VOGUE GIRL LINE Twitter Facebook Pinterest Instagram mail
魚座

魚座のみなさんへ
2020年上半期、魚座は
「熱意と刺激。
本気の夢を見ていけるのは
今の私しかいない」

こんにちは。しいたけ.です。とても早いですがもう年末が近づいてきているのですね。

2019年という年は、多くの人にとって「自分のルールを見直す」という難題にチャレンジした1年になったと思います。幸せを築いていくって、時に辛いのです。いらないものを捨てなければいけないし、他人の期待には応えなければいけない。さらに、2019年は多くの人が「このままの形ではちょっと頑張れないかもな」と、弱気や燃え尽きすらも感じた。でも、この上半期の占いを書いていてひとつ確信したことがあったのです。みんなが、2019年でやってきた苦労は2020年の上半期でちゃんと生きていく。2020年を生きていくために、あなたは「影」のほうからちゃんとつくっていった。先に苦労のほうをしておいた。だから、この上半期占いを読むときはどうか、みかんや甘いもの、飲み物など好物をおともに「よくやってきましたね。私」と自分を褒めながらぜひ読んでみてください。

2020年上半期の運勢は?

次の「わからない」に向かっていく。

魚座

2020年上半期の魚座は「徹底的にやる」を表す黒が出ていました。2019年から続く2020年のあなたの物語には「今までの自分の限界を超える」というような、少しだけ過激な匂いが付きまといます。今まで感動してきた世界や、「これが普通だよ」と提案されてきた世界に対して「本当にそうなのかな?」と疑問を抱き始める。「こうするのが普通」と言われてつくられてきた世界に自分は沿う必要はあるのか? もっと面白い遊びがあるんじゃないか?

「人生を本気で遊ぶために私ができること」

立派な大人に相談したら「何を言ってるの? ちょっとそこに座りなさい」と怒られるような不謹慎で、過激な夢をあなたは抱き始めているのです。あなたがこの2020年上半期に求める合言葉はごめんなさい、「求ム! バカ仲間」になります。一緒に真剣なバカができる人同士が集まり、素敵な夢の光景を見ていく。それがあなたにとっての新しい時代の幕開けの合図になっていきます。

思春期の部屋。

少し振り返りもしたいのですが、2019年の魚座がどういう1年だったのかと言うと、それは「思春期の部屋」という形で表現できます。

「思春期の部屋」とは何かを説明します。早い人で小学校の5年生とか、中学生ぐらいになって、親に自分の部屋を与えられるとします。しばらく経つと、部屋は「絶対に親に入ってほしくない聖域」になっていきます。親に反対されるポスターを貼りたいし、「なぜこれがいいのか」を大人に説明する必要性も感じない、自分と同世代の子がハマっているグッズだって飾りたい。

思春期の部屋は、子どもがこれから自分の生きていく世界観のベースをつくっていくために、自分にしかできない装飾を手掛けていく大切な空間でもあります。この時代の子どもにとって、「なんでそれがいいの?」という質問が一番ウザくて、「いいじゃん別に」としか答えたくないのです。

2019年の魚座が強くやっていたことはまさにこの「思春期の部屋」で、「自分で理由はちゃんと説明できないけど、自分の熱がそこに向かっていくもの」ととにかく強い縁ができて、一時的にバランスを壊していく1年になりました。

「何かを新しくつくっていくためには、今までの自分の部屋を壊さなければいけない」

という形になっていったのです。

魚座にとっての「2019年の破壊」はかなり激しい形になった人もいて、「え、あなたはそんな人だったの?」と周りから驚かれるぐらいに暴走していくパターンも出てきやすかったはずです。反抗と熱狂、そして、自分の新しい居場所をつくっていくこと。大げさな言い方になってしまうかもしれませんが、2019年のあなたは命がけで自分の「今までのイメージ」から脱却していったところもあったはずなのです。

