VOGUE GIRL LINE Twitter Facebook Pinterest Instagram mail
牡羊座

牡羊座のみなさんへ
2021年上半期、牡羊座は
「最強のスピード感。
霧がすべて晴れ、
何をすべきかが見えてくる」

皆さんこんにちは。しいたけ.です。今、2020年という年があとわずかの時間になって、それぞれの方がこの2021年の上半期占いを読んでくださっていることをうれしく想像しながら(紅茶とか飲んでるのかな、とか想像しながら)、この文を書いています。いよいよ2021年が近づいてきましたね! 今年は特に、「年が明ける瞬間」を待ち望んでいる人は多いと思いますし、2021年はそれぞれの人が、「それぞれの夜明け」を迎えていきます。そして、その夜明けが早い人もいれば、手間取ってしまう人もいらっしゃると思います。今回、いつもよりも何倍も気合いを入れて、各星座の「夜明け」について書きました。もしよければ、自分のペースで読んでみてください。とりあえず、これまで激動の2020年を駆け抜け、本当にお疲れさまでした。皆さまの夜明けと、よい年を迎えられますよう、心よりお祈り申し上げます。いつも本当にありがとうございます。

2020年12月 しいたけ.

2021年上半期の運勢は?

早く暴れたいぜ。

牡羊座

2021年上半期の牡羊座は「最強のスピード感」を表す金色が出ています。2021年上半期の牡羊座はかなり濃く、「2020年とのセット」という年回りになってくるのです。2020年が前半で、2021年が後半。「2020年ではいろいろな壁にぶつかり、そして、2021年に霧が晴れていくような感覚」を強く覚えていきます。あなたがやってきたこと、感じてきたこと、そして、もがいてきたことは決して無駄ではなく、近年稀に見るスピード感と成果を手に入れていくのです。だからまずは、本当にお疲れ様でした。2021年の上半期のあなたは霧が晴れ、稲妻のように速く動いていきます。そして、目だちます(笑)。「早く暴れたいぜ」とつぶやいて、まずは2021年の幕開けを祝ってみてください。

最強のスピード感。

2021年上半期であなたが手に入れていくものは「最強のスピード感」です。まず、この「スピード感」について説明させてください。2021年上半期のあなたは

 
  • ・自分が今何をすべきかが瞬時にわかる。
  • ・目標や夢を叶えていくために、行動からかなりの無駄を排していくことができる。
  • ・人から信用され、必要とされることでさらにパフォーマンスが上がっていく。

というフェーズに入っていきます。しかも、それらひとつひとつを「ゆっくり」やっていくわけではなくて瞬時に、一瞬で手に入れていっちゃう。展開がかなりスピーディーになるのです。

なぜあなたの2021年上半期のスピード感が最強になるのか。ここでひとつ、話をしたいのですが、「幸運に乗る」ということと「勘(あるいは直感)」は切っても切れない関係にあります。想像してほしいのですが、めまぐるしくいろいろなものを手に入れていく人って、やっぱり判断が速いのです。「あ、やります!」とか「あ、やらないです」とか。後者の「やらないです」の中には「もったいない話」とかもあったりします。でも、それをやることで得られる報酬がなぜかしっくりこない。自分の景色が新しく広がっていく気がしない。

2021年上半期の牡羊座は、基本的なことはすべて「勘」で判断していきます。

この時期のあなたはかなり強く脱皮していきます。見違える程自己表現がうまくなります。他人の期待にも応えていきます。

どうしてあなた自身、そして、あなたが持っている運に「覚醒」のような出来事が起きてくるのか。それは、「2020年にあった苦しさ」と無関係ではありません。

2020年にあった苦しさ。

なぜ今のあなたは「自分が何をすべきかがわかり」「無駄を排していくこと」ができてきているのか。それは、2020年にさかのぼるのですが、この時期のあなたは「自分が出していく結果」の追求はもちろん、もうひとつ大きなテーマとして、

「自分は何者なのか」

についてのかなり深い追求があったのです。

一回そこで、牡羊座は立ち止まることにしました。

2020年のあなたはどうしても、自分に流れている時間をストップして

「自分は何者なのか」

を追求しなければいけなかった。

ちょっと激しい言い方をすると、2020年における牡羊座は「自分の前に差し出された“一般常識的に、やるべきこととされていること”を一旦受け取るのを拒絶した」ことがあったのです。

