VOGUE GIRL LINE Twitter Facebook Pinterest Instagram mail
双子座

双子座のみなさんへ
2021年下半期、双子座は
「我流でさまざまなミッションをやり遂げる。
私の生き様を見ておいて!」

こんにちは。しいたけ.です。今回もこうして皆さんに2021年下半期占いを読んでもらえるのがとても幸せです。今回、占いを書いていったときに一番お伝えしたいと思ったことがあります。

今、多くの人が5年分ぐらいのタスクを2021年の1年間の中で凝縮してやろうとしているのです。イメージで言うと、大きな登り坂をひたすら登ってきた感じなのです。キツさ、つらさ、退屈さの3拍子がそろう大きな登り坂を、「自分を変えるために」、多くの人がひたすら無言でここまで登ってきた。まずそれが、本当にすごいことだったのです。こんなこと、いつもの年の占いではなかった。自分を変えるための登り坂は、登りたい人が助走をつけて、快速で登っていくだけだった。でも、2021年はみんなが登り坂の途中にいたのです。

その2021年の後半戦、「自分は変わっていない」と思っている人、そして「自分は何もできていない」と感じている人ほど、もうすでに変化の渦中にいます。ただ、2021年下半期の登り坂は、やっときれいな景色も見ていけるし、「ここまでやれば大丈夫だろう」という目安も見えてきます。いつの間にか自分に体力がついた人、自分がたくましくなっていることに気づく人も出てきます。ここまで、本当に長かったです。「このままずっと時間が止まり続けるのか」と不安を感じてきたけど、もう、抜けていきます。ちゃんとあなたは、人生の中でもかなり大きな難所を歩き切りました。本文を読む前に、もしできたら、まず「ここまで歩んできた自分」を褒めてあげてください。あなたはすごいです。少しずつ「楽しむこと」のリハビリもしていくこと。「頑張るだけ」の生活から、心を取り戻していくこと。

2021年6月 しいたけ.

2021年下半期の運勢は?

やり遂げたい気持ち。

双子座

2021年下半期の双子座は「やり遂げたい気持ち」を表すオレンジが出ています。2021年下半期の双子座を見たときに、特に大きな特徴として「やり遂げる意志」みたいなものがすごかったのです。何かこれは情熱とか使命とかではなくて、あなたにとっては「壮大な実験」みたいな感じで、2021年が始まってからもうすでにそうだったのですが、あなたは「今年中に面倒くさいことや試したかったことはすべて終わらせる!」みたいな感じで、動いているのです。「これだけ動いたら私に限界がくる」とか「こっちの分野も面白そうだな」とか「私はこういう求められ方をするのか」とか、日々忙しくやっている中で、どこか自分のことをすごく冷静に、客観的に見ている。変な言い方になるのですが、自分のことをひとつの「可能性や魅力を持った素材」として、その可能性や魅力をどう伸ばしていけるか、何ができるのか、そういうことを客観的に分析しながら進んでいるのです。とにかく、それがすごかったです。だから、2021年下半期もいろいろ心配することはあるでしょうが、面白いですよ。双子座は本当に独自の道を歩んでいるから。

それでは、2021年下半期がどのような動きになっていくのか、一緒に見ていきましょう。

卒業していく気持ち。

まず、双子座の2021年下半期のモチベーションとして「2022年」という、来年に対する視座がすごくあるのです。その2022年を迎える前に、自分の中で2021年という時間を「やり切りたい気持ち」がすごくあるんですね。そして、その気合いというか、モチベーションの背景に何があるのか。それは一言で言うと「今の自分を卒業していく気持ち」なのです。

「卒業」という単語を使ったのですが、現在所属している組織を卒業するとか、ソロの活動に入るというよりは、どちらかというと、「2021年が終わるまでに、とにかく試せるだけいろいろなことを試して、今の私の形態から次の立場に移行したい」みたいな気持ちが大きいです。あなたが抱えている「卒業していく気持ち」を台詞にすると、以下のようになります。

「2022年から先、必ず社会や世の中は変わっていく。だから、2021年中に自分が試したいことは試して、新しい形態に私も移り変わっていきたい。そして、2022年以降の自由を手に入れていくために、2021年は地味なことも、面倒くさいこともやっておいて、実績や信用も積み重ねておきたい。今の場所が嫌だから卒業するのではなくて、社会や世の中に合わせて、もしくは、そこから先んじて、私は成長したい。アップデートしたい」

