VOGUE GIRL LINE Twitter Facebook Pinterest Instagram mail
蟹座

蟹座のみなさんへ
2021年下半期、蟹座は
「大切な思い出づくりのための時間。
ゲーム、アニメ、寄り道、すべて大事!」

こんにちは。しいたけ.です。今回もこうして皆さんに2021年下半期占いを読んでもらえるのがとても幸せです。今回、占いを書いていったときに一番お伝えしたいと思ったことがあります。

今、多くの人が5年分ぐらいのタスクを2021年の1年間の中で凝縮してやろうとしているのです。イメージで言うと、大きな登り坂をひたすら登ってきた感じなのです。キツさ、つらさ、退屈さの3拍子がそろう大きな登り坂を、「自分を変えるために」、多くの人がひたすら無言でここまで登ってきた。まずそれが、本当にすごいことだったのです。こんなこと、いつもの年の占いではなかった。自分を変えるための登り坂は、登りたい人が助走をつけて、快速で登っていくだけだった。でも、2021年はみんなが登り坂の途中にいたのです。

その2021年の後半戦、「自分は変わっていない」と思っている人、そして「自分は何もできていない」と感じている人ほど、もうすでに変化の渦中にいます。ただ、2021年下半期の登り坂は、やっときれいな景色も見ていけるし、「ここまでやれば大丈夫だろう」という目安も見えてきます。いつの間にか自分に体力がついた人、自分がたくましくなっていることに気づく人も出てきます。ここまで、本当に長かったです。「このままずっと時間が止まり続けるのか」と不安を感じてきたけど、もう、抜けていきます。ちゃんとあなたは、人生の中でもかなり大きな難所を歩き切りました。本文を読む前に、もしできたら、まず「ここまで歩んできた自分」を褒めてあげてください。あなたはすごいです。少しずつ「楽しむこと」のリハビリもしていくこと。「頑張るだけ」の生活から、心を取り戻していくこと。

2021年6月 しいたけ.

2021年下半期の運勢は?

熱いチームで乗り切ろうぜ!

蟹座

2021年下半期の蟹座は「熱いチームで乗り切ろうぜ!」を表すピンクが出ています。この時期の蟹座は「熱いチームの結成」に向けて動いていきます。この時期、あなたは少しだけ「熱い母ちゃん」みたいな存在になります。どういう意味なのかというと「あ、それだったら私手伝えるよ」とか「大丈夫? 話聞こうか?」とか、あと「ちゃっちゃと、やっちゃいな!」とか、周りを動かす“声掛け”をしていく。チームを裏で動かしていく役割を強くやっていくのです。ただ、それだけではなくて、空いた時間でかなり濃い「思い出づくり」なんかもやっていけます。熱くなったり、のんびりしたり。いつも以上にこの時期のあなたは「あなたらしく」なります。

それでは、2021年の下半期がどのようになっていくのか、一緒に見ていきましょう。

最初に言いたいこと。

2021年の蟹座の下半期占いを伝えていく前に、改めて、どうしてもあなたに言いたいことがあります。本当にこれまでご苦労さまでした。そして、2021年下半期は様子を見ながらにはなるのですが、諸々の健康や周りに気をつけながら、遊ぶときはちゃんと遊んでください。

どうしてこんなことを言ったのかというと、本来この2021年の下半期は、あなたにとって「集大成」を迎える時期だったのです。これまで頑張ってきたことがあって、自分なりに活動をやり切って、そして、「いろいろあったけど、私もここまできたか。本当にありがとう」なんて言いながら、ちゃんと自分や周りをお祝いする大事な時期だったはずなのです。

それが、今ちょっとこの世界は混乱してしまって、あなたは楽しみも含めていろいろと延期をしてきた状態にいます。

蟹座って、切り替えるのに結構体力を使う人です。というのは、やっぱりあなたは「自分に任されたこと」「自分がやろうと決めてきたこと」に対して手を抜くことができない人だから。だからこそ、ある種のセレモニーとか、「お疲れさまでした」という儀式がないと、「じゃあまたここから頑張っていきましょう」と、地続きにはいけないと思います。そんなのは、あなた自身に対して失礼なのです。

だから、もう一度ここでちゃんと言います。

あなたは本当によく頑張ってきました。自分の限界も、制限も、恐れなんかも乗り越えて、やってきた。あなた自身の手で、新しい文化をつくってきた。それは本当に誇ってください。ささやかながら、「仮の祝杯」なんかもあげてください。だから、この下半期、改めて、できたらでいいです、旅などは気をつけながら行ってきてください。できれば近場でも、童心に返ってアスレチックをしたり、草原などを走り回ったり、ソフトクリームなどを食べてほしいです。

