VOGUE GIRL LINE Twitter Facebook Pinterest Instagram mail
獅子座

獅子座のみなさんへ
2022年上半期、獅子座は
「最高の夏休みを目指して。
私の本業ですか?遊び人です」

みなさんこんにちは。しいたけ.です。

今回の2022年上半期占いは、誰よりも僕自身が「2022年はどういう年になるんだろう?」という気持ちを持って書いていきました。そして、この2022年の上半期は多くの人にとっても特別なものになっていくし、特別だったものを取り戻していく時間になっていくと確信しました。もちろん、どの人も、まだ穴から出たばかりで「今まであった世界」に適応する時間も必要になります。でも、ちゃんと特別な思い出を残していける。ちゃんと楽しんでもいける。

また、この2022年は「これまでの10年」が終わり、「これから始まっていく新しい10年の始まりの年」になります。それぞれが、大きな節目なり、区切りなりを迎えていく。いつもよりも内容が濃い感じになっているので、ゆっくり読んでいただいたらうれしいです。

2021年12月 しいたけ.

2022年上半期の運勢は?

いつまでも下を向いてたまるか。

2022年上半期のオーラ
獅子座

2022年上半期の獅子座は「いつまでも下を向いてたまるか」を表すターコイズが出ています。2022年上半期の獅子座はかなり強いです。というのは、ここ数年間の獅子座の目標は「自由になること」だから。自分自身が自由になるために、プランを温め、できることからコツコツとやっていく。不謹慎に聞こえるかもしれないのですが、少年や少女が「親には内緒で、夏休みにみんなで家出をしよう」みたいな計画をやってきたのです。最高にワクワクするために。真剣に遊んでいくために。「正しい意見も大事かもしれないけど、正しい意見が面白い日々をつくっていくとは限らない。予想や予測が誰かの毎日を面白くするのか。私はもうちょっと、自分がワクワクする方向を自分の手で開拓していきたい」。「やってみたいこと」があるから、いつまでもダメージなんて受けていられない。立ち上がり、脱出計画を立てていくのです。

10年目の区切り。

これは2022年上半期に入る前からなのですが、やはり2021年ぐらいから、あなたはかなり「私のやりたいようにやる」という強い決意があるのです。何でその決意が強く出てきたか。それは、不吉な意味ではなくて、2021年も含めての世界的な混乱を目の当たりにしたときに、あなたの中で「人生は短い」と感じたから。これは別に寿命的な意味ではなくて、「やりたいことをやっておかないと、なんとなく後悔しそう」みたいなことがかなりリアルに感じられた。「行きたいところに行っておこう」とか。2021年までの出来事があって、あなたの中のいろいろな優先順位が大きく変動したのです。

もうひとつ、大事なことを言っておきたいのですが、獅子座だけではないのですが、2022年は「10年目の区切り」の時期を迎えていく人が多いです。おおまかな話として聞いてほしいのですが、2022年になるまでのあなたの10年間は「家族」がテーマになっていたところがありました。これは、実家などの家族も含むものだし、あと、あなたが「家以外に、外の世界に家族をつくっていく」という、壮大なこともやってきた。獅子座は人間関係、そして、「どこかに所属し、貢献すること」をかなり徹底するところがあります。「そんなもん、放っておけばいいよ」と言われたり、「あなたがそこまでする必要はない」と友達に言われたりしたとしても、「長く関わり、恩義も受けた場所は私にとって家族同然」みたいな感じで、自分を尽くし、発展を願う。できない人のフォローなどもする。そういう「古きよき伝統」を持って頑張ってきた。その過程で、当然うまくいかなかったことや、「自分を削りすぎてしまった」ことなんかもあった。

そして、2022年上半期からの10年間。そのとき、大きく「巣立ち」がテーマになっていく部分がありました。

「すぐに今いる場所を辞めちゃう」

という話ではなくて、自分が関わっていたところが「フォローをし、フォローもされる家族同然の場所」だったから、公私の差が正直なかったところもありました。でも、これから先は少しずつ、公私とか、ONとOFFとか、仕事とプライベートとか、そういうのを分けたい。なので、仕事などはこれから先、順を追って「業務委託契約」のような形に入っていく人も多くなると思います。やりたいことをやっていくために。

