VOGUE GIRL LINE Twitter Facebook Pinterest Instagram mail
乙女座

乙女座のみなさんへ
2020年上半期、乙女座は
「狩人に戻る。
大胆さと勢いが味方になり、
世界を切り開いていく」

こんにちは。しいたけ.です。とても早いですがもう年末が近づいてきているのですね。

2019年という年は、多くの人にとって「自分のルールを見直す」という難題にチャレンジした1年になったと思います。幸せを築いていくって、時に辛いのです。いらないものを捨てなければいけないし、他人の期待には応えなければいけない。さらに、2019年は多くの人が「このままの形ではちょっと頑張れないかもな」と、弱気や燃え尽きすらも感じた。でも、この上半期の占いを書いていてひとつ確信したことがあったのです。みんなが、2019年でやってきた苦労は2020年の上半期でちゃんと生きていく。2020年を生きていくために、あなたは「影」のほうからちゃんとつくっていった。先に苦労のほうをしておいた。だから、この上半期占いを読むときはどうか、みかんや甘いもの、飲み物など好物をおともに「よくやってきましたね。私」と自分を褒めながらぜひ読んでみてください。

2020年上半期の運勢は?

舞台は整った!

牡牛座

2020年上半期の乙女座は「舞台は整った。攻勢に出ていく」を表す黒が出ています。僕は自分の占いでカラーを用いている人間なのですが、そのカラーの中でも「黒」と「ゴールド」が出ている人の運勢は、まさに「運命」としか言いようがない形で動いていくのです。2020年上半期の乙女座がどういう運命に出合っていくのか。早速もう、本題に入っていっちゃいますね。

あなたが迎えたふたつの転機。

身も蓋もない言い方になってしまうのですが、2019年の乙女座は「なんだかよくわからないまま、ここまで奮闘しながらも、今の場所に流されてきた」という感想を持つ人が多いと思うのです。

まず、あなたが体験したこの「今の場所に流されてきた」という現象について説明したいのです。

僕は、自分で占いをやっている人間として、多くの人の「人生の転機」というものを見てきた経験があります。言い方がなんか偉そうですみません。

人が迎える転機には2種類あります。

ひとつは「このタイミングで、この人と出会うのは必然だった」とか、そういう転機です。それは、「トントン拍子で物事が進んでいってしまう」というようなときで、たとえば人生の中で「はじめて行ったハワイの風景」が後の自分に対して大きく影響を与えた人がいるとします。でも、その人は、ずっと毎日が忙しくて旅行に行く暇もなかったとします。でも、たまたまそのときに仲良くなった子も無類のハワイ好きで、その子と仲良くなるうちに「やっぱり、多少強引でも今行かなきゃ!」とチケットを取ってしまう。そういうのも人生の転機のひとつです。

もうひとつの転機。これはですね、すごく激しい言い方になってしまうのですが、「どう頑張っても、ひとつの方向に収束される」という転機です。自分なりに頑張って、自分の予想ではこういう方向に自分が行くはずだった。でも、自分が希望していた道が“まるで何かの強制力が働くかのように”次々と壁ができて、ほかの道に行くことを余儀なくされたとか。これはよくテレビのドキュメンタリー番組とかでも、お店をやっている人が、お店の看板商品の仕入れがある時期から急に難しくなってしまったとか、そういう大ピンチを迎えることがあったりします。そこで、「自分がやってきたことを変えること」を大胆に試さざるを得なくなる。

今、ふたつの転機をあなたに説明しました。前者が「やっぱり私は〇〇に命を賭けていく運命なのよね」と、自分でも確信をするような転機。そして、後者は「あれ、何で私、今ここにいて、こういうことをやっているの?」と、まるで旅に出た船が嵐に遭って新大陸にまで流されてしまったかのような転機。

ハッキリ言います。

人生の中でこのような二大転機を同時に迎えていく人はかなり珍しく、2020年上半期のあなたは「最高の舞台が整っていく」と言っても過言じゃないぐらい、素敵で面白い展開になっていくのです。

