VOGUE GIRL LINE Twitter Facebook Pinterest Instagram mail
山羊座

山羊座のみなさんへ

こんにちは。しいたけ.です。11月の中盤が過ぎると、「そろそろ来年の上半期の占いが出ますね」とソワソワしながら言われることが段々と増えてきます。その瞬間、「あー、すごく大事なお仕事をやらせてもらっているな」といつも実感します。

僕にとっても、翌年の上半期の占いを書いてから、やっと年末を迎えられるという、ひとつの大切なライフスタイルになりました。

ただ、ゆっくりと部屋でお茶を飲みながら「来年の〇〇座はどうなるのかな」と、読んでくれる人のことを考えながら書く占いは、いつも楽しいです。

今年頑張った人、「今年は振り返るといろいろあったな」と思う人、「まだもうちょっと頑張れた」と思った人。もしよければこの上半期占いを読んで「なんとなくこういう流れになるんだな」とイメージをつかんでもらって、来年の自分について楽しく空想してみてください。

2018年11月某日 しいたけ.

2019年上半期、山羊座は
「壁を壊して、外へ。
ありがとうとごめんなさいを言う
素晴らしい人生。」

2019年上半期の
運勢は?

違う道の建設。

2019年上半期のあなたのオーラは「今やっている方向と、違う道を建設する」を表すオレンジ色が出ています。山羊座って2018年から2019年までを含む「大変革期」で、すごいスピードと、熱量を持って変化の途上にいる人が多いです。

オーラ
山羊座

では、この2019年上半期の山羊座がどうなっていくのかを一緒に見ていきたいと思います。

マイルールを持つ山羊座。

山羊座のすごいところって、それぞれが「我流」とも言えるやり方を持っているところ。たとえば山羊座の漫画家の方がいたとして、「漫画の描き方」や「ストーリーの組み立て方」、そういうのって正統派の教科書から学んできたというよりは、「自分のいろいろな人生体験や、目にしたいろいろなことから、勝手につくり上げていくケース」がとても多かったりするのです。山羊座は学生時代にはそこまで強く目立たないほうで、山羊座の才能には「ひとつのことを磨き続けるのではなくて、ふたつ以上の才能が合わさって強烈に光る」というものがあります。上の漫画家の例だと、絵の勉強をしていって、その後OLとして働いてみて、そのときの人間観察などが自分の漫画の構成にすごく役に立ったとか、そういうふうに、山羊座の才能って「熟成される」まである程度の時間を要したりします。

話を戻して、「我流」「マイルール」「マイ美学」を持った山羊座って「ほかの人が〇〇だから」と、そういう他人のやり方を参考にしない強さがあります。

「私に任された仕事は、私なりに考えて、私なりに挫折をして、そうやって失敗したことも、成功したことも、全部私の糧にしていく」

という強さがあるのです。

その一方で「マイルール」を持つ山羊座は、若い頃に経験する「面接」など、そういうところで「表面的に、相手が気に入ることを察知してしゃべらなければいけない」というルールは苦手だったりします。そういう、「万人受けすること」とか「表面的に合わせること」って、山羊座にとって常に苦労することでもあったりするのですが、それを補っても余るぐらいに、あなたの持つ「我流で磨き上げてきた経験値」には、ほかの人には真似できない魅力があるのです。

改良されてきたマイルール。

山羊座にしか持てない武器であり、そして、「万人受けする」ということにおいては苦労する「マイルール」。

その「マイルール」について、かなり激しく改良のための手術をしたり、やり方を変えたりしていったのが、2018年だったのです。

ディスっているように聞こえたら申し訳ないのですが、山羊座の人って「あ、私そういうことできないから」と、「マイルール」をベースにしてピシャリと遮断をすることがあります。

自分の得意分野や自分にできる分野を「限界」までやる人なので、それ以外の分野に関しては「あ、ごめんなさい。そういうのはできないのです」って、自分の限界を自分の壁で囲っちゃうのです。

