本文へジャンプ

ナビへジャンプ

獅子座

獅子座のみなさんへ

みなさん、こんにちは。しいたけです。

気づけば1年に2回、「自分が培ってきたことをすべて書き連ね、伝える」という上半期・下半期占いの執筆が、僕の生活の中で大切な儀式として定着してきました。

下半期占いを書いていると「これから年末に向かっていくのか」と思いを馳せるし、上半期占いを書いていると「新しい1年が始まるのか」としみじみと感じます。

今回、2018年の下半期占いを書いていて思ったことは、この時期は「強いと思われていた人たちが、弱さを出す」という特徴が際立っていました。

「弱さを出す」って悪いことではなくて、自己完結とか、ストイックに自分の能力を高めるとか、もっと言うと「弱点がないみたいに権勢を誇っていた人」がやっぱりどうしてもボロを出していく流れがあったのです。だから、ボロが出る前に自分からボロを出して、勇気を出して甘えてみようとするって大事になるんじゃないかと思いました。

詳しくは各星座をお読みください。今回もきちんと心を込めて書きました。最後まで楽しんで読んでいただけましたら幸いです。

2018年6月。しいたけより。

2018年下半期、獅子座は
「脱ツンデレ。
愛情と友情と交流が盛んになる」

2018年下半期の
運勢は?

ドアを開け、外に出る。

2018年下半期のあなたのオーラは「ドアを開け、外に出る」という森の色が出ています。この下半期のあなたは「交流」がとても大きなメインテーマになります。

オーラ
獅子座

獅子座の性格は「準備と対策。そして挑戦」という言葉で表されます。この言葉の意味についてはまた後ほど時間をかけて説明していきたいのですが、あなたの実際のイメージも「みんなと一緒になってワイワイする」というものよりは、どこか「誇りある孤独」を選んだり、ひとりで自分のミッションに当たっていったり、「みんなを盛り上げた後」にひとりでスッと帰路についたりします。

「みんなの中心になることもあるし、先頭に立って引っ張ることもある」。でも、どこかでクールさを保ち、ひとりになることもいとわないという独特の温度感が獅子座にはあります。心の熱さをやたらめったら外に出すわけではなくて、クールに自分の任務を遂行していくという性質が獅子座にはあります。

「ホットのときはとことんホット。クールなときはとことんクール」

そういう性質を獅子座はもともと持っているのですが、2018年に入ってからのあなたは違います。熱くなりすぎず、そして冷たくなりすぎず、ちょうど良い温度でいろいろな人やいろいろな世界と交流をしていく。その動きが下半期になってさらに強まっていきます。

獅子座=ツンデレ。

2018年下半期の獅子座のテーマとして「自分の壁をなくし、直感のまま交流する」というものがあります。このことを説明する前に、あなたの「壁」について説明していきたいと思います。

獅子座って本当に不思議な性質で、いわゆる究極にツンデレの人です。「よ、喜んでなんていないんだからね!」と言っているときがとてもうれしいときで、これはもうみんなにも伝わっていると思います。

もう少し詳しく獅子座のツンデレについて説明したいのですが、あなたは「嫌いなもの」に関してはハッキリと顔や態度に表します。「そういうの、本当に無理なんですけど」「は? それは喧嘩を売られたと受け取ってよろしいのでしょうか?」など、嫌いなものには絶対に屈服しないで最後まで戦い通す性質があります。でも、あなたが何かをまたは誰かを好きになったときに最初にする行動が「好きという気持ちを周囲からも、そして自分からも隠す」ということなのです。

猫がお気に入りのおもちゃを誰にもバレないように隠すように、あなたには「好きになったもの」をそっと巣に持って帰って隠すような習性があります。獅子座は猫のようなところがあり、自分が好きなものを外部にばらしたくないという、特殊な羞恥心があります。嫌いなものや苦手なものの話では盛り上がるけど、「じゃああなたの好きな人ってどういう人なの?」と言われると「いや、私の話はいいよ。それよりさ」と急にかわして話題をそらしたりもします。

