VOGUE GIRL LINE Twitter Facebook Pinterest Instagram mail
牡牛座

牡牛座のみなさんへ

こんにちは。しいたけ.です。11月の中盤が過ぎると、「そろそろ来年の上半期の占いが出ますね」とソワソワしながら言われることが段々と増えてきます。その瞬間、「あー、すごく大事なお仕事をやらせてもらっているな」といつも実感します。

僕にとっても、翌年の上半期の占いを書いてから、やっと年末を迎えられるという、ひとつの大切なライフスタイルになりました。

ただ、ゆっくりと部屋でお茶を飲みながら「来年の〇〇座はどうなるのかな」と、読んでくれる人のことを考えながら書く占いは、いつも楽しいです。

今年頑張った人、「今年は振り返るといろいろあったな」と思う人、「まだもうちょっと頑張れた」と思った人。もしよければこの上半期占いを読んで「なんとなくこういう流れになるんだな」とイメージをつかんでもらって、来年の自分について楽しく空想してみてください。

2018年11月某日 しいたけ.

2019年上半期、牡牛座は
「Lifestyleの大きな変化。
ゼロからいろいろ始めていく。」

2019年上半期の
運勢は?

Lifestyleの大きな変化。

2019年上半期のあなたのオーラは「大規模な地盤の変化」を表す茶色が出ています。あなたにとって2019年上半期は「ゼロからのスタート」と「仕切り直して、再スタート」を切っていく時期になります。

オーラ
牡牛座

ここで大事なのが、牡牛座ってすごく「継続」と縁があるということ。一度自分が始めたことを、定期的に見直して、自分で反省をして、改良をしていく作業を辛抱強く行っていくのです。

だからこそ、あなたにとって「ゼロからのスタート」はすごく新鮮なものになるし、この2019年はとてもエキサイティングなものになっていきますよ。新しいあなたにどういうことが起きていくのか。それを一緒に見ていきましょう。

牡牛座、
「子ども時代に見ていた風景」
とともにある人。

2019年は、あなたにとって「ゼロ」という言葉がひとつの大きなキーワードになります。

この2019年上半期において、あなたは衣食住などの生活、そしてお仕事のやり方など、さまざまなスタイルをかなり根本的に整理し、変化させていきます。

まず、あなたにとって「変化」とはどういうことなのかについて説明していきたいと思います。

あなたの世界観って「小さい頃に見た、懐かしい世界」にかなり深く影響を受けているのです。たとえばなんですけど、牡牛座って「最新のオムライス」とか「オシャレなカフェ」を受け入れることはできるのですが、そういう生活をしばらく続けていくと「懐かしい喫茶店に行って、昔ながらのオムライスを食べたいなぁ」と願うことがあります。

あなたは「まだ自分が子どもだった頃に、目を輝かせて見ていた商店街などの世界」がとても心に残っている人なのです。

牡牛座の人って、大人になったときにすごく違和感を覚えます。大人として自分も振る舞うことができるし、周りにいる人から大人として扱われているんだけど、でも、それって「自分が演じている一部」という認識があるのです。

だから、あなたは好きになった人、親友や恋人になるような人に対して、必ず「子どもの頃に好きだった映画」や「子どもの頃に好きで、よく行っていた特別な場所」を紹介します。それだけ、「子どもの頃に見ていた風景」は、あなたにとって何にも代えがたい、神聖なものだからです。

つまり、あなたは「結びつきが強いふるさと」がある人なのです。大人になった牡牛座って急に髪色を変化させたり、急に旅に出てしまったり、ある程度過激な行動を取ることができます。どうしてかというと、「子どものまま大きくなった人」だからです。だから、「大人になる」ってどういうことなのか、意識の上でよくわからないところがあったりします。

大人になった自分を発見する。

でも、2019年の始めに、あなたは大きな発見をします。

それは、「大人になった自分」を発見するのです。

これは本当に「急な目覚め」のような感じで、早い人は2018年の後半ぐらいから「あ、私もう大人だ!」って突然発見するような感覚を覚えます。

「子ども時代に強烈な思い出と居場所を残している」牡牛座だからこそ、自分が大人と呼ばれるような年齢になっても、自分にとってその大人像が「仮に演じている姿」に思えたりするのです。自分の本体は部屋に置いてあるぬいぐるみとか、昔から好きなキャラクターや音楽の中にあって、「大人」として演じている姿は、どこかフワフワした夢の中のような感覚があるのです。