山羊座は自分だけの「スペシャリティ」を持っているから、たとえば料理研究家の山羊座がいたとして、毎日ずっとおいしそうなお料理を作っていたとします。そしたら、ある仕事関係の人が「〇〇さんが作る料理は本当においしそうだから、ホームパーティーしましょうよ」と持ち掛けたとします。そしたら「ごめんなさい。そういうのは無理です」とお断りすることがあったりします。

この感覚って山羊座の人にしか理解できないと思います。ほかの人なら「毎日料理作っているんだから、ホームパーティーやっても良いんじゃない?」って結びつけられるのですが、その人は「毎日の料理を提供するプロ」であって「ホームパーティーをするプロ」ではないからです。だから、ホームパーティーの企画を頼まれたところで、準備期間がないと「みんなに喜んでもらう自信がない」。それが「山羊座の壁」なのです。

2018年、自分で壊してきた山羊座の壁。

あなたがこの2019年を迎えるまでにやってきたこと、それは自らが持つ「私はこういう人間で、こういうことならできる」という壁を壊すこと。時には、他人とぶつかり合うことで強制的に壊してきたのです。

それってすごく痛い経験でもあったと思います。「何で私がそこまで言われなきゃいけないんだ」と思って、自分の正当性を主張したいことも多くあったと思うのです。

でも、不思議とあなたは2018年に、「負ける」という経験がそこまで悪い経験だとは感じなかったはずです。

もしかしたら、いつものあなたなら「いや、私は絶対にそういうことはやらない」と言って、自分の殻に入ったかもしれません。でも、2018年から2019年のあなたって、「何かさ、そろそろ私も新しくなりたい。今までの自分でやってきたことはすごく誇りに思っているし、大事な、宝物のような経験だけど、次の一歩を進んでいくためには、私は私だけのやり方にこだわっていては前に進めないと思ったの」と、あなたはそういうことをすでに直感してきているのです。

ですから、本当に驚くぐらいに、この2019年に入ったあなたは「素直」になります。

山羊座ってそういうところがあるのです。最後の判断は「勘」。

ロジックだったら「別に今までのやり方でも良いんじゃないか」って思う局面でも、「勘」によって、自分のやり方じゃなくて、他人が思う自分に乗っかっちゃったほうが良いと思うのです。

他人が思う自分に乗っかってみる。

僕が好きな漫画家の方で、西原理恵子さんという方がいらっしゃるのですが、西原さんの本の中で「才能」について言及している箇所があります。その部分を引用してぜひ山羊座の人に送りたいのです。

「『才能』っていういうのは、そんなふうに、自分だけじゃわからない、見えてないものだと思う。自分で『こうだ』と思い込んでることって、案外、的外れだったりするからね。

何でも仕事をはじめたら、『どうしてもこれじゃなきゃ』って粘るだけじゃなくて人がみつけてくれた自分の『良さ』を信じて、その波に乗ってみたらいい。

わたしの場合も、人から『あれ描いて』『これ描いて』って注文されて、断らずにやっているうちに『このあいだのアレ、おもしろかったよ』『こういうのをまたやりましょう』って、ウケるほうに、食べていけるほうに、仕事が寄っていった。そうなると、ひとつの仕事が次の仕事を呼んで、仕事の道ができていく。

だから、わたしは思うのよ。

『才能』って人から教えられるもんだって。

いい仕事をすれば、それがまた次の仕事につながって、その繰り返し。ときには自分でも意識的に方向転換しながら、とにかく足を止めないってことが大事」(『この世でいちばん大事な「カネ」の話』 pp.108-109)

2019年の山羊座がまさにそうで、この時期のあなたの「才能」とか「運」って、人に「あなたはもしかしたら、こうだよ」と教えてもらう形でやってきます。

だから、たとえばあなたが就職面接をしたときに、面接官の人に「君はエンジニア希望だけど、何か、営業を経験しても面白そうだね」と言われたら、この2019年に関しては、変にそこで抵抗しないで「そうですか? じゃあやってみたいです!」と言っても良いかもしれないのです。

