VOGUE GIRL LINE Twitter Facebook Pinterest Instagram mail
蟹座

蟹座のみなさんへ
2020年下半期、蟹座は
「何でも食べて暴走しちゃう。
祭りを起こせるのは私しかいない」

みなさん、こんにちは。しいたけ.です。

今回、2020年の下半期占いを書いてみて、ちょっとほっとした部分がありました。というのは、この先順々ですが、「楽しみとバカンスはちゃんと戻ってくる」と感じたからです。そして、多くの人には、想像を超えた「しぶとさ」もちゃんとありました。もちろんいい意味ですよ。その上で今回は「12星座ごとの、新しい道への繋げ方」を中心に書きました。

もうひとつ話をさせてください。僕は占い師として、これまでいろいろな人の「挫折」の話を聞いてきました。挫折って、時間が停止することなのです。「今までの自分のやり方が通用しなくなった」とか、または、失恋のように「好きな人にフラれてしまった」とか。時間が停止すること、立ち止まることは苦しいです。でも、「停止」をした後の人が引き起こした、数々の「未来への爆発力」も、この目で見てきました。

2020年下半期は、喪失感や悲しみを、未来をつくり出していく馬力へと変換していくときだと思います。もちろん、自分のペースで大丈夫ですし、人と人との協力はかかせません。少しずつ、爆発力を起動していきましょう。今できることも、近い未来に再び迎える展開も、これから目にしていく世界は、全部宝物になっていくから。

2020年下半期の運勢は?

立ち止まってみる。

蟹座

2020年下半期の蟹座は「立ち止まってみる」を表すターコイズ色が出ています。2020年の下半期は、ちょっと蟹座の人生の中で「革命的」とも言えるような変化が起きてきます。

2020年に至るまでのこの10年ぐらいの期間、あなたはかなり踏ん張って「自分の役割」を見定め、周囲の期待にも答え、「自分はここまで来ることができたんだ」という自信と答えを見つけようとがむしゃらにやってきたところがありました。

あなたは自分のミッションをやり通すため、ときに非情にならなければいけないこともあったし、また、あなた自身の中にある甘えに耳を貸さないこともありました。そんな激しい10年を過ごしてきたあなたにはじめて、「少しこのまま流されてみようかな」とか「少し甘えさせてもらおうかな」という気持ちが出てくるのです。

「頑張れないで、ぼーっとすることがあってもいいや」と、自分が立ち止まることをちゃんと許していくのです。ただ立ち止まるわけではなくて、荷物やプレッシャーを一旦降ろしてみて立ち止まったときに、また私の冒険は始まっていくのだろうなという確信があるから。

せっかくだから、違うやり方も試していきたい。

それがあなたにとっての2020年下半期の始まりなのです。

いっぱい考えてきた。

2020年の下半期に入る前までのあなたは、「自分のあり方」を本当にすごく深く考えてきました。

おおざっぱに言うと、これまでの10年とか、それぐらいの期間を「とにかくがむしゃらにやってきた」と捉えるならば、2020年という節目の瞬間に合わせて、あなたは「自分が周りの中でどんな役割を担うべきか」とか「どういうことが私に期待をされているのか」、そして、「私はどうありたいのか」を、すごくたくさん考えて、実践しようとしてきました。

今までのあなたが歩いてきた道のりを登山にたとえるならば、決してあなたが「初心者」というわけじゃないのですが、これから先の道のりは確実に「中級者」以上になり、「どのルートを選択し、どのようにそこにある道のりを突破していくかは、自分の頭で考えていきたい」というモードに入っていたのです。

ここでちゃんと言わせてください。

2020年という年にあなたが目指していたもの。

それは

必要とされるプロフェッショナルになることでした。

ちゃんと、自分が今までの経験で教えられたこと、そして、「自分の頭で考えてきたこと」、そういうものを自分なりに合わせて、自分にしかできないことをやっていくことで、周りに恩返しをしようとしてきました。

勇気を出して、自分の実力以上のこともちゃんとやろうとしてきた。ただ仕事などを請け負うのではなく、自分なりに新しいプロジェクトをつくっていくような意思を持って、周りを面白くするために体も張ってきた。そして、あなたはプロが背負わなければいけない「自分で何とかしていくしかない」という責任の上での冷や汗もちゃんとかいてきました。

それをやろうとしてきたあなたは本物です。他人にはわからない影の努力もちゃんとしてきたのです。

ぐーたらを取り戻せ!

