VOGUE GIRL LINE Twitter Facebook Pinterest Instagram mail
獅子座

獅子座のみなさんへ
2020年上半期、獅子座は
「帰ってきた青春と文化祭。
外の世界へ出ていくあなた」

こんにちは。しいたけ.です。とても早いですがもう年末が近づいてきているのですね。

2019年という年は、多くの人にとって「自分のルールを見直す」という難題にチャレンジした1年になったと思います。幸せを築いていくって、時に辛いのです。いらないものを捨てなければいけないし、他人の期待には応えなければいけない。さらに、2019年は多くの人が「このままの形ではちょっと頑張れないかもな」と、弱気や燃え尽きすらも感じた。でも、この上半期の占いを書いていてひとつ確信したことがあったのです。みんなが、2019年でやってきた苦労は2020年の上半期でちゃんと生きていく。2020年を生きていくために、あなたは「影」のほうからちゃんとつくっていった。先に苦労のほうをしておいた。だから、この上半期占いを読むときはどうか、みかんや甘いもの、飲み物など好物をおともに「よくやってきましたね。私」と自分を褒めながらぜひ読んでみてください。

2020年上半期の運勢は?

青春ドラマのような2020年上半期。

獅子座

2020年上半期の獅子座は「青春の再来。とても強い縁で結ばれていく仲間」を表す緑色が出ています。この2020年の上半期に関して、獅子座は「青春ドラマや青春漫画のストーリーそのもの」のように、とにかく毎日が色濃く進んでいきます。

青春ドラマのストーリーとは何か。それを少し説明させてください。高校なり大学に入った主人公のあなたが、「まぁ、面倒くさいからクラブ活動とかそういうのはいいや。おとなしく過ごそう」と思って、新入生なり上級生でごった返すキャンパスの中を歩いていた。そうすると、「あれ、ちょっとこの人変だな」と思って注目したら、その人たちは「○○研究会」みたいなあんまり部員数が多くなさそうなサークルだった。そこの部長に「君! 人助けだと思ってうちのサークルに入ってくれないか?」と誘われる。そこから、自分でも予期していなかった濃厚な変人たちとの新生活が始まっていく。それが2020年上半期のあなたの大まかなストーリーなのです。

では、どういう生活がこの上半期に待っているのか。それをもっと具体的に一緒に見ていきましょう。

文化祭が待っている。

まず、これを読んでいる獅子座のみなさんにお聞きしたいのですが、大人になってからもう一度「修学旅行」なり「文化祭」をやりたいと思ったことはありませんか? 今学生の立場の人もぜひ聞いてください。学生時代には集団生活が苦手な人もいると思います。でも、そこから大人になっていって、なんとなく自分の役割が決まっていって、評価されるために頑張って、成果を出すために無理することもあって、その中で少しずつ「この人だったら社交辞令じゃなくて、ちょっとは自分の素の部分も出せるな」という人と出会ったりもする。少し嬉しいことと、明日からの頑張りのために気持ちと気合を入れ直す日々。

今日も一生懸命頑張って、自分の役割や責任も果たしていって、最寄りの駅から自宅に帰るまでの道すがら「なんか、もう一度、修学旅行とか文化祭をやってみたいなぁ」と思う人はいるはずなのです。

ちょっとだけここから修学旅行と文化祭をディスります(笑)。

修学旅行にはあまりオリジナリティはないじゃないですか。もちろん、学校によってはすごく面白い修学旅行はあると思いますよ。でも、修学旅行はあくまでも「学習の場」だから、サンオイルを塗ってサーフィンをみんなでするわけじゃない。そして、文化祭も、あくまでそこで繰り広げられるのは「期間中、アマチュアのみんなが試行錯誤をして、200円のクレープを売る」とか、そういう現場であるはずなのです。

