VOGUE GIRL LINE Twitter Facebook Pinterest Instagram mail
牡牛座

牡牛座のみなさんへ
2020年上半期、牡牛座は
「温度の高いナルシストになる。
私は100℃。あなたは何℃?」

こんにちは。しいたけ.です。とても早いですがもう年末が近づいてきているのですね。

2019年という年は、多くの人にとって「自分のルールを見直す」という難題にチャレンジした1年になったと思います。幸せを築いていくって、時に辛いのです。いらないものを捨てなければいけないし、他人の期待には応えなければいけない。さらに、2019年は多くの人が「このままの形ではちょっと頑張れないかもな」と、弱気や燃え尽きすらも感じた。でも、この上半期の占いを書いていてひとつ確信したことがあったのです。みんなが、2019年でやってきた苦労は2020年の上半期でちゃんと生きていく。2020年を生きていくために、あなたは「影」のほうからちゃんとつくっていった。先に苦労のほうをしておいた。だから、この上半期占いを読むときはどうか、みかんや甘いもの、飲み物など好物をおともに「よくやってきましたね。私」と自分を褒めながらぜひ読んでみてください。

2020年上半期の運勢は?

自分を賭ける。縁が繋がっていく。

牡牛座

2020年上半期の牡牛座は「自分を賭ける。縁が繋がっていく」のゴールドが出ています。2020年の牡牛座は、静かにいろいろなことが進行していき、「いきなり集大成を迎える」というような劇的な展開が運命的に起きやすいです。

あなたの中で、「あ、ここは私が立候補したい。やってみたい」など、強い力が増していくのです。「様子を見るか。それともやってしまうか。そしたら、もうやってしまおう。やってみたい!」と、不思議な力に背中を押されるように、気づいたら積極的になっている自分が出てきます。

あなたはこの上半期で「言われたことをちゃんと演じる役者」じゃなくて「いや、ちょっとこういう状況だったら、この人はこうなると思うのです」など、そういう監督目線を強く持っていくのです。ときどき強引にでも前へ出て、「私の意見」を伝えていかなければいけなかったりもします。

恐れるよりは、一歩前に出てみて、新しい世界を切り開いてしまう。

それだけのパワーが今のあなたにはあるし、力を蓄えてきたところがあるのです。

「ひとつひとつの物事に対して、ちゃんと自分の意思で、自分の言葉で向き合い、そして自分の力を賭けていきたい」。そういう気持ちが湧き起こり、あなたに新しい縁を繋げていきます。そして、この2020年の上半期では、あなた自身が新しい世界で「いきなり集大成を迎える」ような、劇的な展開が待っていたりします。

それでは、あなたにとってのこの2020年の上半期がどうなっていくのか。一緒に見ていきましょう。

同じ温度を持った者同士で引き合う。

2020年上半期であなたが実感する不思議な感覚は「縁ってあるんだな」というものです。はじめにこういう話をしたいのですが、自分にとって「転機との出合い」って、なかなか言葉で説明できないものであったりします。たとえば、「どうしてあの人と結婚しようと思ったの?」とか「どうしてあのタイミングで転職をしようと思ったの?」、「結構リスクもあっただろうけど、どうしてあのときああいう選択をしたの?」とか。そういう質問は一応、言葉で整理をして説明することもできます。でも、それを説明する相手が親友とか、すごく親しい人だったとき「本当のところ、どうして?」とつっこまれたら、本音としては「うーん、何となくなんだよね。何となく、こっちのほうがあのときの私にとっては大事なものになるような気がしたの」とか、そういう曖昧な答えをしてしまうと思うのです。

僕は占いという仕事を通じて、お客さんが「人生を動かしていくタイミング」に出合っていくのを見てきたところがあります。その「転機」や「タイミング」は、それらが起こっていくための発生条件があるのです。

