VOGUE GIRL LINE Twitter Facebook Pinterest Instagram mail
獅子座

獅子座のみなさんへ
2021年下半期、獅子座は
「偉大な自然児になろうとしている。
当たり前を見直し、新章をつくる」

こんにちは。しいたけ.です。今回もこうして皆さんに2021年下半期占いを読んでもらえるのがとても幸せです。今回、占いを書いていったときに一番お伝えしたいと思ったことがあります。

今、多くの人が5年分ぐらいのタスクを2021年の1年間の中で凝縮してやろうとしているのです。イメージで言うと、大きな登り坂をひたすら登ってきた感じなのです。キツさ、つらさ、退屈さの3拍子がそろう大きな登り坂を、「自分を変えるために」、多くの人がひたすら無言でここまで登ってきた。まずそれが、本当にすごいことだったのです。こんなこと、いつもの年の占いではなかった。自分を変えるための登り坂は、登りたい人が助走をつけて、快速で登っていくだけだった。でも、2021年はみんなが登り坂の途中にいたのです。

その2021年の後半戦、「自分は変わっていない」と思っている人、そして「自分は何もできていない」と感じている人ほど、もうすでに変化の渦中にいます。ただ、2021年下半期の登り坂は、やっときれいな景色も見ていけるし、「ここまでやれば大丈夫だろう」という目安も見えてきます。いつの間にか自分に体力がついた人、自分がたくましくなっていることに気づく人も出てきます。ここまで、本当に長かったです。「このままずっと時間が止まり続けるのか」と不安を感じてきたけど、もう、抜けていきます。ちゃんとあなたは、人生の中でもかなり大きな難所を歩き切りました。本文を読む前に、もしできたら、まず「ここまで歩んできた自分」を褒めてあげてください。あなたはすごいです。少しずつ「楽しむこと」のリハビリもしていくこと。「頑張るだけ」の生活から、心を取り戻していくこと。

2021年6月 しいたけ.

2021年下半期の運勢は?

築き上げてきた自分のペース。

獅子座

2021年下半期の獅子座は「築き上げてきた自分のペース」を表す緑が出ています。ここ3年ぐらい獅子座は「激務とか、自分で受け持たなければいけない責任はありつつも、自分の人生だからもっと自由に生きたい」という矛盾するテーマをずっと追っています。そして、そのやり方に対してまだ世の中には正解がないから、自分でひとつひとつつくっていっているのです。

そういう意味で、2021年下半期の獅子座もすごく不思議な生態を見せていきます。適度に人や世の中と距離を取り、自分にできることをコツコツやっていく。ただがむしゃらに頑張るのも違うと感じているし、「ちゃっかり自分のやり方を通していくこと」も大事だと感じている。あなたには「いろいろな修羅場」を生き抜いてきた流儀があり、それをこの2021年の下半期にも活かしていく。すごくカッコイイ言い方をすると「私はいろいろもうすでに経験してきた。問題ない」みたいにもなっているのです。

それでは、この2021年下半期の獅子座にどういう流れがやってくるのか、それを一緒に見ていきましょう。

整理、整理、とにかく整理。

まず、2021年下半期に入る前の獅子座の動きについて触れておきたいのですが、2021年の上半期まで、やはりあなたは「何で私がここまでやらなきゃいけないの?」というぐらいまで、やることがたくさんあったと思います。

何か、獅子座には不思議な運命みたいなものがあります。たとえば、「私なりにここまで頑張って、結果も出してきたと思うので、これから先は自由に生きたいと思います。どうもありがとうございました」みたいに、あなたが「そろそろこの現場を離れよう」とすると、「いや、あなたを責任者として任命しておいたよ」とか「ごめん、その予定だったんだけど、あの現場でどうしても人がいなくて困っているみたいだから、あなたが行ってくれないかな?」と頼まれたりする。あなたの中のイメージとして「よし、この映画終了。fin」とエンドロールが流れている中で、「大望の次回作! さらなる激動に獅子座は立ち向かう!」などの、続編のお知らせが入るのです。本当に、お茶を吹くぐらいに驚く。

だからですね、2021年に入った際、あなたは「頼まれごと人生について、ちょっと本気で何とかしなければな」と考えたはずなのです。「いや、いい加減私のやりたいことをやらせてくれ」と怒った場合もある。

