VOGUE GIRL LINE Twitter Facebook Pinterest Instagram mail
魚座

魚座のみなさんへ

こんにちは。しいたけ.です。11月の中盤が過ぎると、「そろそろ来年の上半期の占いが出ますね」とソワソワしながら言われることが段々と増えてきます。その瞬間、「あー、すごく大事なお仕事をやらせてもらっているな」といつも実感します。

僕にとっても、翌年の上半期の占いを書いてから、やっと年末を迎えられるという、ひとつの大切なライフスタイルになりました。

ただ、ゆっくりと部屋でお茶を飲みながら「来年の〇〇座はどうなるのかな」と、読んでくれる人のことを考えながら書く占いは、いつも楽しいです。

今年頑張った人、「今年は振り返るといろいろあったな」と思う人、「まだもうちょっと頑張れた」と思った人。もしよければこの上半期占いを読んで「なんとなくこういう流れになるんだな」とイメージをつかんでもらって、来年の自分について楽しく空想してみてください。

2018年11月某日 しいたけ.

2019年上半期、魚座は
「理想を持ち、燃える。
強烈な協力者や同志に出会う。」

2019年上半期の
運勢は?

自分が今までやってきたことを通じて、
縁が結ばれやすい。

2019年上半期のあなたのオーラは「自分が今までやってきたことを通じて、縁が結ばれやすい」という状態を表すシルバーが出ています。2019年上半期の魚座のキーワードって「縁」なのです。あなたが今までやってきたことを「必要とする人」が現れやすいし、あなたがやりたいことが「それだったらぜひ」みたいな形で必要とされることや、あなた自身が新しい居場所をつくっていく機会がとても多くあります。では、2019年上半期がどういう動きになっていくのか、一緒に見ていきましょう。

オーラ
魚座

旅になぞらえる魚座の人生。

はじめに「魚座の人生は旅に似ている」という話をしたいのです。

魚座って

「ある場所や集団に所属しているけど、そこまでがっちりと所属しているわけではない」

という不思議な性質を持っています。

これは感覚的に言うと、あなたは旅人で、ある村を通りかかったときにその村が再興をかけて建物や広場とかを全部建て直していたとします。そしたら、あなたもそこに「助っ人」として加わり、寝食をともにし、村が新しい形ででき上がると「あ、そうだ。私、旅人だった」と言って再び新しい体験を求めて旅立っていきます。

魚座の人生って「あ、面白そう」とあなたから声を掛けるか、それか「もし良かったら手伝ってくれません?」「もし良かったらやってみません?」と、偶然声を掛けられたり、偶然出合う形でいろいろなことをやっていくことが多いのです。

あなたはがっちりと集団の中に入っているわけではなくて、どこか不思議な「外部者」としての雰囲気がある。それが魚座の旅人性なのです。

2019年の新しい旅路。

2018年を振り返ると、あなたは「今の場所に所属をしながら、次の旅路に向けてコツコツと準備」をしていたのではないでしょうか? それは別に、すぐに今所属している居場所を離れるというわけではなくて、自分にとって新しい体験をする準備をしていたのです。

たとえば、これを書いている僕には留学経験がないのですが、もし仮に1年間休みをもらって、ワーキングホリデーなどで外国に行ったら、現地は言葉も違う環境ですし、文化も違うし、また、会う人たちも違ってきます。そういう「今いる場所と違うコミュニティの中」では、僕は今の自分とまったく違った扱い方を受けるでしょうし、自分自身も、まったく違ったキャラクターをつくっていくか、自分の内部から練り出していくかをすると思います。

あなたの話に戻りたいのですが、あなたは2018年から、上に書いたような留学体験、つまり、「ここと違う場所に行ったら、私はどういうキャラクターになるのかなぁ」ということを少しずつ考え始めてきています。

