VOGUE GIRL LINE Twitter Facebook Pinterest Instagram mail
蠍座

蠍座のみなさんへ
2022年上半期、蠍座は
「身軽に、気軽に、テキトーに。
再びこの世界に、最高の思い出を!」

みなさんこんにちは。しいたけ.です。

今回の2022年上半期占いは、誰よりも僕自身が「2022年はどういう年になるんだろう?」という気持ちを持って書いていきました。そして、この2022年の上半期は多くの人にとっても特別なものになっていくし、特別だったものを取り戻していく時間になっていくと確信しました。もちろん、どの人も、まだ穴から出たばかりで「今まであった世界」に適応する時間も必要になります。でも、ちゃんと特別な思い出を残していける。ちゃんと楽しんでもいける。

また、この2022年は「これまでの10年」が終わり、「これから始まっていく新しい10年の始まりの年」になります。それぞれが、大きな節目なり、区切りなりを迎えていく。いつもよりも内容が濃い感じになっているので、ゆっくり読んでいただいたらうれしいです。

2021年12月 しいたけ.

2022年上半期の運勢は?

お勤めの終了。

2022年上半期のオーラ
蠍座

2022年上半期の蠍座は「お勤めの終了」を表す金色が出ています。かなり不思議なのですが、多くの蠍座にとって、2021年から2022年への移行は、「卒業」を伴うものなのです。あなたにとってはまさに「お勤め」と言ってもよいような、かなりの責任やプレッシャーを伴ったもの、また、「常に目を向けていなければいけなかったもの」など、重労働のあった環境から解放され、これからの自分の人生を歩んでいく。「やらなければいけないことはたくさんあるのだろうけど、まずは解放を楽しみたい」と、まずは自由になることを求めます。いろいろな場所に行ってみたり、旅をしたり、人と会っていくことで、「次の自分が何をしていくか」を決める。こういう時代だからこそ、あえて身軽に、気軽になる。蠍座にとっての2022年上半期は一体どのようなものになっていくのでしょうか。一緒に見ていきましょう。

やり残したことを終えた。
やっていきたいことへ。

ちょっとこういう話から入りたいのですが、占星術とか星占いの中で、蠍座ほど「執念深い」とか「情が厚い」とか、「裏の恋に惹かれる」みたいなことを書かれる星座もあんまりないと思うのです。「人のことを何だと思っているんだ」と感じた蠍座もいると思います。でも、蠍座ほど魅力的で、そして、奥深い人も中々いない。その性質のひとつに、「何気なくやり始めたこと、そして、縁を持ったことが、いつの間にか一生のタスクになる」みたいなことがあったりします。

蠍座は「キラリと光る可能性を持ったモノや人」、そして「傷を負ったもの」が大好物です。あなたの鑑識眼は本当に見事で、「あ、この動きはこれからの時代で流行っていく」とか、まだ面白いものが「地中にいる段階」で見抜き、応援したりする。そして、あなた自身も、「もう完成されたもの」よりも、「これから先、もしかしたら世の中に面白さや美しさをもたらすもの」に運命的に関わっていくような人生になります。また、「傷を負ったもの」も大好物です。「この人の歌を、全国に届けなければ! 私が!」と傷を負ったり、翼が折れた人を積極的に保護したりするのも、蠍座の日常だったりする。

関わっていくものに対して、どうしても縁が濃くなっていく。

それがある種、蠍座の宿命だったりする。

でもどこか、あなたは2021年で「10年分以上の仕事や、自らに課したもの」を終えた気分になっているはずなのです。例年だったら「まだまだ発展の余地がある」とか「やり残したことがある」とか「まだ済まない」と感じていたことが、なぜか不思議と、この2022年上半期を迎えるタイミングで「スッキリ感」へ変わっていくのです。

「あなたも次へ。私も次へ」

自分と、そして、自分と縁がある大切な人達が、自分の人生の「次」の段階に進もうとしている。それを感じ取り、あなた自身も「責務から解放され、やっていきたいことのほうへ」と足を運んでいくのです。

