VOGUE GIRL LINE Twitter Facebook Pinterest Instagram mail
蠍座

蠍座のみなさんへ
2021年下半期、蠍座は
「私が動いて面白くしていくよ。
トップを目指して突き進んでいく」

こんにちは。しいたけ.です。今回もこうして皆さんに2021年下半期占いを読んでもらえるのがとても幸せです。今回、占いを書いていったときに一番お伝えしたいと思ったことがあります。

今、多くの人が5年分ぐらいのタスクを2021年の1年間の中で凝縮してやろうとしているのです。イメージで言うと、大きな登り坂をひたすら登ってきた感じなのです。キツさ、つらさ、退屈さの3拍子がそろう大きな登り坂を、「自分を変えるために」、多くの人がひたすら無言でここまで登ってきた。まずそれが、本当にすごいことだったのです。こんなこと、いつもの年の占いではなかった。自分を変えるための登り坂は、登りたい人が助走をつけて、快速で登っていくだけだった。でも、2021年はみんなが登り坂の途中にいたのです。

その2021年の後半戦、「自分は変わっていない」と思っている人、そして「自分は何もできていない」と感じている人ほど、もうすでに変化の渦中にいます。ただ、2021年下半期の登り坂は、やっときれいな景色も見ていけるし、「ここまでやれば大丈夫だろう」という目安も見えてきます。いつの間にか自分に体力がついた人、自分がたくましくなっていることに気づく人も出てきます。ここまで、本当に長かったです。「このままずっと時間が止まり続けるのか」と不安を感じてきたけど、もう、抜けていきます。ちゃんとあなたは、人生の中でもかなり大きな難所を歩き切りました。本文を読む前に、もしできたら、まず「ここまで歩んできた自分」を褒めてあげてください。あなたはすごいです。少しずつ「楽しむこと」のリハビリもしていくこと。「頑張るだけ」の生活から、心を取り戻していくこと。

2021年6月 しいたけ.

2021年下半期の運勢は?

起きることを待つだけ。

蠍座

2021年下半期の蠍座は「起きることを待つだけ」の青が出ています。結構ですね、この2021年下半期の蠍座は「奇跡の人」みたいになっていくのです。どういうことなのかというと、蠍座はもうすでに、「ここ数年の中であった、一番面倒くさいこと」に手を下してきちゃった動きがあったのです。人生の中で自分に降りかかる問題って、ネガティブなことだけではなくて「自分を次の自分へアップグレードさせるため」に起きるものでもあったりします。それをすでに蠍座は受け止めて、「次」に向かっていっているのです。だから、2021年下半期に関しても、「自分が試行錯誤をして動いてきたからこそ、起きることを、受け取っていくのみ」みたいな態度を取ることが可能になっています。

それでは、2021年下半期の蠍座がどのような動きをしていくのか、一緒に見ていきましょう。

一番面倒くさいことをやってきた。

2021年下半期の蠍座の流れを話す前に、少しここで振り返りもしていきたいのですが、ここに至るまでの蠍座の動きとして、特筆すべきことが「一番面倒くさいと思うことをすでにやってきたこと」なのです。これ、どういうことなのか説明させてください。

時期的には2年前の2019年からなのですが、蠍座はどこかで「このままではいかんな」と自分の人生に感じることがあったと思うのです。ただ、これも面白いのですが、蠍座はある程度困難に強い人ですし(ドM成分はある)、自己完結型として、「自分で考えて、自分でなんとかする」精神の持ち主でもあったりします。

でも、2019年からのあなたは、言葉で言うと「自己開示」をするようになったのです。

つまり、「自分で何とかする」のではなくて、「助けてくれ」とも言った。ほかの人の意見も取り入れた。そして、「自分がすべてできるわけじゃないから、この部分はあの人に相談しよう」とか「任せてみよう」みたいな感じで、役割分担もしてきた。悪い言い方ではなくて、2019年からこの2021年にかけて、あなたはどこかで「自分の限界」についても知ったのです。その「限界」を知ったからこそ、頼めることとか、ほかの人と協力してチームをつくっていくことができた。問題を解決していく、問題によい形で対処していける人って、「自分の中にある弱さ」を認められる人です。

