VOGUE GIRL LINE Twitter Facebook Pinterest Instagram mail
天秤座

天秤座のみなさんへ

こんにちは。しいたけ.です。11月の中盤が過ぎると、「そろそろ来年の上半期の占いが出ますね」とソワソワしながら言われることが段々と増えてきます。その瞬間、「あー、すごく大事なお仕事をやらせてもらっているな」といつも実感します。

僕にとっても、翌年の上半期の占いを書いてから、やっと年末を迎えられるという、ひとつの大切なライフスタイルになりました。

ただ、ゆっくりと部屋でお茶を飲みながら「来年の〇〇座はどうなるのかな」と、読んでくれる人のことを考えながら書く占いは、いつも楽しいです。

今年頑張った人、「今年は振り返るといろいろあったな」と思う人、「まだもうちょっと頑張れた」と思った人。もしよければこの上半期占いを読んで「なんとなくこういう流れになるんだな」とイメージをつかんでもらって、来年の自分について楽しく空想してみてください。

2018年11月某日 しいたけ.

2019年上半期、天秤座は
「イヤイヤ期に入る。
自分の美学の徹底的な追求。」

2019年上半期の
運勢は?

イヤイヤ期に入る。

2019年上半期のあなたのオーラは「イヤイヤ期に入る」を表すターコイズ色が出ています。この2019年上半期って、あなたが隠し持っていたすごく強い「命を賭して、自分の美学を追求する」というとても荒っぽくて、迫力のある性質が出ます。だから、あなたは2019年に入ると「聞き分けが良く、すべての命令に従う良い子」というわけにはいかなくなります。「それ嫌!」と言いながら、気に入らないものを投げたり、「もっと遊ばせろ」と言って自分が熱中しているものを取り上げられるのを断固拒否したり、そういう「自分がやりたいことをとにかく追求する」という段階に入るのです。

オーラ
天秤座

天秤座の
「聞き分けが良く、真面目じゃないほうの性質」。

天秤座って、外見的には「聞き分けが良く、真面目で、規範を守り、自分もそこまで無理しないで周囲の人の利益に対して協力していく」という特徴があります。

でも、そういう天秤座と深く付き合ったことがある人ならわかると思うのですが、この人たちは、そういう「表面的には真面目」な性質と正反対のものを、心の奥底に隠し持っているのです。

天秤座って、実は美学の人なのです。

  • ・「これをやったらあなたのためになる」
  • ・「あなたさえ協力してくれて、真面目に振る舞ってくれたら大変助かる」
  • ・「あなたの個性もわかる。でも、ここはなんとか抑えてくれないか」

という、いわゆる「優等生」としての立場を強要されると、状況によっては

「嫌だね」

と言って、すべての関係を断ちたくなります。

あなたはいろいろと利益を考えたり、人よりも深くビジネスライクに物事を考えたりします。大人としての自分の立場ももちろんわかっているのです。

でも、あなたの本質って

「自分がカッコイイと思わないことはやりたくないんだよね」

なのです。自分がそれをやってカッコイイと思えたら、命を賭けてもやりきる。でも、誰でもできるようなことを「あなたのために」と押しつけられるような事態が続くと「何のために生きているのかよくわからなくなってきた」と言って、プイッと旅に出たくなったりもします。

この2019年上半期のあなたは、「嫌だね」と言う、イヤイヤ期が炸裂します。そして、それは決して悪いことではなく、良いことなのです。

イヤイヤ期に何をするか。

赤ちゃんにはイヤイヤ期があるのですが、イヤイヤ期って、今まで親に着せてもらっていた服を「自分の力で着たい」と思ったり、「〇〇ちゃんは良い子ね」と言われる約束事を破ってジュースを自分の意思で床にぶちまけたりします。

これって何でやるかというと、やり方は荒っぽいかもしれないのですが「自分の力を試したい」という、純粋な、自分の力や可能性の追求行動なのかもしれません。

「周りから決められた自分をぶち壊す」

それはすごく怖いことかもしれないし、周囲との緊張関係も生んでいきます。でも、「指図に乗っかるのではなくて、自分の力を試してみたい。やりたいことをやってみたい」という衝動って、生物が本来持っている原始的な本能かもしれないのです。

