獅子座

獅子座のみなさんへ

いつも年末になると聞かれることがあります。「来年のラッキーな星座を教えて」という質問です。それに対しては申し訳ないのですがいつもうまく答えられないのです。たとえば「自分にとって凹むことが起きたからラッキーではないのか」って言うと、全然そんなことないのです。「凹む」って「新しい自分になる」など、そういう変化を自らに起こそうとチャレンジしている人にしか訪れないものだから。2018年の上半期占いは「自分なりに挑戦しようとしている人に対して、その背中を押せたら」という願いを込めて書きました。2017年も年末をこれから迎えていきますが、ゆっくりとあたたかい気持ちで読んでいただけたらうれしいです。

2018年上半期、獅子座は
「山岳モードから南国モードへ」

2018年上半期の
運勢は?

かなり強く運が味方する。

2018年上半期のあなたのオーラは「ポップ。軽快」の水色。「運が味方する」のオレンジ色になります。まず大事なことを言うと、2018年はあなたにとってすべての風向きが良くなります。いわゆる幸運がとても強く訪れやすくなるのです。今回、あなたがこの幸運の風にどう乗っていくべきかのアドバイスを中心にお届けしていきたいと思います。

オーラ
獅子座

「山岳モード」から「南国モードへ」。

2018年のあなたは「山岳モード」から「南国モード」になっていきます。言葉の説明からすると、獅子座は通常「山岳モード」であることが多くて、それは険しい山を登るときにはきちんと計画を練らなければいけないし、「今日は何合目まで登るのか」と計画を確実に遂行する知恵と体力が必要になるし、何よりも「登りきるんだ」という強い精神力を必要とします。そういう意味で獅子座は「何をするにしても、名誉と、自分の成長が伴う苦行」が少し好きだったりもするのです。

それに対して「南国モード」というのは「今日どうする? ショッピングに行こうと思っていたんだけど、天気がいいからハイキングにしようか? それともビーチでゆっくりする?  あ、それともバーベキューやっちゃう?」という感覚です。計画性重視ではなくて、その場で「もっとこうしたら私たち素敵な時間を過ごせるんじゃない?」という思いつきのほうが重視されます。

「山岳モード」「南国モード」にはそれぞれ長所と短所があるのですが、その話は置いといて、とりあえずあなたは2018年に「南国モード」になります。

先が分からない。

なぜあなたが南国モードになっているかを簡単に説明すると、その大きな理由が運の節目が変わったからです。勘がいい人は気づいていると思うのですが、獅子座は2017年までが大々的に「準備期間」でした。つまり、南国モードになるために「手をつけなければいけないことは全部手をつけていた」段階なのです。

自分のなかで大きな「開放感」が出てきて、今年はいい意味で「先が分からない」感覚が強くなります。計画通りにいかなくても、「絶対に私は〇〇をしなければいけない」とならなくても「あ、そしたらこうしようよ。バーベキュー」など、その場で思いついてテンションが高くなるほうの選択を重視できるようになってくるのです。なので、ぜひこの上半期はお友達と一緒でもいいから賛同者と「無計画旅行」に行ってほしいのです。現地の空港や駅で「今回の旅はこっち方面に行ってみよう」とやってみてください。2泊3日のうち一日だけ無計画になってみる。「旅レポーターごっこを突然やってみて、お店の味を友達が構えるカメラの前で言ってみる」など。もちろんあんまり迷惑にならない範囲でやってみるとすごく楽しいですよ。

獅子座特有の重々しさがなくなっていく。

南国モードになったあなたは「その場でのテンションと思いつき」を大事にするようになります。その結果、あなたに大きな変化が訪れるのです。まず、獅子座特有の「深刻さ」や「重々しさ」がなくなって、チャンスを掴み出します。獅子座のアイデンティティは「これだけ頑張ってきたんだから、結果がどうなろうが私は傷つくことはない」という、自分の準備と自信、そして本番になってやってきたことすべてを叩きつけようとする闘争本能なのです。でも、2018年は闘争本能よりも「楽しむこと」を強く重視するようになります。

獅子座は過去から積み上げてきた現在、そして現在から努力をして積み重ねられていく未来に対して気を抜かない人なのです。12星座中一番ぐらいに自分のキャリアや積み重ねてきたものに対して油断のない人。たとえば、ほかの星座だったら料理の途中でつまみ食いをしちゃうし、途中でお腹が空いて「じゃあまだ2品足りないけど食べちゃおうか」ってなるのだけれど、獅子座は最後のデザートまで仕上げて「いただきます」をやりたい人です。