今いる環境で、1年の流れが見えてきた。そして、次に何が起こるか大体予測できるようになってきた。

そういう「安定」をつくっていくために、あなたはこれまで頑張ってきました。

でも、あなた自身は自分自身や、関わる人の「安定」が見えてきて、「次の明日」に向かって準備を進めたい気持ちも出てきたはずです。

あなたの中にある性質って

「何が起こるかわからないから、参加してみたい」

なのです。

ですから、「明日何が起こるかを、うちではあなたに保証する。だから、あなたに私たちの一部分となって所属してほしい」と言われたり、そういう空気を感じると「じゃ!」と言って新しい体験を求めて旅支度をしていきます。

魚座って数年に1回「違う場所に旅をして、自分がどう変わるか、どう扱われるか試してみたい」という旅の願望があります。だから、現実的な話をすると、ほかの人と違って、魚座にとっての転職って「旅」の感覚に似ているところもあるのです。

住み慣れた場所、そして見慣れた景色を懐かしみつつ、「次に私が見ていく景色も大切にしていきたい。今の私の目には新しい世界がどう見えるのかを確かめてみたい」という気持ちが、2019年の上半期はさらに強くなっていきます。

守られている感覚を持つ。

2019年の上半期は、前から考えていたこと、準備してきたこと、やっていきたかったことが、不思議とスムーズに進んでいきます。「今このタイミングでしかなかった」というぐらいに、すごくスムーズにいきます。

ただ1点、注意が必要で、今は特に何かをしようと思っていなかった人は、無理矢理何かをする必要はないと思います。

でも、自分の「居場所」について、たとえばそれが「今やっているお仕事」とか「今ある人間関係」とか、そういうことに対して「別の方向性に行くためにいろいろ積み重ねてきた人」って、不思議と「前からあなたに興味を持っていた」とか、はじめて会ったのにもう何十年もの付き合いがある親友のように感じられる人と出会っていったりします。

この2019年の上半期、あなたはすごく「不思議と導かれる」みたいな体験をすることが多いです。奇跡が起きやすいのです。

  • ・「あ、この人と知り合うのは自然な流れだったんだな」
  • ・「あ、今こういう展開が来たか。待ってた。よし、やる」
  • ・「この人面白いなぁ。同じ趣味だった(笑)」

そういう不思議な奇跡が起きやすいのです。

でも、奇跡の取り扱い方を一応説明したいのですが、奇跡が起きたことに満足しちゃダメです。奇跡はあくまでも、同じようなエネルギーを持つ何かと何かが引き合って、それでその力が二乗にも三乗にもなるというだけのことだから。

だから、奇跡を感じたときに「引き寄せられたんだ」と言って、満足しちゃうと、その奇跡は何も起こらないまま終わります。

あなたにはこの時期、奇跡が起こりやすいです。自分がやろうとしたことに対して、たまたま声を掛けられるなど、そういうことがよくあります。

だから、奇跡が起きたら「待ってました」とばかりに、本領を発揮すること。力の出し惜しみなんてしないこと。多少、スケジュールがぐちゃぐちゃになっても良いです。本気を出すところで本気を出すこと。

奇跡が訪れたときは、いろいろ小細工は考えずに、今までやってきたことをそのままぶつけていけば良いです。

協力者や同志に出会いやすい。

もうひとつ、2019年上半期のあなたは協力者や同志に出会いやすい運命にあります。

これも先ほどの「奇跡」の話で言ったように、この時期のあなたは「同じ温度や、同じエネルギーを持つ人同士で引き合いやすい」のです。

もちろん、時期によっては「ちょっと最近この人からいつも連絡くるけど、この人から連絡くると愚痴ばかりでテンションが下がるなぁ」ということも起きます(笑)。

でも、それと、「熱い気持ちで引き合う人同士」って別ものです。

あなたはこの時期、やるべきこと、自分の存在証明を賭けてやっていきたいことがあるはずです。

そしたらもう、ほかの人のやり方なんて見ないで良いです。

自分のやり方に、自分が一番厳しい「ファン」になったつもりで、遠慮なく注文をつけていく。

良い役者さんとか、良いお店って、その人たちにとって一番熱いファンがついているものなのです。そのファンって、口うるさいけど、すごく応援する対象を愛している。だから、あなたがあなたのファンになること。

