VOGUE GIRL LINE Twitter Facebook Pinterest Instagram mail
双子座

双子座のみなさんへ
2022年上半期、双子座は
「必要な準備はできている。
3歳児に戻り、我が道を進む」

みなさんこんにちは。しいたけ.です。

今回の2022年上半期占いは、誰よりも僕自身が「2022年はどういう年になるんだろう?」という気持ちを持って書いていきました。そして、この2022年の上半期は多くの人にとっても特別なものになっていくし、特別だったものを取り戻していく時間になっていくと確信しました。もちろん、どの人も、まだ穴から出たばかりで「今まであった世界」に適応する時間も必要になります。でも、ちゃんと特別な思い出を残していける。ちゃんと楽しんでもいける。

また、この2022年は「これまでの10年」が終わり、「これから始まっていく新しい10年の始まりの年」になります。それぞれが、大きな節目なり、区切りなりを迎えていく。いつもよりも内容が濃い感じになっているので、ゆっくり読んでいただいたらうれしいです。

2021年12月 しいたけ.

2022年上半期の運勢は?

このときが来ましたか。

2022年上半期のオーラ
双子座

2022年上半期の双子座は「このときが来ましたか」を表す茶色が出ていました。ほかの人たちと違って、2022年上半期の双子座が特殊なところは「欲しいものを手に入れていくための足場が完全にできあがっている」のです。「足場」というのは、自分で磨いてきたスキルであったり、周りからの信用であったり、あと、あなた自身の勝負勘とか展望の予測能力なんかもある。いろいろなことをお手伝いでやってきたり、経験値を積んできたりした人が、いよいよ自分のやりたいことを絞り、「○○屋」として旗揚げしていくような、そんな「独立独歩で自分の人生をつくっていく」という姿勢も強く出てきます。では、あなたにとっての2022年上半期がどのようなものになっていくか、一緒に見ていきましょう。

怒涛と信用の2021年。

少しだけこれまでの動きを振り返りたいのですが、2021年の双子座は「何か知らないけど、これまでの人生の中で1番大変だったかもしれない」と感じた人もいると思います。「ただ大変だった」という話じゃなくて、勇気を出して「やりたいこと」とか「理想の自分像」、そして、「変な人からこきつかわれないための独立準備」なんかをやってきた。「やりたいこと」と「やらなければいけないこと」についても、その両方のバランスを取ろうと頑張ってきました。

そして、これもすごく不思議な運命だったのですが、2021年全体を通じて、あなたはかなり強く周りから「信用」を受け取ってきています。「私もなぜだかよくわからないけど、この分野の出来事にとことん向き合うことを余儀なくされて、それでいつの間にかその分野のプロフェッショナルになっていた」とか、プロへの道が大きく切り開かれたのです。「怒涛の2021年の経験を通して、ある分野に深く精通し、周りからも助言を求められるなどの信用を得た」。2021年は大変だったけど、あなたが得たものは大きかったのです。

体力の低下。

2021年の双子座は怒涛だったからこそ、2022年の上半期においてもまず向き合っていくことが「体力の低下」問題なのです。場合によっては「何もやる気がしない」という、やる気やモチベーションの低下なのです。この話、ちょっと面白いので聞いてください。

繰り返しでしつこいけど、2021年のあなたは「可能性の扉をとりあえずすべて開けた。ヘロヘロだったけど、試していきたいことがあった。あと、やらなければいけないことからも逃げずに向き合った」みたいな、何かプロの傭兵みたいな生活をしてきました。それで、すごい体力が削られた。

その結果何が起きてくるかというと、この2022年の上半期は「失礼な人」にもう会いたくないのです。もうね、無礼な人とか、「何かこの人嫌だなぁ」という人に構う余裕がなくなる。もちろん、最低限受け持たなければいけない人も出てくるけど、せめて身内の範囲内か、もしくは、距離を取って付き合うみたいなことをしていく。期待できる人と、期待できない人や動きがハッキリしてきているから。あなたがこれから先も付き合っていける人は、仕事上の付き合いでも、どこか「友として話し合える人」です。年齢などに関係なく、柔軟な感覚を持っている人が不思議と周りに集まる。「友になれるか。友になれないか」。それが結構重要な判断にもなってくる。