あなたが自分が好きなものに対して情報を開示するって本当によっぽどのことだと思うし、あなたがボソッと「実は私、そぼろごはんが好きなんだ」って告白する相手って、相当信用して、「同志」だと思った人だけです。

ですから、あなたはツンデレの猫のままで良いので、同時に「私はかわいさがある猫である」ということを周囲に向かってアピールしてみてもらいたいのです。

この猫ミッションについて詳しく説明していきます。

心を許し、自分を見せる。

「みんなの中にいても、自分ひとりでやるべきミッションを考えている」「仲良くなった人にも、礼儀として全部の自分を見せない」「独特の羞恥心がある」という意味で、群れないあなたは猫っぽいところがあります。

でも、2018年の下半期においてあなたは「壁を壊し、外に出てくる」という流れがとても強くなるので、「単独行動」をベースに行動をしていくと疲れが結構溜まってしまったりします。

ここでひとつの設問を設けたいのですが、人同士が「あ、ちょっとこの人と今心が通じ合ったな」と強く感じる場面ってどういうときでしょうか?

もちろんその答えはひとつだけではなく、複数あります。

でも、ひとつそれを言うならば「あ、この人、こういうの弱いんだ」と感じて、さらにその姿が「可愛い」と感じられたときです。ここ大事なのでノートに書いてくださいね。

どういうことかと言うと、普段すごく仕事をバリバリやっている人が「いや、僕、辛いもの一切無理なんです。カレーは子ども用を食べます。辛いと泣いちゃうんです」と言ったら、多くの場面で「え、この人、可愛いな」と思われることが多いのです。

そう、人がその人に対して、パーソナルな部分で強い共感を覚えるのは「できない」とか「弱さ」に対してなのです。

でも、猫っぽい獅子座ってその「弱さ」とか「できない」を他人の前で見せることを、これは本当に、本能的に嫌がります。

だからですね、この下半期にあなたに宿題を出したいと思います。

それは「できない」とか「いやぁ、私それ苦手なんですよねぇ」を可愛く伝える訓練をしてみてください。顔をくしゃくしゃにして「いやぁ、もうそれダメで」など。

それをやりつつ、今度は「好きな食べ物」とか「好き」を伝えるときにどういう表情とどういう言い方が一番私なりに良いかとか、その訓練もしてみてください。「え、ほっけの塩焼きですか? ほっけの塩焼きって言いましたか今? (ニコッ)私大好きなんです」などですね。ぜひやってみてください。

2018年、丸くなった獅子座。

この下半期だけではなくて2018年に入ってから「丸くなった」と自分自身に感じる獅子座の方も多いと思うのです。

あなたに何が起きてきたのかを説明します。

それは、あなたは物心がついてから、それは10代で本格化することが多いのですが、自分なりの「ヒーロー像」や「ヒロイン像」を本気で追い求めてきました。

あなたの中にある「ヒーロー」と「ヒロイン」というのは、つらくても弱音は吐かず、みんなの手本となることもあって、そして「やっぱりあの人がいたから助かった」と、頼りになる人です。「バカ言うな。そんなたいしたことはやっていないよ」と、陰でめちゃくちゃ努力をしているのに、その努力の跡を一切見せようとしないのが獅子座の美学なのです。

「私のことはちょっとだけわかってくれたらいい」

そういうクールな美学を持つのがあなたであり、その美学を持つからこそ、必要以上に他人のことを自分のテリトリーに近づけさせない習性があったのです。

でも、2018年に入ったあなたに起こった変化があって、それは「ヒーローとかヒロインとか、もしかしたら私はそれをやりすぎてきたのかな」ってちょっと思い始めてきたのです。

そう、ちょっと寂しくなった。

その寂しさを感じてきたことって全然悪いことではなくて、「強さとか気を張ることでカバーできないこともあるんだ」と気づいてきたのです。

あなたが目指してきた一種の「超人」ではなくて、自分の寂しさを知り、だからこそ、他人に対しても「この人も寂しいのかもしれない」と共感する気持ちが強くなってきています。

