VOGUE GIRL LINE Twitter Facebook Pinterest Instagram mail
射手座

射手座のみなさんへ

新しい時代が始まりましたね。

そして、2020年の東京オリンピックを前にした、2019年の残りの半年間の占いを書きました。この下半期の12星座の占いをすべて書いてきて思ったことは「見切りをつける人が多くなる」ということです。

「見切り」っていうとすごくネガティブな言葉の響きに聞こえるかもしれませんが、どこかで「ここで粘っていてもしょうがない」とか「新しいやり方を試していこう」とか、そういう「切り替え」についてとても多くの人たちが実行をしだすのです。
そういう「切り替え」に至るまで、すごくいろいろ頑張ってきたし、また、自分が我慢することもあったのだと思います。

時代の節目を感じてしまうときこそ、あまりニュースや世の中の動きに過敏になりすぎず、ひとつひとつ積み木を積み上げていくようなマイペースさを大切にしてほしいと願いながら書きました。いつものように長い占いになってしまったのですが、もし良ければ読んでみてください。

この占いを書く時間は大変なのですが、僕にとって多くの人と向き合う、とても大切な時間です。いつもどうもありがとうございます。

しいたけ.

2019年下半期、射手座は
「旅が終わる。
誰かと一緒につくっていく未来」。

2019年下半期の
運勢は?

誰かと一緒につくっていく未来。

オーラ
射手座

2019年下半期のあなたは「誰かと一緒につくっていく未来」を表すピンク色が出ています。これはあなたにとってすごいことで、かいつまんで言うと、この下半期に至るまでの射手座は、どこか孤独を味わったはずですし、今まであった自分のやり方、そして、今まで自分が築いてきた「自分らしさ」というものを、どこかで整理していく機会が多くありました。「今までの自分のやり方を変え、生きていく」というターニングポイントを迎えてきているのです。

少し失礼に聞こえるかもしれませんが、今の射手座以上に「これから先の指針や方向性を、どうしていこうかちょっとわからん」と思っている人もそこまで多くないのです。

あなたはこの1年ぐらいの間、「私ならこうする!」とか、そういう強烈な意地や執念、あとは自我みたいなものがかなり薄くなっていっているのです。だから、今までだったら「私ならこうする!」って3秒で答えの出ていた問題が、今のあなたは1日考えてもうまく答えが出せなくなっているときがあるのです。

でも、その結果として、あなたを今まで包んでいた「エゴというバリアやカリスマ性」が薄くなり、誰かと一緒につくっていく未来という方向性について強烈に道が開かれていっているのです。

2019年の下半期って、あなたにとっての奇跡が起きやすいです。

では、具体的にこの半年間の流れはどうなっていくのか。一緒に見ていきたいです。

自分のエゴが薄くなった。

2019年の下半期に至るまでの流れを振り返りたいのですが、いつもの射手座には「自分の感覚で未来を予測し、その未来を実現していくために行動していく」という強さがあるのです。射手座は「ほかの人にあまり自分のことを相談しない人」でもあります。それは、自分が考えていること、イメージしていることを実現していく前に、そこまで熱気のない人からの「センスのないひと言」で、自分の士気を下げたくないからです。射手座の人って、自分が今まで必死でつくり上げてきた世界観や士気の高さを「不用意なひと言とか態度で下げる人」を絶対に許せない、勝負師としての感覚を強く持っているのです。

射手座の強さって、どこで何を始めたとしても、自分なりに試行錯誤をして、集中をして、自分なりに「未来に向かってこうしていきたい!」と自分のビジョンを持とうとするところなのです。

そして、そのビジョンを1回描いたら、「何があっても、それをやり通してみせる」と言って、実際にやり切ってしまう強さもあるのです。

ある程度の傲慢さと、集中力。

そういうエゴの強さを射手座はちゃんと持っているのです。

ただ、先ほどもお伝えしたように、2018年の終わりぐらいから、あなたが持つ「私はこうしたい。誰かに反対されたとしても。できないと言われたとしても」というエゴの力が薄くなってきているのです。

言い方は悪いけど「引退したおばあちゃんやおじいちゃん」の気持ちみたいになっちゃったこともあったはずなのです。「あー、私はいいから。みんなが幸せならいいよ」とか、以前だったらもっと好き嫌いが激しかったところに関しても「ふーん、いいんじゃない? 私はそれ興味ないや」と、議論とか喧嘩を回避する機会が多くなった。

