VOGUE GIRL LINE Twitter Facebook Pinterest Instagram mail
乙女座

乙女座のみなさんへ

こんにちは。しいたけ.です。11月の中盤が過ぎると、「そろそろ来年の上半期の占いが出ますね」とソワソワしながら言われることが段々と増えてきます。その瞬間、「あー、すごく大事なお仕事をやらせてもらっているな」といつも実感します。

僕にとっても、翌年の上半期の占いを書いてから、やっと年末を迎えられるという、ひとつの大切なライフスタイルになりました。

ただ、ゆっくりと部屋でお茶を飲みながら「来年の〇〇座はどうなるのかな」と、読んでくれる人のことを考えながら書く占いは、いつも楽しいです。

今年頑張った人、「今年は振り返るといろいろあったな」と思う人、「まだもうちょっと頑張れた」と思った人。もしよければこの上半期占いを読んで「なんとなくこういう流れになるんだな」とイメージをつかんでもらって、来年の自分について楽しく空想してみてください。

2018年11月某日 しいたけ.

2019年上半期、乙女座は
「遅れてやってきたチャンス。
すべてをモノにしていく。」

2019年上半期の
運勢は?

チャンス到来。

2019年上半期のあなたのオーラは「チャンス到来」を表す赤が出ていました。この2019年上半期にあなたに訪れるチャンスは、2重にも3重にも束ねられた重厚なものです。

オーラ
乙女座
  • ・2017年、2018年に至るまでコツコツやってきた準備が芽を出す
  • ・今まで取り損ねたチャンスを、2019年はモノにしていく
  • ・あなたの頑張りを見ていてくれている人が多い

とにかくこの時期はチャンスをモノにしていくために、あなたはいつも以上に活動的になるし、いつも以上に結果を残していきます。

では次に、あなたにとって「遅れてやってきたチャンス」ってどういうものなのかを詳しく見ていきたいと思います。

乙女座。森のリス活動。

「遅れてやってきたチャンス」は何を意味するのか。それを説明するために、急になんですが乙女座=森のリス活動という用語を説明したいと思います。

諸説あるのですが、「森は、リスが食べ残したドングリからつくられる」という話があります。

リスって、慎重で、そして食いしん坊だから、自分で集めたドングリを土の中に埋めて、でも、ちょっとおバカなところがあって(笑)、ドングリをどこに埋めたか忘れてしまう性質があるのです。リスが食べ残して土の中に植えたドングリが、やがて木になり、森を育てるという面があります。つまり、ドングリをどこに埋めたか忘れたリスは尊いのです。

乙女座って、そういうリス的なところがあって、自分で下ごしらえをして、自分でチャンスをつくっておきながら、そのチャンスをつかむ頃には「多忙のため、その場にいない」ということがあったりします。ですから、乙女座って人生の中で何回か「自分でつくったチャンスを他人に横取りされた」という、悔しい体験をした人も多いと思うのです。

言い方を変えると、あなたはごはんを炊く下ごしらえをして、お釜に火をかけるところまでやるのですが、ごはんが炊きあがる頃には多忙のため、その場からいなくなっています。そして、おいしく炊きあがったごはんを、ほかの人たちがガツガツとおいしそうに食べているという、残念なケースがあったりもしました。でも、あなたは森のリスですから、その活動自体が「みんなを育てる」ということにつながっていたのです。

でも、2019年上半期のあなたって、チャンスを広げるのと同時に、チャンスをきちんと絞ります。そして、ドングリ(=チャンス)をきちんと回収していくリスになるのです。

チャンスを回収していく。

2019年のあなたは「活動期」に入り、先ほどからお伝えしてきたように「残してきたチャンス」を回収していく時期になります。ですから、結構昔にあなたがやったことが感謝されたり、再び注目を集めたり、昔自分がやってそのままになっていた出来事を、「現在バージョン」にリニューアルして、もう一度やり始めたりもします。