つまり、修学旅行も文化祭も、プロが集まって高度な催しがさ開かれるわけではない。

でも、なぜか大人になってくると、そこにあった「アマチュア感」とか「お約束感」がたまらなく“尊いもの”として感じられてくることがあるのです。

そう、あなたが2020年上半期に迎えていくのは「アマチュアが真剣につくり上げる文化祭」なのです。

1回、大人である自分に飽きた。

2019年から2020年を迎えたあなたがまず思う感覚は

「もう、1回大人は飽きた」

なのです。そう、立派な大人として社会の役に立ち、新しい企画を考え、周りにいる人に不快感を与えないで、将来設計をしていく。休日は体を動かして健康にも気をつかう。そういうのがちょっと「しゃらくさい」と感じてきているのです。ごめんなさい、いきなりこんな不穏な占いで。

だけど、今のあなたはちゃんと立ち止まって考えようとしているのです。

「楽しく生きていくって何だろう。未来に何が待っているか、それが予測できないワクワク感を感じていた日はいつまであっただろう」

と。

ここまで書いてきて、あなたが多少の「大人としての自分への窮屈な感じ」を覚え始めていたとしたら、その理由は「獅子座であるあなたが持つプロ意識」というものと深い関連があります。

獅子座が持つプロ意識とは

  • ・未来への展望を、具体的に、日時のスケジューリングも含めて把握しなければいけない
  • ・私に任された課題は必ずやり遂げなければいけない
  • ・「できること」だけではなくて「難しいこと」にもチャレンジをして未来を切り開いていかなければいけない
  • ・「自分が楽しい」と感じるかどうかではなくて、私が発表するものを他人が「面白い」とか「楽しい」と感じられなければ意味がない
  • ・親や周りのお世話になった先輩たちに嬉しい報告をしなければいけない

はい、最後まで読んでつらくなってしまった人は、それが正解です。それだけ頑張ってきたのです。だからちょっと、トイレに行ってきてください。そして、あたたかいお茶かコーヒーなどをいれてきてください。ここまで、あなたは頑張ってきた。自分を犠牲にしたところもあったと思います。耐えたこともあったと思います。「自分の自由よりも、責務を」。あなたは周りの人のために、ちゃんと未来を構想してきた。えらい!

青春の再来。

お茶を用意していただけたでしょうか?

それでは、続きをお話ししていきたいと思います。この2020年上半期、あなたは1回「立派な大人である自分」を忘れていく必要があります。

この上半期は、上に書いてきたような「重々しいプロ意識」を解除する時間も持ってみてほしいのです。その代わりとしてきちんと持ってほしいのが、アマチュアである精神です。

これは僕の私見なのですが、たとえば世の中に「一流」と呼ばれているプロはたくさんいます。そして、その「一流のプロ」は、「はじめてクレープをうまく焼けた日のこと」をもしかしたらすごくちゃんと覚えている人なのかもしれないのです。

もちろん、修行や鍛錬を続けてきて、経験も積んで、そういうプロがつくったお料理のほうが格段においしいと思います。でも、その「プロの技」を支えるものの大事なひとつとして「うまくなかったころに味わった感動」というものがあるはずなのです。

今この占いを読んだ時点で「自分に少しの行き詰まり」、つまり「このままの自分のクオリティを維持して頑張り続けなければいけないのか」と不安を感じた獅子座の人がいたら、「2020年上半期はアマチュアの時期だ」と立ち返ってほしいのです。そして、この時期にあなたが「経験値がないから、やってみるしかない。そして、やるからには楽しもう。私なら楽しめる!」というアマチュアに戻るのならば、あなたの「楽しみたい」という熱に感応して、すごく個性的な人たちと縁を持てます。そして、その人たちとともに祭りや青春を起こしていく仕事が待っています。

この人たちと燃え上がっていきたい。

この上半期の獅子座は「この人たちと燃え上がっていきたい」と思えるような、そういう団結を共にする人間関係にかなり恵まれていきます。だから、これだけを覚えておいてください。あなたにとってこの上半期は青春の風が吹き荒れます。だからこそ、青春を過ごす上で「ちょっとだけバカになること」が条件になるのです。

いつも、あなたの中には「これをやって何になるのか」という冷静な、冷めた目線を持つ自分がもうひとりいるのです。でも今はその冷静さは、そこまで強く発揮しなくていい。「毒を食らわば皿まで」の精神と同じように「バカを演じるなら、最後までバカをやり通す」気持ちを持ってほしいのです。いきなり大バカになる必要なんてなくて、「ここはちょっと、いつもの自分を壊してみるぞ」という勇気を場面場面で持っていくこと。バカとは「恥をかかない選択を排除していく行動」なのです。