「穏やかになったのはいいけど、このままやる気が出ないのかどうかが不安」

と、そういう気持ちを抱えてきた射手座の方って多いと思います。

あなたの今の穏やかさと、そして、多少落ち着いたやる気とか熱気がこの下半期、どこに向かっていくのか。そのことについても説明していきたいです。

誰かと共につくっていく未来。

2019年の下半期に至るまで、あなたが穏やかさを持ち、あとは、ちょっと引退した人みたいにエゴの力を薄くさせてきた最大の理由があります。

それは「誰かと共に未来をつくっていきたい」という道筋ができてきたからなのです。

しつこくて申し訳ないのですが、射手座の人ってもともとそこまで気質が激しくない人でも、もしくは、「おらおら」って言っている人でも、少なからず「カリスマ性」はある人たちなのです。射手座の人って「どうしてあの場面でそんな判断ができたの?」とか、そういう常識では考えられないような判断と実行力をもって、奇跡を巻き起こすことができたりするのです。

でも、そのカリスマ性があるからこそ、どこか「私のことは放っておいてくれ。これは私の問題なのだから」と、孤高の壁というか、寂しがり屋ではあるんだけど、自分が満足したら「自分の部屋に帰っていく」というようなところがあったりしたのです。

どうしてかと言うと、射手座は未来に対して現実主義者であって「ふたりでするロマンティックな約束って、その未来のためにふたりで努力すれば守れるでしょうね」とか、そういう冷めた目線もちゃんと持っているのです。

「自分のことは自分で決める」

「誰かに影響を与えることはあっても、自分が誰かから影響を受けることはそんなにない。自分が欲しいものは、自分で見て、やってみて、それで獲っていくよ」

という感覚。

それが今のあなたって、穏やかさが出てきたことによって、そして、多少のやる気のなさが出てきたことによって

「自分の出す答えを保留できる」

という特技を手に入れてきているのです。

「うーん、私は私で思うところはあるけど、だけど、まずみんなの意見を聞きたい。はー、そういうわけね。そしたら、そっちのほうが面白そうだから〇〇ちゃんの意見をみんなでやってみない?」

とか

「あー、この問題、昔の白黒ハッキリつける私だったら秒速で決断してたけど、今はいいのか悪いのかわかんないけど、判断することはできないや。明日〇〇さんに相談してみよう」

というような、そういう「他人と共に自分の答えを決めていく」という土壌ができ上がってきているのです。

その上で、この下半期のあなたは

「自分のことを自分ですべて決定するのではなくて、誰かと一緒に未来をつくっていけたら幸せに感じるかもな」

とも感じてきています。

だから、今のあなたに秘伝をお伝えします。

この下半期で勝負に出るあなたの台詞。それは

「これ、どう思う? 」

です。

こんな簡単な台詞なのですが、どこか他人に「ちょっと頼る」という雰囲気を加えて「私カキフライ食べようと思うんだけど、どう思う?」とか言ってみてください。「知らないよ(笑)」とか「食べればいいんじゃない?」って、そういう何気ない回答が、実はそれって「誰かとの共同作業」になっていくのです。

不思議な縁。

2019年の下半期のあなたは本当に不思議な縁に恵まれていきます。

  • ・気づけばよく自分のことを相談していた人
  • ・気づけば一緒にいて、そんなに気を使わず、どこか「家族」のように感じてきてしまった人
  • ・気づけば、相手を信頼して喧嘩もできるようになってきた人

そう思える人との縁が深まっていくのです。

ちょっと感覚的な話になるのですが、この下半期の射手座って「温度で言うと30℃ぐらいの話」を意識してみてほしいのです。イメージとしては、みんなでたき火や暖炉にあたっているイメージ。もしくは波の音が遠くに聞こえてくるイメージで、つまり少しまどろんだ状態で「なんかさ」って言って話すような内容ですね。「何かさ!」って勢いづいてしゃべるるやつじゃなくて、もうちょっとゆっくり話すようなこと。

「なんかさ、あ、ごめんね。急に話したくなっちゃったんだけどさ。私が今のところに来て、はじめはわからないことだらけだったのね。それで、そのときにいろいろ私に教えてくれた先輩がいて、その先輩にあなたはそっくりなのよ」

とか、そうやって「今自分がいる場所とか働いている場所」から離れて、避暑地とか、旅先とか、落ち着くことができる夜のカフェとか。そういうところで話すような内容の話を大事にしてほしいのです。

