VOGUE GIRL LINE Twitter Facebook Pinterest Instagram mail
蠍座

蠍座のみなさんへ

新しい時代が始まりましたね。

そして、2020年の東京オリンピックを前にした、2019年の残りの半年間の占いを書きました。この下半期の12星座の占いをすべて書いてきて思ったことは「見切りをつける人が多くなる」ということです。

「見切り」っていうとすごくネガティブな言葉の響きに聞こえるかもしれませんが、どこかで「ここで粘っていてもしょうがない」とか「新しいやり方を試していこう」とか、そういう「切り替え」についてとても多くの人たちが実行をしだすのです。
そういう「切り替え」に至るまで、すごくいろいろ頑張ってきたし、また、自分が我慢することもあったのだと思います。

時代の節目を感じてしまうときこそ、あまりニュースや世の中の動きに過敏になりすぎず、ひとつひとつ積み木を積み上げていくようなマイペースさを大切にしてほしいと願いながら書きました。いつものように長い占いになってしまったのですが、もし良ければ読んでみてください。

この占いを書く時間は大変なのですが、僕にとって多くの人と向き合う、とても大切な時間です。いつもどうもありがとうございます。

しいたけ.

2019年下半期、蠍座は
「ゴールに向かって爆走する。
好きにやらせていただくんで、よろしく!」

2019年下半期の
運勢は?

脱決定、脱目標。

オーラ
蠍座

2019年下半期のあなたは「脱決定、脱目標」を表すベージュが出ています。この下半期のあなたは、すごく特殊で、すごく特別な時間を過ごしていきます。まず、「脱決定」という言葉を説明したいのですが、通常、1年のはじめや、年に2回ある上半期・下半期のはじめは「新しい目標」をつくっていくタイミングになります。

たとえば、「今年も半分過ごしてきて、もう少しここが頑張れる」と思った人は、新しい目標として「この部分を頑張る」とか、そういうものを立てます。でも、今のあなたはそういう目標や、改めて頑張らなきゃいけないことから、ちょっとだけ距離を取ろうとしています。今、あなたは面白いほど開き直っていくのです。

この2019年の下半期に「献身」や「真面目」、「周りに好まれる人材」や「年長者に喜ばれる私」、そういう自分を演じることに対して、ちょっと耐えられなくなってくる。

「だって、もうそういうのやり続けるの面白くないから」

そう言い放っちゃう。そういう荒っぽいキャラクターが強く出てくるのです。

「私の人生を、他人が勝手に決めんなよ」

と、ちょっと不良化した自分が出てきます。

「好きにやらせておくれよ」

って。

だから、自分なりに頑張りたいと思ったら頑張るし、頑張りたくないところは頑張らない。それはその時々のタイミングで決めたい。

変に目標を立てて、そこに縛られる形で人生を生きたくない。それよりも、ここら辺でもっと自分のいろいろな原点に戻って人生を楽しんでみてもいいんじゃないかと、そういう「久しぶりにきた夏休み感」を満喫しようとしています。

少し不良化する。

この下半期の蠍座って、すごくいい感じで不良の道に行こうとしています。「そっちのほうにしか楽しさがない」って感じで。

「つうか、目標とか立てたくないし」

とか、そうやってちょっと普段の真面目さから脱線しようとしています。

今のあなたって根本的な部分で、目標を立てるという行為とか、そういうことに疑問を抱いてきています。

目標って、立てた時点で自分が安心するため、そして、周囲の人を安心させるためのものでもあったりするから。

「こういう目標を立てたのか。えらいぞ。じゃあこれからはそれで頑張っていきなさい」

とか。

何か、そういうのがすべて茶番に見えてきちゃっている。

もちろん、目標自体を軽視しているわけではありません。でも、目標には2種類あって、ひとつは「自分が不確かな未来に向かって方向性を描くことで、安心をするため」に立てるもの。そしてもうひとつは「やれるかどうかわかんないけど、それをやっている自分が好きなんだよね」と言いたいからこそ、その楽しみをもっと深めていくために具体案を立てていくもの。

真面目に目標を立てて、そこに縛られるような形でやっていくよりも、もっと自分の意思で、はぐれて、脇道に行って、それで「たまたま偶然、脇道にある名店を見つける」ように、自分の発見を楽しみたい。ハズレクジも引きたい。正解や、正しいことに対して真面目に進んでいくよりも、もっと面白く道を踏み外したい。そうやって、今のあなたは、楽しく「不良化」の道をたどっているのです。