でも、この上半期のあなたは無計画になって「ちょっとつまみ食いしちゃおう」という気分にもなれます。それが起きたときには「自分を罰する」なんてしないで「開放感が出てきたんだな」と思ってあげてください。

準備ではなく本番。

あなたはこの上半期に強く「開放感」を味わいます。そしてその開放感は、あなたが普段から大事にしてきた価値観に対しても強い変化をもたらすものになります。

どういうことかと言うと、あなたは普段はどちらかと言うと「油断」のない人です。それは先ほども説明したように「気を抜かないで頑張り続ける」ことによって、自分にしか目指せない高みを目指します。

それはとても素晴らしいことなのだけど、その結果、獅子座の人生は「気づいたらいつも緊張している」と、ずっと力を込めている形にもなってしまいます。

だから覚えておいてください。あなたにとって開放感とは「たまには無計画になる自分を許すこと」なのです。

きっちりやって「とにかく時間を無駄にしない」にこだわるのではなくて「今日の私は多少の無計画を楽しむ」という新しい価値観を持ってみてください。

その結果、あなたから「今までとは違った野心」が出てきます。キャリアや「将来」に対する野心ではなく、「どう人生を楽しんでやろうか」という野心です。

そう思えたときにあなたの人生は本番を迎えていきます。

あなたは努力家であるからこそ「本番を迎える前の完璧な準備」をやりすぎてしまったことが何回もあったと思います。

でも本番って、ただ緊張を強いるものや、結果を出すものだけではなくて、「その場を最大限に楽しめるお祭り」という面もあるはずです。

だから、本番を心ゆくまで楽しむ。「今ここに向き合える面白さと奇跡」を感じる。だってもうそれは来年にはないかもしれないのだから。何かをやっているときに「結果」だけを考えない。「これをやってどうなるのか」と戦略に走りすぎない。安心感や確証を求めすぎると目の前にある物事から面白さがなくなってしまいます。

「先が分からないぐらいの夢中」

それをこの上半期は歓迎してあげてください。確実性よりも面白さのほうを! 面白さを追求するあなたはこの時期に大きな成長を遂げます。ぜひやってみてください。あと、しつこいけれど「レポーターごっこ」はやってみてください。「このおうどんはコシがあって、まあ、なんておいしいんでしょう。言うならば味の宝石箱です」など、そういうことをやるとあなたの茶目っ気と「物事を楽しむ力」がとても増大します。とにかく楽しく!

仕事運はどうなる?

人を知る。

2018年上半期の仕事面でのあなたのテーマは「人を知る」です。仕事って知らず知らずのうちに価値観が決まっていくものです。たとえばの話なんですけれど、よっぽど強いハートの持ち主しか「仕事はうまくいかなくてもいい」と言えません。また、言う必要もありません。あらゆる価値観のなかで仕事だけは「努力して当たり前」と信じられているし、それはあなたにとっても強くそうであるのだと思います。でも、この時期に獅子座は「仕事」というものをもうひとつ違う目線でみていきます。つまり、「仕事をすることは自分が自分であることの証明なのだから、決して手を抜かない」という、ちょっと「ぎゅっ」と力がこもった価値観だけではなく、「私が仕事でいつも何気なく接している人たちって、どういう目的や価値観で仕事をしているんだろう」と、そういう「人」に対して興味を持っていきます。「仕事ができる/できない」や「この人は好き/この人は苦手」 だけでジャッジするのではなくて、一緒に働く人や仕事で会う人たちに改めて興味を持ってみてください。人間って自分に興味を持ってもらえるとうれしいのです。そしてこの上半期は、仕事での出会いからさらにプライベートまで発展することもありそうです。

恋愛運はどうなる?

「楽しもう」という野心。

2018年上半期の恋愛面でのあなたのテーマは「楽しもうとする野心」です。これはかなり特筆すべきところで、獅子座って物心がついたときに周りの人と自分との関係で「私にはどういう武器があり、どういう個性を出していけるのか?」という戦いに身を投じていきます。その流れで「辛いこともあるけれど、私にとってこの仕事こそ自分を誇りに思える大切なもの」など、自分にとって大切なものを「ひとつ」決めます。だから、獅子座は大切なものをひとつ決めたら、ほかのものも同時進行で追っていくのは結構難しかったりするのです。