では、2020年下半期に入ったあなたはどうなっていくのか。

怖がらずに聞いてもらいたいのですが、2020年の下半期に突入する7月や8月で、少し「燃え尽き」の感覚を味わう蟹座は多くなると思います。

これにはちゃんとした理由があります。

まず、いちばん大きな理由が、先ほどからお伝えしてきたように、あなたの中の「体内時計」のようなものが2020年をひとつの「節目や区切り」としてきたことなのです。

だからこそ、いつも以上に気合いを入れたり、自分自身が変革をしてきたりしたり、「ここを目標に頑張ってきた」というところがあったからこそ、「リフレッシュをしたい」という気持ちもすごく強くありました。

そう、蟹座は1年のうち、2カ月間ぐらいはぐーたらする必要があるのです。

小学校とか中学校ぐらいのときに、「うちの姉ちゃんは家ではぐーたらして、だらしないんだよ。みんなの前での態度とは全然違うんだよ」とか、弟に真実の姿を暴露されている学級委員のお姉ちゃんとかいるじゃないですか。あなたはそれなのです。あなたの真実の中にはぐーたらがちゃんとあるのです。

だからこそ、あなたは「2020年のぐーたらする予定、決して忘れませんから! 絶対にぐーたらしますから!」と、「またリフレッシュをするためにテキトーに頑張っていこう」と気持ちを切り替えていきます。

冒険者への夢。広い世界への願い。

ここから話すことには、早朝に竹林があるような日本家屋の縁側に座って、そこで、庭を眺め、お茶を飲みながら話を聞いているイメージを持ってみてください。

あなたは未来に向けて「何もイメージしないで」足を進めていくことをあまりしません。「大体、こういう感じで進めていこう」と、未来の中にある「自分の役割」を想定し、それで足を進めていくのです。

2020年の上半期。あなたは「解放される」を根底において頑張ってきたところがあったのではないですか。

「解放される」とはどういうことか。

それを言葉で表すと

「私はここまで頑張ってきたから、もうちょっと自分の自由時間を増やしたい。自分で戦略なり戦術を考えていく時間を増やしたい。今の世の中はもう、ただ他人の言うことを聞いて順番を待っていても、それでチャンスが増えるわけじゃない。だったら、自分でこれからのチャンスを増やすために、私はもっと体験をしてこなかった世界へ行って、自分の目と耳と鼻と口と、そして、肌感でいろいろなことを吸収していきたい」

そう。2020年上半期のあなたには「冒険者になっていく」という宿命が強くありました。

狭い場所での評価を飛び越えて、もっと自分で体感していく世界を増やしていきたい。

恩義や、横の繋がりも大事だけど、そういういろいろなものをもう「断ち切りたい」という気持ちも強くありました。

だから、ここで言わせてください。

その願いは、叶っていきます。

やらなければいけない順番は調整していく必要はあるのだけど、あなたが描いた「広い世界への野望。冒険者になることへの真剣な願い」への路線の中には2020年の下半期もちゃんといるのです。

何でも食べてみる。パクパク。

2020年の下半期のあなたは、予定外の出来事に強くなっていきます。

というのは、今のあなたが目指す先には「もっと広い世界への野望や夢」があるのです。

そのために、今までの自分の常識を超えていくための日常が用意されるはず。

「計画を描いて、思い通りにする」というだけではなくて、偶然にできた環境を利用し、縁を活かして自分のこれからに繋げていく。

2020年下半期の蟹座は雑食性になります。

「何でも食べてみる。不都合やハプニングも食べてみる」

あなたは、とんでもなくたくましくなっていくのです。

「何でも食べてみる。パクパク」

それを合言葉にしてみてください。

せっかくだから、暴走しちゃおうよ。

蟹座は、心の中にダークサイドを持っています。

そのダークサイドとは

「ひっひっひ、みんなに意地悪をしてやるぞ」

とか、そういう単純なものじゃないんです。

あなたは表面的には「わー、それは面白いっすね」と合わせながらも、本心としては

「茶番をやっているんじゃねーよ」

と思う気持ちを持っているのです。

「それ、全然面白くない」

とか、そういうのもあります。

蟹座は、自分の中にある本心なり、心の本音を聞かれたら、その内容はブラックすぎて海岸から追放されると思います(笑)。ヤドカリやイソギンチャクあたりが「あいつはちょっとヤバいんだよ。目に光がなくなるんだよ」と騒いじゃうのです。

でも、あなたの人生を切り開いてきたものは、その「心の中のダークサイド」なのです。

あなたは何のために2020年を迎えたのか。

それは、2019年までの運命で強く「茶番をやってるんじゃねーよ」と思ったんじゃないですか?

