VOGUE GIRL LINE Twitter Facebook Pinterest Instagram mail
射手座

射手座のみなさんへ
2021年下半期、射手座は
「混沌に強い私が
新しい明日をつくっていく。
感覚とノリでやっちゃうよ」

こんにちは。しいたけ.です。今回もこうして皆さんに2021年下半期占いを読んでもらえるのがとても幸せです。今回、占いを書いていったときに一番お伝えしたいと思ったことがあります。

今、多くの人が5年分ぐらいのタスクを2021年の1年間の中で凝縮してやろうとしているのです。イメージで言うと、大きな登り坂をひたすら登ってきた感じなのです。キツさ、つらさ、退屈さの3拍子がそろう大きな登り坂を、「自分を変えるために」、多くの人がひたすら無言でここまで登ってきた。まずそれが、本当にすごいことだったのです。こんなこと、いつもの年の占いではなかった。自分を変えるための登り坂は、登りたい人が助走をつけて、快速で登っていくだけだった。でも、2021年はみんなが登り坂の途中にいたのです。

その2021年の後半戦、「自分は変わっていない」と思っている人、そして「自分は何もできていない」と感じている人ほど、もうすでに変化の渦中にいます。ただ、2021年下半期の登り坂は、やっときれいな景色も見ていけるし、「ここまでやれば大丈夫だろう」という目安も見えてきます。いつの間にか自分に体力がついた人、自分がたくましくなっていることに気づく人も出てきます。ここまで、本当に長かったです。「このままずっと時間が止まり続けるのか」と不安を感じてきたけど、もう、抜けていきます。ちゃんとあなたは、人生の中でもかなり大きな難所を歩き切りました。本文を読む前に、もしできたら、まず「ここまで歩んできた自分」を褒めてあげてください。あなたはすごいです。少しずつ「楽しむこと」のリハビリもしていくこと。「頑張るだけ」の生活から、心を取り戻していくこと。

2021年6月 しいたけ.

2021年下半期の運勢は?

次の大きな流れに乗っていく。

射手座

2021年下半期の射手座は「次の大きな流れに乗っていく」のピンクが出ています。2021年下半期の射手座で何といっても特徴的なのが、再び自分にとっての大事なもの、そして、流れが巡ってきます。「過去の自分ではうまく取り扱えなかったこと」が再び巡ってくるイメージがあるのです。ネガティブな意味ではなくて、2021年下半期の射手座はリベンジを果たしていきます。ただ、そのリベンジにも重々しい空気はなく、かなり明るく軽いノリでやっちゃうし、「私は恵まれているなー」とか言いながら結構すごい、大きな流れに乗っていってしまう。この時期の射手座はやっぱり再び「ノリ」を取り戻していきます。

それでは、あなたの2021年下半期がどのようなものになっていくのか、一緒に見ていきましょう。

世界を縮める。大事な身内感覚。

2021年下半期の射手座は「再び巡ってきた大きな流れに乗っていく」動きが出てくるのですが、ただ何も考えずに流れに乗るのではなくて、あなたなりに下準備をしていくのです。

その下準備の第一段階として、少し独特な言い方にはなってしまうのですが、射手座は「世界を縮める」動きをしていくのです。

世界を縮めるとは何か。ご存知のように、今の世の中には「混沌」があり、それに加えて未来の産業や仕事、生き方も含めて「従来、正解だったものが正しいとは限らなくなり、新しい正解が出てきている途上の状態」になっています。そして、射手座はある種「混沌」に強い人なのです。なんかこう、もし野宿をしなければいけないときに、「まず大丈夫。米だけ持っていこう。あとは何とかなる」みたいな感じで、サバイバルに強いのです。

「何が正解かわからない世界において、パッと動き、正解をつくってしまう人」

があなたなのだし、「まずは何からやって」、「それができたら次に何をして」、「飾りつけなんかもちゃんとして」と、混沌の大地に小屋を建てていくようなことができてしまう。

2021年下半期は「世界を縮めて、再び少人数の、身内とのやり取り、身内感覚」を大事にしていきます。あなたは「確実に面白いこととか、サバイバルの方向性が確認し合える、少人数の顔が見える精鋭たち」のほうに未来を感じています。少し厳しい言い方をすると「言うからには、自分の意見を述べるからには、それを最後まで責任を持ってまっとうする意志のある人」のみを自分のチームに加えようとしている。

