VOGUE GIRL LINE Twitter Facebook Pinterest Instagram mail
魚座

魚座のみなさんへ
2020年下半期、魚座は
「楽しみだった夏休みを
取り戻すための戦いの始まり。
さぁ、やるよ!」

みなさん、こんにちは。しいたけ.です。

今回、2020年の下半期占いを書いてみて、ちょっとほっとした部分がありました。というのは、この先順々ですが、「楽しみとバカンスはちゃんと戻ってくる」と感じたからです。そして、多くの人には、想像を超えた「しぶとさ」もちゃんとありました。もちろんいい意味ですよ。その上で今回は「12星座ごとの、新しい道への繋げ方」を中心に書きました。

もうひとつ話をさせてください。僕は占い師として、これまでいろいろな人の「挫折」の話を聞いてきました。挫折って、時間が停止することなのです。「今までの自分のやり方が通用しなくなった」とか、または、失恋のように「好きな人にフラれてしまった」とか。時間が停止すること、立ち止まることは苦しいです。でも、「停止」をした後の人が引き起こした、数々の「未来への爆発力」も、この目で見てきました。

2020年下半期は、喪失感や悲しみを、未来をつくり出していく馬力へと変換していくときだと思います。もちろん、自分のペースで大丈夫ですし、人と人との協力はかかせません。少しずつ、爆発力を起動していきましょう。今できることも、近い未来に再び迎える展開も、これから目にしていく世界は、全部宝物になっていくから。

2020年下半期の運勢は?

「ちょっと山まで」。

魚座

2020年下半期の魚座は「私は自分の秘密基地がほしい」を表すエメラルド色が出ています。

2020年下半期の魚座は、かなり強く「独立」という動きが出てきます。これは別に急に今までお世話になっていた場所に辞表を叩きつけるとかではなくて、「仕事の合間に山に行って、ひとりで小屋(秘密基地)をつくっていきたい」感覚が強くなっていくのです。時間ができると、「いや、ちょっと山まで」と言って出かけていくような感覚。誰かの命令に従わなくなるとかじゃなくて、新しい正解をつくっていかなければいけない時代になったからこそ、「そこにいて、誰かが指示を与えてくれるのを待っている」という時間がとても無駄に思えてきているのです。魚座は直感的に見えてかなり合理的なのです。「あ、もうこれは待っても無駄だ。じゃあ、自分なりに独立した時間を持って、自由研究という形でつくっていっちゃおう」としている。真剣に、遊びながら、これからの正解をつくっていく。魚座にとっての激動の2020年下半期が始まりました。

魚座に強くあったセミリタイア感覚。

2020年下半期の魚座は、ほかの人とまったく違う強みを持っていて、すでにあなたは2019年から強く「セミリタイア感覚」を持ってここまで来ているのです。時期的な話をしたいのですが、あなたは2019年の終わりまでに「これまで無我夢中で頑張ってきたこと」の看板を一旦降ろしたいと思ったのです。

あなたがこれまで頑張ってきたことは「自分の修行」でもあったし、「自分を必要としてくれる人のため」でもありました。その上で、2020年の上半期ぐらいからセミリタイア期にあなたは入っています。どこかで、あなたの中で「もう、ひとつのことはやり切った」という感覚があったはずです。そして、セミリタイア期に入ってからこそが、あなたの強さが猛然と出てきているのです。

2020年の上半期からは、あなたは「何を脇にどけて、何を大切にして生きていきたいか」と、自分の人生の長期的な再設計を考え始めています。たとえば、今まであなたがやってきたことが「ごはん屋さん」だったら、「そのごはん屋さんでお花を売ったらもっと面白いんじゃないか」とか、そういうことを考え始めてきているのです。もちろん、「ごはん屋さんでお花を売る」などは、ある人たちが聞いたら「ナンセンスだよ」と否定されるでしょうし、場合によっては怒られます。でも、あなたは2020年に入ってから「ナンセンスこそが面白いんじゃん」と考え、自分なりの実験を重ねてきているのです。「みんながやっているように生きる必要なんてどこにもない。私はもっと面白いことがしたい。もっともっといろいろなことを学んで、不必要なものなんかは整理しちゃって、私にしかできないことをやっていきたい」と強く願ってきたのです。あなたの精神年齢は今、大体17歳ぐらいになっています。やっと高校生活を終えて、自由にいろいろなことを考えてもいい時期に達した感じなのです。