挑戦しがいのある舞台。

2020年上半期の乙女座のテーマのひとつに「賭ける」という行動があります。

2019年に大きな仕切り直しを迎えた、または、大きく自分のやり方を変更していった乙女座は多いのです。そこから、逆襲というか、「こういうことをやってみたい」という気持ちが出てきたり、あとは、「こういうことをやってみたら?」と誘われていくことも増えていくのです。2019年までで、いろいろなことを「散々考え尽くした」からこそ、後はもう「やってみるだけ」という段階にまでたどり着いているのです。

今、あなたの舞台はでき上がってきています。

だからこそ、あなたはもう少しだけ大胆になっていく必要があります。

2020年上半期は「何が起きても、そのときに対応していけばいいや」という、「何とかなる!」と自分で決めちゃう大胆さを手に入れていくときなのです。

もちろん、ここまでお話を続けてきたのですが、心の準備がまだできていない人もいると思います。「私に本当にできるのか?」と。

ただ、それに対しても言わなければいけないことがあるのです。

これは僕の私見になってしまうのですが、人生に「運命」というものはあると考えています。運命というのは「ここに来るしかなかった」とか「この人に会うしかなかった」とか、それまでの人生において「その運命との遭遇」があったおかげで、自分のレベルを半分強制的に変えなければいけなかったというようなこと。また、思考や行動の仕方も、今までの自分と全然違った形のものを採用していくことになってしまうことなのです。

ある種、運命は「強制力」が伴うものであり、その「強烈な運命」に出合ったときに「何でこれが起きたんだ」と犠牲者の立場になるか、新しいやり方への挑戦者になるか。行動と考え方次第で後の進展が本当に大きく変わっていくのです。キツいことを言っているのはよくわかっています。でも、2020年上半期は「やってみたい」という気持ちさえあれば、運命はあなたに味方をしていきます。だからぜひ、勇気と大胆さを! 勝負運とか「多分、この場合はこうすればいい」という勝負勘がすごく冴えるので、そこもぜひ活かしていってほしいのです。

狩人に戻る乙女座。

この2020年上半期においてすごく大事な流れがもうひとつあります。それは、この時期のあなたは「狩人」に戻るのです。

これは5年周期ぐらいの大きな運の流れに左右されることで、2019年までのあなたは、どちらかというと「守りながら、次にバトンタッチをしていくための準備」をしていたところがあったと思うのです。

この言葉もちょっと説明したいのですが、乙女座の人はいつの間にか自分の気持ちの中で「ミスなく」という言葉を大事にしすぎてしまうことがあるのです。「自分がミスを犯してしまった」ということに対して、自分がやり遂げた成果を脇に置いて深く傷つく可能性を持っているのです。

過去の5年間、「守り」の周期にいたあなたは「これができなかった」「約束を果たせなかった」「期待に応えられなかった」など、そういうことをすごく気にしてしまいました。

でも、2020年上半期からのあなたは、攻め手に、そして、狩人に戻ります。

守り手と攻め手、どっちがキツいかは簡単には判別できかねるのですが、会社やお店などの例えで言うと、2代目が守り手で、創業者が攻め手のほうになります。

創業者は、自分で出かけていったり、自分でネタを探したり、そして、自分のやりたいことにすごい勢いで取り掛かっていくという意味で「自由」を持ちます。

ただ、その創業者を継ぐ2代目に関しては「何をするにしても先代と比較される」ことが起きます。だから、2代目の立場ってすごいプレッシャーがあるのです。創業者から受け継いだものを守りつつ、時代の変化に応じてチャレンジをしていかなければいけないから。

でも、2020年上半期のあなたは創業者とか、狩人の立場に戻ります。

「できないかもしれないけど、やってみたいんだよね」

とか

「あ、絶対この人と仲良くなりたい」

とか、そういう好奇心と「面白そうな匂い」を感じたら、もう即GOです。

発進に準備はいらないから、見つけたら、出発をしてみる勢いで。

慎重である必要はなくて、街を歩いていて好きな洋服が目に入ったら、ダダダーッとその洋服のそばに行って触れてみる。それが狩人の流儀なのです。もちろん、全部購入しなくていいから、「すぐに寄ってみちゃう」という行動をぜひ意識してやってみてください。触れたり、話してみたりしたときに変わっていく世界が出てくるから。

Sっ気を出してビシビシ行くこと!

