VOGUE GIRL LINE Twitter Facebook Pinterest Instagram mail
天秤座

天秤座のみなさんへ
2020年下半期、天秤座は
「マイペースにダムをつくり続ける
ビーバー。森を広げ、仲間を集める」

みなさん、こんにちは。しいたけ.です。

今回、2020年の下半期占いを書いてみて、ちょっとほっとした部分がありました。というのは、この先順々ですが、「楽しみとバカンスはちゃんと戻ってくる」と感じたからです。そして、多くの人には、想像を超えた「しぶとさ」もちゃんとありました。もちろんいい意味ですよ。その上で今回は「12星座ごとの、新しい道への繋げ方」を中心に書きました。

もうひとつ話をさせてください。僕は占い師として、これまでいろいろな人の「挫折」の話を聞いてきました。挫折って、時間が停止することなのです。「今までの自分のやり方が通用しなくなった」とか、または、失恋のように「好きな人にフラれてしまった」とか。時間が停止すること、立ち止まることは苦しいです。でも、「停止」をした後の人が引き起こした、数々の「未来への爆発力」も、この目で見てきました。

2020年下半期は、喪失感や悲しみを、未来をつくり出していく馬力へと変換していくときだと思います。もちろん、自分のペースで大丈夫ですし、人と人との協力はかかせません。少しずつ、爆発力を起動していきましょう。今できることも、近い未来に再び迎える展開も、これから目にしていく世界は、全部宝物になっていくから。

2020年下半期の運勢は?

脱皮をしてきた私。

天秤座

2020年下半期の天秤座は「脱皮し続けてきた私」のオレンジ色が出ていました。これはやはり2019年からその流れが加速しているのですが、今の天秤座はいい意味で「自分でも、自分がどうなっていくのか予測ができないスピードで、目まぐるしく変化している」という波の中にいます。ちょっと前の出来事を聞いても、すごくそれが懐かしく感じられてしまったり。あなたは「今」に合わせて、すごいスピードで自分をアップデートしてきました。そして、「これはできないだろうな」と感じてきた、苦手意識で包んだ鎧についても、自分の手で脱いできたのです。アップデートをし、脱皮をし、最新の状態にあなたはいます。そして、2020年の下半期に向かっても「何をしていこう」と、ちょっと微笑みながら考えているのです。

「やばい。
何も決まっていないけど面白そう」

ここまでの天秤座の動きを振り返りたいのですが、今のあなたはかなり「勘」で生きているところがあるのです。あなたは2020年の下半期に入る前から「来るもの拒まず、去るもの追わず」みたいな感じで、かなり自由に動いてきたところがありました。

「そっちに見たい風景があるから」「そっちに会いたい人がいるから」「ちょっとあっちに追いかけたい蝶々がいるのよね」みたいな感じで、割とフィーリングで動いてきた部分が強かったと思うのです。

これはある程度、本能的なものが含まれると思うのですが、天秤座は、自分の人生に変革を含む大きな転機がやってきているときに「旅を含む、見聞を広げる活動」を重視するようになってくるのです。ネットや他人の話で見聞きしているだけではわからない、ほかの世界や現場の感覚を、自らの目や耳や手足を使って確かめていこうとするのです。遊んでいるように見えて、ちゃんと情報収集しているのです(笑)。

「ちょっとこのキャラなり、この世界は飽きたから、次の世界に行くわ。あ、あなたたちが大事にしていた私のキャラクターは大事にしておいて。私はもう、どうでもいいから」

と思って、見事に大胆に、自分の作風というか、出していくものを変えていってしまう。

むしろ、今のあなた自身が「今後の自分から何が飛び出すのか」、予測ができなくて楽しみにしているところがあると思うのです。「やばい。何も決まっていないけど面白そう」と。

自分と仲間が集まれる場所を
大切にしてきた。

そのような意味で、あなたはもう2020年下半期に入る前から「自分と仲間が集まれる場所」を大切にしてきたのです。

2020年という年は、世界にとってもかなり大きな変革があった年で、もうすでに既存の社会や世界の中にあった「正解」に沿うことが、かつてないほどに重要じゃなくなってきています。

