本文へジャンプ

ナビへジャンプ

水瓶座

水瓶座のみなさんへ

いつも年末になると聞かれることがあります。「来年のラッキーな星座を教えて」という質問です。それに対しては申し訳ないのですがいつもうまく答えられないのです。たとえば「自分にとって凹むことが起きたからラッキーではないのか」って言うと、全然そんなことないのです。「凹む」って「新しい自分になる」など、そういう変化を自らに起こそうとチャレンジしている人にしか訪れないものだから。2018年の上半期占いは「自分なりに挑戦しようとしている人に対して、その背中を押せたら」という願いを込めて書きました。2017年も年末をこれから迎えていきますが、ゆっくりとあたたかい気持ちで読んでいただけたらうれしいです。

2018年上半期、水瓶座は
「大きな節目を迎え、愛に生きる」

2018年上半期の
運勢は?

自分のための時間を過ごす。

2018年上半期のあなたのオーラは「ゼロからの制作」を表す森の色。そして「何を愛していきたいかを決める」のピンク色が出ています。水瓶座から森の色が出ているときは、「義理や人情、『ここでこの人の期待に沿わないと悪いな』」という気持ちから距離を取って、自分なりの制作やクリエイティブな時間に集中していくことが多いです。また、ピンクについては「愛していく」という問題に向き合います。

オーラ
水瓶座

ではあなたの2018年上半期はどういう流れになっていくのでしょうか。それを見ていきたいと思います。

2018年上半期。大きな節目。

この2018年上半期を大きな節目として迎える星座は結構いたのですが、水瓶座もそのひとつです。

なぜこの年があなたにとってひとつの節目になるのかを説明すると、まず大きな枠組みで言うと、2014年から2017年までの時期には、あなたは、

  • ・がむしゃらに期待に応えていく
  • ・用意されたものをとにかくこなしていく
  • ・誰かからお題を与えられて、それに対して自分なりの回答を出していく

という、イメージとしては「馬車馬のように働きながら、周囲の人たちへの期待に応えていく」という流れが強くありました。

でも、2018年に入るとあなたから

「誰かから用意されたものや依頼されたものではなく、ゼロから自分なりに向き合っていきたい物事」

が多くなっていきます。

この部分は大切なのでもう少し詳しく説明をしていきますね。

ずっと期待から逃げなかった。

あなたは誰かから期待されることの重要性をわかっている人です。頼りにされること、「この人なら面白いことをやってくれるだろう」と特別に思われること。水瓶座のすごいところは、その期待から逃げないことなのです。

ほかの人なら「まあ、そう言ってくれるのはありがたいんですけれど、私にもできることとできないことがありますし」と言って、そういう「やみくもに期待されること」から防衛策として距離を取ります。でも、水瓶座に関しては「ありがとう! やってみます!」と言っちゃうのです。そういうところが妙に体育会系なのです。

「誰かから期待され、求められ、とにかく走り続けた」

気づけばこの2018年に至るまでにそういう道のりがあなたにはあったと思うのです。

そして今、あなたはその期待を静かに自分の肩から下ろそうとしています。

別に何もかもやめてしまうわけではありません。これまで以上に「期待される」「必要とされる」重要性をわかった上で、「少しずつ自分の時間を増やしていこう」としているのです。

続編ではなく新作をつくりたい気持ち。

では、他人の期待を下ろしていくあなたは一体何をしたいのでしょうか? それは「ゼロから」というのがキーワードになります。

実際、2017年の後半ぐらい、それこそこの上半期占いが発表される直前の2017年11月ぐらいから「ひと区切りつけよう」と感じた水瓶座の人は多いと思うのです。

  • ・ひと区切り
  • ・仕切り直し
  • ・今まであった自分の流れを2018年からは見直す

と。通常、多くの人にある流れは「2017年までに積み上げてきた流れを、次の2018年においてさらに発展させていく」という、いわゆる続編スタイルを取るのです。映画がヒットしたら2とか3とか続編がつくられていく感じです。

でも、2018年のあなたはその続編に関心があまりなくなるのです。「もうそれやっても仕方ないでしょう」と心がワクワクしない。静かに見てしまう。

それであなたは

「またゼロから自分のことを見直したい。自分は何をつくっていく人間になりたいのか。どこに多くの時間を割きたいのか、そういうことをまた決めていきたい」

気持ちが強く芽生えていくのです。続編ではなく新作をつくりたくなる。

あなたが2018年にまたゼロから取り組み直していくこと。それを次にアドバイスも含めてお伝えしていきたいと思います。

何を愛していきたいか。

続編ではなく新作。去年までの続きではなく、今年からまた新しい自分になること。他人から期待されることではなく、自分が「こういうのをやっていきたい」と宣言するような仕事なり生活。