占いとしてこういうことを言うのはどうかと思いますが、2020年上半期のあなたからは「Sっ気」がとても強く出てきます。

乙女座は普段はもう少し、外面的にはやさしいのです。自分が頼んでいたことで「ごめん、期日までに間に合わなさそう」と言われたら「あ、いいよ。今週忙しそうだったもんね。私が先方に連絡しておくから頑張って!」とフォローを入れたりします。乙女座には「困ったときにはお互いさま」とか「わざとじゃなくても、できないこともある」という感覚が強くあるので、弱者のフォローを強くしてしまう癖があるのです。

でも、この上半期のあなたは速さと結果をいつも以上に出します。

上の例えだと「わかった。じゃあ先方へは○○さんから伝えておいてくださいね」と、そういう「自分で自分の尻を拭きましょうね」と求めることができるのです。

上半期、Sっ気は出していっていいです。

あなた自身が「自分のことは自分でやる。だから、あなたもちゃんと大人として自分のやるべきことに責任を取っていこうよ」と他者に対しても、いつもよりもちゃんと求めていくことができるのです。

だから、イライラしやすいときも出てくるので、心の声として「ちゃんとやれよ」とか「早くしろよ」というのはすごい出てくるのですが、「じゃあ、私は自分のことが終わったので帰りますね。頑張ってください!」とか、そうやって「名演技をする俳優」の練習はしておいてください。

私のやり方の始まり。

この上半期において、あなたはそんなに未来を恐れる必要はなくなってきます。もしよければ常に、少し喧嘩腰でいいので「とことんやってやるよ」を口癖にしてみてください。

自分を守ろうとするから傷つく。そして、自分の評価を気にしてしまうからミスとか「できなかったこと」のほうに目がいってしまう。

攻めてください。

この上半期はぜひ、攻めてみてください。

「今やんないでいつやるの?」

と、ちょっとだけ爆音をとどろかせるヤンキー精神を取り戻して、「欲しいものは手に入れる。それが私」とちゃんと恥ずかしいことも言ってみて、それで攻めていくこと!

「私の人生が始まっていく」

そういう台詞も言ってみて。

ちゃんと結果を出していくから! いい人生を!

仕事運はどうなる?

急に誘われる。

2020年上半期の仕事面でのあなたのテーマは「急に誘われる」になります。あらかじめお伝えしておきたいのですが、この上半期の乙女座はとにかく「急展開」が多いです。これは別に「心臓に負担がかかる急展開」というよりは、「あ、もうこれだけ動くんだ」と、あなた自身が進展の速さに驚くようなことが起きていくのです。なので、もはや2020年上半期は「何を準備しなければいけないか」と考えるよりは「誘われた出来事に対しては、なるべくYesで」と心構えを持っておいたほうがいいと思います。この時期のあなたは「これまで培ってきたこと」を活かしていけるし、周りからの期待にもちゃんと応えていけます。唯一心配なのが、「引き受けた仕事はちゃんと誠意を持ってやること」になります。割と忙しくなったりするので、うっかり頼まれていたことを忘れやすくなっていたりします。なので、アプリを使うなり、メモ帳を使うなりでスケジュールの確認はちゃんとしておいてください。プライベートや趣味の会合から「あなたこれやってみない?」と誘われるような仕事に結びつく話も多く、もし状況が許されるのならば副業みたいなことにも単発でチャレンジしてみても良かったりします。

恋愛運はどうなる?

