VOGUE GIRL LINE Twitter Facebook Pinterest Instagram mail
牡羊座

牡羊座のみなさんへ

新しい時代が始まりましたね。

そして、2020年の東京オリンピックを前にした、2019年の残りの半年間の占いを書きました。この下半期の12星座の占いをすべて書いてきて思ったことは「見切りをつける人が多くなる」ということです。

「見切り」っていうとすごくネガティブな言葉の響きに聞こえるかもしれませんが、どこかで「ここで粘っていてもしょうがない」とか「新しいやり方を試していこう」とか、そういう「切り替え」についてとても多くの人たちが実行をしだすのです。
そういう「切り替え」に至るまで、すごくいろいろ頑張ってきたし、また、自分が我慢することもあったのだと思います。

時代の節目を感じてしまうときこそ、あまりニュースや世の中の動きに過敏になりすぎず、ひとつひとつ積み木を積み上げていくようなマイペースさを大切にしてほしいと願いながら書きました。いつものように長い占いになってしまったのですが、もし良ければ読んでみてください。

この占いを書く時間は大変なのですが、僕にとって多くの人と向き合う、とても大切な時間です。いつもどうもありがとうございます。

しいたけ.

2019年下半期、牡羊座は
「センスがセンスを呼ぶ。
本格的なオタク活動の始まり」

2019年下半期の運勢は?

過激なオタク仲間ができていく。

2019年下半期の牡羊座には「過激なオタク仲間」を表す緑色が出ています。すごく不思議なのですが、この下半期の牡羊座って「今までの自分にとって大切な人たち、そして、自分自身がすごく影響を受けた人たち」から少し距離を取ります。ある程度「一匹狼」になることを覚悟してやってみる。でも、その結果として「すごくいい距離感で、仲間や同志と刺激をし合える時間」が始まっていくのです。

万人受けする私じゃなくて、「私ですね、カレーには絶対〇〇と〇〇を入れるんです。というか、私にとってのカレーってそういうものなんです」とか、結構めちゃくちゃなことを言い出す(笑)。でも、その極端な意見と美意識、そして、センスが、あなたのすごく大きな武器になっていくのです。

「あー、あなたのセンスとかこだわりすごくわかる。今度話しません?」

と声を掛けられることも多くなっていきます。

極端上等。

少し過激なあなたの2019年の下半期がどうなっていくのか、一緒に見ていきましょう。

チャレンジの始まり。

ここまでのあなたの流れを少し整理すると、2019年が始まって1月から6月までは、「かなり大きなチャレンジの始まり」があったと思うのです。

このチャレンジの始まりというのは、今まで自分が一生懸命やってきたこととか、力を込めてやってきたことだけではなくて、

「あなた、こういうことやってみたら?」と誘われたり、あなた自身が急な方向転換をしてみたい方向ができ上がったり、そういう流れが2019年上半期まで強くあったと思うのです。そこまで予期せずにやったことが、予想していた以上に流れに乗れたみたいな感じですね。

これってすごく大事なことで、牡羊座の人ってどこか「王道でてっぺんを取らなければ」という思いが強すぎて、自分が本来持つ「オタクとしての顔」を隠してしまうことがあります。

たとえばなんだけど「とりあえず仕事で成功しなければいけない」「とりあえずいい人をつかまえて、いい恋愛をしなければいけない」と思いすぎてしまっている牡羊座って、「みんなに喜んでもらうところで、成果を出さなければいけない」と強く背負いすぎてしまっているところがあったりします。

でも、2019年が始まってからのあなたは、もうちょっと「サブの活動」であったり「部活のような活動」であったり、または、「オタクとしての顔」のほうに可能性を感じ、伸ばそうとしてきた感じなのです。

すごく大切なことを言いたいのですが、成果にこだわりすぎると、牡羊座の人の表情と動きはどこかぎこちなくなってしまいます。でも逆に「何かね私、恋愛は今お休みなんだけど、最近自分で紅茶の葉っぱを勝手にブレンドして飲むことにすごくハマっててね」とか、そういう「勝手にオタク活動」をしている牡羊座の表情とか動きって、どこかノビノビし始めるのです。そういうところから、ほかの活動に対する自信と「よーし、やってやる」という気持ちが伝播していく。