「お、なんだ? 私に反対するのか? そしたらじゃあ、徹底的にやってやるぞ」

という、そういう喧嘩腰の姿勢もあったりしました。言い方が悪かったら謝りたいのですが、2019年のあなたは決して「扱いやすい人」にはならなかったはずなのです。ちゃんと暴走をして、ちゃんと楽しむ。そして、真剣に「これから」を追求する。それは、誰かの「正解」を待っているだけではできなかったから。だから、多少暴走してでも自分に響くものや人を見つけに行く。そのような時間をあなたは過ごしてきたのです。

バカの熱量を持っている親友との出会い。

すごく大げさに聞こえてしまうかもしれないのですが、やはり魚座にとって2019年という年はこれから迎えていく未来の何年かにとって必要な「反抗期」だったのです。

2020年上半期は「外の世界に出ていきたい」が大きなテーマになります。

何のために外の世界に出ていくのか。

それは、自分と同じ芯を持っている人と出会い、刺激を受け、それによって「自分を知っていく」ためです。

ここをちょっと説明させてください。

これは僕の私見になってしまうのですが、大人になってから出会う親友と、子ども時代に出会う親友は、お互いに求め合うものが変わってきます。

子ども時代の親友は「ずっと一緒にいて」「くだらないことでもずっと話せて」「相談にも乗ってくれる」という相手。普通の友達と親友との違いというのは、相手の喜びを自分のことのようにうれしく、相手の悲しみを自分のことのように悲しく思うことです。

それでは、大人時代に会う親友は何が変わってくるのでしょうか。

自分と同じぐらいの熱量とセンスを持っている。なぜか話が合う。夜中の2時までも話せてしまう。その人と会うと何かいろいろなことが整理されてスッキリする。好きに話せる。

こういうところは子ども時代の親友と同じです。

でも、大人になってから出会う親友は

「こいつがバカだから、私ももっとバカになろう」

と真剣に「バカを願い合う人同士」なんじゃないでしょうか。

「普通に」「おとなしく」「差し支えなく」やることもできる。

でも、その人の生活のどこかで「限度を超えてやっていることがある」。そういう、「バカの熱量」を持っている人同士で、この2020年上半期の魚座はかなり惹かれ合っていきます。

だから、すごく怒られるかもしれないのですが、2020年上半期のあなたは、素敵な出会いのために、素敵な人との濃い時間のために、どこかで「限界を超えたバカ」になっていってほしいのです。

もちろんそれは「Twitterなどに大炎上することを書き込む」とかそういうことじゃないです。

そうじゃなくて、「バカ」と周りに言われるぐらいまで、こだわる場所を持つことなのです。そう、「バカ」とは「プロ意識」のことなのです。バカみたいに手が抜けない。でも、それをやらないで今日1日を終えるわけにはいかない。

この上半期のあなたはますます「他人がこういうやり方をしている」という平均的な回答についてはどうでもよくなります。でも、自分の「バカな親友」の動向だけは気になる。「あいつ、まだここまでやってるんだ。バカだなぁ。負けてられん」。濃い刺激や価値観をお互いに与え合う。この親友との関係は、あなたの一生も左右するぐらいの強烈な体験になっていくはずです。

部屋の外に出て冒険していく。

2020年上半期のあなたには、「旅をすること」をおすすめしたいのです。

どうしてか。それは2020年という年があなたにとってひとつの「新しいスタート」になっているのです。それだけ、2019年まで「ひとつの区切り」として、倒れる寸前まで頑張ってきた魚座も多いです。

だから、2020年上半期はガラリと空気を変えたい。思いきり寒い地方か、思いきりあたたかい気候の場所に行ってみる。それだけでかなりのリフレッシュになります。特に、魚座においては空気を入れ換えないと「ムキになって、勝利をつかむまで暴走をする」という傾向が出てくるため、一息つく時間も必要になります。

良い意味でも悪い意味でも、2020年上半期の魚座のプライドは富士山級に高くなっていきます。良い意味においては「私を誰だと思っているんだ!」と言い切って、難しい課題などにもチャレンジしていきます。そして、結果を出していきます。悪い意味では「ごめん」とか、「そういう考えがあるんだ」と切り出す、他人からの提案を一切拒絶していくようなところも出てきてしまいます。