それはいったい何なのか。

「人生のあるタイミングで、同じ温度を持つ人やモノ同士が強烈に引き合う」

という現象が起こるのです。

ある人が自分の会社で企画書を出したときに、冷たく「こんなことできないよ」と言われて却下されたとします。それでも「もっと違う形で企画書を提出したら面白がられるかもしれない」と思って自分なりに毎日考え続けた。そのとき、たまたま通りかかったビルの前で、いつもだったら気づかなかったけど「あれ、このビルに入っている会社の玄関は気合いが入っていて面白いな」と感じる。そして、数日後にその会社の人と偶然会合があるとか。

「なぜかしらないけど、同じ温度を持ったモノ同士で引き合ってしまう」

そういうことが、2020年上半期のあなたには本当によく起こってくるのです。

だから、ここでハッキリと言わなければいけないことがあります。

それは、疲れるときはもちろん疲れていても大丈夫です。そして、やる気が起こらない時期も2020年上半期にはあります。でも、「この場面では本気で自分で自分のことをカッコイイと思いたい」とか、そういう「温度の高いナルシスト」をあなたはちゃんと演じていく必要があるのです。

温度の高いナルシスト。

温度の高いナルシストとは何でしょう。

それは、大事な場面において、自分で自分に対して「今の私、すごいカッコイイ」と言えることなのです。

たとえば、自分が任された課題に対して、「ここまでやってくれたらいいよ」という暗黙の了解を超えて、バカみたいに打ち込んでしまったとか。「この人のことを喜ばせたい」と思って、必要以上にお店を探してしまったとか。

つまり「私、すごいカッコイイ」ときちんと自己満足に浸るとき、人は「損得勘定」を超えているのです。そして、損得勘定を超えた打ち込みは、わかる人にはわかっていきます。通じる人には通じていきます。温度が高い人に、感応していきます。

謙遜、謙虚、すごく大事です。遠慮をしていれば、誰かに嫌われるリスクも少なくなります。

でも、あなたはもう、抑えられない部分が出てきているはずなのです。

「バカみたいに見えるかもしれないけど、全力でやってみたい。自分で自分のことをカッコイイと思いたいから」

利口な人は人目を気にします。そして、最小の努力や自分の得意分野で確実に結果を出していくでしょう。でも、2020年の牡牛座に求められる力は「バカみたいな本気」です。損得勘定を超えて、打ち込んでみて、たまに「あー、もうこんな時間か。お腹減ったから今日はもう食べてしまう!」と言って夜食も食べちゃう。そういう熱い日々が2020年上半期のあなたに訪れます。

爆発的なサービス精神。

この上半期の牡牛座は「爆発的なサービス精神」と言ってもいいぐらいに、とにかく「自分の周りにいる人に喜んでもらいたくなる」。そういう気持ちが湧き起こっていきます。

でも、これは別に単にあなたが「いい人だから」という理由ではないのです。

実は、これには裏話があって、この2020年上半期のあなたは「自分が付き合っていく人」をちゃんと見ていきたいし、審査していきたいのです。

あなたが他人のことを「今後も付き合っていく価値がある人なのかどうか」を見極めたいときに、「私の心尽くしがわかるかどうか」がひとつの大事な判断基準になります。

というのは、普段自分が手間をかけること、愛を込めること、そして、ちゃんと誰かに対して真剣に喜んでもらいたいと物事に取り組んでいる人は、他人がやっている「心尽くし」に対して敏感に反応するからです。

あなたが一生懸命自分の愛や心尽くしをしてみて、それに対して「ありがとー」みたいに無関心や無愛想で答えてくる人に対しては、ハッキリ言って、あなたはこの上半期にあまり用がなくなっていきます。

すごく残酷なようなのですが、2020年のあなたは「人付き合いで、尽くしていきたい人にだけ尽くしていく」と、一緒にいる人を選別していくのです。

だから、変な言い方になるのですが、はじめは損をしてみてください。「自分が得をしよう」として人間関係をつくらないこと。「損をする」がはじめにあると「この人はこういう反応をするんだ」とか「この人は理解しようとしてくれている」とか、相手の人間性が見えてくるから。

