VOGUE GIRL LINE Twitter Facebook Pinterest Instagram mail
魚座

魚座のみなさんへ
2021年下半期、魚座は
「競争、刺激、仲間。
その3つを胸に抱き、
大きな山場を乗り切る」

こんにちは。しいたけ.です。今回もこうして皆さんに2021年下半期占いを読んでもらえるのがとても幸せです。今回、占いを書いていったときに一番お伝えしたいと思ったことがあります。

今、多くの人が5年分ぐらいのタスクを2021年の1年間の中で凝縮してやろうとしているのです。イメージで言うと、大きな登り坂をひたすら登ってきた感じなのです。キツさ、つらさ、退屈さの3拍子がそろう大きな登り坂を、「自分を変えるために」、多くの人がひたすら無言でここまで登ってきた。まずそれが、本当にすごいことだったのです。こんなこと、いつもの年の占いではなかった。自分を変えるための登り坂は、登りたい人が助走をつけて、快速で登っていくだけだった。でも、2021年はみんなが登り坂の途中にいたのです。

その2021年の後半戦、「自分は変わっていない」と思っている人、そして「自分は何もできていない」と感じている人ほど、もうすでに変化の渦中にいます。ただ、2021年下半期の登り坂は、やっときれいな景色も見ていけるし、「ここまでやれば大丈夫だろう」という目安も見えてきます。いつの間にか自分に体力がついた人、自分がたくましくなっていることに気づく人も出てきます。ここまで、本当に長かったです。「このままずっと時間が止まり続けるのか」と不安を感じてきたけど、もう、抜けていきます。ちゃんとあなたは、人生の中でもかなり大きな難所を歩き切りました。本文を読む前に、もしできたら、まず「ここまで歩んできた自分」を褒めてあげてください。あなたはすごいです。少しずつ「楽しむこと」のリハビリもしていくこと。「頑張るだけ」の生活から、心を取り戻していくこと。

2021年6月 しいたけ.

2021年下半期の運勢は?

競争、刺激、仲間。

魚座

2021年下半期の魚座は「競争、刺激、仲間」を表す赤が出ています。2021年下半期の魚座には不思議なところがあり、まず、自分の中で「競争していきたい」という気持ちを結構、露にする。競争は悪いことだけではなくて、自分がリスペクトをする人たちと刺激を与え合いながら、「絶対に私は負けん」と負けん気の強さを前面に出したり、「それぞれの持ち場で全力を尽くそうぜ」みたいな感じで、「戦いの中でお互いを支え合う」みたいな、不思議な同盟関係のようなものを築いていくのです。悪い意味ではなくて、この時期のあなたは「かなり、意識をせざるを得ない相手やライバル」などが出てきて、その人(たち)との切磋琢磨によって磨かれていく。そして、その競争や戦いを通して急激に経験値を積み、「ほかの人にはできない、自分だけのプロの領域をつくっていく」など、まぁまぁ激しい半年間になりそうなのです。

では、魚座にとっての2021年下半期がどうなっていくのか、一緒に見ていきましょう。

夢の途中。

2021年下半期までのあなたの道のりを簡単に振り返りたいのですが、まず、2020年からの魚座はかなり大きな変革期に突入しています。どういう理由なのかというと、2020年の1年前、2019年の魚座にはどこか「自分は今の路線をやり切った」みたいな感じがありました。「今の自分の卒業」みたいな感じで、もっと違うこと、0から始められることにチャレンジしたいと考えていたりもした。ここまで移動が多かった人はひとつの場所に落ち着き、逆に、これまで「ひとつの場所」に長くとどまっていた人は「移動生活に入りたい」と願った転機になりました。

そんな形で2020年を迎えたときに、この時期はよい悪いは別としても、「これから大きくシステムが変わっていく」というような、時代の転換期になった。それに合わせて、ちょうど変革期を迎えた魚座は「ついでに私自身もリニューアルしちゃおう」というような感じで、自分にとって新しいシステムをかなり導入してきたと思うし、人には言えないぐらいの労力と知恵を出して「自分自身のリニューアル」に取り組んできたのです。

ちょっとここで1回話を脱線させたいのですが、魚座の先取り能力ってすごいのです。たとえば魚座は、自分が好きな映画などの作品の続編が出るという知らせを受けると、「私が考える○○の続編はこういう感じ!」と、もう自分の脳内で映像や音楽、ストーリーやキャラを考えて、勝手に動かしていくような恐るべき空想能力があるのです。