わかり合うって何か。理解し合うって何か。そして、愛し合うって何か。

その問いに対してこの下半期のあなたは強く取り組み、そしてその答えをところどころで得ていきます。

ここでひとつだけ答えを言いますね。

「わかり合うって、わかり合わないこと」です。そして、「わかり合わないところがあるからこそ、一緒の時間を過ごしたい」

と思うことなのです。はい、複雑ですね。

自分が一緒にいたいと思う相手には「この人にはほかの人には喋っていないことまでもいろいろベラベラ喋っちゃったからな」など、そういうちょっとだけ、10%ぐらい“腐れ縁”と言われるような成分が混じります。もちろんそこには純愛もあります。恋焦がれる関係もあります。でも、あなたが恋愛だけではなくて、いろいろな人と特別な「よう! 元気!」と言い合える関係って「この人には失態も見せちゃったし」という戦友なのです。

だから、この下半期でさらに丸くなることは良いことです。

あなたが見ていきたい夢。それは完璧じゃない人同士で、です。「なんかさ、あんたってバカだよね」って愛情を持って言い合える関係をこの下半期にぜひ目指してみてくださいね。

仕事運はどうなる?

雑談の大切さ。

2018年下半期の仕事面でのあなたのテーマは「雑談の大切さ」です。獅子座にとって「仕事」は「誰からも口出しをされたくない。相当のエネルギー量をかけて自分でやり方を学び、発展させていく」という“聖域感”があるものです。でも、2018年の下半期は本題以外の話が大切になります。

少し苦手な感触があるかもしれないのですが、心の中で「表面的に合わせる」とつぶやいてみてください。これは言葉にするとひどいと思われるかもしれないのですが、「表面的に合わせる」とつぶやくと実は、人は雑談ができるようになるのです。その雑談こそが下半期の獅子座の仕事運にとって、とても大切なものになります。

どうしてかと言うと、仕事の本題だけ話を進めた、またはその仕事が達成した後って、思ったよりもその人の印象が残らなかったりするからです。もちろん「仕事でそういう慣れ合いは求めない」と言う方もいらっしゃると思うのですが、先ほどお伝えした「表面的に合わせる」とつぶやいて雑談をしてみてください。雑談って会話の中でも特殊なコミュニケーションで、いわゆる「どうでも良いこと」を話し合うのです。別に相手に何かの回答や正解を迫るコミュニケーションではありません。

「休日はゴルフをするんですよ」→(表面的に合わせる)→「へー! 天気が良いと気持ち良さそうですねぇ」

など。

獅子座の場合、自分の信条や価値観が強い人たちだから、そのままの性向だと

「休日はゴルフをするんですよ」→(ゴルフ、私やらない。ゴルフの楽しさがわからないし、今後するつもりもない)→「へー。あ、それよりこの仕事の資料に目を通しておいてもらえます?」

ってなっちゃったりするから。

雑談の奥義。ぜひ取り入れてみてください。

恋愛運はどうなる?