でも、あなたは「あ、私大人だ!」と突然目覚める。

どうしてかというと、それは「自分の生活を、自分の力で本格的に組み立てたい」という気持ちが、今までにないぐらいに強くなってきているからなのです。

もちろん、あなたから特別な「子どものままの心」は失われません。でも、いつまでも子どもでいることに対して窮屈さも感じ始めたのです。

あなたが今やりたいこと。

それは

大人になって、自分で頑張って、自分の衣食住や働き方などを、本格的に、自分好みに変化させていきたい。毎日帰るのが楽しみになるような部屋を、少しずつ自分で家具を揃えたり、DIYなども少しやってみたりして、「大人としての私」が住むのにふさわしい場所を用意していきたい。

そういう、新しい取り組みや構築作業みたいなことを、この2019年上半期であなたは強く、突き動かされるかのようにやっていくのです。

ゼロから徐々に揃えていく感じで。

「自分でまたゼロからいろいろなものを見直して、そしてつくってみたい。もし、私が求めるものが、売ってなかったり、誰も持っていなかったりしたら、それを自分でつくっていってしまおう」

と、2019年上半期、あなたは「全部DIYしていく」ような勢いで人生を再スタートさせていきます。

ですから、ここであなたにお伝えしたいのが、この時期はもう「心がワクワクしないもの」に対して用はないと思ってほしいのです。

もちろん、急に会社を辞めてハワイに移住するとか、いきなりそういうことはできないと思います。

そうではなくて、「これ、せっかく買ったものだしなぁ」と思って取っておいているものとかは、捨てちゃう。どうしてかというと、たまには使うかもしれないけど、それを持っていて「ワクワクすること」ってなかなか起こらないからです。

それよりも、あなたは今「ゼロから」というものにすごく深く縁があるから、ワクワクするものをゼロから徐々に揃えていくイメージを持ってみてください。

2019年上半期の開運行動、部屋の模様替え。

そこで、あなたにぜひおすすめしたいのが「部屋の模様替え」です。

できれば自分で部屋のコンセプトを決めてほしいのです。「南欧風」とか「南国風」、それとも「子どもの頃古民家に憧れた私が、大人になってつくっていく古民家2019」とか。家具やインテリアはお金がかかるものであるから、少しずつで良いです。少しずつ、つくったり、買ってみたりして、「毎日ワクワクしながら帰るお家」をつくっていってください。

ここで疑問に思われた方もいると思うのですが、なぜ牡牛座は「毎日ワクワクしながら帰るお家」が大事になるのか。

それは牡牛座ほど「基盤」、つまり衣食住の基本を大事にする人たちもそれほどいないからです。

牡牛座って、小手先の変化ができない人なのです。あと、口先の約束が嫌いです。「できない約束はするな。やるっていったら絶対にやれよ」と自分にも他人にも突きつけたりします。

だから、あなたが働き方とか、外見とか、ファッションを変えようと思うときって、その根本である「自分がごはんを食べて、寝て、起きるところ」が“いつも通り”だと、そういう外側の変化って起きようがないのです。

極端な話、あなたがこの時期に「部屋をハワイアンにする」としたら、仕事で出会う人たちも「ハワイ風」の人が多くなっていきます。牡牛座ってそれだけ「自分の部屋にある風景」からいろいろなものを吸収していきます。

お家丸ごとは無理でも、自分の部屋の片隅をまるで別荘かのように、好きなように改造していってしまいましょう。

          

脱努力の時期。

もうひとつ、今のあなたにお伝えしたいことがあります。

この2019年上半期には、今まであなたにとってちょっと頭が痛かった問題が自然に解決されていき、「スッキリする」機会が多くなります。

どうしてかというと、あなたは

「ひとりで、引きこもる形で、誰の助けも期待しない。自分だけが努力する」

という過剰なひとり努力から、距離を取り始めるからなのです。

牡牛座って、集中すればするほど「わかってもらえない」という壁が強くなります。

でも、この上半期においては「言わないと、伝えないと、始まらない」と思ってほしいのです。

「多分伝えても無理だろうな」という前提があっても良いです。その上で伝えてみてください。

勇気を持って。

子どもだったあなたにとって、「相手に断られる」とか「相手に迷惑をかける」ってすごく怖いことでした。でも、今の大人になったあなただったら、断られても「じゃあここまでならお願いできるかな」とか「じゃあ、今回は私がやるね。次回はよろしく」と、会話や約束を継続していくことができるからです。

この2019年上半期を終えたとき、あなたは「何か、ずいぶんと丸くなって親しみやすくなった。気軽にいろいろ言うことができる」と周りから言われるはずです。

そのためにも

「毎日ワクワクしながら帰るお家をつくる」

をやっていってください。今期はDIY人間で!

仕事運はどうなる?