語尾にビックリマークをつけない話。

「何かね! 私、昨日上司にブチ切れちまったわけよ!」

とか、そういうぶっ飛んだ射手座の話ってめちゃくちゃ面白いです。でも、それ以外のゆったりとした話もぜひしてみてください。

再スタート、再評価。

この下半期であなたが着手していくことって結構多くて、それは今の射手座の周りの環境って、「安定化」や「定着化」の流れが強いからなのです。そういう「安定化」って良い面ももちろんあるのですが、今のあなたの周りって「硬直してしまって、身動きが取れなくなっている部分」が多く出てきているのです。

それを、再び、改革していく使命が、あなたにはあります。いわゆる、大幅リニューアルの使命です。

あなたは、個人的にも、そして、あなたが所属している場所のみんなにも、「改めて自分たちの良さはこういうところで、そこをまた掘り起こして表に出していこう」という形を取ろうとしています。

射手座の良いところって、「尖った面白さを大事にすること」なのです。たとえ、見る人が見たら少し不謹慎に感じるもの、ナンセンスに感じるものでも、それをもっと洗練させてひとつの文化にしていく。

そういう「物事の良い面を再評価していく」という使命があなたにはあって、それをやっていくあなたも再評価されていく流れがあります。

だからどこか、この2019年の下半期って「自分は縁の下の力持ちのキャラを持つことも大事だ」と思ってみてください。もちろん、あなたが主役のときもあります。でも、あなたが「名脇役」として、ほかの人に手柄を立てさせてあげる。そういう動きがすごく冴えるのです。テレビのバラエティ番組でMCの人を助けるひな壇の芸人さんって、ものすごいセンスと、状況を読む目線があります。自分が引き立てたい人のためにひな壇の芸人さんみたいになってみて、オーバーリアクションをちゃんとしてあげたり、その場が盛り上がるようなことをやってあげたりしてみてください。

仕事運はどうなる?

シャッフルが起きてくる。

2019年下半期の仕事面でのあなたのテーマは「シャッフル」です。この時期の射手座の仕事を巡る環境は、結構激しいシャッフルが起きていきます。どういう意味なのかというと、あなた自身も含めて、あなたの周りって「脱・硬直」に向かって激しく動いているのです。あなたの周りでも

  • ・今までリーダー格を引き受けてきた人が、急に異動することになった
  • ・新しい体制になって、今までの決定方式が結構激しく変化していく

とか。特に「今まで力を持っていて、いろいろなシーンでその人が決定していた」という人だけに力とか決定が偏りすぎて弊害が起きてきたから、ほかの人たちに仕事上の権力が分散されていくという現象が起きてきます。

ですから、この下半期で、あなたが仕事面で大切にしていってほしいことって、人です。仲間です。

これは別に青春ドラマ的なことを強要したいわけではなくて、今のあなたが向き合っている仕事って「こうすればいい」という正解がますますなくなってきています。だからこそ、「この人と話し合うとなんか良いアイデアが出るんだよね」とか、そうやっていろいろなことを話し合える人、つまり「仕事を超えて、友達になっちゃう人」との時間がとても大切になります。

とにかく粘り強く。

仕事面で「リニューアル」がテーマになるから、「ここの良さって何だろう?」と、どんなに小さいことでも、仕事面での良さをみんなで再び表に出していく。安定化した場所での「良さ」って、当たり前すぎて、薄くなっていっちゃっていることが多いから。再び尖ってみること。

恋愛運はどうなる?

自信のなさって結構大事。

2019年下半期の恋愛面でのあなたのテーマは「自信のなさって、結構大事」です。これはすごく大きなことで、射手座の人ってこの下半期で「問題解決屋」にはならない場面が多くなります。それによって「私は必要とされなくなるのでは?」と怖がる必要は全くなくて、むしろ、その「自信のなさ」が出てきたことによって、新しくあなたは恋愛面でも、いろいろな場面でも、新しく必要とされる機会が増えてくるのです。

ここまでの人生で、あなたはどこか「あの人なら自分で自分のことをできる」「あの人なら何とかしてくれる」など、そういう開拓者としての生き方を求められてきたところがあります。

でも、そんな開拓者であるあなたが、「これ、どう思う?」とか、「この場合はどうしたほうがいいかな?」とか、そういうことを聞いてみる。すると、どこかあなた自身も「前のめり」ではなくて、相手と「同じ問題を共有しよう」という気持ちになっていきます。