気をつけながら、遊ぶときは遊ぶ。解放されるときは解放される。まずはそこを2021年下半期の目標にして。ずっと日常とか「頑張らなきゃいけないことだけ」に顔を突っ込んでいちゃダメ。だって、これまでずっと頑張ってきたのだから。

家族の物語。

それを踏まえて、2021年下半期のあなたはどうなっていくのか。

まず、大きなテーマとして「家族の物語」というものが出てきます。

これは、もともとある家族という意味よりは、「あんたはさ、もう家族みたいなもんだから」みたいな感じで、気の合う他人と「家族みたいな関係になっていく動き」が、この時期にかなり加速していくのです。

ここまでの蟹座はかなり「個々人の活動」というか、「私は私でやっていきます」とか「どうしても手が離せない」とか、ある種バラバラの単独行動時間も必要としてきたところがありました。

でも、2021年下半期は「協力」を大きなテーマにしていきます。

あなたが積極的に「口出しをする」みたいなこともしていく。2021年の上半期にも「口出しをする」とか「こうすればいいんじゃないかと指摘する」みたいな役割はあなたに強くあったのですが、その役割がさらに発展して継続していきます。これまで遠慮してきたことや、「これは言ってもいいのかな?」と考えてきたこと。それらを全部取っ払って「もっとこうすればよくなると思いますよ!」とか、そういう声を掛けていく。

何であなたがこんな面倒くさいことをしていくのか。

それは今、みんなが自信や元気を失っているからです。2020年から2021年までのここまでの約1年半、やっぱりすごい世界だったでしょう?

だったらまたここからやればいいじゃんと、あなたは一肌脱ぐ。

蟹座ってそういうところがあるのです。普段の人間関係の中では「異様に距離を取る」ところもある。「あー、あなたがそうしたいんだったら、やればいいんじゃない?(ニコッ)」としている。でも、急に距離を詰め出して「私が手伝うから、思い切りやっちゃいな!」と熱い人になることもある。その熱さの波が蟹座にやってくるのです。

基本的なことだけど、また誰かと協力し合って、面白いものをつくり出したい。それがあなたの強烈な願いになっていく。

「いろいろと難しいことはあるかもしれない。でも、世の中には“面白さ”が絶対に必要。どんなに小さいことでもいい。工夫して遊ぶこと、この箱の中に何が入っているのかなとワクワクすることとか、そういうのが必要。そういう面白さが、今の世の中には絶対的に不足してしまっているから」

と感じ、面白さをつくり出すチームをつくっていくのです。

思い出づくりの時間。

もうひとつ、この時期の蟹座には大きな特徴があります。それは、「来年の2022年を見越しての行動」が増えていくのです。

大きくまとめると、来年の2022年のあなたは「いつかできたらいいな」と思っていた人生のプロジェクトが本格的に始まっていきます。だから、「それまでにちゃんとやっておきたいこと」とか、思い出づくりなんかも含めて、後悔のないようにやっておきたい気持ちが強くなるのです。

というのは、これは去年の2020年からそうなのですが、蟹座は急激に「身内を固める」活動を進めているのです。何か、付き合っていく人に対して「面白ければOK」という基準じゃなくて、「堅実さ、信用、プロ意識」をすごく求める。能力にむらがある人じゃなくて、「ルールをつくり、そのルールをお互いに守りながら、コミュニティをつくっていける人」を厳選しようとしている。言うなれば、誰でも入れるわけではない「会員制のコミュニティ」をつくっていたのです。

それって、2022年を見越しての動きというか、「全員に対して分けられる時間はない。私は今の自分の時間を使って、信頼できるコミュニティをつくっていきたい。そして、私のONとOFFを分けられる時間もつくっていきたい」みたいな感じで「何でもありの時間」から、「専門的に、私の幸福やマニアックな世界を追求できる時間」を土台から設計してつくり直そうとしてきた。

あなたの中で「守っていきたいもの」と「作っていきたい世界」は結構ハッキリしてきている。

今のあなたは「いろいろやりすぎてもしょうがない。未来に結果を出すために、いたずらに手を広げすぎないことも大切。できないことや手伝えないこともある。今の私にできることと、できないことを絞っていきたい。私が本気になって、結果に責任を取られる場所のみ、大切にしていきたい」と考えるようになってきています。