もちろん、「新しいやり方に変えればいい」とか「新しいほうが全部正しい」なんてことはあり得ません。でも、「もうそこにこだわっていてもしょうがない」というものには変革の波が押し寄せているし、もっと言うと「こっちのほうが面白いんじゃん?」という、“軽さ”も必要になってきます。

そういう意味では、今の天秤座は、世界が変わる前からマイペースに自分の世界を変えてきちゃったのです。

あなたが大事にしていきたいのは、部活のような、街にある公園の片隅にあるような、小さなチャンネルです。しかも、そこは閉鎖的じゃない。

自分が好きなものを、自分で丁寧に脚本を書いて、伝える技術も磨いて、本も読んでみて、それで、自分が新しく発見していく驚きを大切にする。

そのような丁寧な場を、これから先もどんどんつくっていってください。

今、ひとりで考えて「何をしていくのが面白いか」を考えていくのには限界があります。変化のスピードが速いから。だから、あなたは「場」をつくって、そこに変な人たちや、変な動物たちを呼んでくる。そこで「思いついたこと」を話し合って、どんどんやっていくのです。

今あるルールがすべてじゃない。
さらなる変革者になっていく天秤座

あなたをディスっているわけではないので怒らないで聞いてもらいたいのですが、天秤座は他人の話をほぼ最後まで聞いていないのです。「はいはい、なるほどね」と、他人が説明していることの半分ぐらいで、もう説明を聞くのをやめてしまうことがあります。でも、これにはちゃんと重要な意味があります。

何であなたが他人の話を最後まで真面目に聞かないことがあるのか。

自分でルールを考えたいからです。

あなたは、自分だけの人生を生きる人なのです。だから、他人が説明したそのままの世界を、自分がなぞっていくなんてもったいないじゃんと思ってしまうのです。

そういう意味で、あなたは誰かと比べられてもピンときません。

「君、その年齢でこれだけの成果を出したってことは、わが社のエースの○○君の後を継ぐかもしれないよ」

と言われても「え、私全然○○さんのことなんて追いかけていないんですけど。マジで」と、ポカーンとしちゃう。

自分でルールを考え、自分が知りたいこと、やっていきたいことをやっていくだけ。

だから、あなたの中で「世の中にある確固たるルール」というものはあんまりないし、むしろ、「このまま面白そうだから自分のルールを追求していこう。変な人たち、集まれ!」と、号令をかけてきている。

だから、あなたの下にはたくさんの変な人たちが集まってくるし、そして、いつの間にかあなたはリーダーとして言動が注目されていくようになっているのです。

変な人たちが集まるアパートの。
寮長みたいな存在になっていく

もちろん、あなたはこれまでずっと楽観的に、勘だけで人生を変革してきたわけではありません。

一言で言うと、あなたは2020年上半期も含めて、苦手なことから逃げなかったのです。

「あ、今これを乗り越えておかなければならないよな」

と感じたことを、多少のダメージを食らったとしても、正々堂々と受け止めてきた。

みんなに嫌われないようにするパフォーマンスも、しようと思えばできた。でも、何だかそれをする先に「面白さ」が見出せなくなってきちゃったのです。

だから、安心してください。2020年下半期も、あなたは過激です。ちゃんといろいろやらかします。ひとつだけ注意があるとすれば、いきなり髪をバリカンで刈ったりして、「これ、いいでしょう?」と言って回るぐらいのことすらやっちゃうことなのです。「何かね、やってみたらどうなるか確かめたかったの。風が気持ちいいね」とか言ってしまうぐらい、過激になる。そんなあなたのことを、みんな大好きです。「こうしなければいけない」というルールの上にいるよりも、自分で責任を持って「みんながそこに住めるルール」をあなたはつくっていくから。変な人たちが集まるアパートの、寮長みたいな存在になっていくのです。

ファンを得る。
いつの間にかリーダーになっている。

マイペースでいながら、突然周りが驚かされるような奇抜な行動を急に取ってしまう。そんなあなたはこの2020年下半期に大きくファンや同志を得ていきます。

ここまで華やかなことを書いておいて何なのですが、2020年下半期のあなたの行動を支える源は、あくまで「コツコツやり続ける、暗いほうの力」なのです。あなたは大きな舞台に立つことがあっても、部屋の片隅でコツコツと制作をしていた時間とか、深夜ラジオに投稿するために「くっくっく」と笑いながら空想していた時間を忘れない人なのです。あなたの強さは「自分には好きなものがあって、大切にしたい時間があって、でも、それらのものは特に他人に同意を得る必要はない」と思っていることなのです。でも、あなた以外の多くの人は、自分の好きなものさえも、他人の顔色を見て決めてしまうところがあったりします。

