VOGUE GIRL LINE Twitter Facebook Pinterest Instagram mail
乙女座

乙女座のみなさんへ
2020年下半期、乙女座は
「呼ばれていないけど助けに来ました。
最強の救援隊現る」

みなさん、こんにちは。しいたけ.です。

今回、2020年の下半期占いを書いてみて、ちょっとほっとした部分がありました。というのは、この先順々ですが、「楽しみとバカンスはちゃんと戻ってくる」と感じたからです。そして、多くの人には、想像を超えた「しぶとさ」もちゃんとありました。もちろんいい意味ですよ。その上で今回は「12星座ごとの、新しい道への繋げ方」を中心に書きました。

もうひとつ話をさせてください。僕は占い師として、これまでいろいろな人の「挫折」の話を聞いてきました。挫折って、時間が停止することなのです。「今までの自分のやり方が通用しなくなった」とか、または、失恋のように「好きな人にフラれてしまった」とか。時間が停止すること、立ち止まることは苦しいです。でも、「停止」をした後の人が引き起こした、数々の「未来への爆発力」も、この目で見てきました。

2020年下半期は、喪失感や悲しみを、未来をつくり出していく馬力へと変換していくときだと思います。もちろん、自分のペースで大丈夫ですし、人と人との協力はかかせません。少しずつ、爆発力を起動していきましょう。今できることも、近い未来に再び迎える展開も、これから目にしていく世界は、全部宝物になっていくから。

2020年下半期の運勢は?

「呼ばれていないけど助けに来ました!」

牡牛座

2020年下半期の乙女座は「放ってはおけない!」を表す赤が出ています。まずですね、この2020年下半期の乙女座の行動原理は「これは私がやらねば!」とか、そうやって「プリプリ怒る」感情になってくるのです。「これはもう、放っておけない!」とか「あなたはこんなことをしている場合じゃないでしょう!」とか、あとは、「もう何か、こういう扱いを受ける自分に腹が立った」とか。プツンと、いろいろなモノに対してキレていく。「あー、もうさ。私がやっちゃうわ、これ」と言って、嵐が来たみたいな感じでバーッといろいろな作業をやっていっちゃう。「呼ばれていないのに助けに来ました!」と宣言する、あなたの本領がかなり発揮されていくようになるのです。

0から1をつくっていく。

最近までも含めて、2019年から2020年にかけての乙女座は「自分はどの位置にいるべきなのか」と、結構気をつかってきたところがあると思うのです。

乙女座はかなり周りの様子を見る星座でもあります。だからこそ、普段からあなたは「ここはみんなの元気がないから、ちょっとフォローをしておこう」とか「やりたいと言い出す人がいないから、ここは私がやっておこう。あの人に手伝ってもらえばなんとかなるはず」とか、頭の中で人を動かしていくイメージを持っている。

その上で、「異様」とも言うぐらいに「空気」に対して敏感なのです。

あなたは、自分や自分の周りの人が関わるグループが、「物事をつつがなく進行していくこと」に気を配り、そのために「動きをストップしている人」に対して、あんまり興味はないけど恋愛相談に乗ってあげたりとか、そういう助け舟を出していくことを本来得意とする人でもあるのです。物事が動いていくために、いろいろな場所や人のところに回っていって、油を差していくイメージです。

でも同時に、これも2019年からの流れなのですが、あなたは何でもかんでも「手助けする人」ではなくなったのです。何でもかんでもプロジェクトを進行させるのではなくて、「これはおかしい」とか「このままやってもいい結果にならない」と、物事を止める重要な役割も担ってきたのです。今までのあなたは「1→5」にする役割が強かったのです。すでに始まったものを、加速させていったり、無事に目的地に届けさせたりする役割ですね。でも、2020年下半期にも強くこの傾向が出るのですが、今のあなたは「0から1をつくっていく」という作業のほうに役割が移ってきています。

「お前たち!
絶対にやり遂げるんだよ!」

これまでのあなたは「動いていない物事や人をケアするために、後方からバックアップをしていく」という役割を求められてきた部分がありました。もちろん、それはあなたにしかできないような職人的な技術や経験値や人柄によって支えられているのですが、2020年下半期のあなたは、その役割よりもうちょっと過激な役割をしていくのです。