あなた自身が自分のファンになって「いやあ、この人はこういうところがあって、抜けているんだけど、仕事に対する想いだけはすごいんですよ」と、アピールポイントを言ってあげる。

そうすると、あなたと同じような力と想いの強さを持った人と引き合っていきます。

遠慮は無用。

この時期のあなたには、「いやいや、私なんて」という態度は不要です。もちろん、あなたはそういう偉そうなところがなくて、フニャフニャするようなところも魅力であったりします。

でも、この2019年、あなたなりに本気で楽しんだり、本気で勝負を挑んでいきたい場面があるはずです。

そしたら、ヘラヘラなんてしなくて良いです。

「私がやってきたこと、培ってきたこと、受け取ってきたこと。それをそのままぶつけてやる。毎日が本気で、今はほかのことに構わない」

と、

戦うときは戦ってください。

「天は自ら助くる者を助く」

ということわざがありますが、これはまさに2019年上半期の魚座への言葉です。

自分が自分のファンになって、自分の良さを信じて応援する。そして、そのファンの期待に全力で応えようとやってみる。

みんなあなたのことが好きです。だから、応援したいのです。あなたにしかできない体験、それを貪欲に追求していってください。2019年上半期は楽しんじゃった者勝ちです。

仕事運はどうなる?

プロフェッショナルとしての自覚。

2019年上半期の仕事面でのあなたのテーマは「プロフェッショナルとしての自覚」です。2019年上半期の魚座って、仕事面において「今まで準備してきたこと、コツコツやってきたことが、すごい勢いで結果を出していく」という形が多いです。なぜか、「導かれる」みたいな不思議な感覚で、あなたがやっていく仕事が認められるのです。でも、そのお仕事に関しては「ただ仕事だからやる」という態度ではなくて、「自分がこの仕事を通じて、どういう人たちに、どういうことで貢献していきたいのか」と、常にそういうコンセプトを自分の言葉で説明できることが成功の鍵になります。自分が描く理想の貢献。理想を持ち、きちんと熱さも持ち、自分の道を進んでいく。多くの結果を残す上半期になっていきます。臆せず、ひとりのプロとして「自分の道」をつくっていってください。

恋愛運はどうなる?

長期的な付き合いをするご縁が出てきやすい。

2019年上半期の恋愛面でのあなたのテーマは「長期的な付き合いをするご縁が出てきやすい」です。

まず、魚座の独自性からお伝えしたいのですが、魚座の人って12星座の中でも唯一「野生動物」みたいな人なのです。野生で、サバンナや森林を元気よくパカパカ走っているのですが、その魚座を捕まえて、動物園の中で飼育しようとすると、途端に「木の上に登って降りてこない。観客に姿を見せたがらない」という態度を取るようなことがあります。野生のたくましさ、自分で何でもやってやるというエネルギーを持つので、ある程度「放牧」が保障されている環境でないと、自分の魅力や力を発揮できないところがあります。

ですから、魚座は「自分より自由な人」にとても強く惹かれていきます。「え、こんな生き方して大丈夫なの? この人めちゃくちゃ自由に振る舞ってるなぁ」という人に、あなたは弱いのです。では、自由人同士は結びつき合わないかというと、そんなことはないのです。そのためには、あなたは会う人に「私はどうやって、貢献していきたいか」などの、夢や目標をちゃんと語ってほしいのです。魚座って、自分自身も、そして相手についても、あまり堅苦しいルールで縛りたくないのです。ですから「ま、好きにやんなよ」と放任しちゃったり、それによって深まる縁がそのまま放置されているということが起きたりしてしまいます。相手を縛らないで、相手が自分の近くにいてくれるやり方。それは、夢の熱さなのです。その夢とは「働かないで南の島で過ごしたい」というよりは、「私、今やっている仕事で、こういう貢献をしていきたいんですよね」ということのほうが相手に響きます。短期間で相手を知った気になってバイバイするのではなくて、ぜひ「あなたのことをこれからも手伝いたいし、私のことも、これから先もいろいろ手伝ってほしい」と、同志になっていってください。