ちなみに、牡牛座は「目の中に入れても痛くない大好きなものシリーズ」を12星座の中でも特に強く持っている人たちで、「私が好きな猫ちゃん」がいたとして、相手に「えー、私、猫は可愛いと思わない」とかむげに言われたら、「コイツは絶対に許さん。コイツとは同じ天は眺められん」と100%の軽蔑と敵意の炎を燃やします。「人が愛しているものに対しては敬意を払えよ」と思うのです。

道楽のすすめ。

2020年上半期の牡牛座のもうひとつのキーワードは「道楽のすすめ」です。道楽はどういう意味かというと、ざっくりと「自己満足」や「美意識を高める時間」であったりします。たとえば、趣味はお金と時間がかかるけど、その趣味に打ち込んでいる本人は幸せだったりします。同じように、お店をやっている人でも「もっと商売っ気出しなよ」と言われてしまう人もいたりする。でも、そういう人ほどプロフェッショナルな気持ちも持っていて、一流と言われている人たちはどこかで「これは自分がやりたいことだから」と自己満足の時間も大事にしているのです。自分がやっていることのすべてをお金に換算しようとはしていない。2020年上半期の牡牛座のキーワードは「美意識を持った他人に出会っていくことで、自分の美意識をさらに磨いていく」というものもあります。

だから、たまには「結果」を気にせずに好きなことをしてみる。他人には理解されなくても、好きなことに打ち込んでみる。それで、思いきり自己満足に浸って「あー、幸せ」と言ってみる。旅行や旅、見聞を広げるために舞台やミュージカルに行くのもおすすめです。「こういう世界もあったんだ」と言う数が増えるほど、あなたの美意識やセンスは磨かれていくから。

自分の才能を発揮していく人にあるもの。それは「真剣な願い」なのです。「全員には理解されないかもしれないけど、100人中2人ぐらいは面白がってくれるかもしれない」。自分で決めた「そのふたり」に対して自分のすべてを捧げてみる。カッコ良く勝てるやり方なんてないです。スマートにうまくいく話なんてない。センスを発揮する人は、ちゃんと泥もかぶります。センスをわかってくれる人を信じて、やり通してみる。

あなたにならできるから。

泥臭く、人を愛し、応援し、そして、「ここぞ」という場面で出し惜しみをしない。

きちんと願って、きちんと報われていく2020年にしてみてください。

何度でも言います。あなただったら、できるから!

仕事運はどうなる?

抜擢される。

2020年上半期の仕事面でのあなたのテーマは「抜擢される」です。これは仕事面でもそうなのですが、2020年という年は、どこかで「壊す」という感覚を持っていたほうが良かったりするのです。

「壊す」とは何かというと「私だったらこうする」という考えを持っておくこと。このことについてちゃんと説明したいのですが、あなたには多少の「面倒臭がり屋」の面があります。だから微妙な場面では「あー、それでいいっすよー」と言ってしまったりする。それがもちろん正しいこともあるのです。でも、日本の場合は、クリエイティビティが発揮される多くの場面で「こういうことを言うと前任者の気分を損ねてしまうな」とか、そういう「人に嫌われてしまうこと」を自分が持つクリエイティビティよりも大事にしてしまう場面が多いのです。そうすると、自分が嫌われなくなって、そして、責任を取らなくても良くなっていく。でも、少しだけ過激になってみてください。「全員に好かれている人間なんて、すなわち、何の光も出ていない人間なんだ」という感覚を持ってほしいのです。この時期、あなたは「面白いね。あなたにこれを任せてみたい」と抜擢されることが多くなります。そして、抜擢をされる人間というのは、どこかで少しちゃんと「尖っている」人なのです。

恋愛運はどうなる?