この下半期の恋愛運を良くしていくためには、あなたが好きな人だけではなくて、自分が接する人の話す言葉や考え方を「とりあえず1回は受けてみよう」と思ってほしいのです。もちろん、よっぽど仲が悪い人などは除いて。

そうすると、あなたの雰囲気の中に、問題解決屋じゃなくて「とりあえずあなたに相談してみよう」とか、あなた自身も誰かに良い形で相談できる事例が増えていきます。

そうやって、いろいろなことを話したり、「今度ああいうところに行きたいね」と話し合っていたりした人と、いつの間にか、気づけば一緒に長くいるケースも多くなっていきますよ。

月ごとのアドバイス

7
自己コントロール。クールダウン。
8
温かさを感じる時間。
9
頭が冴えて活躍する。
10
家族のように感じる関係。
11
運命と再評価。
12
方針が決まり、プログラムを組んでいく。

★マークのついた⽉はラッキー⽉です。

July 7月
7月のオーラ
射手座

自己コントロール。クールダウン。

「自己コントロール。クールダウン」の青色が出ています。この7月って、結構「地味さとマメさ」がとても大切になってきます。射手座は自分の中で「やる気が出ないなぁ」と思ったりすると、自分に火をつける勢いで、力技で自分にエネルギーを取り戻そうとすることもできます。でも、この7月は「穏やかバージョンのあなた」が完成されていくようなときで、本当に「よく話を聞いてみる。話し合う準備がある。どんなに小さなことでも、言ってもらえると助かるよ」とか、周りに対してちょっとだけ聖人みたいに振る舞ってほしいのです。力技とか、強引に自分の身の回りの問題に対して「何とかしよう」「白黒ハッキリつけよう」というのはちょっと後回しにしてほしいのです。7月は、「とにかく話してみる」「後輩でも仲間でもいいから、今の自分の近況を話してみる」など、そこまで深刻なムードにならなくていいので、話すといろいろ「あ、じゃあこうしていこう」ということが見えてきます。仲間運がとにかく優れているから。

August 8月
8月のオーラ
射手座

温かさを感じる時間。

「温かさを感じる時間」のベージュが出ています。この8月の射手座は、「自分が求めていた風景」に出合うことが多くなります。射手座はそもそも「特別な舞台」や「華やかな非日常空間」など、そういうところに縁がある人が多いです。「特別な一日があるからこそ、そのために半年間ぐらいは黙々と準備を積み上げることができる」という、そういう打ち上げ花火みたいなところがあるのです。でも、今のあなたって、「特別な、温かい日常」に触れることによって、燃え尽きたものを回復させようとしていっています。「海に行って豪華なレストラン」というのもいいのですが、ぜひ「地元の人が行く定食屋」とか、そういう「普通で、激アツではなくて温かみを感じるほう」へ行ってみてください。この8月はすごく大切なときで、今まで「熱くて、刺激があって、スピードのあるもの」に触れてきた射手座、つまり「1位を取るか、ゲームから降りるか」みたいな極端な生活をしてきたあなたが、「日常」に帰っていくための大切な期間なのです。

September 9月
9月のオーラ
射手座

頭が冴えて活躍する。

「頭が冴えて活躍する」の青が出ています。この9月の射手座って「平和で穏やかな自分」から、ちょっとずつ「切れ味を持って、面白いことに突入していく自分」へとギアを上げていきます。そしてちょっと、周りのお仕事であったり、あなたがやらなければいけないことであったりが多く出てきて忙しくなってきています。この時期、仕事面でもプライベート面でもいろいろと決めていかなければいけない場面が多く用意されたりします。なので、大事なことは「今はこれを決める!」と「これは多分、今考えても決められない! もう少し迷いたい」というものを分けてほしいのです。あなたには勝負勘みたいなものがあって、それもこの9月にすごく鋭くなっていきます。だから「あ、これはいろいろなバランスを無視して、私がやんなきゃダメだな。なぜなら面白そうだから」と、そうやって決めていくものが多くて大丈夫です。大切なのは、「ノリ」。新しい経験値が増えそうなことは、積極的に引き受けていってください。9月は守る時期ではなくて、攻める時期です。

