VOGUE GIRL LINE Twitter Facebook Pinterest Instagram mail
牡牛座

牡牛座のみなさんへ
2022年上半期、牡牛座は
「放浪者からリーダーへ。
極端さが抜け、
愛とキャリアを両立していく」

みなさんこんにちは。しいたけ.です。

今回の2022年上半期占いは、誰よりも僕自身が「2022年はどういう年になるんだろう?」という気持ちを持って書いていきました。そして、この2022年の上半期は多くの人にとっても特別なものになっていくし、特別だったものを取り戻していく時間になっていくと確信しました。もちろん、どの人も、まだ穴から出たばかりで「今まであった世界」に適応する時間も必要になります。でも、ちゃんと特別な思い出を残していける。ちゃんと楽しんでもいける。

また、この2022年は「これまでの10年」が終わり、「これから始まっていく新しい10年の始まりの年」になります。それぞれが、大きな節目なり、区切りなりを迎えていく。いつもよりも内容が濃い感じになっているので、ゆっくり読んでいただいたらうれしいです。

2021年12月 しいたけ.

2022年上半期の運勢は?

落ち着きとバタバタの協奏曲。

2022年上半期のオーラ
牡牛座

2022年上半期の牡牛座は「落ち着きとバタバタの協奏曲」の茶色が出ています。2022年の上半期の牡牛座は控えめに言って爆発していきます。「はいはい、やっちゃう!」と言って、多少乱暴になっても、強引になっても、いろいろな課題を片づけていく。駆け抜けていく。バタバタとした日常の中で、いつの間にか幸運があなたの部屋の中に「来ちゃった」と言って住み着いていたりするのです。「何を言っているのかわからない」と言われるでしょうが、この時期のあなたは今までのあなたと全然違うのです。「挑戦してきたことも、一段落ついてきた。どっしりと腰を据えて、全く新しい自分にチャレンジしていきたい」と、やりたかったことにチャレンジしていくのです。落ち着く時間とバタバタの時間が交互に、競い合うようにそれぞれの音を鳴らしていく楽しい時間になっていきます。

極端な牡牛座。

12星座の中でも、牡牛座ほど「普通に見えて、よくよく見てみると過激な人」はそこまでいません。まず、牡牛座の性質を説明するときに出てくる単語が「極端」と「放浪」なのです。まず、「極端」についてなのですが、あなたはこれまでの人生の中で「ちょっとね、私はマシーンになるわ」みたいな感じで、結果を出していくために「人間性」とか「幸福」みたいなものを置いていったことがあったかもしれないのです。「とにかく今はやり抜きたい」と言って、納得ができるまでやる。「昨日は夜の12時まで仕事した。それで、朝の5時までにこの資料をまとめないと」みたいな感じで、極端にひとつのことにハマりこむ。だからこそ、牡牛座は何かを好きになる前にかなり慎重になります。「この趣味や、この人を好きになってハマったら、それこそまた私の24時間が破壊されてしまう。とことんいって、満足感を得られなかったらどうしよう」などの心配をするのです。

その上で、「極端にハマりまくる」牡牛座が、OFFをどうやって取るかというと、「私を探さないでください」と言って放浪するのです。空の色も、匂いも、味も、街の中ですれ違う人も、国も、全部変えたい。風景を全部チェンジして、それでリセットをする。それもこれも極端なのですが、牡牛座の人生において「ほどほど」はあんまりないのです。「やるからにはとことん」とか「やる気が出なくなったらずっと寝てる」みたいな感じで、0か100かの性質を強く持っている。

不信力から信頼する力へ。

2022年上半期のあなたはお仕事などの面においても、プライベートにおいても、かなり強力なチームを結成していきます。しかも、ひとつのチームだけではなくて、複数のチームを結成していくのです。この「チーム」について説明する前に、どうしても伝えたいことがあります。

失礼な言い方に聞こえたら申し訳ないのですが、牡牛座が頑張って自分の人生を切り開いていく原動力の大元には「不信力」があります。「自分でやるしかない」、「何かを手に入れたければ、勝者にならなければいけない」など。その原動力をベースに、あなたは自分の力の限界を超えてきたところがあります。すごく極端な言い方をすると、「頑張れる人は、周りに期待しない人」であることも、ひとつの事実であったりするから。