そして、あなたが今年「巡ってきたチャンス」をモノにするために、お伝えしていきたいことがあります。

それは、「不安」を適切に扱うことなのです。

この「乙女座と不安の関係」ってすごく大事なところなので、行数を割いて説明していきたいのです。

乙女座と不安の関係。

乙女座には「ドングリをどこに埋めたか忘れちゃうリス」という点と、あと、やっぱり「慎重で心配性」という性質があったりします。ほかの人が「よし、もう大丈夫」と言って帰っちゃうところを、最後まで居残って「本当に抜けがないかな」と心配して、チェックをしているのがあなたなのです。

乙女座は不安によって動かされるところがあります。

だから、現状に満足や安心感をあまり覚えず、「私の今って、こういう部分は成長してきたから、こういうところも押さえておかなければいけない」と言って、ちゃんと穴埋めをするのです。いわば、「自分の好き嫌いとは関係なく、保険をかけておく」という性質です。

もちろん、その穴埋めとか、「ちゃんと未来に備えておく」という姿勢は大事なのです。

でも、この2019年上半期は「チャンスをモノにしていく」という周期になるから、「不安を穴埋めしていく」という作業はほどほどにしてほしいのです。

「保険をかけすぎるよりは、自分の得意分野や、やってみたいことを一点集中的に伸ばす」

という方針のほうがうまくいきます。手を広げることは大切なのですが、「ここも押さえておかないと不安だな」という理由で、つまり、「何かあったときのための保険にしておこう」という感覚で手を広げすぎないことが大切になります。

あなたは2018年までに「時間は有限である」という、かなり根本にある真実を痛感してきました。

だから、2019年は「ワクワクしたもの以外には付き合わない」という、時間配分がより一層重要になります。

ワクワクしたもの以外には付き合わない。

あなたがこの2019年上半期、チャンスと結果を手に入れていく代わりに、向き合わなければいけないのが「自分自身が変わる覚悟」になります。ちょっと今回乙女座の占いが熱い台詞ばかりで申し訳ないのですが、自分の能力とセンスを信じる覚悟が必要になってきます。

ちょっと極端なことを言います。

2019年、あなたはいろいろなチャンスと結果を手に入れていきます。

ですから、自分の気持ちに正直になって「ワクワクしない用事」に関しては、嘘をついて断る勇気も持ってください。もちろん、いきなり人間関係を断捨離して、いきなり全員をブロックする、着信拒否をしちゃうのはダメです。

そうじゃなくて、5回に1回、5回に2回は断るとか、そうやっていって、「15回に1回ぐらい顔を出すくらいの付き合い」をつくるイメージです。

どうしてこんなにひどいアドバイスをするのかというと、乙女座ってすごく不思議な第6感的な力がある人が多いからです。

それは、他人の気とか雰囲気を吸っちゃう力なのです。

だから、乙女座の人って、疲れている人を前にしたら、自分自身が「疲れている沼の中に身を投じ、その人と同じ立場になって」相談を受ける、アドバイスを伝えられる力があります。

その共感能力や人情深さは本当に素晴らしいのですが、無自覚に使い続けてしまうと、自分の身を削りすぎることになってしまうのです。

乙女座は世話好きの人が多いので、家庭教師を例にして説明します。いろいろなことに興味を持って社会生活にも参加して、勉強も熱心にやっている大学生がいたとします。その大学生は高校生の家庭教師になって、はじめて本領を発揮していきます。でも、乙女座って「高校生の家庭教師をしながら、同学年の学生から刺激を受けながら、さらに小学校低学年の全教科まで面倒を見よう」とします。

これは別に「小学校低学年をバカにする」という発言をしたいわけではありません。あなたが頑張りすぎて「小学生に教える人の仕事」を奪ってはいけないということ。そして、自分自身も含めて「人は、今置かれた場所で、自分で学んでいかなければいけない」ということを覚えておかなければいけないのです。それは少し冷徹ですが、「パッと何か手伝ってあげられそうだから」という理由ですぐに手を差し伸べてしまうようなところは、この上半期では注意したほうが良いかもしれません。