もっと、本気のド突き合いの世界を味わいたかったんじゃないですかね。

感動を味わうために、そして、「自分がもっとどこまでできるか」を知るために、あなたは安全装置のない世界へと繰り出そうとしてきたのです。

だから、言わせてください。

ハプニングも、楽しんじゃいなさいよ。

たまにはコースを外れて、暴走する。

心の中のダークサイドを暴走させて、面白い祭りをつくっていく。

それが、あなたの願いです。

守るべきものを守り、愛するべきものを守り、弱い者の味方にもなってあげる。でも、断じて私は「単なるいい人」じゃない。面白くしなきゃ、私が許せない。

あなたは2020年下半期を通じて、ますます暴走していきます。そして、頼れるリーダーになっていきます。

「せっかくだから、暴走しちゃおうよ」

と言えるあなたがいるからこそ、あなたの周りの人たちが自由に「今までやってこなかったこと」を試していくことができるのです。

勇気を持ってみて。

大切なものを守りつつ、暴走なんかができる器用だか不器用だかわかんない人は、あなたしかいないのだから。

面白い風景に出合うためにここまでやってきた。

だからこそ、これから先も目指していく場所は変わらない。

あなたの生き様を、ちゃんと見せてやんな!

仕事運はどうなる?

癒し系。

2020年下半期の仕事面でのあなたのテーマは「癒し系」です。変な言い方になってしまうのですが、蟹座は心の奥底に「大いなる体育会系気質」を持っています。「自分を磨く気のない者は去れ!」という、かなり激しい気質なのです。でも、不思議なことに、この2年間ぐらいのあなたは「他人に対するケア」とか「弱き者の味方」とか、そういう方向で動いていくことが多くなってきているのです。 2020年下半期のあなたの役割もそういう方向にかなり強く動いていて、仕事面でのテーマも「傷ついた人たちに何ができるか」がかなり大きな比重になってきます。「ダメージを負った人たちに、そんなに気張らずに元気になってもらう方法」とか、そういうことを重点的にやっていくし、役割として求められるのです。また、仕事を通じてあなた自身が癒されるということもすごく多くなってきます。あなたはこれまで「仕事と自分の感情は別物」として扱って、プロフェッショナルとしてやってきたけど、2020年下半期は「仕事なんだけど、私がやりたいからサービスしちゃう」とか、いい方向性での「私が楽しいからやっちゃうよ」というやり方が、いい風を生んでいきます。蟹座は時代の風を読みます。イケイケドンドンの時代なら、攻撃性を剥き出しにして「特別なことを考えていく人が生き残れる」というやり方がテーマになるのですが、今の時代性は「みんな、何らかのダメージを負っている」というものになっています。だからこそ、「いかに身近な存在でいてあげられるか」というのが、仕事面においてもかなり試される半年間になっていきます。

恋愛運はどうなる?

防御態勢から信じ合う関係へ。

2020年下半期の恋愛面でのあなたのテーマは「防御態勢から、信じ合う関係へ」です。2020年に入ったときにあなたが恋愛面や人間関係の面で大事にしてきたことは「もう利用されない」ということなのです。普段の蟹座は人生修行のために、「ほかにやる人がいないなら、私がやりますよ」と大きな仕事やミッションを引き受けることがある人なのです。でも、2020年の上半期には「これは理不尽だよな」とか、「もう無理だな」とか、人間関係で感じることが多くなり、「私の身を守るのは自分。嘘でもいいから自分に自信を持って、利用される人間関係は整理していこう」という動きを起こしてきたのです。