リラックス&青臭く。

2018年下半期の恋愛面でのあなたのテーマは「リラックス&青臭く」です。このふたつのテーマって特殊だと思うのですが、まず、この下半期で良い恋愛をしていく下準備がどうしてもあなたにとって必要です。それは「リラックス」ということ。もしできたらでいいのですが、毎日、できれば3日に1日ぐらい続けられる習慣として、たとえば駅から通勤する時に少しだけ競歩みたいに歩いて汗をかいてみる、土日のどちらかは軽くジョギングをするなど、そういうことをやってみてほしいのです。というのは、獅子座はお仕事などで「ここは手を抜けない」と集中モードになるとその集中がほぼ365日続いてしまったりするのです。その「集中モード」以外の「気持ちが解放される」というルーティンを持つことによって恋愛運が高まります。そしてもうひとつのキーワードの「青臭く」なのですが、これは言わば学生時代に戻ったような気持ちになって「どの季節が一番好きか」「何のケーキが一番おいしいか」など、そういうことを議論してもらいたいのです。下半期のあなたは積極的になって良いです。そして、獅子座は恋愛面を含む対人関係に対して意外なほど小心者です。ですから過度に気を遣いすぎて「相手に失礼のないように」ということを気にしすぎちゃう。でも、あなたには「ねぇねぇ、私はケーキの中ではモンブランが一番おいしいと思うんだ」など、そういう遊びの議論を吹っかけてほしいのです。そうやって価値観の話をする。いきなり「どういうスタンスで仕事をやってるんですか?」とか「どういう人が好きなんですか?」と、言わば相手の本丸の話をしようとしても人は話せません。「何が一番か」と話すことで、「あ、この人面白い」とか「この人は私と価値観が合いそう」とか、そういうことがわかって急速に接近する時期です。ぜひやってみてください。

月ごとのアドバイス

7
同じものを眺めたい。
8
新しい楽しみ!
9
燃える気持ち。
10
今までの自分を超える。
11
愛する気持ち。
12
私で良ければ。

★マークのついた⽉はラッキー⽉です。

July 7月
7月のオーラ
獅子座

同じものを眺めたい。

「青春する」のエメラルドが出ています。7月はあなたの中で「大切な人と一緒に、同じものを眺めたい。思い出づくりをしたい」というロマンティックな運がとても強まります。この時期に急速に接近していくような関係にもなったりします。そこでアドバイスなのですが、この時期は普段より20%ぐらい青臭くあってください。それは別に反抗して意見をぶつけるということではなくて、学生時代の「いろいろな価値観に対して話し合いたいという気持ちがあふれていたころ」に戻ってほしいのです。大人になるとどうしても「ま、こんなこと言ってもしょうがないわよね」ってなっちゃったりするから。価値観について身近な人と話し合う。それは別に「3時のおやつには何がマストなのか」「タイ料理で何が一番おいしいか」など、そういうことでいいのです。誰かが誰かを特別な人として感じるときって、「どの季節が一番好きか」という答えを聞いて、「あ、一緒じゃないけどこの人と過ごす夏は面白そうだな」と感じたりすることなのです。

August 8月
8月のオーラ
獅子座

新しい楽しみ!

「期待が叶いやすい」の黄色が出ています。この8月は「この楽しみに賭けてみたい!」と期待する気持ちが高まりますし、また、期待しただけ返ってくることが多いです。そして、その前提として「楽しみがあること」がとても大事になります。「前からここに行ってみたかった」「これをやってみたかった」など、そういう楽しみがある人はそのまま期待に胸を膨らませてやってみてください。そういうものが見当たらない人におすすめなのが、「ユーチューバー」という人たちの動画を見ることです。あれは面白くて、身近にできることで「楽しめること」を体を張って、本当に子供のように楽しんでいるプロの人たちが多いです。それを参考にしてみてください。この時期は「願いが叶いやすい」ときでもあるので、気持ちの切り替えも大切に。というのは「やっぱりダメだった」とか、ひとつやふたつのうまくいかなかったことに心がとらわれすぎてしまうと動きが鈍くなってしまうから。「こういうときもあるんだね。でも、今は前を向いて歩いていくときだから緩めない」と自分を励まして!

September 9月
9月のオーラ
獅子座

燃える気持ち。

「気持ちが燃えている」の赤が出ています。9月はかなり調子が良くて、あなたの願望は「生活すべてを楽しみたい」と燃えていきます。「どうせやるなら楽しんでやっちゃいたい」と、楽しむことに対するこだわりがとても強くなります。日々に遠足を取り入れてみましょう。「今日のランチは南国風!」など。そして、この時期あたりになると冷める気持ちも出てきます。「何やっているんだろう、私」とか。その冷める気持ちって獅子座特有のものであって、「浮かれたまま傷ついてしまうと修復が難しい」など、傷ついた後のリカバリーの心配をし始めるのです。でも、この下半期のあなたは「踊らなければ損」という状態にあります。「まー、バカやってますよ、私」と言えるぐらいの余裕を持ってみてください。