これからの10年間。

前書きでも触れましたが、2022年はちょうど「これまでの10年間の物語」が終焉を迎え、「これから先の10年間の物語」が始まっていく、そのような節目や区切りの時間になっています。蠍座にとってのこれまでの10年間のテーマは「家族とともに」でした。血が繋がっている人、または、血が繋がっていない人においても、あなたは表面上の利害関係を超えて、「家族」のような人たち、そして、家族のような場所とともに自分の人生を進めてきた。でも、これから先の10年間は「フリー人(びと)、旅人、学者」みたいな立場になっていく。いろいろなところに顔をだし、旅をし、そして、それぞれの場所で誰かと一緒に「根を下ろしていく。花を咲かせていく」ことをお手伝いしていくのです。

少しの充電期間がほしい。

2022年上半期の蠍座にとって、大きなキーワードは「解放」です。自分が一心同体化していた「家族」、「組織」、「仕事や課題」などから少しの間離れて、個人としての自分の人生を楽しみたい。もちろん、大がかりな旅行まで行かなくても、旅活のような行動を取っていくことができます。ひとりでも、誰かと一緒でも、ふらっとどこかに行って骨休めをする。「やらなければいけないこと」を無理につくらない。空白の時間がほしいのです。もちろん、すべてから解放されることはできないから、やらなければいけないことはやる。でも、少しの充電期間はやはりほしいです。

その上で、2022年上半期の、あなたの最初の仕事は「空き家をつくるぐらいの整理整頓」です。「身軽」がテーマになってくるので、自分の部屋や、自分の周りで「埋もれてしまっているもの」は、よく使ってくれそうな人の元へ手渡したり、整理をしたりする。要は断捨離なのですが、この時期のあなたは思い出も含めて、ここまで歩んできた自分の人生も含めて、改めて1回は整理したいです。「持ってはいるけど、次にいつ開封するかわからない」みたいなものを、どんどん整理していく。次の自分のスタートや再出発を、ちゃんと清めていきたいから。改めて、大事な作業になります。

全部が軽くなる。

2022年上半期は、これまでの蠍座にはあり得ないぐらい、全部が「軽くなる」という現象を迎えます。人付き合いは「狭く、深く」から「広く、テキトー」になっていったりする。あと、「身近にある小さなチャンス」という言葉も、この時期のあなたにとってすごく大きく運を動かしていく言葉になります。つまり、大きなプロジェクトをいきなりスタートしていくというよりは、「それ、面白そう」とすぐ近くにある小さなチャンスやお手伝いから始めていく。あなたが関わるすべての事象の中に「身軽さ、気軽さ」を取り戻していくのです。絶対的な命題とか、「これからの時代はこれが流行る」みたいな、大げさな知性の話をするんじゃなくて、「面白そうだからやってみよう」と、まず実行していくところから話が始まる。「仕事で付き合っていて、よい人だけど、あの人のことはよくわからない」みたいな、人との距離感もそこまで詰めない。

とにかくフリーでやりたいのです。身も蓋もない言い方になっちゃうけど、「重いもの」を自分の周りに入れたくない。これも蠍座の不思議なところなのですが、あなたは「ひとりで個人行動をする時間」と「人を自分のテリトリーの中に入れて、また、自分が誰かのテリトリーの中に入っていって、協力し合う時間」を極端に分けます。そして、2022年上半期はどちらかというと「ひとりの個人行動」の時間のほうが優勢。特定の誰かと深くて強い影響力を与え合うような距離で付き合うと、自分の「やりたい放題」の自由が減ってしまうから。

身軽に、気軽に、テキトーに。

この言葉が、2022年上半期の蠍座にとって重要なキーワードになります。

古さを感じたら。

この時期、あなたがやらなければいけないこととして「古さを感じたものに対する処置」という話があります。まず、これも2019年からの流れなのですが、2022年上半期に至っても、「人間関係の変化」が激しいです。いつの間にか仲よくなって、いつの間にか距離ができて、また再会したりする。あなたも含めて、「各々が自由にやる。それぞれにコントロールし合わない」みたいな、そういう流れがあります。