大人になったあなたがイヤイヤ期に入るって、必然的に、周囲の、あなたに対する期待や希望である「あなたはこうあってほしい」というものと戦うことになることを意味します。

でも、この「戦い」も、ひとつの大事なコミュニケーションです。戦うことや、緊張関係を生むことも、周囲と理解し合うために必要だと思ってください。

この2019年上半期で、あなたに「周囲の人とトラブルを起こしてください」とか「いきなり扱いにくい人間になってください」と言っているわけではありません。

そうではなくて、「それをやる私はカッコイイのか?」をちゃんと自問自答してほしいのです。

これって別に、「すべての雑用はごめんだぜ」とかじゃないんです。

「みんなのために率先してお皿を片づける私はカッコイイ。こういう私、好き」と、自分に惚れ惚れしてほしいのです。雑用を頼まれて、ちゃんとこなす自分もきちんとカッコイイと感じることができます。

意外となんですけど「カッコイイ」と「カッコ悪い」っていう、自分の基準って、結構正確です。「カッコ悪いな、私」と思っているときって、自分の心になんらかの引っ掛かりがあるから、結構自分をごまかせない。

「やるならやる。やらないならやらない。その際、周りの人や世間に正解を求めない」

という姿勢が、この2019年上半期のあなたの際立って光っていく性質になります。

パンクな天秤座。

天秤座の面白いところって、実は正統派じゃなくて、パンクなところがなのです。退屈な音楽を聴いて、耐えて、考えて、そして、あるときちゃんと爆発する。「本当の心揺さぶる音楽を教えてやるよ」と言って、楽器を取る。

そう、あなたって、すぐに反抗するんじゃなくて、爆発を待ちます。

あなたは、自分がやりたいことをやっていくとき、ちゃんと反抗もするけど、ちゃんと実力によって周囲を納得させる結果を出していきます。

2019年に入るまで、あなたにはどこか縮こまっていたところがありました。

やるべきことはやっているんだけど、「私、こういうやり方をして自分勝手かな」と震えていたところがありました。でも、この2019年に入ってからは、「本当の音楽を聴かせてやるよ」「本当の仕事を見せてやるよ」「本当の表現を見せてやるよ」と、喧嘩腰で大丈夫です。だって、もうあなたは「本気」だから。

ここで言わせてください。

あなたは、おとなしくなってはダメです。

大人になるとは、「言われることに従順」な人になることではありません。

たまに、面倒くさい存在になっても良いのです。「いや、私はこうじゃないと嫌だね」って。

面倒くさいことに、何事もなかったように、自分の頭で考えないで「それで良いです」ってスルーするような姿勢を続けたら、表面的には平和な時間を過ごせます。でも、時々は牙を出さなきゃ。牙を研がなきゃ。牙を出して戦う意思のない人間は、もう戦えなくなっていっちゃうから。

仕事も、プライベートも、この2019年は「納得がいくまで戦うべき」です。

そして、「すごいカッコイイ人間」として認められていってください。ボロボロになりながらも、カッコ悪い姿をさらしながらも、前に向かっていこうとする人はカッコイイから。

バランスを見返す。

2019年の上半期は、あなたにとってバランスを見返していく時期になります。

自分への自信を少なく見積もってきた方は「いやいやいや、私だってこれくらいのことしてきたし」と言って、ちゃんと自分への自信を深めていくときですし、「自分の意見をなくして、少しいろいろな“正論”や“大人からの意見”に従いすぎた」と思った人は、自分のやり方を取り戻していくときです。そしてもうひとつ「2018年は遊びすぎた」という人は、自分の能力や奉仕活動を、社会や周りに対して還元していく流れになります。

