牡牛座

牡牛座のみなさんへ

いつも年末になると聞かれることがあります。「来年のラッキーな星座を教えて」という質問です。それに対しては申し訳ないのですがいつもうまく答えられないのです。たとえば「自分にとって凹むことが起きたからラッキーではないのか」って言うと、全然そんなことないのです。「凹む」って「新しい自分になる」など、そういう変化を自らに起こそうとチャレンジしている人にしか訪れないものだから。2018年の上半期占いは「自分なりに挑戦しようとしている人に対して、その背中を押せたら」という願いを込めて書きました。2017年も年末をこれから迎えていきますが、ゆっくりとあたたかい気持ちで読んでいただけたらうれしいです。

2018年上半期、牡牛座は
「完全オーダーメイドの巣作りを始める」

2018年上半期の
運勢は?

自分ひとりで取り組みたい気持ちが
強くなっていく。

「整理整頓をしながら未来を作っていく」という青が出ています。牡牛座に青が出るときは「整理整頓しながらひとりで前に進んでいく力」がすごく強くなるのです。あなたは普段なら「みんなと一緒にいろいろやっていく」という集団行動ができるのですが、自分の本気を出すときにおいては「単独行動」を極端に好んでいく側面が出て「巣ごもり」するかのようにコツコツとひとりで未来を迎えるための準備に入っていきます。

オーラ
牡牛座

孤高のブルドーザーモード。

2018年上半期については、あなたは「何かに突き動かされるか」のように、動いていきます。いや、何か運命的な展開によって動かされていく感覚に近いかもしれません。

これは牡牛座の人に特徴的な動きですが、先ほどもお伝えしたようにあなたは人生での大きな変化のタイミングの際にかなりの頻度で単独行動を取りたがります。これを牡牛座の「孤高のブルドーザーモード」と呼んでいます。

シンプルに言えばこのモードに入ったら、「自分の視界に入るものすべて」において、自分で勝手にやっていきたくなるのです。「全責任は自分で取っていくから、ある程度は自由にやらせてほしい。口は出さないでください。変に意見をしたら怒りますよ」という気持ちになるのです。

そして、周囲との人間関係に関しても「余計な口出しをされるのがストレス」とばかりに、少し距離を取ったり、あまり周りに期待したくないモードになったりします。牡牛座という星座は「人を愛するし、仲良くもしたいけど、ずっと仲良し関係でいることは私に期待しないで」と、どこか野生の動物のような孤高さを持っているのです。どうして2018年のあなたが「孤高のブルドーザーモード」になっているのか? それをもう少し詳しく説明していきたいと思います。

オーダーメイドの巣作り。

これまでも2018年に入ってあなたが本気モードに入っていく姿を説明してきたのですが、あなたは本気モードに入ったときに

「きちんと心の準備をして、そして完璧なオーダーメイドのものを全部用意したくなる」

という、執拗な環境づくりやモノ作りの精神が出てきます。

牡牛座は星座としても「手作り」や「オーダーメイド」ととても縁がある人です。たとえば、普通の人だったら自分の家を建てるときにある程度の流れやシステムがあって、そして「お任せ」という形で建てます。でも、激しい「オーダーメイドモード」に入った牡牛座は柱の素材からキッチンの場所、ここにマーブル模様の冷蔵庫を置きたいなど、全部を手がけたくなるのです。

そう、まさしく2018年上半期において、あなたは未来のために「完全オーダーメイドの巣作りを始める」のです。

顔を作っていく。

そしてもうひとつ、今回牡牛座の運勢を見たときに、もしかしたらこの2018年は一番あなたの「顔つき」が変化する年になるかもしれません。

顔って年齢によって変わっていくものですが、その人の生き様や、環境によっても全然違う顔つきになります。

これは僕のたとえ話になりますが、もうずっと前に成人式に参加したとき、そこで簡単な同窓会も同時に行われたのですが、昔の同級生のなかにはもう社会人になっている人もいて、その顔つきの大人っぽさにびっくりした記憶があります。

それで、牡牛座の“顔”ですが、牡牛座の人って魚座と同じように「年齢不詳」の人が多い印象があります。

ちょっと怒られるかもしれませんが、牡牛座って童顔や「子どものまま大きくなっちゃった!」という雰囲気がある人が多いのです。「ワーイ!」か「バーカ!」なんですね。もう少しだけ行数を割いて「どうして牡牛座の人は童顔が多いのか問題」について言及していきたいと思います。