ただ明るい面だけを見せるわけではない。そして、他人が持っている「暗さ」も大切にしてくれる。

そんなあなただからこそ、2020年下半期は、いろいろなシーンにおいてリーダーとして抜擢されることが多くなってくるのです。あなたの、こだわるところはこだわり、「どうでもいい」と思ったことは「あ、そうなの。好きにすれば」と話を聞いていないところが、重宝されるのです。無理に自分の存在感を押しつけてこないから。

来るもの拒まず、去るもの追わずの、そういう軽やかな精神でやっていってください。

ビーバーとして生きる。

タイトルにあるように、2020年下半期のあなたは「マイペースにダムをつくるビーバー」のような存在になっていきます。あなたが好き勝手やったことが湖をつくり、そこに動物たちの憩いの場が生まれ、面白い動きが起きてくる。

あなた自身、かなりの小心者で、自分の居心地と、他人の居心地を気にするから、「せっかくなら、ひとつの森や村みたいに、そこですべてがまかなえるような集まりをつくっていこうよ」と言って、変な人たちをスカウトしていくのです。

2020年下半期、あなたにとって大事になってくるのは肩書きではなくて、「面白いものをつくりたい」と願う、未来への大胆な構想です。その構想は、ひとりで頭を絞って出てくるものじゃなくて、刺激ある人たちと会って、ギャーギャー騒ぎながら出てくるものです。

できたら、キャンプファイヤーなんかもしてみてください。

今日の仕事を終え、歌を歌い、星空の下で寝て、朝日が昇るのを祝う。

あなたはもう、立派なビーバーなのだから。

仕事運はどうなる?

口に出すことで、
やりたいことが広がっていく。

2020年下半期の仕事面のキーワードは「口に出すことで、やりたいことが広がっていく」になります。この時期のあなたは、仕事面で「あ、こういう形で自分のやりたいことが広がっていくんだ」と実感することが多くなっていきます。かなり特殊な流れなのですが、2020年下半期のあなたは「何か、話していてその場で思いついたこと」が、あなたの今後にかなり大きく関係してくるのです。

会話や雑談の中で新規の仕事や、あなたがこれからやっていきたいアイデアが生まれ、それが現実の話として結びついていく。そういう特殊な仕事運を今のあなたは持っています。なので、この流れを強化するために、以下の訓練をしてもらいたいのです。

まず、自分がやるべきことを3つぐらい紙に書いてみてください。ちょっと小難しいのですが、「自分のためになること」をひとつ。「今、困っている人のためにできること」をひとつ。そして、「自分にはどういう能力があって、何をやってうまくいってきたか」をひとつ。

それらを頭の中に置いた上で、友達、仕事で会う人、おじいちゃんとか、そういう人たちにイメージで話しかけてみてほしいのです。というのは、相手の立場によって、人は喋る言葉が変わってくるからです。英語で短くまとめるというのも、できたらおすすめです。

恋愛運はどうなる?

ビーバーの森に集まってくる住人たち。

2020年下半期の恋愛面でのあなたのテーマは「ビーバーの森に集まってくる住人たち」です。この時期のあなたはいわゆるモテ期を迎えています。何ていうか、天秤座は世の中がどういう形で流れていようとも、森に住むビーバーが黙々とダムをつくり続けているみたいな妙な落ち着きとマイペースさがあって、その姿が特にこの時期には魅力的に映っていくのです。

2020年下半期の天秤座はかなりルールを変えていくのです。「今まであった世界で楽しめなくなったら、自分で楽しめる世界を開拓していけばいいんじゃない?」と言って、部活感覚でいろいろなことをしていきます。何か、夜の飲み会の世界から、早朝のキャンプの世界に戻っていくようなイメージです。「外で食べるのなら、おにぎり1個でもすごくおいしい」という、自分が生きて、「楽しい」と感じる原点に、仲間と共に戻っていく。