ただ、どちらにせよ、2019年は「利益にならなくても、正論じゃなくても、自分にとって好きなことをする」という時間を大切にしてください。

たとえば、学生時代に文化祭の実行委員になった人って、放課後もその準備や会議をやらなければいけません。そんな面倒くさいことをやるぐらいなら、家でひとりでゲームをやったり、勉強をしたりするほうがよっぽど時間を有意義に使えるとも思えます。でも、苦しいことがあっても「何か、みんなのために文化祭を盛り上げたいんだよね」という気持ちでやってきた人って、文化祭当日のみんなの笑顔を忘れることができなくなります。そして「やってきて良かった」と思えるし、「笑う人もいたけど、やってきた自分ってちゃんとカッコイイ」って思えます。

感動を知った人って、次の感動を起こしたくなります。

あなたがこの2019年の上半期に起こしていくのって、感動なのです。

そのためにいろいろなことをやってきました。つまずいてもきました。余計な仕事もやってきました。

爆発してください。

自分がカッコイイと思えることをやって、続けて、力をつけて、「嫌だね」と言って、カッコ良くとがってください。

着実にやっていく。

いろいろと激しいことも伝えてきてしまったのですが、シンプルにあなたが今思っていることって

「どうせ生きるなら、後悔したくない」

という考えに戻っています。だから、前だったら疑問に思わなかったことにも、「まぁ、しょうがないよな」と思って流れに乗っていたことにも、ここで一度立ち止まって、「それは私の人生の貴重な時間を使って良い問題なのか?」と見返していくのです。

そのために「いろいろなことができる自分」から、「不器用でも、苦手でも、何に対して再び取り組んでいきたいか?」という問題に再び立ち向かおうとしています。

あなたが生きて、幸せに感じること。

それをまず人生の一番大きな柱にしてみてください。

それは別に「仕事が終わって、コンビニで甘いものを少しだけ買って、家に帰ってひとつつまむ時間が幸せ」とか、それぐらいで良いのです。

幸せを知らないで努力をすれば、いずれ、満腹感や充実感を覚えなくなります。

幸せって、時に「不正解」でも良いのです。他人から見て「何でそんなことが良いの?」と言われるものでも良いのです。

でも、真剣に自分の小さな幸せや、小さな満足感を追っている人って、必ずそこに「その人にしかない美学を持っている人の雰囲気」が生まれます。

もう一度、美学を追うあなたへ。

2019年上半期、あなたは美学と共に躍動していきます。

仕事運はどうなる?

温故知新。

2019年上半期の仕事面でのあなたのテーマは「懐かしいものに触れる」になります。この時期のあなたは仕事に対しても「ずっと続けてきたことを、そのまま継続してやる」という感覚ではなくなります。それよりも、「今から3年後を考えて、どういうかじ取りをしていくのがベストなのか」と、先の自分を見据え、それに沿った3年間の計画を立てていく感覚が強くなります。もし、可能でしたら、2019年に入ったら、自分にとって懐かしい人などに会ってみてください。そういう人に会う環境にない方は、母校など、昔自分がいた場所を訪れてください。なぜそういう「懐かしいもの」に会う必要があるのか? それは、昔の自分は、今の自分がこういう立場になることを予測できなかったからです。いろいろな縁があって、今の自分がいる。そして、これから先のあなたは「今」を原点にして、これから先のさまざまな縁や出会いを大切にしていく。そういう「今の、新しい原点」になるのがこの2019年の上半期です。「懐かしさ」を覚えるものはなんでも良い反応をもたらすので、時間を見つけて触れていってください。

恋愛運はどうなる?

キャラ変。

この2019年の上半期でのあなたの恋愛面のテーマは「キャラ変」になります。これって別に急にお化粧を変えたり、急に服装をイメチェンしたり、そういう過激なものではありません。それよりも、今の時期のあなたは精神的に変化していくことが大きくて、それは

「今の私は、もっといろいろなことから自由になっても良いんじゃないか」

という考えです。

もちろん、一気にいろいろなものから逃げるとか、すべてに対して無責任になるということではなくて、「嫌われないように」とか「大人としてちゃんとやっていることを見せるために」、つまり、周りの人を安心させるための振る舞い方や恰好を、そんなに頑張らなくて良いんじゃないかという考えが起こるのです。