牡牛座の童顔。

牡牛座は脇役や裏方が好きな人たちでもあります。その理由の多くが自由でいたいから。あなたは仕事でも趣味でも、突発的に何かの衝動に突き動かされて、ドハマりする可能性をいつも持っているのです。たとえばいつもだったら「ひとつのただのお仕事」としてやっている企画でも「あれ、この企画すごく面白い。これはちょっと寝食を忘れて取り組みたい」と思ったら、本当にその「ハマった」ことだけをやりたがるのです。だから、下手に責任を負わされて「自分が好きなことを徹底してやるための時間が取れなくなる」のを潜在的に恐れます。

だから、牡牛座って「みんなからは少し距離を取ったところで好き勝手やっている」のが好きで、その「好きなことに熱中する時間がとても大事」という意味で童顔性が強くなっていくのだと思います。魚座の童顔も同じ理由ですね。

それで、2018年上半期なのですが、あなたの童顔に変化が生じそうなのです。

この2018年、あなたは顔つきが変わっていきます。

それは、今までだったら恐れていて、「準備が足りない」と思っていて、「まだもう少し様子を見てから」と思っていた展開が急に始まっていくからです。

          

恐れの谷。

もうひとつだけ話をさせてください。この2018年上半期に、あなたはこれまで無意識に「まだ準備が足りない」「まだやりたくない」と思っていた事柄に対して本格的に手をつけていくことになります。

牡牛座って、もともとは「苦手なものを得意にするまで10年かかってもやり抜く」くらいの根気を持っています。でも、一方であなたはかなりデリケートな「苦手意識」も持っているのです。

たとえば、恋愛面においてすごく好きな人ができたのだけど、過去に好きな人に「あなたみたいなタイプが苦手なんだよね」と言われた一言をトラウマ的に覚えているとか。

そういう「強烈な苦手意識や避けたい事態」を経験した牡牛座はその出来事を迂回するような努力を始めます。その出来事に再び挑戦するために、「自分の容姿に自信を持つ」「体力をつける」「何があっても負けない精神力を鍛えていく」など。

そして、自分にできるすべての準備を終えて、あなたは再び「ずっと挑戦しようと思っていたけど避けていたもの」に直面しています。

あなたは今、「恐れの谷」の前にいます。

その谷の前では、いくら準備をしても「これで挑戦できる」と満足感を覚えることはありません。ただジャンプをして前に飛び越えるだけです。

そして、そこから起きることは全部「新しい、今までの自分だったら体験できなかった儲けものの経験」として受け取っていけばいいのです。

どうか恐れないで。

苦手なことって、再び手をつけてみたら意外と余裕だったってよくあるし、2018年のあなたのテーマは「ものすごく苦手だと思っていたことにチャレンジしていくチャンス」なのだから。

恐れずにやってみる。いろいろな心配事は物事を前に進めてから考える。

あなたならできるはずです。だって、そのためにいろいろなパターンのなかで頑張ってきたのだから。だから、もう「本番」から目をそむけないで大丈夫です。あなたは良い体験を受け取る資格があり、そして、恐れの谷を飛び越える体力と知力と経験が十分にある人なのです。

仕事運はどうなる?

究極の自己満足を目指す。

2018年上半期の仕事面でのあなたのテーマは「究極の自己満足」です。これはあなた独特の感覚なので説明をしたいのですが、牡牛座の人は「周囲に合わせて、協力し合いながら成果を出していく」という集団行動モードと、「私が全責任を持つから納得がいくまでやらせてほしい」という単独行動モードのふたつに分かれる人です。あなたは自分自身の行動についても「これは全体にとってどういう意味を持っているのか」と客観視することもできるので、仕事面においては「やれるところまでとことんやる」と、究極の自己満足を目指してください。そして、この上半期はどちらかと言うと一匹狼というか、必要な部分は他人や集団と協力し合うのですが、仕事の進め方においては「ひとりで取り組む形」が多くなりそうです。ひとりで考えて、そして「私はこう思うんですけど」と意見をしていってもいいと思います。むしろこの上半期において「みんなのなかに埋もれる」ことはやらないほうがいいです。出る杭が多少打たれてもいいから前に出ていく。それだけの覚悟でプロ意識も鍛えていけるから。ただ、単独モードのあなたは「うるさいな」と周囲の干渉に対して若干短気になってイライラする傾向があるから、そこはちゃんと大人として一歩引いてみて「あなたはどう思います?」とコンセンサスを取るようにしてみてください。

恋愛運はどうなる?

