VOGUE GIRL LINE Twitter Facebook Pinterest Instagram mail
双子座

双子座のみなさんへ
2020年下半期、双子座は
「原始人に戻る。愛を込めて、
手づくりの新しい村をつくっていく」

みなさん、こんにちは。しいたけ.です。

今回、2020年の下半期占いを書いてみて、ちょっとほっとした部分がありました。というのは、この先順々ですが、「楽しみとバカンスはちゃんと戻ってくる」と感じたからです。そして、多くの人には、想像を超えた「しぶとさ」もちゃんとありました。もちろんいい意味ですよ。その上で今回は「12星座ごとの、新しい道への繋げ方」を中心に書きました。

もうひとつ話をさせてください。僕は占い師として、これまでいろいろな人の「挫折」の話を聞いてきました。挫折って、時間が停止することなのです。「今までの自分のやり方が通用しなくなった」とか、または、失恋のように「好きな人にフラれてしまった」とか。時間が停止すること、立ち止まることは苦しいです。でも、「停止」をした後の人が引き起こした、数々の「未来への爆発力」も、この目で見てきました。

2020年下半期は、喪失感や悲しみを、未来をつくり出していく馬力へと変換していくときだと思います。もちろん、自分のペースで大丈夫ですし、人と人との協力はかかせません。少しずつ、爆発力を起動していきましょう。今できることも、近い未来に再び迎える展開も、これから目にしていく世界は、全部宝物になっていくから。

2020年下半期の運勢は?

新しい村をつくっていく。

双子座

2020年下半期の双子座は「新しい村をつくる」の茶色が出ていました。この「新しい村をつくる」という独特のキーワードを説明したいのですが、大まかに、双子座は2019年からかなり強力に「私は私で自分の流れをつくっていく」という作業をしているのです。

あなたは自分の気持ちの中で

「社会や周りの流れにすべてを合わせなくてもいい。私は私なんだから、自分にとっての幸せの方向性とか、心地よさとか、住まいとか、時間とか、そういうものを周りの有志と協力しながらつくり上げていきたい」

という感覚が、どんどん強くなっているのです。

そして、2020年下半期はあなたの周りに再び人が集まってくるのです。

「全部が全部仲よくならなくてもいい」

というルールの元で、「こういうところはお互いに協力しよう」と言い合いながら、自分たちの居場所を再構築していく。そういう、一種の「村をつくる」みたいな作業が本格的に始まっていくのです。

2020年の下半期に具体的にあなたがどういう動きをしていくのか、一緒に確かめていきましょう。

原始人化する双子座。

もう一度振り返りたいのですが、2019年からのあなたの変化は、実はすごいのです。

あなたはまず、2019年から、「社会や周りの流れと、必ずしも自分は一緒じゃなくてもいい」と思ってきているはずです。

少しだけ極端な言い方になるのですが、双子座は今すごく「原始人化」をしている流れにあるのです。

「原始人化が始まっている」と言っても、別に槍とたいまつを持ってマンモスを追っかけるような流れが加速しているわけではなくて、「自分の衣食住、そして、自分が心地よく時間を過ごす場所を、できる限り手づくりしていきたい」という感じなのです。「脱・便利」というか、自分にとって大事なアイテムや、大事な時間、そして、大事な仕事については「ゼロからつくりたい」という気持ちが強くなってきている。

「誰かによってつくられた世界に乗っかっていくんじゃなくて、モノをゼロからつくる喜びを味わいたい。喜びとか楽しさだけではなくて、何か自分がそうすることに使命感すらある」

など、そういう気持ちが強くなってきているのです。

違うたとえ話で言うと、10代のころに、「手づくりの遠足のしおり」をつくったりしませんでしたか? あれって、今では現地に行って調べれば、どこに何があるかは携帯電話が教えてくれます。でも、そのような「便利な旅」を繰り返しても、お腹いっぱいの思い出にはならないと、あなたは強く感じ始めています。双子座はすごくヘンテコなのですが、2020年の下半期は「不便」とか「ゼロから」という動きをとても歓迎するようになります。仕事でも、プライベートでも「よし、せっかくだから仕切り直すか」と、周りを巻き込み、ルールを決め、「自分たちの新しい村を起こすかのように」、新しい寄り合い所をつくっていくのです。