だから、変な話、あなたは「2021年が始まる前に、もうすでに2021年以降の世界を脳内で先行プレイしていた」みたいな感じの不思議な立ち位置にいるのです。どこかで「自分自身も、社会に関しても、大きく変革していかなければいけないところにいるよな」と感じていたから。

中間報告。

2021年下半期の魚座はまず、「これまでやってきたリニューアル、そして、新規に試みてきた私の変化」についての中間報告とか、中間決算みたいなことをやっていきます。

どういうことなのかを説明したいのですが、魚座は自分の未来に向けて走り出していくときに、まずイメージの力を働かせていきます。「えーとね、私が働いている現場はこういうイメージで、その中で私はこういう仕事をしていて」とか、まず、イメージがバーッと浮かぶ。そういうイメージ能力が優れた魚座は、ときどき「予知夢」みたいなものを見たり、「あ、なんかこの光景どこかで見たことがある!」というような、デジャブみたいなものを感じることもあります。あと、ビジネスの世界でもそうなのですが、高度にイメージ能力を発達させた魚座は地図のような形で「今の私たちが目指しているプランには、ここに抜けがある」など、頭の中にある地図を読解し、言語化していくなどの力も持つこともできます。

2021年の下半期まで、新しい未来の自分のイメージに沿って動いてきたあなたは、いろいろな試みをやってきました。新しく勉強もしてきたし、これまで以上にコミュニケーションを大切にしてきたかもしれないし、みんなが戸惑うような「新しいやり方」についても積極的に吸収しようとしてきました。

ただ、ご存知のように、2021年はこれまで、いろいろな諸事情からかなり「制限」の多い年になりました。

「いろいろやってきて、これからやっていきたいこともあるけど、制限があったり、今の自分のレベルでは進行不可能なエリアがある」

そういう意味で、あなたの変革は続行するけど、1回1回立ち止まりながら、

  • ・これまでの自分がやってきたことで反省すること
  • ・もっと追求してみたいこと
  • ・自分がすでに飽きてきた部分
  • ・理想に対して具体的にどう着地していくか

など、今度は「イメージ能力」ではなくて、「左脳的な分析能力」を使って「中間報告」をまとめていくような時期なのです。もっとシンプルに言うと、これまでいろいろやってきたからこそ、「頑張る部分」と「頑張らない部分」を再び分けるみたいな感じです。伸びしろがあるとか、やり直せる部分とか、まだまだ成長する部分に、時間とエネルギーを再分配していく。

ライバルとの競争。

冒頭でも触れたのですが、2021年下半期の魚座は「不思議なライバル運」があります。この「ライバル」には嫌な意味は一切なく、「この人がいるから私もここまで成長することができた」みたいな、まさに「切磋琢磨」という言葉がそのまま当てはまる感じで、お互いに意識し、刺激し合い、成長をしていくのです。

もっと言うと、あなたはこの2021年下半期に必死になります。戦うこともします。どうしてなのか。

ここから少し、不思議な話をさせてください。

魚座は変な話、第六感的な力を持っている人が多いです。それこそ「虫の知らせ」を嗅ぎ取るというか、相手が連絡しようとする前に「何かそろそろ連絡が来ると思って」と、連絡が来たときのための準備をしていたりする。その反面、物忘れがあったり、感覚の鋭さと、感覚が冬眠しているときの差がすごく激しいのです。

そんな魚座なのですが、なぜ今「戦っている」、「ライバルを必要としている」、「自己改革も含めて、改革をしようとしている」のかというと、それは「孤立化した世界の中で、大きな声で周りに呼びかけるため」なのです。あなたは今、必死に自分の声を周りに届けようとしている。なぜか。孤立や孤独は、人が自分を成長させていく上で通らなきゃいけない場所ではあります。どの人も人生の中では一度や二度「ちょっといろいろ大変で、なかなか周りに連絡もできなかった時期」があったと思うのですが、今は多くの人が「強制孤立」の中にいた。

成長はできるけど、孤立や孤独はやはりキツいです。だからあなたは「私はこんなに楽しいぞ!」とか「私はいろいろあるけど、こういう形でやってるぞ!」とか「私はこんなに成長したぞ!」みたいな感じで、どうでもいいことから、大事なことまで周りに伝えようとしている。直接連絡できないことがあっても、疲れて立ち止まることがあっても、自分の中の熱を絶やさないようにしている。だから、あなたも疲れたらちゃんと休んで。くだらないことや、どうでもいいことに熱中しないで、こんなにちゃんとやってきたあなたは本当にすごいのだから。もし、行けるようになったら映画に行くこと。舞台を観に行くこと。多くの花が咲き誇っている風景を見に行くこと。海の波の音を聞きに行くこと。友達とバカみたいな話をすること。ゲームを目が腫れるまでやっちゃうこと。好きな人に連絡すること。絶対にやって! 理由なく落ち込むことがあったら早く寝る。あなたは絶対に大丈夫だから。