「ある場所にとどまり続ける限り、永遠にタスクが与えられていってしまう」

それに対して、自分なりの立場とか、生き方とか、方向性を2021年の上半期は強く打ち出していったのです。

リハビリ。

2021年下半期の獅子座がまずやっていくことは「リハビリ」なのです。もうなんかですね、獅子座は結構ヘトヘトになっているところがあると思います。自分が「番人」のような立場で守っていかなければいけないことがあったし、さらに、自分自身の人生に関しても、もっと勉強して切り開いていきたい分野があったから。

ただ、やっとこの時期からのあなたはリハビリをしていけます。

あなたにとってのリハビリとは「好きを取り戻していくこと」なのです。

そして、この時期のあなたが重点的にしていく「好きな感覚を取り戻していくためのリハビリ」は、「キャンプ的」になっていきます。この「キャンプ的」というのも、2021年下半期の獅子座にとってとても大事なキーワードになってくるので、詳しく説明させてください。

キャンプ感覚を大事にする獅子座。

2021年に至るまで3年ぐらい、獅子座はどこか「自然児」の感覚を取り戻そうとしていました。変な言い方になるのですが、“人間社会の常識”からちょっと距離を置こうとしていた。

これは壮大な物語なので、省略して説明したいのですが、この時代に生まれて都市部に生きていると、電気が当たり前のように手に入ったりします。もちろん、その背景にはエネルギーをつくる装置があり、そこに従事する職業の方たちがいるし、電気料金は発生している。でも、人間社会の中に生まれて、その中で生活をしていると「こうなって当たり前」とか「こうするのが当たり前」みたいなことがすごくまかり通ります。「上司の誘いには乗らなきゃいけない」、「安定して生きなければいけない」とかですね。そういうことを、獅子座は今すごく見直しているのです。「当たり前ってなんですか?」となっている。

だから、「当たり前」だと思われてきたものを、たとえば自分で下手でも手づくりしてみるとか、火を起こしてみるとか、開拓してみるとか、そういうことを0からまたやろうとしているのです。

「キャンプ的」とか「自然児」と言ったのがそういうことで、あなたはその副産物として「社会にゆるく適合しながら、しかも、たくましく生きる術」みたいなものを身につけようとしているのです。

というのは、自然って、思い通りにならないからです。不思議とあなたは「自然の前には逆らえないよな」という感覚を取り戻そうとして、そして、「都市部の人間には思いつかない、原始的なサバイバル術とか、工夫された知恵」みたいなものをつくり出そうとしている。繰り返すけど、あなたは「偉大なる自然児」になろうとしているのです。だから獅子座って、たまに「獣に戻る」とか、ジャングルの中で雄叫びを上げる時間とかも必要。どんどん、動物らしくなっていくのです。

下手から始める。

あなたがこの2021年下半期でやろうとしていることって、「スピードアップ!」という目標からの脱却かもしれないのです。というのは、大人になってくると、「すぐに返信」とか「すぐ、意思表示」とか、スピードアップに伴うスキルアップがどの人にとっても当たり前になってきます。もちろん、それは悪いことではないし、理想論がまかり通る場所って、現実的にはそんなにない。

だけど、どこかでバランスを取らないと、「ひたすらスピードアップをして仕上げていく」という形を仕事でもプライベートでもやっていると、正直何が楽しくてやっているのかがわからなくなってしまうこともあります。

すべての分野で意味ややりがいや充実感を求めるわけではないけど、少しずつ、自分にとって大事な「つくり手の実感」を取り戻していきたい。恥ずかしいかもしれないのですが、あなたは今、「幸せを感じる時間」を取り戻そうとしているのです。

そのためにやることが、タイトルにもあるように「手づくりの時間」になります。

なので、この時期のあなたは、「下手の横好き」ということわざがあるのですが、「下手だけど、はまっちゃうこと」を大事にしてみてください。すごく下手だけどパンを焼いてみるとか。「うわー、下手だなぁ」と笑ってしまうことを喜びにしてほしいし、「下手倶楽部」みたいなものすらもつくってほしいです。オンライン下手倶楽部でもいいです。