「世界を“ここ”に限定しない。外の世界に何があるか。そういうことをもっと勉強していきたい」。

2022年上半期の獅子座は、外の世界に一歩踏み出していくはじめの年になります。次に、具体的にどのようにして「外の世界」を見ていくのかを説明していきたいです。

没頭と解放。

獅子座にはやはり、かなり強いプロ意識があります。だからこそ、自分の前に仕事とか勉強とか試練の難題が突きつけられたとき、「あー、来ちゃったか。じゃあ、私はプロだからクリアしないと」と、変にマゾ精神が燃えて、乗り越えようとしてしまう。

でも、そのプロ意識に関しても心境の変化が起きてきて、「周りから求められる形で、認められていくために自分を磨く。能力を証明する。それはもちろん大事なことかもしれないけど、それだけをやっていってしまうと、私の全部が吸い取られてしまう」と感じてきた。クタクタになりすぎてしまう。それは結構、あなたの中で「何とかしよう」と考えてきたテーマでもありました。「私のやりたいことに対して責任を取っていけるのは私。だったら、私がちゃんと責任を持って、やりたいことのための時間を取っていきたい」と、改めて2022年上半期のあなたは決意していきます。

「やりたいこと」が現時点でよくわからない人もいると思います。特に、現代人は「やりたいことを見つけなきゃ」というのが強迫的になってしまっているところもあったりする。では、2022年上半期から見つけていく、あなたの「やりたいこと」は何か。それは「没頭」と「解放」の2つのキーワードがあると考えてみてください。獅子座だけではないけど、自分がやっていくことには必ず人間関係が付きまといます。その人間関係が、あなたの場合は特にわずらわしくなってきている。たとえば、温泉が素晴らしいのは、温泉に入っている間にはお湯の肌触りや温度を味わうという「没頭」、次いで、「はぁー」と言う「解放」があります。そして、よっぽどのことがない限り、温泉には人間関係はついてきません。そういうことでよいのです。「何かの作業に没頭するのは大好き。それで自分が解放される」。2022年上半期は絵を習ってみるとか、何かをつくってみるとか、温泉でもよいです。「勝手に自分が没頭し、解放されている時間」を積極的につくってみてください。そこで、「私が好きなこの分野なら、ここでなら人間関係をつくっていっても大丈夫そう」と思えることが、あなたが「やっていきたいこと」になっていくはずだから。

未来へ向かって。

2022年の上半期のあなたにはやってほしいことがあります。ちょっと極端なことを言いますよ。この時期、あなたが出会う人、関わる場所において「5年後はここにいないかも」と心の中で言っておいてほしいのです。

「何でそんな寂しいことを言うんですか?」。

と言う人もいると思います。

もちろん、これは不吉な意味で言ったわけではありません。

先ほどからお伝えしてきているように、2022年上半期はあなたにとって「次の未来。外の世界」に強い一歩を築いていく期間になります。行けるようになったら、ずっと会いたかった恋人に会うかのような気持ちで、海外にも行ったりする。

そのためにこそ、あなたにとって「関わり方」が大事になってくるのです。あなたがこれまで関わってきた場所、人、組織は大事だけど、そして、もちろん「大事じゃない場所」とか「一刻も早く脱出したい場所」なんかもあるけど、「家族のように一心同体化しない」みたいな取り決めが大事になってくる。関わり方が変わるわけではないけど、「あなたはあなたの運命を追い、私は私の運命を追う」という、心の中での線引きを持つ。

というのは、この時期の獅子座は「関わっている場所の改変期」にかなり入ってくるからです。そのために、配置換えみたいなことも起きやすいし、兼任するようなことも出てくる。その変動に巻き込まれる人も出てきます。皆、生き延びるために必死になっていくから。だからこそ、自分の立ち位置として「5年後にはここにいない」という気持ちを込める。ありがとうを込める。後に残されていく人、関わってくれた人の未来のことも考えて、ひとつひとつ大切なバトンを渡していく。