ちゃんと悔しい思いができ、うれしい思いができる場所。それがあなたにとって「未来に向かって残していきたい」、大切な物語です。

だから、2021年下半期は「大事な場所の作成」が一段落ついたときだから、ちょっとそこから離れて、思い出づくりをしていく時間にもなります。だから、先ほどもお伝えしたのですが、もしできたら、行ける範囲でいいので「寄り道みたいな旅」もしてほしいです。

貴重なアニメや映画やゲームの時間。

2021年の下半期にはもうひとつおすすめがあって、アニメや映画やゲームの時間を大事にしてください。読書とか舞台とかでももちろんいいです。というのは、この時期のあなたは「青春を取り戻すこと」もやっていくから。

どういうことなのかというと、蟹座はここまで「現実世界の中で通用する自分」をつくるために、生き急いできたところもあったのです。だからこそ、蟹座の哲学って「生き残ること」とか「脱落しないこと」みたいな、そういう現実主義的な部分に寄ってしまうところがある。「理想だけじゃ飯は食えないよ」という部分があなたにはある。その結果、10代や20代の頃に、「積極的にアニメなどに没入する時間」を十分に取れていないケースが蟹座は多いのです。

だから今、あなたはアニメやゲームなどを通じて、「仲間とは何か」とか、「生きるって何か」とか、「人それぞれに信念がある」とか、そういう教養というか、価値観を取り入れていきたい。

蟹座はかなり「現実主義者」です。でも一方で、「生きていくためのロマン」みたいなものは、小説とか、歴史とか、あと、これまで述べたようなアニメの世界などからすごく吸収できる。ぜひ、時間をつくってロマンを吸収してください。

一声掛けてあげる。

最後に蟹座に伝えたいことがあります。それは、この2021年の下半期は「表面だけ」で物事を判断しないでほしいのです。たとえば、人だったら、話し方の印象とか、表情とか、文面だけじゃなくて、「その人がこれまで誇りを持って物事に取り組んできた想い」とか、そういうところも見てあげて。

もちろん、「全員を好きになって」とか、「全員を評価してあげて」と言いたいわけではないのです。そうじゃなくて、あなたはこの時期「見守り人」になるし、「応援してあげる立場」になっていくから。だから、表面的な能力とか有用性で人を判断するのではなくて、わずかでも可能性を伸ばしていくお手伝いをして。

あなたはもう結構「やさしさ」を手に入れたから。

あなたが「一緒に頑張ろうぜ」と言ってくれると、想像以上に周りは勇気づけられます。だから、自分にも、他人にも「今日もやろうぜ」と言ってあげて。

仕事運はどうなる?

ご褒美のために頑張る。

2021年下半期の仕事面でのあなたのテーマは「ご褒美のために頑張る」です。これ、仕事面でもそうだったのですが、2021年下半期の蟹座は本来「集大成」の時期だったのです。自分でひとつのプロジェクトをやり遂げたとか、「ここまでは営業的なことをやっていたけど、これから先は違う役割もやってみたいな」と切り替わるとき。もちろん、その「切り替わる」という時期であることは変わらないのですが、どうしても今、世の中に不完全燃焼感って残っちゃう感じじゃないですか。だから、その不完全燃焼感が「私はこのままでいいのだろうか」という内省に向かいやすい。蟹座には、8月を過ぎてから本格的な「仲間とともにつくり上げる」という運がやってきます。だから、それまでも含めて、「自分を祝う」とか「テンションを上げていく」はかなり大事になります。ご褒美のために仕事をしてみて。「辛いものを食べに行く」とか、ご褒美の行動を多少無理矢理でもいいから先に決めちゃうこと。「落ち着いたら絶対に海を取り戻しに行く」とかですね。「何かテンション上がることないかなぁ」と探すんじゃなくて、「これが私にとってテンションが上がるご褒美だ」とあらかじめ決めちゃうこと。そして、8月が転機になり、前から計画してきたことや、やってみたかったことができたり、抜擢されるような動きが活性化していきます。あなたの中でも、「もっと自由にやっていいんじゃないか」と思い立ち、そのアイデアがよい形で乗っていくので思い切り動いてみること。まずは「私の夏を取り戻す」ことを目標にやってみて!

恋愛運はどうなる?