ただ、2022年上半期のあなたはやり方を変えていきます。「不信力」を「信頼する力」に変えて、「関わるものすべてに対して手が抜けない完璧主義」の部分を、「60点から70点を取る努力をしてみる」と、自分のペース配分やエネルギーの使い方を再調整するのです。結論から言うと、この時期のあなたは今まで生きてきた中でも「もっとも準備が出来ていない人」になります。でも、本当に不思議と、難題から大きな決断まで「いいよ~。やるよ~」みたいな感じで、ゆるく切り抜けていったりする。「あ、これは頼んじゃおう」と、周りに頼ること、共有することもできる。周りと協力していくことで、いつの間にか自分の願望や野心を叶えていってしまったりするのです。

チームの力。

2022年上半期の牡牛座はかなり強く「チームの力」を活用していきます。それで、まずお伝えしたいのが、この時期のあなたは「海外で暮らしている」と思ってほしいのです。ほら、海外は文化の違いがあるから「あー、この国ではそうなっているんですね。OK」というのができるじゃないですか。「違うのが当たり前」みたいな。あなたがこの2022年上半期で「チームの力」なり「チームワーク」を十分に使っていくためには「私は今海外で暮らしている」みたいな認識が必要になるのです。

この時期、「自分が手掛ける作品」のように、物事を完璧に仕上げていくのではなくて、他人に任せたり、意図したものと少し違ったり、自分のクオリティに満たないものがあっても、「任せたからには任せる」という取り決めが必要になります。全部を自分の意向に添わせないで、「違う文化を取り入れる喜び」を味わうつもりでやってほしいのです。

前書きでも少し触れましたが、2022年という年は、どの人にとっても「これまでの10年間」が終わり、「これから先の10年間の物語が始まる」ような、節目とか区切りの年になります。牡牛座にとっての「これまでの10年間」は「ド根性で築き上げてきた奇跡の物語」なのです。あなたはこれまで、自分が出会ったもの、心を打たれたもの、任されたもの、中には「腐れ縁」なんかも含めて、ほかの人からは想像できないぐらいのまっすぐな気持ちで向き合い、未完成品を完成品に仕上げてきた。こんなことはあなたにしかできなかったはずです。誰かによって放置されてきた物語を、あなたがちゃんと仕上げてきた。そういう意味で、これまでの10年間は常に「私がやらなきゃ」と自分を追い込んできたところもありました。そして、これから先の10年は「大人のチーム」がキーワードになっていきます。「大人」というのは、「何でも話し合える」とか「何がなんでも仲よくなる」というわけじゃなくて、もう少しクールに、お互いの幸せのために協力し合う。あなた自身、人と「付き合う幅」が変わってくる。「同志」から「世間話だけする人」まで、人間関係に濃淡ができる。濃密なところは濃密に、淡々といくところは淡々と、みたいにあなたの生き方がうまくなっていきます。

愛とキャリアの両立。

もうひとつ、2022年の上半期の牡牛座の運勢を説明する上で、この「愛とキャリアの両立」は外せない単語になっています。自分を犠牲にして、1つの物事を完成させていこうとするあなたが、周りを頼りにし、力も合わせて、「愛とキャリア」の2つについて両立させていく。

なぜあなたが「両立」を重視しようとしたかというと、この時期のあなたはどこかで「リセット願望」や、「もう一度学んでいきたい」など、よい意味での「受け身の姿勢」も持ってきているし、ここから新しい物語を始めていく。

では、「愛とキャリア」を両立させるためにはどうするのか。それは、あなたはこの期間、やることすべてに対して「(仮)」をつけてほしいのです。イメージで言うと、「パッと目についたものをやってみる」とか、フットワークが軽くなる。本業にする前に「お手伝い」と言う形から入るとか。全体的に、品質よりも、スピード重視になります。先ほども伝えたのだけど、100点を取るまで粘るのではなくて、「これに関しては60点で前に進むよりしょうがない」と、そういう姿勢を持ってみる。でも、悔しさはちゃんと残す。「前までは5時間かけて90点を取っていたが、今は1時間で80点を取らなければいけない」など、ゲームのルールが変わり、スピーディーになる。それに合わせた自分をつくっていく。だから、手抜きも上等になっていくし、日々切り替えるところは切り替えていく。

