牡羊座

牡羊座のみなさんへ

みなさん、こんにちは。しいたけです。

気づけば1年に2回、「自分が培ってきたことをすべて書き連ね、伝える」という上半期・下半期占いの執筆が、僕の生活の中で大切な儀式として定着してきました。

下半期占いを書いていると「これから年末に向かっていくのか」と思いを馳せるし、上半期占いを書いていると「新しい1年が始まるのか」としみじみと感じます。

今回、2018年の下半期占いを書いていて思ったことは、この時期は「強いと思われていた人たちが、弱さを出す」という特徴が際立っていました。

「弱さを出す」って悪いことではなくて、自己完結とか、ストイックに自分の能力を高めるとか、もっと言うと「弱点がないみたいに権勢を誇っていた人」がやっぱりどうしてもボロを出していく流れがあったのです。だから、ボロが出る前に自分からボロを出して、勇気を出して甘えてみようとするって大事になるんじゃないかと思いました。

詳しくは各星座をお読みください。今回もきちんと心を込めて書きました。最後まで楽しんで読んでいただけましたら幸いです。

2018年6月。しいたけより。

2018年下半期、牡羊座は
「自分を発揮し、愛される」

2018年下半期の
運勢は?

小心者の性質とノリの良さを
最大限に活かす。

2018年下半期のあなたのオーラは「自己PR能力の増大」を表すピンク。そして「大人になった私」を表すエメラルドグリーンが出ています。牡羊座の面白いところって、すごくデリケートな性格でもあるのです。いつも「元気いっぱいでとにかく前進!」というわけではないのです。「人が見ていないところですごくいろいろなことを考えている。『私、変なことしちゃったかな』と考えてしまう」ようなすごく小心者のところもあるし「ワハハハ、突撃!」とノるとすごい勢いで攻めていくような戦闘力が高いところもあるのです。そして、ちゃんとやさしい。「私がどう動いたらみんなは楽しんでくれるのかな?」と考えてもいます。

そして、ひとつもうここで結論を言うと、この2018年の下半期のあなたは目立ちます。輝きます。欲しいものを手に入れます。だからこそ、7月からの下半期が始まる前に「今あなたが欲しいものって何?」を一緒に考えていきたいのです。

自己PR能力の増大。

2018年下半期の牡羊座を巡る最大の動きのひとつとして「自己PR能力の増大」というものがあげられます。つまり、あなたはこの下半期に目立ち、注目され、脚光を浴び、そして、自分が好きな人たちに自分のことを認めてもらいやすくなります。どうしてそういう事態になっていくのか? それを説明していきたいと思います。

ちょっと「そもそも論」になってしまうのですが、牡羊座は自己PRがうまいのでしょうか? それはYesでもあるしNoでもあります。

Yes側の意見としては、牡羊座の人って「マイペースなんだけどなぜか愛される」というポジションを取るのがうまいです。誰かが食べているお菓子に対して「それちょーだい」と言って許されたり、逆に、あなたが自分で食べているお菓子を「これ食べていいよ。おいしいから」と言うと相手があなたに対してすごく感謝をしてくれます。要はあなたには「お姫様的なところ」があるのです。男性の場合はどこか「育ちの良いお坊ちゃま」のような“ある程度やりたいことをやってワガママなんだけど、どこか憎めない品の良さ”がキャラの中にあるのです。

同時に、牡羊座は自己PRが不得意なところもかなりあります。あなたは流れに乗って物事を望むほうに導いたり、周りから可愛いがられる形で欲しいものを手に入れたりするのはどちらかと言うと得意です。でも、ゼロから自分で準備をして、欲しいものを手に入れていくことは少し苦手でもあるのです。あなたは頑張っている途中で「あなたは頑張っているね。すごいね」という周りの人の声援をちゃんと必要とする人であって、これは良い悪いの話ではなくて、「最初から最後までひとりで頑張る人」ではありません。

あなたは頑張っていくために、そして輝いていくために周りの人の声援がいる人です。もっと言うと「キャー」と言われる場面においてあなたは無限に輝くのですが、「シーン」とした場所でコツコツやり続けることは苦手であったりします。

声援や応援が必要。

2018年下半期、あなたが輝くためにはぜひとも声援が必要なのです。

その声援や応援を手に入れるためには何をしたほうが良いのか?