受け取る。贈る

2021年下半期の恋愛面でのあなたのテーマは「受け取る。贈る」です。2021年の蟹座は恋愛面において「贈り物をしたい」という気持ちがかなり強くなっていきます。どういうことなのかを説明したいのですが、この時期のあなたは交友関係なんかも含めて、やっぱり絞っていく面があります。「家族のように思える人」が出てきたり、そういう人たちと「面白いことをやっていこうぜ」という思いで、一緒に時間をつくっていく。

深く付き合っていく人を限定していくからこそ、「あなただったら何でも言って!」と思える人が出てきたりする。あと、2021年下半期のあなたの恋愛は「等分の報告」から始まることも多いです。等分の報告というのは、愚痴や弱音なんかも含めて、これからやりたいこととか、そういう、プラスの面とマイナスの面を両方伝え合える人との縁が深くなっていく。世の中にはプラスの面とマイナスの面が両方あり、そのどちらかだけに偏ることも少ない。蟹座の人は、そういう「両方のバランスが取れる人」に知性を感じるというか、そういう人と友人であり、恋人でありたいと願うことが多いです。

ただ、間違いなくこの2021年下半期の蟹座は「今後のやりたいこと」がかなり重要になっていきます。これは別に「ひたすらポジティブに生きて」と言っているわけではなくて、自分のやりたいことを他人任せにしないことなのです。だから、どんなに小さなことでもいいです。「海辺でお茶したい。そのときね、目の前に海があってね、子どもたちが海岸で遊んでいるの」とか、小さな空想からでいいです。それを、言葉にしていくこと。「先に向かって何をしたいか」が恋愛面においてもとても大事なものになります。その想いとか願いがあるからこそ、「一緒に何かを受け取ったり、贈り合ったりしたい」という人が見えてくるから。「この人は見逃しちゃいかん!」という人が見えてきます。この時期、あなたは人を真剣に選んでいくし、あと、「選ばれる」という体験もします。「私にとっても、この人にとっても、時間は貴重。だから、私は私で最高のものを贈りたい」と、そういう「プロ意識」が共鳴し合い、人を引き寄せます。

月ごとのアドバイス

7
今後の構想を練る。
8
落ち着く。
9
ファミリーの力。
10
青春を取り戻す。
11
未来への計画。
12
激動をやり抜いた。

★マークのついた⽉はラッキー⽉です。

July 7月
7月のオーラ
蟹座

今後の構想を練る。

「今後の構想を練る」の紫が出ています。まずこういう話をしたいのですが、蟹座って12星座の中でもトップクラスの心配性です。だから、対人関係などでも、「何かこの人、嫌な匂いがするな」という人を、まず「匂い」とか「気配」の段階でマークするようなところもある。それで、この7月のあなたは2021年の後半戦の構想を練っていく期間になるから、いろいろなことを抱え込んで、心配しすぎてしまう傾向が出てきやすいです。2021年って、5月と7月がやっぱりすごく精神的に“みんなが”混乱しやすいです。大丈夫。8月になったら落ち着いていくから、この時期は「定期的な運動」とか、「公園への散歩」とかも含めて、できれば自分をケアするためのルーティンが欲しいです。

August 8月
8月のオーラ
蟹座

落ち着く。

「落ち着く」の水色が出ています。8月の蟹座は動きを取り戻してきます。まず、あなたの周りの人たちが活性化してくる。それぞれが「頑張るべき方向」がわかって、「一緒に○○をやろう」とか、そういう誘いも増えてくるのです。この時期のあなたは「仲間運」みたいなものがすごくて、不思議と「運命が連動する」みたいな形で、濃い関係の人が出てくるのです。「目指している世界が一緒」とか「お互いにこういう能力を必要としていた」、「バカみたいな話が延々とできる」など。なので、この時期のあなたも「この人のために頑張りたい」とか、チームで頑張れるとか、熱さが戻ってきます。2021年の7月と8月の蟹座は「パワーを取り戻していく時期」にあたるから、できれば「能天気な人」とか「明るい人」を自分の刺激にしてみて。逆に、「思考型」の人とは少し、距離を取ったほうがよいです。影響を受けちゃうから。「まぁ、やっていこうぜ!」系の人を大事にしてみて。

September 9月
9月のオーラ
蟹座

ファミリーの力。

「ファミリーの力」のオレンジが出ています。2021年下半期の蟹座は「自分と価値観が合い、力を高め合えるファミリー」との結合がすごいのです。台詞にすると「あなたってもう、家族みたいなもんだからさ」とか、友達とか、仕事関係とか、そういうのを超えて、「一緒によい時間をつくっていこう」みたいな人たちとさらに縁が深まる。その「ファミリーの力」が強まるのが9月なのです。一緒に知恵を出し合い、協力し合い、再び熱をつくり出していく。ただ、やっぱりこの時期はハードにもなってきます。ひたすら地味で、地道なこともやる。でも、あなたは燃えています。「絶対に面白くしてやる」とか、変な話、自分のストレスを勉強とか仕事とか、自分の成長に全部ぶつけていくのです。少しだけ献身的な働きをしすぎてしまうかもしれないので、疲れたら早めに寝るとか、付き合いだけに時間を割きすぎないように意識して。

