VOGUE GIRL LINE Twitter Facebook Pinterest Instagram mail
魚座

魚座のみなさんへ

新しい時代が始まりましたね。

そして、2020年の東京オリンピックを前にした、2019年の残りの半年間の占いを書きました。この下半期の12星座の占いをすべて書いてきて思ったことは「見切りをつける人が多くなる」ということです。

「見切り」っていうとすごくネガティブな言葉の響きに聞こえるかもしれませんが、どこかで「ここで粘っていてもしょうがない」とか「新しいやり方を試していこう」とか、そういう「切り替え」についてとても多くの人たちが実行をしだすのです。
そういう「切り替え」に至るまで、すごくいろいろ頑張ってきたし、また、自分が我慢することもあったのだと思います。

時代の節目を感じてしまうときこそ、あまりニュースや世の中の動きに過敏になりすぎず、ひとつひとつ積み木を積み上げていくようなマイペースさを大切にしてほしいと願いながら書きました。いつものように長い占いになってしまったのですが、もし良ければ読んでみてください。

この占いを書く時間は大変なのですが、僕にとって多くの人と向き合う、とても大切な時間です。いつもどうもありがとうございます。

しいたけ.

2019年下半期、魚座は
「今までにない冒険。
自分で決めた自分の限界を打ち破っていく」

2019年下半期の
運勢は?

私は私の自由に生きてもいいんだよな。

オーラ
魚座

2019年下半期のあなたは「私は私の自由に生きてもいいんだよな」を表す白が出ています。この下半期のあなたって、どこか「繰り返しとしての毎日」にすごく大きな疑問を抱くようになっていきます。今まで素直に話を聞いていた知人、年上の人、そして「大人たち」の言うこと。「こういうことが正しいんだよ」「みんなそうしているよ」「こうしなきゃダメだよ」など、そういう言葉や感性に対して強烈な違和感を覚え、また、明日が予測できる繰り返しからどこか脱却していこうとしているのです。

魚座はこの下半期、反抗期を迎えるような気持ちになっていきます。どこか自分がいる世界や環境に対して息苦しさを覚えて、「そのルールに従うことだけにコストを払うことって、全然合理的じゃないよね」って、身の回りの物事に対して違和感を覚えることが多くなります。

周りにいる人たちに対しても「え、何で自由に生きないの?」と思ってしまうぐらいに、どこか「今の自分が囲われた現状」に不満を持って、壁を破壊しようとしています。頭の良い選択ではないかもしれないけど、そもそも「頭が良いとか悪いとかって、誰が決めるの? そういうのは多数決で決めるの?」っていうぐらいまで、根本から自分のいろいろを見直したいと思ってきているのです。

思春期と反抗期。そして、自分が美しいと感じて共鳴するもの、人、世界観と共に刺激し合って生きていきたい。そういう強烈な想いが今の魚座にはあります。

「私、おとなしくないっすよ。変なこと言ったらぶん殴りますよ」

みたいな、そういう牙を下半期のあなたは見せていきます。

2019年の下半期があなたにとってどういう流れになっているのか。一緒に見ていきましょう。

反抗期のはじまり。

魚座にとって2019年の下半期のスタートは、強烈な反抗期を伴います。

まず、反抗期という言葉なのですが、この言葉ってそんなにポジティブな意味で捉えられません。どうしてかというと、この言葉をつくった側っておそらく「大人側」で、「可愛い」と思っていた子どもたちが、自分たちの言うことを聞かなくなってきた。ひねくれてきた。面倒くさくなってきた。(大人たちから見て)問題行動を起こすようになってきた。つまり、自分たちの声がなかなか届かなくなってきた子どもたちに向けて「反抗期が始まった」という言い方をするからなのです。

もちろん、現実問題として、通常14歳ぐらいから始まる反抗期って、その年代のお子さんを持つ親御さんや、学校の先生がかなり苛烈を極めた仕打ちを受けることもあると思います。

でも、子どもにとって「反抗期」は、「自分が納得した形での大人になるため」にとても大切な期間のひとつなのです。

魚座の話に戻すと、あなたはこの下半期において、上で説明してきたような反抗期を迎えていきます。

これは別に、いきなり会社勤めの方が髪を金髪に染め出したとか(そういうのがOKな会社とかだったら面白そう)、急に上司に逆らったりとか、そういうわかりやすい反抗期ではないです。