狩人で。

2020年上半期の恋愛面でのあなたのテーマは「狩人で」です。

恋愛面でもこの上半期の乙女座の大きな動きは5年ぶりぐらいに狩人に戻るのです。これまで傷ついてきたこと、うまくいかなかったこともあるかもしれないけど、今年からは攻めていく立場に変わっていくのです。

この狩人モードについてもう少しちゃんと説明していきたいと思います。

まず、人の運勢には常に「勢い」というものが絡んでくるのです。すごく極端なことを言うと、うまく物事が運んでいるときの人って、あまり「よく考えていない」という感覚が出てきます。たとえば、サッカーにおけるエースストライカーは、ゴールに向けてボールを蹴る際、自分の調子が良ければあれこれ考えないで打つと思うのです。

そう、今の乙女座は「感覚的に勝負に出てもいい」時期であって、縁ができやすい人は「この人は分別がある人だな」とあなたが感じた人です。「分別がある人」とは、言い換えると「ズルをしない人」のことで、見えないところで人の良さを見せたり、損をしたりすることが多い人。そういう人のことをあなたは守ってあげたくなったり、一緒に学んでいきたくなったりすることが多いです。

勢い。大事にしてみてください。また、「前からやってみたかった趣味」の会合などで、すごく気が合う人とも出会いやすいので、ぜひそういうものにはノリで参加もしてみてくださいね。

月ごとのアドバイス

1
自分を試していきたい
2
シミュレーションと試行錯誤
3
未来へ向かうための整理作業
4
遊び命
5
主導権を握ってやってみる
6
周りへの感謝

★マークのついた⽉はラッキー⽉です。

January 1月
1月のオーラ
牡牛座

自分を試していきたい。

「自分を試していきたい」の赤が出ています。この1月からすでに乙女座にとって「2020年上半期の攻勢」は打ち出されていて、もうこの半年間のあなたは「今までの自分を守ろう」とする形じゃなくて、とにかく攻めて、つくっていくのです。今のあなたのいいところは「変なところで舐めていないし、気負っていない。自分の実力を試していきたい」という気持ちを持っていること。この「試していきたい」というのもすごくいいのです。人にいろいろなことを伝えたり、あなた自身がさまざまなやり方を打ち出したりしていくときなので、「明るい業務報告」みたいに楽しみながら伝えていってください。「通用するかな」とか、そういう悩みはいりません。ひとつだけ注意が必要なのが「ちょっとこの人、うまい話を持ってくるけど面倒くさそうだな」という人とは距離を取ってみてもいいかもです。

February 2月
2月のオーラ
牡牛座

シミュレーションと試行錯誤。

「シミュレーションと試行錯誤」のネイビーが出ています。この2月はごめんなさい、「思った以上にハードな展開」があったりします。ただ、怖がらないでください。大丈夫だから。乙女座は2020年のこの2月に「今年中に乗り越えていくことの課題」がバーンと与えられそうなのです。だから、「うわ、できるかな私に」と思ってしまうこともあります。だから、この時期は以下の3つがあなたにとって大切になります。まず、毎日をちゃんと「1日1日で区切るイメージ」が必要になります。今日の心配を持ち越さないこと。そして、思ったよりもやらなければいけないことが多くなりそうだから、整理作業とシミュレーションを絵や図で、メモ帳に書いて整理していくこと。最後の3つ目が「真剣に遊ぶこと」。できれば体を動かすようなこともしたいです。大人になってからはみんな遊ばなくなるけど、遊びは「今に集中」できるのです。怒られるかもしれないけど、茶道や書道とかもちょっとだけ「真剣な遊び」の要素があります。「今に集中」は切り替え能力にリンクするのでおすすめです。

March 3月
3月のオーラ
牡牛座

未来へ向かうための整理作業。

「未来へ向かうための整理作業」のオレンジが出ています。この3月は本当に自分の身辺に「未来にとって必要なこと」と「もう、これまでのようには必要のないもの」が次々と現れます。結構激動であったりします。なので、大事なことをお伝えすると、自分の直感を信じてください。今のあなたは他人が真似できないことをやっています。「他人が言う正解があまり正解ではない」ときであったりするのです。この時期は「本当にそれは落ち込む必要があることなのか」を検討する必要があったりします。「失敗した」と落ち込むのではなくて「今チャレンジしまくっているときだからミスぐらい出る!」という気持ちで。あと、この3月は「自分が引き受けたかった、いい意味で余計な仕事の依頼」も受けやすいです。損得関係なくやったほうが後々いいお話がきたりします。