もっと伝えていくと、2022年の上半期は、あなたにとっての「敵」と「味方」がハッキリしていきます。「敵」と言っても攻撃されるとかじゃないのですが、あなたにとって「私の人生にとって関与しないもの」がハッキリする。今までは修行のためにやってきたけど、今の自分には味方をしてくれる人や、信用してくれる人がいる。だからこそ、「もうこの人達とだけやっていく!」みたいな宣言をしていけるのです。

もちろん、体力の回復も大事になります。人間界から離れて、自然の中に身を置いたり、旅先でゆっくり本を読んだりするなど、あんまり普段の自分の利益とか成長に絡まない、完全に気を抜いて骨抜きにされるという時間を積極的に持っていってくださいね。

この人たちとやっていく。

ここまでもお話ししてきたように、2022年上半期は「この人たちとやっていこう」みたいな感じで、仕事とプライベートが一緒になったような、「連合軍」のようなものをあなたは組んでいく。

何のためにそのような「連合」を組んでいくかというと、これからの時代を、自分たちの手で少しでも「面白くしていく」ためです。双子座は時代を読む能力に非常に優れています。そして、今の時代は「ひとつの能力だけ」で何とかはできず、いろいろな専門分野の人同士が協力し合う必要が出てきている。それは別に仕事の能力だけじゃなくて、「この人がいるとよい感じで力が抜ける」とか「食べ物の話にやたら詳しい」とか。そういう、サークル感覚で、仕事とプライベートが両立したような会合をつくっていきます。だから、定例会議みたいな感じで、「今何をやっているか」、「最近面白かったことは何か」など、そういう報告会をやっていっても面白いです。誰かの仕事の進め方などが、自分の仕事などにもヒントになっていくからです。

ネットやSNSを通せば、誰とでも繋がれる。その便利さも大事だけど、2022年上半期のあなたが重視するのが「人の顔を実際に見ていくこと」なのです。人を紹介すること、人を紹介されることがかなり多くなるので、実際に人となりを見て判断したい気持ちもあります。

新しい世界の創設。

もう1つ、大事なことをお伝えしたいのですが、2022年は、どの人にとっても「これまでの10年間」が終わり、「これから先の10年間の物語が始まっていく」という、節目とか区切りになる年です。双子座にとってのこれまでの10年は「社会に足場を築き、そして、脱出していく」ための準備をしてきた期間でした。あなたはどこかほかの人と違って「羽が生えている」生き物です。だから、自分のすべてを地上や誰かに所属させる人じゃない。そして、これから先の10年は「多様化ってことは、もっといろいろと自由にやってもよいってことですよね」と、自由な連合をつくっていく首謀者になっていく。あなたが目指す社会は「20歳までの境遇や環境ですべてが決まらないような世界」です。大人になってからも友達はできるし、協力して一緒に何かできる。連合をつくっていける。そして、放っておき合える。「放っておくときは放っておく。協力するときは協力する」という、自由な世界を目指して2022年上半期はその第一歩を踏み出していく。

受注者から、私のやりたいことへ。

双子座にとっての2022年上半期は、あなたが2021年までに広げてきた耕地とか、いろいろな作物が埋まっている畑を整理していくイメージです。あなたは生産者として、仕事の受注者として、いろいろな依頼を受けてきた。出張もして、お助け屋もやってきた。でも、2022年上半期は、あなたは自分の畑に「空き」をつくろうとしています。「依頼されたもので埋め尽くさない」を方針に、自分がやっていきたいことのほうを重視する。この時期のあなたは実験精神と直感がかなり重要になります。

先ほどもお伝えしたように、「仕事兼友達」で集まる連合の会合で、自分のアイデアを話す。人のアイデアを聞く。そうしたことで、自分のアイデアのヒントがどんどん出てくる。双子座は実は、ひとりで黙々とやるタイプでもあるのですが、他人の話を聞いて「じゃあこうすれば面白いんじゃない?」とガヤ席からの貴重な意見を言っていくことができます。誰かと話すことで思いつく。そして、自分の畑で大事に育てたいものを決めていく。「成果が出たら儲けもの」とか「私がやりたいからやる」とか「この仮説を追求していきたい」など、実験精神がとても大事になります。