そうではなくて、

「私を勝手に決めんなや」

という、強烈なエゴとか、美意識の感覚なのです。

つまり、「みんなこうしているよ」「こうしたほうがいいと思う」と言われたことに対して、「何か知らないけど、その人が想像する“安全な”価値観の中に押し込まれたような感じ」がしたときに「いや、勝手に決めつけないでもらっていいすか?」というピリッとした気持ちが前に出てくるのです。

「今までの自分に寄せられたイメージを壊してでも、新しい一歩を踏み出してみたい。そして、自分が感じる世界を変えていきたい」

という願いが強くなってきているのです。

「好きにやらせて。全部自分で責任を取るから。それに、あなたたちもほかの人のやり方についてギャーギャー言ってないで、正面向いて、自分にできることをやったらいいじゃないの」

と、周りとも、もうそこまで迎合しなくなります。

「自分のことは自分でやっていく。だってこれは私にしかできない、大切な問題だから」

と言って、同じ意識を持った者同士で集まりたくなってきます。

魚座のコストパフォーマンス
意識とランクアップ。

なぜあなたに今強い「反抗期」が訪れてきているのでしょうか。

その大きな理由がふたつあります。

ひとつは、魚座の人って感性で生きているようなイメージがありますが、実はものすごくコストパフォーマンスに敏感な人が多いです。

魚座って、自分がお金を払うこと、自分の時間を使うことに対して、かなりセンシティブな感覚を持っています。あなたのお金や時間を使う感覚は

① 感動するもの、応援したいものに対しては、金や時間の糸目をつけない。とにかく美しい時間を共有したい

② これはどこにでもあるもの。だから、安く済ませられるのならば済ましたい

というふたつの感覚があるのです。

特に、魚座の人って、自分が「お客」の立場として、時間もお金もかけて接したもので「つまらない」と思ったものに対して、何か貴重な命の時間を浪費したような気持ちにすらなってしまいます。

良いと感じたものに対してはどこまでも応援するパトロンのような存在になり、逆に、心が何も反応しないときは、心底ガッカリする。

魚座って「感動すること」に対して全く嘘がつけないタイプなのです。

自分がお金を払って接するものに対してかなり厳しい視線を持っている人だからこそ、今度は「自分の時間を使って何を世の中に提供していくか」ということに対して、つまり、自分自身や自分が関わる人に対して厳しくなっていくのが2019年の下半期なのです。

そして、もうひとつ、あなたに反抗期が訪れている理由。

それは、今の魚座は強烈にランクアップをしていっているときだからです。つまり、仕事上で出世をしたり、昇給をしたり、今までにやってこなかったことに対して、リーダー的な役割も引き受けていくことになります。

ただ、あなたが自分自身に対しても、そして、周りも期待している「ランクアップ」というのは、「今までのやり方を踏まえる形でやる」というよりは、どこか改革を起こすとか、今まであった常識すべてを疑った上で、変革を始めていきます。

「大人からは笑われてしまうかもしれないけど、私はこの世界に対してちゃんと、時間と労力を提供して生きている。だから、そこをまず見直したい。自分が『どうでもいい』と思うことに、自分の貴重な時間と労力を提供したくないし、自分が『面白い』と思うことのために自分を使っていきたい。だって、その気持ちには嘘がつけないから」

という理由で。

「狭い範囲で満足してしまう仕事や表現をするのではなくて、もっと広い世界で勝負したい」

そういう気持ちが強くなるのです。

安心感や「落ち着く」を取るより、
外の世界を見てみたい気持ち。

あなたはこの時期に「従順」であることをやめていきます。ただ上の世代や同い年の人たちに安心される人間になっていくことを拒否します。それってちょっと激しい変化になるかもしれないのですが、あなたは今「安心感」よりも「リスク」のほうを取りたくなってきています。それは別にあえて危険な道を選ぶというよりは、以下のような理由になります。