乙女座は「無力だった頃の自分」を強く覚えています。ですから、目の前に「無力」を感じる人がいると放っておけなくなります。それは本当に素敵なあなたの美徳のひとつです。でも、今期は、あなたの力はあなたと、そしてあなたと同じレベルの人に使っていかなければいけないのです。

自分のために祈る。

今期のあなたのミッション。それは自分のために祈ることです。僕が占いで会ってきた人の中で、首の後ろや後頭部がカチンコチンの人って「人から頼まれたことに何でもYesと言っちゃう人」とか「自己満足をする時間をそれほど取らず、すぐに他人に対して尽くしちゃう人」が多いです。そして、乙女座って、僕が会ってきた統計上、その部位がカチンコチンの人が多いです。

後頭部や首の後ろが異様に固くなったら、それは「自分に甘くすること」を忘れていると思ってください。「自分に厳しく、自分にクオリティの高い労働を強いて、他人に対して尽くしてしまうやさしさを持つ」。それは乙女座が持つ首の後ろや後頭部の固さの原因であったりするのです。

その対策として、自己満足をちゃんとすること。

「10個用事があったら、3個はうまくいかなくて良い」

と思うことです。そして、うまくいこうが、うまくいかないときがあろうが、自分が10までやってきたことに関しては「私って本当にえらいな」ときちんとジーンとしながら褒めてあげてください。

仕事運はどうなる?

チャンスは巡ってくるから7~8割で良い。

2019年上半期の仕事面でのあなたのテーマは「チャンスは巡ってくるから7~8割で良い」です。ちょっとこれだけでは何が何だかわからないと思いますから説明させてください。まず、乙女座のすごいところって、「調子が良かろうが、調子が悪かろうが、いろいろな物事をちゃんと進展させていくことにこだわる」ところです。「はい、次!」ってバサーッて次の仕事に向かっていく。だからこそ、あなたがそういう「仕事を次々に片づけていく状態」のときって、多少頭が興奮状態になって、アドレナリンが出ています。だから「今の自分は調子が良いのか、調子が悪いのかわからない。でも、とにかくハイになってやりきらなければいけない。楽しい!」というモードになったりします。そして、この2019年の上半期は、ただでさえあなたを巡る運が強運になります。だからこそ「休むのも仕事」だと思ってほしいのです。「全部をこなす」のではなくて、2~3割サボる部分、空白の部分も大切にしてほしいのです。2019年、放っておいても運が巡ってきます。だから、感じよく、「ありがとうございます」と絶えず謙虚な姿勢を持っておいてください。初心忘るべからず。

恋愛運はどうなる?

きちんと報酬を求める。

2019年上半期の恋愛面でのあなたのテーマは「きちんと報酬を求める」になります。ずいぶんビジネスライクな表現になってしまったのですが、この2019年上半期は恋愛に対しても「チャンスや結果が巡ってくる」という周期になります。それをきちんと得るためにお伝えしたいことがあって、そもそも乙女座は「あるひとつのセンスはすさまじくあるけど、ほかは何もできない」という人にすごく強い縁があります。そういう人を前にすると「あなたは自分の得意分野を伸ばして! ほかは全部私が支えるから!」と、名マネージャー役を引き受けるのです。そこまでは美談なのですが、この上半期に関しては「私はあなたに対してこういう手伝いができる。だから、私はあなたからこういう助けがほしい」と、ギブ&テイクの関係をきちんと成立させていってほしいのです。恋愛面で「いつか私のありがたさをわかってくれて、いつか返してくれたら良い」というロマンティックな方向に流れすぎないでください。報酬や愛情のお返しをきちんとその場で求める。それを伝えないと、あなた自身が自分の力をきちんと評価していないことになっちゃうから。「私はあなたに〇〇してほしい。そしたらすごくうれしい」と言って、お互いに「ありがとう」と言い合える仲へ。恋愛面でのラッキーカラーは白やシルバーです。これは、メイクのラメなどキラキラしているものでも良いし、小物でも大丈夫です。白やシルバーは「今日ちゃんとその人と向き合ったら、今日の終わりにはそのことを振り返ってメソメソしない」と、ネガティブなものを振り払い、自分を信じていく力を後押ししてくれるから。