そう、あなたはもうすでに「自分にとっての新しい生活スタイル」を独自に考えてきたのです。

共存という考え方。

2020年下半期に入って、あなたは「がむしゃらに頑張って、誰かに認められる」という生き方からは少し距離を取ろうとしています。もうちょっと何か、大胆なことを言うと「好きにやっちゃおう」という気持ちが強まっているのです。

2020年下半期から、あなたの中で大きなキーワードになっていくのが「共存」という言葉です。

あなたは今、結構本気で、「自分をすり減らして、週6で働く生き方じゃなくて、週4日働いて、週の3日は趣味など、そして、これからの自分の人生の可能性を育てるための投資の時間にしたい」と考えているようなところがあるのです。

もう一度復学して本格的に勉強し直したいという気持ちがあったり、都会暮らしの人は、ちょっと足を延ばしてキャンプをしたりしたいとか、そのような願望が強く出てきているのです。すごく極端なことを言うと、あなたは人生が終わるまでに「結局誰かと権力争いだけしていた」とか、そういう狭い世界でのことだけを経験するんじゃなくて「いやぁ、こういう世界やこういう時間もあって素晴らしかった」という感想を集めていきたいのです。

幸せに生きていくためには「自分との共存」も必要。だから、自分にとって「苦手なシステム」は極力減らし、その上で「自分の強さ」を見つめ、それを社会貢献の道具としてちゃんとこれから先も磨き、自分の好奇心や投資の時間も持つ。それがあなたの考える「共存」なのです。

折りしも、2020年は大きな社会変革の年になりました。生き方や、暮らし方が変わっていくとき。でも、あなたはもうすでに「新しい生活スタイル」を実験的に考え続け、そして、実践し始めているから、そこまで強く悩まずに、「前から考えていましたよ」と爽やかに笑っているのです。今、自分に先見の明があったことを褒めてあげてください。

大人の自由研究。

2020年下半期の魚座は「自分の新しい生活スタイルを築いていく実験」をかなり本格的にやっていきます。その上で、「何をしたらいいのかわからない」という人ももちろんいらっしゃると思うのです。それなら、以下の設問を自分にしてみてください。

「1週間の中で、もう1日休みが取れるなら何の活動をするか」

と。

この設問は結構有効性があって、たとえば「休みの日に何をしたいか?」と聞かれると、「寝ていたい」とか、自分を回復させる方向の答えが出やすいのです。でも、架空の話なのですが「あと1日、自由に動ける日があったら?」と想像してみると、結構自分の中で「そういえばやたら山菜に興味がある」とか、そういう「自由研究」の枠が広がっていくのです。

あなたにとっての「新しい生活スタイル」とは、まずはじめは「自己満足の研究から」でいいと思います。闇雲にすぐに仕事にしようとすると、そこで競争が生じてしまったり、誰か熱が高い人の影響で自分も始めなきゃと急かされたりして、ちょっと違う方向に行ってしまうこともあるから。

あなたにとって大事になるのは、大人の自由研究なのです。

みんなで広げよう、ナンセンスの輪。

ちょっとだけ真面目な話になってしまうのですが、今、これから先の世界でいちばん必要とされていくのは「新しい形の知のあり方」になってくると思います。「こういうやり方があってもいいんじゃないか」「こういう働き方があってもいいんじゃないか」とか、それが今はナンセンスでも、そのような構想を考えていく「知」が2020年からかなり強く求められています。もちろん、現実と空想は違います。新しさを実現していくためには、途方もない労力と、途方もない実験が必要になります。でも、0を1にしないことには何も始まらない。

今の魚座は「新しい知のあり方」について一歩先に進んでいます。どうしてかというと、「古いやり方はちょうど壊そうと思ってまして」と、すでに先に進もうとしていたし、あなたは「ナンセンス」とされているものを扱うのが大得意だからです。ぜひ、「ナンセンス」とされているような、立派な人には怒られるような考え方を持ち、それを広げていってほしいのです。