一生の間で自分が見られる景色って、実はそれほど多くない。

安心感は確かに大切なものだけど、それを大事にしすぎてしまったら、私は今自分が知っているだけの世界の中に安住することになってしまう。

私にとって今は、「落ち着く」ということはそんなに重要なことではない。

むしろ、自分なりに冒険をしてみて、自分なりにやってみて、もっと世界の大きさを感じてみたい。

そういう気持ちが、今のあなたを揺り動かしているのです。

何でそこまでの冒険心があなたを動かすのか。

それは、あなたは自分が尊敬する人、自分が会いたいと思ってきた人に

「あんたすごいね」

と言われたいから。それは、自分自身に対してかけてあげたい台詞でもあります。

誰かを安心させるために生きているわけではなくて、「これ、あなたがやったの? すごくない?」と言われることが大きな喜びになっていく。

「だから、もう今までの自分は自分でいいや。私は、その自分を超えていく」

そういう、自分の内側にこもった決意を、しっかりと外の世界に向けて打ち出していきます。

注意すべきこと。

この下半期の魚座は、ちょっとだけ潔癖になるというか、好き嫌いがかなり激しくなります。だから、不機嫌なときの自分って、自分でも驚くぐらいにめちゃくちゃ不機嫌になったりします。

後、気持ちが高揚するときでもあって「後から返せばいいや」という気持ちで、大きな借金をして新居を買ってしまうとか、そういう「自分でも予期しないノリで、大胆な行動をしてしまう」という可能性が強くなります。

そこに対してはもちろんケースバイケースだから一概に反対はしません。

でも、事後報告になりすぎて周囲の人を驚かせることが多くなってしまうかもしれないので、事前に相談してみて「この件に関しては自分の意見を通すけど、この件に関してはちょっと相談してみよう」とか、そうやって分ける姿勢を持っていてくださいね。

全体的には今までの自分をぶっ壊して、乗り越えていくというときなので、勢いはそのままで大丈夫です。

仕事運はどうなる?

改革の担い手。

2019年下半期の仕事面でのあなたのテーマは「改革の担い手」です。新しい企画や、新規にやっていくことを任されやすい。この下半期の魚座は理想に燃えています。だから、周りに相談をすると「それはやっぱり難しいんじゃないかな」っていうことを言われたりもすると思います。でも、そこを怖れずにぶつかっていってほしいのです。

というのは、この2019年の下半期こそ、魚座が持っている本分を発揮していくようなときだから。魚座を除く多くの人は「できること」「今までできたこと」を優先して選んでいくようなところがあります。でも、魚座の役割って「難しくてもやってみたら、実現したら、世界が変わるようなこと」なのです。もちろん、ただ夢想のファンタジーを発信し続けることが大事になるわけではないです。「この企画ができたら、明日から毎日会社に来るのが面白くなりそう。そういう仕事をしたい」という気持ちをぶつけていってほしいのです。だから、反対されたとしてもいいです。口出しされてもいいです。「あなたのプランのままだったら難しそうだけど、ここをこういう風に修正したら充分に面白いかも」という形で、あなたを中心にした輪が盛り上がっていきます。そして、大きな仕事を任されていくからこそ、この下半期こそ、「普段からの信用」を大事にしてみてください。「自分が気乗りしない仕事だから手を抜く」とかやっちゃうと、いざというときに話を聞いてもらえなくなってしまったりするからです。

恋愛運はどうなる?

子ども心を持った大人。

2019年下半期の恋愛面でのあなたのテーマは「子ども心を持った大人」です。この時期のあなたは「価値観を話し合う」という時間がすごく大切になります。なので、キーワードとしては「夜のカフェ」が大事になるのです。

どういうことかと言うと、夜ごはんを誰かと一緒に食べることって、それはすごくドキドキすることかもしれませんが、そこでの会話ってちょっと社交辞令みたいなものも色濃く残っています。でも、その夜の食事会が21時ぐらいに終わって「ちょっとどこかでお茶していきませんか?」となったりする。夜のカフェって、もうちょっと色濃い話ができる。自分の今の人生で何がすごく最高の瞬間なのかとか、今何につまづいているのかとか。そういう話をしてみてほしいのです。ふたりきりってすごくお互いの気持ちが通じ合わなきゃいけないから、できればはじめは4人とかで集まってもいいです。

今の魚座って、恋愛面でも、「元気に徹するだけではない」話をしたいのです。昼間に会うというよりは、夜にいろいろなことを話し合いたい。どこか今年って、新しい時代が始まったからこそ、単なるロマンスじゃなくて「次の時代をどう生きていきたいか」とか、そういう価値観の話を多くの人がしたい流れがあります。だから、黒やグレー、ネイビーとか、そういう大人っぽい色を着て、夜、価値観の話をしてみてください。「あと一杯お茶飲んでいきませんか?」とか「何かいろいろ話したいですね」と言うのがコツになります。