変な言い方になってしまうのですが、2019年から2021年のここまで、あなたは問題に対して「正直に裸で向き合う」みたいなことをやった。だから何か、強がりもせず、弱い自分のままでいることもなく、「ここはわからないから○○さんに聞いちゃおう」とか「この問題は待つしかないね。うん。待つしかない。だから日々できることをやっちゃおう」みたいな感じで、自然体でいろいろな物事に対応できるようになっているのです。

起こす。起こる。

2021年下半期の蠍座は「起こす」と「起こる」の2つが大きなキーワードになっていきます。

まず、「起こす」についてなのですが、この時期のあなたは「自分にしかないカラー」で物事を起こしていく動きをします。何か、周りから「いつかあなただったらやってくれると思ってたよ」とか「あなたらしいよね」と言われるようなこと。これは、ネガティブな意味ではなくて、周りからも思われていたし、あなた自身もどこかこの2021年下半期までは「準備をずっとしてきた」とか「修行をしていた」とか、遠回りをしてきた。でも、2021年下半期に入った蠍座は「自分の番組を開設する」みたいな感じで、発信基地のような場所を持っていくのです。発言力は増していくし、あなたの意見はいろいろなところで影響力を増していく。どうしてそうなるかというと、「実験的に、やってみた」ということが増えていくからです。誰かのやり方を真似るんじゃなくて、小さな事業のようなことを「やってみたかったんだよね」という軽いノリでやっちゃう。だから、この時期に「思いつくこと」は、状況が許す限りにおいて、基本的に全部やってみてほしいのです。世の中に対して「私の祭り」を起こしていく。「これ、やってみたかったんだよね」はこの時期のあなたにとってよい作用をもたらす言葉になります。

そしてもうひとつ、「起こす」と「起こる」の、「起こる」の方です。

怖くない話なのですが、2021年下半期は蠍座にとって「カードがオープンになる」流れがかなり強くあります。これは、人が運命に対して「自分なりの結果を出す」ときによく起こる現象で、たとえばなんですけど、あなたが誰かと一緒にいて、「私、ゆくゆくは本を書きたいんだよね」と言った3日後に本の編集者と知り合うみたいな出来事が起きてくる。「え、もう?」と思うぐらいに、自分の思いとか、やってきたこととか、やってみたいことに対して「じゃあ、結果発表です」みたいな感じで返答がある。

また、あなたの周りでもいろいろな出来事が「起こる」。

これも怖い話じゃなくて、あなたも含めて、あなたの周りのみんなが「このままじゃいけない」とか、「今まで通りの毎日をこれからもしていくために、自分で働きかけ、何かの運動を起こしていかなければいけない」と、大きな音を立てて動き出す。

だから、あなたが取るべき態度はひとつです。

「どんと来い」

です。何かの理想を叶えていくためには、自分が欲しいものを手に入れていくためには、「おとなしくしていられないとき」がくる。一歩踏み出さなければいけないときがくる。2021年下半期は、そういう時期です。あなたのほうからも「起こす」し、周りでも動きが「起こる」。「あー、動いているんだなぁ」と感じてほしいし、「面白くなってきた」と心の中で言うと、大きな波に乗っていくこともできるから。

やりたいことを表に出していく。

ちょっと変な話をしたいのですが、蠍座って12星座の中では「受動的な性質」もすごくあります。ただ、あなたの面白いところは、周りからは「積極的な人だよね」と見られるようなことも多い。でも、それは、受動的だけど、高速で様子を見ているのです。「黙ったほうがよいかな。いや、でもこの空気。誰も自分から話す人はいないな。よし、話そう。すみませーん!」とか、そういうのを蠍座は1秒とか2秒の世界の中でやっている。

でも、あなたの受動的な部分というか、受け身の姿勢って、めったなことでは「自分のやりたいことや夢を口にしない」というところでもあります。これには理由があって、それは「言ったからにはすべてを差し置いても、やり切らないとカッコ悪い」と思ってしまうあなたの美学と、もうひとつは、これはごめんなさい、蠍座は十分に変な人なのに、「変な人だと思われたくない」という恥じらいが出ちゃうのです。

でも、ハッキリ言わせてください。

これまで多くの人が「元気のない世界」を数カ月も味わいました。それを経て、みんなが2021年の下半期に入った状態にあります。底にはもうたどり着いて、あとは「元気」が必要なのです。最初に元気になる人って「バカ」なんです。「やってみなきゃわかんなくね?」と言っちゃう、「バカ」な人が、最初に声を上げていく。蠍座は肝が据わっている人です。「よし、ここから先はバカになるぞ」と決意を固められる人。