そのために、2020年下半期に「自由研究の輪」をつくってみてください。自分が発見したことを報告し合うような、なんか立派なものじゃなくて井戸端会議みたいなものでもいいです。そこで「1週間の中であと1日自由に動けることがあったら、何をするか」について、実際にあなたがやってみたことを報告していってほしいのです。いきなり仕事で面白い企画を考えるというよりは、まずはプライベートであなたが実験とか「○○をしてみた」という試みに身を投じてみる。

今、動画メディアが発達して、それぞれの人たちが「○○をしてみた」という発表ができるようになってきました。もちろん、それでいきなり「ごはんを食べていく」というのは特殊な努力と技術が必要になると思います。でも、動画メディアが広げ、貢献してくれたもののひとつとして「自分でつくるものは、下手でもなんでもみんなオリジナルで面白い」という発見があったことなのです。手づくりの世界を、ぜひやってみてください。

楽しみだった夏休みを
取り戻していくために。

何万回も言われてきている話で恐縮なのですが、今、世界は大きく傷ついてしまった面があります。もちろん、それに対する修復の道に我々はいるし、協力をし合わなければいけない時間を生きています。

その上で、今、この世界に生きている人たちにとって心の底からわかったものは「なくしちゃいけないもの」があることなのです。それぞれの人の心の核の中に、「なくしちゃいけないもの」がある。生活の中で何気なく会っていた人もそうだし、夏休みに楽しみにしていたイベントなどもそうだし、大変な仕事を終えた後に、ごはんを食べに行くこともそうです。

今の魚座の強いところは、必要以上に悲観的にはならない性格を持っていることなのです。あなたは変なところで肝が据わっているところがあるし、また、合理的なところがあります。

だから、あなたにとっても「なくしちゃいけないもの」を守っていくための戦いは始まっていくのですが、同時に「変わっていく世界」に対して、何割かの、「新しいリニューアルオープン」に向けての楽しみも出てきています。

2020年下半期は「何をしなければいけないのか」と悩むよりも、「私にとって何をなくしちゃいけないのか」を改めて発見してみて、その上で「さて、何をしていこう」という感覚を持ってみてください。注意したいのが、「何をしなければいけないか」という問いかけは、心が止まってしまうということです。この言葉自体に、誰かの指示を待つという性質も含まれてしまうから。でも、「さて、何をしていこう」という問いかけは、心を動かしていく言葉なのです。

もちろん、疲れているときに動き出さなくても大丈夫です。

あなたはもはや、止まっていることに飽きてきています。だから、動いていく。変えていく。そして、「なくしちゃいけないもの」を守っていく。全部が試みだと思ってください。自分にとって「楽しみだった夏休み」を取り戻していくために、あなたは戦います。チャレンジします。そして、仲間を求めます。

あなたと同じ気持ちの人は何人もいます。だから、励まし合いながら前へと進んでいってください。楽しみだった夏休みを取り戻していくために、あなたは戦っていきます。だから、みんなにも手伝ってもらって、さっさと新しい世界をつくっていきましょう。さぁ、やるよ! あなたならできるから!

仕事運はどうなる?

スタイルを持つ人になる。

2020年下半期の仕事面でのあなたのテーマは「スタイルを持つ人になる」です。ここまでも述べてきたように、今の世の中は「新しい生活スタイルに向けて変革していく第一歩」が始まっています。それはお役所的な命題ではなくて、どこにもまだ正解がなく、模索していく第一歩です。今の魚座の仕事面で大事なことは「自分のことだけの5年先を想像してみて、理想とする新しい生活スタイル」を築いていくことです。これは別に「自分勝手に生きてください」と言っているわけではなくて、今、社会の5年後を予測することは誰にもできないです。これから生まれていくものがとても多くなっていくから。だからこそ、「4年後には都会を離れて暮らしたい」とか、あなただけの生活スタイルを築いていくために、具体的に勉強をしていくときなのです。もしよければ、家庭菜園など、そのときそのときでできる範囲の小さいスペースで「共存」や「創作」ができる世界を持ってみてください。この2020年下半期は、仕事でもプライベートでも「投資」のような感覚を持ち、何に関わり、何を育てていきたいかを決めていく大事な時間になっていきます。

恋愛運はどうなる?