October 10月
10月のオーラ
獅子座

今までの自分を超える。

「いろいろなことを乗り越えてきたあなた」のゴールドが出ています。10月は「今までの自分を超えたい」願望が強まります。これはちょっと注意したいのですが、獅子座的な「ひとり苦行」や「ひとりストイック」という話で自分のレベルを超えていくことではないのです。「去年までだったらここで弱っていたけど、今年はちゃんと集中力を保っている」とか。もちろんそういう努力も大事なのです。でも今のあなたの「今までの自分を超える」という意味は「この人が言っていることわかるなぁ」「前は感情的になっていたけど。この意見を私は受け入れられないけど、この人がこういうことを言う意味もわかる」など、そういう対人関係での余裕や向き合い方に影響が出ます。できればこの時期も「こうでなければいけない」という絶対的な答えを探し求めるよりも「こういうのもありかな」という余裕も大切にしてみてくださいね。

November 11月
11月のオーラ
獅子座

愛する気持ち。

「愛する気持ち」を表すピンク色が出ています。11月は「愛する気持ち」が強まります。これはLOVE運という意味でもそうなのですが、そういうものがすごく高まるのです。獅子座って実は「別にそこまで仲良くない人」に結構サービストークで自分を出せたりします。でも、好きになった人や好意を持った相手には「全部を完璧にして挑もう」とする気持ちがあります。あなたにとって恋愛は決闘でもあるから。でも、この時期のあなたは恋愛面も含め、大切な人たちを「励ましたい。そして励まされたい」という気持ちが強くなるのです。誰も完璧な人なんていないのだから、お互いに弱点をフォローし合って、大切な時間を過ごしていきたい。喧嘩も大切と、人と向き合う時間を尊びます。「私を好きならこれくらいしてよ」と必要以上にギブアンドテイクが正当かどうかにこだわりすぎず、「気づいたから励ましました」など、そういう気軽さと気持ちの余裕を持っていてください。

December 12月
12月のオーラ
獅子座

私で良ければ。

「協力体制」の緑色が出ています。この時期のあなたのテーマは「自分は自分。他人は他人。でもそれ以外もある」ということです。この時期は「必要以上に他人のテリトリーに入らない」と決めるのではなくて、入れそうな相手にはちょっとだけ入る意識を持ってみてください。12月もそうなのですが、下半期のあなたのテーマは「困ったときはお互い様」なのです。ですから完璧に自立をして「自分の守備範囲」と「他人の守備範囲」を分けすぎるのではなくて、お仕事でもプライベートでも「何かあったら手伝うよ」と意識することがとても大切になります。

しいたけからの
魔法のメッセージ

「なんかさ、あなたってバカだよね」って言い合える関係。それがあなたが2018年下半期で目指していく理想の関係性です。長所や能力、そして利害関係だけで結ばれた人間関係ではなくて「何で私、この人たちと一緒にいるんだろう? あ、そうか。面白いからか。気を緩めることもできるし」と思うことが理想の関係性になっていきます。この下半期に、ひとりで頑張りすぎてしまうことがあったら、きちんと「いやぁ、頑張るのは実は苦手なんですよね」など、そういう愚痴にもちゃんと自分の真実を入れて「無限に頑張れるわけじゃないんですよ」ということを周囲に伝えてみてください。他人にいきなり言うのがキツかったら、空や花などにまず話してみる。自分のいろいろを伝えられる人へ。あなたならできます。やってみて。

しいたけ

SHIITAKE LIVE CHATInstaライブチャットで
しいたけさんと話そう!

しいたけ占い下半期公開を記念して、占い師しいたけさんとInstagramライブでチャットできるスペシャル企画を開催!星座別に計12回にわたりライブチャットを実施予定。詳細はこちら

FromVOGUE