過激な役割とは何かというと、あなたの中に「別に、怖いものなんかないし」というような、ちょっとヤンキー的な精神が入ってきているのです。

「面白いか」、「面白くないか」でいろいろな物事を判断していく。

ちょっとここでハッキリ言ってしまうのですが、2020年下半期の乙女座は「面白いと思ったことを、最初は不可能だと思われても必ず発進させていく」という、あなたがこれまで積み重ねてきた経験値やノウハウや、気合いなんかも含めて、「0から1をつくっていく」プロジェクトを多方面で展開していきます。

あなたは「できないかもしれない」と恐れを抱いてとどまっている状態は、もうすでに「面白くない」と感じてきているのです。だったら、不謹慎でも、「みんなが面白がるようなことを考えていこうよ」と動き出します。純粋に、周りに笑顔を増やしていきたいから。あなたは笑顔で言います。「お前たち! 絶対にやり遂げるんだよ! 要は気合いだよ!」と。

「つらかったら帰っておいで」と言う、
田舎のおばあちゃんを卒業。

2020年下半期、あなたは早くも「自分が先頭に立って、周りの人を引っ張っていく」ことをやっていきます。その上で、あなたの口から出てくる言葉で「いや、おかしいよ」が増えていきます。

「いや、おかしいよ」は、あなたにとって主に2つの理由で重要になってきます。

ひとつは、2020年下半期は「あなた自身が先頭に立ち、自分の身の周りにある物事の変化を促す」からです。乙女座は情があるので、「まぁ、しょうがないよね」と言って、相手が変わるかどうか、そういうことに対して最後まで様子を見るようなところもあります。田舎のおばあちゃんみたいなのです。「つらかったら帰っておいで」と言ってあげる係。

でも、今のあなたはもう待てない。待たない(笑)。

「いや、おかしいよ。絶対あなたならできるはず。だから、3日待つ。やってみて!」と、明るく相手を突き放すとか「いや、おかしいよ。それなら一緒に考えようよ」とか、かなり熱血気味に他人に対して関わっていきます。

そしてもうひとつ。あなたが「いや、おかしいよ」と相手に対して伝えていくのは、「その人のことを思って、怒ってあげたい気持ちが出てくる」からなのです。

今、世界にいるどの人もダメージを負っています。自信を無くしている人が多くなっています。その上、今の時代に生きる人たちは全部を「自己責任」と考えちゃうのです。キツいことがあっても、「自分でなんとかするしかないよね」と言って、相手の迷惑になるようなことは言わないでおくような構造があります。

それに対して、乙女座は黙っちゃいられないのです。

「あんたがやってきたことや、あんたがたくさんの人を助けてきたこととか、あんたが持っているポテンシャルがさ、これだけのものがあるのに、ここで沈黙しちゃったらダメでしょうが。おかしいよ。私も手伝うから何か言って!」

と、田舎のおばあちゃんから、戦闘的な救援隊になっていくのです。

迷惑でもいい。誰かを助けたい。そして、ちゃっかりと私のことも助けてほしい。

そういう叫びを、あなたは2020年下半期に向けてやっていくのです。

相手が持っていた光を取り戻していく。

2020年下半期のあなたは、仕事でも、プライベートでも、いろいろな場面で戦闘的救援隊になり、切り込み隊長のような存在にもなっていきます。もう、のんびりしたくないのです。

ちょっと変なイメージになるのですが、2020年の下半期は、具体的に「アニメやドラマなどで、主人公の目を覚まさせる幼馴染の役」になることを意識してください。

アニメとかドラマの世界では、必ず主人公が途中で挫折するシーンが出てきます。なんか、いつも使えていた自分のいちばんの武器が通用しなくて、しょげちゃっている。それに気づいた幼馴染が、いつものキャラとは違うことを言うのです。普段、やさしい幼馴染だったら「あんたがそんなヘタレだとは思わなかった。昔のあんたはもっとギラギラしてたじゃない!」と、あえて憎まれ口を叩くキャラになる。そして、普段強気の幼馴染だったら、「そうね、あなたはこれまでずっと先頭で頑張ってきたから、ちょっと休んでもいいかもね」と、普段だったらキャラとして言わない、やさしさを見せてあげる。

2020年下半期のあなたには、ほかの人にはできない大切なミッションがあります。

それは、人に光を取り戻していくことなのです。

そのために、少しテクニックにはなってしまうかもしれないのだけど、あなたが普段持っているキャラとは別のキャラを演じてみる。普段やさしかったら、強気な言葉を掛けてみる。そして、普段が強気だったら、自分の意見は言わないで相手の話を聞いてあげる。