ストレートに「好き」を伝えていく。

2020年上半期の恋愛面でのあなたのテーマは『ストレートに「好き」を伝えていく』です。

2020年のあなたは本当に「遠慮と小細工が無用」になるような時間の流れにいて、特に恋愛面においても「あなたみたいな人が好き」とストレートに伝えていってしまったほうがいいです。もちろん、いきなり電車で隣同士になった人に「あなたのような人が大好きです」と伝えてしまうのは通報されるのでやらなくていいです。こういう話をすると、「いきなり告白して失恋したらどう責任取ってくれるんじゃ」という気持ちも出てくると思います。そうではなく「2020年は、好きという言葉の重さを下げていく。フランクに使っていく」というイメージを持っていってほしいのです。たとえば、会ってまだ2回目の人なのに、一緒にご飯を食べに行ったときに「今日、あんまりおいしくなかったですね」といたずらっぽく相手が言ったら、「そういうことを正直に言ってしまう○○さんみたいな人、すごい好きです」と言ってみる。「好き」の前に「すごい」とか、英語で言うと”very”という言葉をつけるとスムーズに好意が伝わりやすくなります。

あなた自身、2020年は良い意味で結構短気になってきているので「できるのかできないのかハッキリしたい」とか、いろいろな勝負事に燃えていきます。だから、自分の中にある美意識とか、価値観については遠慮せずに外に出していくこと。そこに賛同する同志とか、仲間になっていく人とすごく大きな縁ができていきます。

月ごとのアドバイス

1
1年の始まり。祈りが大切になる
2
自分の流れをつくれる
3
流れには乗っているけど、ケアも必要
4
遊びみたいな本気
5
一目惚れ
6
報われる

★マークのついた⽉はラッキー⽉です。

January 1月
1月のオーラ
牡牛座

1年の始まり。祈りが大切になる。

「1年の始まり。祈りが大切になる」の茶色が出ています。もう牡牛座にとって2020年の運命はこの1月からすでに始まっていて、「迅速さ」がとても大切になります。これは、あなたの周りの状況がいきなり動き出すからなのです。だから、あなたに意識してほしいのが「いつもの1.5倍ぐらいの自信を持つこと」から始めることです。「できないかも、いや、できる!」という感覚ですね。そして、「今こういうことをやっていきたいと思っている。うまくいきますように」とか、そうやって静かに神社やパワースポットなどで手を合わせてくることも大切になります。うまくいくことも多いけど、引っかかってしまうこともあります。ただ、この1月は「何でこういうふうになるんだろう、私」とネガティブな方向に考える必要はないです。深刻さはいらない。ただやっていくのみ!

February 2月
2月のオーラ
牡牛座

自分の流れをつくれる。

「自分の流れをつくれる」のオレンジ色が出ています。充足と手ごたえを感じやすい時期で、流れに乗っていきます。今のあなたを後押しするテーマが、1月にもお伝えした「普段より1.5倍の自信を自分に持ってしまうこと」なのです。自分には自信があるということにしてしまう。あなたは今、判断力も鋭くなってきています。「これは私の人生にとってはやらなければいけないこと。逃げたくない」と思うことと「もうこういう感情を抱いてもしょうがないよな」ということなど、自分にとっての必要と不必要がとてもよくわかってきます。体調管理も大事になるので、ゆず湯など、季節のものを取り入れたリラックス方法をどんどん試してみてください。2月は「ある程度ノリがいいこと」が流れに乗る秘訣になるので、若干お調子者になってください。「あ、私、それぐらい余裕でできます!」みたいな、軽快な自分のイメージを持っておいてほしいのです。

March 3月
3月のオーラ
牡牛座

流れには乗っているけど、ケアも必要。

「流れには乗っているけど、ケアも必要」の緑色が出ています。この3月はすごく地味な形で表れることが多いのですが、結構大きな「勝負所」が詰まっています。この3月も含めて、2020年の牡牛座は「勝負の時期」であって、ある程度は「翻弄される」気持ちも必要なのです。「ゆっくり、落ち着いて、自分らしく」ということも大事だけど、「この嵐に飛び込んでみよう!」みたいなノリも大切。チャレンジする回数が多くなってくる分、「自分が思っていたことと違った」と、期待通りにいかない結果が出てくることもあります。でも、「こういう形で出るんだ。じゃあ、今はこっちの流れのほうを採用していきなさいってことね」みたいな捉え方をしてほしいのです。自分のケアもとても大切で、人間関係で「あー、いろいろあって疲れるなー」と思ったら「私の回復法はお風呂!」など、あらかじめ回復法を決めておいてほしいのです。

