ぎました。最後に、失礼なことを言わせてください。あなたは、必死さの中に、混乱の中に「面白いことになってきた」と思える不謹慎さを持っています。そして、「限界超えました。ということは、ここからがスタートですね」みたいな、偉大なるマゾ精神も持っています。いろいろな「限界の現場」を越えてきたあなただからこそ、見えてくるものがある。2022年上半期は中断していた「旅」と「学び」を再開していってください。そして、あなたは本物になれる人です。だから、手間を惜しまず、近道だけではなくて、時には「つまんねーなこれ」と思うこともやってみて。時代を動かすためには信用がいる。信用と、1+1が2にならず、もっとすごい力を持っていくことを体感していくから。きちんと攻める。きちんと守る。あなたはそれがちゃんとできます。飛び立て! 水瓶座!

仕事運はどうなる?

もう一度、人から学んでいきたい。

2022年上半期の仕事面でのあなたのテーマは「もう一度、人から学んでいきたい」です。全体的な話でもあるのですが、2022年上半期の水瓶座は「学んでいる人から、学んでいく」のがすごく大きなテーマになります。つまり、自分と同じ世界の人だけでつるむのではなくて、「このお店のご主人は常に足りないものを探して、学ぼうとしている」とか、それを「向上心」と言ってしまうと軽く感じられてしまうかもしれないけど、「必死で前を向こう。変わり続けよう」としている人から、真摯に学んでいくことが、仕事運にもかなり密接にリンクしていきます。「自分は営業をやっているけど、このデザイン教室の主催者が言っていることは営業の本質と一緒だ」とか、他分野の世界の人にも共感し、そこから学び取っていく意欲がかなり貪欲になっていくのです。また、仕事面に関して、「好きな世界に対して、嫌いになる面も出てくる」時期です。これは、あなたがより一層、「好きな世界」とか「通っていかなければいけない道」に対して一歩を踏み込んだからで、「嫌い」とか「苦手」に対してどう対応していくか、どういう姿勢で向き合っていくかが試されるようなところがあります。いずれにせよ、「情報」ではなくて、「人」から直接学ぶ時間を取り戻そうとしていくので、貪欲に、そして、地道に。あと、2022年上半期に入る前に頑張り過ぎて燃料切れを起こしている水瓶座も多いので、そういうときは「プチ引退ごっこ」をやってください。「引退して思う存分温泉に入る」とか、そういう「引退後にやる儀式」を先取りしてやっていってみて。

恋愛運はどうなる?

楽園志望と怒りの温度感。

2022年上半期の恋愛面でのあなたのテーマは「楽園志望と怒りの温度感」です。何だかよくわからないキーワードだと思うので説明させてください。まず、この時期の水瓶座は「楽園志望」になるというか、風と空と海に会いたくなっていきます。人が海に向かいたくなる気持ちは2つあって、ひとつは風に当たって解放される気持ちになること。そして、もうひとつが「絶対にこの状況を抜け出していくぞ」と、“向こう側”に行くことを決意することなのです。恋愛面も含めて、まずは解放されたい。海と温泉は2022年上半期も含めて、「手足を伸ばしてリフレッシュしていく」大事な儀式の場所になっていきます。

そして、この時期のあなたの恋愛面のキーパーソンは、「怒りの温度感が合う人」です。過激なんだけど、あなたは2022年上半期に「再興」に関係していくし、「このままではいけないよな」という怒りも密かに抱えている。それに「怒り」を抱えている人って、「自分のことだけ」を考えているわけではなくて、自分以外の何かや誰かを守ろうと、そして、改善していこうと頑張っている人だから。ただもちろん、「何に対しても怒っている人」とか「執着とも言えるような一方的な怒り」を抱えている人と仲良くなるわけじゃなくて、「このままじゃ終われないっすよね」とか「もっと面白くできますよね」とか、向上のための、原動力としての「怒り」を持っている人と縁深くなっていきます。

2022年上半期の水瓶座は人を見る目がいつも以上に冴えます。また、あなた自身もこれまで以上に見られていくことになる。そういう意味で、「自分で決めたルールや優先順位を守っていく。悪い意味ではなくて、自分優先主義をちゃんとできる人」とも縁ができやすくなっていきます。穏やかではあるけど、真剣に話し合うという、ヴィジョンや価値観に対しての話し合いが、恋愛面にも入ってきます。

月ごとのアドバイス

1
閉ざされた世界を後にして
2
下絵を描いちゃう
3
内を整える~静寂編~
4
外へ出ていく~怒涛編~
5
私は自由です
6
大きな目標に向かって動き出す

★マークのついた⽉はラッキー⽉です。

January 1月
1月のオーラ
水瓶座

閉ざされた世界を後にして。

「閉ざされた世界を後にして」のエメラルドが出ています。この1月の水瓶座を動かすものは「確かめていきたい」になります。つまり、これまで本当にいろいろな情報とか人の「言葉だけが切り抜かれたもの」が出回っていた世界の中にいて、そこから2022年という年の開幕をきっかけに「本当にできることとできないこと」を自分の目や足を使って確かめようとしています。そして、あなたの周りでも、人やモノの整理とか、担当者が変わったり、「新規の風」が吹いてくる。正月恒例の「目標」みたいなことは無理して言わなくてもよいので、「確かめていきたい!」という台詞を大事にしてみてください。舞台とかライブとか、そういうものに再び燃え出すときでもあります。テーマパークとかもね!