運が良い人って、全部自分で調べないで「あ、あの店おいしいよ」と言われたところに素直に「じゃあ行ってみよう」と言うことができる人です。

山羊座って、この上半期で運が爆発的に良くなっていきます。

その最初の一歩が「私はこう」という、自分の壁の内側から出てこられるかかどうかなのです。

自分の壁を越えて。

以下に書くことは個人的意見です。

人は、なぜ人に出会うかと言うと、もしかしたらそれは「その人に迷惑を掛けるため」という面もあるんじゃないかと思うのです。

もちろん、仕事で疲れて帰っているとき、隣の酔っぱらいに「ドン」とぶつかってこられたとか、そういうのは大迷惑ですよ(笑)。

そういう、ハプニング的な迷惑は別として、頑張っても他人の期待に応えられないときってあったりします。

そういうとき、他人は「あー、そうですか... ...」とちょっと期待外れだなというような顔をするかもしれないです。

でも、考えてください。

そういう顔をしたその人も、忘れているかもしれないけど、過去に誰かにそういう顔をされたのではないでしょうか。

山羊座の人って、「迷惑を掛けること」に対してとんでもない罪悪感を抱いてしまいます。

でも、迷惑って輪です。赤ちゃんのときに誰かにお尻の世話をしてもらったから今日まで生きてこられたわけですし、歳を取ったらまた誰かに面倒を掛けてしまうかもしれない。

誰もが「迷惑を掛けちゃうかも」という輪から抜け出て「完璧」になることはできなかったりします。

だから、「お互い様」って言っていきましょう。

山羊座も、あなただけ特別に誰かに迷惑を掛けない存在にはなれないです。

むしろ、迷惑を掛けるのを恐れて、「特別であろう」と考えることで、あなたの周りには壁ができていきます。

壁の内側から、外へ。

あなたがやっていくミッションは、そういうことです。

仕事運はどうなる?

人。

2019年上半期の仕事面でのあなたのテーマは「人」です。まず、あなたにとって2019年の仕事って「ただ真面目にやり続ける」という、すごく労力が掛かることだけに集中しなくても良い運命があります。それよりも、誰かとの雑談の中で「こんどもし良かったら手伝ってくれない?」など、たとえボランティアとかであったとしても、あなたに大きな刺激が生まれます。あなたが2019年の仕事面において再び注目していくのは「人」です。つまり、「どういう人たちと一緒だと刺激を受けて、どういう人たちとともにいたいか」。内容やキャリアアップよりも、「この人と一緒にいると勉強になるなぁ」と思う人と、一緒に仕事をしていくヴィジョンを持ってみてください。そういう出会いが増えていくし、あなた自身も出会いの恩恵をすごく受けていきますよ。

恋愛運はどうなる?

教えを乞う。

2019年上半期の恋愛面でのあなたのテーマは「教えを乞う」です。この時期のあなたは恋愛面においても、人間関係の面においても「自らの壁を壊す」という作業をしていくのです。はじめは「怖い」と感じることがあると思います。今までのあなただったら「あ、私そういうの苦手」とか「無理」と言って、遮断していたようなものに、おそるおそる挑戦しようとしたり、新たに知り合う人たちに対して交流を持とうとしたりするのです。

どうしてあなたは人間関係において「バリアを張るか」と言うと、あなたは大事な人たちに対して「甘えてはいけない、迷惑は掛けられない」と強く思いすぎてしまうのです。でも、2019年に関してはぜひ、「私に色々教えてほしい。あなたの意見を聞きたい」と周りの人に伝えてみてください。そうやって出会う人の中でも「あなたにとっての優先順位は何なの?」などと、あなたを啓蒙しリードしてくれる人との縁が強くなります。そんな相手とは、真面目な話はもちろん、くだらない話もいっぱい楽しみましょう。そして「いつもありがとう」の言葉を口にするようにしましょう。

