VOGUE GIRL LINE Twitter Facebook Pinterest Instagram mail
天秤座

天秤座のみなさんへ
2022年上半期、天秤座は
「私は赤ちゃんです。
大きな若返り化を図り、
新ジャンルへ突撃していく」

みなさんこんにちは。しいたけ.です。

今回の2022年上半期占いは、誰よりも僕自身が「2022年はどういう年になるんだろう?」という気持ちを持って書いていきました。そして、この2022年の上半期は多くの人にとっても特別なものになっていくし、特別だったものを取り戻していく時間になっていくと確信しました。もちろん、どの人も、まだ穴から出たばかりで「今まであった世界」に適応する時間も必要になります。でも、ちゃんと特別な思い出を残していける。ちゃんと楽しんでもいける。

また、この2022年は「これまでの10年」が終わり、「これから始まっていく新しい10年の始まりの年」になります。それぞれが、大きな節目なり、区切りなりを迎えていく。いつもよりも内容が濃い感じになっているので、ゆっくり読んでいただいたらうれしいです。

2021年12月 しいたけ.

2022年上半期の運勢は?

立て直し。

2022年上半期のオーラ
天秤座

2022年上半期の天秤座は「立て直し」を表す水色が出ています。まず、どの人にとってもそうなのですが、2022年という年は「過去の10年間が終わり、これからの10年間が始まる」みたいな、大きな節目や区切りの時期になります。そして、天秤座ほどこの「節目」を意識してきた人はいなかったところがあったのです。それこそ、「生き方の変更」であったり、「自分にとっての違う一面を出していく」みたいに、「自分の中身を総とっかえする」くらいのことが行われてきたのです。でも、ご存知のように、2020年から始まる「社会的な混乱」によって、今の天秤座は少し傷を負っています。まず、あなたは自分の傷を癒やします。自分をまずは立て直す。そして、自分にしかできない2022年上半期を爆走していきます。なので、心配しないで、ゆっくりと今回の占いを読んでみてください。

部屋のすみっこで体育座りをしていた。

まず、天秤座は占いで見てもかなり不思議な人が多いです。「外見はクールだけど、中身はおもちゃ箱のような個性が爆発している」みたいな感じで、よい意味で何をしでかすかわからない人です。「母ちゃん、私疲れたから来週ちょっと海見に行ってくるわ」→「どこまで?」→「うーんと、ハワイ?」みたいな感じでいきなりリミットを超えてくる。急に投資と称して、何十万の物を買って家族に怒られるのも天秤座にありがちな爆発行動です。でも、ちゃんとその買ったものを有効に使っていく。

天秤座にはすごく、宗教的とも言えるような直感能力があります。普段は理屈で動いている人なのに、急に「啓示」を受けるかのような形で、ひとつの方向に突っ走っていってしまう。「自分の人生は、自分の思いつきを証明していくためにある」みたいな感じで、イメージが浮かんだら、動いていってしまう。

あなたは人生を変えてしまうほどの、不思議な力を持っています。周りから「無理だよ」と言われるような挑戦をいきなりしてしまって、見事それを成し遂げてしまう。そんな奇跡の力を持っている。だからこそ、「一気に疲労を背負う人」でもあるのです。奇跡の発想と強烈な馬力を使う分、誰よりも「脱走」を必要としている。「さ、私にしかできない怒涛の6カ月を終えた。ハワイに行こう。イルカに会おう」みたいな感じで、脳みその総切り替えを必要とする。

でも、それが2年以上もできなかった。

そう。天秤座の奇跡を支える「楽しい脱出作戦」が長期間できなくて、あなたは閉じ込められた。これはもう、社会も、周りも、自分すらも不振になるレベルのダメージでした。そのダメージを言葉にできる天秤座はまだあんまりいない。今あなたが「これから先、何をしていきたいですか?」とインタビューされたら、「お前は敵だな?」と言ってやっつけようとするぐらいに、深い傷を負ってきた。でもようやくこのときがきました。2022年上半期の幕開けです。ちゃんと、脱出作戦も実行していけるし、前に進んでいけます。だから、部屋の端っこで体育座りしていてもよいから、飽きたら出てきてください。外にはもう、太陽が出ているから。