もっと言うと、命を賭けてもみたい。

そういう激しい気持ちが今の蠍座からは強く出てきているのです。

自分を信じてみたい気持ち。

蠍座ってそもそもすごく不思議な人たちで、たとえばの話なのですが、蠍座以外の星座は「攻める側」と「守る側」で、どちらが得意で、どちらが苦手だとか、ある程度決まっていることが多かったりするのです。

たとえばの話として、蠍座の次にある射手座って「攻め」の星座です。ですから、会社経営をしていても、「ピンチのときこそ、攻める」ことで、自分たちを守っていくとか、そういうやり方を取る。

でも、蠍座は「攻めること」も「守ること」も両方得意なのです。両方を駆使して、長期的に発展させようとしていく。

だから、蠍座の人は「人生のある時期までは夜中の2時までひとりで仕事をしていたり、とにかくみんなの前に立って攻めてきた。でも、ある年齢を過ぎてから一気に『話の聞き役』になったり、守る側の立場になったりした」とか、そういう「攻め」から「守り」へ大きく自分を変えるような経験をする人が多いのです。

そして、この下半期のあなたって、大きく「攻める側」に回ろうとしています。

だから、今まで黙って話を聞いたり、見守っていたりしていた立場の人が「いや、これはこうしていきたいよ」とか、仕事でもプライベートでも「私はこうしたい」と積極的に口を出していくことになったりします。

なぜあなたが攻める側に再び回ろうとしているのか。

それは、自分を信じてみたい気持ちが増したのと、あとは「今が人生の中でいろいろやりたいことを実現していくタイミングのような気がする。後悔を残したくないから、私は前に出て言っていこう」とか、そういう気持ちになってきているのです。

そして、あなたがいろいろな場面で攻めようとしたときに、それを支える周囲の仲間や同志に恵まれていきます。「あなたがそうしたいのなら、手伝うよ」という形で。

あなたは今、「自分を消して、自分が所属しているものや人のために尽くす」という役割から、自分が前に立って、そして、あなたの周りにいる人々の「個」の力を信じて、人生を攻めていきたいという気持ちが強くなってきているのです。

「私だったらこう考える」
を言っていく大切さ。

ここまででもお伝えしてきたように、蠍座にとってこの2019年の下半期からは「個」の性質がとても強いものになっていきます。何か、悪い意味ではないのですが「もっと何か、バラバラでいいんじゃないか」という感覚が強くなるのです。

これって別に、今あなたが所属している組織が崩壊するとか、そういうことを意味しているわけではないのです。

でも、あなた自身も含めて、「自分たちがやろうとしていることに、正解の教科書があるわけじゃない。だとしたら、間違ってもいいから、やりたいことをやってみて、そして、もちろんやる以上はきちんと成果を求めて、その上でフィードバックをしていきましょう」という感じで「好きにやってみようよ」という空気が大きくなっていくのです。

だから、どこかこの時期のあなたって、脱体育会系というか、それは「上の立場の人が言うことが絶対」というわけではなくて、対等な立場でいろいろなことを話し合える人間関係を尊んでいきます。ですから、あなた自身も周りの人に対して、特に年下に対して「あ、ここから先は仕事じゃないから、帰りたいときに帰ってね」とか、そういう気遣いが必要になっていきます。

「言いたいと思ったことを言い合える雰囲気」

それを、あなたは丁寧につくっていくのです。

「悪い意味ではなくて、それぞれがそれぞれの時間を持ち、自己犠牲がそこまで大きな負担にならないように減らし、協力し合えるところは協力していく」

そういう周囲の環境をつくっていくのです。

硬直した関係から、
もうちょっと自由な関係へ。

友達同士で飲み合うお酒の席などで、よく出てくる会話のひとつとして

「あー、今、私は恋愛いいや」

というものがあるのです。

これは別に強がったり、カッコつけたりして言っているわけではなくて、恋愛をする素晴らしさも知っているけど「束縛されるのが面倒くさい」という感覚が強いときってあると思うのです。

今の蠍座はちょっと「束縛、嫌」という時期に向かっていて「あなたはあなたで好きにやったらいいじゃん。私は私でやるから」と、ある程度個人行動を容認する形で暮らしていくことが多くなっていきます。もちろん、これは浮気や不適切な関係を推奨しているわけではなくて、それはまた別の問題です。

何か、今の蠍座は周りに対して強く言いたい。

「もう、自分で考えて、自分でやってみて」

と。

あなたが全部「責任者」や「司令官」として間に立って、それで全部の報告を聞かなければいけない立場から、ある程度相手のやり方を信用して、任せるというやり方になっていくのです。