本質が猫であることについて。

もうひとつ、あなたにとって大きな変化として、「素の感情を出すのが上手になる」ことがあげられます。

本当に不思議なのですが、双子座はなぜか「自分の素の感情を隠さなきゃ!」という恐怖心があるのです。服の中にさらしを巻いている感じがあって、あなたが時折見せる明るさは「サービスはするからこれ以上入ってこないでね」と、他人から距離を取るためのバリアであったりします。

あなたは、カメレオンが森林で敵から身を守るように「相手に合わせているようにしながら、相手から距離を取る」という防衛ラインを持っているのです。

ちなみに、双子座はみんなで盛り上がっているときに「あー、はい、はい、はい!」と言いながら、大きく体を後ろにのけぞらせるようなところがあります。あれは「そろそろ帰りたいぞ」の合図であったりもするのです。

なぜそのような防衛ラインを持つのかというと、双子座の本質には森の住人というか、「猫性」があるからなのです。あなたのことをカメレオンと言ったり、猫と言ったり、忙しくてすみません。

猫は、自分のペースで誰かに近づきたいのです。でも、それによって「あの人とは仲良しなわけよ」と妙に相手がなれなれしくなって、「今日さ、今から来れる?」とか誘われると、「うっ」となる。あなたには猫性があるから、昨日まで乗り気だったのに、今日になって気持ちが変わって「やっぱり無理っす。みんなで行ってください」と言える関係を尊んだりします。双子座のコミュニティは「仲はよくて、好き放題いろいろ話すけど、いい意味でそこまでお互いのパーソナルな事情に関心があるわけじゃない」という、ちょっと芸術家同士のサークルみたいなところがあります。

ただ、2020年の下半期は、あなたはお腹に巻いたさらしを取る感じで、自分の率直な意見を周囲に伝えていきます。「私、大体こんな感じの人間っす」と言って、周りに自分のことを伝えていきます。今までは苦手だったのが、割とあっけらかんとやっちゃう感じになっていく。

これまでのあなたのコミュニケーションの防衛ラインは「周りの流れに合わせる」というところが大きかったのです。でも、今のあなたは自主的に「自分にとって居場所となっていくようなコミュニティ」を再構築したくなってきたからです。

だから、ちょっとひどい言い方になっちゃうんですけど、2020年下半期は気が合わないなら最初の段階でお互いに分かり合ったほうがいいです。無理になれ合おうとしたり、気をつかいあったりしないで。あなたは、「このルールさえ守ってくれたら後は自由にやってくれてもいいよ」と、出入り自由な場所を持っているから。

村をつくる。

2020年の下半期から、本格的にあなたは「新しい村の創設」を始めます。

ここはちょっと大事なところなのでよく聞いてもらいたいのですが、2020年下半期は、号令というか、今わかっている範囲でいいから「私はこういう暮らしをしていきたい」と周囲の人に話してほしいのです。

これは別に「ビッグになる!」とか「大金持ちになってみんなを私のお家に招待するね!」とか、そういう宣言ではなく、「住みたいお家は、駅から少し離れても緑が多くあるところ」「年に1回は行ったことのない場所に行って冒険をしてみたい」「こういうことに向けてお金を貯めていきたいから、毎回付き合いの席にはいけない」「私はこういうことをしていきたいから、もしかしたら、こういう部分では助けを求めるかもしれない」など、今からちゃんと現実的に目指せる目標設定をして、それを宣言する、みたいな感じです。

結構大事なことなのですが、この時期にあなたが「こういう暮らしをしていきたいな」とつぶやいたり、周囲にいる人たちに向かって伝えたことは、3年後とかに叶えてしまったりします。どうしてかというと、今のあなたは「これからの未来」と「これまでの現実」のちょうど狭間にいて、言い方はロマンティックになってしまうのですが、「未来時間」のほうに大きく入っていくからなのです。