April 4月
4月のオーラ
牡牛座

遊び命。

「遊び命」のゴールドが出ています。この4月はいろいろと特筆すべき事柄があなたの周りに出てきて、まず、抜擢をされていったり、前から憧れていた人と仲良くなったりなど、あなた自身がもう一段上のレベルに行くような感じなのです。あなた自身も、「ここはこうしたい!」とか、真剣なことにも、くだらないことに対しても、いい意味で結構熱くなっていくときなのです。人によっては「青春みたい」に感じられる人も出てきます。この4月は「後で」や「今度」とかは言わないほうがいいかもしれません。もちろん、とても疲れているときは別だけど、できるだけ顔を出しておいたほうが良かったりします。2020年上半期は、遊びからいろいろ広がる世界があります。「前からやってみたかった趣味の世界」など、思いきって一緒にやってくれそうな人に声を掛けてみたりしてください。

May 5月
5月のオーラ
牡牛座

主導権を握ってやってみる。

「主導権を握ってやってみる」の茶色が出ています。この5月の乙女座はリーダーシップを握りやすく、企画屋さんとか組み立て屋さんの立場を任されやすいです。あなたが主導権を握って「いつかやろうよ」と計画されていたものを具体化していってください。変な言い方になるのですが、あなた自身も「これをやってみたかった」「これが欲しかった」というような、自分の欲望を優先させてしまったほうがいいときです。また、この時期は調子が上がりやすいときだからこそ、約束したことに対しては誠意を込めてちゃんとやってみて。常に自分がやることをメモしておいてみてください。楽しみが楽しみを呼んでいくし、あなた自身も「試してみたい」と情熱を燃やし続けます。24時間、自分が関わるモノを考え続けるようなときです。

June 6月
6月のオーラ
牡牛座

周りへの感謝。

「周りへの感謝」の緑が出ています。まず、6月は周りにいる人たちからも助けられるし、いい形であなた自身が自分のペースをつかみ、落ち着いてきます。ただ、この上半期のあなたはどうしても「熱さ」のほうが出てくるので、どうしても細かいところに対して「私はこうしたい」というこだわりが強くなってくるのです。そのこと自体は全然いいことなのですが、人と意見が合わなくなることも出てきやすいのです。どうやって合意に達するかがすごく大事になりますし、場合によっては「負けること」も必要になります。押し通してばかりだと少し強引になってしまうから。勢いがあるときなので、自分のことは自分でできます。その上で、自分の周りにいる人に向けて「あなたはどうしたいの?」「手伝えることある?」など、余裕があったらでいいので、そういう声掛けはしてあげてみてください。

しいたけ.からの
魔法のメッセージ

「自分が強く光っていくためには、遠慮しないことも必要」。それが今のあなたに伝えたいことなのです。もちろん、今流行りの炎上商法のようなことをしてくださいと言いたいわけではないのです。そうではなくて、今のあなたはすごい攻め手になるチャンスがあり、そして「絶対に後悔を残したくない」と思っていく時期にいます。だから、やってみる。誰かから喜ばれる立場になるぐらいなら、誰かから「安全な人」と思われるぐらいなら、少しだけなら「危険な人」と思われてもいいです。「何をしでかすかわからない人になる」。それがこの上半期のあなたがチャレンジする自分だから。面白い人生に乾杯! 2020年のあなたの上半期が素敵なものになりますように!

しいたけ.

SHIITAKE LIVE CHATしいたけ.さんが登場!
INSTA LIVEをお見逃しなく。

しいたけ占い上半期公開を記念して、占い師しいたけ.さんが12星座別のINSTALIVEを開催。星座別にお悩みや質も募集中なので、ぜひ参加して! 詳細はこちら