そういう考えが起きてきたら、「普段自分が入らないファッションブランドのお店」に入ってみてください。そこで別に買わなくても良いです。そのお店に訪れるお客さんや店員さんの様子を見てみる。「こういう生き方も素敵かもな」と思う。

恋愛面では、そういう「変わってみても良いかな」と思って、内面的にも、外見的にも「月1回の土曜日だけ変化をつける」とか、そうやって変わってみると「さらにあなたの性質を変えていくような出会いや付き合い運」が増していきます。恋愛として発展する相手も「あなたのキャラを良い意味で壊してくれる人」になります。いっしょにいると「あ、私ってこんなこともできるんだ」と実感できる相手は、あなたにとって大事な存在になっていきます。

恋愛面におけるラッキーカラーは黄色やゴールドです。黄色に関しては大人がそんなに持つ色ではないから、ゴールドに近いもので大丈夫なのですが、これらふたつの色には「楽しいから、あり!」と後押ししてくれる、好奇心と子どもらしさのパワーがあります。「自分はこういう人間だ」と決めつけすぎず、時に「こういうのに心惹かれて、面白そうだからやってみよう」と自分を壊してくれる黄色とゴールドは、あなたの魅力の出ていない面を引き出してくれます。

月ごとのアドバイス

1
再生期間。
2
衝動が復活する。
3
自分を信じて、流れをつくる。
4
地道に組み立てていく。
5
ほんわかモード。
6
大きな決断。

★マークのついた⽉はラッキー⽉です。

January 1月

再生期間。

「再生期間」のベージュが出ています。この1月は緊急の用事などがある人以外は「ちょっとゆっくりめ」を意識してみてください。もちろん、受験生などは最後の大詰めがある時期なので頑張って! それ以外の天秤座の人は、この時期「自分にとって一番近くにあるものを大切にしていく」ような時期になります。たとえば、映画を観るなら新たに面白いものを観るのではなくて、昔観て衝撃を覚えた映画を「今の自分」として観るとか。2018年を通じても、天秤座って「先に進んでいくために、生きていくために、慣れていないことにもちゃんと向き合った。時には“自分らしくないこと”も進んでやった。それによっていろいろな経験をすることもできた」のですが、この1月は成長に伴って受けてきた傷を癒やす時期でもあるのです。だから、暖かい格好をして、温かいものを飲んで、「今の自分をつくってきてくれたもの」や「自分のそばにいてくれる友人たち」などを大切にする時期にしてください。

February 2月

衝動が復活する。

「衝動が復活する」のターコイズが出ています。2月に入ると、体調などが万全に戻っていき、「こういうことをしたい」とか「ああいうことをしたい」という、大きなものから小さなものまでの衝動が復活していきます。この2月におすすめなのが「3日おきぐらいに、3日間の目標をつくる」ということです。これ、1カ月とか1年の目標をつくっても良いのですが、そうすると、その目標が強くなりすぎたり、立派になりすぎたりして、かえって自分を縛りすぎてしまうことが起きちゃうから。だから、3日間ぐらいの目標だと「暇があったら公園まで散歩する」とか「そばにいる人にありがとうを言う」とか、そういう身近な目標が決められるのです。でも、この「身近な目標」こそが、2019年全般を通じて、あなたにとって大切になっていきますよ。壮大な目標よりも、毎日私は何をしたい人間でありたいか、何を感じていきたい人間でありたいか、そういうことがわかっていく時期。

March 3月

自分を信じて、流れをつくる。

「自分を信じて、流れをつくる」の白が出ています。天秤座はこの2019年を通じても「今までの自分とは違うやり方を試していく」ということが重要になるような年なのですが、この3月も「あ、もうこういうやり方でやっていく私、飽きたな。ちょっとこの会話は冒険してぶっこんでいこう」とか、そういう衝動や冒険心が起きるのです。結論としては、どんどん失敗しても構わないので、その衝動に乗ってください。天秤座って、潜在的に、自分自身に対して「同じような失敗をしてはいけない」と厳しくノルマを課しています。「同じ失敗をする人は、その失敗から学ぼうとしない、学習能力がない人」って思ってしまうからです。でも、この3月のあなたは一生懸命楽しみ、そして、一生懸命もがく時期です。「このままのやり方でやったら80点は取れる。でもあえてここは私の美学で失敗しても良いから100点を目指したい!」という衝動。そういう衝動を大切にしてみてください。