小さな生きがいが引き寄せる縁。

2020年下半期の恋愛面でのあなたのテーマは「小さな生きがいが引き寄せる縁」です。2020年の下半期は、あなたはいろいろなことに対してかなり根本的なところから考えていきます。「私にとって他人とはどういう存在なのか」「週に何回会うのがベストなのか」など、そのようなことを考えていき、最終的には「共存」について考えていきます。

この時期のあなたの恋愛面は「将来に向かって、投資をしていく」という面とすごく重なります。つまり、自分なりの「新しい生活スタイル」を考えて、そこに向かって実際に動いていくとき。その活動の中で「実は僕は家に帰ったらベランダで野菜を育てている」といった、みんなの「密かな楽しみや生きがい」の話を聞いていくことがとても多くなります。

人が社会の中で生きて、ある程度「まっとうですよ」とか「ちゃんとやっていますよ」という仮面を身につけている裏側には「私にしかわからない、小さな生きがい」を持ってバランスを保っているところがあります。2020年下半期の恋愛面では、この「小さな生きがい」があなたと誰かの縁を取り持つキューピッドになっていきます。激動の中での小さな憩いが増えてきて、「もしよければ1時間だけ会おうよ」とか、そういう誘いも増えていきます。

「仕事が終わった後に、目についた雑誌をパラパラ読む時間」とか、そういう「小さな生きがいとか憩いの時間」を大事にしてみてください。その気持ちの小さな余裕が、あなたの恋愛運を上げていってくれるものになるから。

月ごとのアドバイス

7
情報じゃなくて、人の表情。
8
自由研究の日々。
9
誰かの助っ人になる。休暇も必要。
10
波を起こしている。
11
いちばん難しいと思うことをやっていったほうがいい。
12
新しい朝が来る。

★マークのついた⽉はラッキー⽉です。

July 7月
7月のオーラ
魚座

情報じゃなくて、人の表情。

「情報じゃなくて、人の表情」の黄色が出ています。これは2020年下半期全般にも言えることなのですが、あなたには何人かの自分の仲間の「表情」をよく見てほしいのです。それを指標にして「いける」「いけない」とか「波に乗っている」などを判断してほしいのです。たとえば、久しぶりに会った友達の表情や目に力強さがあったら、あなたも今その「力強さの波」に乗っていくようなときなのです。そして、この7月はあなたの周りでもいろいろなことが新しいシステムに入れ替わっていくときです。その上で、ネガティブな意味ではなくて、この時期のあなたには「代表して2つぐらいの大きな課題」が出てきます。それを強行突破するのではなくて、ちょっと待ってみてください。ほかのことをやりながら、待っていると自然に動いていくようになります。

August 8月
8月のオーラ
魚座

自由研究の日々。

「自由研究の日々」のオレンジ色が出ています。8月はあなたの周りの状況がかなり大きく動いていくようなときです。この時期の動きには「3割ぐらいは、予定の変更がある」ものです。対処法としては「動かせるものを、動かしておく」こと。今、立ち止まる必要はないし、動いていたほうがいいです。この時期のあなたはいろいろな欲とか、やりたいことが復活していきます。なので、もしよければ本文にも書いた「自由研究」をやってほしいし、週に1回は「特別な日」をつくって、いつも食べるものを少し豪華にしてみるなど、華やかさを添えてみてください。この時期のあなたには思いきり笑えるような出来事もたくさん起きてきます。だから、笑顔が最強の守護神だと思って、ゲラゲラ笑っていくこと。

September 9月
9月のオーラ
魚座

誰かの助っ人になる。
休暇も必要。

「誰かの助っ人になる。休暇も必要」のエメラルド色が出ています。9月には2つ大きな出来事が進行していきます。ひとつは、かなり具体的に新しい生活スタイルの第1歩が始まっていきます。だから、まずは「慣れること」をベースに動いていってほしいのです。失敗とかうまくいかないことも「こういうことが出てくるのか」とデータとして集めていくイメージで。順番通りにやっていけば大丈夫です。そして、もうひとつの動きが「お手伝い活動」です。この時期のあなたは誰かの助っ人になっていく流れがとても強くあります。少し、頭を休める時期でもあります。ここ最近のあなたはずっと「新しいことの実現」のために自分のエネルギーを割いてきたから、SNSなどからも数日間でも距離を取ってみて、それで、自然を眺めたり、ボーッとしたりするとき。「実現」には体力が必要だから、ミッションから離れる日もこの時期必要になります。

