VOGUE GIRL LINE Twitter Facebook Pinterest Instagram mail
天秤座

天秤座のみなさんへ

新しい時代が始まりましたね。

そして、2020年の東京オリンピックを前にした、2019年の残りの半年間の占いを書きました。この下半期の12星座の占いをすべて書いてきて思ったことは「見切りをつける人が多くなる」ということです。

「見切り」っていうとすごくネガティブな言葉の響きに聞こえるかもしれませんが、どこかで「ここで粘っていてもしょうがない」とか「新しいやり方を試していこう」とか、そういう「切り替え」についてとても多くの人たちが実行をしだすのです。
そういう「切り替え」に至るまで、すごくいろいろ頑張ってきたし、また、自分が我慢することもあったのだと思います。

時代の節目を感じてしまうときこそ、あまりニュースや世の中の動きに過敏になりすぎず、ひとつひとつ積み木を積み上げていくようなマイペースさを大切にしてほしいと願いながら書きました。いつものように長い占いになってしまったのですが、もし良ければ読んでみてください。

この占いを書く時間は大変なのですが、僕にとって多くの人と向き合う、とても大切な時間です。いつもどうもありがとうございます。

しいたけ.

2019年下半期、天秤座は
「ひとり旅から帰ってくる。
ただいま! みんな!」

2019年下半期の
運勢は?

私の居場所、どこ?

オーラ
天秤座
 

2019年下半期のあなたは「自分の居場所を見つける。着地点を見つける」の茶色が出ています。いきなりなのですが、2019年が始まってからの天秤座って、ちょっとほかの人がわからないぐらいまで「自分の力を信じて奮闘する」という、毎日を「答えが出ない」「どうしたら良いのかは自分で決めるしかない」と、そういう過酷な状況で戦ってきた人が多いのです。楽を捨て、妥協を捨て、自分の美学を取った。そうやって動いてきた人が多いのです。そして、この2019年の下半期は、あなたがやってきた戦いが報われていきます。そして、あなた自身がとても大きな「居場所」を得ていくことになるのです。

では、あなたにとってこの2019年の下半期がどういうものになっていくのか、一緒に見ていきましょう。

孤独を選んだ天秤座。

まず、少しだけこの下半期に至るまでのあなたの流れを振り返りたいのですが、2019年に入った天秤座が強烈に追い求めたもの、それは「私流」や「俺流」というものなのです。

その「私流」や「俺流」ってどういうものかと言うと、他人がすすめる「こうしたほうがいいよ」とか、「みんなこうしている」というやり方から少し距離を取って、自分でやってみて、自分で結果も見てみて、自分でそこに修正を加えていく。そういうやり方なのです。

普通、社会で暮らしているどの人も、「自分が次にこういう道に進みたい」と思ったときには、「次に向かってこうするといいですよ」というマニュアルがあったり、その道の先導者がいたり、要は、社会って、その人にやりたいことがあったら、いろいろ参考になるものを教えてくれるのです。

ただ、「教わる」のと「押し付けられる」のって実は紙一重のところもあって、自分でオリジナルなやり方をやっていきたいと考えたら、ある程度「あの人は変わり者だよね」と言われることを覚悟しなければいけなかったりもします。

そういう意味で今のあなたって、「何かを押しつけられる場所や人から距離を取って、少しのダメージも覚悟して、自分で考え、自分で実行していく方向を目指してきた」という経歴があるのです。まずはそれがすごいのです。

ちょっともう序盤から占いがヒートアップしますが、あなたは今、自分の国にいながら、まるで、ひとりで旅をするかのように、「みんなこうしているよ」という声をはねのけ、自分で何かを発見していきたかった。自分で何かの手応えを得たいから、かなりいろいろ遠回りするほうも選んで歩いてきました。

今までのあなたって「私、ライオンを見にいきたくなった」と言って、普通だったら動物園を選択するものを、いきなりアフリカ大陸に行っちゃうぐらいのダイナミックな行動を取ってきたのです。キャンプに行って「火起こしセット」を使うんじゃなくて、自分で木切れを集めて、木をこすって火を起こすような、そういう遠回りの道を選んできた。