本気の成長。

暑苦しいタイトルばかりで恐縮なのですが、2021年下半期の魚座は「本気の成長」のチャンスの中にいます。ひとつだけ注意が必要なのが、これまでも含めて、魚座はやはり2019年から本格的に「変革」のために戦ってきました。だから、正直に言います。2021年下半期は「飽きてくる」とか「これでいいのかな?」という困惑も含めて、重なりやすいときなのです。隙を見せると、あなたのやる気とかテンションが落ちてしまう。

そんな中、夢中で新しいことを学ぼうとしている魚座はずっと強いのです。ずっとチャンスにも恵まれていく。変な話、2021年下半期の魚座は「うさぎと亀でいうと、私は亀だ」と自覚できる人の方が急激に成長し、チャンスもつかみます。「この中で多分、私が一番できない」と思えるかどうか。それは別に卑下ではなくて、「学ぶことに対して必死になれるかどうか」なのです。変に自己流を通すのではなくて、他人と話し合える能力を持てるかどうか。「自分が強い」、「自分のやり方を持っている」、「私達の頃はこうやっていた」よりも、「誰かと話して、新しいやり方をその場で開発していける」という「協議力」というか、そういう力の方が時代的にも要請されているところがあるから。

あなたは新しい時代のパイオニアになる人です。「何歳になっても学ぶことができる。頼りにされている部分もあるけど、私はこの中で一番下っ端なところもある」という気持ちを持つことが大事になっていきます。

自分を変えていく。出会い。

自分を変えるって、そんなに簡単なことじゃないです。でも、本当に不思議なのですが、「本当に自分を変えたい」と思った人には、出会いがあるのです。出会いって、人だけじゃなくて、急に責任ある立場を任されたり、自分を揺るがす言葉に出合ったり。悔しさなんかも大事になっていく。今のあなたは「変化」と「出会い」の縁の中にいます。だから、しつこいけどときどきちゃんと脱線して、寄り道もして、そして、「こんなこともできるようになった自分」を誇りに思い、自分を大事にして。勝負所を過ごしているからこそ、無責任に笑顔になれる時間がやっぱり尊いです。「気がつけばやり切っていた」。そんな怒涛の青春のような時間の中にあなたはいるから。思い出づくりは意地でもして。

仕事運はどうなる?

尊敬する人のやり方をコピーする。

2021年下半期の仕事面でのあなたのテーマは「尊敬する人のやり方をコピーする」です。まず、この時期の魚座は「自分のやりたいこと」と「周りから求められる仕事」の間で結構葛藤が起きます。結論から言うと、その両方のバランスを見極めて、両方ともに手を抜かないことが大切になっていきます。そもそもの話なのですが、魚座は基本的に「奇跡の勢い」の人なのです。つまり、自分が「よし、やってみたい!」と思ったことがあったら、どんなに「難しい」とされることでも突破していっちゃう、奇跡のエンジンを持っている。一方で、「飽きやすい」という特徴なんかもあったりします。そういう意味で、魚座が長期的に活躍し、能力を伸ばし続けるために「この人すげー!」という、尊敬できる対象が身近にいるかどうかが大事になってきます。そういう人がいればそのままでいいし、いなければ、有名人でもいいので、「リスペクトできる人」を見つけ出すのがこの2021年下半期のあなたのミッションになります。リスペクトする人のやり方をメモする、そして「盗んでいく」。中途半端ないいとこ取りをするわけじゃなくて「この人はこんなに偉い立場でも、こんなに礼儀正しいんだ」と感じたら、「そこはパス」とするんじゃなくて、自分も礼儀を徹底的にやるとか。あなたの尊敬する人は「自分のやりたいこと」と「周りから求められる仕事」に関しても、その人なりのバランスを必ず取っているはずだから、その感覚もぜひ盗んでみてください。

恋愛運はどうなる?