ですから当然、周りの動きが完璧にあなたの理想通りというわけにはいかなくなってきます。細かいところにイライラしたり、「ここはちょっと誤解があったり、考え違いをしているんだよなぁ」と思うこともたくさん出てきます。

ですから、この下半期の蠍座は、どこか「ざっくばらんに言い合う」というか、固くならなくていいです、日常の中に少しミーティングを入れる意識を持ってみてください。

ミーティングが好きな人ってあんまりいないと思うのですね。

どうしてかと言うと、ミーティングって耳が痛い話も聞かなきゃいけなかったり、他人から「こうしてほしい」と自分のことを指摘されたりすることもあるから。

だから、そのミーティングに良い空気を流すとするならば、あなたが自分の失敗談(そんなに深刻じゃないもの)を話したり、自分から率先して、自分の反省点を述べたりするのがいいと思います。

そして、干渉し合うことが目的なのではなく「今、私はこういうことを頑張っています。あなたは?」みたいな感じで、現在何をやっているかを報告し合う会みたいなものを、お茶でも飲みながら定期的に開く意識を持っていてください。

どこか、寂しさを乗り越えていく。

あなたはこの下半期に、どこか「寂しさ」を乗り越えていきます。それは別に変な心境になるとか「私気づいたの! 私は寂しくなかったんだって! お星さまが見ていてくれたんだって!」とか、そこまで激しく悟りを開くわけではありません。

そうではなくて、ずっと密着したり、細かいところまでの感情のやり取りをずっとしたりしていた相手に「じゃ、そこは任せるよ」とか、そうやって放り出せる、いい形でのチームワークを築いていくのです。

蠍座って、いつの間にか「愛する人の監督者」になってしまうことがあります。

「この人の面倒を見られるのは、私しかいない」

という形で、自分が面倒を見る他人の暗部とか、弱点とかを全部「私が引き受ける」と言ってしまったりするのです。

でも、今のあなたは「一緒にいる時間も大切だけど、私は自由を求める」という気持ちのほうが強くなっていっています。

他人の顔色を見すぎるのではなくて、「私が楽しいからやっているだけ。だって楽しいんだもん」という台詞をちゃんと言い放つ。そうすると、あなたも、どこか「ただ周りに従うだけ」ではなくて、きちんとした大人として、ちゃんと人生を楽しもうとしている人たちに囲まれていきます。

「あんたバカだねぇ」

と言い合えることが最高にうれしい。

そういう、最高のバカバカしさ、そして、本気さを、あなたは強く求めていきます。

仕事運はどうなる?

自分の力を信じてやってみる。

2019年下半期の仕事面でのあなたのテーマは「自分の力を信じてやってみる」です。これってすごく不思議なのですが、この下半期の蠍座って「いろいろな人の話を聞くのをやめてみる」という過程にいるのです。多分、仕事も含めて、人間がいる数の分だけ、その人にとっての「正論」とか「このやり方が正しい」と思ってやっていると思うのです。今のあなたって、ちょっとだけそういう正論から「耳を遠くに置こう」としているのです。つまり、「あまり話を聞いていない状態」になっていくのです。

それによって何が起きてくるのか。

それは、仕事面におけるあなたの感性の再評価です。

もちろん、それは諸刃の剣でもあって、風当たりが強くなることもあるし、批判されることもあると思います。でも、この下半期は「私はこういうやり方でやってみたいのです」と、自分の感性を信じて、自己主張をしていくことがすごく大事になります。

特に、今の時期のあなたは「これは現実的にも充分実現できて、さらに、実現したら結構世の中的にも面白いだろうな」とか、そうやっていろいろ自分で見てきた観察力がすごく生きるときなのです。

誰かの話をおとなしく聞いている人ではなくて、自ら波乱を起こしていける存在になっていきます。

恋愛運はどうなる?