遠慮は無用。

大きな流れで見たときに、今の双子座はすごく不思議なポジションにいます。あなたはこれまでいろいろな世界を切り開いてきたし、間違いなく自分の限界を突破してきたし、誰かの役に立ってきた。でも、どこかで「私はこんなもんすよ」みたいな、そういう自己評価の低さが出やすいのです。「言われたから、やってるだけっすよ」みたいな。もちろん、その謙虚さは素晴らしいのですが、2022年上半期はもう一歩だけ前に出るというか、しゃしゃり出てきちゃってください。勇気を出して、「私もやってみたい」とか言ってみる。もちろん、疲れが溜まってきたから「余計なことはしたくない」という気持ちはわかります。でも、あなたにあるのは「遠慮」です。「役に立てるかわからない」、「気が変わったら申し訳ない」とか。でもね、1年先のことすら誰にもわからないこの時代において、遠慮なんていらないです。やってみて「違う」と感じるのもありだから。そしたら、誠意を込めて謝ればよいし、最低限貢献したら、脱出してもよい。「先の先」のことまで考えないこと。面白そうだから、興味を持ったから参加をして、その後のことはまたそのときに考えていけば大丈夫。

やっちゃえ!

最後にお伝えしたいことがあって、2022年の上半期のあなたは直感によって、大きな運命の波に乗っていきます。なので、「得るために手放す」という言葉を、意識して持っておいてください。「まだ○○だから、△△できない」とか「私にできるか不安」みたいな思いも、ひとつひとつ手放していく。もう、2020年からのカオスであなたはわかったはずです。「明日のことなんてわからない」って。もう、それは堂々と宣言できる。だったら、誠実にやっても誰かに迷惑を掛けるかもしれないし、その場のノリで駆けだせば、宝物に巡り合うかもしれない。だから、「やっちゃえ」なのです。大きな運命というのは、準備ができていなくて、無防備で、でも、楽しもうとしている人に与えられるものであるから。大人から3歳児へ。「楽しんだ者勝ち」という原点に返って、暴れていってください。その暴れ方は、あなたにしかできないことなのだから。

仕事運はどうなる?

イメージが実現されていく。

2022年上半期の仕事面でのあなたのテーマは「イメージが実現されていく」です。2022年のあなたの仕事運での重要なテーマは2つあって、ひとつは「実戦とスキルアップ、プロデューサー化」なのです。これまで以上に経験値が買われ、現場の人から周りをまとめる「リーダー役」として求められていくことが多いです。また、あなた自身も自分の仕事を「利用」して、「今度の仕事は、私が最近試してみたかったこのやり方でやってみたい」と、実験をしていく子どもみたいな形で無邪気にやり、データを集めていくようなことがあります。もうひとつ大事になるのが「未来への橋」を架けていくこと。つまり、「現状の、生活のための仕事」というよりも、自分の理想や夢、そして、将来のイメージを実現していくためのプランを練る。なので、あなたにやってほしいことがあって「自分の生活には、どういう時間が絶対に必要なのか」、「部屋に何を置きたいか」、「人に褒められたこと、頼りにされたこと、ありがたがられたこと」など、そういうことをまとめてみてください。最近のあなたは実は「イメージを実現化」してきたことが多いはずなのです。なので、自分の未来の生活イメージをこの時期にやっていくと、「割り振られていく仕事の性質」なんかも変わってくるのです。

恋愛運はどうなる?

実験スタート!

2022年上半期の恋愛面でのあなたのテーマは「実験スタート!」です。いきなりなのですが、人が恋愛をする理由のひとつに、「大人の仮面を外すこと」があったりします。恋愛って、ほかの人間関係よりも「我慢ができない関係」でもあります。遅刻したら怒るし、相手の人生に干渉もしなければいけない。「これを言ったらどう思われるか」みたいな、大人の仮面をつけているとできないところがある。それで、2022年の恋愛面でのあなたは思いきり「子ども返り」をします。大人買いなんかもしちゃうし、約2年間我慢してきた恨みを晴らすべく、ある程度自分の無茶な行動を許しちゃう。その「めちゃくちゃさ」に、双子座本来の魅力が返ってくるのです。「なんか、好き勝手やっているとモテるな」と実感していきます。