まず無になる。

2022年上半期にまずあなたがしなければいけないことは「無」になることです。これはですね、「何か、どうせ頑張ってもまた閉じ込められるんでしょ?」みたいな不信感があるときに、その土台の上に「頑張る」を積み上げちゃいかんのです。あとでまた説明していくように、あなたは「これまでやってきた自分の役割」とか、そういう自分のキャラクターを2019年から本格的に変えていこうとしてきました。見ていく景色を変えようとし、頑張って自分を変えてきた。その「自分変更プラン」が本格化してきたときに、あの忌々しい「2020年からの大中断」が入った。だから、いったんポッキリいったのです。

だから、2022年上半期は聖地と言われる場所とか、あと、ホテルとか旅館とか、日帰りでもよいです。まず、「お疲れさま」とちゃんとやる。そして、普段自分がいるところと違う場所で、ぼんやり座ってみる。そこで「いろいろやってきたなぁ」と言ってみる。まずは無になる。座禅とか写経とか、お茶をたてるとか、そういうことをやってみてもよいです。

自分チャンネルをつくっていく。

では、あなたが2019年で開始して以来、本格化する前に中断してしまったプランは何か。それは、「自分チャンネルの創設」なのです。これは動画サイトで自分のチャンネルを持つとか、そういう直接的な意味よりは、もっと「個人プレイで、好きなことをやっていく」などの意味を持ちます。順を追って説明させてくださいね。

まず、ここまでも触れたように、2022年は、どの人にとっても「これまでの10年間の物語」が終わり、「これから先の10年間の物語」が始まっていくような、区切りや節目となるような年です。では、天秤座の「これまでの10年」は何かというと、「居場所をありがとう」でした。

あなたは個人行動を重視するようなタイプに見えますが、実はかなりの奉仕屋であり、貢献家です。自分が恩義を受けた人、所属する組織などに、自分を削って尽くすようなところがある。あなたにとって関わる人って、不思議と「家族」みたいな存在にもなってしまうのです。だから、「恩を受けた以上、きっちり倍以上にして返さないと気持ちが悪い」みたいな感覚を持つし、あと、天秤座は「関わった人に得してもらいたい」みたいな、商売人的な感覚も強く持っています。だからこそ、これまでの10年は「自分に居場所を用意してくれた人や組織、また、応援してくれる人達に対して精一杯報いてきた」みたいなところがあります。

だけど、これから先の10年はもっと自由にやりたい。そう、これから先の10年の物語は「正解は、私がやっていくこと!」みたいな強引さのほうを出していく。つまり、これから先の天秤座は「先輩」や「年上」があんまり参考にならない。今までの自分が受けてきた恩を300%返していく気持ちも込めて、「私が歴史をつくっていってもよくね?」と、ヤンキー精神を前に出していく。これからの天秤座はヤンキー精神がだいぶ強くなります。

2022年上半期はまず、「私にはこういう一面もありますよ」みたいな感じで、見せていない表情とかも見てもらいたい。「自分で請け負った期待や仕事を任務とし、力の限り返していく」というプロの人から、「素人としての一面」も見せていこうとしているのです。

加えて、2022年上半期はあなたにとっての「自分チャンネル」、つまり「私の素人活動」がたどたどしく始まっていくのです。はじめは恥ずかしいのですが、あなたが歩もうとしていく道には、たくさんの宝物が落ちています。

素人活動。

2022年上半期のあなたは仕事などの面においても、プライベートにおいても、「自分にとって得意分野以外のこと」をやっていく流れがあります。天秤座は「60点が許せない人」です。どういうことなのかというと、あなたは「鬼の集中力を発揮すれば、この場面は80点以上のものができる」という場面と、「こういうタイプの人とはどういうコミュニケーションを取っても『ははは、そうですねー』で終わるしかない。苦手なんだよなぁ」と感じるような、「頑張っても60点以上取れない分野」を持っている。でも、この時期はあえて「60点上限」の分野に挑戦していく。