何でそこまで?と言われるかもしれないけど、「誰かが用意してくれたマニュアル」を読むのではなく、自分で答えを出していきたかった。

「誰かに押しつけられる答えから離れ、自分なりの答え、それがどんなにつたなくても、どんなに遠回りでも、自分だけにしか出せない答えを出していきたい」

と願い、あなたはこれまで旅を続けてきたのです。

先のことを考えてきた天秤座。

ほかの人にはない天秤座の特徴のひとつに、「自分の答えを出していくときに、周囲の顔色を見ない」というところがあります。

これはどういうことかというと、たとえばなんですけど、日本という環境に生きている上で「周囲の顔色を見る」って、改めて言う必要がないぐらいに、すごく大事な儀式になります。みんなでごはんを食べに行って「あれ、ちょっとまずいな」って思っても、それを直接言う人はあんまりいない。もちろん、それは礼儀の作法でもあって、「誰かが正直に自分の本音を言ってしまうことによって、誰かの時間を傷つける権利がない」からなのです。先ほどのごはんの例だと、せっかくみんなで楽しんでごはんを食べようとしているのに「まずい!」って言う人って、その場面に傷をつけてしまうから。

でも、それが行きすぎて、「何でもかんでも他人の顔色を見る」って、少し息苦しくなっちゃうこともあります。そこに対して、天秤座ってちょっと距離を取っていて「え、だって、自分の人生でしょ?」という感覚が常にある。「私が旅に行くのに、国内に行くか、海外に行くか、そういうのを多数決で決めるのっておかしくない? 行きたいところへ行ったらいいじゃない」という感覚が強くあるのです。

そして、2019年の天秤座って、結構この「他人の顔色を見ないぞ」というキャンペーンをすごく強化してきました。

天秤座って、人生のある時期に、時に孤独とか、みんなから離れるという選択をして、徹底的に自分の先の人生のことを考えます。

「自分がともに過ごしてきた人たちもすごく大切だし、この居場所も好きだ。でも、私の人生なのだから、私は自分の人生を後悔しないように生きる。そこに対して責任を取れるのは、私だけなんだから」

という、「私の人生、私が責任を取る。みんな任せにはしていられない。文句を言う人もいるだろう。陰口を言う人もいるだろう。でも、私はそんな人たちのために、後から自分を後悔したくないから」と、突き放して行動していくのです。

その、突き放して、ある程度自分なりに孤独になって、徹底的に答えを探した。

あなたは戦ってきましたよ。

よくぞそこまで、楽を求めませんでした。もちろん中には「自分なりの旅を楽しんだよ。イエーイ」という人もいると思います。でも、その「楽しみ」も、ほかの人が味わえない、一般道から外れた獣道のようなところで得た特別な楽しみでした。

そういう体験をしてきたあなたは、この下半期すごく強いです。孤独を知った人って強いのです。あなたはこれからどうなっていくのか。また一緒に見ていきましょう。

ただいま!

この下半期、あなたがいろいろなところで掛けていく言葉って「ただいま!」になっていきます。

すごくボロボロのリュックサックを背負って、いろいろな思い出とか、珍しい体験をしてきて、それを土産に「ただいま!」って帰ってきたのです。

あなたが2019年の上半期までの旅でやりたかったこと。

それは、徹底的な洗いざらしでした。つまり、今まで自分が生きてきて、つかんできたデータとか、価値基準をいったん0にしたかったのです。

「今までの私はこういう仕事のやり方をする人、こうやって生きる人を尊敬してきた。でも、どこかそこに疑問を感じて、時にそれを『ださい』と感じてしまった。だから私は、いったんいろいろなことを0にしてみた。そしたら、自分が参考にするものって、やっぱり自分しかいない。尊敬する人ももちろんいるけど、自分にとって大切な答えって『いったん自分でそれをやってみる』ことでしか発見されない」

そういうことを学んで、あなたは帰ってきたのです。

いろいろなものを流し、
そして、話していく。

この2019年の下半期の天秤座にとって、とにかく場所としては「水が見える場所」はすごく相性がいいです。川か、海。どうしてかと言うと、ここまでいろいろ溜め込んできたものを、流していくから。

そういう意味で、BARなどもおすすめです。

自分も、他人も、いろいろなことを話したい。くだらないことから青臭いことまで、そして、今の自分の苦労や理想について。そういうことを吐き出したり、ポツポツと話をしたりする時間が必要なのです。

たとえば海やプールにできれば友達と1泊で行ってみて、昼間ははしゃぎまくるけど、夜になって「何か、いろいろあったね」と、そうやってテンションの上げ下げをちゃんとやってみてほしいのです。