とりあえず話しかけてみちゃう。

2019年上半期の仕事面でのあなたのテーマは「とりあえず話しかけてみちゃう」です。ここまでもお伝えしてきたように、牡牛座は「ひとりの努力」が得意な人でもあるのです。でも、この2019年は「自分の現状を伝えていくこと」によって、運が開けていきます。たとえば、あなたが昨日まで英語を知らなくて、基礎から英語を学ぼうとするなら、ひとりでコツコツやるのではなくて「英語を喋れる人と直接会話ができるレッスン」を選ぶのがおすすめです。仕事面に関しても「ある程度自分の中で納得いく準備ができてから周囲に話しかける」というよりは、準備ができていない状態でも「こういうことをしていきたい」とか、そういう話しかけ方が良いのです。また、この時期の仕事運は「取引先のあの人は仕事とは関係なく、面白そうな人だな。あの人とは趣味が合いそうな気がするから今度誘ってみよう」とか、ピンときたことを、仕事とは関係なく調査をしてみたり、気になる人に話しかけてみたりすることがとても大事になります。

恋愛運はどうなる?

お互いに喧嘩もできる人。

2019年上半期の恋愛面でのあなたのテーマは「人と一緒にいて、見る景色が変わってくる」です。この上半期は、自分の未来について積極的に投資するとか、チャレンジしていくときなのです。ですから、いつもだったら控えめのあなたも「いや、もっとこうしたい」など、自分の意見を積極的に前に出していく時期になるのです。そして、あなたはこの上半期に「良い意味で一緒に喧嘩もできる人」「この人と一緒にいると、私が見る景色が変わっていく」という人と深い縁ができていきます。「喧嘩」と言ったのは、気が合わない相手と結びつくということではなくて、恋愛面においては、あなたが「自分の巣」に帰らないことを意味します。牡牛座って、「気が合わない」と思ったらサッと自分の巣に帰ってしまうところがあります。そうではなくて、そこは辛抱強く。そして、喧嘩も時にはして良いのです。相手には相手の価値観やポリシー、そして、やり方があって、それらはあなたにもある。そういう価値観をぶつけ合いながらお互いに成長していくことにすごく大きな意味があるのです。恋愛面におけるラッキーカラーは茶色です。これは、「上質な、大人の茶色」をイメージしてください。「まだこの歳では似合わないかもしれないけど、大人感のあるこの茶色を身につけて、少し背伸びもしてみて、魅力的な人になりたい」という願いは叶っていくから。

月ごとのアドバイス

1
スロースタートでも良い。
2
爪痕や結果を残していく。
3
こだわりが評価される。
4
きちんと時間をかける。
5
美意識の復活。
6
レベルが上がって、問題が解決される。

★マークのついた⽉はラッキー⽉です。

January 1月

スロースタートでも良い。

「スロースタート」を表す青が出ています。新年の1月が始まったときのあなたの心境って「今年は焦ってスピードアップしていったほうが良いのか、それとも、多少ゆっくりになっても、自分が納得いくまでやっていったほうが良いのかわからない」という葛藤にまず出合います。牡牛座って、「感覚的に、いろいろなことをシミュレーションしたい人」でもあります。でも、この1月は多少スロースタートでも大丈夫です。2019年は「コミュニケーション運」や「協力運」のようなものがものすごく拡大していきます。ですから、この1月から「伝える」ということを意識しておいてください。「今年から〇〇の分野でより一層成長していきたいと思います。また、楽しみたいと思います。いろいろお世話になるかと思いますが、どうぞよろしくお願いします」など、一年の始まりの挨拶もしておいたほうが良いです。その挨拶の際には、「やっていきたいこと」「伸ばしていきたいこと」「抱負」などについて、どれかひとつで良いので触れてみてください。「今年もよろしく」だけで終わりにしないで、自分の思いも伝えていきましょう。

February 2月

爪痕や結果を残していく。

「爪痕や結果を残していく」のシルバーが出ています。この2月のあなたは良い意味でも、悪い意味でも「絶好調の戦闘モード」になります。爪痕(つめあと)や結果を残していくために鬼になるような感じです。牡牛座が戦闘モードになると本当に怖いところがあって、「真剣勝負でお互いやってるんだから、容赦はしない」と思って本気のドツキ合いをしたくなります。相手が逃げることを許さなくなるのです。そこまではいかないように注意をしながら、でも、「私はこう思うんですけど」と、自分の意見を伝えていくことが大切になります。意識したいのが、この時期のあなたは「他人と議論をしたり、会話をしたりして、自分の意見をアウトプットしていくうちに、自分の考えがまとまっていく」ということです。この時期のあなたは「私、面倒くさいなぁ」と思っても良いです。それだけしつこく、前に出ていくとき。そして、この時期は結果を残していけます。だから、弱気にならないで! 前にだけ道があるから、やり尽くして!