「信用できるかどうかわからない、グレーゾーンの人からは距離を取る」ということを2020年の8月ぐらいまではやっていくのです。でも、2020年の9月ぐらいから、あなたの恋愛運はかなり上昇していきます。籠もる時間があったからこそ、あなたの中で「もう一度私の周囲を明るくしていきたい」という、意地のような使命感が強くなるからです。

あなたは2020年下半期で、「ケア」とか「ダメージを負った者の味方」という立場を取っていきます。「そんなにいろいろ準備しなくていいからさ、みんなで気軽に楽しくなることをやろうよ」と、盛り上げていくし、「盛り上げていく人」と不思議と縁が生まれてきます。

蟹座は気がつくと「誰かを信用してはいけない」という気持ちに帰ってしまうことがあるため、この2020年下半期は「いつか誘う」とか「いつか行けたらいいね」という気持ちを、「じゃあ、いつにしようか?」に変えていってください。感覚が鋭くなり、「この人と一緒なら、まぁまぁ楽しそう」という人に気づいていけるようになるから。ただ、楽しいだけじゃなくて、自分なりの使命感を背負っている人に。

「私は遊ぶために生きていたんだ」ということにも気づいていくため、そういう人とは遊びの場面でフィーリングが合うことが多くなります。

月ごとのアドバイス

7
力を溜める。
8
私は、遊ぶために生きているんだ。
9
私、よく頑張ってきた。遊ぶぞ!
10
未来の船に乗る。
11
大きなチャンスが舞い込む。
12
未来を共に見ていく仲間。

★マークのついた⽉はラッキー⽉です。

July 7月
7月のオーラ
蟹座

力を溜める。

「力を溜める」のベージュが出ています。この7月は蟹座にとって「燃え尽き」の感覚がどこかでやってきたりします。というのは、蟹座は「1年のうち、大体2カ月間ぐらい」は営業モードじゃない、自分の素に戻る時間を必要とするのです。「誰かのために表情をつくったり、言葉を選ばなくていい環境」を、自分のいろいろなリフレッシュのために必要とする人で、それをこの時期にやろうとしてもなかなか目の前のことが忙しかったりして、できなかったりします。この7月のあなたは総じて「補強工事」をメインにやっていきます。今までの人生で乗ってきた船を修理し、必要な改装もして、今の自分がやらなきゃいけないことをやっていく。「今後、全体的にどうしていくか」の大きな方針などは決めない時期です。自力で全部をやろうとするんじゃなくて、流れに身を任せながら日々のことを頑張り、力を溜めていくとき。

August 8月
8月のオーラ
蟹座

私は、遊ぶために生きているんだ。

「生きるとは何か」のシルバーが出ています。この時期の蟹座は悟ります。「私は、遊ぶために生きているんだ」と。これはふざけているわけではなくて、自分が日夜いろいろなことにコツコツ励むのは、それらの日々から解放されて、風を感じ、太陽を浴びて、誰の何を構うわけではなくて思いきり遊ぶために生きている」と。「だから、そのためにまたいろいろなことを頑張っていこう」と気合いを入れ直します。また、この時期のあなたは言葉にはできないぐらい、「あ、そういうことだったんだ。私が頑張る理由はシンプル」と、確かな価値観の変動を味わいます。適度に遊びを入れながら、「もう一度、この部分を勉強し直したい」と、研究心が湧いたり、表現の仕方を勉強し直していくところが出てきたりもします。誰かが答えを持っている時代になったからこそ、「生きるとは何か」の答えを自分なりにもう一度つかみたい気持ちが強くなるのです。

September 9月
9月のオーラ
蟹座

私、よく頑張ってきた。遊ぶぞ!

「大好きな人たちに会う」のゴールドが出ています。8月までの蟹座が「ストイックモード」であるならば、9月からの蟹座は「陽が当たり出す。風が吹き出す」という、解放モードになっていきます。この時期のあなたは喜び事もちゃんとあって、特に懐かしい人とか、会いたかった人に会う運命が強くなります。「よく頑張ってきたよね」とお互いの健闘を称え合うような関係。この9月で、蟹座のエネルギーにすごい火がつきます。あなたは頑張るためのバカンスや、「日頃見ている景色から、いつも見ていない島や街などに行って、見る景色を変える」ということを必要とする人です。この時期、会う人も、出合う景色も、「今後も頑張れる」という、あなたの栄養源になってくれるはずです。小さなことでもうれしく感じられ、「よし、やるぞ」という気持ちに火がついていきます。