下手なものって、思わず笑ってしまうものです。100点満点中、30点ぐらいの世界。それを大事にしてほしいのです。できれば、手づくりでやる。しつこく聞こえたら申し訳ないのですが、獅子座の中には「やるからにはこれを続けて、いつか70点以上の作品をつくらなければいけない」というハードルが自分の中にあります。だから、新しい活動をするのが怖くなってしまうことがある。下手でいいです。下手が、あなたを結構開放してくれるから。

怒りの部屋

もうひとつ大事な話があって、この2021年下半期の獅子座は「怒りの部屋」みたいなものをつくってほしいのです。さっきから「下手倶楽部をつくって」とか、そういう話ばかりですみません。

ただ、「怒りの部屋」はちょっとこの時期のあなたにとって大事なものなのです。

獅子座の人は、自分の人生の中の重要項目の中に「自分を納得させたい」というものがあります。たとえばなんですけど、獅子座の人に「それは危険だからやめておけ」とか「そんなことやって何になるの?」とか止めても、ほぼやります(笑)。だって、「やってみなければ自分が納得しないでしょ?」となるからです。あなたが割とリスクとか危険とか「スレスレの生活」に対して強いのも、「やってみて、どんなものなのか納得したかった」というのがあるからです。

自分の人生、自分の責任下で納得して生きたい。

それが獅子座の願いなのですが、2021年もここまで、やっぱり世の中は「納得しかねる物事」ばかりになっています。「え、おかしくない?」と思うことがやっぱりたくさんある。

それをですね、素通りはやっぱりできないです。納得しないまま「じゃあ、先に向かって頑張るか」としようとしても、獅子座はそれを消化できない。

だから、100%じゃなくていいです。友達とかとオンラインでもいいから、怒りの部屋をつくる。「最近納得できなかったこと」をお互いに言い合う。「あれさ、おかしくない?」という話です。それが変な話、ネタとか、自分がこれから追求したい好奇心の対象にもなってくれるから。獅子座はたまに「イライラする」のも大事な儀式になります。

カッコイイ人間でいてください。

最後にあなたに伝えたいことがあります。カッコイイ人間でいてください。獅子座って、どこか「ずるさ」を持てない人です。楽しいことも、悔しいことも、「おーのーれー!」と思うことに関しても、全部正面から受け止める。あんまり物事の「かわし方」が技術としてない人なのです。だからずっと「かわし方の練習」をしているのも獅子座のすごく可愛いところなのですが、カッコイイ人って、傷もちゃんと受けてきた人です。かわすことができなかった、「何でこんなことをやっているんだろう、私」と思いながらも、その作業を少しでもよい形にしようとしてきたこと。土壇場で「逃げねぇよ。私は」と言って踏ん張ってきたこと。傷がついていない人の背中なんて、カッコよくないから。だから、そのまま、古い言葉になってしまうけど、ド根性と気合いと自然児に戻ることと、手づくりの時間で、これからもあなたの時間を生きてみて。これからもあなたの生き方を見せてください。

仕事運はどうなる?

持ってくれよ、私!

2021年下半期の仕事面でのあなたのテーマは「持ってくれよ、私!」です。この時期の獅子座は仕事面ではかなりチャンスが多くなります。というのは、新しい責任を任されたり、仕事の新しい環境において「何か今までとは違うことがしたいよね」という要望を請け負うことが多いからです。また、あなた自身も「繰り返しやっていくだけのこと」ではなく、違うことがやりたい。

この時期、あなたが仕事面で求めるものは「プラスαの成果」です。たとえば、「これとこれを組み合わせたらどうなるんだろう」とか「もうちょっとこの仕事に関して今までと違う見せ方をしたい。そしたら、違う顧客層の人にもアピールできるかもしれない」とか、失敗してもいいから、チャレンジする環境が整っていく。そういう意味で、この時期のあなたには「恥ずかしがること」は無用になっていくし、むしろ、あまり空気を読まないでほしいです。やってみたいことを自分でも書き出してみる。ブレストは必須になります。あと、おすすめとしては、動画サイトなどで再生回数が多いものをガンガン見るとか、「今これが流行っているらしい」と言われているものを、食わず嫌いをせずに見ていくこと。感性の刺激が欲しいときだから。「あと+10点、この仕事が面白くなるとしたら何をしたらいいのか」とか、そういうことに真剣に取り組んでいきます。忙しくはなってしまうけど、ワクワクしないことは手放していけるので、集中していくことはできます。

恋愛運はどうなる?