繰り返したいのですが

「みんなに喜んでもらいたい」「みんなにうらやましがられたい」という活動から、かなり大胆に「自己満足」の方向に舵を切っていくのがこの2019年の下半期なのです。「この作品の魅力、オタクならわかってくれるに違いない」という世界観をあなたはつくっていくのです。

ほかにも

  • ・この部分にこだわっていてもしょうがないから、新しい可能性としてこちらを頑張ってみよう
  • ・最近○○さんと少し疎遠になったな。でも、その代わりといってはなんだけど、〇〇さんとすごく仲良くなった
  • ・できるかどうかはわからないけど、今年はこちらの方向性を強く打ち出したい

とか。そういう「様子を見たり、試行錯誤をしながらやってきたことが、大きく花開いていく」という流れが、この下半期に出てくるのです。

「今やっていることがどうやったらもっと良い流れに乗っていくのか?」

それを次に説明していきたいと思います。

趣味みたいな世界に没頭していく。

牡羊座がこの2019年の下半期に訪れる「自分のやりたいことをやって、波に乗る」ために何をしなければいけないのか。

それは、趣味のような世界に没頭していくことなのです。

「え、私、何も趣味がないです」

とビクッとせずに、もうちょっと先まで読んでみてくださいね。

牡羊座ってやっぱり、かなり「センス」の人なのです。

たとえば、あなたがお気に入りにしているお店とか、お気に入りの人って、どういう理由で気に入っているかと言うと、やはりそれは「センスに惚れているから」という理由になると思います。

牡羊座の人は「はじめて社会人になって、ひとり暮らしをして、そして自分の給料で少しずつ自分の部屋を趣味のものであふれさせていく」というときに幸せを感じるし、「この自分の部屋の世界観をもっと完成させていきたい」と願うようになります。

センスがセンスを呼ぶ。

それが牡羊座に起こる奇跡であるし、何度も言いますが、あなたは「自分が好きなセンスあるものや人に囲まれているときに、人生の可能性が広がり、そして、幸せを感じていく」のです。

そんな牡羊座が陥る罠って何か。

あなたが大事にしたい人ができて、その人とともに安定を目指して、そして、その人に「いい加減にその趣味やめたら?」と、今まで築いてきた「宝物のガラクタ」を否定され、世間一般の、“安全なセンス”に合わせ始めてしまうことなのです。

そうなった牡羊座は、魅力や幸運を惹きつける匂いを発しなくなっていってしまいます。

あなたが大事にしているもの。

それは

「自分の部屋にあふれる、素敵なガラクタたち」

です。

ここの順番がとても大切で、あなたは「世界のみんなに認められるように頑張らなきゃ」と外を目指すのではなくて、「自分の部屋のガラクタを取り戻していくこと」が大切なのです。極端なことを言うと、自分が一目惚れをした帽子や靴を買ってみる。そして、その帽子や靴を宝物のように扱い、そして、それらを身につけて外出できることに幸せを感じる。そういう行動を取っているときのあなたには魅力があふれるし、自然に幸運の風がやってきます。

やりたい放題推奨。

この2019年の下半期のあなたにおすすめしたい態度が「やりたい放題」です。

これは別に社会的に迷惑な存在になることをおすすめしているわけではなくて「遠慮は無用」ということをお伝えしたいのです。

この下半期であなたにとって大事な感覚って

「周りと少し距離ができる」

というものです。これって別に嫌われたりするわけじゃなくて、何ていうか、「別々のことをしながら、一緒にいられる関係」がかなり強化されていくのです。

たとえばなんですけど、親友同士って、カフェとか、もしくは家に一緒にいても、お互いがそれぞれ別の作業をしながら、集中力が切れたらちょっと雑談ができるとか、そうやって「居心地がいいけど、それぞれ集中したいことに集中できる」みたいな空間をつくれたりします。

この下半期であなたに強く出てくる感覚って、冷酷な意味ではなくて「他人は他人」です。「他人が別に自由にやっていたとしても、私は私でやることがあるから」という、自分の周りにいる他人と「良い距離感」を保てるという感じ。