もっと言うと、2021年下半期の双子座はかなり「本能的」とか「感覚的」に動いていくことも多くなります。この部分に関して、もうちょっと詳しく次で説明させてください。

来たる2022年のための行動。

2021年下半期の占いをやっているのに、もう2022年のことを言うのは気が早いのですが、これも「気の早さ」とか「先見性」を持っている双子座の占い結果なのです。

それで、ちょっとこれを読んでいる双子座の皆さんに質問をしたいのですが、今のあなたには「先の予感」とか「何となく、こうなるだろうな」という漠然としたイメージとか、予定みたいなものがあると思うのです。

つまり、2022年、来年のあなたはもうちょっと落ち着くというか、2021年のあなたのように「動けるだけ動く」みたいなことはしないで、もうちょっと腰を据えて「ずっとやりたかったこと」にチャレンジしていきたいと。拠点を変えるとか、立場を変えるとか、独立した自分がこの分野でもっと信用を得るとか、絞っていくとか。そういう「地に足を着けて、さらに新しい自分を試していく」のがあなたにとって来年の2022年で、2021年下半期は「その前にやっておかなければいけないこと」および「やっておきたいこと」を総まとめで全部やっちゃう感じなのです。

今の場所でやれることは全部やって、自分なりに「けじめ」をつけておくとか。具体的に卒業を考えていて、「やり残したものをなくしたい」と考えて行動することも多いです。すごく冷静に自分を見られるというか、「今の私は○○に向かっていくために、これをやっているんだよな」と、他人の常識や、参考書的なものをあてにしないで、自分の感覚で先に進んでいける。

一方で、この時期のあなたは感情の乱れが一番の大敵になります。体力が低下するとどうしてもイライラしやすくなったり、「誰かの一言や書き込みなど」が心に残りやすくなったりしてしまうため、ウォーキングなど、体力の増強や維持などの活動はしておいてくださいね。ここが頑張り所だから!

私の生き様を見ときな!

いきなり激しいタイトルなのですが、2021年下半期の双子座は燃えるのです。あなた自身は残りの2021年の半年間、全力で燃え尽きようとします。双子座の心の叫びを、ちょっとここで書き記させてください。

「今、世界にはいろいろなことが起きているのはわかっている。今まで通りいかないことがあることもわかっている。でも、そろそろ飽きたんだよね。

誰かといがみ合うほど、私は暇じゃない。私にとって2021年という年は、2020年もそうだし、2019年もそうだし、これまで続いてきた「○○年」と同じぐらい大事。むしろ、この2021年にしかできないことがあるはず。

だからこそ、ちゃんと私なりにけじめをつける。流されて嫌な気持ちになるのではなくて、この時代にどう生きようとするか、どう面白くしていくか、どう楽しんでやるかを見せてやる! 私の生き様をよく見ときな!」

2021年下半期の双子座は旗をぶんぶん振り回すのです。それで、自分なりの意地を見せていく。

もともとなんだけど、あなたはもう「正直」を大事にしたいから。誰かの意見に楽して乗っかりたくないから。難しいか難しくないかは、自分でやって、自分で確かめたいから。「答えは自分で確かめていく」。それがあなたの2021年下半期の生き方になります。シンプルだけど、すさまじい気合いと蛮勇を奮って。クレイジーと言いたきゃ言いなって。それは私にとって褒め言葉なんだよ。バッキャローって。

役割分担は必須。

ただ、どうしてもこの2021年下半期、役割分担は必須になります。あなたの活動量とか、手をつけていく興味分野は多岐にわたるのですが、「全部をひとりでやる」のは無理です。また、自己管理なんかも今まで以上にとても大事になります。

役割分担のために何をしてほしいかというと、小学生が得意分野と不得意分野を分けるように、自分の中で「大丈夫そうなこと」「もっと得意になっていきたいこと」と、「大丈夫そうじゃないこと」「取り掛かる前に『ウッ』となってしまうこと」に分けてみてください。よりシンプルに言えば、「大丈夫そうなこと」と「大丈夫そうじゃないこと」に分ける。