こう書くことによってガッカリする人もいると思います。でも、この2022年上半期において、「自分で全部考える時間を減らして、他人に尋ねてみること」などはとても大切になってくるのです。

ただ、フォローとして、この時期のあなたは「ライブの終盤のハイテンション」みたいな感じを持っていきます。「えーと、この曲のあとは、え、もう最後? 何だっけな。今日は本当にどうもありがとう。でも実はアンコールが3曲あるんですけど、よろしくお願いしますね」みたいな感じで、自分が少しハイになる。この無茶苦茶さを楽しんじゃう。「だって、今しかこういう時間はないんだから!」とやっていってしまう。「あれこれカッコつけてもしょうがないしな。正直な今の自分を共有したい」と、今まで以上に、自分をさらしていき、縁ある人とも「ぶっちゃけた話」を共有する。その「共有の連鎖」がとてもうまく循環していくから大丈夫!

課題を残す。

最後に。ここまで2022年上半期のことを書いてきて、「課題を残す。共有する」がどうしてもあなたにとって大切なテーマになります。「自分をさらす」のがすごく苦手に思う人もいると思います。あなたの陰の努力や苦労は、おそらく多くの人が知りません。あなたは猫のように、自分の活動を隠すところがあるからです。「これは人前にお見せするものではない」と、猫がおもちゃをサッと隠すように。でも、すましたあなただけじゃなくて、ぼーっとしたあなたも、何も準備をしていなくてあたふたしているあなたも、周りから見たら「ひっくり返っている猫」みたいですごくかわいいです。だから、恥ずかしさも共有しちゃって。大丈夫だから。「かわいくてごめんなさい」と自分を前に出していくこと。

仕事運はどうなる?

大役を果たす。

2022年上半期の仕事面でのあなたのテーマは「大役を果たす」です。もうこれはハッキリと言っちゃうのですが、この時期の牡牛座はとても忙しくなります。あなたの今の実力に関連する運命がボンボン降ってくるようなイメージなのです。ただ、怖がる必要はなくて、この2022年上半期のあなたは仕事面を乗り切っていくために「言葉の力」がとても大事になります。なので、もしできたら日記帳なり、メモ帳なりを買ってみてください。もちろん、携帯電話のメモ帳でもよいです。それで、人と接して何を思ったか、どう伝えたかったか、「○○さんのよいところ、悪いところは何か」など、観察したものを言葉にする。仕事面においても、プライベートにおいても、リーダーシップを握り、言葉によって人を動かしていくから。「今年からまたすべてが新しく始まる」くらいの気持ちでいてもよいかもしれないです。今まで積んできた経験値ももちろん活かせるのですが、リセットされて、新しい大役を受け取っていくから。欧米的なバカンスに近い感覚も持っていきます。集中して結果を出し、そして、「この期間は無理矢理にでも休みを取る」とか、そういうことをしていけます。結構、駆け抜けていくし、駆け抜けた後に「私、結構すごいことやったんじゃね?」と実感していきますよ。

恋愛運はどうなる?