October 10月
10月のオーラ
蟹座

未来の船に乗る。

「自分にとって何が大事かがわかる」のターコイズ色が出ています。10月の蟹座はバランスが非常に取れていくのです。「力を入れるところは入れるけど、力の抜きどころもわかってくる。たまにサボったり、気晴らしも入れてみたりする」みたいな感じで、物理的にも精神的にも少し余裕が出てきやすいのです。10月までも含めて、あなたはこれまで「自分をここまで運んできてくれた船」を守るのに必死だったところがあります。自己都合で未来の計画は立てられず、ただ修理しながら、守ることを一番にしてきた。でも、10月から「次」や「未来」の行き先が少しずつ見えてきます。まだ今年は終わっていませんが、本当にここまでお疲れさまでした。あなたはちゃんと大切なものを守ってきましたよ。だからこそ、これから先の「大切」が変わっていっても大丈夫。自分が「第一に優先すべきこと」の順位が変わっていく人も多いです。

November 11月
11月のオーラ
蟹座

大きなチャンスが舞い込む。

「大きなチャンスが舞い込む」のオレンジ色が出ています。この11月の蟹座は、自分が意図していなくてもスポットライトを浴びるようなことがあったりします。実現するかどうかは半々ぐらいの確率になるのですが、2021年に向けて「こういうことをやってみませんか?」とか、未来に繋がる案件の話などが来たりします。この時期、あなたをはじめ、周りの人たちにも「守る」とか「耐える」ことだけに目を向けるのではなく、「自分たちなりに、攻めていこう。つくっていこう」という気持ちが出てくるのです。「希望を見ていくために、手足を動かす。頭を使う」という作業を、あなたは、あなたと縁のある同志と共にやっていくのです。ただ、「完璧にやらなきゃ」という気持ちは不要です。ゆっくり構えながら、「あ、じゃあここをやらなきゃな」と見えてきたものからやっていけば大丈夫です。

December 12月
12月のオーラ
蟹座

未来を共に見ていく仲間。

「未来を共に見ていく仲間」の緑色が出ています。12月になると、次の目標とか目的が見えてきます。ここ数年間の蟹座の特徴なのですが、あなたはひとりではなくて、仲間と共にいます。刺激を受け合うレベルが一緒の人たちと、不思議と縁が繋がるみたいな感じ。それがこの時期、「今の自分のレベルで気が合う人と、気が合わなくなってきて疎遠になっていく人たちがハッキリする」という感覚が強くなっていくのです。「この人がこういうことをやるなら、私もこういうことをしていこう」と、刺激を受け合い、世の中や、自分が見ている世界に対して「面白いことをしていこう」という気持ちが強まります。2020年はいろいろキツいこともあったけど、みんながそれぞれの地中でちゃんと力を溜めてきた。そして、その力をこれから先、地上に向けて開花させていく。「この人の友達、仲間でよかった」と実感していくことが多くなります。好きな人がいるから、これから先も頑張れるから。

しいたけ.からの
魔法のメッセージ

2020年下半期の蟹座はさらに武装が解除され、裸になります。予測や結果ではなくて、「人」を見るようになっていきます。これまでのあなたの人生が「結果を出すための孤独な戦い」が強くあったとしたならば、結果を出すために「人同士は別に全員と分かり合わなくても構わない」と思ってきたならば、これから先のあなたは「この人を知るために生きてきたんだ」と、強烈に人への関心が増してきます。同様に、あなた自身も縁ある人から「何でこんなに面白いのに、目立ってこなかったの?」と注目されていくようになります。見切り発車でもいいから、ピンときた人との時間を増やしていってください。誰かを笑顔にする時間をつくっていってください。笑顔になるから頑張れる。特別な結果を望むんじゃなくて、みんなで笑い合うことを求めていってください。力を溜めて、爆発させるために。

しいたけ.

SHIITAKE LIVE CHATしいたけ.さんが登場!
SHIITAKE LIVEを
お見逃しなく。

しいたけ占い2020年下半期公開を記念して、占い師しいたけ.さんが12星座別のLIVEを インスタグラムとツイッターで同時開催。星座別にお悩みや質問も募集中なので、ぜひ参加して! 詳細はこちら