それを分けたら、周りに相談をしたり、「これは私、大丈夫そうなんだけど、こっちの分野はひどく苦手だから協力して」と、働きかけてみてください。普段だったら「自分で処理をする」とか「苦手なことを黙々と克服していく」のは美談にもなるのですが、この時期のあなたはスピーディーに進めたいです。だから、溜めるよりも「現時点での考え」なんかは言っておいたほうがよいですよ。

お仕事の面でも、プライベートの面でも、「共有していくため」に、自分も相手も「担当」を決めちゃったほうがよいです。「私が財政大臣やるから、あなた掃除大臣やって」と。そうすると、「掃除大臣から提言です。お風呂掃除はあなたも半分やってください」とか、相手もそういうことが言えるようになるから。責任を分け合っちゃうと、かえってお互いに提言をしやすくなったり、役割分担をしやすくなったりするからやってみて。

モヤモヤしたら。

2021年の双子座は、7月から9月の3カ月のうち、どこかの月に疲れが出やすいです。疲れの感覚として「うえ、無理。気持ち悪い!」と生理的に受けつけないという感覚が出やすい。それが出やすくなったら、ちょっと一呼吸置いてみて。行ける範囲でいいです、自分が住んでいるエリアでもいいので、ちょっとしたぶらり旅に出掛けるのも大事。

この1年間だけではなくて、その前から、あなたは自分で「え、これも私がやるんですか?」ということも引き受け、リーダーシップも握り、未来を切り開いていくために「今」を必死で整備してきた。

あなたが陰に日向(ひなた)にやってきたことって、本当にすごいことなんですよ。だって、どさくさに紛れてあなたに「これもやって」と頼んできた人も周りにいたはずじゃないですか。それも含めて、あなたは引き受けてきた。本当にあなたはすごいです。

モヤモヤしてしまったら、離れること。断ること。そして、「よい人でいること」にこだわらないこと。評判なんて落としても大丈夫だから。「クオリティ下がったな」とか、言わせておけばいいんだから。

あなたはちゃんとやっています。もう、2021年の下半期が始まる前から、あなたはすごいことをやり遂げてきた人だから。

だから、胸を張って。自信を持って前へ進んでいくこと。

あなたらしく、自分で答えを確かめていけば大丈夫だから。

仕事運はどうなる?

模範解答みたいな答えに飽きてきている。

2021年下半期の仕事面でのあなたのテーマは「模範解答みたいな答えに飽きてきている」です。いきなり過激なキーワードなのですが、2021年下半期の双子座は「繰り返し」とか「偉い人が喜びそうなこと」にかなり飽きてきているのです。この時期のあなたは仕事面においてかなり「正直なアイデア」を、人にも、自分にも、周りにも突きつけます。それって、あなたの肌感覚として、世の中に余裕がなく、「面白いことをしないとこの先サバイブできない」ということを知っているから。そして、あなたが仕事というものに関わる上で、「この業界内とか、狭い範囲の世界で正しいとされることを繰り返す」のではなくて「自分がひとりの人間として、どう感じるか」など、そういう「ユーザーの視点とか肌感覚」をとにかく重視するようになります。だから、ハッキリ言って双子座は多少の「異端児」になります。あなたの真似って、結構できない。加えて、この時期のあなたの仕事運にとって大事なことは「リアルタイムの中にしか答えはない」と思ってほしいのです。「今まではこういうやり方でやってきた」と、過去の正解をたどるよりも、たとえば知人と盛り上がった「その場で出たアイデア」とか、「ある人が送ってくれたクレームのメール」とか、そういうものの中にこそヒントがあったりする。だから、「この人と一緒にいるとアイデアがすごく出る」とか「頭が活性化される」と思う人と会ったり、ネットの会議なんかはやっぱりずっとしていってほしいのです。考えるよりは、伝えたりしたほうがよいです。

恋愛運はどうなる?