月ごとのアドバイス

1
チャンスに手が届く。
2
整理整頓。ミニマム思考。
3
多少面倒くさいことが吉。
4
完成させていく。こだわりを持つ。
5
新しい出会い。
6
きれいなモノに惹かれていく時間。

★マークのついた⽉はラッキー⽉です。

January 1月

チャンスに手が届く。

「チャンスに手が届く」のネイビーが出ています。この1月のあなたは「攻め」の姿勢にいます。どの人にも「こうあったら良いなぁ」という、「頑張ったらもしかしたらこういう理想の姿になれるかもしれない」という願望があります。そして、この1月って、あなたがその夢とか願望に対して確実に1歩も2歩も前に進んでいくときでもあるのです。そして、乙女座の人は夢や願望に対して近づいていくと、プレッシャーを強く感じすぎてしまうことがあります。これは、ほかの月でもテーマになってくるのですが「自分がやりたいことや、目指していきたいものが増えたら、それと同じようにいらないものをひとつ減らすこと」を検討してみてください。「全部に対してちゃんとやらなきゃ」と思う気持ちが、あなたを追い詰めます。「そこまで気を張らない用事に関しては、着ていく普段着を決めちゃう」など、そうやって選択をしていく回数を減らしていってしまってください。

February 2月

整理整頓。ミニマム思考。

「整理整頓」の水色が出ています。この2019年上半期ってかなりの強運&追い風の時期になっていくから、そのためにこの2月ぐらいで「いろいろなものや思考を整理整頓していく」のがおすすめになります。この2月は「目先のお金や成果」にこだわるよりも「今後自分がやっていきたいこと」に対して時間をかけていくような時間になります。「未来への投資」をしていくのです。今、十分に育っていなくても、未来のためにいろいろな時間やお金、そして労力を投資していくとき。そして、1月に続いてこの時期は「断捨離」がテーマになります。ベストセラーになった近藤麻理恵さんの『人生がときめく片づけの魔法』(サンマーク出版、2010年)の中に「トキメキを覚えなくなったものは捨てる」というような記述があるのですが、この時期のあなたは「この人に会える!」がトキメくか、トキメかないかで、整理していって良いです。「すべてに対してトキメかない」と思ったら、「もうこれは惰性でやっているな」というモノや仕事や思考を、ひとつずつ捨てていくときです。この時期の思考とモノの整理整頓は、今年1年を見通していく上でもすごく大事になります。

March 3月

多少面倒くさいことが吉。

「いろいろな物事が進展する」の茶色が出ています。この3月のあなたって「こうあったら良いなぁ」と今まで願ってきた複数の物事がかなり力強く進行していきます。予測した以上の進行があって、バタバタする人も出てきます。そして、この時期、頭の片隅に置いておいてほしいことがあって、それは「面倒くさいことが吉」ということです。というのは、今のあなたがやっていることって「設計図」とか「基盤」の部分をつくることなのです。「これをつくって、どういう形にしていきたいか。私は社会の中でどのようなことをするために今これをやっているのか」など、そういう基本コンセプトを練って、たたき台をつくっていっているときなのです。そういうときって、スムーズにいかないのが当たり前なので、どうか先を焦りすぎずに、「頑張るときは頑張る。OFFのときは仕事のことはすべて忘れて休む」などのメリハリが必要になります。健康面や肉体面のメンテナンスもお忘れなく。用事を詰め込みすぎずに、レベルが同等、レベルが上のものと付き合っていく気持ちも大事に。