遠慮はいらないです。

あなたが声を上げると、みんなが元気になります。

あなたはみんなのために、お笑い役をやったり、切り込んでいく役をやったり、嫌なやつになって「言わなきゃいけないこと」を言ったり。そういう、身を削ってみんなのためにやってくれていることを、周りにいる人達が一番理解しています。だから、この2021年下半期も一肌脱いで。

2番手を目指す必要なんてないから。野心をギラギラにして、トップを目指して。

やりたいことをぜひ、表に出していってほしいのです。

押さえるところは押さえる。

2021年下半期の蠍座は「押さえなきゃいけないところも押さえておく」もテーマとして出てきます。これはちょっとだけ難しいイメージになるかもしれないのですが、この時期のあなたは「やりたいことをやっていく」けど、もうひとつ、先ほどから話しているように「自分に与えられた役をつかみ、その役をまっとうする義務」みたいなものも出てきます。

自分を客観的に見て、情に流されないでください。そして、面倒くさがっちゃいけないときもある。他人に向かって、「これごめん。言っとかなければいけないんだけど」とか、多少相手を傷つけなきゃいけないこともあるのです。

というのは、この時期のあなたはやっぱりちゃんと生きたいのです。ちゃんと自分の時間を使って、自分のやりたいことや、自分の時間も欲しい。だからこそ、自分でルールをつくるし、守るし、そのルールをもとに、気持ちよくやっていきたい。だから、そのルールを破られたら「ま、いっか」じゃなくて、あいまいにしちゃいけないラインも出てくるのです。だから、その辺は厳しく。

自分に厳しくすることも必要になります。特に、「ここまできたかぁ」と安心感を覚えたときこそ、「気持ちよい気分に浸るのは今日まで。明日からはまたゼロから」と、気持ちを引き締めることも必要になります。

楽しんだ者勝ち。

2021年の下半期は、やっぱりあなたにとって「楽しい激動」が訪れると思います。その激動の荒波に乗っていくためには、やはり「やりたいことに対して正直であること」が求められていきます。

「やりたいことがあるからこそ、私は人から信用されるようにならなきゃ」

とか、自分にルールを課していく。

「いや、絶対に勝つよ?」

という喧嘩腰にもぜひなってみてください。

何もできない、待つしかない、他人のやり方を見てうんざりする。

2021年下半期に入るまで、そういう時間が嫌になっちゃうぐらいにたっぷりありました。

でも、もう今のフェーズは「できない」から「やれる」という方向へ進んでいく。

今まであったもので楽しめないなら、楽しめるやり方を私がつくるぐらいの気持ちを持ってみて。あなたが気合いを入れて生きていく時間の周りには、常にクレイジーな仲間と、素敵なハプニングが待ち受けているから。

楽しんだ者勝ち。

あなたなら、絶対にできます。2021年下半期も、全力で楽しんで!

仕事運はどうなる?

答えを感じるセンス。

2021年下半期の仕事面でのあなたのテーマは「答えを感じるセンス」です。まず、この時期の蠍座の仕事運として大きな特徴になるのが「大規模農場から、小規模農場の主(あるじ)へ」みたいな変化をしていくことになります。もちろん、「大規模農場」というのは例えとか比喩なのですが、この時期のあなたは「正解がある世界や、伝統や先輩の言うことに従っている世界から、マニュアルがなく、自分で考え、答えはコミュニティで出していく」という世界に強烈に惹かれていくことになります。ですから、自分が所属している組織以外でも「勉強会」の会員になったり、自分で仮説を立てて、本を読んだりして「勉強をしていく」動きが強化されていくのです。そして、もっと乱暴な言い方をすると、この時期の蠍座は「やってみなければわからないんですわ」という世界に、自分を追い込んでいきます。これってやっぱりかなり本能的なのです。というのは、今、「先輩が持っているビジネス上の答え」って、5年後まで通用するかっていうと、多分しなくなる。もちろん、全部の世界がそうなるわけじゃないけど、「答えを感じるセンス」を持った人が強くなる。だから、見て、参加して、話を聞いてとか、2021年下半期の蠍座は独特の「その仕事を通じて感性を磨いていけるコミュニティ」を自分で立ち上げたり、縁ができていったりします。「面白い!」と思うよりも、「あ、私にとってこの出合いは必要だった」と感じられるものが引き寄せられやすいです。

恋愛運はどうなる?