なぜ、少しはバカであることが大事なのか。

人が人に惹かれ、「この人の人生にもっと関わりたい」と願う。その「願い」はその人のどの部分に感応していくのかというと、それは、その人が持つ「熱」の部分なのです。「うわー、この人本当バカだ。でも、本気だ」という熱を持っている人を、人は放っておくことができないのです。バカは、自分が思っている以上に周りから魅力ある存在になっていくのです。

海外との縁。

獅子座の中にはこの上半期で「海外との縁」が出てくる人もいます。それだけ、あなたがこの期間に体験する「縁の広がり」はすごいものがあるのです。そこにもやっぱり条件があって、現実を「難しい」と捉えるか「楽しい」と捉えるかで展開が変わっていきます。こんな自己啓発みたいなことを書いてしまったのですが、そして、矛盾しているようなのですが、「すべてが経験」と思ってほしいのです。

たとえば、あなたが「今売り出し中のタレントさん」だとして、はじめてテレビのゴールデンのバラエティ番組に出たとします。そうしたら、本人的にも、事務所的にも「爪痕を残すこと」が最優先される課題になっていきます。その結果を残すことによって、後の仕事にも呼ばれていくかどうかが影響してくるからです。

でも、そうやって「気負うもの」が多くなりすぎると、逆に自分の力を発揮できないです。だから、「知らなかった世界を見学する気持ち」でいてほしいのです。テレビの世界だったら「スタッフさんはこう動いているんだ」「この共演者はこんなすごいことを言うのか」など。獅子座は負けず嫌いだからこそ「私もそれ相応のものを出さなきゃ!」と、ライバル心で気張る。でも、「敵に対しても素直に感動する気持ち」を持っていてほしいのです。

ただ、楽しむこと。新しい経験を積む機会をいただいたと思うこと。

ガチガチに気負いすぎると、その場でのアドリブができなくなってしまうから。

2020年上半期、あなたの活動は広がりを持ち始め、動き出します。そこまで完璧な準備をしなくても「今まで見たことがない世界も見たくなってきた」という好奇心が湧き起こってくるのです。その延長線上に海外との縁も出てくるので、仕事でもプライベートでも「プラッ」と行くかのように、外の世界へ出ていってみてくださいね。

最後に、2020年上半期の獅子座は天才的なアドリブ力を発揮して、意外とスルスルと難所を抜けちゃいます。だから、自分のテキトーさを信じてみて、奇跡のアドリブ力を発揮していってください。

仕事運はどうなる?

大事なものを3つ決める。

2020年上半期の仕事面でのあなたのテーマは「大事なものを3つ決める」になります。上半期での仕事運においては「何を捨てるか」がすごく大事な基準になります。というのは、この時期のあなたは確実にチャンスもつかんでいくし、今までやってきたことにおいて「やっぱりあなたにしかこの役割ができない」という評価も与えられていきます。そのときに「Aも選んで、Bも選ぶ」ということがなかなか難しくなります。なので、2020年に入る前でも、入った後でもいいので、あなたがこの上半期の「仕事において、3つ大切なもの」を決めてほしいのです。たとえば「仕事が面白いと感じること、ある程度お金ももらえること、環境がいいこと」など。そうしたら、「多少の残業はしょうがない」とか、そういう選択ができるようになってくるから。すべてを詰めこもうとはしないで。すべてに対応できるような超人になっていく必要はないので、「もうちょっとやりたかったけど、今回はここまでだ!」と言ってきちんと70点の仕事を提出し、次に課題を残していくことも大切になります。

恋愛運はどうなる?