それは

「相手と同じ目線に立つ」

ことなのです。

ここに牡羊座の2018年下半期の鍵となる行動が隠されています。

先に結論から言うと、牡羊座の人には「カッコ悪いのがすごく嫌だ。私は格好良く生きたい」という人生に対する独自の哲学があります。でも、この「カッコ悪いのが嫌」という、ある種の生理的な嫌悪感が「相手と同じ目線に立つ」という自分を拒絶してしまい「相手や周りよりも1歩上の立場で優位に立つ私」を演出してしまうことがある。

「武装を解き、素直になる。ありがとうとごめんなさいをきちんと言えて、それで周りに助けてもらえる」

という“自分像”を目指すことがこの下半期のあなたをつくっていきます。

声援や応援をもらうために「自分がどう見られているか」とか「周りと比較した、今の私のポジションはどこ?」に強く関心を持ちすぎず、素直になって、他人を受け入れたり、相手と同じ目線に立つことを忘れない。それが“大物”になっていくために必要なあなたのステップなのです。

ダサ格好いい牡羊座。

ちょっとここは単刀直入に言いたいのですが、「成功している牡羊座ってどういう人なのか?」と質問があったとします。それに対して僕なりに答えを出すとするならば、牡羊座の成功者って「ダサ格好いい人」になります。

この「ダサ格好いい」という用語を説明したいのですが、これもまたハッキリ言いますが、牡羊座の人って自分が決めた「ダサいこと」を絶対にやりたくありません(笑)。牡羊座の努力には「ダサいことをやらないで済むためにひたすら頑張る」という性質も強いのです。それだけ「ダサい」と感じるものに触れたときの嫌悪感がすごい。

ただどうしても、この「ダサいことは嫌だ。ダサい人にも近づきたくない」という“ダサさ”に対する嫌悪感や拒絶感が牡羊座の持つ世界観を縮めてしまうことがあるのです。

この下半期はあなたが今まで拒絶してきた「ダサさ」について見直していく機会を多く持ってほしいのです。

「以前の私だったらやらなかったけど、やってみたら意外とバカにしたもんじゃなかった」と見直していく。

どうしてそういうことをしてほしいかと言うと、格好いい牡羊座って、ダサさを格好良さに変えているからです。

「ダサいこと」や「泥臭いこと」を自分なりに受け入れてきた牡羊座の人って、表情が自然体なのです。反対に、「ダサいこと」をひたすら拒絶してきた牡羊座の方って、普段から表情を結構つくっています。いろいろとズケズケ言ってしまってごめんなさい。でも、何ていうか、自分のインスタや友達と一緒に撮る写真などに「キメ顔」が一定に決まっている感じがあったりするのです。

ダサ格好いい牡羊座は「周りにいる人たちと良いものをつくるためにある程度ダサくて泥臭い役割」も引き受けます。逆に、「自分の格好良さ」に固執してしまうことがあるのが牡羊座の弱点であったりもするのです。

説教臭く感じられたら申し訳ないのですが、この2018年の下半期において、あなたが輝くためにどれだけ「ダサいこと」や「泥臭いこと」を受け入れられるかって、結構キーポイントになると思います。

大事な「ダサさ」。

「ではちょっとダサい格好をすればいいんですね?」

となってしまうかもしれないのですが、ちょっと違っていて、あなたが受け入れるとすごく輝ける「ダサさ」って、「ごめんなさい」が素直に言えるかどうかに関係してきます。

謝ることや相手から言われたことを受け入れることによって、あなたの世界はとても大きく広がります。どうしてかと言うと、それだけで周りにいる人って「この人はちゃんと素直に受け入れてくれる。自分の非も認められる大きい人だ」とあなたのことを信用してくれるのです。