そういう意味で、あなたにとって「相手の心がどう動くか分からない」「努力してもそこで相手が見つかるかどうか分からない」という、いわば努力に対してきちんとした見返りがあるのかどうか分からない恋愛は少し苦手事項にも入ってしまうかもしれません。でも、2018年のあなたは風向きがすべて良い方向に変わっていきます。あなたの気持ちも開放的になっていって「結果がすべてじゃなくて、楽しもう」と思う心も出てきます。だから、ものすごく極端なことを言うと「好きになって交際にまで発展しなかったとしても、それはすごく悔しいし悲しいことだけど、好きになった人だから助け合える友達にもなれるかもしれない」など、そういう「バカ」がつくほどにポジティブであってほしいのです。もちろんその人のことを思って苦しくなるなら距離をとったほうがいいのですが、大事なのは結果に固執することではなく「私がどれだけ楽しい時間、特別な時間を味わうことができたか」です。だから、誰かとデートなどに行くにしても、その時間は「相手がどうあろうが自分はこの機会を楽しむ」など、そういう自分主体の気持ちを持ち続けてくださいね。あなたの側にいるといろいろな発見があって相手も喜びます。そして、楽しむだけではなく、お互いの弱いところや「何にもないこと」に共感する気持ちも持って。「毎日が特別じゃなくてももちろん大丈夫だよ」というやさしさをかけてあげる。

月ごとのアドバイス

1月
ゆっくりスタート。
2月
周りが味方をしてくれる。
3月
ムードを大切に。
4月
焦らない。丁寧に。
5月
チャンスをやり遂げる。
6月
そして物語は続いていく。

★マークのついた⽉はラッキー⽉です。

January 1月
1月のオーラ
獅子座

ゆっくりスタート。

「自分の今の状況を信頼できている」のエメラルドが出ています。今年に入ってのあなたの大きな変化に「プレッシャーとの付き合い方が変化してきている」ことが挙げられるのです。これは2017年からの続きでもあって、今までのあなただったら、他人からの要求や期待に対して完璧に応えなければいけない。チャンスを無駄にしてはいけない。気を抜いてはいけない。そういうある意味「固いモード」でいることが多かったのです。でも、今のあなたは「失敗もあり」という緩やかな自分でいられています。「いきなり完璧にやることなんて不可能だから、とりあえずやってしまって、それで経験値を上げながらうまくやっていけばいいや」と、そういう緩さと「自分に対する信頼」も身につけているのです。ですから、1月は少しゆっくりめのスタートで大丈夫です。徐々にエンジンをあたためていく感じで。

February 2月
2月のオーラ
獅子座

周りが味方をしてくれる。

「太陽のような笑顔」を表すオレンジ色が出ています。2018年の最大の特徴って、あなたに対して最大限の追い風が吹くことです。これは一時的なものではなく「これまで頑張ってきたことに対して光が当たり出す」というイメージで大丈夫ですし、「2018年に最大が来るならそれ以降は下がってしまうのか?」など、そういう心配はしなくて大丈夫です(獅子座は心配性でもある)。そして、この時期のあなたには「晴れ舞台」という象徴が出ていました。だからもしできたら「陽が当たる場所」にいてもらいたいですし、自分の力を回復するために見晴らしが良い場所で太陽を浴びるなどしてみてください。そして、笑顔を意識して。ちょっと小難しい話なのですが、獅子座は自分自身の証明を「可愛さ」や「笑顔」など、そういう表情ではなく、「もっと本質である仕事の頑張りをみてほしい」と思い、笑顔などそういう表面的なもので判断されるのが苦手です。でも、このときのあなたの笑顔には特別な力が宿るので笑顔をやってみてください。

March 3月
3月のオーラ
獅子座

ムードを大切に。

「上り調子。いろいろとツイている」という緑色が出ています。この時期には忙しい方もいるのですが、どこか気持ちの余裕は持てているし、それを持てていない人もぜひ意識的に持ってみてください。気持ちの余裕をキープする秘訣は「経験したことに対してどんなに小さくてもプラスの評価で締めくくること」。「このとき怒られたけど、また同じミスを起こさないためにも必要だった気がする。私えらい」と心のなかで思ってください。「できなかったことではなく、できたことに目を向ける」。そして、この時期は周囲の環境がとても強く味方します。人間関係で好意を抱く人たちと距離が近くなっていくので、ぜひムードを大切にしてみてください。自分ひとりでも「自分をアゲてくれる」雰囲気のお店に行く、音楽を聴く、そういう「装置」を自分のなかで意識すること。オリンピック選手が競技前に聴く音楽が決まっているように、好きな音楽を聴いて自分をアゲていきましょう!