月ごとのアドバイス

7
世界を広げるとき。
8
他人の話を聞いてみるとき。
9
勝負どき。いい意味で壁にぶつかる。
10
意地を張ることが大事
11
具体的にどうするか。
12
全力で遊ぶ。

★マークのついた⽉はラッキー⽉です。

July 7月
7月のオーラ
魚座

世界を広げるとき。

「世界を広げるとき」のゴールドが出ています。この7月、できればひとりでどこか旅に出てほしいのです。1泊でも、日帰りでも、近くでも、遠くでもいいです。できれば「旅行」というニュアンスのものじゃなくて、「旅」のほうです。どうしてかと言うと、2019年下半期が明けてすぐのこの7月、あなたは「自由な空」を見る必要があります。それって体感として必要で、たとえば「自宅から電車賃を片道1000円使えば、こんなに風景が違う場所に来られるんだ」という「旅」の感覚を持ってみると、あなたが見ていく世界って変わっていきます。今の世の中って、SNSがあって、携帯電話ですぐに誰とでも連絡が取れて、「ここでごはん食べたよ~」→いいね!で終わってしまうことがあります。SNSで完結するのではなく、できればあなたの特別な旅を、あなたが「今年の後半も含めて、こんなことができるんだ」という原体験に。この時期、自分の「こんなことができるんだ」という心の地図を広げた分だけ、予期せぬお誘いだとか「この人とここまで仲良くなるんだ」という経験をしていきます。ぜひ、はじめからスパートをかけてみてください。

August 8月
8月のオーラ
魚座

他人の話を聞いてみるとき。

「他人の話を聞いてみるとき」の紫色が出ています。この8月は、デリケートになりすぎないように注意してみてください。この時期の魚座は、自分のアイデアとか、イメージとか、センスで勝負をしていきます。そういう意味で、自分のセンスを思いきり打ち出して成功するとか、逆に「そんなのナンセンスだよ」と他人から否定されちゃうことも多くなったりします。ハイリスク・ハイリターンというか、結果うんぬんじゃなくて、いろいろなことに対して「自分の感性で勝負してやる」という気持ちが強くなります。また、この時期は「この人には私のセンスは一生理解できないだろうな」「この人のセンスはやだ」など、そうやってかなり自分と他人との関係性を厳しい目で見たりもします。でも、この8月は、他人と力を合わせるとすごく大きなものがつくられていくのです。なので、なるべくなら「好き嫌いだけで判断しないで、1回ちゃんと話し合ってみよう」という機会を持ってみてください。話し合いの前に「この人はどうせこう言う」とか、決めつけないで臨んでほしいです。

September 9月
9月のオーラ
魚座

勝負どき。いい意味で壁にぶつかる。

「勝負どき。いい意味で壁にぶつかる」のネイビーが出ています。この9月はあなたにとって勝負所です。2019年の8月までのあなたは「勢いや感性を重視で。そして、今まで培ってきた考え方を全部出すつもりで」やってきました。つまり、自分の知っていることを総動員して、種を蒔いてきた期間でした。この9月は、その種蒔きに対して、ある程度「現実的な反応」が返ってくるころなのです。あなたは、この「現実的な反応」を受け止めるための作法が必要になります。一喜一憂するのではなくて、冷静にフィードバックの時間を持つこと。たとえば仕事が終わってすぐにスイッチをOFFにするのではなくて、ちょっとひとりで帰りにカフェによって反省点をまとめるとか、そういう時間を持つとすごく良い効果を生み出していきます。これも助言なのですが、家にひとり引きこもってあれこれ考えないほうがいいです。家は基本的にはリラックスするところだから。「こうしなければいけない」とジャッジをするのではなくて、「こういうところまで今自分は考えているんです」と、先輩やそういう人に相談するのがいい時期ですよ。