私の知らない世界を教えてほしい。

2021年下半期の恋愛面でのあなたのテーマは「私の知らない世界を教えてほしい」です。まず、2021年下半期の獅子座は、やはりどこか「自分のペースを崩してはならない」、「自分に今任されていることをやり抜かなければならない」という、そういう「自分を保つための結界」のようなものがあったりします。それはもちろん、素晴らしいものなのですが、恋愛面のために、意識して少しだけ結界を薄くすることも可能なのです。そのやり方なのですが、「私、○○のファンなんです!」と言って、人でもモノでもアニメでも、動物でもいいので、何かのファンになってみてください。獅子座って、なかなか「純粋なファン」になることが難しいです。たとえば、アイドルのファンになっても「あの人たちはあの人たちでいろいろ大変なんだろうしな」と、仕事としての裏側を想像して同情してしまったりする。つまり、100%のファンになって、その相手から「元気を100%もらう」みたいなことに、気後れしちゃうことがあるのです。だけど、それがあなたの結界でもあるので、ぜひ何かのファンになってみて。そして、この時期の獅子座は特に、「自分に持っていないものを持っている人を尊敬する」ことから「好き」という気持ちが芽生えてきます。「尊い」と思う感情も、あなたにとっては恋愛感情だったりします。さらに、「私の知らない世界を教えてほしい」というのが、あなたにとって最大限の相手に対する尊敬と敬意と「好き」という気持ちになっていくので、「教える側」とか「引っ張る側」の立場をやりすぎないで、「え、パン自分でつくるんですか? どうやるんですか? どうやるんですか?」と2回ぐらい同じ台詞を繰り返してみて。自分が知らない分野を知っている人に対して、「教えてもらおう」とする。そこに、敬意と尊敬と「好き」が含まれていくから。

月ごとのアドバイス

7
一山越える。
8
お休みをいただきます。
9
欲張って!
10
チャレンジのチケット。
11
アイデア勝負。
12
自然を求める。

★マークのついた⽉はラッキー⽉です。

July 7月
7月のオーラ
獅子座

一山越える。

「一山越える」の水色が出ています。この7月のあなたはいろいろな人に支えられたり、助けられたりします。周りにいる人から刺激をもらったり、元気づけられるような再会などもあったりします。その上で、この7月は「これまでやってきたことが一山越える」とか、着地に向かって進んでいったりします。あなた自身も「あ、この場合はこうしたらOK」みたいな、細かい知恵が湧いたり、工夫をその場でしたりして、乗り越えていくことができる。もうひとつ、この時期は少しだけ「怒るだけ損」みたいに思っていてほしいのです。2021年って、いろいろな場面で「感情が乱されること」なんかも多かったけど、もう後半戦に差し掛かってきたから、乱されるよりも、自分がやるべきことを優先していく。大人の対応が吉と出ることが多いです。

August 8月
8月のオーラ
獅子座

お休みをいただきます。

「お休みをいただきます」の白が出ています。8月の獅子座は「さっさと休むぞ」みたいな感じで、面倒くさいことから、やらなければいけないことまでスピーディーに済ませていきます。また、この時期のあなたはすべての事柄に対して「即断即決」のやり方で乗り越えていくことができます。仕事などでも「その場で感じたこと」とか「その場で答えられること」などは言っておいたほうがよいです。あと、この時期のあなたは疲れが出たり、また、イライラすることなんかも多くなったりもします。獅子座は「納得できないこと」をある程度アウトプットしないと消化できない部分があるから。なので、もしできたら、オンラインでもいいので、「怒りの部屋」はやってみてください。

September 9月
9月のオーラ
獅子座

欲張って!