手放し推奨。

今回、獅子座の上半期の占いのメッセージはかなり強くてストレートだと思います。でも、変な話、このメッセージをすぐに受け止めないでください。受け止めて、消化するまでの時間もちゃんと持ってほしくて、そのために旅などにも出かけてみてください。

その上で、やはりこの10年目の区切りの2022年の上半期、「手放していこう」と決めていくことから、あなたの未来への扉はひとつひとつ開かれていきます。「期待」、「ここまでやりたい」、「お世話になった」、「恥」とか、「怖さ」。

なんで手放し推奨かというと、獅子座は本当に、絶対に恩義と復讐は返していく人だから(笑)。「まだまだできることがある!」と、自分がやっていくことを積み上げていっちゃう。

でも、この時期は綺麗に掃除をしていくときです。

「ここまではここまで。そして、これからはこれから。本当に、私に関わってくれたさまざまな人たち。さまざまな思い出たち。どうもありがとう」

と言っていって。

もちろん、まだ生々しく残っている嫌悪感とか、ショックとか、そういう感情もあったりします。だから、すぐにこの上半期占いを受け止めないで、少しずつ。友達と笑い話にもしながら。

「何にこだわっていたのか忘れちゃった。それよりも新しいことをしていきたい」

傷も癒やしながら、バカもやりながら。ちゃんとあなたは前に進んでいけるから。最高の思い出を残すこともやってみて。遊んで、遊んで、遊びまくって。

夏休み的生活。

最後になるのですが、やはり2020年、2021年の情勢があなたに与えた影響は大きいです。その影響を受けて、2022年の上半期をスタートさせていく。どうなるのかというと、「休みは休みでさ、全力でやんなきゃな」という、休みへの野望がすごく出てきている。今までのあなたの休みは「平日で疲れた体の休養」の面も強かったけど、この時期のあなたはちゃんと思い出をつくっていこうとする。何なら、旅のしおりなんかもつくっちゃう勢いで。予測や検索の世界もぶっ壊して、ただワクワクしながら出かけていたあの日々に帰っていく。

「私は十分やりきった」

やり残しがあると思っている人も、そう宣言してしまってください。前までのことを引きずらない。これからの空を見ていく。あなたは自分が思っているよりもすごい人なのだから。

仕事運はどうなる?

外の世界を見ていく。

2022年上半期の仕事面でのあなたのテーマも「外の世界を見ていく」です。まず、今の時代において自分がやっている仕事に対して不安や葛藤を抱えていない人は少数になっているのかもしれません。でも、獅子座に関しては、「やりたいことをやっていこう」という、一種の「開き直った解放路線」にいます。キーワードとして「引退後の夢」みたいなものがあります。「いろいろ終わったら、こういう生活をしたい」とか、「まだまだ先」と思われる自分の夢に向かって具体的に一歩前に踏み出す。「この辺に暮らすとなると、こういうお店があるのか」とか。「(仮)」の計画でよいので、ワクワク感を強く取り入れていく。現実の仕事面においては、2022年上半期の獅子座はマシーンになっていくところも強いです。関わる組織の改変が強くなる傾向があり、そこにちゃんと合わせていく。獅子座は任された仕事をきちんとやりきる人です。だからこそ、あなたは「週末、よい笑顔の人を探しに行く」など、「今の自分が守っている仕事の世界」以外の、外の世界を見に行く準備が必要になります。「仕事を超えて、やりたいこと」。それがあなたにとっての仕事になっていくから。2022年上半期は、あなた自身が結構大きな人生のテーマとか使命みたいなものに向かっていく第一歩になります。

恋愛運はどうなる?