「毎日を頑張る」ってちょっとだけベルトコンベアーのようなところがあります。これは別にベルトコンベアーをディスっているわけではなくて(ベルトコンベアーは素晴らしい機械です)、“頑張る”って根本的に「はい、今日はこれやって」「はい、じゃあ次はこれやって」と、自分の意思とか、自分の信念とか、自分の想いとか、そういうこととは無関係に、多くの人々にとって「毎日やらなければいけないこと」は続いていく。そこをちょっと一回止めたかったのです。「私に期待されていることをそのままやるんじゃなくて、もっと言うと、ただ従順なだけじゃなくて、自分が何者であるかは自分で考えていきたいし、自分でつくっていきたい」と。

2020年についてはほかにも

  • ①今まで仲がよかった人同士でも「それぞれの道や未来へ進んでいくタイミング」が訪れ、距離ができた
  • ②意見が合う人と、合わない人の差が激しいものになった
  • ③指示を待つよりも、自分なりにやってみたい行動やつくっていきたい未来をちゃんと追求したいと思った

それが今にも続く牡羊座の中から生まれた変化であって、「周りの人との距離感の再編成」が2020年から2021年にかけて大きく行われていったのです。だから、2020年の牡羊座ははっきりとした「拒絶と衝突」も多かったと思います。丸め込まれることを嫌がったのです。自分に嘘はつきたくないし、自分の考えを通していくリスクも背負いたい。周りを少し傷つけてしまうこともあるかも知れないけど、「自分」を出したかった。

あなたの胸に強くあったもの。それは「独立」です。距離感ができることは決して悪いことではなくて、今までは「一緒に考えよう、話し合おう」としていたことに、少しの距離感が生まれて「少し離れて、リスペクトをしながら刺激を受け合う。そして、強く引き合うところはしっかりと引き合う」という独特の距離感が2021年の上半期にも継続してつくられていくのです。

プロ同士の距離感。

2021年上半期の牡羊座は、あらゆる人間関係が「プロ同士の距離感」になっていきます。

プロ同士の距離感というのは「必要とし合うときは熱量高く、議論なんかも含めて真剣にぶつかり合っていく。それと同時に、お互いの作業をしたいときは、ある程度“放っておく”というスタイルを取ること」なのです。

こう書くと「寂しさ」を感じる方もいらっしゃると思うのですが、むしろ、あなたが2021年に迎える「主要な人間関係」は、2020年のうちに「衝突し合って、喧嘩もできるけど、より分かり合える関係」になっていきます。「分かり合える」とは、気持ちや心情の理解だけではなくて、「任せられる」「好きにやりなとお互いに言える」関係が築かれてきているのです。また、この時期に新規に出会う人に対しても、お互いに「まぁまぁ言いたいことが伝え合える。それで切磋琢磨できる」という関係に恵まれていきます。

何よりも、あなたが2020年に経験した「突っ走りと衝突」があったおかげで、あなた自身が「もういいかな」と、攻撃性の部分や、自分が頑固になった部分についても「自分なりの納め方」ができていくのです。

ちょっとしたテクニックなのですが、嫌いな人、苦手な人、尊敬できない人、「何考えてるんだ、この人」と思ってしまう人に会うときや見たときには、心の中で「いやぁ、さすが○○先生」と言ってみてください。これは「心の中で持ち上げる」という奥義で、これをすると、対等な立場で敵対しないで済むし、何となく相手の愛嬌とか「わずかに尊敬できる点」も公平に見ていくことができるのです。

  • ・相手を批判していく以上は、相手をわずかでもリスペクトをしていないと、それがずっと敵意として残る

それをちょっと頭の片隅に残しておいてください。2021年上半期は「許す気持ち」とか「距離を縮める気持ち」がないと、ムキになりすぎてすごく距離が生まれてしまう可能性もある年だから。

プロとして。

「突っ走りと衝突」の経験を経て、2021年の牡羊座はかなり強く「結果」にこだわるようになっていきます。ここまで書いてきたように、2020年の段階である程度「自分は何者なのか」についてちゃんと向き合ってきたからこそ、2021年の牡羊座は「プロとして、一歩後ろに下がって協力していく姿勢」を持つことができていきます。