「欲張って!」のオレンジが出ています。9月は獅子座にとって「忙しい中でも、ちゃんとONの時間とOFFの時間の楽しみができる」みたいな、充実した時間になっていきます。仕事などの面において「責任ある立場を任される」とか「屋台骨に関係するようなことをやる」、「周りの人を育てる」など、そういう話が来やすいです。OFFに関しても、2021年下半期の獅子座は「仲間運」というか、「刺激をもらって、お互いにさらに仲が深まる。さらに面白いことをしていける」みたいな協働の運がすごく大きいです。スケジュール管理は大事になりますが、ひとつひとつを丁寧にこなしていけば大丈夫。それと、この時期はプライベートの面でも「欲張って!」がアドバイスになります。「もうこのぐらいでいいや」と感じたところから、もう一勝負というか、一押ししてみてもいいです。「あと10点足せるとしたどこだろう?」とか、欲張るとよい結果に結びついていきます。

October 10月
10月のオーラ
獅子座

チャレンジのチケット。

「チャレンジのチケット」の黄色が出ています。10月は意図していなくても、「見直し期」になっていきます。まず、この時期のあなたは「そこまでワクワクしないもの」を手放せるチャンスだったりします。自分がやるべきことを整理することができる。その上で、チャレンジにも誘われやすいです。このチャレンジには2つの種類があって、「ちょっとワガママになってしまうかもしれないけど、私としてはこのチャンスを活かしたい」と思うものと、もうひとつは、抜擢みたいな形で評価され、「やってくれませんか?」と頼まれるものです。ただ、「チャレンジしたいのはやまやまなんだけど、ちょっと走りすぎて疲れている」という人は断っても大丈夫です。いずれにせよ、この時期のあなたは人柄も実績も評価されやすいので、誠心誠意、尽くしてみてください。

November 11月
11月のオーラ
獅子座

アイデア勝負。

「アイデア勝負」のシルバーが出ています。まず、この11月のあなたにはやってほしいことがあります。もし、「煮詰まっているな」と感じたら、紙とペンを用意してください。そこに「今何がしたいか」と「何ができるか」をバーッと、汚い字でいいです、スピードを重視してとにかく書きまくってください。疲れるまで。なぜかというと、2021年の下半期は、「自分の周りにある常識や空気」を破壊したいときだから。あなたはアイデアとセンスを持っている人だし、それが求められています。でも、あなたには「遠慮」という感覚も強くある。だから、「できる」「できない」は置いておいても、まずは書き殴ってみる必要があります。そして、プライベートでもお仕事などの面でも、この時期は「アイデア」とか「機転」がかなり重視されます。「これだったらできそうじゃん」とか、テキトーに思いついたことが採用されたりします。世俗と離れる時間もこの時期持ちたくなるので、ハイキングなどもおすすめです。

December 12月
12月のオーラ
獅子座

自然を求める。

「自然を求める」のピンクが出ています。これは変な意味ではないのですが、獅子座はときどき「どこか遠くへ行きたい」とか「私以外の自分になりたいなぁ」と思ったりします。これは、あなた自身がやはり「責任を背負う人」であるのと同時に「こうなったらどうなるんだろう。ワクワク」という遊び心がすごくある人だから。12月のあなたにおすすめしたいのが、「自分を大事にする時間」です。この時期のあなたは自然を求めるから。獅子座にとって「自分を大事にする時間」って、「何になるのかわからない時間」です。たとえば、たき火をしたり、下調べをしないでお店に入ったり。あなたはこの時期、タスクをやり抜きます。だから、開放も必要。「いつもの自分じゃない自分になれる時間」をぜひ持ってみてください。

しいたけ.からの
魔法のメッセージ

これ、怒られるかもしれないのですが、僕の獅子座の人の好きなところのひとつに「クソ生意気マインドを持っていること」があるのです。これって本当に真似できない。あなたは中学生が大人に向かって「何でそんなことしなきゃいけないんですかぁ?」と尋ねるようなマインドを常に持っている。ただ大人をからかうわけじゃなくて、「この人はどれだけ自分の頭で考え、そして、リアルな生を生きているか」を真剣に確かめたいから。あなたは「変わっている」と言われるかもしれないけど、それは「枠にはまっていない」から、それが多くの人には変に見えるだけなのかもしれないです。2021年下半期、もっとはみ出してみてください。もっと、あなたなりの「真剣な遊び」を発明していってください。そして、みんなにそれを教えてあげて。あなたにしかできないこと。それは「遊ぶように生きる」ということだから。

しいたけ.

SHIITAKE LIVE CHATしいたけ.さんが登場!
SHIITAKE LIVEを
お見逃しなく。

しいたけ占い2021年下半期公開を記念して、占い師しいたけ.さんが12星座別のLIVEを インスタグラムとツイッターで同時開催。星座別にお悩みや質問も募集中なので、ぜひ参加して! 詳細はこちら