人見知り性を発揮するが、
気負わずやってみる。

2022年上半期の恋愛面でのあなたのテーマは「人見知り性を発揮するが、気負わずやってみる」です。牡牛座の人は恋愛面、そして、広く人間関係においても知らず知らずのうちに「準備の人」になることがあります。つまり、「聞かれたら答えられなければいけない」とか「ある分野に詳しくなって、頼られることが多い」とか。教師役みたいになることも多いです。それで、2022年の上半期のあなたはかなりの数の人と再び会っていくことになります。なので、気負わないで、「仕事面では正解を求められるが、プライベートでは正解なんて答えなくていい。温泉にいるような感じで、ホワーンと相手の話を聞く」みたいなイメージを持ってみてください。あと、この時期のあなたの恋愛面は「細かい観察や、相手のことを覚えていること」が勝利を呼び込みます。なので、仕事運のところでも言ったのですが、やはり日記帳やノートなどの購入はやってみてください。「何を思ったか」、「何を伝えたかったか」。それを言語化してみてほしいのです。伝えることを焦らないで、「私が思ったことは何か」と正直な感想を書いてみる。キーパーソンは2つのタイプがいて、ひとりは「ハッキリ言ってくれる人」です。牡牛座は自分の回路というかやり方を持っているから、周りから気をつかわれて「それは違う」とかなかなか言われないこともあります。でも、この時期のキーパーソンは「何でそんなやり方してるの?」とか「何か、ハッキリ言ってくれるなぁ」と思う人がよかったりします。多少腹が立ちますけど(笑)。もうひとりのキーパーソンは「一生懸命やっているけど、少し損をしている人」です。そういう人を見るとあなたは放っておけないこともあり、仲よくなって、いろいろと共有していきます。久しぶりに人と会っていくので、牡牛座の人見知り性がけっこう発揮されていくと思うのですが、焦らずにやってみて。1人の時間も必要だから、1人でお茶をするなどもやってみてください。

月ごとのアドバイス

1
言葉の力
2
秘密の計画
3
ただいま
4
私に任せて! 突破していくよ!
5
私でよいんですか? 評価と抜擢を受ける
6
遠慮はしません。全力のぶっこみ

★マークのついた⽉はラッキー⽉です。

January 1月
1月のオーラ
牡牛座

言葉の力。

「言葉の力」を表すオレンジが出ています。不思議なことに、2022年の1月の牡牛座は言霊みたいな感じで、言葉に力が宿りやすいです。あんまり何も考えずに言ったことが実現していったり、人を動かしていくこともできる。それで、目標とか、一緒に頑張っていくことなんかも聞かれたりします。なので、もしできたらこの時期は「プレゼンの用意」をしておいてください。「実はこういうことを考えていたんです」と、未来に向けてやっていきたいこと、夢にしていきたいことを発表していく機会が多くなるから。あと、もし行けたらでよいので、溜まってきた疲れを落とすみたいな感じで、旅などにも出かけたい時期です。最後に、お酒を飲む人は「酒の席での失言」などに気をつけて。いろいろと達成感を得られるときでもあって、リップサービスで他人をからかったりすると、それが失礼になってしまうこともあるから、親しき仲にも礼儀ありで。

February 2月
2月のオーラ
牡牛座

秘密の計画。

「秘密の計画」の森の色が出ています。まず、牡牛座は「誰にも入らせない、自分だけの秘密の部屋」みたいなものを持ちます。自分の計画性とか、夢とか、「ここまでになりたい」などの目標など。どんなに身近な人に対しても「ひとり守秘義務」みたいな感じで黙々とやる。それで、この2月は「誰にも明かしていないけど、自分で決めたこと」に向かって黙々と頑張っていこうとするし、サプライズの計画なども多くなります。自分なりの目標に対して一歩進んでいく。注意点として「もうやっちまえ」みたいな感じで、手段に対して強引になるとか、あと、「これは秘密にしてほしい」みたいな感じで不正の報告にも縁ができやすいときです。変な形で頼られる。「大ごとになったら大変」と感じたものは、ひとりで抱えずに第三者に相談を。

March 3月
3月のオーラ
牡牛座

ただいま。

「ただいま」の茶色が出ています。2022年の牡牛座は「ただいま」と言って帰っていけるような場所を何個か持つようになっていきます。「家族ぐるみで仲よくなる人」とか、「自分にとっての温かい居場所」とか、「お客さんを超えて、友達になっちゃった」とか、そういう話が多くなる。この時期、あなた自身が「ギラギラした野望」というよりも、みんなでやるゲームをしたり、お互いに協力して「ありがとう」と言ったり、小さな幸せをつくっていこうとします。関わる場所を大事にしていく。ONとOFFのバランスもよいし、目の前にあるタスクもどんどん片づけていくし、道が開かれます。頑張ってきたことが一段落するときで、羽を伸ばしてもよかったりします。この時期は「接する人に対して、なるべく平等に」を意識してみてください。出来る限り、人へのフォローも忘れずに。

April 4月
4月のオーラ
牡牛座

私に任せて! 突破していくよ!