この時期はあなた自身が「自分には何が求められているのか」「今、どういう返答をするともっと周りを盛り立てられるか」とか、“一歩後ろに下がってから見る視線”を身につけていくことができます。たとえば、「この人の回答はちょっとズレているんだよなぁ」と感じたとしても「あ、この人が積極的に自分の意見を言うのはめずらしいな。すごいな」というほうを大事にすることができる。

何度も言いますが、2021年上半期の牡羊座はあらゆる場面で「プロ」であることができるようになってくるし、プロとしての立場を確立していけるのです。

実は、プロってただ「経験値が豊か」「いろいろな修羅場を越えてきた」「鋭い視点を持っている」とか、それだけじゃないのです。そうじゃなくて、「また会いたい」と思われる人がプロなのです。「あの人に会うと、誰にも言ってもらえなかった点を気づいてもらえて、指摘してもらえる」とか。相手に“飴”を与えて喜ばせるのは小細工です。でも、“相手をリスペクトして、よい点を指摘する。その結果、自分が関わるもの全体の士気が上がっていく”そういう仕事をするのがプロです。

会う人の居場所になっていく。

あなたはこれまでちゃんと「立ち止まり」も経験してきました。自分の「居場所」についても深く考えました。衝突もしてきました。

その結果、あなたが今、自分の新しい居場所として選んでいるところ。

それは「一緒に頑張っていこう」という掛け声のあるところです。

つまり、あなたが会う人に勇気を与えるような人になっていくのです。求めるのではなくて、与える側の人になっていく。

2021年上半期の牡羊座は、さまざまな場面で「あなたのような人がいてくれてよかった」と感謝されていきます。その理由は、あなた自身が相手のことを真剣に理解しようとするし、リスペクトする気持ちを持っているから。人間関係で「ただ何かを受け取る姿勢」ではなくて、自分から貢献していく気持ちがあるから。

あなたは、そこにいるだけで周りを明るくすることができる人です。幸せな気持ちにさせることもできます。「私を見て!」と注目を集めることもできます。だから、あなたらしく、2021年の上半期も暴れていってください。

仕事運はどうなる?

「一歩後ろに下がる」。
プロとしての仕事。

2021年上半期の仕事面でのあなたのテーマは「一歩後ろに下がる」になります。これは別に消極性を表す言葉ではなくて、むしろ逆で、「周りが求める要望に徹底的に応えることでチャンスをつかんでいく」動きがかなり強くあるのです。

2021年もそうなのですが、実は2018年から数えると4年ぐらい、牡羊座は新しい武器を手に入れようとしています。それは「裏方」の動きなのです。イメージとして牡羊座は「自分が目立ってナンボ」というところはあるのですが、あなたは「全体を盛り上げていくために私ができることは何かな」と、監督とかプロデューサーとか、シナリオづくりとか、そちら側の視点を強く持つようになってきているのです。

もしよければ、仕事面において以下の3つの返答ができるように訓練しておいてください。

  • ①できるのか。できないのか。できないとしたら、どう難しいのか。時期なのか、視点なのか、もっとほかの要因なのか
  • ②では、何だったらできそうなのか(思いつかなかったら無理に答えなくて大丈夫です)
  • ③相手のよいところはどこか(今回はお仕事を一緒にできないのですが、○○さんのよいところは△△ですよね。私いつもそこを尊敬しています)

そう、前の数字の中で実は③が一番重要なのですが、「仕事においてプロであることを求められる」って、相手のことを気持ちよくさせるのも大事な仕事なのです。これは別におべっかを使えとかじゃなくて、「相手に悪いことを伝えられる人」って、その条件として「相手のことをリスペクトする気持ち」を持っていなければいけないから。

恋愛運はどうなる?