「今の私が惹かれていくもの」

に対して敏感であってください。

感覚的な話になってしまうのですが、「怒り」とか「切なさ」とかが入って、「絶対、なんとしても」という執念として興味のほうではなくて、「わー、何か面白そう」がやっぱりあなたにとって正義になるのです。あれです、「何で引っ越したの?」と聞かれて、特に明確な理由がなく、「何となくね、気分を変えてみたくて」とか、そういう感じ。

仲よくなっていく人もまた2022年は変わります。なので、新しい集団に加わっていって、基本的にいろいろなことが「風任せ」みたいな感じでよかったりします。

「この人が言っていることは立派なんだけど、どこか古いんだよな。新しい風を感じない」

と思ったら、この時期のあなたにはそこまで用がない人なのかもしれません。新しさを感じるか。古さを感じるか。それが結構大きな指針になります。

おもちゃ箱が開く。

ここまでも話してきたように、2022年上半期の蠍座は「おもちゃ箱が開く」みたいに、一斉に楽しいことやワクワクすることが起きてくる。みんな、あなたを待っていました。あなたが一仕事を終えて、「身軽な世界」に来ることを。だから、ぜひ子どもに返るというか、童心に戻ってみてください。テーマパークとか、1泊の旅行とか、夜2時まで話し合うとか、全部やってみて!

もちろん、ただ身軽になるだけではなくて、「突破したい壁」とか「チャレンジする課題」とか、そういうものにも向かっていきます。でも、その際にも「絶対によい思い出にしてやる」と、結果だけではなくて、自分なりに「青春をやったな。あの時期は本当にあのチャレンジしか見えていなかった」とインタビューで答えられるぐらいに向き合ってみて。

遊ぶにしろ、チャレンジするにしろ、誰かを何かを好きになっていくにしろ、あなたにとっての青春が戻ってくるのだから。

楽しむために頑張る。やるべきことをやる。でも、私の人生は誰かのものではないし、「あなた達はあなたたちで勝手に生きてくださいよ」と、重い想いは自分の側から送り出す。「恩返し」とか「役に立たなきゃ」じゃなくて、「ごめん、主役が来ちゃった。面白くしていくね」と、多少のおふざけも必要になるから。

愛と面白さと身軽さを融合させていく。

そんな離れ技、あなたにしかできないのだから!

2022年上半期、まずは休んで、それから、走っていくこと! あなたならできるから!

仕事運はどうなる?

あの、もしよければ。

2022年上半期の仕事面でのあなたのテーマは「あの、もしよければ」になります。何で仕事運のキーワードがこの台詞なのかを説明したいのですが、この時期のあなたはいろいろなことが「0から組み立て直す」になります。今までと同じやり方で頑張るというよりも、あなたの立場ややるべきことも変わっていくし、あなた自身がもう一度「学び直したい」みたいな気持ちも強くなる。あなたの強みは、初対面の人ですら、「あれ、どこかで会ったことがある人かな?」と思わせる力なのです。蠍座の人って不思議なことに、急に相手の「身内」みたいに認定される。なぜかというと、「あ、私これやっておきますね」とか「それ、もしよかったら手伝いますよ」の空気があるから。あなたには、「難しく何かを考えるよりも、手を動かして終わらせていこう」という感覚があるのです。なので、この2022年上半期のあなたも、仕事で会う人を密かに「友達」だと思って接してみてください。「なれなれしくする」という意味ではなくて、相手のために自分が何かできないか、そういう気さくさと共感を関係の中に入れていく。「もしよければ相談に乗りますよ」とか、気遣いが、あなたの世界を広げていってくれます。

また、この時期のあなたの仕事運として「伝えることを、捉え直す」のはすごくやっていきます。なので、身近にいる人の「素晴らしいところ」を一言でメモしておくとかも大事です。相手に寄せ書きを書くイメージで、よいところを捉えておく。それが結構、仕事を進める上で、相手の心をつかんでいく瞬発力になっていくから。

恋愛運はどうなる?