October 10月
10月のオーラ
射手座

家族のように感じる関係。

「家族のように感じる関係」の緑色が出ています。この時期って、あなたが蒔いてきた種、つまり、縁の下の力持ちになって人を助けてきたこととか、ボランティアのような形で協力してきたこと、そして、自分の未来のために地道にやってきたことが実を結んでいくようになります。自分から声を掛けなくても、自分と気が合う人が「一緒にこういうことをやろうよ」と誘ってくれたり、良い話に出合ったりすることも多くなります。この時期にあなたが感じること。それは「この人とはファミリーみたいだな」と、家族のような感覚。それって「何でも話せる」ということだけじゃなくて「この人のことを見守りたい。そして、この人に私のことを見守ってほしいな」と、そうやって心許せる他人の存在が、この時期のあなたにとってはすごく大切なものになります。だからこそ、この10月は引き続き「協力し合う精神。困ったときはお互い様」と考えて行動していくベースを引き続きつくっていってくださいね。

November 11月
11月のオーラ
射手座

運命と再評価。

「運命と再評価」のゴールドが出ています。10月に続いて、この11月のあなたって、強い「再評価」の流れがあります。その再評価とは「やっぱりあなたがいないとダメだ」と言われることであったり、ちょっと大げさに聞こえるかもしれないのですが、この時期に「これからの自分」を決めていったりするような、大きな決定や運命的な動きが出てくるのです。この2019年、あなたも含めてなのですが「これからの自分の人生」を深く考えていく人たちが多いです。だから「いろいろなことがあったけど、やっぱり私はあなたが大事だ」と、そうやって自分の人生で「この人と共に生きたい」「この人と影響を与え合いたい」みたいな、「大事に、深く」付き合っていきたい人が絞り込まれていくのです。あなたにはこの時期、強い愛の力が芽生えてきます。「この人にありがとうって言われたいから、私は頑張りたいんだ」とか、そうやって自分を突き動かしてきた大切なものに気づいていきます。

December 12月
12月のオーラ
射手座

方針が決まり、プログラムを組んでいく。

「方針が決まり、プログラムを組んでいく」の赤が出ています。この12月って、あなたは「自分が大事にしていきたいもの」「これからの方向性はこうしていきたい」など、自分にとって大事な理想や、目指していきたいもの、または、自分がこれからなっていきたい姿などが結構ハッキリ決まっていきます。だから、「切るべきものは切る。なぜなら、そこに接していても私の幸せはないから」と整理することもあるし、その逆に「ここや、この人は、共に見守り続けたい」と、再び愛情を込めるものも再発見していきます。そして、この12月はとにかく行動に移します。なぜなら、もう自分にとって何を選んでいくか決まっているから。思い起こせば、2019年は、あなたにとって「迷う年」でもありました。でも、迷うことがあったからこそ、遠回りすることがあったからこそ、あなたはここで「何を選んでいきたいか」がかなりハッキリしていきます。そして、その選んだものを実現させるために、再び奮闘を誓っていきます。

しいたけ.からの
魔法のメッセージ

僕は射手座のことをよく「旅人」と言ってしまいます。その理由というのは、あなたは「こっちへ行くと楽だよ」とか「こっちに行くとあなたがやってきたことが完成されますよ」と誰かに誘導されたとしても、「こっちの景色が見たくなったから」という理由で、自分の心の赴くままに旅に出るようなことが多いからです。あなたって、ここ何年かで最大と思われるぐらいに、迷うこともあったと思うのです。「私のやり方で、いいのかな」と感じてしまうこともあったと思うのです。「こんなにフラフラしてていいのかな」とも。でも、あなたがやってきたことって「自分で先に行って答えを出すんじゃなくて、みんなで旅をして、そして、答えを出していこう」というやり方だったと思うのです。だから、どうしても時間がかかりました。そして、あなたが巡ってきた旅がひとつの帰着を迎えていきます。いろいろな奇跡が起きてくるのです。だから、この下半期こそ、毎日手を抜かないで。きちんと愛情を込めてやっていけば、帰ってくるから。愛情とは「ここで苦労しなきゃダメだな、私」と覚悟を決めることです。そういう強さが、今のあなたにはあります。2019年の下半期、あなたの旅路が良い結果を迎えていきますように。

しいたけ.

SHIITAKE LIVE CHATしいたけ.さんが登場!
INSTA LIVEをお見逃しなく。

しいたけ占い下半期公開を記念して、占い師しいたけ.さんが12星座別のINSTALIVEを開催。星座別にお悩みや質も募集中なので、ぜひ参加して! 詳細はこちら