ほっとできる関係。

2021年上半期の恋愛面でのあなたのテーマは「ほっとできる関係」です。この時期のあなたの恋愛観はすごく大きな変化があって、それは「まずは家族」なのです。これは2020年で「人と会えない」という大きな体験をしたと思うのですが、その影響で恋愛観でも「まずは一緒にいられる人」が大事になってきます。それで、ちょっと嫌がらずに聞いてもらいたいのですが、牡羊座は恋愛に対価を求めるところがあります。友達や後輩には優しい部分があるのに、恋愛においてちょっとあなたはビジネスちっくになる。「あ、2回目の失敗ですね。もうあなたとの取引きは終了させて頂きます」みたいな。自分が努力をしている時期に、相手が努力をしていないと思うとすごく冷めてしまう。

でも、恋愛面だけではないのですが、2021年上半期の牡羊座は「許そう」というやり方を取り入れようとしています。自分に対しても、他人に対してもただ厳しくしていくのではなくて、お互いがお互いにとって「ほっとできる相手」になろうと努力をする。

そのためのキーワードが「家族」なのです。

これは別に見ず知らずの他人となかよくしてとか、何でも打ち明けてとか、そういうことを求められているわけじゃなくて、「この人にも家族がいるんだろうな」と思ったり、一緒に過ごすわずかな時間でも「まぁ、我々は家族みたいなもんですから」と心の中で言ってみる。そうすると、相手に「ここにいていいよ」という居心地のよさと許しをプレゼントできるから。

競争とか、戦わなければいけないところは戦う。そして、自分の意見も言う。でも、その後にちゃんと許し合うのが、あなたが2021年上半期で目指している恋愛関係です。

許す、謝る。謝らせることを重視しすぎない。

シンプルで難しいけど、踏ん張って実践してみてください。

月ごとのアドバイス

1
何が足りないのか気づく
2
明るい暴走
3
決断していく
4
新展開を迎えていく
5
一旦立ち止まって整理
6
ノリと希望

★マークのついた⽉はラッキー⽉です。

January 1月
1月のオーラ
牡羊座

何が足りないのか気づく。

「何が足りないのか気づく」のネイビーが出ています。この1月からもう結構大きな動きが牡羊座にはあって、まず、この時期のあなたは「自分に何が足りないのか、そして、どういうところを自分でもっと伸ばせるのか」、そういうことに真剣に向き合っていきます。それで、はじめにお伝えしたいのが、この1月は「つまずくこと」や「痛さを感じること」はOKだと思ってください。「痛いなぁ。もう少しできたなぁ。言われちゃったな。悔しいな」と、そうやって「気づく」ことで、すごく大きな成長や、後に繋がる成果を出していけるから。その上で、この時期のあなたは周りに支えられています。意識してほしいのが「他人から言われて自分が反省したところ」は直す努力をなるべくしてみてください。マイナスの穴埋めをしていって。そうすれば、褒めてもらったところ、自分で頑張りたいところはもっと伸ばしていけるから。

February 2月
2月のオーラ
牡羊座

明るい暴走。

「明るい暴走」のターコイズが出ています。今の牡羊座がすごいのが「押さえるところを押さえている」のです。テスト勉強とかでよく「要点を押さえるのがうまい子」がいるじゃないですか。今のあなたはそれなのです。今、あなたは自分を大事にしようとしています。自分が変なところで失敗をしてしまうと、ちゃんと自分に自信を持てなくなることをわかっているから。ちゃんと自分にできることを真剣に見ています。それで、もうひとつ、この時期のあなたが発揮していくのは「明るい暴走」です。牡羊座のすごいところは遊びでも仕事でも「はっはっは! やっちゃおうぜ!」と言って、自分も含めて周りにいる人たちも楽しく突撃させていくお祭り人間の部分があるのです。あなたがいると、なぜか「できるんじゃないか」と勇気が湧く。それなのに、この2月まで牡羊座はずっと真面目に「自分の成長と生産」に取り組んできた人も多いので、できたらこの時期に気晴らしなどもしてみてください。

March 3月
3月のオーラ
牡羊座

決断していく。

「決断」を表す黄色が出ています。この3月の牡羊座の最大の特徴として「未来に向けて方針とか、進路とか、そういうことを具体的に選択していく」という流れがあることです。つまり、よくあるような「AかBかのどちらかを選ぶ」というようなことも出てきます。ただ、プレッシャーはかかるかもしれないのですが、「何を選ぶのが正解なのか」という話ではなくて、あくまでも「具体的に次にどうやっていくかを決めていく。今いる地点から次へ向かおうとしている」ことなので、ちゃんといろいろなことが前向きに繋がっていくから大丈夫です。ただ、この時期に「自分が何をしたいかを選ばない」ということはできないので、「自分はどうしたいか。何をしたいのか」を考えておくことは大事なことです。そして、この時期は「いろいろな世界からの歓迎の扉が開く」という流れがあるので、あなた自身も出会う人や世界の好きになれるポイントを探すなどの行動をしていくことになります。