October 10月
10月のオーラ
魚座

意地を張ることが大事。

「意地を張ることが大事」のオレンジ色が出ています。この10月って、自分がやってきたことがすごく評価されたり、「ここを誰かに教えてほしいなぁ」というところで、すごく大きな助け舟が入ったりします。つまり、あなたがここまで頑張ってきたことに対して、強く評価を受けるときなのです。その際にひとつだけ注意が必要で、それはやっぱり、この10月もそうなのですが、あなたにとって2019年はある程度戦っていくときであるということ。いつもだったら「はー」ってため息をついて、「うまくいかないな」と言っちゃうような夜があっても、この10月は「だからどうした?」と続けてほしいのです。つまり、弱気になるよりは、少し喧嘩腰でいてもらいたいのです。この時期にあなたを評価してくれる人って、決して小物ではありません。結構な大物です。大物って、うまくいかないときに「どういう姿勢を持っている人か。ユーモアを持ち続けられた人なのか、謝るべきところで自分の非を認めて謝れる人なのか」とか、そういうところを見てきます。気晴らしも含めて、ONとOFFの切り替えが大事です。

November 11月
11月のオーラ
魚座

具体的にどうするか。

「具体的にどうするか」を表す茶色が出ています。この時期って、タイトル通りに「具体的にどうするか」をすぐに決めていくことがとても大切です。今年の魚座は多くの場面で勝負所が続いて、そのときに「良い結果が出ても、思った通りにいかない結果が出ても、どう自分を切り替えて、次の行動に移していくか」がすごく大切になってくるのです。たとえばの話なのですが、すごく仕事が忙しくて、恋人と仲たがいをしてしまったとします。あなたは猛烈に腹が立ち、「いや、あの人さ、私がこんなに忙しいことを理解してくれないで、何が最近『冷たくない?』だよ。こんなに小さい人だとは思わなかった。どうしようかな」って考えたとします。仕事でも、プライベートでも、「どうしようかな」という台詞が出たときに「悲しみや怒りの底に沈みたいのか。それとも前を向いていきたいのか、どっち?」と自分に尋ねてみてください。「前を向いていきたい」と答えたら、怒りと悲しみのメモリが(MAXが10で)今7だとしたら、そこにとめたり、保留したりしておいてほしいのです。あとで「ごめんね」って言えたら勝ちだから。この時期のあなたはすごく成長します。具体的な成果も出せます。だからこそ、そういう「大きく伸びるときの人」って、自分の非を認められるような人なのです。

December 12月
12月のオーラ
魚座

全力で遊ぶ。

「全力で遊ぶ」のターコイズ色が出ています。この12月のテーマは「頑張ることも、遊びも、全力で」になります。2019年のこの時期になると、あなたはいろいろなことに対して冷静に判断ができていきます。今までだったら2日間ぐらい悩むようなことでも「あ、多分こうすればOK」と、その瞬間に自分の答えを出せたりする。あなたがこの時期も目指すことって、「私の人生だから、私が楽しむ」という、ちゃんと自分のエゴを大切にすることなのです。「全力で遊ぶからこそ、全力で働き、全力で自分の義務を果たす」とか、「みんな苦労をしている」とか、そういう重力の重い話に乗っかるんじゃなくて、自分のことをちゃんと管理をする。また、この12月ぐらいに「今年は本当にいろいろと訳がわかんなかったけど、色々とやり切った。すごく良かった」という感想も出てきます。また、この時期に会う人には「また会いたいです」「〇〇さんのそういうところ大好きです」など、なるべく遠回りはしないでストレートに伝えてしまったほうがいいですよ。

しいたけ.からの
魔法のメッセージ

人間って自分が生きている人生の中で、「自分の枠は自分で決めなければいけない」と、そうやって勝負を仕掛けていくタイミングがあると思うのです。たとえば、会社にいる人だったら、それは別に転職を決めるということだけではなくて「全然上司が予測していたのと違う企画を持っていって、その面白さをちゃんと自分の言葉で説明して説得する」とか。そうやって「ここまででいいや」と自分で決めた安全な柵を、自分で乗り越えていく。あなたがやりたいこと。それは、この下半期で「自分が限界だと思ってきたものを超えたい」という気持ちと共にあります。なので、いつも常に、全力で楽しむことを忘れないでください。だって、あなたを今動かすものって「こういうことができたら面白くない?」というワクワク感だからです。あなたの2019年下半期の冒険が、とても楽しくて刺激的なものになりますように!

しいたけ.

SHIITAKE LIVE CHATしいたけ.さんが登場!
INSTA LIVEをお見逃しなく。

しいたけ占い下半期公開を記念して、占い師しいたけ.さんが12星座別のINSTALIVEを開催。星座別にお悩みや質も募集中なので、ぜひ参加して! 詳細はこちら