October 10月
10月のオーラ
蟹座

青春を取り戻す。

「青春を取り戻す」の森の色が出ています。2021年は蟹座にとってかなり「節目の時間」であり、「次の自分に向かって本格的に進んでいく前に、いろいろと考え方などを整理する」みたいな期間にあたります。それで、変な言い方なのですが、ここまでのあなたはかなり「生き急いできた」ところがあります。気づいたら大人になっていたので、いろいろな人や、いろいろな世界に対応できるように、急ピッチで自分を仕上げてきたところがあるのです。そんなあなたがこの10月に求めるのは、アニメとか、文学、あと、舞台や映画なども含めて「人は何を大切にして生きるべきなのか」とか、そういう「大人になるための教養」を改めて学んでいきたいということ。青春も取り戻します。ベラベラ人としゃべったり、「語ること」をやって、自分がこれから何を大事にしていきたいかを確認したいとき。この時期できたら「たき火」など、外で火を囲んでいろいろしゃべったりしてほしいです。

November 11月
11月のオーラ
蟹座

未来への計画。

「未来への計画」の青が出ています。11月の蟹座はかなり「将来の話」が出やすくなっていきます。この「将来の話」はお仕事などの面においても、プライベートの面においても、2022年の「〇月にこういうことをしたい」とか、大まかな計画を立てていく。面白いことに、この時期のあなたは「反撃的」なのです。つまり、今まで黙って従わなければいけなかったいろいろな現状に対して、ちゃんと自分や周りの意思を踏まえて、「私たちはこうしていきたい」と、願望や具体的な計画を用意していく。この時期、交渉なども多くなってくるので、自分たちサイドの言い分をまとめておくことも大事になります。11月のあなたもかなり能動的に動いていくし、話をまとめていく力もあるので、いろいろな場所で必要とされ、頼りにされていきます。できる範囲で大丈夫ですので、力を発揮してください。

December 12月
12月のオーラ
蟹座

激動をやり抜いた。

「激動をやり抜いた」の金色が出ています。2021年下半期の蟹座はすごかったです。というのは、あなたは正直、「自分が最後の防波堤」みたいに感じて、危機感を持ち、「自分にとって大事なもの、大切に育て上げてきたこれまでの物語、そして、自分にとって家族のような人たち」をちゃんと守り抜こうとしました。だからどこか、2021年の蟹座は気持ちが完全には休まらないことが多かった。「何かあったらすぐに出撃できる体制を!」みたいな感じで、リラックスを拒絶してきた部分はあったのです。12月、あなたは勝ちます。いろいろな物事に目途が立って、「ここまでやれば上出来だろう」というところまでいける。そして、日常生活の中にあった「大事な退屈さとか、くだらなさ」も戻ってきます。最後の最後まで「流されようとはせず」、自分の流儀を持って戦ってきたあなたはすごいです。12月、やり抜いた後は少し気を抜いて、思い出づくりなんかもしてみてください。

しいたけ.からの
魔法のメッセージ

「心のどこかでは、楽しんでしまう余裕を持つこと」。それが今回、最後の最後に蟹座に贈りたいメッセージになります。あなたはいろいろと難しく考えてしまうところがあるし、「私はまだまだだ」と思うことも多いです。現実に対して油断をしない人だから。謙虚や慎重なのはよいことだけど、あなたがこれまでやってきた「踏ん張り」とか「輝き」「サポート」「努力」はちゃんと誇っていいものです。この2021年下半期、「どれだけ濃い思い出づくりができるか」の勝負が始まります。そこは絶対に妥協をしないこと。「絶対にこの瞬間は未来に残しておきたい」という記憶をつくりにいくこと。あなたは絶対に負けないから。そして、やさしさを周りに対して贈ってあげてください。青春と思い出づくり。この2つ、とても大事。

しいたけ.

SHIITAKE LIVE CHATしいたけ.さんが登場!
SHIITAKE LIVEを
お見逃しなく。

しいたけ占い2021年下半期公開を記念して、占い師しいたけ.さんが12星座別のLIVEを インスタグラムとツイッターで同時開催。星座別にお悩みや質問も募集中なので、ぜひ参加して! 詳細はこちら