あなたはどんどんシンプルになっていきます。

だから、恋愛面においても、「何かさ、あいつも呼んじゃう? 」とあんまり気をつかわないで誘うほうが、そこから縁が生まれたりします。

この時期のあなたの仕事面とプライベートはかなり密接にリンクし合います。なので、ぜひあなたにやってほしいことがあって、それは「1からの手づくり」です。もし、できたら粘土などを使って動物をつくってみる、木の枝を折り薪をつくってみるなどをやってみてください。そのような「シンプルライフ」を自分に取り入れることによって、動物としてのあなたの魅力がかなり増していくから。あなたの森に集まってくる変な人たちと一緒に、ぜひ共同作業をしていってください。今の時代にモテる人は「どんな環境においても、自分で工夫して、生きることを楽しんでしまっている人」だから。あなたはその条件をかなり満たしています。もし、できるようになったら屋外でのキャンプや、テラス席でのごはんなど、外 の風を感じながら、いろいろなことを話してみてください。気持ちの解放ができるとか、気軽に集まれるコミュニティがあなたの周りに出てくるから。

月ごとのアドバイス

7
ルールの再検討。
8
始動とリフレッシュ。
9
愛を込めて数を打つ。
10
ターニングポイント。耳を傾けるとき。
11
私は私のことをやるだけ。揺るがない。
12
新しい世界に出合っていく。

★マークのついた⽉はラッキー⽉です。

July 7月
7月のオーラ
天秤座

ルールの再検討。

「ルールの再検討」のネイビーが出ています。7月に入り、ちょうどこの時期が天秤座の運命が多少シャッフルしていくときなのです。今までやってきた案件が「もうここいらでいいだろう」と終わっていったり、また、新規の出来事がやってきたりする。この時期のあなたに大事にしてほしいことがあります。それは、乱暴なようなのですが、2020年下半期の天秤座は「笑っていればなんとかなる」ということが多いです。無責任には言っていません。何か、あなたの明るさと行動力が、不思議と結果を引き寄せるのです。そしてもうひとつ、相手に気に入られるかどうかを気にしすぎず、5年後の自分を想定してみてほしいのです。その5年後の自分になるために、何を学んでいきたいか、何をしていきたいか、今自分に必要な環境は何か、自分の手でつくれるのはどこまでなのかとか。そういうことを考え、自分のルールを再検討していくときになります。

August 8月
8月のオーラ
天秤座

始動とリフレッシュ。

「始動とリフレッシュ」のターコイズ色が出ています。この8月は、結構「これから」に向かって、忙しく状況が動いていきます。割と「今までやってきたことがそのまま評価される」ということが多かったりするのですが、とにかくこの時期は「できるだけ丁寧に人に接する」とか、「大事なメールなどが来やすいので、イライラしているのならば返信しない」とか、そういう配慮が大事になります。この8月は、あなたの周りで「気が早いグループ」に所属する人たちが、世界の再開や、新しい世界の可能性に向けて動き出します。あなたもそれに合わせて動いていくことがあるのですが、マイペースで大丈夫です。また、この時期は遊ぶことも大事です。「やらなきゃいけないことがある」と思っても、食べたり、笑ったりしてちゃんと疲れを取っていくこと。リフレッシュが大事になります。

September 9月
9月のオーラ
天秤座

愛を込めて数を打つ。

「愛を込めて数を打つ」のピンクが出ています。この時期のあなたの活動は「思ったよりもすごく面白くなっていきそうなもの」と「意外と伸びないもの」、かなり玉石混交というか、芽が出るものと出ないものがハッキリ結果として出てきます。で、忙しくなるのですが、この時期のあなたは「予測して、省エネ」があんまりできないです。要は「やってみなければわからない」という状況が続いているため、勢いと流れで、ガンガン全力投入していってほしいのです。自分で「私、バカかもしれない」と思っても、ちゃんと愛を込めて数を打っていく。また、この時期も遊びが推奨されます。2020年下半期の天秤座はずっと真面目にコツコツ自分でやっていくよりも、「ちょっとさ、あなた気が合うから今度一緒に何かやろうよ」とか、太陽の下でライムをかじって、炭酸飲料を飲みながらやっちゃうみたいなノリが推奨されるのです。深刻さよりは、軽さ。ちゃんと、内に想いを秘めた軽さで動いていくから。