この時期、恋愛や広い意味での人間関係で「奉仕やサービス先を決めること」も大事になっていきます。そのためにまずやってみてほしいことがあって、あなたの中で「天使像」と「悪人像」を遊びで描いてほしいのです。そんなにリアルに描く必要はないですからね。この「天使像」と「悪人像」は時期によって変わったりします。たとえば、今の自分にとっての「天使」は「一見するといじわるで、ハッキリと良い悪いを告げてくるけど、いざというときに意見を聞けるのはこの人しかいない」とか。簡単な絵とともに「天使像」と「悪人像」の説明を書いておく。自分の中でイメージをつくっていくことで、どの人に投資するというか「一緒に人生の時間をつくっていこうぜ」という相手をハッキリさせていく。もう結構、2022年上半期の双子座はハッキリ立場を宣言していっちゃうのです。

キーパーソンは「自分の人生の中に実験を取り入れ、実験を楽しんでいる人」です。たとえば、休みに勝手に火起こしに燃えている人であったり、我流でファッションについて勉強している人であったり。「自分にとって、休みのこの時間が幸せ!」と断言できる人が、あなたにとって重要な人になります。また、この時期のあなたは「どういう部屋に住みたいか」など、先の未来に向けてのイメージの掘り出しと、それを相手に伝えていくことなんかも非常に大事になってきます。

月ごとのアドバイス

1
1回リセットする
2
怒涛のスタート
3
この不安は越えられる
4
開くのか。閉じるのか
5
私は絶対に勝つ
6
霧が晴れる。未来をつくる

★マークのついた⽉はラッキー⽉です。

January 1月
1月のオーラ
双子座

1回リセットする。

「1回リセットする」の緑が出ていました。この1月なのですが、頑張ることは最低限というか、もちろん、突破しなければいけないものがある人はいます。でも、いったんはリセットしてほしいのです。それだけ、2021年に積んできたあなたの疲労は半端なものではなかったから。幸い、この時期のあなたは「元気にしてくれるもの」が近くにいます。楽しみにしていた予定であったり、古くからの知り合いとか家族のような人であったり。どうしても「内へ、内へ」と気持ちが向かってしまうところも出てくるから、2回ぐらいは外へ出かける予定を入れてみて。「これからも頑張る」という目標じゃなくて、目標なんかもリセットして、「今年はいろいろ気にしないでとにかく楽しむ!」とか、目標も新規に。ここまで頑張ってきた人は最後の詰め! 自分を信じて、ある程度情報や人の評価は遮断してやりきっちゃうこと!

February 2月
2月のオーラ
双子座

怒涛のスタート。

「怒涛のスタート」の白が出ています。2月の双子座には「急速な幕開け」のようなことが起こってきます。新しい話なり、プロジェクトなりがスタートしていく、あなた自身、イベントとか体制や新規の役割とか、スタート準備に追われていくようなところがあります。この時期、誰かに言われたとかではなくて「あ、この問題は先に押さえておいたほうがよさそうだぞ」というのを、機転を利かせてあなたはやっていきます。「こういうやり方もあるよ」と人にアドバイスをしたり、また、あなたもアドバイスを受ける機会が多いです。また、この2月は「よくなっていくために、悪いものや問題点も出してしまう」期間だから、多少体調が優れない日があったり、「この話をどうしていくか」みたいな、課題に向き合う日々もあったりします。良くなっていったり、スッキリしていったりするために通っていく道のりになります。やってみて!

March 3月
3月のオーラ
双子座

この不安は越えられる。

「この不安は越えられる」のネイビーが出ています。3月は遊ぶことも含めて、進路のこと、そして、仕事のことなんかも次から次へとこなしていったりします。双子座は調子のよいときに、よい意味で「やっていることがバラバラで、真面目モードから遊びモードまでくるくる切り替えられる」みたいな、そういう状態で走ります。一方で、この時期に少しだけ「不慣れなこと」とか「最初は不安に思うこと」に手をつけたりします。ただ、全般的にこの時期のあなたにくる不安は時間とともに乗り越えられます。「あー、はいはい。不安ね」と言って受け止めてください。あと、ほかの人の言うことや顔色よりも、「自分がやってきたこと」を信じてみて。「私はこれが正しいと思います」など、自分の意見を伝えることも大事になります。「いや、絶対に揺るがないから私」みたいな、そういう喧嘩腰も必要。強気で!