人間関係とか、交友関係は会員制のようになっていきます。ちゃんと、吟味をしたいから。なので、少人数の、センスを刺激し合える身内の関係をつくり、「プロ意識を持った身内のチーム」を強化する。人間関係において、2021年下半期の射手座は世界を縮小するのです。

この時期、あなたは出会う人、接していく人に対して「何を言うかではなくて、何をする人なのか」を徹底して見ていきます。行動が伴わない、口約束だけの人はもうたくさんだから。

「やってみたい」。
「やってみるか」。

この2021年下半期の射手座には大きな変化が起きていて、ちょっと失礼な言い方になってしまうのですが、あなたから「重々しさ」が消えるのです。というのは、普段のあなたは「やるからには命がけで」みたいな気合いを背中に背負っている部分があります。台詞にすると「絶対にやらなきゃいけない」とか、そういう気迫を持っている。でも、この時期のあなたはもうちょっと「軽い」のです。やりたいことに関しても「やってやろう!」とかじゃなくて、「やってみたい」とか「やってみるか」みたいな形で、軽いノリというか、そういう姿勢でやっていく。

その理由として、あなたは今の自分、つまり、いろいろな課題や場面を乗り越えてきた自分を信じてみたいという気持ちが起きているから。そして、「絶対に私は○○を成し遂げる」という気持ちももちろん一部にはあるけど、もう少しだけ「成り行きに任せたい」とか「やっている途中でいろいろわかってくるだろう」くらいの気持ちで物事に取り組もうとしている。「やる気が出たらやりますね」みたいな、そういう台詞も言っていきます。

何であなたがこういうノリなのかというと、「仕事をやっているふり」とか「掛け声だけ勇ましい」とか「何かをやって酔っているだけ」の感覚とは距離を取りたいから。「やらなきゃいけないことは、一カ月単位で変わってくる」という混沌とかサバイバル生活が得意なあなただからこそ「あえて手ぶらで出掛けて、現地で何が必要なのかを考える」みたいなスタイルを取っていきたいのです。

未来の計画にいつの間にか乗っている。

2021年下半期の射手座は、結構大きな未来の計画に乗っていきます。しかも、それをノリでやっちゃう(笑)。

この話は詳しくしたいのですが、それこそ、2021年に入る前のあなたは、つまり、2020年までのあなたは将来についてものすごくいろいろと考えたと思うのです。

「自分はどちらのコースを選んでいきたいのか。私は何を得たいと考えているのか。そして、自分が望んでいるものを得ようとするなら、どこを削らなければいけないのか。どんな選択をしていくのがいいのか」

といろいろ考えました。でも、その「考えと実践」にこれまで取り組んできた結果、よい意味で「自分の毎日って、なるようにしかならんわな」という軽さを手に入れてきているのです。もっと言うと、この時期のあなたは「決断から解放された」状態にあります。

もうちょっと自分を「重さ」から解放させてあげて、「決断」ではなくて、その場その場で心が動いていくほうを大事にしていきたいというような、一種の「悟り」のようなものを開いてきている。

これまで散々いろいろ考えてきて、ちゃんともがいてきた射手座には、再びチャンスが巡ってきます。やりたかったこと、もうちょっと追求してみたかったことのセカンド・チャンスがやってくる。だから、アドバイスとしても、少し流れに身を任せて、「その場のノリで決めていこう」としてしまって大丈夫です。

すごくシンプルだけど、世の中にはいろいろな人がいて、いろいろな世界があって、でも、私はひとりしかいないから、できる範囲は限られている。だったら、自分のできる範囲が小さくても、それをちゃんとまっとうしていこう、誇りにしていこうという形を取っていく。手を広げる方向よりは、やはり「自分の活動範囲を縮め、より深く追求していく」という方向性に進もうとしている。でも、心が動いたらやり方を変えちゃう軽さもちゃっかり持ってしまう。そういう、「臨機応変な、変化自在さ」も2021年下半期の射手座は手に入れていくのです。

「私の人生は面白い」。

ここまでも書いてきたのですが、あなたは「大きな存在から小さな存在」になっていこうとしています。それで、以下に書いていくようなことに抵抗感を覚える人はすみません。先に謝っておきます。