大事な友達。

2022年上半期の恋愛面でのあなたのテーマは「大事な友達」になります。まず、この2022年上半期の蠍座は恋愛面に関わる動きとして「子どもみたいに好奇心が戻る」現象が生まれてきます。創作意欲が高まり、自分が「面白そう」と思ったものに対する興味や関心のアンテナがとても強くなります。ほら、子どもってよく「ねーねーねー」と聞くじゃないですか。あなたも子どもと同じように、相手が持っている美点とかこだわりとか変わっているところに対して、すごく興味が湧いてくるのです。それに、少なくとも2年以上、蠍座は「遊び」が封印されてきました。あなたにとって「普段の戦っている自分」から離れて、子どもに返り、「遊活」みたいなものはすごく大事なのです。だから、遊園地とかアスレチックとか、子どもがワーキャー言っている場所に行くのもおすすめです。

あと、この時期の恋愛面でのキーパーソンなのですが、これも不思議と「何かを頑張ろうとしている人」をあなたは見抜きます。そして、相手もあなたに興味を持ちます。蠍座の人は、相手の本気度を見抜きます。あなたが見つける「何かを頑張ろうとしている人」は、「みんなと一緒であることを求めない人」です。今日の頑張りや努力が、すぐに明日をつくっていくわけではないけど、自分の世界を少しずつでも変えていきたいと考えている人。たどたどしくても、自分の頭で考えていこうとする人。群れとの付き合いを、ほどほどにしている人。あなた自身も2022年上半期は「また再び、0から頑張ろう」としているから、共感し合えます。いきなり距離を詰めるのではなくて、「応援し合う友達同士」から始めて、いきなりお互いに強く依存し合わないようにしてみてください。

月ごとのアドバイス

1
気持ちの温度
2
壁を破っていく
3
馬力! 馬力! 馬力!
4
手応えあり!
5
この人(たち)とやっていきたい
6
心機一転

★マークのついた⽉はラッキー⽉です。

January 1月
1月のオーラ
蠍座

気持ちの温度。

「気持ちの温度」の緑が出ています。蠍座も「2021年がまぁまぁの怒涛でした」組なので、新年の始まりはゆっくりやりたいと願う派です。ただ、もうすでにこの時期のあなたは「気持ちの温度」が上がっていきます。というのは、蠍座はやっぱり強いのです。「もうね、みんなここまで苦しくて、大変なことなんてもうそんなにないよ。なるようにしかならないとこもあるけど、できることは絶対にある!」と決意を新たにしていく。実際に人に会ったり、懐かしい人に会ったりして、久しぶりに「温かい交流」が持てていく時期でもあります。周りに対しても「あなたもやりたいようにやりな。私もやりたいようにやる年にするから」と、背中を押し合います。

February 2月
2月のオーラ
蠍座

壁を破っていく。

「壁を破っていく」の黄色が出ています。2022年上半期は、蠍座はまぁまぁ気軽に「暴走」のスイッチを入れていきます。これは「すすんで周りに迷惑を掛ける」というわけではなくて、「ここまでだろう」という限界を突破していく。いろいろと「解禁」情報が多くなっていきます。その上で、2月のあなたは交渉とか駆け引きが進められていくところがあります。自分のやりたいことと、相手の都合などを調整していくようなとき。この時期、「遠慮」は少し脇においていてください。日本の文化だと「厚かましい」というのは恥です。でも、この時期に「遠慮なしの本音」を周りに言っておくのが良かったりします。「自分がやっていくことのために、助けや協力を受け取る」というのも、この時期の蠍座の大事な修行です。

March 3月
3月のオーラ
蠍座

馬力! 馬力! 馬力!

「馬力! 馬力! 馬力!」の茶色が出ています。2022年上半期にあなたがやっていきたいことって、ひとりの力ではできないところもあります。だから、協力し合ったり、支え合ったり、人との関わりが今まで以上に濃くなっていく。ただ同時に、あなたは「そこまで他人に期待はしない」みたいな、そういう「どういう状況だろうと、私は自分でやりたいことをやっていく」みたいな、馬力と割り切りみたいなところも強いのです。何ていうか、もう「待ちたくない」んです。誰かや社会に期待して待っていたら、時間だけが流れちゃう。それがもう、本当にもったいない。「お前たちに私の人生の責任は取れない。私が私の人生の責任を取ります」と、自分でできることをやっていく。3月の蠍座は「直感的にコツをつかむ」とか、自分がどう立ち回ったらよいのかが不思議にわかります。今後に関する約束や契約なんかも増えていきます。ここまでと同様、遠慮は脇において、自分のやりたいことを堂々と口に出していくこと。あなたは盛り上げ人なのだから。

April 4月
4月のオーラ
蠍座

手応えあり!