だからですね、ぜひあなたの口から「村の掟」を伝えてほしいのです。

これは別に、「これをしちゃダメ」と禁止のマニュアルをつくっていくわけじゃなくて、

「こういうことをしていきたいから、もしかしたら、こういうことでお願いが増えるかもしれない」

とか、「こういう暮らしを目指していきたいから、協力してくださいね」と、協力を要請する意味になる掟なのです。

夢や願望は、自分の胸の中だけであたためていくこともできます。そして、その時間ももちろん大切です。

ただ、「こうしていきたいから、ここの部分でお願いすることがあるかもしれない」と、周囲にいる人に伝えたときに、はじめてその夢や願望は手足を持ち、羽を授けられていくことになります。たとえば、山登りが趣味な人に家族やパートナーがいたとしたら「やっぱりさ、毎年1回は山に会いに行きたい。だから、それまでもうちょっとこの家事の部分を私なりに成長させていくから、山登り、いいかな」と協力を要請する。すると、その協力を要請された側も、あなたの夢への共同作業にちゃんと入ってくるのです。もちろん、そこで「無理」と言う人もいるけど、「その夢に関しては」というだけで、ほかの部分では協力してくれるかもしれません。

2020年の下半期の双子座は、自分勝手に生きたいわけではなくて、「実はこういう計画をしてまいりましたので。ではよろしくお願いします」と、自分にとっての大事な人生プランを、周りに報告していくようなところにいます。

感性と根性の手づくりの世界。

2020年下半期に、ぜひおすすめしたい趣味があって、それは「写真や手づくりの世界を持とう」ということなのです。どうしてこんなことを言ったのかというと、たとえば写真を撮ることは、おそらく、その行為には「この世界に自分なりに色づけをしたい」という意思が出るからなのです。自分でつくった料理を写真で撮るときには「おいしく撮りたい」という意思が出る。手作業も、そこに愛情がこもる。

2020年下半期のあなたが目指していく場所は、「現実」ではなくて「理想」です。

「私なりにこうしていきたい」という理想をあなたは強く持つことになるのです。

理想を持つ人は、現実の厳しさを知っています。でも、それ以上に、自分が向かっていく世界に美しさや、惹かれるものがあることを知っていきます。

手作業は、写真や自分の目の前にある世界の美しさや尊さを見つけ出す作業になります。

もう一度世界を切り抜き、編集し、そして、自分なりにつくり直していくこと。

その作業が共感を呼び、あなたの村になっていきます。

自分にとっても、自分の周りにいる人にとっても、大切な場所をつくっていくために。

あなたの感性と根性が、120%発揮できる世界へ。

みんながあなたを待っています。出発してみてください。

仕事運はどうなる?

結果を求めるためのコミュニケーション。

2020年下半期の仕事面でのあなたのテーマは「結果を求めるためのコミュニケーション」がキーワードになります。本文でもお伝えしてきたように、双子座には強く「猫性」があります。だからこそ、「まぁ、結果さえ出してくれれば、後は自由にやっていてくれて構わないよ」という環境を、自分に対しても、他人に対しても求めます。ただ、2020年の下半期に関しては「個人行動でやっていく」のも大事になるのですが、「自分はこういうことをしたいのです」「この部分に関しては協力してもらえますか?」などを示して、コンセンサスを得ていくのがとても大事になります。この時期のあなたは、「ただ働く」だけじゃなくて「何のために働くのか」ということも、共通の認識として持っておかなければいけないのです。「相手はわかっているかもしれないけど、何のためにこれをやるのかはもう一度確認しておこう」とか、そういう地味で目立たない確認作業が結構重要になります。この下半期は、世の中にあった今までの常識が総じて変化するタイミングにあります。だからこそ、あなたが発案する「これ、今まで当たり前だと思っていたけど、またゼロからこういうことをやる企画にしてみたら面白いんじゃないですか?」とか、「当たり前だと思っていたことをもう一度掘り返してみること」も大事な仕事になっていきます。一緒にいる意味とか、そういう「当たり前だったこと」も、もう一度「あなたと一緒だったから、こういうことができた」とか、改めて気づいたこともちゃんと伝えてあげてください。

恋愛運はどうなる?