乙女座は、ダメージの空気に敏感です。

「あの人、普段よりも動きが鈍いな。どうしたのかな」

と気づいてあげられる。

誰かに対して声を掛けてあげることは、自分に勇気をもたらす行為でもあるから。電車の中でお年寄りに席を譲ると、ちょっとその日は自分が誇らしかったりするものです。

あなたは、この2020年の下半期において、仕事に対しても、自分の生活に対しても、なぜかすごく「放っておけない」という気持ちになります。「このまま黙っていて後悔はしたくない」という気持ちが強くなります。そして、その気持ちと行動によって、あなた自身の誇りも取り戻していくのです。

「何かやろうよ」。
北極星への呼び掛け人。

占いをやっていてすごく不思議なときがあるのですが、個人のパフォーマンスとか、境遇みたいなものが「コツコツひとりでやること」で伸びるときもあるのですが、「周囲にいる、縁のある人たちと連動してグングン伸びる」というタイミングもあったりするのです。

経験があるかもしれないのですが、仕事や勉強の中で、ある日ライバルとか、「あ、この人とはいろいろこれからも刺激を受け合うよな」と感じた人と出会うと、そこから自分の意識とか、姿勢が変わっていくことがあります。

今のあなたはそういう時期なのです。

自分と縁のある人と一緒になって、お互いに認め合う。もしくは、反発もし合って、一緒に伸びていく。連動し合う時期なのです。

だからこそ、2020年の下半期には、ちょっと軽くなっちゃってもいいし、今すぐ実現なんかできなくてもいいです。でも、あなたの口から

「何かやろうよ」

と大事な人たちに伝えていってほしいのです。

なぜかというと、今、一番大事なことは夢を見ることなのです。自分ひとりでは果たせないような目標をつくるべきときだからです。今、各々が未来の「ここを目指そう」と言う北極星が必要なのです。だから、あなたがその北極星への呼び掛け人になってみて。

乙女座はですね、「簡単にはできなそうで、今目指したら面白そうな目標」を見出すのがうまいのです。「みんなケーキをつくってみよう」と言うのではなく、「南国をイメージした、トロピカルなケーキをつくってみよう」とか言って、みんなの頭をちゃんと動かしていく。

あなた自身にも覚えておいてほしいことがあります。

自分が何を目指したらいいかわからなくなったら、誰かのために動いてみて、誰かのために一言を掛けてみて、自分に誇りを取り戻して。心の中で願うだけでもすごい力になるから。

仕事運はどうなる?

呼び掛け人になる。

2020年下半期の仕事面でのあなたのテーマは「呼び掛け人になる」です。2020年下半期のあなたは、仕事で出会ってきた人たちに対しても、ちゃんと「人として向き合いたい」と願うようになります。その上で、ちょっとだけあなたが、相手の「一段下の立場」になってみてほしいのです。「最近、外行けてます? いやぁ、私、全然行けてないんですよ」と、あなたが一段下がると、相手は自分の情報を言いやすくなるのです。「いや、実は私はあそこに行きたいんですよ、今」とか。

この時期のあなたは、仕事面においても「個人として付き合い、相手の重要な情報を知っていく」ステップに進んでいきます。「あの人、仕事面ではこうだけど、プライベートではこんなやさしい面を持っているんだ」と、お互いのことを知り合っていく機会が増えます。なぜあなたがこんな変化をするのかというと、「ただ成果を出す」というわけではなくて、「仕事を通じて、幸せをつくる」と、普段ならちょっと恥ずかしくて言えないような原点に戻りたいと願うようになるから。普段、自分のそばにいるけど「他人」な人にも、いろいろな大事なものがある。それを知っていきたい。その上で、今の自分たちにしかできないものをつくっていこうという、新しい代表作をつくる野心もちゃんと出てきています。

恋愛運はどうなる?