私は18歳です。

2022年上半期の恋愛面でのあなたのテーマは「私は18歳です」になります。2022年上半期の獅子座の恋愛運はかなり特別なものになって、「18歳の自分」に少しずつ戻っていきます。どういうことなのか。そもそも、獅子座はどこかで「管理者」とか「監督者」みたいな立場になっていきやすい人です。周りに対して責任を負っていくから。でも、そういう自分から脱走を図っていくのもこの2022年上半期なのです。なので、この時期の恋愛面としてのテーマは「予想を壊す。検索を壊す。何も知らなかったころの感性に戻っていく」になります。18歳に戻り、ゲーセンに行ったり、アトラクションに乗ったり、バーベキューをしたりなんかもおすすめですし、不思議とあなたの周りには「大人をやり続ける疲れ」を抱えた人たちが集まりやすいです。きちんと生き、きちんと大人の疲れを背負った人。その人たち同士で、遊ぶ計画を立てていく。その中で、「真面目に、どこに住みたいか」など、探検に行く場所の商店街とかを見ておくことも大事になります。獅子座と縁があり、そして、好きになる人は「どこか、地元愛とか、自分が通うお店を大事にしているとか、そういう誇りの感覚を持っている人」だから。ただ遊ぶわけじゃなくて、そういう笑顔にも出会いに行く期間になります。仲間内でも、自分が何を大事にして頑張っているか、そういうことをポツリと語り合ってみて。この時期のあなたのキーパーソンは「学ぼうとしている人」です。年上も年下も関係なく、すべてを自分の世界の言葉で語るわけではなくて「え、それ、どういうことですか?」とちゃんと興味を持って聞こうとする人。逆に言えば、自分の話しかしない人はやはり一発NGになりやすいです。難しく考えないで、まずは遊んでみて!

月ごとのアドバイス

1
今のうちにやっちゃおう
2
亀戦法
3
大きな区切り
4
遊び尽くす!
5
挑戦と結果
6
最高の夏休み計画

★マークのついた⽉はラッキー⽉です。

January 1月
1月のオーラ
獅子座

今のうちにやっちゃおう。

「今のうちにやっちゃおう」のオレンジが出ています。2022年上半期の獅子座は「勢いやノリでなんとかしていっちゃう期間」と「慎重に様子を見ながら足固めをしていく期間」の差がとても激しいです。この1月は「私の気が変わらないうちに、早く宿取っちゃって!」みたいな感じで、かなり弾丸でいろいろな動きをしていきます。ダメ元で頼んだこともまぁまぁうまくいきやすいので、厚かましく生きてみてください。仕事や勉強、そして遊びも結構もう全力でやっていきます。あと、1年のはじめのこの時期に、「去年までの時期で1番悔しかったこと」を思い返すとよかったりします。傷を思い出すわけではなくて、「今年こそもっとうまくやってやるぜ」とか、「悔しさ」があなたに進化と成長をもたらしてくれます。

February 2月
2月のオーラ
獅子座

亀戦法。

「亀戦法」の茶色が出ています。2月は自分自身のことも含め、あと、自分が関わる組織などに関して改革やシステムの変更などが多くなっていきます。「勢いのままにやる」というよりも、ひとつやっては確認し、みたいな感じで、慎重さが求められてきます。チェックすることが多かったり、地道につぶしていかなければいけない用件などがあったり、なかなか大変な時期ではあるのですが、「根気でひとつひとつ、つぶしていく」とか、そういう王道なやり方で突破していけます。また、2月のあなたは「外の世界に出る」とか、外部の人に多く会っていったりします。コツコツやっていた期間が長いので「私で大丈夫かな」と不安になることもあるけど、強気の姿勢でやってみて。大丈夫だから。

March 3月
3月のオーラ
獅子座

大きな区切り。

「大きな区切り」の青が出ています。3月の説明をする前に、まずはここまでお疲れさまでした。というのは、3月は世界にとっても、あなた自身にとっても、「一息つき、やっと次の新しい物語が始まっていく」区切りの時期になるからです。それで、この時期のあなたは自然にやりたいことやチャレンジしていきたいことが増えていきます。いろいろと解放されて、きれいな景色を見たり、おいしいものを食べたりして、エネルギーをチャージしていけます。全体的に「種まき」の時期なので、結果を焦らずに、楽しみながらやってみてください。また、転職なども含めて、今後に関わる「誘い」を受けやすい時期でもあるのですが、正直「決め手に欠ける」感想を抱きやすいです。もちろん、「全部がダメ」というわけではなく、今の自分が満足していること、そして、「得たいもの」を明確にしておく必要もあります。

April 4月
4月のオーラ
獅子座

遊び尽くす!