だから、この時期にあなたと縁が深くなりやすい人って、すごくひどい言い方をすると、あなたが「うるさいな」と思う人です。というのは、必然的に、あなたは自分の壁を壊し、「マイルールの世界以外」の人の言うことに耳を傾けようとするからです。

ただ、もちろん他人の言うことに全部従ってくださいとは言いません。だけど、「でも」とか「でも私は」という言葉を多用しないよう、ちょっとだけ意識して気をつけてください。「私はこういうやり方でやってきた。だから今さら他人の言うことは聞かん」と、はねのける形にはならないように。

恋愛面でのラッキーカラーは緑色とピンク色です。この2つの色には「他人を受け入れる」という柔らかい力があります。どちらかと言うと、緑色のほうは「あー、なんでも良いよ。私なんでも従う」という、ちょっとだけいい加減だけど、対人関係で柔軟に対応できる力を増してくれます。ピンク色は「特定の人からの愛情に報いる」という力があります。どちらも勝負所で身につけてみてください。

月ごとのアドバイス

1
私のプライドの問題。
2
壁を壊す。
3
最高の一歩。
4
ポッと空きができる。
5
レベルが上のチャレンジ。
6
リラックス。

★マークのついた⽉はラッキー⽉です。

January 1月

私のプライドの問題。

「私のプライドの問題」の黒が出ています。この2019年のあなたの一番のミッションって「自分のプライドを適度に壊す」ことなのです。多少の痛みが伴ったりもします。でも、全然大丈夫だから! 山羊座の人って、もったいないのです。すごく優れた知性と、他人に対するやさしさがあります。損する役割を引き受けることもできます。でも、たまに自分に対して「カッコつけたい部分」が出てきます。「こんなはずじゃなかった」ということが、少しでもあったら、すごく落ち込んでしまうことがある。この1月のあなたって、関わる他人から、新しい自分の「あり方」をつくっていってもらっています。だから、我を通しすぎず、「へー、私のことをそう見ているんだ。いろいろ学んでみようかな」と、とりあえず他人のやり方に従ってみてください。最後に「やっぱり私自分のやり方が良い! 全部却下!」とちゃぶ台返しをしないこと。

February 2月

壁を壊す。

「壁を壊す」の青が出ています。この2月は、あなたがおそるおそるやってきたことが、とても良い評判をもらったり、成果を出していきやすい時期になります。ただ、何回もしつこいのですが、2019年上半期は「山羊座の壁」を壊す時期でもあります。だからこそ、この時期は「壁を壊した後の自分の姿」が少しずつ出てきます。壁が壊れたかどうかの基準は「以前の自分だったら『いえいえいえ』と言って逃げていたか、結構ヒステリックに反発していただろうな」という事柄に対して、素直になっているかどうかです。この時期に関しては、ちょっと変わったアドバイスになるのですが、「自分のやり方」にこだわりすぎないほうが良いです。むしろ、他人からのアドバイスに対して「それ面白いっすね。それでいきましょう」と柔軟に対応できるほうが良いです。また、この時期に少し疲れが溜まる人も出てくるので、ひとりで小説を読んだり、近所を歩いてみたり、そういうほんわかした時間を持ってみたりもしてください。

March 3月

最高の一歩。

「最高の一歩」の黄色が出ています。この時期のあなたには躍進があって、まず、だいぶ柔軟になってきています。そして、何より大きな変化が「何かをする際に、全部の準備をしなくなる」ということなのです。山羊座の人って、あるプロジェクトを任されたり、ある責任を任されたりすると、いわゆる「ガクブル状態」ですべてを把握しようとします。でも、今のあなたはいろいろことをこなしてきて、「何か、わからなかったら当日『教えてください』と声を掛けよう」と、ひとりで全責任を背負わない気持ちができてきています。迷惑は掛けても良いです。そして、うまくいかないことがあっても良いです。ひとつやふたつだけのミスのために、今までやってきたすべてを絶対に否定しないこと。あなたが気を付けなければいけないことは、ほかが全部完璧なのに、ミスを気にして次に進めなくなってしまうことだから。大丈夫。あなたはすごい人なんだから。

