VOGUE GIRL LINE Twitter Facebook Pinterest Instagram mail
蠍座

蠍座のみなさんへ
2021年上半期、蠍座は
「愛の力で世界を変えていく。
とっても楽しい私の実験物語の始まり」

皆さんこんにちは。しいたけ.です。今、2020年という年があとわずかの時間になって、それぞれの方がこの2021年の上半期占いを読んでくださっていることをうれしく想像しながら(紅茶とか飲んでるのかな、とか想像しながら)、この文を書いています。いよいよ2021年が近づいてきましたね! 今年は特に、「年が明ける瞬間」を待ち望んでいる人は多いと思いますし、2021年はそれぞれの人が、「それぞれの夜明け」を迎えていきます。そして、その夜明けが早い人もいれば、手間取ってしまう人もいらっしゃると思います。今回、いつもよりも何倍も気合いを入れて、各星座の「夜明け」について書きました。もしよければ、自分のペースで読んでみてください。とりあえず、これまで激動の2020年を駆け抜け、本当にお疲れさまでした。皆さまの夜明けと、よい年を迎えられますよう、心よりお祈り申し上げます。いつも本当にありがとうございます。

2020年12月 しいたけ.

2021年上半期の運勢は?

先行者になる。

蠍座

2021年上半期のあなたは「先行者」を表すターコイズが出ています。これは完全に星座的なイメージなのですが、蠍座は「一緒に走ってくれる人」としての伴走者、見えないところで周りのことを支えてくれる「縁の下の力持ち」、そして、「大丈夫だって。いけるよ」と、後ろから支えてくれるリーダーという印象が強くあります。でも、2021年の上半期のあなたには、ここまで述べてきたような「優しく見守る」イメージはほとんどありません。あなたは誰かの隣にいたり、後ろにいたり、支えたりもします。でも、この時期の蠍座は完全に「前へ出ていく」という、先行者としての役割を激しく持っていきます。自分自身や自分が関わる場所やグループなど、2021年上半期の蠍座は、「前を行く者」として、改革の種を蒔いていくし、大きな変化の波を起こしていくのです。ある程度、この時期は激しく、そして、楽しいものになっていくと思います。では、2021年の上半期の蠍座が一体どんな運命を迎えていくのか。一緒に見ていきましょう。

「こんにちは。運命です。
会ってしまったね」。

世の中にはたくさんの個性を持った人たちがいるのですが、蠍座の人って、「運命に巻き込まれていくような生き方」が結構強くあったりするのです。いつものように、あなたが何気ない日常を過ごしていると「こんにちは。運命です。会ってしまったね」みたいなパターンで、いきなり運命が訪れる。

それで、ちょっと気を悪くしないでほしいのですが、あなたが人生の中で「運命」に出合ったとき、あなたが一番最初に経験することは「何もできない」です。

出合ってしまった運命に対して、攻略法もわからないし、何をどこから手をつけたらいいのかわからない。「いや、私だって初めてだし」と怒っても誰も聞いてくれない。

蠍座の人は、はじめの「何もできなかった」という記憶を、結構強く持っている。だから、これも怒らないで聞いてほしいのですが、蠍座は「はじめから目立つ人たち」ではないのです。でも、「あー、何もできなかった。悔しい。おーのーれー! 」と言ってから、2周目、3周目ぐらいから、「え、あんなすごい人いたっけ?」みたいな感じで、猛烈に順位を上げてくるようなところがあるのです。そう、蠍座の人生は「なぜか知らないけど、巻き込まれた運命に対して、私なりにケリをつける」、もっとシンプルに言うと「売られた喧嘩は買う」人生でもあります。そのほかの面では「受けた恩は倍返しする」という人です。

自分は何かを持っている人ではなかった。でも、運命に出合ったときに、「私はこれをモノにしたい」と思ったり、「あ、この坂は登り切らなきゃダメだ。登り切りたい」と願っていく。それがあって、あなたの「何者かになる」人生は始まっていく。実際に、運命に出合った蠍座はそこから死闘と言ってもいいぐらいの努力をすることが多いです。

あなたは自分にムチを打ち、運命の坂をひたすら駆け上がる。

その結果、ほかの人にならあり得ないような出会いがあったり、「こんな景色があるんだ」と感動したり、逆に「こんなにキツい谷ってあるんだ」とガックリする夜もある。でも、人には告げないで自分なりに谷や山を乗り越えたあなたに出てくる感想があります。そして、以下に書いていくことがあなたにとっての2021年上半期に最初に感じていくものでもあります。

私を見ろ!