October 10月
10月のオーラ
天秤座

ターニングポイント。
耳を傾けるとき。

「ターニングポイント。耳を傾けるとき」の緑色が出ています。あなたはこの10月に「ひとつの重要なゴール」にたどり着くようなことが起こってきます。「こんな状況の中で、よくここまで結びつけてきたな私」とか、自分を褒めてあげたい気持ちも出てきます。だからこそ、ちょっとこの10月はやることがハードになってきます。できれば、完璧にやっていってください。押さえるべきものは全部押さえる気持ちで。「今日をやり切って、ちゃんと倒れるように寝る」という気持ちがあれば大丈夫です。自分を使い切る感じでやってみる。ハードですみません。その上で、この時期に会う人たちの話は、ちゃんと耳を傾けて聞いてみてください。「今までの私のパターンではないから」と言って断らず、ちゃんと興味を持って聞いてあげてほしいのです。自分の新しい可能性になってくれるかもしれないから。

November 11月
11月のオーラ
天秤座

私は私のことをやるだけ。
揺るがない。

「自分のことをするだけ」の黒が出ています。11月のあなたは「真剣な制作期間に入る」ようなイメージがあります。つまり、ある程度外の動きを遮断して、今の自分にできることをやる。ちょっと青臭い話になってしまうかもしれないのですが、この時期のあなたは「感謝の気持ち」がすごく強くなるのです。その、「感謝」の気持ちに至らせてくれたすべての人や、環境に対して「自分なりの返礼」をしたくなってきている。だから、今の自分にできることでお返しをしていく。この時期は、テクニックとか、うまい生き方などは目指さずに、ただ誠実であればよかったりします。あと、割とあなたの周りでいろいろなことが動いていくのですが「へー」でいいです。あまり、外の動きに関心がなくて大丈夫。「今日やった努力や工夫が、私の明日をつくっていく」。そういう、受験生とか、部活をやっている子のように、真面目に今日をつくっていくだけ。

December 12月
12月のオーラ
天秤座

新しい世界に出合う。

「新しい世界に出合う」の黄色が出ています。12月のあなたには「会いたかった世界や人に出会う」という流れがすごく強くあります。そして、今まで憧れていたとか、やってこなかった分野にも進出して、そこで新しい人々に出会います。このときのあなたが感じることは、いい意味での拍子抜けです。「何だ、結構私と一緒の感覚じゃん」と感じる。この時期にあなたと引き合う人は「表面的にはいろいろやっていても、根は真面目で暗い」のです(笑)。「真面目に面白いことをやっていこう」と自分の時間を使ってきた人たち。2020年も終わりの月になるのですが、この時期のあなたは相変わらず忙しくなったりもします。なので、息抜きでイメチェンなんかもしてください。足のネイルだけ変えるとか。いろいろなカラーの靴下を買ってみて遊ぶとか、そういうことでいいです。体の一部は遊んじゃうこと。それがさらなるラッキーを引き寄せていくやり方になります。

しいたけ.からの
魔法のメッセージ

2020年下半期、あなたは特に意識していないのだけど、周りにプレゼントしているものがあります。それは「こういう生き方もありなのか」と思わせることなのです。今の時代性において、あなたのマイペースさは、周囲にいる多くの人たちに希望を与えていくことになります。その上で、あなた自身も次へのチャレンジのためにもう一度シンプルな喜びを大切にするようになる。今までの時代や世界の中にあった正解に沿うことがそこまで重要じゃなくなったからこそ、正解を自分の手でつくっていってしまう。そのようなたくましさを持ち、ひとりの時間とみんなの時間を持つ。2020年下半期は、ちゃんと夢や野心を持ってください。あなたの力になりたいという変な人たちとたくさん出会うから。仕上げるところは省エネなんかせずに、きっちりやり切ってください。あなたのやっていくことをみんな見ています。どうか、楽しんで!

しいたけ.

SHIITAKE LIVE CHATしいたけ.さんが登場!
SHIITAKE LIVEを
お見逃しなく。

しいたけ占い2020年下半期公開を記念して、占い師しいたけ.さんが12星座別のLIVEを インスタグラムとツイッターで同時開催。星座別にお悩みや質問も募集中なので、ぜひ参加して! 詳細はこちら