目標設定が必要。

2021年下半期の恋愛面でのあなたのテーマは「目標設定が必要」です。堅いタイトルですみません。ただ、この2021年下半期で、「自分たちのルールを決める。そして、このルールを守っていくこと」が大事になっていきます。この時期の蠍座はどうしても「事業的な生活」を送っていきます。責任ある立場を任されやすいし、自分でやってきたことに対して結果を出していったりする。向上心というか、「結果を出したい気持ち」もあるから、ライバルとか相談に乗ってくれる人にも出会いやすい。それで、蠍座は「真剣勝負の場所」とか「自分が必死に頑張っていく世界」を持つとき、どうしても「マイルールを持った人」に惹かれやすいです。それはもちろん悪いことでもなんでもないのですが、「マイルール」じゃなくて「自分勝手」じゃないのか、相手のことをよくチェックしてください。また、2021年下半期は「同じように未知の結果を出すために頑張っている人」などと縁ができやすいです。だからこそ、あなた自身がこの時期に「こういう結果を出す」とか「こういう活動をする」みたいに、目標を明確にしていくのが恋愛運にとっても最終的にとてもよいのです。「強さを持っているこの人のそばにいると安心」と思うよりは、自分が目標に向かっていく強さを持つこと。ただ、年上の人でも、年下の人でも、「リスペクトする気持ち」を持つことが、縁を結んでいく鍵になります。地味に映るかもしれないのですが、「約束を守ろうとしてくれる人」と「言ったことを覚えていようとしてくれる人」を大事にしてみてください。

月ごとのアドバイス

7
待つフェーズ。
8
ときが来た!
9
再チェック。
10
チャンスは前髪にある。
11
やってやるぜ!
12
勝利。

★マークのついた⽉はラッキー⽉です。

July 7月
7月のオーラ
蠍座

待つフェーズ。

「待つフェーズ」の紫が出ています。2021年はかなりいろいろと局面が変わっていくのですが(つまり、去年の2020年のような流れではなく、ちゃんと出口に向かっている)、この7月は結構「待つ」フェーズであったりします。なかなか思ったように進まなかったり、どうしても待たなければいけない場面もまだあったりします。そんな中、何をしておきたいかというと、「動詞の答えを持つこと」なのです。動詞とは「よし、待つ」とか「よし、これをやっちゃおう!」とか、「今の場面に対してどういう行動をすべきか」を自分の中で1回1回答えていってほしいのです。そして、この7月は身近にいる人からよい影響を受けたり、あなたが影響を与えるみたいなことも多いです。会ったこともない人の意見や話より、身近にいる人の話や気持ちを大事にするとき。

August 8月
8月のオーラ
蠍座

ときが来た!

「ときが来た!」の青が出ています。8月は待っていたことが具体的に動き出したり、また、準備してきたことを動かしていくタイミングになります。運命的な出合いみたいなものも果たしやすく、「あ、それ私やりたいです!」とか「あ、この条件はぴったり!」とか、幸運の出合いも多くなります。ここから始まっていく物語も多くなります。ただ、ひとつだけ注意が必要で、いろいろなことを手掛けなければいけない立場にある人は、ひとつひとつの動作や試みに対して完璧さは求めなくて大丈夫だと思います。ときどきは、「とりあえずこれくらいでいいや! あとは経過を見て手直ししていこう!」と言うことも大事になります。どうしても焦りみたいなものも出やすいときだけど、リラックスして臨んでみて。「少し物足りない」くらいの気持ちがあったほうが、もっと次がよくなっていくから。

September 9月
9月のオーラ
蠍座

再チェック。

「再チェック」の黄色が出ています。9月の蠍座は仲間とか同志、さらに、新しい動きに向けて「力」が集まっていきます。ひとりの力ではできなかったことが、周囲の力によって解決されていったり、不思議な力に後押しされたりすることも多くなります。ただ、よい意味でも悪い意味でも「周りの自己主張」が強まるときでもあります。なので、あなた自身も「細かいところは目をつぶる」じゃないけれど、独自性をどこまで認めるか、どこまで協調していくかが鍵になります。「許す」という態度も重要になっていくのです。その上で、この時期は誰かと協力してやっていることとか、他人に任せている案件がある人は「再チェック」が必要になります。相手に丸投げにしないで、フォローを入れる、確認を取る、「できることはないか?」と聞く。細かいコミュニケーションが結構大事になっていきます。