2021年上半期にあなたが最初に感じていくもの。それは

「私はいろいろなものを持ちすぎた」。

です。

いろいろな経験、関係、立場を持っていることは、世の中的には「よいこと」とされます。誰かに会えば、褒めてもらえたりもする。「よくやってきたね」と。でも、あなたは何ていうか、「野生の匂い」とか「ちょっと背中に冷や汗が流れる」とか、そういう体験を求める人でもある。

2021年上半期におけるあなたは「えい、捨てちゃえ!」から始まります。すごく大胆に、過去の栄光とかをブンブン捨てちゃう(笑)。もちろん、すべてを捨て尽くすわけじゃないけど、「大事なものも、抱えすぎると重くなってしまう」と気づいたから。だから、身軽になる。身軽になって、自分のことを実験台にして、こういう時代だからこそ“新しい道”をつくっていきたいと強く願う。

「私は誰かの横や後ろを行く者ではなくて、やはり前に行きたい。伴走者ではなく、先行者になっていきたい。面白くなってきた!」

あなたは今、燃えています。2021年という時代の前に立って、新しいモデルをつくっていきたいと本当に思った。あなたがこの時期に言うべき台詞があります。それは

「私を見ろ!」

です。

自分を実験台にして、
変革を起こしていく。

2021年上半期の蠍座は、自分自身を実験台にして、いろいろな変革を起こしていくことをします。また、この時期のあなたは主に仕事方面で、やはり働き方の改革にも取り組むし、さらにそれが発展して、生き方とか幸せの感じ方とか、成果の出し方などで、変革を起こしていくのです。

あなたがこの2021年の上半期に変革を起こしていく上で、ひとつだけアドバイスを送らせてください。

それは

「自分の強みを、いったん脇に置くこと」

なのです。

ちょっとこのアドバイスは驚かれるかもしれません。

もちろん、「強みをいったん脇に置いて」と言っても、「私はこれまで性格の明るさで勝負をしてきた。ちなみに、近所の小学生からは四国の太陽と呼ばれている。その明るさをやめろと言うの?」とか、そんな暴論を伝えたいわけではないのです。

そうではなくて、2021年の上半期のあなたは

  • ・苦手なこと
  • ・今まで「自分のキャラじゃない」と思ってやってこなかったこと
  • ・「あー、そういうの得意な人いるよね。私はやらないけど」ということ

などの、ちょっとだけ「つーん」とした横顔をして避けてきたことを、ぜひやってほしいのです。たとえば、数学が得意な人、コミュニケーションが得意な人、「微妙かも?」と思われるような店構えなんだけどすごい名店を見つける才能がある人。

それぞれの「強み」をちょっと脇に置いて、「えい、この際やってしまえ!」と思ってやり始めたことが、実はこの時期は軌道に乗るのです。

というのは、この時期のあなたは「きれいな私」を脱却しようとしているのです。ここでいう「きれい」とは「きれいにまとめていく力」であったり、ある程度の取れ高がある要素のことです。きれいにまとめて、自分なりに80点を取れる自信があるもの。そこに頼らず、あえて自分を壊してみる。それをやった後に「どう? どうだった? よくなかった? ねぇ、どうだった?」とドキドキしちゃうようなことをやってみてほしいのです。

真面目な話、「きれいにまとまったもの」とか「形は優れているんだけど、どこかで見たことがあるもの」に対して、あなた自身の心が動かされなくなってきているから。あなたにとって、ちょっとこの時期は「80点が0点に感じられる」ことも多いです。だったら、0点か150点を取っていこうと。

2021年上半期の蠍座はどうやって奇跡の点数を取っていくのか。

それをもうちょっと説明させてください。

奇跡の直感力。

実は2021年上半期の蠍座は、「奇跡」がひとつのキーワードになっていくのです。やってみた結果が跳ねやすいし、あなたが手掛けていくことは「エンジンがかかりやすい」感じになっていく。自分でも、どこに着地するかわからないけど、「面白そうだからやってみよう」と思うことがすごく増えていく。

奇跡を起こしていくためには、直感力が必要です。

直感力というのは、いろいろな説明ができる言葉ではあるのですが、僕は直感力というのは「出会いを知る力」だと思います。たとえば、あなたがある日洋服屋さんの前を通ったとします。普段の自分はその系統の洋服を着るわけではないけど、なんとなくそのお店が「面白そう」だと感じた。この「面白そう」こそ直感力で、あなたがそのお店に感じた「面白そう」は洋服のデザインかもしれないし、ちょっと変わった店員さんかもしれないし、ディスプレイの逸脱さかもしれない。理由は明確ではないけど、「素通りするのはもったいない」と感じて、その場所と私は「出合ってしまったこと」にする。それが直感力なのです。