何でそんな前置きをしたかというと、射手座はやはり「宗教的」とか「人生にはどこか目に見えない力も作用する」みたいな、そういう星回りを持っている人が多いです。そのような射手座は今、いろいろと不思議な縁で「小さな存在」になろうとしている。小さな存在というのは、「絶対に○○を成し遂げる」というような理想の築き方ではなくて、「自分にできる範囲の世界を、ちゃんと手づくりをして、愛情を込めてつくり上げていく。おそらく、“幸せ”とは、自分が今どういう気持ちで物事にチャレンジしているのか、そういう“匂い”に同調してやってくる」みたいな、そういう直感を持ち始めているのです。悲壮な態度とか、立派な態度じゃなくて、「楽しくやったもの勝ちじゃないの?」という感覚を持ち始めている。

何が大事で、何が大事じゃないかは、自分で全部を決めてはいけない。

そういう「超越した感覚」を、この時期の射手座は持っていく。

自分としては「これじゃなかったんだよな」とか「こういうのは面白くない」と思っても、自分が演じる役が、自分が希望としていた役とは違っても、一生懸命やってみる。でも意外と、本命じゃないものを一生懸命やったほうが評価されたり、朗報がきたりするような気がする。

そう、2021年の射手座は「何となく、この方向がよい気がする」という、ロジックじゃないような、自分だけの勘で幸運の方向へ進んでいくのです。

「根拠はない。でも、そんな気がする。だって、私の人生は面白いから」

面白いって、予測がつかないところにあるものだから。だったら、もっともっと「面白さ」に付き合っていきたい。「私は、私の面白い人生を愛していきたい」と本気で感じてきます。

健康面のセルフチェックを。

この部分は怖がらずに聞いてもらいたいのですが、2021年下半期から、来年の2022年の上半期にかけてですね、射手座は長年の疲れが少し出るようなところがあります。「何か眠くてやる気が起こらないんだよね」と感じたらそのせいですし、あと、もし体調が悪いと感じたら、いつもよりも気軽に近くの病院で検査を受けるなどはしてみてくださいね。「うっ」となる人もいると思うのですが、いつもよりも少し無理を慎むぐらいでも大丈夫です。今までやってきたことが落ち着き、次の物語に移行していく「空白地点」とか「中間地点」というのは、自分の体調のセルフチェックをできるときでもあるから。

小さき者の誇り。

射手座は今、少しだけ不思議な感覚を持っていると思います。

それは、自分の人生を振り返ってみても、ここ最近の世の中の様子を見ても、人にはすぐに「何とかできる部分」と「何ともできない部分」がある。正しい答えがわかっていても、思うように進まないときもある。「全部を何とかする」というような気持ちの自分は静かに退いていき、今の自分はもっと以前よりは弱々しいかもしれないけど「やりたいこと」が前よりも満ちている気もする。

いずれ、世の中の「何ともできない部分」は減っていく。だったら、この光景を忘れないで、できるだけ世の中に協力をしたいし、何かに貢献したい。自分にできることによって、誰かが喜んでくれたり、小さいながらも「次の世界の可能性」をつくっていけたりしたらうれしい。

「大きいことだけがすべてじゃない」

2021年下半期、射手座の「小さき者」としての戦いはここから始まっていきます。

仕事運はどうなる?

情報の分析。

2021年下半期の仕事面でのあなたのテーマは「情報の分析」です。先ほどもお伝えしたのですが、射手座は結構「混沌とした時代」が得意な人たちでもあります。というのは、あなたは安定して、正解が決まっている世界よりも、「今まで正解じゃなかったことが、正解になる」とか「多少強引にでも物事を動かして、正解にしちゃう」みたいなことが得意だったりするから。そういう意味において、この時期の射手座は「ビジネス・アイデア」を、実現しようが実現しまいが、「書き留めておく」のがとても大事になります。あなたの思いつきとか、「こうしてみたら面白いんじゃないか」というものは、おそらくすべてが通ることはないと思います。でも、2021年下半期の射手座は「研究運」みたいなものがすごく増していくので、人に対して自分の意見を言う際にも「先日こういうニュースを発見して」とか「○○大学の△△さんがある雑誌でこういう話をしていて」とか、何かを引用して、その情報を自分なりに分析をして話していくと、すごく説得力が増していきます。だから、「この言葉よいな」と思ったことなども、できればメモしておいてほしいのです。仕事に空白が出ることもあるので、「じゃあ、次に何をするか。何をしたいか」など、ネタを普段からメモしてストックしておくのはとても大事になってきます。

恋愛運はどうなる?