具体的プランの見直し。

2021年下半期の恋愛面でのあなたのテーマは「具体的プランの見直し」です。何かビジネス面でのキーワードみたいなのですが、これが大きなテーマになります。この時期の双子座の恋愛面では、「理想と現実の見直し」をかなりやっていきます。これはガッカリすることではなくて、そもそも、この時期に至るまでの双子座の恋愛傾向って、結構な「自給自足型」になっていました。恋人がいる人でも「私は私でやるから、あなたはあなたで好きな時間を過ごし、お互いに文句を言わない」みたいな型が確立されている場合が多いです。だから、それ以上のことを相手に要求したり、あと、「好きって何だっけ?」となりやすかったりします。

そのため、この時期の双子座は恋愛面においてまず、「自分の弱点」を見つめてください。これは、暗くなるためにやるわけではなくて、「どうしても細かい数字のやり取りは苦手」とか「この部分はおおざっぱ」とか、そういう弱点でいいです。それを見つめた後に、「やっぱりあの人はすごいよな」と、知人や友人、周りにいる人をもう一度リスペクトする。これをすることによって、「この部分は助けてもらいたい」とか「この部分は協力し合いたい」という部分が出てきます。「相手の領域の中に、尊敬、助け合い、協力というキーワードをベースに入っていく」をやってみてください。

それと、かなりこの時期の恋愛運は「体力」とリンクすることになるので、忙しい毎日があると思うのですが「ウォーキングや階段の昇り降りなどを取り入れる」などは、できたらやってみてほしいのです。すごく原始的なアドバイスのようですが、余剰体力をつくることはかなり恋愛面において大事になります。ただ、心配しないでいいのが、2021年下半期の双子座はかなりの隠されたリーダーシップを発揮して、自分のキャラクターがある種のカリスマ性を帯びていきます。だから、あなたがマニアックに好きなことを追求したり、人に助言をしたりすると、そこでかなりの人気者になったりする。その過程で自分に自信も持っていくので、体力をつけておいてみて。

月ごとのアドバイス

7
自己管理をし、物事を前へ進めていく。
8
本気のリーダー。
9
課題と向き合う。
10
私の生き様、見とくんだよ!
11
楽しみな目標。
12
リスクを管理する。

★マークのついた⽉はラッキー⽉です。

July 7月
7月のオーラ
双子座

自己管理をし、物事を前へ進めていく。

「自己管理をし、物事を前へ進めていく」の紫が出ています。7月の双子座は半分以上運命的に、状況に対して主導権を握っていきます。かなり大きく、あなたのアイデアとあなたの実行力で、物事を前へと進めていく。不思議と、やる前は難しいと感じていた事柄に関しても「何とかなる!」の精神で進めていきます。それで、この7月はなかなかハードでもあるので「アスリート並みの自己管理」は大事になります。できればノートやメモ帳に「今日は何をした」、「何を反省したか」、「今日は全体的に60%ぐらいのパワーだったけど、その範囲の中でよく動けたと思う」とか書いてみてください。その自己管理を大事にしてほしいのです。「今日は休む」とか。あと、この時期のあなたはすごいスピードで走っていたりするので、相手にも自分と同じスピード感を求めることが多いです。「え、何でわからない?(イライラ)」となりやすいので、「スピード感は違うね。どうどう」と自分に言ってあげてください。

August 8月
8月のオーラ
双子座

本気のリーダー。

「本気のリーダー」の青が出ています。これもかなり運命的なのですが、8月の双子座は「リーダーシップを握る動き」がかなり強く出てきます。この時期に特徴的なのが、「密かに面白い動きが産声を上げる」とか「楽しみだった計画を強行しちゃう」とか、人に迷惑を掛けるわけではなくて、少数精鋭での弾丸みたいな動きが増えていきます。あと、リーダーシップの件なのですが、あなたの役割として「もう一度気持ちを入れ直す」とか、「いろいろ確認して、再び具体案を出す」みたいな感じで、かなり実践的な動きをしていきます。変なアドバイスになるのですが、この時期のあなたはそこまで人情派じゃなくていいです。温かくなくてもいい。厳しいことも言わなきゃいけないから。「できない」から「できる」へと変えていくタイミングにいるから、思い切ってやってみてください。

September 9月
9月のオーラ
双子座

課題と向き合う。

「課題と向き合う」のベージュが出ています。変な話をしたいのですが、双子座がスランプのときや、疲れが溜まったときに出てくる感情が「気持ち悪い。無理」なのです。何か、生理的に受けつけなくなるものが増える。それって、あなたが持っている「感情移入度の高さ」みたいなものが原因なのです。物事に深入りしすぎちゃうというか。この時期、そういう疲れが出やすいので、「私は私で勝手にやるわ~。らららら~」と歌っていてください。双子座って「文学的な人」と「人間工学的な人」の2つに大きく分かれます。文学的な双子座は、物事に深く入り込むことで、臨場感とか一体感を持って成長していきます。その一方で人間工学的な双子座はあくまで観察対象と距離を取って、「こういうとき、人はこういう判断をするのか。なるほど、面白い!」とネタにします。この時期のあなたは後者の人間工学的な自分を目指してみて。

October 10月
10月のオーラ
双子座

私の生き様、見とくんだよ!