「ごめんなさい」が言えることって自分の非を認めることだから、その一瞬はカッコ悪いって思うことも多いです。でも、自分が成長していくために、自分の非をちゃんと認めて謝れる人って「格好いい」という評価を受けます。それをバカにする人ってすごく情けない人だから相手にしなくて良いのです。

もうですね、ハッキリ言いますね。牡羊座は「ごめんなさい」を強がって言えなくて、それを言う1000倍ぐらいの損をしていることがあったりします。

だからですね、この下半期は「ごめんなさい」って積極的に大事な人に伝えてみてください。「もうちょっとだけ意地を張りたいな」と思うようなシーンがあっても、あなたのほうから「ごめんね」と言って折れてあげると、いろいろなチャンスを素直に受け入れていくことができるし、大事な人との縁が深まっていきます。

誰かと一緒に見ていく夢を大切にする。

牡羊座はこの下半期に自己PR能力が増して、周りからも応援されて好きなことをしていく。そして、そういう自分像を実現するための条件をちょっと厳しめにお伝えしました。

あなたがこの下半期でやることは「誰かと一緒に見ていく夢」です。自分ひとりが「周りからどう見られているか」をチェックする狭い世界から飛び出し、何か夢や目標を持っている人たちのことを応援する。そして、あなたがつくっていく夢も「私は昨日よりも今日もっと良いものをつくりたいから、自分だけのアイデアに固執しない。私が良くなっていくために、私にとって都合が悪い意見もどんどん言ってほしい」と勇気を持って周りに言える人になること。

あなたが手に入れていく最大の武器は「この人は他人の話を素直に聞いてくれる」という素直さです。「あの人は素直だ」と評価されることって、「あの人は自分のスタイルを持って我が道を行く」と評価されるよりも最終的に強くなります。自分で磨くスタイルや美学や知識には限界があり、周りに良いスタイルや良い美学、そして良い専門分野を持つ人に囲まれて、一緒に夢をつくっていく関係を持っている人のほうが「いろいろ教えてもらえる機会と、それを吸収して自分の武器に変えていく機会」が多いからです。ですから、耳が痛いかもしれないのですが「こっちを選んだほうが格好良い」という方向を、スマートにツンと行くよりも、ちゃんと謝ったり、誠意を持って「教えてほしい」と言って、受け入れる度量を持つこと。

格好良い自分を保つという小さなプライドよりも、正直になってみんなと一緒に協力し合っていく素直な私。

そっちのあなたのほうが大きな器になります。そして周りから信頼されてもっとあなたは輝きます。

「夢を一緒に見ていく」

それがあなたにとってこの2018年下半期でとても大切なキーワードになります。

仕事運はどうなる?

切り替えが大事になる。

2018年下半期の仕事面でのあなたのテーマは「切り替え」です。ここで言う「切り替え」にはふたつの大事な意味があって、この下半期のあなたの仕事はどこでも「ちゃんとPRする」ということがあります。つまり、どの仕事もあなた自身が「私が関わっています。この仕事の魅力を私は〇〇の部分に強く感じています」と積極的に関わることになっていきます。だからこそ、いわゆる「矢面」や「先頭」に立つ覚悟が必要で、真剣勝負でやっていく仕事と自己PRだからこそ、「その仕事が終わったら次の休みや次の仕事に気持ちを切り替えること」が大事になります。もうひとつは、「昔やりたかったこと」や「今できないこと」を悩むのではなくて「今、私の世界を4%ぐらい良くしていくためには何をしたら良いか。何ができるか」と、そういう“身の回りからできること”に対して真剣に取り組むこと。恋愛面でもそうなのですが、この時期の仕事運は第一印象が勝負にもなります。「わかる人だけがわかる」というマニアックな方向よりはみんながあなたに会って「なんか楽しそうな人」という笑顔やファッションを取り入れてみてください。テーマパークなど人を楽しませる場所に勉強しに行くのもすごくおすすめです。

恋愛運はどうなる?