「ここ、面白そう」とか「この人、面白そう」という直感力が働くと、「未来に、今とは違うパターンの自分が展開されていくかもしれない」と感じ始める。

実は、商業施設にいる幼児なんかは直感力の塊なのです。「あれ見たい! あれ欲しい! うぎゃあああ」と言って、親御さんに引きずられていく。もちろん、そこで買ってもらったおもちゃに憎たらしいぐらいに早く飽きちゃう場合もあるけど(笑)、買ってもらったおもちゃを肌身離さず、ずっと遊んでいる子どももいる。「ずっと遊んでいるもの」って、実は「ずっと自分が取り組んでしまうもの。夢中になってしまうもの」なのです。

でも、実際に蠍座の人生って直感なのです。「お母さん、面白そうだから、私来年からイギリスに行くわ」なのです。周りにいる人の口からお茶を噴き出させる才能が、蠍座にはある。

その直感力が、2021年上半期の蠍座には必要になるし、強烈に備わってきます。

ただ「楽しそう」とか「面白そう」と思うだけではなくて、「どうやったらもっと面白くなるのか」とか、直感力に加えて、「足し算と引き算の感覚」も必要になってくるし、根本的に違うものに差し替える力も必要です。

うまくいくコツは、ないです。

ひたすら取り組み続けるしかない。自分が向き合うものを信じて、愛し続けるしかない。でも、あなたはそういうことができる人です。あなたは、ある土地を愛し続けて、荒地を一面の花畑にもできるような人だから。

愛の力で世界を変えていく。

蠍座は自分の人生を「出合ってしまったもの」に捧げていくようなところがあります。「あー、しょうがないか。出合っちゃったんだし」と言って、ほかの人には出せないパワーを出して、難局を乗り越えていくようなこともする。あなたのその行為は、「愛」と言ってしまってもいいのだと思います。あなたが辿っていくこの2021年の上半期は不思議なことが巻き起こります。何を手に入れていくかよりも、「今これをやっている私自身を愛せるかどうか」を大事に。愛の力で世界を変えていくことは、あなたの趣味みたいなものだから。さぁ、行って!

仕事運はどうなる?

手書きのPOP。

2021年上半期の仕事面でのあなたのテーマは「手書きのPOPを書くように、愛情を込める」です。ちょっとだけ前の話になるのですが、書店とか雑貨屋さんで、商品の説明に「店員さんが一言紹介する」POPを置くやり方が取り入れられ始めたことがあったじゃないですか。あのPOPを置き始めたおかげで、商品が単なる羅列ではなくなったところがあります。何でこんな話をしたかというと、蠍座はやはりこの2021年の上半期で、今ある仕事の「整理、リニューアル、冒険」の3つの事業をやっていく人が多いです。それで、この時期において「仕事で何をすれば正解なのか?」を探すより、あなたがやるべき第1の課題は「好きの温度を取り戻すこと」なのです。冷静な分析よりも、POPの手書きみたいに、「自分の言葉で、自分の周りにある仕事の魅力を説明できること」がすごく大事になります。たとえば家電量販店などで、お客さんに声を掛けられやすい店員さんって、何か全身に「POPが貼ってある雰囲気」があるのです。商品に対する知識量が膨大だし、陳列してある家電のことを「自分の子ども」みたいに捉えているようなところがあると思うのです。「この子はねぇ、加熱はできるんですけど、保温には興味がないですね。一切できません。でも、可愛いんです」みたいな。繰り返すけど、2021年上半期の、仕事面での変革において、あなたは自分でPOPの手書きをするようなことをしてみてください。それをやると、自分の言葉で「自分の仕事」を説明し、プレゼンしていくこともできるようになるから。

恋愛運はどうなる?