落ち着いた尊敬の気持ち。

2021年下半期の恋愛面でのあなたのテーマは「落ち着いた尊敬の気持ち」です。まず重要なのが、魚座にとって恋愛感情が起こる大きなきっかけのひとつに「この人落ち着いているな」という気持ちがあります。魚座にとって「盛り上がる」というのが友達関係で、「この人と話していると落ち着く」と感じるのが恋愛関係になっていきやすい。というのは、どこか魚座は対人関係で「サービス精神」のある人で、自分のキャラを自然にまとう。でも、恋愛面においては「キャラがつくれなくなるし、その必要がなくなる」のを求めるのです。

2021年下半期の魚座は、恋愛面にも関係するのですが「成長期」を迎えています。「今までと同じようには見られたくない」とか「今までと同じ扱いを受けたくない」みたいな気持ちも強くなる。だから、親友とか悪友みたいな関係よりも、「ちょっと距離があって、最初は丁寧語で話し合う」みたいな人と逆に距離が近づいたりします。というのは、そういう相手はあなたを「こいつさ」みたいな感じで扱わないから。「穏やかさと落ち着きと、将来のヴィジョン」みたいなものを持っている人、そして「落ち着いて話を聞いてくれる人」がこの時期のあなたのキーパーソンになります。そういう人と仲よくなっていくためにも、あなた自身も自分の意見を押し付けず、他人の話を聞く訓練をしてもいいかもしれないです。いつもやると倒れてしまうので(笑)、「ちょっとここは私の意見を言わないで、この人の意見を聞こう」という瞬間を持ってみて。変にすぐ距離を縮めようとせずに。礼儀とか敬意は基本的に大事になります。

月ごとのアドバイス

7
スッキリ。
8
アイスを食べて気分転換。
9
「私ならやれる! 」。戦闘モード全開。
10
面倒くさいタスクもやる私は最高に偉いのです。
11
外へ。
12
できんじゃね?

★マークのついた⽉はラッキー⽉です。

July 7月
7月のオーラ
魚座

スッキリ。

「スッキリ」の水色が出ています。7月なのですが、この時期の魚座は8月から9月にかけてある、「周辺のリニューアル」に向けて準備をしていく月になります。今後に備えて「できること」と「できないこと」がある程度ハッキリしてくるので、やるべきことを決めていくのです。この時期のあなたにお伝えしたいことがあります。2021年に入ってここまで、やっぱり「気持ちの晴れ間」は少なかったように思います。何をやるにせよ、スッキリとした気持ちで、100%の晴天の下で思い切りできることは限られていたから。でも、長期的な目線で見ると、この7月から少しずつ出口が見え始めます。だからこそ、心の中でいいです、「晴れ間」を目指してみてください。晴れ間とか、青い空の下で思い切り自分が走っているとか、楽しんでいるイメージを持つこと。そのような「やりたいこと」を補強していくときです。

August 8月
8月のオーラ
魚座

アイスを食べて気分転換。

「アイスを食べて気分転換」のターコイズが出ています。この時期のあなたはちょっと空気を入れ替えたいです。どうしてかというと、この時期のあなたは例年までのあなたと比べても、あれこれいろいろなことを考えてきたから。ひとりでも大丈夫なので、行ける範囲で、「きれいな空気」が流れる場所へ行ってみてください。そこでアイスとか食べてくるだけで体内の空気が入れ替わるから。また、この時期はちょっと先輩とか友人に話を聞いてもらいたいです。というのは、今のあなたはまぁまぁ「乗り越えがいのある難所」にいて、現在位置を含めて、「先に乗り越えた人の話」とかも聞きたいから。悩んでいることや考えていることに関しては、誰かに話を聞いてもらうか、または、自分で紙に書いたりして、「どうしたいか」を決めていけるから大丈夫ですからね。誰かに話すとか紙に書くって、その考え事と「距離が取れる」という意味で、冷却装置でもあるのです。だから、そういう時間をつくってみてください。

September 9月
9月のオーラ
魚座

「私ならやれる!」。
戦闘モード全開。

「『私ならやれる!』。戦闘モード全開」の赤が出ています。9月の魚座は思い切った決断をしていきます。どういう内容の決断かというと「結果を出すために、方向性を絞る」というか、「あれこれやってもしょうがないから、これでいこう!」と決め、勢いを出していくのです。「本命が決まる」みたいな感じで「今の私には○○が必要!」と、思い切って大きな選択もしていきます。この時期はかなり展開が速くなっていくので、切り替えも重要になってくる。この時期、もしできたら「戦闘モード」でいてください。「どういうつもりでこれまでやってきたか」「どうしていきたいか」「そのために、何をしていくか」など、気合いとともに前へ進んでいくから。ここが頑張り所だから! この時期ひとつだけ注意が必要なのが、「都合のいい誘いやコラボの話」などには気をつけて。「私は私でやることがあるから、勝手にどうぞ!」と押し返すぐらいの気持ちは必要になります。