コスプレする。

2020年下半期の恋愛面でのあなたのテーマは「コスプレをする」になります。ちょっと独特のタイトルになってしまったのですが、これは別に実際に、裁縫とかをして、コスプレをしてくださいという意味ではないのです。もちろん、それをやってもらってもいいのですが、「いつもと違う、自分なりのドレスコードを持ってみてください」という意味に近いです。

2020年下半期のあなたの恋愛面は「非日常」が大きなテーマになっていきます。この時期のあなたには、少なくとも2回お祝いをしてもらいたいのです。ひとつは、懐かしい人との再会で「元気だった?」と声を掛け合うこと。そして、もうひとつは「再び人に会って、これからどんな楽しみをつくっていこうか」と、そういう楽しみへの野心を持ってみてほしいのです。せっかく特別な機会に人に会えるから、普段の自分がしている恰好に落ち着かないで、普段はしないような髪型なり、メイクなりを、コスプレの感覚でしてみる。そうすると、舞台が華やぐから。

あなたや、あなたの周りも含めて、今から未来をつくっていくためには、「非日常の力」がいります。それは、夜に輝くイルミネーションを見ることでもあるし、「また、新しいシーズンの服やバッグを纏うために頑張ろう」ということにもちゃんとワクワクしてほしいのです。だからこそ、そこまで大きな「お祭り」を待つのではなくて、小さくても、お祝いができるパーティーやお祭りを、段階的に解放していってもらいたいです。

あなたの恋愛面は、「会いたかった」と「また会いたい」の2つのすごくシンプルなものになっていきます。2020年の下半期は、今のあなたの守備範囲を超えて「あ、それだったら私手伝えるよ!」とか、いろいろな場所に顔を出していくことになるから、そこで親密になる人も結構出てきます。

月ごとのアドバイス

7
会いたかった人に会う。
8
新鮮な気持ちでコスプレを!
9
冷静じゃなく、熱意の方が大事。
10
損して得取れ。
11
境界線を越えて。
12
必要とされるあなた。

★マークのついた⽉はラッキー⽉です。

July 7月
7月のオーラ
牡牛座

会いたかった人に会う。

「会いたかった人に会う」のピンクが出ています。7月は「やれること」とか「できること」が整っていくイメージがあります。この時期のあなたは「ついでに」という言葉を多用してみてほしいのです。「あ、ついでにここは変えちゃおう」とか、自分のやりやすいように、いろいろな場所をリニューアルしていく。よく使っているペンなどの筆記具なども、新しいものに変えていくと、気持ちが新たになります。その上で、この時期のあなたは「会いたかった人に会う」という流れがとても強いものになっていきます。できるようだったら顔を合わせる、そして、声を聞く。そういう「当たり前」だと思っていたことが、どれだけ深く自分に力を与えていたことなのかを実感します。7月のあなたは笑顔の約束をしていきます。「次も絶対に笑顔で会うために、自分の場所で頑張ろう」とエールを送り合います。

August 8月
8月のオーラ
牡牛座

新鮮な気持ちでコスプレを!

「コスプレ、ドレスコード推奨」のターコイズ色が出ています。この8月はあなたにとって切り替え時なのです。これまで頑張ってきたこと、これから先に頑張っていきたいことが次々に出てきます。その上で、ちょっと疲れが出やすいときでもあります。突然ですが、海外のドラマや映画などに出てくる「高校の卒業式でのダンスパーティー」とかって、ちょっと憧れませんか? 各々ちゃんと着飾って、非日常を楽しむ。それを、「これから」の門出とする。あのダンスパーティーのような時間を、ぜひこれまで頑張ってきたあなたにやってほしいのです。できれば、普段の自分なら着ないような洋服を着てみる。あなたに今必要なのは「これからも楽しんでしまおう」という気持ちです。そして、大事な人たちと「何だかよくわからないけど、ここまで来られたことをお祝いしよう」とやっちゃうテキトーさです。日常を頑張っていくために、非日常の力を借りていくとき。

September 9月
9月のオーラ
牡牛座

冷静じゃなく、熱意のほうが大事。

「熱意のほうが大事」の紫が出ています。変なことを言うようなのですが、この9月は「自己満足をいちばん」にしてほしいのです。イメージとしては「今日の私もかっこよかった。あの場面では私にしかできない判断を下した。素晴らしい。寝る」と言って寝るイメージです。というのは、この9月は、あなたが進行に関わっている案件などに関して「いろいろな意見」が入ってきやすい時期なのです。もっとストレートに言うと、横から口を挟まれやすい。でも、意見や方向性をちゃんとぶつかり合わせていけばいいのです。そこで、「この人に言われたから凹む」という思考回路に持っていく必要はないです。人生ではときどき、冷静になるより、最初にあった熱意のほうに乗っかり続けることも大事だから。冷静は、万能ではないのです。「他人の目を気にして、正解を気にしすぎてしまう」ことも含まれるから。「文句があるなら、自分でも何かやりなよ」と言い返すぐらいの気持ちも必要。