どうしてかというと、自分で自分の可能性の扉を閉ざしていたことがなんとなくわかったから。今まで「とにかく頑張らなければいけないことがある」とやってきたからこそ、放置してきた分野があって、この時期のあなたはそれに「強くチャレンジしてみたい」と思ってきているのです。

たどたどしく始める。そして、「やっぱり頑張ったけど60点だった」という体験は本当に大事になります。

ただ、あなたにとっての「プロとして接しない、自分の素人の部分の開花」活動は、かなり大きな財産になっていきます。今まで「苦手」と思ってきた人や分野に対して新しい扉が開き、回路が繋がり、新しい世界をもたらしてくれるから。

「明日が見えなくなった」

そういう、カオスな経験をしたことから、天秤座はよい意味で「どうせわかんないんだし、もっと多くの世界を知りたいな」と、より自由に外の世界に向けて飛び出していくことができるのです。

私は赤ちゃん。

2022年上半期は、どこかバタバタしながらも、新しい自分をかなり出していく流れができていきます。全部学んでいけます。2022年は、これから先の10年間の第一歩として、大げさに聞こえるかもしれないけど、あなたはまた生き直そうとしている。だからどこかで「自分は赤ちゃんだ」と思っていてください。赤ちゃんは失敗を咎められないし、目に入ったものを口にしちゃうとか、危険な行動もちゃんととっていく。でも、全部を体験して、真摯にこの世界のことを学ぼうとしている。

「いつかやろう」

と思っていたこと、それを今年はやってしまってください。友達と集まって「○○やりたいよねー」と話し合ってもよいですし、恥ずかしいけど、「私がやりたいこと20」とか、そういうことを紙に書いてもよいです。

あなたは本当に、ひとりのときは滅茶苦茶やる人なのに、自分が何かの責任を持ったり、大事な人ができたりすると、「守り人」になっていってしまう。それはもちろん立派なことなんだけど、もっと自分勝手でよいと思います。もっと滅茶苦茶な人でよいです。

「私は赤ちゃん」

目についたものをやってみる。聞いてみる。話してみる。

自分の冒険記に、新しい風景をちゃんと加えていけます。ただ楽しんで、突撃あるのみ!

仕事運はどうなる?

気持ちよく自分の枠をぶっ壊す。

2022年上半期の仕事面でのあなたのテーマは「気持ちよく自分の枠をぶっ壊す」です。この2022年上半期の天秤座の仕事の仕方は正直「神がかる」というか、今まで自分が追求してきた「技」とか「機転」をさらに深堀りしていくのと同時に、自分で設定した「枠」を壊していきます。天秤座は、自分の中で「得意なこと」と「不得意なこと」がかなりハッキリ決まっています。ついでに言うと、「好きな人」と「あー、ちょっとごめんなさい。拒否で」みたいな人もハッキリしている。でも、あなたの中で仕事の仕方などに大きな変化を及ぼしたいと決意し、それに関連して、「今までだったら仲よくならなかっただろうな」という人と意気投合したりする。そして、もしできたらこの時期は「パッと目に入ったものに縁がある」と思ってください。転職、仕事のやり方なども、パッと目に入ったデータとか、アドバイスとか、そういうものを大事にしてみる。本屋に行って「目が合った本」を読んでみるなどもおすすめです。自分の「得意・不得意」の壁を壊していくことが、よい仕事運とリンクしていくから。今までと変わらずにすさまじい集中力は発揮していくのですが、「これまでの自分」を壊していくことに対しても、快感を覚えていきます。

恋愛運はどうなる?