April 4月
4月のオーラ
おひつじ座

地道に組み立てていく。

「地道に組み立てていく」の青が出ています。この4月は上半期を通じても、あなたにとってひとつの転機になります。どうしてかと言うと、2018年からの流れなのですが、先月まで、あなたは「今までの自分のやり方を壊す。私は単なる歯車じゃない」と、自分の美学を取り戻していく周期にいました。そして、この4月はあなたなりの新しいスタートを、ますます発展させていくための大事な時期になります。ですから、基本的なことに聞こえるかもしれないのですが、「自分が愛着を込めてつくった仕事を、時間を、そして人間関係を、手を抜かないで愛して」ください。この時期はもう「壊す」時期ではありません。愛着を込めて「つくる」時期です。そして、できればこの時期に巡ってくる仕事や、約束事などは「できない」と決めつけないでほしいのです。新しいあなたのスタートを、みんなが楽しみにしています。あなた自身も新しいスタートを楽しんでいって。

May 5月
5月のオーラ
おひつじ座

ほんわかモード。

「ほんわかモード」のピンク色が出ています。この時期、強く「パートナーシップを結ぶ運」が強くなっています。出会ったばかりなのに「何かの芯を共有している」かのように錯覚する家族のように感じる人。そういう人や、「ここにずっといたいなぁ」と思えるような、刺激もあって、それでいて安心感も覚えられるものとの時間が増えていきます。そのために、この時期はできるだけピリピリしないで(勝負所ではピリピリすることは必要ですが)、ほんわかモードを持ってみてください。デパートのおもちゃコーナーに行くとか、絵本を読んでみるとか、動物園に行くとか。思わず「可愛い!」と声を発してしまうような時間を大事にしてみてください。24時間戦闘モードではいないほうが良いとき。この時期は結構素直になれたりします。

June 6月
6月のオーラ
おひつじ座

大きな決断。

「大きな決断」のオレンジ色が出ています。6月のあなたは大きな決断と縁があります。「今までの自分だったら、こういう選択肢すらも思いつかなかっただろうな」ということに対して、実際に巡り合ったりするのです。そして、この時期は決断することを恐れないこと。実力は蓄えてきました。あなたが「これから先、愛していきたい時間」が近づいてきています。「大変でも、やってみたい。愛していきたい」。それがこの時期のあなたにとって大切なキーワードになります。そういう気配をまったく感じない人は、「自分にとって特別な場所」を持って、それは自分のお部屋とか、よく顔を出すお店とか、そういう場所を愛して、育てる意識を持ってください。たとえば、よく行くお店に顔を出して、「いやぁ、このお店は本当に良いお店ですね。私このお店好きですよ」と言うのも、立派な愛の告白として記憶に刻印されます。そういう「私好きですよ」という台詞を多く使っていってください。

しいたけ.からの
魔法のメッセージ

あなたは、やろうと思えば自分ひとりでも生きていくことって多分可能なのです。自分のすべきことを考え、自分が責任を任された分野に関しては「ミッションを果たすかのように」取り組んでいける人だから。でもなぜか、この2019年上半期のあなたは「ちゃんと葛藤するほう」を選びます。人とぶつかり、「私はそういう人間じゃないんだ」と反発し、話し合いを大切にする。そういう、スマートにいかない、泥臭いことをこの時期はどうか尊んで、大切にしてみてください。その泥臭さや葛藤の中に必ずあなたの美学は磨かれていきます。あなたは強くなっています。そして、やさしくなっています。2019年上半期のあなたは一番近くにあるものを愛せるあなたになっていきます。