あなたにはロックな反骨精神がありますから、人生の節目に際して猛烈な反発を見せることがあります。「もうあなたの言う通りには動かない」と。それってあんまり褒められたことじゃないかもしれないけれど、あなたは自分自身にそういう宣言を許してあげる気持ちも持ってほしいのです。だって、あなたは他人の期待からずっと逃げなかった人です。「忠義の士」という感じで人の期待に対して倍返しをしようともしてきた。だから、節目に際してあなたが「あなたからの『こうしてほしい』という要望ではなく、私は自らこういうことをしていきたい」という自分の意見を2018年は持ってみてください。

ではあなたは何をしていきたいのか?

それは、あなたがこの一年間「何を愛していきたいか」という台詞に言い換えることができます。

まだ説明が抽象的すぎますね。もうちょっと具体的なことを言っていきたいと思います。

たとえばの話なのですが、プロのミュージシャンがいます。プロのミュージシャンってその音楽制作の時間に「売れなくてはいけない」というプレッシャーを常に背負っています。アマチュアのミュージシャンがそのプレッシャーを背負っていないと、そういうことを言いたいわけではもちろんありません。話を続けると、「プロ」と世間的に言われている人は、常にリングの上に立って「売り上げ」や「人気」など、そういうことを厳しく査定され続ける環境に置かれます。

でも、長らくプロとして活躍されている人って、たとえばそれがミュージシャンの場合は「自分たちが心から楽しむ曲」と「売れることを徹底的に考え抜いた曲」のふたつの制作をしていると思うのです。もちろんこれはすごく物事を単純化した極端な言い方ですよ。

でも、「制作」という長く孤独な作業って、「誰かのために」「売れるために」「評価のために」という軸だけでやっていってしまうと、いつか心は冷えてしまって「あれ、何でこんなことやっているんだろう?」という気分にもなっていくはずなのです。

「何で私はこんなに真剣に何かを創ろうとしているのか?」

それは、自分が楽しむためでもあるべきはずです。どんな苦労があっても、そこに向き合える時間が自分にとっては宝物のように贅沢な時間に感じられるからです。

そういう感じで、あなたは自分の時間を「誰かのため」ではなく「自分のため」という軸にシフトさせていきます。心の底から自分がやっていくことを愛していくために。

2018年はことあるごとに「私はこれを愛していきたい」「この人を愛していきたい」と心の中で願ってみてください。

「こんな素敵な場面、そしてこんな素敵な人がいてくれて良かった。もし願いが叶うなら、こんな素敵な人たちと刺激を受け合って私の人生が豊かになっていきますように」

と。こういう願いに「ちょっと宗教的だな」と思って抵抗感を持つ人もいると思うのですが、あなたが2018年に強くなっていくのは「あなたに出会えて良かった」と、カッコつけずに伝えられる素直さです。

だから、青春を! あなたが楽しめたのならば、そこに良い結果や答えが出ていくから。あなたにとってのこの2018年が実り大きな年になりますように!

仕事運はどうなる?

続けてきたことを頑張るではなくて、
方向転換。

2018年上半期の仕事面でのあなたのテーマは「方向転換」です。まずこの時期の仕事運を見たときに、大きな出来事としてあなたは「自分の幸せ感をすごく大切にしようとしてきている」という変化があります。何を言いたいかと言うと、水瓶座はある程度ロボットのように働き続けることも可能です。多少の不満やストレスがあったとしても「私は自分に寄せられた期待を返すまでは絶対にやり通す」というように、自分を成長させてミッションを完遂させていきます。でも、ここまで見てきたように2018年のあなたは「自分に寄せられるプレッシャーをただ背負っていく働き方」が難しくなっていきます。「私は社会的、能力的にはこっちのほうを求められるかもしれないけど、それ以外のこともしたい」という気持ちが強くなります。なので、バランスを取る意識を持ってください。自分の強みなど、周りから求められることもちゃんとやる。でも、それだけをやるのではなくて「まだやったことがないこと」や「不慣れなこと」でも自分がやりたいと思ったことに関してやってみる。そして、2018年のあなたは多少仕事面でもワガママになっていくから、「細かいところでお世話になったことを伝える」など、そういう礼儀については気を配っていてください。「この仕事の延長上にあるのは、義務か、それとも私が楽しいことか」についても意識を配っておいてください。

恋愛運はどうなる?