自分の余裕の無さとプライドの高さはリンクします。

だから、気持ちの余裕がグラついてきたら、「きれいな湖を見て現実から逃げたい」と、ちゃんとした逃亡の手段を持っておいてくださいね。現実には2020年は366日、24時間ずっと継続して踏ん張ってはダメです。たまに逃げて、少しだけでもリフレッシュして帰ってくること。

刺激と刺激と刺激。

2020年上半期の魚座は「刺激」に飢えます。ライブやコンサートなどに行ったことがある人ならわかってくれると思うのですが、ステージと会場のボルテージが最高潮に達したときに「あーもう、死んだ」という瞬間があります。これは別に不吉な意味で言っているわけではなくて、「もう、この感動をどう言い表していいのかわからん」という形で、今までの自分の体験を超えてしまうものが目の前で行われている。だから、それを言語で表現することができない。ライブやコンサートは一種「浄化」のような働きをすることもあります。今日のステージに立ち会えたおかげで、生まれ変わって、明日からもまた頑張ろうという気持ちになれるから。

この2020年上半期のあなたは、「すべては感動のために」というぐらいまで、ちゃんと自分のボルテージが最高潮に達するまでの準備をコツコツとやっていくことになります。

スポーツ観戦や舞台、ライブやオペラなど、そういう「生の舞台」は何でもおすすめしたいです。そのような舞台に気持ちを揺さぶられていくことによって、あなた自身が表現したいことが変わっていくから。

世の中に生まれるすべての人が歌手であったり、俳優であったり、舞台の上に立つ人ではないかもしれません。

でも、時間をかけてでも、今のあなたは自分の舞台をつくっていくことができる。

普段の自分の仕事の現場などでも、「おし、ここだけは絶対に面白くしていくぞ」と、カチッとスイッチを入れていくことができる。

自分の温度を、生活のどこかの一部において熱くしていくこと。

2020年上半期のあなたは「巡り合わせ」の時間になります。同じ温度を持っている人同士で引き合っていく。惹かれ合っていく。「あいつがバカをやっているから、私ももっとバカにならなきゃ!」と刺激をされる。

予測ができる明日を迎えていくために、真面目に頑張ることも必要です。そして、時には「この面白さがどこに繋がっていくかわからない。だからこそ、ここは損得抜きで本気でやりたい。私が楽しみたいから!」という時間も大事になります。

「こういう人生で良かった」と、面白い夢を見ていくために! 特別なバカにしか夢は見られないから!

仕事運はどうなる?

+10歳の価値観。

2020年上半期の仕事面でのあなたのテーマは「+10歳の価値観」です。2019年までのあなたの大きなテーマが「破壊」だったとすると、2020年の上半期からは「創出」になります。つまり、あなたがメンバーの中心になって新しい事業やカテゴリーの開拓をしていく機会に多く恵まれていくのです。その際に大事なことがあって、それが「今の自分の年齢に10歳ぐらいプラスして世界を見ていく」という見方なのです。どうしてなのかというと、この上半期は「破壊」だけを大事にしてしまうと「こんなの面白くないよ」と、乗り気にならない形で終了してしまうから。建設的で、具体的な成果をたくさん残していく。そのために今のあなたは「私が上司の立場だったら、私に何を期待するか。何をしてほしいか。そして、何に裏切られるか」と、そうやって「上の立場から見た自分」をイメージすることが大切になります。また、この上半期はいろいろなことを年上の人から具体的に教えてもらう機会が増えるので、いろいろなことを話し合ったり、疑問に思ったりしたことをぶつけてみたりしてください。

恋愛運はどうなる?