リーダーシップを取る。

2018年下半期の恋愛面でのあなたのテーマは「リーダーシップ」です。この下半期のあなたは「多少ワガママでも、自分の芯を持って行動する」が大事になります。そのワガママというのは「良いとこどり」をするだけじゃなくて、みんなと一緒に苦労をしたり、謝るべきところは素直に謝ったりなど、そういう「開かれたリーダーシップ」を握っていくことになります。ですから、恋愛面においてもあなたは「私についてこい」くらいの気持ちでいてほしいのです。この下半期においては「誰か良い人に出会って導かれたい」など、そういう守りの姿勢でいるのではなくて、ちょっと暑苦しいぐらいの勢いで「あなたとは仕事のマインドも合いそう。あなたに興味があります。一緒に切磋琢磨できて楽しめたら最高です」など、そういう「ちょっとだけ恥ずかしい台詞」を伝えてもらっても大丈夫です。影に隠れるのではなくて前に出ること。そして弱点も長所も含めて見せてしまうこと。「この部分は自信がない。でも悔しいから負けない」という素直な自分を前に出していってください。

月ごとのアドバイス

7
スタイルをつくっていく。
8
温かさに触れる。
9
やさしくある。
10
真心を込める。
11
反省、そして悔しさ。
12
戦闘モードの発揮。

★マークのついた⽉はラッキー⽉です。

July 7月

スタイルをつくっていく。

「スタイルをつくっていく」のネイビーが出ています。この7月はいつもより少しだけ「自分に厳しくしたい」という気持ちが出てきて、それがとても良い成果を生み出していきます。あなたは普段から「もっとできたはず」「(好意を持った相手に対して)もっとうまく喋れたはず」などの、細かい反省が多くなるところがあります。その反省をして自分の行動を改善する際に、「あの人だったらこういう場面でどうしているんだろう」「さっきの私のパフォーマンスを私自身が上司だったらどういう点を改善したいと思うだろう」など、そうして客観的に見る手法がおすすめです。あともうひとつ、この時期に一度気分が落ち込むようなことが起こると「私は何かダメかも」と、どうしても悲観的に考えて引きずってしまうことが起こりやすいです。そうしたら、できたら夕陽を見てください。夕陽が見られなかったら写真や動画などでも良いです。それを見て「良くやっているよ」と自分に対して伝えてあげてください。

August 8月

温かさに触れる。

「温かさに触れる」のピンク色が出ています。この時期はちょっとだけ「小休止」を入れてあげたほうが良くて、それはたとえば、海岸に座って波の音を聞いてみるとか。日々忙しかったらハワイアンテイストのドリンクを飲んでみて、海外の太陽や海を想像してみるとか。そして、この時期、急に「昔の自分、そして昔一緒だった仲間や風景たち」に会いたくなったりします。その「昔を懐かしむ気持ち」が出てきたときって、今の自分の現実が急速にレベルアップしたり、現状の生活が大きく変わっていったりする前触れなのです。ですから、この8月は大きく前進をしながらも、少しノスタルジックなもの、自分の心が安らぐものに多く触れたり、ボーッとしたりすることも忘れずに取り入れていってください。好意を持つ相手に「今度一緒にゆっくりしましょう」とホッと気が休まるようなことを言ってあげるのもとても良いです。

September 9月

やさしくある。

「やさしくある」というエメラルドが出ていました。先に結論から言うと、この9月は「やさしさを選択できる私」になれたら勝ちます。たとえばこの時期にあなたの中で「ちょっと私が損しているなぁ」と思うことがあったとしても、あえて相手を責めない。「イーブンではない」と思ったとしても、ちょっと自分が引き受けてあげる。もちろん「何でもかんでも苦難に耐えて」ということではなくて、「それぐらいだったら良いよ」と言ってあげられる度量の大きさを持つこと。というのは、この時期のあなたにはチャンスが舞い込んできます。そのときに、「小さな好き嫌い」、つまり「良い話なんだろうけど、あの人に前に良くしてもらわなかったから苦手なんだよね」という私情にこだわってしまうとちょっと足取りが重くなってしまうのです。「うん、良いね。やってみる!」という姿勢になることがとても良い時期です。