共同戦線関係。

2021年上半期の恋愛面でのあなたのテーマは「共同戦線関係」です。この時期の蠍座はかなり「必然的な結びつき」とも言えるような縁の濃さがあって、それが「未来に向かって戦っていく際の、共通の理解者」になっていく感じなのです。2021年の上半期のあなたやあなたの周りの環境は「じゃあ、あなたは何をしていくの?」と、ただ待つだけではなくて、自分なりに世界を切り開いていくことが求められていきます。だから、この時期の恋愛面は基本的に「励まし合うこと」を大事にしてください。蠍座は自分が好む相手にこそ、「様子を見てしまう」ところがあります。その人のよいところと悪いところの両方を見届けたい気持ちがあったり、「私が変なことを言って、この人を汚したくない」と、相手のことを神聖視しちゃうところがあったりするから。でも、そこはちょっとだけ流れを変えて、この時期は「よいと思った点、すごいと思った点を口に出して伝える」ことをやってほしいのです。そうすると、お互いに励まし合う、共同戦線を築く関係になりやすいです。また、2021年上半期の恋愛面でひとつだけ注意したいことがあって、この時期のあなたはかなり忙しくなりそうなのです。だからこそ、自分のパートナーとか縁が深くなっている人に「一言で意思の疎通ができる人」を求めすぎてしまうところがあります。「あー、これわかってくれないのか、もう」と、イライラも油断すると出てきちゃいます。だから、できる範囲でいいので、あなたが言ったことに対して相手がちょっとピンときていないような場面に出合ったら、「あー、なるほど。そのことについてはね」と、説明する姿勢を持つように意識してみてください。

月ごとのアドバイス

1
絶対正月ごっこ
2
「これが実現したらすごく面白いね」
3
大いなる攻め時。予測を覆していく
4
落ち着きと、人の力と
5
静けさと激しさ
6
私はね、しつこいんだよ

★マークのついた⽉はラッキー⽉です。

January 1月
1月のオーラ
蠍座

絶対正月ごっこ。

「絶対正月ごっこ」のベージュが出ています。まず、この1月のあなたはタイトルにあるように絶対にお正月ごっこをしてほしいのです。できれば、年内のうちに鏡餅を買っておいて、お雑煮とかを食べたり、お汁粉を作ってみたり。抱負なんかも友達と言い合ってみたり。どうしてかというと、この1月は蠍座にとって「後退か、前進か」という、これ以後に続く、静かなターニングポイントであったりします。この時期、去年の疲れもあってちょっとだけ不安を持ちやすいです。自分を防御する姿勢から「あんまりいろいろなことに期待しないでおこう」と心が閉じこもりやすい。でも、あえて言わせてください。今は、前進あるのみです。それで、自分を盛り上げていくために「絶対正月ごっこ」という祭事は必要なのです。この時期、全部が片づかなくても、全部に見通しなんて立てられなくても大丈夫ですからね。焦る気持ちを抑えて、楽しめるところから楽しんでみて。

February 2月
2月のオーラ
蠍座

「これが実現したらすごく面白いね」

「これが実現したらすごく面白いね」のオレンジが出ています。2月の蠍座はかなり具体的に自分の周囲の環境が動き出して、それに伴う心配なんかも当然出てきます。ただ、同時に「これが実現したらすごく面白いね」とか「あたたかくなってきたらピクニックにいこう」とか、顔を合わせて「未来への約束」などをして、その“約束”があなたの意志を強くしていってくれるのです。また、この時期の蠍座は新しい技能を覚えるとか、「今までの自分ではやったことがなかった、具体的なチャレンジ」も始まっていきやすいです。あわてずに、ひとつひとつ勉強していく期間だと思ってください。今、あなたはいろいろな芽を育てている段階です。様子を見なければ答えが出てこないことなどもあるから、大丈夫なので、「ちょっと時間をかけながらやってみよう」とつぶやいてください。あと、この2月は奇縁とか、不思議な運命に出合いやすいです。できれば、机の周りなどをきれいに整頓しておいてください。

March 3月
3月のオーラ
蠍座

大いなる攻め時。予測を覆していく。

「大いなる攻め時。予測を覆していく」の黄色が出ています。まず、この3月に入った際の蠍座は「自分のペース」をしっかりと築いていけます。2021年の上半期はどうしても「変革の時」だから、いろいろと不慣れなこととか、「大丈夫かな」と思ってしまうことがここまで多かったのですが、この時期に「あ、大丈夫そう」とコツをつかんでいく感じなのです。状況が整理されていくし、あなた自身が「これはできる!」「これは難しい!」と、瞬時の判断ができやすくなっていきます。あと、この時期にようやくあなたは「多少、気を緩ませることができる」感じなのです。「他人と分かり合うこと。センスを共有すること、一緒に乗り越えてきたこと」など、ここまででもかなり濃い時間をすごします。やってみたことが「予測を越えて面白くなっていきそう」と追い風を受けるときだから、バシバシ攻めていってください。