偉大なる趣味活動。

2022年上半期の恋愛面でのあなたのテーマは「偉大なる趣味活動」です。まず、この時期のあなたのプライベートの大きな特徴として、「遊ぶために、資格みたいなものを持ちたい」と考えていくことが増えてきます。天秤座って、バカンスは別として「ただ遊ぶこと」が少し苦手なところがある。やる以上、深堀りしたいし、元を取りたい気持ちがあるのです。それで、この2022年上半期のあなたは「人生の中で、もうワンカラーを持ちたい」みたいな感じで、創作活動などに関するようなことで、もっと技術や世界を深堀りしていこうとしています。「お金を払えばできること」みたいな、そういう受け身の消費者じゃなくて、もっと参加したい。もっと「自分で世界観をつくっていきたい」と燃える。要は、仕事以外の、プライベートで仕事を持つぐらいの気持ちで遊びの世界をつくっていきたいと考えていきます。その「趣味活動」が、恋愛運とリンクします。この時期のあなたの恋愛面におけるキーパーソンは「自分の人生を楽しむおもちゃを持っているような人」です。いわゆる、「趣味に金と時間かけすぎじゃね?」とか「それもう、仕事ですよね。店出せば?」と突っ込みたくなるような人。恋愛対象にはならないことがあっても、その人が持っている「これをやっているだけで幸せなんだ」という幸せ感は、必ずあなたにとってもよい作用をもたらします。まずは思いつきで行動してみて。「もうちょっと紅茶の味の違いを知りたい」と思ったら、紅茶のお店に通ってみるとか。そしたら、その店員さんが「わが子の説明」をするかのように、紅茶について語るかもしれない。そういう「幸せな空気」が、あなたの恋愛運を上げていくから。軽い取材みたいになっても大丈夫。あと、プライベートの面で、2022年上半期の天秤座はもう一度エンジンを全開にしていく。だから、気が高ぶりやすいです。「私は引けんよ! 悪いのは貴様だ!」みたいな勢いを持ってしまうことがある。だから、「親しき仲にも礼儀あり」の精神は持ち続けて。少し引く姿勢も必要にはなります。

月ごとのアドバイス

1
なぜ生きるのか?
2
窓を開けていく
3
イヤッ!
4
祭りの開始
5
私を止めないで!
6
スーパー集中モード、発動!

★マークのついた⽉はラッキー⽉です。

January 1月
1月のオーラ
天秤座

なぜ生きるのか?

「なぜ生きるのか?」の青が出ています。単刀直入に、「コロナ」という状況もあったのですが、天秤座ほど2020年から続くこの2年間で、「価値観」とか「これから」について向き合った人もあまりいません。事態が落ち着き、「これまで通り頑張ればよいのか?」とか、これからの価値観を練ろうとしています。もちろん、この1月のあなたはいつも通りに頑張ります。ちゃんと日常もやる。他人に合わせることもする。でも、どこかに穴が空いている気持ちがある。もしできたら、1月でも、先になってもよいです。お寺に行くとか、お茶をするなどをやってみてください。昔の人は「自分の次の生き方にすぐに答えられなくなった」ときに、無の時間を自分に用意したから。観光でももちろんよいのですが、「これまでの自分、お疲れ様会」は必要です。あと、価値観について1月はいろいろ話し合うときでもあります。

February 2月
2月のオーラ
天秤座

窓を開けていく。

「窓を開けていく」の緑が出ています。2月の天秤座はかなり、交際運のようなものが上がるのです。今までの自分の世界では知り合わなかった人と知り合ったり、気が合っていったりする。「窓が開いた」という感覚が出てくるはずです。それこそ、考え方が違う人たちとも知り合うけど、それがよい形で刺激になり、自分の中でその経験を消化していく。また、懐かしい人や、ほっとできる人、家族のような人達とも仲が深まります。交際の幅が広がるのです。不思議な感覚が強くあって、あなたの中で温めてきた疑問とか好奇心とか、価値観とか、そういうものがいろいろな人にお披露目されていく感じがあります。この時期に言われる助言とか、結構自分の壁を打ち破ってくれるものにもなってくれるから、積極的に人にぶつかってみて。

March 3月
3月のオーラ
天秤座

イヤッ!

「イヤッ!」の黄色が出ています。この3月の天秤座は「イヤッ!」とか「帰りたい!」とか「私がこの地球で一番偉いの。だから、大切にしてもらわないと困るの! わかって!」など、子ども返りみたいな現象が起きやすいです。でも、それは大事なことで、この時期のあなたは「シンプルな幸せ」に憧れる。だから、整理もして、「この地域で一番うまいカレーを食べに行く」とか、子どもの冒険心とシンプルな幸せ感を取り戻していくこと。また、不思議なことに、業務はちゃんとやります。ただ、自己PRであったり、難題のある会議であったり、いろいろな方向で頭を使うので、自分へのご褒美も用意してあげてください。「弾丸で温泉いかね?」とか、そういう衝動的弾丸旅行も推奨されます。