October 10月
10月のオーラ
蠍座

チャンスは前髪にある。

「チャンスは前髪にある」のオレンジが出ています。これ、厳密には「幸運(チャンス)の神様には前髪しかない」ということわざにあるのですが、これは「パッと目に入った瞬間につかんでしまえ」というチャンスの取り扱い方なのです。9月からの蠍座はまさにチャンスをつかんでいくようなときで、準備が整っていなくても、「私、めちゃくちゃ言っているなぁ」と思っても、「やってみたい」とか「その話、乗った!」と言うことは結構大事になっていきます。2021年の蠍座って、不思議と「集まるべき人や、集まるべきパワーがやってくる」という流れがあって、この10月もそうなのです。あと、この時期は「わかり合える」というテーマもあって、今までギクシャクしていた関係も和解に向かっていったりします。忙しくてなかなか気持ちを込められなかった分野にも熱中していくとき。

November 11月
11月のオーラ
蠍座

やってやるぜ!

「やってやるぜ!」のエメラルドが出ています。11月は全体的にあなたがやってきたことをさらに進化させたり、パワーアップさせていく時期なのですが、一進一退はあります。「答えがわからないこと」とか「自分にとって未知な課題」に対して恐れずに、積極的に取り組んでいくのがよかったりします。人でもモノでも、先入観なしにぶつかっていって、現場で覚えていくのが一番の近道になっていく。そして、この時期は「問題」や「課題」がすごく自分をパワーアップさせてくれます。もし、自分にとって「あー、この話に取り組まなきゃなぁ」とか「これがちょっと悩みだなぁ」と思うものがあったら「この問題に対して誠実に向き合ってみる」と宣言してみてください。ここまで道を進んできた分だけ、新しい問題が出てくることもあって、そこにはちゃんと真正面から真摯に向き合ってください。楽しいことにも、そして、やらなきゃいけないことに対しても「やってやるぜ」と号令をかけていってみて。

December 12月
12月のオーラ
蠍座

勝利。

「勝利」の金色が出ています。2021年下半期の蠍座を見ていってすごく特徴的だったのが「うまくいかないこと」も全力で出ていたのです。それが清々しいぐらいに。というのは、あなたはちゃんと「勝利をするための試行錯誤をしている、もしくは登り坂にいる」ということなのです。勝負をしなきゃ、勝ち負けが出ないし、うまくいかないことも出てこない。だから、この時点でもうあなたは自分自身を誇ってほしいのです。12月は希望が多く出てきます。「あれもしたい」「これもしたい」というのが出てくるし、何よりうれしいのが、「つらいときに頑張ってきたこと」があなたの評価に繋がっていきます。そして、この時期は他人とか周りから刺激を受けることが多くなる分、「自分のルール」はちゃんと持って。マイペースでいいのだから。あと、この12月のあなたは周りを応援してあげたり、背中を押してあげたりするようなこともたくさんしていきます。

しいたけ.からの
魔法のメッセージ

蠍座のすごいところって、「誰かの中にあるバカな部分」を認めてくれることなのです。「私さ、昨日あまりにもお腹が空いて腹が立ったからさ、ついでに会社も辞めてきちゃった!」みたいな話にも「いいね~!」と言ってくれる。どこかで、「体を張って、面白ければOKルール」をあなた自身も大切にしてくれる。今って、バカが必要だと思いませんか? 誰かに「よい子だね」と言われる人じゃなくて、既存のルールの中に収まる人じゃなくて、「これ、やってみたかったんだよね」と言い、次の動きを起こしていってしまう人が時代に求められている。バカになることができて、「どんと来い」と思うこともできて、自分に任された役割を愚直にまっとうする。そう、あなたはちゃんと次の時代の主役なのです。だからこそ、気張って、休んで、変な人とも一緒にいて、どんどん自分が行く道を輝かせていって! 真剣にバカになっていきましょう! あなたならやれる!

しいたけ.

SHIITAKE LIVE CHATしいたけ.さんが登場!
SHIITAKE LIVEを
お見逃しなく。

しいたけ占い2021年下半期公開を記念して、占い師しいたけ.さんが12星座別のLIVEを インスタグラムとツイッターで同時開催。星座別にお悩みや質問も募集中なので、ぜひ参加して! 詳細はこちら