April 4月
4月のオーラ
獅子座

焦らない。丁寧に。

「様子を見る。整える」という緑色が出ています。5月もあなたの2018年を象徴するような出来事が多く出てくるのですが、それは「勝ち負けにこだわりすぎず、他人と協力し合う」という形です。獅子座はプロ意識が高い人だから、「みんなと一緒にいるんだけど孤高」というときも多いです。「これが終わったら、次のこの課題も完全にやりきる」など、自分の内面でシミュレーションしている世界の気合い度が高いからだと思います。ただ、この時期のあなたは「突っ張りすぎない。突っ走りすぎない。ひとつの山場が終わったらきちんと自分も休む」と、自分に余裕を持つことを大切にしています。この時期は焦りが出やすいときでもあるので、感情的にならないように注意してください。「縁が深まる」という象徴も出ているので「今度ゆっくりごはんでも行きましょう」など、「ゆっくり」というキーワードを多く使ってみてください。

May 5月
5月のオーラ
獅子座

チャンスをやり遂げる。

「チャンスをやり遂げる」を表すきれいな紫色が出ています。この時期のあなたは直感が冴えます。どういう直感の冴え方をするかと言うと「これは私にとってチャンスだ」という話がなんとなく分かるし、また、そういう話が多くやってきます。チャンスって「今の自分のレベルを上げていく話」です。ですから、チャンスは「半分は準備が整っていない」ときにやってくるものなのです。でも、自信を持って承ってください。人間関係についても変に遠慮はしないで「この人は私にとってチャンスだ」と思った人には積極的に予定を聞くなり、質問をするなりしてアプローチをしていってください。たまには高級なところでごはんを食べたりするのもすごくアリです。どうしてそういうことを言うかというと、チャンスってはじめは背伸びなのです。でも、月に1回でもいいところでごはんを食べておくと「背筋が伸びる」のです。そして、「またこういうところに来るために頑張るぞ」と思う。そういう背伸びをこの時期はどんどんしてみてください。やらないで傷つくぐらいなら、やってみて傷つくぐらいの気持ちでいたほうがいいですよ。

June 6月
6月のオーラ
獅子座

そして物語は続いていく。

「未達成」を表す黄色が出ています。これはネガティブな言葉ではなく、あなたにとってとても素敵なメッセージです。今年のあなたには「失敗もまた楽しむ」「うまくいかなかったこともまた私にとっては大事な経験」と、これまで強かった「完璧な結果を出して、それで燃え尽きたい」という願望と違う自分が出てきているのです。そういう変化をしてきたあなたは「チャレンジできる素晴らしさ」をこの時期に知ります。未達成の素晴らしさ。「やり切ったと思ったけど悔しさが残るからまたチャレンジができる」。「次はもっともっと準備して、やり切りたい」。物事には100%がないからこそ「また次」を楽しみにできます。そういう「未達成」の素晴らしさを知り、そして「今年の後半も頑張っていきたい」という気持ちが高まっていきます。また、この時期は「楽しむこと重視」にもなってみてください。ごはんを食べに行くとき「確実においしい」とわかっているお店ではなく「あのお店面白そう。前から行ってみたかったんだよね」と思うほうを重視してみてください。

しいたけからの
魔法のメッセージ

この上半期においては「その場での思いつき」があなたにとって奇跡を呼んできてくれる大事なサインになります。「私はこの場で何を選んだらテンションが上がるのか」を、思いつきの大事な目安にしてみてください。うまくまとまらなくてもいいです。計画通りにいかなくて不安になることもあるかもしれません。でも、思いつきを信じてあげること。自分のなかにいる「好奇心で生きている子ども」の部分が、あなたに新しい道を必ず教えていってくれます。だから常にその子どもに話しかけてあげてください。「一緒にテンションが上がることしようよ!」って。2018年上半期は「重さ」からは少し距離を置いてみてください。深刻さと重さ、それは「ここまで頑張ってきたんだ」という自負心も含まれるかもしれないのですが、「そんなことよりみんなで楽しんじゃおうよ!」という、明るい部分のあなたが強く必要とされていくから。明るい自分を、あなた自身も求めていますよ。やってみて。

しいたけ

SHIITAKE LIVE CHATしいたけさんが登場!
INSTA LIVEをお見逃しなく。

しいたけ占い上半期公開を記念して、占い師しいたけさんが12星座別のINSTA LIVEを開催。星座別にお悩みや質問も募集中なので、ぜひ参加して! 詳細はこちら

HOROSCOPE:SHIITAKE

ILLUSTRATION:TAROUT

EDITOR:CHIKAKO KURAZUMI