この下半期の天秤座は「話してみないと始まらない」とは思っていてください。

つまり、天秤座にとって得意の「ひとりで手をつけ、ひとりで背負い、ひとりで結果を出していく」という作業をちょっとだけ控えるようなイメージを持ってほしいのです。

難しいと思うこと、そして、自分が今ぶつかっている壁について。そういうことを話してみる。「この人と理解し合うことは難しいかも」と決めつけないで、直接会う機会で「実はこう思ってたんですよ」「実はこういう課題を抱えていたんですよ」と話してみる。

そしたらお互いに

「あー、そういうことだったんだ」

とスッキリしたり、そこから新しい問題解決に向けて、協力体制が取れたりするから。

いつの間にか自分の周りに壁をつくり、無口になっていってしまう。

そのやり方と、どこかこの下半期は距離を取ってみてください。

どんなにナンセンスでもまず話してみちゃう。

あ、でも、SNSでは何でも話すことはおすすめしないです。

それをやると「悪意ある捉え方」とか「変な形で切り取られた情報」にされちゃうから。

青臭い自分がいて良かったりする。

この下半期のあなたは、結構若返ります。それは、自分でも恥ずかしくて、青臭いと思ってきた問題に真正面から再び向き合っていくからです。だから、夜の喫茶店などで積極的に「人を好きになるってなんなのかな」とか、そういう話をしてみてください。「くだらないことと、青臭いことを話す会(会員制)」みたいなものをつくってもいいです。

ただ得するために、ただ損をしないために生きたいわけじゃない。

ちゃんと現実的な問題にも向き合って、他人に話してみて、そして、「この人はこう考えていたんだ」と共感していったり、お互いに共有し合ったりする。

どこか一緒にキャンプファイヤーの火を囲うような時間になっていくから。

少しだけ勇気を振り絞って、怖れとか、不機嫌のある「自分の殻」から外に出ていってみてください。

仕事運はどうなる?

次の仕事、そして、
先のことを考えて新参者に戻る。

2019年下半期の仕事面でのあなたのテーマは「先のことを考えている」です。天秤座って時々、「自分のことを眺める、自分が人事部長」みたいになることがあります。これはほかの人にはない能力で、たとえば、今まで自分の得意分野で働いてきたことがある人が「あなたはこれからこっちの能力とか、こっちの経験も増やしたほうが良さそう。そろそろ動くことを検討してみたら?」と、自分の能力とか自分の経験値に対して、五角形のグラフのように、長所と短所を把握しているのです。そして、その能力の五角形グラフで欠けているものを、この下半期は伸ばしていこうとしています。今まで一匹狼のようにやってきた人も、会合とか、「はじめまして」と言って教えてもらう機会が少し増えそうです。少し「新参者」の立場に戻って仕事をしていくとすごくやりやすかったりしますし、実際に「今いるところから離れて、新参者としての立場に戻る」という選択をする人もいます。

後、これは余計なお世話になってしまうかもしれないのですが、今のあなたって、ひとり旅のようにいろいろなことを体験してきたからか、初対面で会う人などから「少し怖い」というイメージで見られちゃうことがあったりします。だから、できる範囲でいいです。少しだけ腰の低さをアピールしてみてください。

いずれにせよ、長所だけを伸ばすのではなくて、今「自分に欠けてきたもの」を伸ばしていくとき。答えがわからなくなったら「先輩と一緒にごはんを食べに行く」「飲みに行く」とか、そういう身近なコミュニケーションで結構回復していったりします。

恋愛運はどうなる?

一緒に夜の12時までしゃべれる人。

2019年下半期の恋愛面でのあなたのテーマは「一緒に夜の12時までしゃべれる人」です。天秤座ってすごく不思議で、自分が好きになる人も「なんらかの哲学を持っている人」であることが多いです。つまり、「何も自分の頭で考えず、ただ周りに合わせている人」を尊敬できない。それでいて、これがまた面白いところなのですが「ただ考えて、自分の殻の中に閉じこもっている人」も嫌いなのです。「いいから動けよ」と他人に対して急に短気になることもある(笑)。

そんな天秤座がこの下半期に求めていく恋愛感情って「お互いに自分なりに動いている。でも、たまに夜の12時までしゃべれる人」です。だからまず、友人関係とか、友情関係から始まるような関係も多かったりします。