リスペクトし合う仲。

2020年上半期の恋愛面でのあなたのテーマは「リスペクトし合う仲」です。2020年上半期で、あなたは大きく「外の世界」へ出てみたくなります。仲間内で話し合われる毎日も大事なんだけど、「どこまで自分が通用するのか」「世界にはどんな面白い人がいるんだろう?」というような、出会いに対する期待がとても高まるのです。だから、何かを準備するんじゃなくて、「知らない人に会いに行く」ことをちゃんと大切にしてみてください。もちろん、怪しい人からの誘いは各自警戒して、ほいほい行かないでほしいです。

その上で、あなたが恋愛面で縁が結ばれやすい人というのは、「隠された過激」を持っている人です。外見はおとなしいけど、すごく音楽に詳しい。ただ詳しいだけではなくて、お金を貯めて生の演奏を聴きに行っているとか。そのような、「一歩進んだ自分の趣味や道楽の世界」を持っている人と相性がすごく良くなっていきます。どの人と接する上でも「この人のどこが尊敬できるか」を探してみてください。「この人はいつも楽しそう。すごいな」と「この人はちゃんと言われたことを守ろうとしている。すごいな」など。もちろん、「ずっと考えていたけど見つかりませんでした」という人はスルーして大丈夫です。マイナスな面はどの人も持ちます。でも、きちんと「すごいな」と思える点を探して、それをお互いに大事に扱う。そうすると、あなたにとってライバルみたいな人とも、いつの間にかお互いをちゃんと意識するような仲になっていったりしますよ。

月ごとのアドバイス

1
まとまらなくていい
2
分かり合う
3
愛に目覚める
4
逃亡大事
5
楽しんだ者勝ち
6
難しいからこそのチャレンジ

★マークのついた⽉はラッキー⽉です。

January 1月
1月のオーラ
魚座

まとまらなくていい。

「まとまらなくていい」の黄色が出ています。この1月でもうすでにいろいろな動きがあるのですが、まず大事なのが、「感情の振れ幅が激しくていい」ということなのです。この時期、昨日まで調子がいいと思ったら、今日になって「やる気が出ない」となったりします。でも、すごくいい衝動も起きてくる。自信を得たり、自信を無くしたり。いろいろな自分が出るときでもあります。あと、この1月はいくつかのキャラを自分で演じ分けなければいけない機会が多いです。魚座は「嘘をつくのが苦手」な人でもあるのですが、そこに100%の感動がなくても「60点をきちんと演じる」のもすごく大事になります。他人に対して厳しくなってしまうときでもあるから、喧嘩の際などに言い過ぎないようにしてください。伝えたいことの6割で「ぐぬぬ。今回はここまでにしておいてやるか」と抑える気持ちも大事になります。

February 2月
2月のオーラ
魚座

分かり合う。

「分かり合う」のピンク色が出ています。この2月は今まで仲良くなかった人と仲良くなる可能性がかなり高いです。どちらかと言うと、「これまで仲良くしていて、相手と自分でリズムが合う」という人よりも、少しだけ距離が合った人と「あ、この人はこんなことを考えていたんだ」と気づいたり、お互いに距離が近づいたり、刺激を受けることが多くなります。同時に、この2月は「今までの自分の仲良しグループからちょっと距離を置く」ことも必要になってくる。もっと刺激を求めるから。刺激があって、深い話をしたい。予定調和の会話じゃなくて、もっとぶっ飛んだ話をしたくなってくるのです。いきなり新しい役割を任されたりもします。自分なりに考え、処理をしながら毎日を生きていくので、疲れを感じたらプチひとり旅もおすすめです。普段降りない駅のカフェにひとりで行ってみるとか、そういうことでも気晴らしになります。

March 3月
3月のオーラ
魚座

愛に目覚める。

「愛に目覚める」の赤が出ています。3月の魚座は突然深い愛に目覚めていきます。あなたの中で「あ、これは私が好きなやつだ」という感覚が強く出てくるのです。魚座は、人でもお店などでも「ここは深く愛したい」と思った対象に損得勘定抜きにして深く関わります。あなたは不思議と「お互いにとって、お互いの存在は必要」と思う対象に気づき、自分から愛していくのです。この3月は「好きなもの」を探してみてください。いわゆる、お店の入り口の雰囲気などに敏感になってみてほしいのです。そこで「あ、この雰囲気は、私が好きなやつだ」とコレクションを増やしていく感じ。「ほかの人が気づかない、マニアックな面白さに気づく。そして、面白さを感じさせたものや人を深く愛していく」と、ドラマティックな展開があったりします。