April 4月
4月のオーラ
蠍座

落ち着きと、人の力と。

「落ち着きと、人の力と」の緑が出ています。4月になると、バタバタした状況が落ち着き、あなたの中でだいぶ「やるべきこと」と「今はやらなくてもいいこと」の整理がついて、ほっと一段落ついていきます。この4月には大きな動きがふたつあって、ひとつは、「一緒に頑張ってきた人が、いつの間にか家族のような存在になっていく」ことです。だから、オフィシャルな感じで、懇親会などで「お疲れさま」と言い合うとか、「一緒に休日を過ごす」とか、そういう関係が心地よくなっていったりします。あともうひとつは、この時期のあなたは「頑張るべきところ」と「ちょっと手を抜いても大丈夫なところ(=安心できるところ)」の選別がハッキリしてくるので、もしできたら、ちょっと一息ついたり、自分なりのリフレッシュの休養なども取ってみてください。癒されて、回復していくときだから。また、この時期は積極的に人の力を借りてください。ちょっとした相談とか、一段落ついたときに、これからのこととか。人との会話の中で、いろいろなアイデアとか喜びが生まれてきやすいです。

May 5月
5月のオーラ
蠍座

静けさと激しさ。

「静けさと激しさ」の赤が出ています。蠍座にはやっぱりすごく不思議なところがあって、あなたは「周りが騒がしくなったり、自分の置かれた状況が多少カオスになってくると、逆にすごく涼しい顔をして、淡々としてくる」みたいなところがあったりするのです。蠍座って、集中するときに「無」みたいな感じになります。ポーカーフェイスになって、「あ、はいはい。それやりますね」と言いつつ、後はもう自分の頭脳の勝負に持っていくから。そして、この5月に関して、あなたには「もうちょっと完成度を高めたい」という気持ちが出てきます。それで、自分の目的に向かって突き進んでいく。この時期、ハッキリ言って「周りの反応」はあんまり見なくていいです。というのは、今のあなたが出すトップスピードに、周りが理解を示せなかったりするから。今は自分を信じてガンガン前へ出ていくとき。「私が面白いからやってる。それだけ!」とか、シンプルな形で爆走してください。

June 6月
6月のオーラ
蠍座

私はね、しつこいんだよ。

「私はね、しつこいんだよ」のピンクが出ています。まず、6月のあなたはどこかで「ブレーキを気にしている」ところがあります。自分が「やりすぎているんじゃないか」と思ってしまったりもするから。もちろん、反省がゼロでいいとは言わないのですが、2021年上半期のあなたは「先行者」です。だから、暴走はしてください。そして、この6月も含めてそうなのですが、2021年上半期のあなたに、「潔さ」なんてなくていいのです。しつこく、粘って、次の一手を考えていく。今、新しい土台と夢をつくっているときだから、何回も、何回も、自分を立て直してチャレンジしていく必要があります。「私はね、一度自分がやると決めたらしつこいの。もっといい景色が見られる予感があったら、諦めないの。だから、力を貸して。誰かがやらなきゃ、世界が盛り上がっていかないじゃん」と言ってみてください。夢の先行者。今のあなたはすごく素敵です。

しいたけ.からの
魔法のメッセージ

本当に不思議なのですが、蠍座は「熱中と俯瞰(ふかん)」というふたつの極端なモードを同時に持っています。自分が熱狂したり、熱中したりしているんだけど、一方でものすごくそれを冷静に眺めている自分がいる。そして、そんな特殊能力を持つあなたみたいな人が、おそらく時代を切り開いていくのだと思います。蠍座は「これだけ多くの人たちがいる中で、私みたいなバカがいてもいい。だって、そっちのほうが世の中も面白くなるでしょ?」と、獣道を行って冷や汗をかくことに、喜びを感じてしまうような変な人なのです(笑)。あなたを中心にして、今まで何もなかった場所に「遊園地を建てちゃう」くらいの偉業を成し遂げてしまったりもする。今の世の中、あなたの「バカパワー」が必要なのです。だって、自分は頭がいいと思っている人は、他人のやり方の批判ばかりしているから。「つべこべ言ってないで私を見てろ。でも、間違っていたら教えてね」。2021年の上半期、究極の、激しいツンデレになっていってください。みんな、あなたについていきたいから。

しいたけ.

SHIITAKE LIVE CHATしいたけ.さんが登場!
SHIITAKE LIVEを
お見逃しなく。

しいたけ占い2021年上半期公開を記念して、占い師しいたけ.さんが12星座別のLIVEを インスタグラムとツイッターで同時開催。星座別にお悩みや質問も募集中なので、ぜひ参加して! 詳細はこちら