もっと言うと、この下半期のあなたって、理想として「プロフェッショナル同士の関係」を目指していくし、そういう関係性が何組か発生していくことが多いです。

お互いに干渉はし合わず、だけど、力になるところは力になるという協力関係。

ここでちょっと大事なことを言いたいのですが、他人の顔色をチラチラ見ているときって、実は他人から強い支持や応援を得られないことがあります。

周りにいる人を見てみて、「ちょっとワガママさとか、自己流を持っている人」のほうが、その人の支持者とか支援者、もしくは親友が多かったりするでしょう。

たとえば、週末にひとりでキャンプに行って、そこでたき火をしながらごはんを食べることを楽しみにしている人って、なぜか、その「幸せな自分勝手の時間」に支持を集めたりします。

「自分のやりたいことをやっている人って、どこか応援される雰囲気を持っている」

すごく不思議だけど、事実なのです。逆に「自分のやりたいことをやっていそうで、誰かから褒められたい」とか、他人の顔色を見ている人って、社交辞令は言われるかもしれないけど、「あの人何か勝手にやってて面白いよね!」とは言われずにいます。

あなたはこの2019年の下半期にひとつの原点に戻る。

「私がやりたいからやる」

そういう力強い原点なのです。

流れに逆らわないこと。

大事なのは、流れに逆らわないこと。

たとえば「最近〇〇さんと疎遠になってきたな」と感じたら、「最近あれだな、あんまりあの人から返信が返ってこなくなったな」と感じたりしたら、そこで別に「何か悪いことしたかな?」とあれこれ考えずに「まぁ、今はそういう流れなんだろう」と思ってスルーする。そして、自分のやるべきことをやる。そういう感じがあればOKです。

2019年、そして、2020年に備えてのあなたは、自分の力で自分の流れをつくっていきます。

そういうときに必ず起こってくること。

それは、今までの自分のいた世界、そして、今まで自分が付き合ってきた友人や知人たちと「温度差」を感じたり、勢いの差が出てきます。

何か新しい流れが始まっていくときに必ず起こるのが「一時的な孤独」です。

「あー、理解し合えないな」

と感じているときって、実は自分が一歩を踏み込んだ、新しい未来がスタートしているときです。

だから、たまに仲たがいがあったからといって、たまに凹むことを言われたからといって、たまに思ったような反応が得られなかったからといって、自分の流れを止めないこと。

今のあなたは他人に期待するよりも、自分に期待したほうがいいです。

「私がどうなるか、自分で見届けたい」

少しナルシシズムのように感じられるかもしれないのですが、自分を見届ける気持ちを持つこと。そういう「ワガママで、傲慢で、次に向かう自分を見届ける人」って、つまり、人生を自分なりに攻めている人って、必ず同じような温度の人とわかり合っていくから。「あなたに出会えて良かった」と思ってもらえるから。だから、動き出すこと。

仕事運はどうなる?

周りに伝わる熱気。

2019年下半期の仕事面でのあなたのテーマは「周りに伝わる熱気」です。この時期のあなたは仕事面で、ある程度、部署などを含めた全体の舵取りであったり、リーダーシップを取ることが求められています。ですから、自分が関わるお仕事に対して「私の意見ですが、こうしていくのがいいと思います」と言っていくことがとても大切になります。「どうせ私なんかが言っても変わらない」という感覚ももちろんあるかもしれません。でも、今の時期のあなたに必要なのって「周りに伝わる熱気」です。すぐ隣にいる人にはその熱気が伝わらないかもしれないけど、自分なりに責任感を持ち、自分が関わる仕事に対して「無関係の立場を取らないこと」で、周りからの信用度がかなり強くなっていきます。年上・上司などに対しては、「この人は多分自分の意見に付き合ってくれる」と思ったら、積極的に自分の意見を言いましょう。年下や後輩の立場の人には「あなたはどう思った? こちらの耳に痛く聞こえる意見でも構わないから聞かせてほしい」と伝えてみてください。あなたの熱気が噂を呼んで、「あなたに会ってみたい」と仕事上で指名されることも結構多く起きてきます。

恋愛運はどうなる?