October 10月
10月のオーラ
魚座

波を起こしている。

「波を起こしている」の茶色が出ています。10月は「これまでやってきたこと」と「新規にやっていくこと」を両方並行してやっていく流れがあります。その上で、今のあなたは「波を起こしている最中」だと考えてほしいのです。新しくやり始めたことが定着していくように、試行錯誤をしながら頑張っている状態なのです。物事は、「波に乗る」までが結構体力を使います。コツコツとやっていく時期なのですが、よく相談し、もしよければ「何か手づくり」をしてほしいのです。お菓子とかでもいいです。手を動かすことで、違う脳の使い方をしていくと状況が打開できるから。無理はしないで、「今日はもう寝ちゃおう」という日もつくってみてください。

November 11月
11月のオーラ
魚座

いちばん難しいと思うことを
やっていったほうがいい。

「いちばん難しいと思うことをやっていったほうがいい」の紫が出ています。この時期のあなたにはとても不思議な運の流れがあって、たとえば誰かと雑談をしているときに「それ、私がやりたい!」とか、急に自分で何かをやってみたくなります。予期していなかったところで本命が入ってくる。それがこの11月の流れなのです。あなた自身が「今、いちばん難しいと思うこと」をやっていくのもいいです。本命から目をそらさないで。この時期の運はすべて「挙手制」だと思ってください。自分で手を挙げて、「やりたい」と宣言をしてはじめて手に入っていくようなものになります。リスクがあるかないかの予測を100%は立てられないけど、「そこに向かってやっていく」という姿勢を表していくことが大事になります。

December 12月
12月のオーラ
魚座

新しい朝が来る。

「新しい朝が来る」の赤が出ています。この12月の魚座はかなり流動的な状況の中で確かな地盤を固めていきます。「そこになくてはならない」という形であなたの存在が認められていくことも多いです。ただ、あなたはどこかで「ひとりであること」も大事にしたいと考えていきます。孤独を好むというよりは、「自分の安心感は、周囲からの評価ではなくて、自分が今どこに向かってチャレンジしようとしているかで得られる」と気づくからです。この時期の魚座はモテるというか、かなり必要とされて人気者になっていきます。12月は、結果ももちろん大事なのですが、「明日何しようかな」と、そこに楽しみを何割か入れられたら勝ちだと思ってください。そして、まだまだ来年に向けて突き詰めていきたい課題がたくさん出てきます。2020年の最後の日に「私なりに勝った」と勝利の宣言をして終えてください。

しいたけ.からの
魔法のメッセージ

2021年に向かって、魚座は時代の人になっていきます。あなたにおべっかを使っているわけではなくて、あなたが模索し、追求してきた「新しい生活のスタイル」が、時代にとってお手本のような存在になっていくからです。だからぜひ、あなたにはこの時期、「子どもの目」に戻ってみてほしいのです。「わー、すげー」と目をまんまるにして言ってみる。語彙力なんてなくていいから。そして、あなたにとって「感動すること」「心を動かされる時間」は、生きていく上で不可欠です。だからこそ、あなたはこの「現実だらけになってしまった世界」からファンタジーを復活させていく使命も背負っていきます。夢見る時間があるから生きられる。週末や、イベントごとの楽しみがあるから生きられる。世界を修復し、また感動する世の中をつくり上げていくために一肌脱いでください。あなたにしかできないことを!

しいたけ.

SHIITAKE LIVE CHATしいたけ.さんが登場!
SHIITAKE LIVEを
お見逃しなく。

しいたけ占い2020年下半期公開を記念して、占い師しいたけ.さんが12星座別のLIVEを インスタグラムとツイッターで同時開催。星座別にお悩みや質問も募集中なので、ぜひ参加して! 詳細はこちら