家族になるような人。

2020年上半期の恋愛面でのあなたのテーマは「家族になるような人」です。2020年の獅子座は「あ、この人は遠い存在のような気がしない。何か、一緒にいて家族みたい」と思える人と仲が深まっていく傾向が強くあります。「家族」のように感じられる人とは、「長時間一緒にいたとしても、あまりお互いの疲労がなくて、そして、気もつかいあえる者同士」のことなのです。ちゃんとお互いにあたたかく、そして、やさしくしていくことができる人。その上で、そのような「家族のような人」との縁を大切に育てていくために、あなたへのアドバイスがあります。

獅子座は「自分の生活にもう一歩の刺激と新しい世界を見せてくれる恋愛」に憧れる傾向があります。これは、あなたの中にある「成長願望」が引き寄せる恋愛観であり、「この人と付き合えたから苦しいことも乗り越え、帰れる場所も得た」という実感ができる恋愛。もちろん、そのような恋愛は素敵ですし、悪いことはまったくありません。でも、この2020年上半期の恋愛は「刺激や、苦しいことを『好き』という気持ちで乗り越えていく」という、どちらかというと激しいタイプの恋愛よりは「家庭的で、いつも一緒にいられそう」という穏健派の恋愛の方向に縁が出てくるのです。まったく刺激がないわけではなくて、お互いに歩み寄れる人。出会ってすぐに「好き!」が爆発的に出なくても大丈夫です。

月ごとのアドバイス

1
ストイックモードで乗り越えていく
2
種を撒く時期
3
待たないで
4
強烈に分かり合う仲
5
美意識とプライドが強まる
6
やってきたことが結ばれていく

★マークのついた⽉はラッキー⽉です。

January 1月
1月のオーラ
獅子座

ストイックモードで乗り越えていく。

「ストイックモードで乗り越えていく」のネイビーが出ています。この1月は「一点集中」や「ストイックモードになること」を意識してほしいのです。ここでの頑張りによって、あなたにとってとても大切なものを手に入れていくから。だからこそ、「雑音」に注意なのです。あなたの中でも「今の時期からここまで頑張らないで、もっと遊んだり解放されたりしたい」と思う日も出てくると思うのです。でも、1月は頑張りどころになります。その上で、人間関係でも褒められることや評価されることも多くなります。「良い評価」をもらったときに謙遜しないで。そして、「え、何?」と言って警戒しないこと。自分で自分のことも褒めてあげること。ひとつひとつ集中して頑張っていけば、結構すごい壁をあなたは乗り越えていけます。

February 2月
2月のオーラ
獅子座

種を撒く時期。

「種を撒く時期」の青が出ています。少し大胆なことを言ってしまいますが、この2月はあなたにとって「先が見えないぐらいでちょうどいい」ということがあります。全然不安にならない。というのは、種を撒いているときだから。「自分が今頑張っていることがどういう結果に繋がっていくんだろう」とか「このままで私はいいのかな」と思うことがあるかもしれないのですが、段々と「あ、私がやっていることは多分これでいいんだ」と確信を得ていきます。地味な作業の時間も多くなるため、アドバイスとしては「いい孤独の時間」を持ってみてほしいのです。自分が貴族になったみたいに、前から行きたかったお店を優雅に見学に行く時間を持ってみたり。この2020年の獅子座は「成果主義のビジネスパーソン」みたいな立場からちょっとだけ距離を取る時間も必要になります。道楽と楽しみ、そして自己が喜ぶ時間をちゃんと用意していくこと。完璧な準備なんてできていなくても「ドーンとこい」の精神で大丈夫です。2020年上半期のあなたはアドリブ力をすごく発揮していくから。

March 3月
3月のオーラ
獅子座

待たないで。

「待たないで」の茶が出ています。この3月から本格的に獅子座の2020年はスタートしていきます。今まで撒いてきた種が芽を出してきたり、手ごたえをすごく感じられたりするようになっていくのです。ということで、この3月に関してはとにかく「熱く」を合言葉にしてください。あなたのレベルが上がっていくし、気の合う人同士で思いきり会話ができていきます。社交辞令じゃなくて、本気の会話や刺激を与え合うような関係や時間が増えていきます。ひとつだけアドバイスがあるのですが、この3月は「待つ必要」があまりない期間です。獅子座は「これくらいわかってくれるだろう」と、相手に期待してあえて放置をするようなところがあるのです。時々そうやってあなたは「理解し合っているか」相手を試す。その「待つ」がいらないときです。自分が周囲にいろいろ働きかけて、勝手に楽しむぐらいの気持ちを持っていてください。