ついていくのではなくて、ついてきてもらう。

2019年下半期の恋愛面でのあなたのテーマは「ついていくのではなくて、ついてきてもらう」です。これは別に恋愛をしていくにあたって「どちらの立場が上で、どちらの立場が下になる」とか、そういう上下関係が起こると言いたいわけではありません。

ただ、この下半期のあなたには恋愛面において「激しいセンスの対決」が起きてきます。また、それが起きたほうがいいです。極端なことを言うと、この時期のあなたは「センスを感じられない人や時間にあまり用事がなくなる」という感覚を覚えます。「センスがある」とは、別に「面白い一発ギャグができる人」を求めているわけではなくて、「ただ毎日を生きて、ただ周りから嫌われないように生きている人」にあんまり関心がなくなるのです。

「ときどき変に思われても、反対されても、自分で自分の可能性とリスクを負う」

という人同士で惹かれ合っていくし、縁が深まります。

そして、あなた自身もセンスある人たちから同じように見られます。自分だけ安全地帯にいて、外野から他人の噂話をする人になるのではなくて、他人の目を気にせずに、自分の美意識、そしてセンスを磨く時間を持ってみてください。あるお皿の素晴らしさを語ってしまっているとき、その話を目を輝かせながら聞いてるような人が、あなたにとって縁が深くなる人です。

月ごとのアドバイス

7
自分を見つめる機会
8
結びつきの強さ
9
バランス調整
10
奇跡が起こる
11
断捨離期
12
ボランティア精神

★マークのついた⽉はラッキー⽉です。

July 7月

自分を見つめる機会。

「自分を見つめる」の黒が出ています。2019年の下半期、「自分の中にある面倒くさいところ」が、すごくポジティブな評価へとつながっていきます。たとえば「私はこういう部分に関しては、仕事とか損得とか関係なく、ついいつも120%でやっちゃう」など、そういう“面倒くさいところ”があなたに対する高い評価としてつながっていきます。そして、あなた自身もこの7月は、周りの人にある「面倒くささ」に注目してもらいたいのです。「この人のこういう部分はすごく面倒くさい。でも、このこだわりを応援してあげたいな」って。7月も8月も、この夏は、「めちゃくちゃ強いパートナーシップで結ばれる他人」が出てきやすいです。ですから、「あ、この人はある部分面倒くさそう」と思える人って、親友や恋人にもなるような強い結びつきが得られることが多いです。「あなた、すごく面倒くさいね(ニコッ)」と褒め言葉で伝えていきましょう。また、この時期はクールダウンもとても大切になるので、夕陽を眺めに行ったりしてみてくださいね。

August 8月

結びつきの強さ。

「結びつきの強さ」を表すオレンジ色が出ています。この8月は「気づけばいつもこの人と連絡を取り合っている」「いつの間にか、この人とずっと一緒にいる」というような、そういうパートナーシップを結ぶ人との強い結びつきが出てきます。この時期の人間関係に注目してもらいたくて、多少「あー、この人面倒くさいな」と思うものの何かと一緒にいる人のような、いわゆる腐れ縁でもいいのです。何かいつもぶつかるライバルとか。でも、そういう「面倒くさい」と思える相手と、あなた自身も手を緩めないで「いや、私はこう思いますけどね」とか、お互いに「こいつ、やるじゃねぇか」と負けない気持ちで張り合ってみてほしいのです。「ライバルの良いところを認める」って、この時期のあなたの交友関係などをすごく深めるやり方になります。「この人と知り合っていくと、私の世界が広がっていくかもしれない」という予感を大切にしてみてください。「言わないでもわかってくれる」という感覚は、ちょっと脇に置いとくこと。

September 9月

バランス調整。

「バランス調整」を表す青が出ています。この時期はちょっとあなた自身も、あなたの周りもアップダウンが激しくなります。いろいろな物事が予想以上に「え、ここまでなる?」と思えるように、加速していくことが多くなります。怖がる必要はまったくないので、この9月は次の言葉だけを覚えておいてください。「言うべきことは言う」です。これは別に喧嘩を売ってくださいと言っているわけではなくて、何かほら、日本文化ってひたすら「相手の顔を立てる」「相手が不快にならないように接する」ことって過剰に大事にされるじゃないですか。でも、この時期のあなたは「うーん、ちょっとこれだと難しいかもしれないです。でも、こういうことだったらできますよ」「今は難しい」「お願いなんだけど、こうしてくれるとありがたい」など、積極的に他人に「干渉する」「お願いする」「交渉する」という機会が多くなります。