April 4月
4月のオーラ
おひつじ座

ポッと空きができる。

「ポッと空きができる」の水色が出ています。この時期は主に仕事方面に対して変化が出てきます。今まで継続してきたことが「ひとつの区切り」として終わって、その部分に空きができたりするのです。その際に、あなた自身もちょうど「新しいことをやってみたい」と思ってきたりもします。ただ、この時期には無理やりいろいろなものを詰め込む必要はないと思います。2019年は、風を感じてください。休日などは、見晴らしが良い高台などに行けたら行ってほしいのです。山羊座ってワーカホリック気味で、課題を与えられると、それをずっと集中してやり続けてしまったりします。だから、「解放スイッチ」を自分で持っていく。出掛けるときは多少面倒くさいけど、ちょっといつもの街と違うところに散歩に行くとか、そうやるだけで癒やされていきますよ。

May 5月
5月のオーラ
おひつじ座

レベルが上のチャレンジ。

「レベルが上のチャレンジ」のゴールドが出ています。この5月が2019年上半期のひとつのクライマックスになります。ただ、このときにはもう何かを準備するとか、そういう必要はなくて「ただただ初心で」チャレンジしていってください。山羊座って、自分の無力をすごく恥じちゃうことがあります。「いつも迷惑を掛けてごめんなさい」って、立派な人でもそう思っちゃうのです。そして、あなたは「無力には戻るまい」と思って毎日必死に努力をします。でも、「無力さ」ってそこまでダメなものでもないです。実際に、あなたにはその「無力さ」があるから謙虚でいられるし、他人にやさしくできたりもする。だから、自分の「無力さ」を誇りに思っても良いです。この時期のあなたはゴールドの力をまといます。ゴールドのメッセージは「やってきたことが報われる」です。だから、十分に報われてください。自然体で、いつも通りの努力を続ければ大丈夫だから。

June 6月
6月のオーラ
おひつじ座

リラックス。

「リラックス」のターコイズが出ています。この6月のミッションは「日光浴」をすること、自然がある環境に行って風を感じることです。山羊座のひとつ後の星座は水瓶座ですが、水瓶座の人って、時々自分がいる生活圏から抜け出して、テラス席があるところでごはんを食べたりして自分を回復させます。つまり、水瓶座って「生活するための場所を抜け出して、身近にあるファンタジーを感じる場所にリラックスしに出掛けること」をやります。そのやり方を、あなたも真似させてもらってほしいのです。生活していく場所って、いろいろなプレッシャーや役割を感じさせます。だから、時々はそこからきちんと逃避して。リラックスして風を浴びるのが、この6月のあなたのミッションです。骨休めなどもしてみてください。

しいたけ.からの
魔法のメッセージ

山羊座って、時々何年も前の失敗を、フラッシュバックのように思い出して焦ることがあります。もうそこからだいぶ時間が経ち、その当時失敗を受け取った人たち全員が、あなたのその失敗を忘れていたとしても。あなたは、それだけ「他人と一緒にいる」という事実を、重く考えすぎてしまうことがあります。でも、この2019年は、特別な孤高よりも、誰かの前に立って「教えてください」と言うことを選んでください。他人が言ってくれる「あなたらしさ」に乗っかってみる。わからなかったら「わかりません」と言い、そして教えてもらう。「ありがとう」と「ごめんなさい」をきちんと言う。そして、少しずつで構わないので心を開いて、信頼する。みんなもあなたのことをもっと知りたいです。あなたと仲良くなりたいです。