「たまに夜の12時までしゃべれる」

これってすごく大事で、あなたは今も含めて「ひとり旅」をするかのように、自分でいろいろ動いているのです。そこで体験したことを「自分の言葉をわかってくれる人」に話したい。つまり、あなたと同じように、自分の頭で考え、自分で動いてきた人です。そういう人が、自分の話をしたくて、そして、あなたの話をもっと聞きたくて、ついヒートアップして夜の12時まで話してしまう。そういう「うっかり」を、あなたは強く愛しいと感じ始めます。

今の天秤座って、せきを切ったかのようにいろいろしゃべりたい日が出てきたりするので、あまり遠慮しないで「今から会えない? ちょっと一緒にお茶飲みたい」とか言ってみてください。

月ごとのアドバイス

7
具体的な一歩を後押しされる。
8
広い空に会いたい。
9
評価を得る。そして、仕切り直し。
10
助けられるとき。
11
自分にしかできないこと。そして、熱い仲間。
12
理想に近づく。

★マークのついた⽉はラッキー⽉です。

July 7月
7月のオーラ
天秤座

具体的な一歩を後押しされる。

「具体的な一歩を後押しされる」の茶色が出ています。この7月はいろいろ「あー、今の私ってこういうところに着地していくのか」という結果や、周りからの信頼を得ていきます。ここにくるまでのあなたって、自分なりの「納得」のほうに重きを置いてきました。でも、この7月って、「周りから“こうしてほしい”と求められることも大事なんだな」と改めて感じることが多くなっていきます。そして、この7月ってすごくいろいろな動きを後押しされて、今まで「何とかする」「何とかしたい」と思っていたことに対して、具体的な一歩を踏み出していくことができます。この時期に関しては、「黙々と自分の理想に向かって頑張っていく」というよりは、今の自分の弱点も含めて、周りに話していってしまったほうが良かったりします。むしろ「私のこういうところが至らないところなんですよね」と、あえて自分の弱点を話すことができると、かなり周りからの信用度が増していきます。

August 8月
8月のオーラ
天秤座

広い空に会いたい。

「広い空に会いたい」のターコイズ色が出ています。この下半期のあなたって、日常にいろいろ「決断」しなければいけないことが多くなっていきます。今まで曖昧にしてきたことに対しても「白黒つける」という作業が多くなるのです。それってかなり重労働でもあるから、この8月ってできれば旅行などをすることをおすすめしたいです。旅行の効用って、「今自分が抱えている、自分が責任を持たなければいけない人間関係からの退避」という機能があります。広い空を見て、ゆっくり流れる時間の中で「まぁ、生きてるだけでいいじゃん。上出来」とつぶやいてみてください。あなたがゴールにしていくものって、この8月に経験する「このゆっくりとした空と大地を見るために、私は頑張っているんだな」という感覚です。頑張るために頑張るのではなくて、ゆっくりする時間があるから頑張れる。この時期、水が見えるところとか、海などに行くことはやはりおすすめです。少しイライラしやすいときでもあるけど、喧嘩をすべきところでは喧嘩もしてみてください。

September 9月
9月のオーラ
天秤座

評価を得る。そして、仕切り直し。

「評価を得る。そして、仕切り直し」の茶色が出ています。この9月はいろいろなことが落ち着いていきます。本文でも書いてきたように、今の天秤座って「新参者に帰る」という動きがすごく強くあり、この9月は結構大きな仕切り直しの時期なのです。その「仕切り直し」に何をすることが必要になってくるかと言うと「実際に、過去の自分が理想だと思っていたことを今やっている。そして、この理想に対して、現実的な不満とか、問題点とかも出てきた。だからこそ、周りに対して感謝するところはする。もっときめ細かく感謝できるようになる。そして、問題だと思うところは話し合う」とか、そういうリスタートをしていくようになるのです。繰り返すのですが、この時期の喧嘩って悪いことじゃないです。「口をききたくない」という時間もできたりしますが、それって未来のための建設的な喧嘩だから、しょっちゅう周りにいる人と上機嫌でいる必要はなかったりします。ただ、しつこいけど、喧嘩をしていくときって、より一層細かい「感謝と配慮」が必要になっていきます。周りにいる人たちと、雨降って地固まるとき。