「突破口を開く」のシルバーが出ています。4月の牡牛座は本領と実力以上の力をかなり発揮していきます。勘がとにかく冴えて、「あ、多分こうやれば大丈夫です」みたいな感じで、自分も含めて、周りの課題をクリアしていくスペシャリストになります。周りにいる人達から頼りにされるし、評価もされていきます。この時期、少しだけ面倒くさかったり、難易度の高い案件も入りやすいです。でも、ひるむことなくやってみてください。4月のあなたはかなり目立つし、花形みたいな立場になっていきます。プロとしての実践も試されていくので、安請け合いはしないとか、自分でわからないことは誠実に説明するとか、ひとつひとつの課題に丁寧に向き合うことは意識してみてください。2022年の牡牛座は「暴れていく」というよりか、周りをフォローし、お互いに励まし合いながら課題を突破していくイメージが強いです。

May 5月
5月のオーラ
牡牛座

私でよいんですか?
評価と抜擢を受ける。

「評価と抜擢を受ける」の紫が出ています。まず、この5月のあなたはやってきたことが認められたり、抜擢を受けたりしやすい時期です。そういう意味で「自己評価と将来設計」は事前に準備しておく必要があります。評価や抜擢はうれしい話なのですが、「自分が希望するものと違うところ」の穴埋めのようになったりする可能性もあるからです。なので、第3者にも相談したりして、「それを選ぶことで生じるメリットとデメリット」をきちんと分析したり、私の希望についても、ある程度本音ベースで話しておく必要があります。この時期のあなたはプライベートのコミュニケーションにおいても本音が必要になってきます。感情的な好き嫌いだけではなく、長期的な手段と目的を見ていくことも大事になります。小難しいけど、友達とか上の人にも相談してみて。

June 6月
6月のオーラ
牡牛座

遠慮はしません。全力のぶっこみ。

「遠慮はしない。全力のぶっこみ」を表す金色が出ています。6月の牡牛座は何らかの抜擢を受けたり、あなたが主導権を握って新しいプロジェクトなどを進めていったりします。経験を買われて、立て直し的な仕事もやっていったりする。2022年上半期の牡牛座は「評価されること」と「片づけていくこと」がとても多くなります。この6月もひとりの力だけでは無理なので、「あー、遠慮はしないです」を心の口癖にしてください。ぶつかってもよいから、本音を周囲に伝えていく。牡牛座は「言うことが無駄」と考えて、自分で黙々とやっちゃう人です。でも、この時期は「黙々」よりも、伝えてみることのほうが大事になります。6月からまったく新しいスタートをしていく人もいるので、焦らずに。ひとつひとつ。計画を立てるみたいなこともやって整理してみて。

しいたけ.からの
魔法のメッセージ

やっぱり牡牛座ってどこか猫っぽいのです。すごくダラダラすることが好きなんだけど、人が来るとすました顔をして「スッ」とその場からいなくなることがある。カッコイイんだけど、表情が読みにくい。そんな猫的なあなたも素敵なのですが、この時期、あなたはもっと尻尾をブンブン振った犬みたいにもなっていきます。「遊ぼうぜ」とか「構ってくれ」とか「一緒に頑張ろう」とか、意思表示をかなりハッキリしていく。ひとりで踏ん張ってきた時間があるからこそ、ひとりでいろいろな無茶を完成させてきたことがあるからこそ、今期のあなたは周りを頼っていくことができるのです。嘘でもいいです。「そう思えない」と思ってもいいです。でも、これまでの自分を誇りに思ってください。やっとあなたの時間がきたのだから。2022年、あなたが素敵な門出を迎えていきますように。動物園とかに行って、ぼーっとした動物なんかも見に行ってみて!

しいたけ.

SHIITAKE LIVE CHATしいたけ.さんが登場!
SHIITAKE LIVEを
お見逃しなく。

しいたけ占い2022年上半期公開を記念して、占い師しいたけ.さんが12星座別のLIVEを インスタグラムとツイッターで同時開催。星座別にお悩みや質問も募集中なので、ぜひ参加して! 詳細はこちら

THANK YOU