March 3月

こだわりが評価される。

「こだわりが評価される」の茶色が出ています。2019年上半期のひとつの特徴になるのですが、「ONの時間は積極的に他人に自分の意見を言って、そして、OFFの時間は周りとはちょっと距離を取って、自分のこだわりを追求していく」と、かなりONとOFFがはっきり分けられた生活を追求していくことになります。どういうことかというと、「周りの人はそうは思わないかもしれないけど、私はこのやり方が面白くなると思う」など、そういう、自分なりの仮説を推し進めていくときなのです。たとえば、あなたが何かの発表やプレゼンをするときは、「教科書に書いてあるように、きれいにデータをまとめる」よりも、「自分にしか追求できなかったこだわりや、愛を持って、物事を語る」ほうが、他人からの評価も上がります。また、この時期にインテリアを変えることに着手しても面白いです。もし、部屋全体が難しい場合は玄関やお風呂などに、「東南アジアのリゾート風の写真や置き物を置いてみる」とか、そういうことをやってみてください。

April 4月
4月のオーラ
おひつじ座

きちんと時間をかける。

「きちんと時間をかける」の黒が出ています。この4月は「すぐに結果を出すことを意識する」よりは、「遠回りをしてでも、自分だけが持っているこだわりを前に出す」ほうが評価されます。牡牛座の人って、社会で生きていくために「周囲の空気を読んで、模範的に振る舞う」ことがあります。波風を立てて、変な個性を出して目立つのを嫌がるからです。でも、この2019年って、あなたにとって「新しい舞台」をゼロからつくっていくときでもあります。ですから、あなたのほうから「私の伝えたいことを伝えてみて、それであんまり良いリアクションがなかったら、私のほうから距離を取って良い」とか、付き合っていく人を選別していくような姿勢があるぐらいでちょうど良いのです。この時期も「理解者」が出てきます。「私さ、モンブランだったらあのお店が最高だと思う。マロンクリームが違うのよ」とか、そういうあなたのこだわりや美の世界をどんどん紹介していってください。

May 5月
5月のオーラ
おひつじ座

美意識の復活。

「美意識の復活」を表すゴールドが出ています。この5月、あなたは最高潮に輝いていきます。牡牛座は、いろいろな準備をして、自分なりに突き詰め、いろいろなことを自分が納得できるまでやっていったとき、自分にしかない「美しさ」を表現していくことができます。たとえば「あの人、可愛いよね」と言われる人って、褒められてはいるんだけど、場合によってはちょっと下に見られていることもあったりします。でも「あの人、美しいよね」と評価される人って、決して「扱いやすい人」ではないはずなのです。面倒くささも持ちつつも、「あの人には敵わない」と、その人にしかない「絶対的なもの」を評価される。あなたはこの時期に「美しい人」になります。だから、妥協を許さないこと。イメージとして、あなたが想像する「フランス人みたい」になってみてください。自分の意見をハッキリ言って、OFFはラフな格好をしたり、少しブラックなジョークを言ったり、そして、美に対する姿勢は面倒くさいほど強いといった具合に。他人にとって、扱いやすいだけの人間にならないこと。

June 6月
6月のオーラ
おひつじ座

レベルが上がって、問題が解決される。

「問題が解決されていく」のエメラルドが出ています。2019年上半期は、あなたがこれまで抱えてきたいろいろな「あー、どうしようかなぁ」と思っていた問題が自然とスッキリ解決されていきます。そして、この6月は「積極的にいろいろな問題を解決していく」のにすごく適した時期になります。問題解決にすごく効果のある魔法の言葉を紹介します。それは「スピードアップ!」です。何かに取りかかるときに、この言葉を口にしてみてください。牡牛座って、自分と深く関わる問題に対しては「じっくりと、納得いくまで取り組み、完璧な答えを出そうとする傾向」があります。でも、この時期のあなたは「とりあえずこうやってみた!」とか「とりあえずこう伝えてみた!」で十分なのです。また、この時期に疲れが溜まった人は、行ってみたかった旅先に行ってみるのがとても良いです。体も心もきれいなものに触れてスッキリしていきたいです。

しいたけ.からの
魔法のメッセージ

2019年上半期において、あなたは「あ、私、大人になったんだ!」と、急激に目覚めます。それって、歳を取ったとか、そういう寂しい意識ではなくて「あ、私って思ったよりも自分でいろいろできるんだ。やっていきたい!」という自覚です。子どもの頃って、いろいろと楽しい遊びをしたり、きれいな景色をずっと眺めていたりすることもできたけど、「全部を自分のしたいようにできる」わけではありませんでした。でも、あなたが大人になったとき、「この部分は私の好きなようにやってやろう」と、自分で動いて、自分の好きなアレンジや工夫を加えていくことができます。毎日を、冒険へ。2019年上半期のあなたは、周りの人も巻き込んで、あなたにしかできない楽しい世界をつくっていくことができます。新年は、夢見る大人へ!