「手応えあり!」の金色が出ています。4月のあなたは「難しい」と思われていたことをなぜか達成してしまったりします。あと、外への成果だけではなくて、「コンプレックスとしていたことを乗り越えてみた」とか、手応えをつかんでいきます。「自分から話しかけることが苦手な私が、声を掛けてみた」とか、小さな一歩と手応えを大事にしていってください。今のあなたがやっていることは「多少は空気を読まない練習」です。人の気持ちを先回りして寄り添いすぎない。心配しすぎない。あと、この時期のあなたは「3歩進んで2歩下がる」みたいな、すべてがうまくいくわけじゃない面も出てきます。慎重さが必要とされる場面もあるし、「押し切らない」のが大事になることもあります。他人の問題に対しては、結果だけを見るのではなくて、過程も見てあげてください。

May 5月
5月のオーラ
蠍座

この人(たち)とやっていきたい。

「この人(たち)とやっていきたい」のネイビーが出ています。5月の蠍座は「腹を決めて貢献していく」みたいなことをやっていく。チャンスが与えられるし、自分でアイデアも出していく。前に進んでいくために、「土砂を取り除く作業」であったり、「慎重に話を聞く作業」であったり、そういう泥臭いことをちゃんとやっていく。この時期、多少のバタバタはあります。ただ、蠍座は結構「思考ごっこ」に飽きています。目の前に何かが起きて対処しなければいけなくても「私の人生はいつもこういうことが起こる」とか大げさにせずに、「はいはい、じゃあこうしましょうねー」と、小さく的確に動いて対処していく。パートナーシップ運も強いので、「この人やこの人達とともにやっていきたい」と、縁が深くなっていく相手も出てきやすいです。お互いに協力して、未来をつくっていく。

June 6月
6月のオーラ
蠍座

心機一転。

「心機一転」の白が出ています。6月の蠍座はいろいろな意味で「身軽になること」を目指します。今まで自分や周りのために頑張ってきた。自分が関わるものを守るために戦ってきた。でも、これからのために、この6月のあなたはいろいろとリセットしたい気持ちも出てきます。「こうでなければいけない」という、自分の価値観ももう1回まっさらにしたい。旅のような活動も始めていきます。「外の世界にはこんなものがあったのか」とか「こういう人もいるんだ」と、新鮮な世界を取り戻していく。また、ここまでずっと「周辺の、長期改革」に取り組んできた蠍座も、この時期はいったん中断し、自由を楽しむほうを選択していきます。

しいたけ.からの
魔法のメッセージ

あなたはおそらく、自分のためだけに生きるのが下手な人です。「腐れ縁」と言ったら失礼だけど、「もうさ、腐れ縁みたいなもんだよ」と笑いながら、自分が大事にしていきたい世界や人と、深い関係を持っていく。自分が発見した宝物を、大切に育てていく。つらいことがあっても、自分に幸せな時間を与えてくれたものを絶対に忘れない。そして不思議と、この2022年の上半期のあなたは手放すわけでもなく、放棄するわけでもなしに、大事な人たちと「それぞれの現場で頑張っていこうぜ」と、応援し合えます。よい距離感でいろいろなものと付き合える。世界を広げられる。気合いを入れるときはもちろん、気合いを入れてください。楽しむことも、きれいな景色を見ることも、自分の可能性を広げていくことも、また0からの気持ちを込めて。慣れない、コツをつかまない。ただ再び、学び直す気持ちで。新しい1年生として、あなたにしか咲かせられない花を開花させていけるから。

しいたけ.

SHIITAKE LIVE CHATしいたけ.さんが登場!
SHIITAKE LIVEを
お見逃しなく。

しいたけ占い2022年上半期公開を記念して、占い師しいたけ.さんが12星座別のLIVEを インスタグラムとツイッターで同時開催。星座別にお悩みや質問も募集中なので、ぜひ参加して! 詳細はこちら

THANK YOU