October 10月
10月のオーラ
おひつじ座

真心を込める。

「真心」を表す黄色が出ています。この2018年下半期のあなたには「全速力で全部を突っ走る」というわけではなくて、自分なりに大切にしたいものをちゃんと発見しようとする動きが目立ちます。たとえ話をしたいのですが、この時期のあなたは飲食店を立ち上げたとして、いきなり「商売を軌道に乗せる」と考えるのではなくて「うちのお店が自信を持ってお客様に提供したいお料理は何か」など、そういうお店や自分たちの「精神」のようなものを生み出す努力をします。だから、変なアドバイスになるのですが、この時期はあまり嘘をつかないほうが良いです。それは「あー、行きます、行きます」という社交辞令的なものも含めて。直接的に言っちゃうのではなくて「興味がありますけど、なかなか予定が」とか、そう遠回しにお断りするのはOKです。真心を込めて向き合っていくものが、開花していきます。

November 11月
11月のオーラ
おひつじ座

反省、そして悔しさ。

「反省」の青が出ています。この「反省」はネガティブな意味ではなくて、未来へ向けたとても良い反省になっていきます。この時期のあなたは瞬発力と直感、そして「これまで頑張ってきたこと」を未来へ向けて発揮していくときです。つまり、1年の内でもすごく大事な本番の時期を迎えます。だからこそ、「悔しい」と思うことも多く出てきます。流すことができず、「もっとできたはずなんだけどなぁ」とかそういう気持ち。そういう「悔しい」と思う気持ちを忘れないでください。そして、その悔しさに注目して「これが私がこれから先しばらく向き合っていきたいテーマになるんだな」という視点を持ってみてください。ただ、反省のしすぎは必要ないです。「良い勉強になった」と感じたら気持ちを切り替えて前に進んでいくこと。常に「気持ちを切り替える」と1日の中で何回も言っても大丈夫です。

December 12月
12月のオーラ
おひつじ座

戦闘モードの発揮。

「私らしさ」を表す赤が出ています。牡羊座ってすごく不思議で、「すごく満たされていて、今は波の音を聞いて、夕陽を眺めながらゆっくりしていたい」という穏健モードと、「もう悔しい。いろいろやりたい。もっと私を発揮したい。1日が24時間じゃ足りない!」という戦闘モードの、そういうふたつのモードのどちらかに偏ります。この12月のあなたは戦闘モードのほうで、いろいろ欲求不満であってください。「もっとしたい。もっと発揮したい」という欲望や追求する気持ちを強く抱いていること。でも、他人の前ではやさしくあること。あなたの栄光と成長の裏側にはやはり「私はもっとできる」という不思議な悔しさの感情が伴います。12月に入ってもゆっくりを目指すのではなくて、最後まで駆け抜けてください! 良い一年の終わりを迎えられることを願っています!

しいたけからの
魔法のメッセージ

「ひとりよりみんなで」。これがあなたの2018年下半期の大切なキーワードになります。あなたはたまに自分の失敗を許さないことがあります。あなたは戦士のようなところがあって、本番で格好良く決まらない自分を「パフォーマー失格!」とばかりに厳しく責めてしまうことがあります。でも、この下半期はあなたがやってきたことを周りが良い形で必ず受け入れてくれるのだから、あなた自身も素直であってほしいのです。もちろんカッコつけることも大切です。でも、何かの「オフショット」みたいに、たまにはなんの飾りつけもしていないOFFの自分もさらしてしまうこと。あなたから弱点を開示されたら相手はうれしいから。計算よりも本音を。そしてひとりよりもみんなで見ていく夢を。

しいたけ

SHIITAKE LIVE CHATInstaライブチャットで
しいたけさんと話そう!

しいたけ占い下半期公開を記念して、占い師しいたけさんとInstagramライブでチャットできるスペシャル企画を開催!星座別に計12回にわたりライブチャットを実施予定。詳細はこちら