April 4月
4月のオーラ
双子座

開くのか。閉じるのか。

「開くのか。閉じるのか」の黄色が出ていました。4月の双子座にとって大きなキーワードとして「新しいカルチャーに接する」、「カルチャーショック」があります。自分にとって未知の文化とか風習、考え方ややり方みたいなものがあなたの領域に流れ込んでくる。もしくは、あなたがそういう「新しい舞台」に飛び込んでいくような流れがあります。ただ、この時期のあなたは間が悪いことに「面倒くさい期」に突入するのです(笑)。「はー、お菓子を食べて暮らしていきたいなぁ。やりたいことなんて特にないし」みたいな自分になる。それで、この4月はもしできたら1泊以上の「弾丸旅」をやってほしいです。癒やされにいくというよりは、少し日常を離れて「何かを決めていく旅」。それだけ、2022年上半期の双子座の流れは速いです。参加するのか、やるのか、やらないのか。そういうことを自分で決めていくために、いつもの場所を離れる必要が出てくるのです。

May 5月
5月のオーラ
双子座

私は絶対に勝つ。

「私は絶対に勝つ」の青が出ています。5月は「立ち止まることもあるけど、得るものがすごく大きな時期」になります。まず、この時期のあなたは「自分がやりたいことやできること」と、「周囲から求められている役割とかやり方」に対して、ズレが出てきたり、立ち止まって調整をしたりする必要も出てきます。今までの自分のやり方じゃなくて、要求される新しいやり方を取り入れていく必要も出てきます。この時期、一言で「根性」と「気合い」です。「今日ここまでやった。私の勝ちだ」みたいに、1日の最後に勝利宣言もしてみてください。この5月で波に乗り、2022年にしかできなかった話を本格的にスタートさせていく人もいます。直感とノリ、そして慎重さも必要になってくる大事な時期です。

June 6月
6月のオーラ
双子座

霧が晴れる。未来をつくる。

「霧が晴れる。未来をつくる」の金色が出ています。6月の双子座は「いろいろな物事や進行のコツをつかむ」みたいな感じになります。次から次へと課題を終わらせていくし、状況的にも落ち着いていく。不安や心配についてもひとつひとつ整理して、霧が晴れていくような感覚を覚えます。同時に、双子座は「自分が世界に対して感じること」に対して嘘がつけません。ほかの人みたいに、鈍感になりきることはできない。そういう意味で、この6月は2割ぐらいのモヤモヤを持ちつつも、「ちゃんと自分はここまで頑張ってきたんだ」と、堂々と威張って、リフレッシュもしていく時期です。モヤモヤに飲み込まれすぎないこと! 2022年上半期は全般的に「あんまり頑張りすぎない意識」で大丈夫です。むしろ、休んで、「穴」をつくることで、今のあなたに合った運命が流れてくるから。のんびりやること。

しいたけ.からの
魔法のメッセージ

2022年上半期のあなたに1回はやってほしいことはきれいな郊外に行って星を見ることです。遠くに行けない人は夜、少し散歩をしたり、あと、窓から見える夜空を見てみる。「手ぶらで、夜空を見に行く活動」をしてみてほしいのです。夜空を見ながら「いつの間にかここまで来たか」とつぶやいてみて。あなたはとても不思議な人です。3歳児の精神を宿したまま、大人になった人。2022年上半期はリセットをしていくときだから、あなたの原点である3歳児に戻って、「人生には不思議なことしか起こらない」という感覚を、星空の下で確認していってほしいのです。これまで、本当にお疲れさまでした。静かなときも持ちつつ、空に向かって「何でもこいや」とつぶやいてみて。あなたはもう、やってきたことを信じて昇っていくだけだから!

しいたけ.

SHIITAKE LIVE CHATしいたけ.さんが登場!
SHIITAKE LIVEを
お見逃しなく。

しいたけ占い2022年上半期公開を記念して、占い師しいたけ.さんが12星座別のLIVEを インスタグラムとツイッターで同時開催。星座別にお悩みや質問も募集中なので、ぜひ参加して! 詳細はこちら

THANK YOU