October 10月
10月のオーラ
牡牛座

損して得取れ。

「損して得取れ」の黄色が出ています。この10月はあなたが抱えているいろいろな企画なり、方向性を「どこに向けて着地するか」を考えていく期間になります。来年に繋がる話もここではたくさん出てきます。もしよければ、この時期のあなたは「損して得取れ」を合言葉にしてみてほしいのです。というのは、この時期、あなたも、あなたの周りも「これをやって、今まで通りの結果が出る予測がつかない」という感覚を持ちます。新しい試みなども増えるから、「とりあえずやってみましょうよ!」と掛け声をかけていくことも大事になるのです。今、あなたがやるべきことは「投資」です。実験のように、「こういうやり方をしたら、今だとこうなるのか」といろいろボールを投げていくとき。「すべてが完璧な結果として返ってこなくても構わない」というような、太っ腹な気持ちが逆にいい動きを生み出していくことになるから。

November 11月
11月のオーラ
牡牛座

境界線を越えて。

「境界線を越えて」のオレンジ色が出ています。乙女座が運命を大きく変えていくときには、結構「分野が違う人から相談されること」が増えたりするのです。「ねぇ、こういうことできる人、知らない?」とか。そして、この時期のあなたは今まで自分が属している立場とか役割を超えて「あ、それなら私手伝えるよ!」と言ったり、いろいろな分野をまたいで活躍していくことが増えてきそうなのです。たとえば、「私、おにぎりならつくれるよ!」とか、そういうことでもいいです。誰かの手助けをしてあげてください。それによってかなり縁が強まったり、あなたがこれから先切り開いていく世界にも繋がっていったりするから。大事なのは面白いと感じるかどうか。面白いと感じたら、GOです。ただの受動的な立場じゃなくて、自分で挙手をしていくことで、世界が広がっていきます。

December 12月
12月のオーラ
牡牛座

必要とされるあなた。

「必要とされるあなた」のゴールドが出ています。12月になると、2020年にあなたが試してきたいろいろな試みを、結果として実感していくことが多くなります。正直、ここまでが忙しくて「あ、そういえば、私がやってきたことは大きく変わったな」とこの時期まで実感するのが難しい人もいます。それだけ、駆け抜けてきた。12月になっても、あなたにとって大事なことは「やってみなければわからない!」という感覚です。いろいろとやる前に憂うよりも、「どうなっていくのだろう」と不安に思うよりも、いい意味で、あなたも、あなたの周りの人も「しぶとい。どんな状況でも楽しもうとしている」ことを確認していくから。2020年下半期はずっと「手探り」の状況が続いてきたけど、あなたは自分の「宝物を見つけ出して、磨いていく力」を信じられるようになります。今年1年も本当にお疲れさまでした!

しいたけ.からの
魔法のメッセージ

乙女座は周りの動きがすごくよく見えます。見えすぎてしまうのです。だからこそ、自分の行動を過小評価してしまうことがあります。「これくらい、みんな考えているよね」と予測しちゃったりするからです。でも、2020年下半期のあなたは、どんなに乱暴でも「感情」を大事にしていきます。「いや、おかしいよ」と他人に言うのもそうだし、他人のために怒ってあげることも含めて。「私が放っておけない。呼ばれていないかもしれないけど、私はあなたを助けたい。笑顔になってほしい」と、激しい人情に突き動かされるあなたが帰ってきています。暑苦しくなってください。そして、あなたと、あなたの大事な人たちのために「どこに向かっていくか」をちゃんと話し合ってみて。今、世界に必要なのは夢なのです。夢を持つから、今日を乗り越えていけるのだから。絶対に笑い合いましょう!

しいたけ.

SHIITAKE LIVE CHATしいたけ.さんが登場!
SHIITAKE LIVEを
お見逃しなく。

しいたけ占い2020年下半期公開を記念して、占い師しいたけ.さんが12星座別のLIVEを インスタグラムとツイッターで同時開催。星座別にお悩みや質問も募集中なので、ぜひ参加して! 詳細はこちら