February 2月
2月のオーラ
水瓶座

下絵を描いちゃう。

「下絵を描いちゃう」の白が出ています。水瓶座はこの2月から本格的に2022年の物語がスタートしていくような流れがあります。まず、イメージとしてこの時期は「下絵を描く」みたいな感じで大丈夫です。つまり、あなたがやることのすべてを把握していなくて大丈夫だし、「難しい」と思ったことに関しても、やっていくうちに感触やコツをつかんでいくから大丈夫。あと、どこかこの時期の水瓶座は「内に秘めたるものをやっていく」とか「極秘計画」みたいなこともやっていく。いつも以上に、「あんまり喋らない。自分でやっていく」みたいなモードになっていく。2月は、「難しい」と感じたことも自然に達成していっちゃうことが多いので、嘘でもよいです。「やっぱり私は天才なわけよ」と自分をあげていってくださいね。マシーンになって、計画通りに進めていくことも必要になります。

March 3月
3月のオーラ
水瓶座

内を整える~静寂編~。

「内を整える~静寂編~」のピンクが出ています。2022年上半期の水瓶座は「自分が好きになった人や同志みたいな人を応援する」みたいな活動も多くなっていきます。あなた自身が長らく中断せざるを得なかった「人に会い、人から刺激を受ける」という活動も再開されていきます。あなたが内を守り、誰かを応援するような活動が多くなる。そして、あなたはあなたでこの時期は忙しいです。というのは、この3月はいわゆる「詰め」の作業をしていくようなときで、急ピッチで細かい調整をしながら、完成まで持っていったりする。めちゃくちゃ集中して「気づいたら今週が終わっていた」みたいなことも多いので、ある種の「やり過ぎ」に注意。タスクを詰め込み過ぎずに、少しぼーっとする時間を持つとか、弾丸で旅に出かけるなどもおすすめになります。

April 4月
4月のオーラ
水瓶座

外へ出ていく~怒涛編~。

「外へ出ていく~怒涛編~」の青が出ています。まず、この4月の水瓶座は「達成」がキーワードになっていきます。現実的に、いろいろな時間が動いていく。やりたいこと、そして、やらなければいけないことも結構たくさん。だから、「贅沢な悩み」のように、優先順位をつけるのがなかなか難しい時期です。でも、怒涛の勢いで動いて行っちゃったほうがよいし、少し乱暴になっても、完璧にこなせなくても「参加する」みたいな気持ちでいることが重要になります。自分の心の故郷のような場所や風景に再会していく人も多くなります。現実的にいろいろな時間を動かしていくので、少しだけこの時期のあなたは厳しくなります。ただやさしいだけではなくて「伝えなきゃな」と感じたことは、伝えていってください。

May 5月
5月のオーラ
水瓶座

私は自由です。

「私は自由です」のターコイズが出ています。5月の水瓶座は「遊ぶこと」と「刺激を受けること」と「つくること」がセットになっていきます。生活の中に遊びがちゃんとセットになって、久しぶりに解放されていく気分も味わっていける。というのは、この時期までの水瓶座はどこかで「取りまとめる役」とか「立派な役」でいることが多かった。そのお役目からやっと抜けることができて、「自由にやらせてもらいますよ」と言っていきます。この時期は「勝手に動いているうちに話がまとまっていってしまう」とか「ある程度のタスクに対しても、落としどころがわかる」など、勘も働きます。リフレッシュもして、頑張ることもできます。

June 6月
6月のオーラ
水瓶座

大きな目標に向かって動き出す。

「大きな目標に向かって動き出す」の金色が出ています。6月の水瓶座は自分なりの「これまで」と「これから」に対して、大きく区切りをつけていくことができます。そして、これまでなかなか立てられなかった、「次に見ていきたい風景」とか、次の大きな目標に向かって動き出していきます。また、5月に引き続いて「解放されていく話」が多くて、周りのために頑張るというよりも、「自分が個人的にやっていきたい目標」のために頑張っていける。リフレッシュの旅なんかも取り入れていく。反抗するわけではなくて、「私は私でやるんで」と、ちゃんと牙を持っていく。「絶対に面白くしていってやる」という執念も内に隠し持って行動していきます。

しいたけ.からの
魔法のメッセージ

ここ数年間、水瓶座の占いを書いていてすごく不思議に思うことは、年々あなたは自由になってきているのです。「常識」や「普通」が面白くて、ためになるのなら従う。でも、個人の生き方を圧迫するようになるのなら、もっと違うやり方を取っていってもいいんじゃないか。もっと面白いことがあるんじゃないか。素朴に自分の生き方を追求していっている。2022年上半期、中断して、なかなかできなかった祭りを復活させていきます。何をしたいかは結構決まっているし、試してみたいこと、見ていきたいものもたくさんある。正解のない時代においてあなたは強い。だから、何かをやってみてから考える。誰かと会ってみてから考える。本気で遊び、本気で学んでいって。既存の答えは耐用年数を終え、新しい答えの出現を待っているとき。昔のままでよいところもあるし、変えていかなければいけないものもある。あなたが体験して、答えをつくっていってください。

しいたけ.

SHIITAKE LIVE CHATしいたけ.さんが登場!
SHIITAKE LIVEを
お見逃しなく。

しいたけ占い2022年上半期公開を記念して、占い師しいたけ.さんが12星座別のLIVEを インスタグラムとツイッターで同時開催。星座別にお悩みや質問も募集中なので、ぜひ参加して! 詳細はこちら

THANK YOU