「一緒につくっていこう!
あなたの協力がいる!」
と元気に雄叫びを上げる。

2020年下半期の恋愛面でのあなたのテーマは「協力」です。

この時期のあなたはかなり「恋愛関係も含むチームワーク」が盛んになっていきます。あなたは自分がつくっていきたい理想や、やっていきたいことに対して、周囲の人に「ここを手伝ってほしい」と協力を要請するし、また、あなた自身も「ここをあなたに頼みたい」と頼まれることが多くなるのです。双子座は、今まではある程度強くあった「私は私で勝手にやるよ」という世界から、もっと濃密に人を必要としていくし、また、人から必要とされていくのです。

この時期の恋愛において大事なことは「私はこうしたい」とハッキリ伝えていくことです。

恋愛面も含めて、2020年下半期の双子座は荒ぶる原始人同士の、強力な戦闘集団をつくっていきます。「私はこれをやりたい」「じゃあ私はこっちで面白い店を探してくる!」とか。その中で絆を見つけ、「この人を必要としたい」と熱を持って見定めていく。だから、「何をしたいか」の声を上げていってください。雄叫びを上げる感じでいいから。

冷めた感じの恋愛ではなくて、各々が戦闘集団であることを自覚すること。「こういう未来を意地でもつくっていきたいからこそ、あなたの助けがいる。あなたにはいてもらわなくちゃ困るの!」というぐらい、自分勝手な雄叫びがいいです。取り繕ったものじゃなくて、自分の欲望に忠実だからこそ、それを見ていてほしい仲間がいる。パートナーがいる。自分の気持ちに忠実に。

のろしを上げ、松明をかかげ、「一緒につくっていこう! あなたの協力がいる!」と雄叫びを上げてみてください。

月ごとのアドバイス

7
慣れることに重点を置く。
8
大事な話を伝えていく。
9
仲間とリズムに乗る。
10
筋トレ。
11
体力回復期間。特別なご褒美DAYもつくってみる。
12
アイデア。そして、生まれ変わった自分。

★マークのついた⽉はラッキー⽉です。

July 7月
7月のオーラ
双子座

慣れることに重点を置く。

「慣れる」のネイビーが出ています。7月全体を通じて言えることなのですが、「地味なことをしていくことが、勝利への道」と思ってほしいのです。この時期のあなたは「新しい環境の中での過ごし方に慣れようとしている」という段階です。スポーツの世界で高地トレーニングという手法があります。空気の薄い高地で、心拍機能などを鍛えるものです。7月のあなたは、本格的に動く前に、つまり、「早く成果を出さなきゃ」と焦る前に、まず慣れることに重点を置いてみてください。7月の半ばあたりで環境に慣れてくるので、その後は「急な思いつき」を大事にしてみてほしいのです。「あ、今思いついたんだけど、明日あれやっちゃわない?」と突然言い出すことが、仕事でもプライベートでもいい結果に繋がっていきます。

August 8月
8月のオーラ
双子座

大事な話を伝えていく。

「大事な話を伝えていく」の紫が出ています。この8月は結構大事なタイミングでもあって、「こんな話、していいのかな?」と思う話こそ、勇気を出して周囲の人にしてみてください。

2020年下半期のあなたは「みんなでひとつの組合とか、村とか、未来を切り開く団体をつくっていく」という流れが強いのです。だから、8月は「一緒にいる人に、自分が何を考えているか聞いてもらう。そして、相手の話を聞く」のがとても大事になります。「家族」を表す縁の話があったりするので、大事な人ほど気にかけてあげてください。いろいろと、前へ向かってアイデアが進み出していきます。この時期も「突然だけど、明日どうですか?」という誘いなんかも有効になります。パッと思いついたことを、タイミングを逃さずに速攻でやってしまうことに、幸運の鍵があります。

September 9月
9月のオーラ
双子座

仲間とリズムに乗る。

「仲間とリズムに乗る」のターコイズ色が出ています。9月はプライベートでもお仕事でも新規の話が入ってきやすいです。ただ、いきなり話の腰を折るわけではないのですが「成功率は半々ぐらい」だと想定しておいてください。嫌なことを言いたいわけではなくて、全部に期待する必要はないけど、この9月はフットワークを軽くしておく必要があるのです。雑談でも、真剣な話でも、「聞いたことが前に進んでいく」動きが強いときなので、流れに乗ってみてください。また、なかなか忙しくなってくるし、2020年下半期の双子座はとにかく「いろいろな企画とかアイデアを出していく」という運命が色濃くあるから、頭を使う機会がかなり増えます。だから、気分転換というか、気晴らしのやり方は持っておいてください。おすすめは水面を見るとか、川の流れを見るとかです。もしできたら、無理はせずにやってみてください。