恋愛面でのラッキーカラーは「理想に燃える」力を後押ししてくれる赤です。この色は普段は自由で緩いところもある魚座が、恥ずかしがりながらも、照れながらも「今の私は、〇〇に貢献したい」と真っすぐに語る情熱を彩ってくれます。いろいろな色が混じっている赤というよりも、真っすぐな「真っ赤」がこの上半期のあなたにはとても似合っていきます。

月ごとのアドバイス

1
言葉で伝える。
2
ハードコース or ソフトコース。
3
自分の道を行く。
4
運命が静かに動き出す。
5
ひらめき。視界がクリアに。
6
定着。

★マークのついた⽉はラッキー⽉です。

January 1月

言葉で伝える。

「言葉で伝える」の黄色が出ています。この1月はもし良ければ、ちゃんと初詣に行ってほしいのです。そういう神社などが苦手な人は、自分なりに「誓い」を立てられる場所が良いです。2019年上半期に関しては、どういう年にしていくか、そういうことをきちんと「言葉」にして、しかるべき場所で伝えていったほうが良いのです。もしできたら、お友達と行くイベントとは別に、ひとりで参拝するようなこともやってみてください。魚座の人って、注意しないと自分の実力を謙遜します。「私はたいしたことないです」と、集団に入らないで一歩引いてしまうのです。でも、この上半期は最初から「私は今年、最高に楽しくしてやるぜ」と前に出て勇んだほうが良いです。そして、この時期からもう「言葉にして伝えていく」ということは意識しておいてください。魚座は表現者だから、言葉ではなくて自分の行動で表現しようとするし、自分の抱負などを述べることで、それに縛られてしまうのが嫌で「言葉にしない」という習性があったりします。今年は、言葉を大事にしていってください。

February 2月

ハードコース or ソフトコース。

「ハードコース or ソフトコース」のネイビーが出ています。この2月はひとつの決断の時になるかもしれなくて、というのは、2019年が始まって、ぼちぼちいろいろやっていこうかと思ったら、いきなりチャンスが来ちゃう場合があります。チャンスは、あなたに決断を迫ります。「今より不可解なことが増えて、大変なこともあるだろうが、それでもあなたはこのチャレンジをやっていきたいか?」って。その答えは自分で決めてほしいのですが、目安としては「2018年がちょっと激動で、もうしばらくゆっくりしたい」という人はそのチャンスは保留やお断りで大丈夫だと思います。でも、「やってみたい!」と衝動が走った人は、乗っていくのもありだと思います。2019年、あなたにはいっぱいチャンスがやってきます。そのチャンスって、レベル5がレベル6に上がるようなチャンスではなくて、レベル5の次がいきなりレベル20というぐらいのチャンスになります。だから、「どういう自分になっていきたいか」とか「どういう人と対等に話せる自分でありたいか」を考えて、この2月も日々自分を磨いていってください。

March 3月

自分の道を行く。

「自分の道を行く」のシルバーが出ています。ちょっと言葉が下品なのですが、2019年に勝者となる人は「自分のやり方を自分なりに見直し、その力を使ってどう周りに貢献できるかを考える。その途中において、他人は他人。自分は自分と考えられる人」です。そして、この3月のあなたはまさにそういう「自分で考え、実行していく人」になっていきます。今の自分はどういうステップにいて、ここにいることで得られるチャンスやアドバンテージは何か。それを、冷静に見つめてください。その上で、自分が改めてどういうチャンスが欲しいか、どういう人になっていきたいかを見つめて、追求していくとき。シルバーには「プロとしてのこだわり」という面もあります。ですから、洋服の仕立て屋さん、手作業をしている職人さん、お寿司を握る板前さんなど、そういう人たちがいる場所に行くことで勉強になるし、磨かれていくことも多いです。また、この時期のあなたは、自分自身もひとりのプロフェッショナルとしての自覚を持ち「この分野なら誰にも負けない」ときちんと自負することが大切になります。