April 4月
4月のオーラ
魚座

逃亡大事。

「逃亡大事」のターコイズ色が出ています。この時期なのですが、少しだけストレスが出やすかったりします。頼まれ事とか、やらなきゃいけないことに対して「うっ」と感じやすい。そういう理由で、この4月は「一旦中断!」を合言葉にしてほしいのです。気晴らしを大事にしてほしいのです。特に、魚座の場合は1月からこの時期まで連続で頑張ってきたことが多くあったりするので、1回ここで解放される時間を自分でつくることも大事です。おすすめは、「自分だけの楽しみ」をちゃんと持つこと。ほら、たとえばみんなで遊園地に行っても、「自分ひとりしか乗りたくない乗り物」とかあったりするでしょう。そういうものにちゃんと乗ることが大事になります。魚座は時々「誰にも理解されないけど、自分だけがマニアックに愛する世界」に顔を出してストレスから解放される必要がある人たちなのです。

May 5月
5月のオーラ
魚座

楽しんだ者勝ち。

「楽しんだ者勝ち」の金色が出ています。5月はとても大きな波が来ます。プライベートと仕事、人間関係、そのすべてにおいて「あ、これは絶対に面白くなる」と確信するような流れや波が大きく到来して、そこに乗っていきます。なので、この時期のあなたはもう「面白いか」「面白くないか」の二択でいいと思います。ただ、やっぱり受け身で乗れる波ではないので、1日の中で、何か1割でも「このシーンは絶対に面白くしてやる」と自分を賭けたり、冒険していく気持ちを持ってみてください。あと、この5月はいい意味でドSのあなたが出ます。「いや、もっと面白くできるでしょう」と冷静に事態を見守り、もっといろいろ盛り込んでいきたくなるのです。人間関係でも同じ100℃で燃え上がれる人たちとの縁が結ばれやすいので「楽しんだ者勝ち」だと思っていてほしいのです。

June 6月
6月のオーラ
魚座

難しいからこそのチャレンジ。

「難しいからこそのチャレンジ」の紫色が出ています。これも不思議な話なのですが、この2020年上半期は、あなたはどこか「自分自身のプロデューサー」としての目線をずっと持ってきているのです。「私に何をさせたい?」とか「どういう舞台にチャレンジさせたいか」をすごく客観的に見てきているのです。その上で、この6月は運命からの挑発を受ける感じがあります。「わたしにできるの?」というような、いつもだったら気が引けてしまうような案件。でも、あなた自身は「難しいからこそやってみたい」という気持ちがあるし、ものにしていく自信もあります。この6月に安全策はいらないです。「できないかも」と不安に覚える気持ちも必要ないです。「ここまできたから、やってみたい」という台詞だけあれば大丈夫だから。

しいたけ.からの
魔法のメッセージ

この上半期の時間の中で、あなたにとって大事になってくるのは「私のプライド」という言葉です。「難しいかもしれない。でも、ここから逃げ出すことは私のプライドが許さない」みたいに、あなたはさらに前のめりになって、笑顔の戦闘モードの状態が増えていきます。「ここまできたんだ」と安息する時間も大事です。でも、ここまできたからこそ、さらにチャレンジしていきたいものが増えてくる。いい意味で、落ち着かないでください。答えを知らない、答えがわからないから先に進んでみたい。そして、先に進んだ自分がどういう景色を見ていくのか、確かめていきたい。「ここまできたから、やってみたい」。その言葉を大切に持ってみて、どうか前に進んでいってください! 2020年上半期のあなたの旅路が、幸運に恵まれることを!

しいたけ.

SHIITAKE LIVE CHATしいたけ.さんが登場!
INSTA LIVEをお見逃しなく。

しいたけ占い上半期公開を記念して、占い師しいたけ.さんが12星座別のINSTALIVEを開催。星座別にお悩みや質も募集中なので、ぜひ参加して! 詳細はこちら