October 10月
10月のオーラ
双子座

筋トレ。

「筋トレ」の白が出ています。2020年全体の特徴として、やはりある程度の波があるのです。そういう意味で、この10月の双子座は「ちゃんと対応はできていくから、あわてずに基本をやっていくこと」になります。この10月はちょっとだけ無理をすることも必要になります。今までやってきたことが、この時期にひとつの形になっていくから。だから、絶対に諦めないで、自分を信じてやってみる。この時期のあなたは「他人は他人。自分は自分。種を撒いていく者だけが、次の結果を手に入れることができる」と確信している必要があるから。コミュニケーションに関しては、相手に悩む時間も与えてあげてください。すぐに解決しようと焦ると、水の泡になっちゃうこともあるから。「キレないですよ」を合言葉にしてみてください。

November 11月
11月のオーラ
双子座

体力回復期間。
特別なご褒美DAYもつくってみる。

「体力回復」のピンクが出ています。11月は少しゆっくりできるときでもあります。ただ、時折ゆっくりして体力は回復させつつも、この11月から年末にかけて、双子座は加速していきます。自分が決めたことに対して、突っ走っていくからです。この時期のキーワードは「仮説と検証」です。自分でこれまであたためてきたこと、「こうすればもっと面白くなるんじゃないか」と組み立ててきたことを、より大きな範囲で実践していくイメージです。ただ、体力的には回復期にあるので、「あ、ちょっとここは体力的に無理しないほうがいいぞ」と思ったら休むこともしてみてください。11月は成果が大きいときでもあります。ちゃんと乗り切るために「特別なご褒美DAY」もつくってみてください。「今日は好きなものを食べていい日」とか、そうやって自分を解放させる日をつくってあげる。コミュニケーションも変わらず大事になってくるので「相手のレベルに合わせて、ちゃんとわかりやすい伝え方にする。丁寧に越したことはない」と思ってください。

December 12月
12月のオーラ
双子座

アイデア。
そして、生まれ変わった自分。

「アイデア」のエメラルド色が出ています。この12月があなたにとっての2020年の総決算の時期になります。というのは、あなたはすでに「他人がいいと思うものじゃなくて、私がいいと思う生活。そして、私がつくり出すもの」をテーマにやってきました。「今まで通りのことをしてもしょうがない」という気持ちが強くなったのです。今までの自分だったら「え、私そんなことやるの?」と想像できないキャラになったりもしました。12月のあなたは「会社をつくる」みたいな感じでもあって、ただの夢物語じゃなくて、実際の戦闘集団をつくったり、その一員になったりします。「私の人生は、私のためだけにはあらず」と、気持ちの中ですごく熱いものが出てきて、お互いに助け合いたい気持ちも出てきます。2020年は、苦しいときもあったからこそ、これから先の希望や可能性もあなたはちゃんと見出していきます。最後までやり切って、そして、「お疲れさま」と自分に声を掛けてあげてください。

しいたけ.からの
魔法のメッセージ

通常、「ゼロからいろいろなことをつくり直す」という作業は、しんどいと感じるケースのほうが多いです。楽に生きられるなら、楽なほうが絶対にいいわけだから。でも、あなたは「これまでやってきたことは、いったん置きたい」という気持ちが強くなっているのです。自分の可能性の「次」を見ていきたくなった。今までやってきた経験を活かしながら。あなたは素直になります。そして、強引になります。今までだったら「悪い」と思って言えなかったことも、「こういうのをつくったほうが絶対に面白いから、協力して!」と目を輝かせながら言えるようになっていきます。

「もう、そういうのよくない? 飽きた」

だからもう、自分の手で新しい世界をつくってしまう。

あなたがつくっていく世界を見させてください。みんなは、あなたのつくっていく世界を見たいのです。

しいたけ.

SHIITAKE LIVE CHATしいたけ.さんが登場!
SHIITAKE LIVEを
お見逃しなく。

しいたけ占い2020年下半期公開を記念して、占い師しいたけ.さんが12星座別のLIVEを インスタグラムとツイッターで同時開催。星座別にお悩みや質問も募集中なので、ぜひ参加して! 詳細はこちら