尊敬する人に近づくチャンス。

2018年上半期の恋愛面でのテーマは「協力」です。この時期の恋愛って「The 恋愛」みたいな感じで恋に落ちるパターンというよりは、どちらかと言うと「この人と一緒にいるといろいろなことに気づける」と、そういう尊敬するパターンから恋愛に発展することが多そうです。理想としては「お互いに認め合う。尊敬し合う」パターンに持っていきたいのです。

この時期のあなたの恋愛のイメージは、社会人1年目で配属された先の先輩がいろいろなことを教えてくれるようなパターンです。ただ仕事ができるというわけではなく「この仕事をする上でどういう考え方を持たなければいけないのか。そしてお客さんへの配慮はどう考えているのか」など、そういう視界の広さと気遣いの深さにこの時期のあなたは心惹かれていきます。もっとシンプルな言い方をすると「追い詰められていてもあまりカリカリしない」という、人としての器が大きい人に出会う確率が高いですし、そういう人を尊敬して心惹かれていきます。

そういう意味で、この上半期の恋愛はテクニックや「どうしたらいいか」を考えるのではなく、あなたが「やらなければいけない」と思った自分のミッションに全力で当たっていく気持ちでいてください。2018年はあなた自身が他人に期待し、自分自身が成長していく時期なのです。ですから、理想の恋愛相手は「この人との時間は私を成長させてくれる」という刺激を感じられる人です。異性でも同性でも、尊敬できる部分がある人に対しては物怖じせずに「あなたのこういう部分を尊敬している」と積極的に伝えていってください。

月ごとのアドバイス

1月
少しずつ新しい生活に移行していく。
2月
始動前夜。
3月
よく頑張ってきた私。
4月
ひとつの仕上げ。
5月
一旦休憩。
6月
最高の仕上げ。

★マークのついた⽉はラッキー⽉です。

January 1月
1月のオーラ
牡牛座

少しずつ新しい生活に移行していく。

「気持ちを整えていく」という薄いピンク色が出ています。あなたにとって2018年は「全部自分で責任を取っていく代わりに、自由に動きたい。自分が納得できるまでとことんやりたい」と、かなりの覚悟を持ってスタートしていく年になりそうです。そして、あなたの精神的な「本気」に対して、あなたの肉体や周りの状況が「重なり合い、歯車が合い出す」のが3月ぐらいなのです。ですから、1月は「完璧にやろう」とするのではなく、とにかく「ぶち当たる」くらいの気持ちでいてもらえたほうがいいです。あなたが本気を出していくときって必ず不安が出てきます。「もっと準備しておけばよかった」など、場合によってはプレッシャーが強すぎて現実逃避に走ってしまう人も出てきます。でも、その不安が出てきたときは「このままの私で大丈夫。だって結構頑張ってきたよ。大丈夫だよ」と、一緒に頑張ってきた野球部のマネージャーのような気持ちで自分に声をかけてあげてください。

February 2月
2月のオーラ
牡牛座

始動前夜。

「よっこいしょ」の薄いオレンジ色が出ています。今年はあなたにとってすごく不思議な一年で、変な言い方になるのですがあなたは「仕上げ」を意識しています。たとえばサッカーなどの競技では、本番の大会が近づいてきたときに「本番を想定した練習試合」を行います。それによって「自分のスタイルの仕上げ具合」がどれくらいかを確かめるのです。そういう意味で2月に入ったあなたは「いつもと違った自分」を実戦で確かめながら始動している感覚があります。この時期も結果に完璧にはこだわらないでください。それよりも「ひと通りやってみる」感覚を大事に。いろいろなことがあなたの新しい生活スタイルとして始まっていくので、人の意見、特にいじわるな意見や否定的な他人の発言は全部無視してください。あなたが本気を出すところには必ず大なり小なりの「衝突」が起きてきます。ですから、大切な人との間では「お互いに衝突した後の仲直りのルール」を作っておいてください。「LINEでこのスタンプを送ったときは仲直りをしたい準備。こっちのスタンプだとまだひとりで考えたい」など。

March 3月
3月のオーラ
牡牛座

よく頑張ってきた私。

「頑張っている自分が好きになっていく」というピンクが出ています。これ、怒られてしまうかもしれないのですが、牡牛座は自分が最大限に頑張っているときには一種の「究極の自己満足」を味わいます。通常「自己満足」ってそこまでポジティブな意味で使われる言葉ではありません。でも、あなたの場合はかなり自分自身に対して厳しい目線を持っています。自分を褒めたり、他人におべっかを言ったりする人ではないのです。その「厳しい目線」を持ったあなたが、3月までの自分に関しては褒めたいと思います。「私は結構頑張ってきたんじゃないか」って。「正直まだまだ問題点ばかり」だと思ったとしても、「ここまでやってきた自分」に対してとりあえず100点をつけてあげてください。そして、この時期は「褒める」もキーワードにしてみてください。他人に関しても「何でそれができないの?」とできない部分を見るのではなく「できた部分」を見て褒めてあげてください。