「遊び尽くす!」のターコイズが出ています。この4月の特徴はとにかくあなたが関わることが普段よりもスピーディに動き出すことなのです。いろいろなことがスッキリしていくし、遊びでも仕事でも、あなたのアイデアがかなり活かされていくようになります。計画したことが「面白そう」と言われてすぐに実現していったりするし、よい意味ですべてが「遊び」の感覚になっていくのです。また、2022年の上半期全般に言えることなのですが、「ダメ元で言ってみる」とか、そういうことがとても有効です。結果は出ていくので強気で。面倒くさいこと以外、新しいことに誘われたら「できます!」とか「やってみたいです!」と元気に答えてみましょう。感覚は冴えていくのですが、「このやり方でよいのかな?」と迷うことがあったら、遠慮はしないで周りにいる人に相談してみてくださいね。

May 5月
5月のオーラ
獅子座

挑戦と結果。

「挑戦と結果」の金色が出ています。5月はちょっと実力以上の力を求められるかも知れないです。2022年の上半期は「やってみよう!」と「面白そう!」で切り開かれていくことがとにかく多いです。特にこの5月はチャレンジすることから逃げられなかったりします。ただ、不思議と「そこまで自信がなかった」のに、よい結果が出ていったりする。不思議な底力が出るのです。また、この時期は自分もそうだし、周りに対しても「無理をさせないこと」を覚えておいてください。余裕があったらでよいので、周りに声を掛けてあげてください。モヤモヤすることや、「これはどうしようかな」と思うことがあったら、一駅歩いてみるとか、原始的だけど体を使うのがよかったりします。もしできたら自分へのご褒美も検討してみて。また、この時期はあなたが個人的に「今後やっていきたいこと」の扉が開いたり、縁が繋がれていったりしやすいです。

June 6月
6月のオーラ
獅子座

最高の夏休み計画。

「最高の夏休み計画」の金色が出ています。6月は仕事面においてもプライベートにおいても、基本方針みたいなものがすごくハッキリしやすいです。「よし、私はこれでいくぞ」とか、あと、自分が何をすれば満たされるのかもすごくアンテナが立つ。不思議と意気投合する人達も出てきやすいし、よい環境の中で試していきたいことが多くなります。前向きに、いろいろな感情を発見したい。「おいしい」、「うれしい」、「楽しい」などに出合っていきます。それで、この6月に比較的大きな未来の選択をしていく人も多いです。大きな例だと移住とか。人生に対しての方針がなんとなく見えてくるとき。ただ、そういうことも含めて全部、楽しみながら決めていきたいし、今年こそ最高の夏休みになるような計画をしていきます。

しいたけ.からの
魔法のメッセージ

個人的な感想なのですが、獅子座の人が「あ、私言いたいことをハッキリ言っちゃうから距離を取っているんです」と、よくわからない人間関係の気のつかい方をしているのが本当に「可愛い」と感じてしまいます。すみません、急にこんな告白をして。本音、ガチンコ、正直、そして、口の悪さ。それがあるから、あなたを敬愛し、信用している人が結構多くいます。あなたの突っ張った攻撃性は、この2022年上半期で和らいでいきます。「私が何とかしなきゃ」を卒業できるから。だから、2月でも4月でも6月でも、どこでもよいです。「最高の夏休み」の計画を立てていってくださいね。いつでもよいので、「夏休みだし、どっか出かけるか」と言って、特別感を出す。大きな空、でっかい入道雲、汗ばむ首元。2022年上半期、再びどこかへ出かけましょう! 今いる空の向こうへ!

しいたけ.

SHIITAKE LIVE CHATしいたけ.さんが登場!
SHIITAKE LIVEを
お見逃しなく。

しいたけ占い2022年上半期公開を記念して、占い師しいたけ.さんが12星座別のLIVEを インスタグラムとツイッターで同時開催。星座別にお悩みや質問も募集中なので、ぜひ参加して! 詳細はこちら

THANK YOU