April 4月
4月のオーラ
獅子座

強烈に分かり合う仲。

「強烈に分かり合う仲」のピンクが出ています。この4月もあなたにとってすごく刺激になっていく期間になります。ちょっと変な話、この時期は今までの常識をすべて壊すぐらいの気持ちでいてもいいです。自分の習慣や価値観を壊していくことで、すごくいい結果に結びついていくから。洋服などの買い物でさえも、「いつもの定番」に目を向けないでほしいのです。どこかで「自分を壊してみる」という意識を持ち続けてほしいのです。それは別に「体に悪いことをしてください」とかそういうことではなくて、この時期のあなたはワクワクしながら「もっと!」を求めます。人間関係に関しても情熱と欲求が出てきて「もっと分かり合いたい」という気持ちが出てきます。自分の調子が上がっているときこそ、そこで受ける傷なんてたいして痛く感じないです。気が合って「もっと話したい」という人とも自然と仲良くなっていくような時期です。

May 5月
5月のオーラ
獅子座

美意識とプライドが強まる。

「美意識とプライドが強まる」のシルバーが出ています。この時期ちょっと短気になることも多くなります。それだけ、あなたの中にある「いや、ここは絶対にこうじゃなきゃダメでしょう」という美意識とプライドが強まっていくから。その熱さと闘争心はそのまま持っていてください。ただし、「ぶつかっていく」という時間が終わったら「今日はちょっとキツくてごめんね」とか、フォローはしておいてください。また、ちょっとだけこの5月は踏ん張りどころであって「思ったような結果」が出なくてイライラする人も出てきます。そのときに「絶対に結果を出す」と執念を燃やすようなことはしないで遊ぶことも大事な仕事になるし、行けたらバカンスにも行ってほしいのです。おすすめは少し足を延ばして産地のものを食べに行くこととか。おいしい空気を吸いに行ってください。

June 6月
6月のオーラ
獅子座

やってきたことが結ばれていく。

「やってきたことが結ばれていく」のゴールドが出ています。この6月はあなたが半年間追求してきた「私なりの大人像」が何となく見えてきます。あなたにとってカッコイイ大人像とは「ちゃんとやるときはやる。そして、ちゃんと人生を楽しむ」という姿勢を持つ人のことです。あなたは良くも悪くも「このままでは終われない」と、勝負に対して勝ちを得るまでやり続けることができる人です。でも、この6月のあなたは余裕ができて「楽しむことも必要」という姿勢も持ちます。いろいろな出来事が復活をしていきやすいです。だから「ごめんなさい」を言える準備をしておいてください。今の自分が、「少し前に描いた自分の理想像」じゃなくても「ま、いいか。頑張ってきたんだもんな」と言える自分でいてくださいね。

しいたけ.からの
魔法のメッセージ

極論を言いたいのですが、この2020年上半期において、あなたはそこまで強く「勝つ」とか「生き残る」という言葉を使わなくていいかもしれないのです。「踊る阿呆に見る阿呆、同じ阿呆なら踊らにゃ損々」という言葉がありますが、この上半期のあなたは「踊ってしまう人」になってほしいのです。踊る、踊らされる。その場のノリでやってみてしまう。間違ったプレゼントを受け取ることはあるかもしれないけど、「これも何かの縁かも」と思ったものに対しては積極的に関与してみる。そのような、あなたの「楽しむ気持ち」が周囲を巻き込んでいきます。ぜひ、簡単な文化祭はやってみてくださいね。「簡単なたこ焼きパーティー」とか、そういう小規模の文化祭からはじめていって! あなたの2020年の上半期が、刺激とパーティーにあふれる時間になるように祈っています。

しいたけ.

SHIITAKE LIVE CHATしいたけ.さんが登場!
INSTA LIVEをお見逃しなく。

しいたけ占い上半期公開を記念して、占い師しいたけ.さんが12星座別のINSTALIVEを開催。星座別にお悩みや質も募集中なので、ぜひ参加して! 詳細はこちら