熱い気持ち。

2019年下半期の恋愛面でのあなたのテーマは「熱い気持ち」です。本文中でもお伝えしてきたように、この下半期のあなたってちょっとだけ不良化していくのです。その不良化とは真夜中に街を爆走したりとかそういうことではなくて、「いい子じゃなくても、もういいや」という感じなのです。あと、言いたいことは言っていくぜ、という感じ。

自分に牙を取り戻していく。そういうときって、悪い意味ではなくていろいろ噛みつきたくなってくるのですね。でも、それが恋愛面においては良い効果も出てくるのです。

どうしてかというと、普段の蠍座って、自分を隠しちゃうことも多いのです。「これを下手に言ってしまって場が乱れたら嫌だな」と思うからです。でも、「噛みつく」とか「ここはどうなんですかね」と、自分がある程度本気の熱さを持って伝えていくことって、その本気の熱を、好感を持って受け止めていく人も多くなります。

この2019年の下半期の恋愛って「お互いに割とムキになって話し合っちゃうこと」がすごく大事になります。喧嘩腰に話すけど、それは喧嘩じゃなくて「ここは大事だからすごくちゃんと伝えておきたい」「つい熱くなってしゃべっちゃう私のプロレス愛」とか、そういうのが「面白いな。また会いたいな」とお互いに思い合うきっかけになりやすいです。ぜひ熱くしゃべってみてください。

月ごとのアドバイス

7
個人行動で運をつかむ。
8
正直に生きる。
9
私が楽しんでナンボ。
10
とりあえずやってみる!
11
朝日が昇る。
12
勢いと愛。

★マークのついた⽉はラッキー⽉です。

July 7月
7月のオーラ
蠍座

個人行動で運をつかむ。

「個人行動で運をつかむ」の緑色が出ています。この時期のあなたって、今まで築いてきた「自分のキャラ」を捨てたくなってきます。どうしてかと言うと、「あの人は良い人だ」「こういう人だ」とか、そうやって他人から見られる自分の評価とか期待を、いろいろな意味で超えていきたくなってきているのです。この時期、気づけば生活面でも、仕事面でも、あなたはいろいろな面でリニューアルをしていくことが多くなっていきます。今までやってきた、自分の定番みたいなものを一切やりたくなくなったとか。確実な成功よりも、リスクある、面白そうな脇道とか自己満足を取っていくときです。また、この時期は周りと歩幅を合わせる、いわゆる「お付き合い」よりも、「ひとりで勝手に予約して、勝手に旅先に出かけちゃう」など、そういう個人行動がすごくいいです。みんなや、誰かと一緒にいる時間も大事だけど、個人で勝手に行動して、特別な夜ご飯とか、誰に気兼ねすることなく、好きなものを食べるとか、そういう時間が大切になります。

August 8月
8月のオーラ
蠍座

正直に生きる。

「正直に生きる」の白が出ています。この8月の蠍座はいろいろと「禊(みそぎ)を落とす」みたいなことをしていきます。これは怖がらないで聞いていただきたいのですが、この時期のあなたって、いろいろな問題に対して「白黒ハッキリつけられる」とか、「自分の気持ちが吹っ切れる」とか、そういうことが起きてきます。特に、今まである程度自分を犠牲にして、嘘をついてやってこなければならなかったことがあったら、それについても落ち着くべきところに落ち着いていきます。ですから、もし良ければこの8月はできる限り「正直」でいたほうがいろいろな関係がうまくいきます。正直というのは「あー、ちょっと今お金なくて厳しいんですよね」とか、そういうことも言う必要があるときには言っちゃう感じで。変に遠回りをして、やさしく伝えようとするのではなくて、自分の意見をストレートに言っていくイメージで。限界だと思ったことに対しては「はい、限界!」ということで、次へのステップがちゃんと見えてくるから。「無理してきたことを改める」、もしくは「謝らなければいけないことがあったら謝って、いろいろなものを落とし、未来への道を綺麗にしていく」とか、そういうことがおすすめになります。

September 9月
9月のオーラ
蠍座

私が楽しんでナンボ。

「私が楽しんでナンボ」のオレンジ色が出ています。この9月って、運勢が一気に動き出すというか、いろいろあなたが手掛けてきたことが開花していきます。本格的に動き出すのです。ですから、こういう時期は「ある可能性については、もう思いきって捨てちゃって、自分が伸ばしていきたい可能性のほうを集中して育てる」とか、そういう作業が大事になってきます。「もう何か、この同僚とは気が合わないな。変に仲良くしようとするよりも、ちゃんと表面的な関係を維持しよう。そして、自分のほかの良い点を伸ばそう」みたいな感覚で。自分が今向き合っても「消耗し、傷つき、結局また振り出しに戻る」というような問題については「もう解決した!」と宣言しちゃうのもいいです。それで放っておいて、自分が接して楽しいものの時間をきちんと育てる。それで、向き合わなければいけない問題に対しても「ここまでならできます」とちゃんとルールをつくってやっていくのがいいです。

October 10月
10月のオーラ
蠍座

とりあえずやってみる!