October 10月
10月のオーラ
魚座

面倒くさいタスクもやる私は
最高に偉いのです。

「面倒くさいタスクもやる私は最高に偉いのです」のエメラルドが出ています。この10月の魚座は「自分が成長できる登り坂を一気に駆け上がっていく」みたいなイメージなのです。なので「あ、痛いなぁ」と感じることがあっても大丈夫ですし、変な話、喧嘩や言い争いみたいなことが起きても大丈夫。それを怖がらず、「多分、この出来事が私の武装を外していってくれることなんだ。正直になろう」みたいな感じで、シンプルによい方向へ行きます。そして、この時期のあなたが偉いのが「苦手なこと」とか「いつかやらなきゃいけないと思っていたこと」にも積極的にチャレンジしていくのです。一方で、楽しいことなんかも重なっていくし、少々のトラブルなんかも跳ね返せるぐらいの強さも持ちます。この期間に自分に自信がつく人も結構出てきます。怖がらずに進んで!

November 11月
11月のオーラ
魚座

外へ

「外へ」の黄色が出ています。2021年の下半期はただでさえあなたは「濃密な将来設計」をしているので、同じ場所に居続けると酸素濃度が濃くなって、少し苦しくなっていきます。だからこそ、できる範囲で大丈夫です、「外へ」というか、空気の入れ替えや居場所の変更は大事になります。魚座にとっての2021年下半期は「トンネルを掘り進める」ように時間が進んでいきます。つまり、コツコツやっていると必ず向こう側へとたどり着くということ。そういう意味で、この時期に「コツコツ取り組んできた分野」などが評価されていくことも多いです。そして、この時期に「歩ける限界まで歩いてみちゃう」とか、そういうことが必要です。魚座のパワーアップって、「未知の無茶」にチャレンジすることでもあるから。日々「できること」をやるのも立派なんだけれど、たまに自分に「無茶ぶりみたいな計画」を与えると、すごく元気になるから。もしできたらやってみて。

December 12月
12月のオーラ
魚座

できんじゃね?

「できんじゃね?」のピンクが出ています。この12月の魚座は大げさな言い方に聞こえると思うのですが「奇跡の力」を得るというか、不思議な力の後押しを受けます。「難しい」と感じていたことも、やってみたら何とかなっていく展開があったりします。「できるかな? これ」と思って挑戦したことも、不思議と仲間からの後押しがあったりだとか、乗り越えられちゃったりする。この時期、気持ちの上でも、現実的な出来事においても、上向きになっていき、そして、勢いがついていきます。「できんじゃね?」とか「私(たち)ならできるよ」という言葉を口癖みたいにしてほしいのです。そして、この12月は圧倒的な愛の力でリベンジを果たしていきます。気づいたら、自分がやってきたことが成果として出ていたり、「あ、私は自分に勝った」と思えることも多くなる。改めて、やってみたいと思うことも多くなるし、新しいチャレンジに燃えるあなたも出てきます。なので、本当にこの2021年という1年間、お疲れさまでした。立ち止まったり、駆け抜けたり、こんな濃密な1年をやり切ってきたあなたはすごいです。

しいたけ.からの
魔法のメッセージ

アニメとかで、レギュラーキャラじゃないんだけど、ときどき現れてすごい活躍をして帰っていく助っ人キャラがいるじゃないですか。あれって、魚座っぽいのです。魚座って、ときどき現れて奇跡のような活躍はするけど、密着されるのはそんなに好きじゃないところがあります。瞬間最大風速を起こせたら、その後は余韻に浸りすぎないで、次の作業に移っていきたい。そして、次の関心事に移っていきたい。2021年の下半期は、ウロウロとフラフラを順次取り戻していってください。特に目的はなくて、「面白そうだ」と入っていった場所で宝物を見つけてくる。それがあなたの人生に欠かせないものだから。一生懸命になりすぎないこと。「面白いからやっている」という軽さを持ち続けてくださいね。「あー、パンおいしい。パンを食べているときが一番幸せ。次に生まれるとしたら3食パンがいい」とか、そういうことを言っているあなたが一番素敵だから、好きなものと一体化する時間もちゃんと持っていって!

しいたけ.

SHIITAKE LIVE CHATしいたけ.さんが登場!
SHIITAKE LIVEを
お見逃しなく。

しいたけ占い2021年下半期公開を記念して、占い師しいたけ.さんが12星座別のLIVEを インスタグラムとツイッターで同時開催。星座別にお悩みや質問も募集中なので、ぜひ参加して! 詳細はこちら