October 10月
10月のオーラ
天秤座

助けられるとき。

「助けられるとき」のベージュが出ています。この10月ってまず、「周りを頼る」というのがすごく大きなテーマになります。この「頼る」とか「話してみる」が大事。2019年の下半期のあなたのテーマって「他人を信頼する」なのです。つまり、ある程度周りを信頼してみて、少し前までは敵とも感じられた人をも信頼して、「傷つくかもしれないけど、ある程度自分の心を開いてみて」話していくことって大事です。ここで「自分で何とかしていかなきゃ」とひとりで背負う必要はありません。どこか、この2019年ってひとりでやり続けることじゃなくて、周りに正直に「自分にできること、やりたいこと、期待されていること」を、話し合ってみて、それで「あー、そういうことだったんだ」とわかり合うことが大事になります。「迷ったら連絡をしてみて、話してみる」をやってみてください。はじめは怖いですが、それによってちゃんと楽になっていったり、前に進めたりできるから。

November 11月
11月のオーラ
天秤座

自分にしかできないこと。
そして、熱い仲間。

「自分にしかできないこと。そして、熱い仲間」を表す緑色が出ています。この11月の天秤座って自分の心に火がついて、そして、それを応援してくれる環境や周りの仲間にとにかく恵まれていきます。どうしてかというと、先月の10月までで、あなたは「自分のことを話しても、周りに迷惑を掛けてしまうから」という怖れを乗り越えていったからです。あなたは「自分の弱点を話すのではなくて、私は達成とか、結果を出すことで周りの人に信用してもらうようにしたい」と思うのではなくて、「みんな、何だかんだ言って、いろいろなことを抱えているんだな。それを外に出していないだけで」と、そういう他人の弱さについても気づいていくのです。変なヒューマニズムではなくて、「まぁ、みんな一緒だよな」という連帯感が周りにいる人たちと芽生えてきます。この11月はとにかく攻めていくとき。ひとつひとつ、丁寧に。そして、この時期は「熱さ」がテーマにあるから「夜12時まで話し込んじゃう」とか、そういう行動が推奨されます。

December 12月
12月のオーラ
天秤座

理想に近づく。

「理想に近づく」の紫色が出ています。12月のあなたは、自分が理想としてきたイメージに近づいていきます。この下半期、あなたが理想に近づいていくためにまずしたことは「教えてください」と頼むこと。そして「聞いてください」と言って自分の話をしてしまうことでした。「話すことによって、そして、相手から話されることによって、“あー、そういうことだったんだ”と協力者との理解が深まる」ということがあったからこそ、いろいろなことがスムーズに行くのです。この時期、遠回りしてきて学んだことがすごく役に立つし、「改めてこの人たちがいてくれて良かった」と思う場面も出てきます。そして、大事なことは、この時期「悔しい!」といっぱい思うこと。その「悔しい!」が出てきた人って、自分の未来に対して本気の人です。いろいろな感情を表に出していく。その「悔しい!」も含めて。それと同等の「うれしい!」があるときだから。今年1年も本当にお疲れさまでした。あともう少しだけ、駆けてみてください。

しいたけ.からの
魔法のメッセージ

「ただいま!」って、この下半期でもしかしたら一番大切な台詞になっていくかもしれません。天秤座はどこかに「消息不明性」があって、一度自分で出かけたら、何か収穫物を取ってくるまで、連絡を遮断するイメージがあったりするから。でも、あなたがこの時期に頑張れるのは「帰りたい場所」があるからだと思います。そういう「帰りたい場所」が今すぐ思いつかない人は、「この喫茶店は私が帰る場所」とか、自分がホッとする場所とか人を決めて、少しずつその場所を耕していってみてください。長かった旅が終わる人も出てきます。いろいろな人に、心の中でいいので「ただいま!」とか「また会いたいです!」と言ってみてください。あなたは良い旅をして、そしてお土産をたくさん持ち帰ってきます。そして、会いたい人に会っていく。この2019年の下半期が、あなたにとって良い時間になりますように。

しいたけ.

SHIITAKE LIVE CHATしいたけ.さんが登場!
INSTA LIVEをお見逃しなく。

しいたけ占い下半期公開を記念して、占い師しいたけ.さんが12星座別のINSTALIVEを開催。星座別にお悩みや質も募集中なので、ぜひ参加して! 詳細はこちら