「とりあえずやってみる!」のゴールドが出ています。この10月って、自分がやっていきたかったこと、前から楽しみにしていたことを引き続きやっていきます。それに加えて、ちょっと自分の動き全体のバランスを見直すとか、そういうことも強くやっていきます。この2019年下半期の蠍座って、定期的に「自分のバランスを見直すこと」が大事になるのです。というのは、蠍座の人って「頑張ろう」と思ったらいくらでも頑張ってしまえる人だから。そして、ひとりで抱え込みすぎてしまって、周りにいる人に対して人間不信になっちゃうこともあったりするのです。そうならないためにも「あ、このやり方を通してしまうと、私が正直な気持ちでいられなくなっちゃうな。『何で私ばっかり』という気持ちが出てきちゃうな」と、自分の心を棚卸しして、それで、無理しすぎない形でやってみる。ただ、楽しめることや前からやりたかったことに関しては、全力でやっていけます。

November 11月
11月のオーラ
蠍座

朝日が昇る。

「朝日が昇る」のオレンジ色が出ています。 この11月って、ちょっと暴走気味に動いていってしまっていい時期です。この時期に再会する人、そして、新しく始めていくこと。そういうことに対して「今まではこうだったけど、今回は全く新しい形にしたい」とか、そういう新しさにすごく縁があるときです。この11月もそうなのですが、今のあなたって「今までの過去」とは全く違った自分になっていますよ。もちろん、過去に「こういう栄光を築き上げた」「こういう私でいた」とか、そういう立派な過去を持っていると寂しくなってしまうこともあるけど、「今、私が夢中になっているから、過去なんてどうでもいい」という気持ちのほうに移っていきます。「何かこういう形の未来が続いていけばいいなぁ」というような、そういうほのぼのとした展開で良いことが結構起きてくるし、今までのように、いろいろなことを請け負いすぎる自分からも脱却しようとしています。あなたが「組織」のすべてを背負うのではなくて、自分も含めて「個」としての力がそれぞれあなたの周りで育ってきているから。

December 12月
12月のオーラ
蠍座

勢いと愛。

「勢いと愛」のピンク色が出ています。この12月って、「細かく、忙しく、今までやってこなかったチャレンジをしていく。その上で自分が力を込めて守っていきたい時間、育てていきたい時間、こういう時間が続けば良いなぁと感じる時間を大事にしていく」という感覚になっていきます。この時期については、ちょっとだけあなたは「自己満足」路線でいいです。蠍座の人って、他人を楽しませようとすると、自分の心を麻痺させた形で行う接待か、「全財産を渡しちゃうお母ちゃん」みたいになっちゃうことがあるから。だから、「私が勝手に楽しんじゃってごめんね」くらいの立場で、他人と楽しい時間に接してみてください。そして、この時期のあなたは「この勢いのまま、愛していきたい」と思うものに出合い、アプローチしていきます。いろいろ喧嘩をしてもいいので「このテーマについてどうしても話し合いたい」とか、くだらないことでも、これからのことでも、夜の12時過ぎまで話しちゃうような時間があっても大丈夫です。

しいたけ.からの
魔法のメッセージ

あなたはこの下半期で、良い形で開き直れていくし、何か急に自分の力に目覚め出すのです。「あ、私もっと自分に自信持って良いんだ!」って。あなたほど慎重な人もあまりいなくて、自分に実力がつくまで、自分で自分の力を認められるまで、長い時間がかかったりします。でも、あなたって土壇場で活躍する人でもあります。修羅場とか土壇場で「わー、もう準備なんて全然してこなかったけど、やるしかない」と言って、奇跡の力を発揮していく。そういう人なのです。「うるさい」とか「あんたって本当にバカだよねぇ」とか、そういう乱暴な言葉を、自分が好きな人たちに「愛しさ」を込めながらちゃんと伝えていってあげてください。あなたから周りに対して伝えられる乱暴なメッセージって、正直な、愛を込めた言葉だから。「悪友でいようぜ」「あなたが優等生じゃなくて、バカをやるのを見ていきたい」とかって、蠍座のあなたにしか言えない、愛の言葉なのです。

しいたけ.

SHIITAKE LIVE CHATしいたけ.さんが登場!
INSTA LIVEをお見逃しなく。

しいたけ占い下半期公開を記念して、占い師しいたけ.さんが12星座別のINSTALIVEを開催。星座別にお悩みや質も募集中なので、ぜひ参加して! 詳細はこちら