April 4月
4月のオーラ
牡牛座

遊びみたいな本気。

「遊びみたいな本気」のゴールドが出ています。「遊びみたいな本気」とは、2020年の牡牛座を象徴するような言葉で、「楽しんでやっていたことが、いつの間にか自分の存在を証明していくような、それだけ本気で挑んでいく対象になる」とか、夢中になるとか、熱くなる、そういう流れができやすいのです。この4月も、ある種の本気をあなたは出していく。「自分がやってきたことが評価される」「自分の熱さに応じて、仲間や同志と仲が深まる」など、嬉しい結果が出てきやすいです。その上で、ひとつだけ注意があって、この時期のあなたは「人の好き嫌いが猛烈に激しくなる面」も出てきます。でも、「この人は嫌いだからなし」と決めつけるのだけはちょっとだけ待ってほしいのです。「嫌いだけど、何か学ぶことがあるかもしれない」と、距離を保ちながらも付き合ってみることもおすすめです。よほどの危険人物だったらもちろんなしですが、いきなり遮断してしまうのはもったいないから。

May 5月
5月のオーラ
牡牛座

一目惚れ。

「一目惚れ」のピンク色が出ています。この5月のあなたにぜひとも言いたいことがあって、それは自分の中の「好き」の力を信じてみてほしいのです。実際に、あなたの「好き」はこの5月に高まって、「やっぱりこの人は趣味が合うわ」「この人はずっと友達でいたいわ」など、そういう「あれ、好きかも」という感情が生まれやすい。だから、「私はこの料理に添えてあるホウレンソウがすごく好き」とか、「好き」という言葉を照れずに伝えていってほしいのです。牡牛座は「黙って見守る愛情」になってしまうことが多くなるし、「好きだからこそ、注意という形で伝える」というような、力強いおっかさんみたいになりやすいから。あと、この時期は「本当に大丈夫なの?」と仕事面などで釘を刺されやすいです。会議のようなものも多くなります。ちゃんと対策とか、「具体的にはこうしていこうと思っている」とか、そういうまとめはしておいてください。

June 6月
6月のオーラ
牡牛座

報われる。

「報われる」のターコイズ色が出ています。すごく不思議なのですが、2020年の牡牛座は本来あった「あまのじゃく性」が少し弱まって(こんな言い方してごめんなさい)、好きなものには「好き」と言え、他人にも自分にも「やさしさの面」を素直に出しやすくなります。この6月はその流れであなたのサービス精神がとても旺盛になります。自分が何か「サービスをすること」「奉仕をすること」「一緒に分かち合うこと」に対して、少しずつ自信を深めていくし、もっとやってあげたくなっちゃう。だから、その愛の力をいろいろな場面で使っていってください。その上で、「やる気がないやつは帰れ」みたいな、そういう激しい「好き嫌いの自分」もまた出やすくなります。ただ、今の時期は分かり合えない人と喧嘩をするとか、言い争いをする、話し合ってみるというのもすごく良い効果をもたらしたりします。

しいたけ.からの
魔法のメッセージ

「自分が出会う他人によって、自分がやってきたことがわかる」。2020年上半期のあなたは、この言葉の意味を深掘りしていくことになっていきます。もちろん、出会う人間のすべてがあなたを反映していくわけではありません。「嫌だ、こんな人と一緒にしないで」と思うこともあったりします。でも、あなた自身が「この人がいるから私はここまで頑張ってこられたんだ」とか、そういう「想い」を相手と交換し合う。あなたに出会った人も、同じ想いを抱いていくから。ストレートに、遠慮なんてしないで、自分の気持ちや想いを世の中に伝えていってみてください。あなただったら、できていくから! あなたの2020年上半期が、刺激的で楽しいものになっていきますように!

しいたけ.

SHIITAKE LIVE CHATしいたけ.さんが登場!
INSTA LIVEをお見逃しなく。

しいたけ占い上半期公開を記念して、占い師しいたけ.さんが12星座別のINSTALIVEを開催。星座別にお悩みや質も募集中なので、ぜひ参加して! 詳細はこちら