April 4月
4月のオーラ
おひつじ座

運命が静かに動き出す。

「運命が静かに動き出す」の水色が出ています。この4月は「進むべきものが、進んでいく」という、すごくシンプルなのですが、かなり運命的な展開があったりします。人が生きていると「あ、これは運命だな」と思うようなことがあったりします。多くの人が想像する運命って「これは運命なのよ!」と、激しく興奮するような形の展開なのですが、実は、運命の大半は「静かに、いつの間にか」来ていることが多いです。「え、今?」みたいな感じで。運命って、大半が「ちょっとズレた形」でやってきます。「うーん、これか」という違和感もちょっとあるのです。でも、「芯の部分では私がやりたいことに通っている気がする」と言って、あなたはこの4月に運命を受け取っていきます。この時期に引き受けるお仕事や、出会う人はあなたの人生に多くの影響を与えていくので、大切にしていってください。

May 5月
5月のオーラ
おひつじ座

ひらめき。視界をクリアに。

「ひらめき。視界をクリアに」のオレンジ色が出ています。この時期のあなたはひらめきとか、イメージ能力、シミュレーション能力が強くなるので、「面白そう」と思ったことは基本全部実行していくのが良いと思います。そして、この時期は「新しく、自分なりに誠意を込めて迎えていきたい存在」と「古くなって、今の自分には必要なくなったもの」を分けていってほしいのです。魚座の人が次のステップに行きたいのに、なかなかその「次」が思ったように展開されないときって、「古いものも新しいものも含めて、全部ごっちゃに抱え込んでいる」というケースだったりします。魚座って、人情派の人も多いから、何か新しいものを手に入れても、古いものが手放せなかったりします。でも、この時期のあなたもプロフェッショナルとしての自覚をちゃんと持つことが大事になります。プロって、できないことは「できない」と責任を持って言う存在です。変に相手に期待を持たせて、結局お互いにとって時間の消耗でしかなかったという展開に持っていかないために、自分に自信を持って、プロとして考えていきましょう。

June 6月
6月のオーラ
おひつじ座

定着。

「定着」の茶色が出ています。この時期のあなたは、いわゆる「ふわふわ」とした部分が少なくなります。2019年上半期の魚座って、すごく静かにいろいろなことが展開していくけど、その内容はすごく「激動」であることが多いです。ですから、「あれ、私いつの間にかこういうこともやる立場になっちゃった」と、すーっと今の自分になっていることが多いです。ですから、これまでに関しては戸惑いもあったし、「やっていけるかな?」という自信のなさが時々出たりもしました。でも、今のあなたは「腹を決める」みたいなことをやっていきます。もちろん、まだ「やっていくことをひとつに絞る」とか、そこまでやらなくても良いのですが、今の自分がやっていることを、自分なりのプロ意識を持ってもっともっと面白くしていこうという気持ちになります。この時期も、1月にあったように「ちゃんと自分の言葉で伝えていく」という感覚がとても大切になります。また、この6月にも自分が予想していた以上の成果を出していく人が多いです。

しいたけ.からの
魔法のメッセージ

あなたはこの2019年上半期に、不思議な導きを受け取ります。「あ、こういう場面でこれと出合うのか」とか、何か自分が小説や映画の作者のように、かなり客観的に自分のことを見られる感覚があります。そして同時に、この上半期のあなたは「使えるものは何でも使おう。私は次のレベルに行ってみたい」と、いつも以上に貪欲になります。この時期のあなたの動きは、誰にもとらえることができません。のんびりするときはのんびりするし、動く時は時速200㎞で俊敏に動いていく。あなたを止めることは、誰もできません。貪欲に。そして、プロとしての自信を持ち、前だけを見て進んでいってください!