方針決定をしていない強さ。

2021年下半期の恋愛面でのあなたのテーマは「方針決定をしていない強さ」です。2021年下半期の射手座には特殊な強さがあるのですが、恋愛面とか予定とか、自分がこれからやっていくことも、この時期のあなたは「何となく」で決めていくのです。結構「最強の“何となく”」を手に入れていくようなところがあって、あなたは「絶対にこうしていきたい」という目標を決めるのではなくて、まずは「自分から離れてしまった時間を取り戻していって、さらに、大人としての自分の時間をせっかくだから楽しみたい」と感じるようになっていきます。「久しぶりのインドカレーとの再会」とか、そういうことをすごく大事にしていくのです。そして、あなたがこの2021年下半期にやっていきたいことは「信じられないぐらいにバカな話」とか、くだらない話をしてゲラゲラ笑いたい。何か不思議なことばかり書いたのですが、この時期のあなたは恋愛面においても、「相手がどれだけ未来を見ようとしているのか」を感じていくことができます。「まだこの人は未来についてはちょっと余裕ないだろうな」と感じたり。そして、「未来をつくりたい」とか「楽しみをつくりたい」と思っている人と強烈に惹かれ合っていくのです。誰かと一緒にいるとか、誰かとお付き合いしていく際、射手座の中にはすでに「けじめ」のようなものがあります。自分の願望とか協力してほしいことなどを正直に伝え、あまり無駄な時間を過ごしたくないと感じている。ただ、答えを焦っているわけではなくて、「せっかく気が合ったんだから、ひとつひとつ約束をお互いに果たせたらお祝いをしよう」みたいな、そういう同志の延長線上での恋愛関係になっていくことなどが多くなります。自分で絶対に「こうしたい」というよりは、出会う人とか、接していく人と一緒に「じゃあ、こういうことをやっていこうか」と、ひとつひとつその場で未来をつくっていくような楽しい時間になっていくのです。

月ごとのアドバイス

7
Let’s ダンス。
8
困難を突破。
9
3年後の私。
10
勝負時!
11
望みは高く。
12
愉快な変態仲間とともに。

★マークのついた⽉はラッキー⽉です。

July 7月
7月のオーラ
射手座

Let’s ダンス。

「Let’s ダンス」のターコイズが出ています。この7月は射手座だけではなくて、全体的な動きとして「やりたいことはあるが、足踏みをする」という状態であることが多いです。ただ、そんな中でも射手座については特筆すべき動きが出てきていて、あなたは本能的に「軽いノリ」を取り戻そうとしていきます。お仕事などの面でも、プライベートでも「できたらラッキー!」くらいの気持ちで、粛々と手続きとか、できることを続けていく。それで、もしできたらこの時期「昔(今でもいいですよ)の海外のダンスミュージック」を聞いてほしいのです。どうしてかというと、どうしても射手座って「日本的な人」ではないところがあります。海外がすべてよいという話じゃないけど、海外のほうが「ノリのよさ」とか「人目を気にせずにやりたいことをやればいいじゃない」という、空気の軽さがある。この7月の射手座は空気の軽さとPOP感が味方をしてくれます。

August 8月
8月のオーラ
射手座

困難を突破。

「困難を突破」のエメラルドが出ています。8月に一貫してあるのが、「やっちゃえばなんとかなる」なのです。これは別に軽く言っているわけではなくて、「はじめ、困難に思えるものでも、やっていくうちに不思議となんとかなっていく」という流れが大きくあったりするのです。ただ、人でも物事の動きでも「最初の足並みを揃える」のがなかなか難しいときではあるので、「やり始めはちゃんとジタバタしてみる」と考えてみてください。また、この時期は自分から大きなチャンスを発見していくか、「あなた、やってみない?」という形で大きな抜擢をされるか、そのどちらかの動きが出てきます。ただ何となく、この時期の射手座の目には「具体的な、次の世界」が見え始めるのです。なので、そこには期待と希望を持って、「再生の第一歩」だと思って参加したり、流れに乗ってしまっていいです。

September 9月
9月のオーラ
射手座

3年後の私。

「3年後の私」の白が出ています。9月の射手座は「周りから求められること」と「自分がやりたいこと」が分かれるというか、微妙に一致しないことがあったりします。「ありがたい」とは思うんだけど、「そういうのじゃないんだよなぁ」というものを任されそうになる。それで、2021年下半期の射手座はどちらかというと「自分を優先したい」時期であるし、それがよい結果に結びついていく動きがあります。だから、自分のポリシーというか、おぼろげでいいです、具体的じゃなくてもいいので「3年後の私はこういう風景を見ていたいから、だから、今の私は○○を選ぶ」みたいな、長期的なイメージのプランは見ておいてもよいかもしれないのです。9月は割と、楽しいこともあるし、何とかしなければいけない課題があったりと、結構バタバタしやすい時期になります。

October 10月
10月のオーラ
射手座

勝負時!