自分を閉じないで。

2018年上半期の恋愛面でのあなたのテーマは「自分を閉じないで」です。まず説明したいのが、2018年上半期のあなたは恋愛面でも強く人を必要としてほしいのです。どういうことかというと、ここまでお話をしてきたように、この時期のあなたは「他人の期待に応えることに少し距離を取り、自分のやりたいことをやっていく」という周期に入ります。そして、この行動は「義理人情、今まであった人との繋がり」を重んじるあなたにとってみたら自分の行動を「勝手な、個人的なワガママ」として捉えてしまったりするのです。そうなるとあなたの思考は「私が勝手にやり始めることだから、自分がみんなに良い報告ができるまでひとりで頑張りきらないとな。これ以上誰かに迷惑をかけられない」と考えてしまう危険性があるのです。でもそうじゃないですよ! 変わっていくときだからこそ、人を強く必要としてほしいのです。この時期の恋愛面に関しては、あなたの「(迷惑をかけたくないという気持ちからの)事後報告癖」はダメです。また「余計なことを言われたくないから」という理由でも必要以上に対人関係をシャットアウトしてしまうことはやめてみてください。もちろんひとりの時間を持つことは大事ですけど。

本当に必要とし合う関係って、あなたが未完成でも、あなたが完成品でも、そこに向き合う人ってたいしてそこは重要視しません。「あ、始めていくんだ。面白そうだね」と言ってくれる人と縁が濃くなるから。あなたが残した結果だけを見て近づく人とはもともと縁が薄いです。そして、この時期の恋愛面は「他人の価値観を聞く」についても意識してください。あなたがこれからいろいろな「私が何を愛していけるか」を模索して、手探りで手応えをつかんでいくときだからこそ「この人は何を大切にして生きているのか」など、そういうことに関心を持って聞いてみてください。その価値観をお互いに尊重し合える関係が生まれやすい年です。あなた自身も結果だけで相手のことを見ないでくださいね。

月ごとのアドバイス

1月
浮いていこう宣言。
2月
もう歩き出している。
3月
新しい成果と課題。
4月
トキメキと冷静。
5月
繋がる。
6月
ひとつの節目。

★マークのついた⽉はラッキー⽉です。

January 1月
1月のオーラ
水瓶座

浮いていこう宣言。

「フワッとする」のエメラルドグリーン。そして「自分で決めたことを実行していく」のオレンジ色が出ています。この時期のあなたに何が起こるかと言うと、2017年までにいろいろ考えて、葛藤して、「どうしようかなあ」と思ってきたり、プレッシャーに耐えてきた一種の「重み」がスッと軽くなっていきます。これは直感的なことなのですが「今年はもうちょっと自分の好きなことをやっていこう」という気持ちになれるのです。なので、ぜひともここで「浮いていこう宣言」はしてください。というのは、せっかく2018年のあなたは自分のカラーを出していくのに「私はズレてないか?」などそういうことをすごく気にしてしまうところがあるのです。「常識的に行くところは常識的に行く。でも今年の私は非常識に行くところはとことん非常識に行く」と決めてしまってみてください。

February 2月
2月のオーラ
水瓶座

もう歩き出している。

「新しい道を歩き出している」のオレンジ色が出ています。この2月はこれまであなたが「新しくやってみたい」と思ってきた事柄がスムーズに始まっている場合が多いです。なかには数年越しに願い続けてきた事柄が急展開を迎える方もいます。何よりも、今のあなたには自分を縛るあれこれの「そうは言ってもこうでなければいけない」など、そういうこだわりから自由でいられるのです。「面白そうだからやってみたい」。その動機を大切にできています。ここでひとつだけ注意点があって、それは「人間関係の義理人情」は大事にしておいてください。これは別に「すごく他人に力を尽くさなければいけない」と言いたいわけではなく「お世話になりました」「今後ともよろしくね」など、そういう細かい礼儀や挨拶をちゃんとしていれば大丈夫なのです。あなたって普段すごく他人に尽くす人だから、その濃い関係から急激に脱却しようとすると相手が悲しむ場合が多いのです。

March 3月
3月のオーラ
水瓶座

新しい成果と課題。

「新しい成果と課題」を表す緑色が出ています。この時期にあなたには「今まではそれほど仲良くなかった人」「新しく出会った人」との間で、何らかの協力体制が生まれて、今後にも繋がる新しい出来事を一緒に作っていきます。このときもそうなのですが、2018年のあなたにとって人間関係はとても大切になります。その人間関係においてやっておくことは「抱え込んでの事後報告はなるべくしない」「細かい挨拶やお礼はちゃんと言っておく」になります。これにはちゃんと理由があって、あなたはこの時期、新しいスタートを切っていきます。そのときにどうしても周囲にいる人たちからの協力が必要になります。そのときに、あなたから「いつもお世話になっています。あなたを必要としています」とやっておいてほしいのです。水瓶座は外見的にクールでとっつきにくいところがあります。だからあなたが黙っていると「放っておいてほしいんだな。余計なことをしないで見ていよう」と、変に相手も気遣って連絡が途絶えてしまうことなどもあるのです。