April 4月
4月のオーラ
牡牛座

ひとつの仕上げ。

「ひとつの大きな成果が出る」のオレンジ色が出ています。まずアドバイスがあって、今年のあなたは2〜3カ月に1回ぐらいの割合で「期限を区切る」形で努力をしたり、目標を設定し達成を目指すのがいいです。というのは、牡牛座の場合は期限を区切らないと「ずっと頑張り続ける」のが当たり前になってしまうから。その結果いつの間にか集中力が切れて「もうすべてが嫌になった」など、そういう極端な電池切れを起こしたりもしがちなのです。この4月。あなたはノッています。今までにはなかったひとつの仕上げを出していきます。その仕上げや「この時期の自分にしかできなかったこと」を体験したら、それがどんなに小さいことでも自分を褒めてあげてください。あなたが今年できていることは、決して「できて当たり前」のことではないのだから。一生懸命頑張っているときこそ、あなたは自分に対してかなり厳しくなります。「まだここまでしかできていない」って。でも、その厳しさを少しだけ緩めて自分がここまでやってきたことを認めてあげてください。

May 5月
5月のオーラ
牡牛座

一旦休憩。

「一旦休憩」を表す森の色が出ています。今年はこの「準備をする」→「結果に向かって頑張る」→「ひと区切りをつけて休養を取る」のサイクルが大切です。どうしてかと言うと、2018年に経験するあなたの世界はどうしても「濃い」のです。普段の自分の何倍も神経を使わなければいけないし、4月のアドバイスでもお伝えしたように「一年を通じて頑張る」よりも、区切りをつけてその期間内頑張る→そして休養を取るという形をやってもらいたいのです。この時期は「休んで心が落ち着く場所に行く」をテーマにしてみてください。できれば静寂を感じられる場所や自然があふれる場所がいいです。もちろん「大声を出したり、アトラクションがあるところで遊んだほうがスッキリする」という人はテーマパークなどに行っても大丈夫です。

June 6月
6月のオーラ
牡牛座

最高の仕上げ。

「これくらい余裕」を表す薄い黄色が出ています。いきなりなのですが、この6月のあなたはものすごくカッコイイのです。どうしてかと言うと、3月のアドバイスでもお伝えしたように、牡牛座は自己評価に厳しい人でもあります。自分自身も甘やかさず、ひとりのプロとして見ているところがある。「ここは良かったけど、ここがダメだったから全体として70点だな」など。そういうツンデレ具合を持ったあなたが、ここまで頑張ってきた自分を褒めて「このままいけるんじゃないか。そして、もっともっとやっていきたい」と未来に対してすごく期待をしてきています。「何か起きたらまた自分なりに精一杯対処すれば大丈夫。そして、カリカリせずに待つことも大切。白黒ハッキリつけることだけがすべてではない」と、大人としてももう一歩成長するのです。

しいたけからの
魔法のメッセージ

あなたは自分に対しての評価が厳しい人です。あなたは自分がやることに対して、一生懸命向き合っていく物事に対して、決して手を抜きたくない。できれば自分が納得する完璧な形で最高の場面を迎えていきたい。だから、完全なオーダーメイドの住居をつくるように、最高の形をつくっていってください。でも、たまには休んでください。そして、「ただ頑張っている。まだ満足がいく結果は出ていないけど」という自分に対しても100点をつけてあげてください。ときには旅を休み、気を遣わない仲間とくだらない話でもしながら。途中くじけてもいいです。途中、苦しさを感じてもいいです。自分のペースで駆け抜けること。ひと通りはやってみること! 結果は後から必ずついてきます。だからあなたにできる最善の行動を! そして最高の思い出を!

しいたけ

SHIITAKE LIVE CHATしいたけさんが登場!
INSTA LIVEをお見逃しなく。

しいたけ占い上半期公開を記念して、占い師しいたけさんが12星座別のINSTA LIVEを開催。星座別にお悩みや質問も募集中なので、ぜひ参加して! 詳細はこちら

HOROSCOPE:SHIITAKE

ILLUSTRATION:TAROUT

EDITOR:CHIKAKO KURAZUMI