April 4月
4月のオーラ
天秤座

祭りの開始。

「祭りの開始」の赤が出ています。4月の天秤座は自分が大事にしているものや、推しへの愛がかなり深まっていく動きが出てきます。人間関係も、お互いに励まし合うとか、気の合う人と企画をやるなどの動きも出てきやすい。一方で、この時期はやはりかなりバタバタしていきます。「無理は承知で!」みたいなお願い事をされることも多くあったり、駆り出されたりするようなこともある。でも、不思議と冷静とヤケクソの勢いでサバいていける。4月は、楽しいバタバタがあるし、いろいろと「やった者勝ち」みたいなことが起きてきます。お祭り事も周囲でスタートしていくので、ぜひ楽しんでいってください。

May 5月
5月のオーラ
天秤座

私を止めないで!

「私を止めないで!」のエメラルドが出ています。5月の天秤座もかなり不思議で、自分の周辺でいろいろな知らせとか、スタートが行われていく。そして、あなたへの相談事なんかも増えるのですが、この時期はすべてにおいて「解決」は目指さなくてよいです。それをやっちゃうと、膨大な量の課題を抱えてしまうから。だから、「じゃあ、まずはこれだけやる!」みたいな感じで、ひとつひとつその場での対応をしていけば大丈夫です。そして、あなた自身が5月に「熱い、強い、執念」モードになっていく。退けないし、止まりたくない。エネルギーも、感情も、気持ちも、いろいろとあふれ出ていくようなときです。だからこそ、すごく仲よくなる人もいれば、ぶつかり合ったり、「価値観合わないな~」と感じてしまうこともある。いろいろと楽しくガチャガチャしていくときです。でも、あなたがやるべきことはひとつ。突っ走ること!

June 6月
6月のオーラ
天秤座

スーパー集中モード、発動!

「スーパー集中モード、発動!」のシルバーが出ています。6月の天秤座はいわゆる「制作期間」に入ります。天秤座はその人生の中で「とにかく1週間、この食べ物だけしか食べない」とか、「ゲームをずっとやる」とか「籠って仕事を完成させる」とか、何かにドハマリする期間があり、まさにその時期なのです。創作意欲が上がり、表現活動も盛んになります。新しいあなたの一面が評価されていくことも多いです。また、この時期のあなたはよい意味で「心が揺さぶられる」とか、刺激を受けていくことが多い。引きこもって集中していくのですが、大事な交流はしていくみたいな、不思議な行動を取っていきます。意味があること、無意味にかかわらず、ハマるものにはとことんハマってみてください。

しいたけ.からの
魔法のメッセージ

「私ってどういう人だったっけ?」。それが、2022年上半期のあなたから、自然と発せられる口癖になっていきます。改めて、人と接していったとき。誰かと笑い合ったとき、好きな食べ物を食べていくとき。そういうとき、不思議とあなたの「こう接しなきゃ」とか、そういう武装が取れていくから。「素人の意識」というのは、あなたの中でもしかしたら一番恥ずかしいものかもしれないです。覚悟を決めて、リングの上に上がったような人だから。でも、ちゃんと努力をしなくても、準備をしなくても、素人みたいでも、あなたはちゃんとかわいらしいです。「準備をした人のみが勝利をする」という世界だけではなくて、もっと力が抜けて「ガハハハ」と笑う世界もちゃんとつくっていけるから。「今度私に何かください」とか「構ってください」とか、そういう台詞も言っていける。依存をちゃんとやっていく。さまざまな場所に、いろいろな依存をつくっていく。依存というのは「早く〇曜日にならないかな」とか「早く〇〇に会いたいな」という気持ちのことだから。

しいたけ.

SHIITAKE LIVE CHATしいたけ.さんが登場!
SHIITAKE LIVEを
お見逃しなく。

しいたけ占い2022年上半期公開を記念して、占い師しいたけ.さんが12星座別のLIVEを インスタグラムとツイッターで同時開催。星座別にお悩みや質問も募集中なので、ぜひ参加して! 詳細はこちら

THANK YOU