「勝負時!」のピンクが出ています。10月の射手座はまず、これまで任されていた重責やプレッシャーから解放されていくような流れがあって、よい形での空白を手に入れていくことができます。そして、この時期のあなたは「静かな勝負時」でもあって、イメージとしては「前からやりたかったこと」、「計画はしていたけど延期してきたこと」を一気にやってしまう時期なのです。「やりたいことに対して、どれだけ具体的な肉づけをしていけるか」も大事になっていて、ただの夢とか希望だけじゃなくて、実際に手に入れてしまうこともできていきます。そしてこの時期、「一番欲しいもの」を決めたほうがよい部分もあります。中途半端がちょっとダメな時期。「いいとこ取り」とか「都合のよい時間」じゃなくて、「本気でこれが欲しいんじゃ。もしダメだったらいらん」くらいの気持ちとか、踏ん切りなんかも必要になってきます。

November 11月
11月のオーラ
射手座

望みは高く。

「望みは高く」のオレンジが出ています。射手座にとって10月と11月は連結している部分があって、10月で始めたこと、「モノにしてやる」と勝負を仕掛けたことが軌道に乗ったり、勢いが増してくるのが11月なのです。この時期のあなたはいわゆる「ハマる」という動きをしていきます。自分のやるべきことや、遊びまで、「中途半端がすごく嫌」みたいな形で、徹底的にやっていく。極端な集中力を発揮して、「絶対に難しい」と予測されていたようなこともこなして「あ、やっちゃったよ」と涼しい顔をしちゃっている場合もあります。また、この時期は「ちょっと私とやり方が違うな」とか「気が合わない」と感じた人が、実はラッキーパーソンになるようなケースもあります。というのは、この時期の射手座は割と「よい形で自分のパターンが変わる。試してこなかったやり方をしてみたい」みたいな変化のときで、急速に成長していくときでもあるから。どうせやるからには望みは高く! 遊んでいるように見えながら、めちゃくちゃ本気で打ち込んでいきます。

December 12月
12月のオーラ
射手座

愉快な変態仲間とともに。

「愉快な変態仲間とともに」の黄色が出ています。2021年下半期の射手座にずっとある動きなのですが、この12月の射手座も「生み出し活動」をずっとやっていくのです。「新しい、何か次の可能性とか楽しみが生まれていく時間」であったり、「今後大きく伸びていく可能性が詰まったもの」であったり、今までのパターンにない展開を迎えていく。変な話、この時期のあなたは怖いもの知らずなのです。いつもだったら悩んで決めていくようなことも「これが来たってことは、潮時だな。次からはこっちの道を選ぼう!」みたいな感じで、新規の進路に進んでいくようなこともする。「電撃○○」の知らせも多くなります。さらに、この時期のあなたは「仲間からの吉報」も多くなる。「愉快な変態仲間とともに、私もよい知らせをつくっていきたい」と燃えるのです。

しいたけ.からの
魔法のメッセージ

これはすごい私見なのですが、射手座はフードとかパーカー、ローブのようなものがすごく似合う人が多いのです。その理由として、あなたはどことなく「旅人」の空気を身にまとっているからだと思います。旅人は、移動しながら学んでいきます。村や都市に住む人よりも何倍も「思うようにならない自然」に出合ったりもします。でも、その度にあなたは知恵を絞り、「今できること」をやり、流れが変わるのを待ちました。2021年下半期、射手座は感覚とノリを大事にしていきます。それはふざけたものではなくて、あなたは真剣に、「感覚とノリ」で次の未来に進んでいく。小さき者としての誇りを胸に。あなたがつくっていきたい環境を大事に育てていってください。2021年下半期も、よき旅を!

しいたけ.

SHIITAKE LIVE CHATしいたけ.さんが登場!
SHIITAKE LIVEを
お見逃しなく。

しいたけ占い2021年下半期公開を記念して、占い師しいたけ.さんが12星座別のLIVEを インスタグラムとツイッターで同時開催。星座別にお悩みや質問も募集中なので、ぜひ参加して! 詳細はこちら