April 4月
4月のオーラ
おひつじ座

完成させていく。こだわりを持つ。

「完成させていく。こだわりを持つ」のシルバーが出ています。この4月もあなたのスピード感はすごくて、「より細かい作業や、全体のチェックをしながら、時速200㎞ぐらいで走っている」状態が続いていきます。この時期について特筆すべきことって、あなた自身が物事に美学やこだわりを持てば持つほど、「自分と同じように、プロとしてのこだわりや美学を持つ人」を引き寄せやすくなるということです。仕事方面でも「友達になって何時間でも喋れる」くらいの人と引き合いやすいです。ですので、この時期は自分だけの時間も大切なのですが、あまり引きこもらずに外に出て会合などに参加していきましょう。話のネタとして「最近ハマっていること」や「最近好きでやってしまうこと」「時間を取ってやりたいこと」などを用意して、そういう自分の私的世界の発表をしていってください。相手の趣味や、どうしてもやってしまうことなどを聞いていっても良いです。美術館や、文学、映画やミュージカルなど、感性が刺激を受けるものを観に行くのもおすすめです。

May 5月
5月のオーラ
おひつじ座

新しい出会い。

「新しい出会い」の緑色が出ています。この時期のあなたは「新しい出会い」に恵まれます。出会い運が強いときって、普段だったらすれ違ったり、「また今度ね」と言い合って次の約束をしないということが多かったとしても、「またぜひ近いうちに会ってお話したいですね」という展開になりやすかったりします。この出会い運を良いものにしていくためのアドバイスがあって、それは人と会う時間以外に、景色などを眺めて「美しいなぁ」とつぶやく時間を持ってほしいのです。新緑の葉っぱが生い茂っているのを見て「美しいなぁ」とつぶやいたり、ラテアートを見て「美しいなぁ」とつぶやいたり。2019年のあなたって、忙しさの中に「心の平穏」や「静寂」が必要だったりします。いつもバタバタしていると、人と会うときも「バタバタした状態で対処する」ことになりかねないから、ゆっくり、静寂モードを普段から意識してつくりあげておいてください。

June 6月
6月のオーラ
おひつじ座

きれいなモノに惹かれていく時間。

「きれいなモノに惹かれていく時間」のエメラルドが出ています。乙女座って、「きれいなモノやきれいな人、そしてきれいな景色」に触れないで、現実的な問題ばかりに対処していると、いつの間にか心が荒んでいきます。あなたは、心が荒んでも、特に外見に変化が出るわけではありません。でも、どこか対人関係がギクシャクし出したり、「自分ではそんなつもりがなかった」と思っても、強烈な一言を相手に言い放って、相手が傷ついてしまうようなことが起きたりします。この6月、あなたは「きれいなものに触れる時間」を大切にしてみてください。「この問題が片づいたら!」と、現実問題の対処だけに自分の時間を割くのではなくて、サンドイッチをつくって外ごはんをしたり、映画を観に行ったり、ミュージカルを観たり、美術館に行ったり。そういう「SNSを切って、自分だけや少人数で楽しむ時間」は心の健康のためにも特に必要になります。現実生活の問題は多少「先延ばし」でも「現状維持」でも大丈夫ですので、たまの静養を。そして「あー、こんなきれいなものがこの世にあったのか」とか、はじめに100%そう感じなくてもつぶやいてみてください。

しいたけ.からの
魔法のメッセージ

乙女座がほかの星座と比べてすごいところって「調子が良かろうが、調子が悪かろうが、周囲に見せるパフォーマンスはそんなに変わらない」というところ。つまり、泣き言は裏で言って、表側ではプロフェッショナルを通す頑強さがあります。でも、この2019年上半期って、時代や時間があなたの味方をしていくから、だからこそ、そのあなた特有の頑強さや強靭さに頼りすぎないようにしてください。「ちゃんとセンチメンタルな時間を持つ」。それをひとつの目標に。映画を観て泣いたり、オチがない話をダラダラ喋ったり。「無駄な時間」の中に、明日の英気を養う養分があるから! あなたの味方は多いです。この上半期をあなたにしかない時間にしていってください!