April 4月
4月のオーラ
牡羊座

新展開を迎えていく。

「新展開を迎えていく」の青が出ています。4月の牡羊座は本当にさまざまな場面で「新展開」を迎えていきます。今まで当たり前に起きていたことがガラッとその姿を変えて、ディスプレイがすべて一新されていくような感覚を覚えます。それで、この時期は正直「ついていくだけ」でよかったりするので、基本的には「流れに身を任せる」という感じで大丈夫。手をつけなければいけないこととか、新しく対応していくことが多くなって、時間の進み方も速くなります。ただ、この時期の乗り越え方として、計画的であることも大事かもしれないけど、どちらかというと、3月ぐらいからあなたに強く出てきている「はっはっは! 大丈夫! 何とかなる。やってみたいし!」という、“明るい暴走パワー”に乗って行っちゃうほうがあなたらしくて素敵です。

May 5月
5月のオーラ
牡羊座

一旦立ち止まって整理。

「一旦立ち止まって整理」の紫が出ています。5月の牡羊座は「予定や方針の整理」が必要になってくるタイミングにあたります。この時期はいろいろな分野で「予定の変更」などが起きてきやすいです。なので、「この時期からスタートしようと思っていたことが少し延期になった」「内容の変更が起こる」など、そういうことが出てくるので、「あー、はいはい」という感じで“流しながら”対応してみてください。2021年の牡羊座は立ち止まる必要がないです。「これができなきゃ、違うことをやるだけ」といろいろな引き出しを用意していけるから。また、この時期は自分にとって「助けてあげなきゃいけない人」などが出てきたりします。もしよければ相談に乗ってあげたり、話を聞いてあげたりしてみてください。

June 6月
6月のオーラ
牡羊座

ノリと希望。

「ノリと希望」の金色が出ています。6月の牡羊座のすごいところは「ストイックに拍車がかかる」動きが出てくるのです。2021年のあなたがやっていくことは、お仕事でも、プライベートでも「あ、私これをもっと極めたい!」と、楽しみながらストイックモードに入っていく流れがすごくあるのです。この時期の「周りがどうあろうと、私は私」という“強い自分”を持つあなたには共感が集まりやすいし、同じような美意識を持つ同志も集まりやすい。その上で、この6月のあなたは“明るい暴走パワー”がクライマックスを迎えていきます。「なんかいろいろノリでよくない? 私がやりたいからやるんだよ」と、いわゆる慈善の行動も増えていきます。あなたがいる場所に明るさが入ってくるし、また、具体的にもあなたはこの時期「代替案(だいたいあん)のスペシャリスト」になって頼りにされます。「あ、それはできない? じゃあさ、これはどう?」と代わりになるものをすぐに用意できて、周りから頼りにされていきます。

しいたけ.からの
魔法のメッセージ

やっぱり書いていて思ったのが、牡羊座にとっての2020年の「立ち止まり」の体験はすごく大きいものになったと思います。いい子であることをやめた。そして、牡羊座の原点である「自分の部屋」に戻った。

ほかの人にとってみたら「ガラクタ」と思われるものを、あなたはずっと大切にしていき、それを「自分のセンス」という宝物に変えていくことができます。あなたは、外見の凛々しさとは逆に、内面にはたくさんのガラクタを愛せるようなところがあります。

もう、「自分は何者であるか」の問いに対して、ひとつのけじめとか覚悟がついたと思います。あとは証明していくだけ。そして、貢献をしていくだけ。「楽しいものは楽しい。美しいものは美しい。そして、許せんもんは許せん。だから戦う。そして、許していく努力もしていく」。あなたにしかできない生き方を2021年になってもしていってください!

しいたけ.

SHIITAKE LIVE CHATしいたけ.さんが登場!
SHIITAKE LIVEを
お見逃しなく。

しいたけ占い2021年上半期公開を記念して、占い師しいたけ.さんが12星座別のLIVEを インスタグラムとツイッターで同時開催。星座別にお悩みや質問も募集中なので、ぜひ参加して! 詳細はこちら