October 10月
10月のオーラ
おひつじ座

奇跡が起こる。

「奇跡が起こる」のゴールドが出ています。この10月のあなたは、いろいろな場面で「あれ、これいけるんじゃない?」と感じることが多くなります。チャンスって、そのチャンスに挑戦する実力が出てくるまで気づかなかったりします。でも、今のあなたって知らないうちに自分の実力を鍛えてきて「あれ、これ応募してみようかな」「あれ、この人に話し掛けてみようかな」など、そうやって急にチャンスが目の前に映るような感覚を覚えます。この時期、チャンスを感じてドキドキする前に、何らかの行動に移っていってしまったほうがいいと思います。あと、引き続きこの時期も「誰かと深い縁で結ばれる」という期間であるので「この人と友だちになりたい」「この人と一緒にいる時間が増えると、自分の世界が広がっていく」と思える人に積極的に声を掛けていってください。頑張ってきたことが報われやすい時期なので、この時期は少し気合いを入れて臨んでみてください。

November 11月
11月のオーラ
おひつじ座

断捨離期。

「断捨離」を表すエメラルドグリーンが出ています。この時期、声に出して言ってもらいたい台詞があるのです。それは「はい、おしまい!」というもの。これは、いいことが続いたときでも、そして、何となく悪い流れとか空気が出てきたときでも、1日の終わりに「はい、今日は今日でおしまい!」と、そういう宣言をしてみてほしいのです。この11月ってあなたにとって勝負どきでもあって、良い流れも、悪い流れも、次の日まで引きずらない気持ちを持ってもらったほうがいいのです。それこそ、毎日新鮮な気持ちで勝負をしていくこと。どうしてかというと、この11月ぐらいにすごく大きな「新しい流れ」がスタートし、日々落ち着かなかったり、一緒にいる人との間で誤解が生じたりしやすいから。「新しくしていく」ということにはすごく縁があるので、ベッドのシーツを新しくしてみるとか、食器などを新しく買ってみて、古いものを捨ててみる。そういう断捨離をすると運の流れに乗っていくのでおすすめです。

December 12月
12月のオーラ
おひつじ座

ボランティア精神。

「ボランティア精神」の紫色が出ています。この時期のあなたって、どこか「達成感」「ここまでやってきたか」など、そういう気持ちが起きてきます。もちろん、「まだまだ物足りない」と思う気持ちも同時には出てきます。いずれにせよ、どこかこの時期に「空虚感」を覚えたら、「自分がもっと得たい」と思うのではなくて、周りの人に対するサービス精神を10%から20%ぐらいあげてみてほしいのです。たとえば「いつもありがとう」という台詞を伝えるにしても「いつもありがとう。昨日とか忙しかったはずなのに、〇〇もやってくれてどうもありがとう。助かった」など、普段よりももうちょっと丁寧に「ありがとう」を伝えてみる。また、この時期はボランティアとか、人助けとか、そういう行為が逆にあなたの未来を切り開いていってくれます。「私が助けてあげよう」というあなたの勇気は、周りの人も、自分自身も救っていってくれるものになるから。今年もあと1カ月になりましたが、ここまで本当にお疲れさまでした。最後までやりきってみてください。

しいたけ.からの
魔法のメッセージ

自分のセンスに生きる。これが2019年下半期の牡羊座のテーマになります。10代や20代のころ、ひとつひとつ手づくりして、自分の部屋を自分だけの趣味に染め上げてきた時間。そういう「私が良いと思ったものをとにかくコレクションしていきたい。私が美しいと思うものが世の中にまだないのならば、私の手でそれをつくっていきたい」と、自分なりの美を求めていく気持ちが爆発していきます。この下半期、少しあなたのやさしさは捨ててみてください。他人の顔色を気にするのではなく、「私が楽しい」と思うために生きる。「この人たちには評価されなくていい」と、熱も共鳴も起こらない人間関係を見切ったとき、新しく刺激を受ける人たちに囲まれていくから。強烈な美意識と、ひとりでもやっていく実行力を武器に。あなたの残りの2019年に良い爆走が起こりますように!

しいたけ.

SHIITAKE LIVE CHATしいたけ.さんが登場!
INSTA LIVEをお見逃しなく。

しいたけ占い下半期公開を記念して、占い師しいたけ.さんが12星座別のINSTALIVEを開催。星座別にお悩みや質も募集中なので、ぜひ参加して! 詳細はこちら