「私の生き様、見とくんだよ!」の赤が出ています。10月の双子座はすごい行動力を発揮していくというよりも、何かあなたの中で「2021年はこの10月までが勝負だ」みたいな形で、ものすごい勢いでいろいろな動きを仕上げていく。「私なりに燃え尽きたい」と、ここまでのあなたの「2021年のタスクや課題の成果」を出していくイメージがあります。そして、このことについても触れたいのですが、2021年全体を通じて、あなたの根底にあるのは「後悔したくない」という台詞なのです。せっかくだから、ちゃんとやって、ちゃんと全力を出して、そして、「私はここまでできたんだ。こういう景色も見られたんだ」と思いたい。自分を認めていきたい。自分の今ある環境に対してけじめをつけたい。本当にこの時期のあなたは強いです。ガンガンいって。

November 11月
11月のオーラ
双子座

楽しみな目標。

「楽しみな目標」を表すピンクが出ています。11月の双子座は自分の中で「これまで」と「これから」がかなりハッキリするような、そういう中間点にいることを自覚します。「もっとこの部分を頑張ってみよう」とか「この部分は切り替えてみよう」とか。あと、この時期は「これまではできなかったこと」に対する道が開いてきて、楽しみになるものも増えていきます。ボーナスゲームのように、これまでやってきたことが報われたり、ワクワクできる目標なども出てきます。これまでは「ただ頑張る」とか「どうなるかわからないけど、とにかくやる」みたいながむしゃらな気持ちもあったのですが、この11月は「好きなものへの愛」にも支えられつつ、目途を立てながら頑張っていくことができます。休みながらで大丈夫なので、自分のペースでやってみて。無茶をすること、そして、多少「甘えかな」と思いつつも、休みを取ることもちゃんとして。

December 12月
12月のオーラ
双子座

リスクを管理する。

「リスクを管理する」の水色が出ています。この12月もそうなのですが、2021年下半期のあなたは「先を見越しての行動」がすごく多くなっていきます。「何でもかんでもできるわけではない」、だから「何かあってもいいように、リスクを分析し、押さえておくところは押さえておこう」とか、“保険”という考え方を大事にしていきます。次のライフプランに沿って、何を重点的に残して、何を削っていくかを考え、実行していく人もこの時期多いです。また、この12月の双子座は結構「使命感」みたいなもので動きます。「私が○○したい」とかじゃなくて「あ、私はこれをやらなきゃダメだな」とか、何か不思議な力によって動かされていきます。体力的にはちょっと疲れも溜まっていくところがあるので、この時期は「断る」とか「自分優先」という感覚も大事になっていきます。

しいたけ.からの
魔法のメッセージ

あなたって、ここ何年か、ずっと未来のことを考えているじゃないですか。どうやったら未来にワクワクできるか。どうやったら「モヤモヤ」を残さないで先に進んでいけるか。それをちゃんと真剣に考えてきた。あなたのすごいところは「誰かがなんとかしてくれるだろう」という考えを採用していないこと。どんなに非力でも、どんなに心細くても、自分ひとりで「まずやってみよう」としてきた。2021年の下半期って、あなたが歯をくいしばってやってきた、そして、「何でもやってやろう」と挑んできた物語のクライマックスを迎えていきます。だから、やり切って。あなたの生き様を、生き方を、周りに見せつけていって。「真剣に挑んだ者だけが、真剣に楽しむことができる。だから、みんなも一緒に盛り上がろうぜ。好きなこと、やっていこうぜ!」と示すあなたは、間違いなく、今の時代の宝なんだから。

しいたけ.

SHIITAKE LIVE CHATしいたけ.さんが登場!
SHIITAKE LIVEを
お見逃しなく。

しいたけ占い2021年下半期公開を記念して、占い師しいたけ.さんが12星座別のLIVEを インスタグラムとツイッターで同時開催。星座別にお悩みや質問も募集中なので、ぜひ参加して! 詳細はこちら