April 4月
4月のオーラ
水瓶座

トキメキと冷静。

「トキメキ」を表すピンク色。そして「冷静」を表す青が出ています。この時期にあなたがやってきた「ゼロから始めて取り組んできたこと」に手応えが出始め、さらに「あ、この人ともっと仲良くなっていきたいな」と思うようなトキメキもあり、そして、そういう自分をちゃんと客観的に、冷静に眺めている自分がいます。とても良い感じです。それで、公私ともに順調に行くためには、2018年は「余裕も大切にする」と思ってください。これは水瓶座だけではなく、2018年は「2017年までの激しい流れの後の、落ち着いた一年」になることを多くの人が潜在的に願う一年になります。だから「ここまできたら全部を持っていく!」など、そういう前のめりすぎる姿勢だとうまくいかない可能性も高いのです。「困ったときはお互い様」「おかげ様で」など、そういう穏やかな台詞を使っていくのがとてもいいです。

May 5月
5月のオーラ
水瓶座

繋がる。

「繋がっていく」の緑色。そしてその性質を強化していくゴールドの輪郭が周りから出ています。絶好調になります。まず2018年、とにかくあなたは「一緒にいる人や出会う人」からとても強い刺激を受けていきます。「自分の周りって改めてこんなに面白い人がいたんだ」と思います。そして、あなたはその面白さに負けないように、良い意味でライバル関係になっていくのです。この5月は大きな青春だと思ってください。変に大人になってしまった人のように現実的な面だけで物事を見ない。今自分がやっていること、頑張っていること、もっと仲良くなりたいと思う人との関係など、そういう理想を決して捨てないこと。その願いが実を結んでいくことになりそうだから。この時期、あなたに力を与えてくれるのは、あなたの「この人にもっと喜んでもらいたい」という気持ちです。同様に、あなた自身にも「この人が喜んでくれたら幸せ」と思われることがあります。だから、素直に「ありがとう。これからもよろしく」と言う機会なども持ってみてください。

June 6月
6月のオーラ
水瓶座

ひとつの節目。

「節目」を表す茶色が出ていました。この時期、あなたは「自分が過ごす毎日が、もうだいぶ去年とは違ってきている」という実感を得ていきます。ただ頑張り続ける、ただ他人の評価に報いていく、そういうことだけじゃなくて「あ、今、私がやっていることって私にしかできないことなんだ。ありがたいよな」と自然に思えていきます。日常にある「小さな奇跡」、たとえば人にやさしくされたり、一緒にいる人との仲も「ただ偶然仲良くなったわけじゃないんだよな」と感じたり。そういう「いろいろなものにありがとうと言いたい」という祈りのような気持ちが湧いてきます。もしよければ、この時期はひとりの時間も持って散歩などもしてみてください。手が空いたときに誰かを思って「いつもありがとう」と祈ることもすごくいいですよ。

しいたけからの
魔法のメッセージ

気づけばずっと走ってきました。あなたは自分に余裕がないことはあまり気にしないで、自分がお世話になった人たちに自分がどれだけのものを返していっているかのほうを気にします。でも、そういう慌ただしく駆ける毎日が、2018年には落ち着きを見せていくことになります。忙しさのペースは変わらない人も出てくると思いますが、「ひとつひとつを丁寧にやる。それは他人のためだけではなく、自分のために」という気持ちが強く出てくるのです。今年、ちょっと詩人や絵描きの人になった気分でいろいろな思い出の写真を撮ったり、感動的な景色を見た後には「そのとき何を感じたか」と、ちょっとした絵日記などを書いてみるのもいいですよ。あなたの2018年が、あなたの周りの大切な人たちと共に幸せであることを!

しいたけ

SHIITAKE LIVE CHATしいたけさんが登場!
INSTA LIVEをお見逃しなく。

しいたけ占い上半期公開を記念して、占い師しいたけさんが12星座別のINSTA LIVEを開催。星座別にお悩みや質問も募集中なので、ぜひ参加して! 詳細はこちら

HOROSCOPE:SHIITAKE

ILLUSTRATION:TAROUT

EDITOR:CHIKAKO KURAZUMI

FromVOGUE