本文へジャンプ

ナビへジャンプ

韓国で大活躍! 日本人モデルMEGに訊く、世界で通用する美肌のつくり方。

韓国で大活躍!
日本人モデルMEGに訊く、
世界で通用する美肌のつくり方。

「VOGUE KOREA」や「W KOREA」、「ALLURE KOREA」をはじめ、韓国のハイモード誌で目にしない日はないほど大活躍している、日本人モデルのMEGをご存知? 透明感溢れる美肌と涼しげな目もと、ふっくらとした頬のバランスで小悪魔的な魅力を感じさせる彼女は、現在単身韓国に渡り活動中。数々のクリエイターたちを虜にしているMEGが、ビューティTIPSをレクチャー!


韓国をメインに活動をスタートさせた理由はなに?
「韓国のハイファッション誌が好きで、よく読んでいました。誌面に出ているのは韓国人か欧米人が多くて、日本人があまり登場していなくて。韓国に一度行ってみたらどうなるかなと思ったことがキッカケです。自分でも仕事ができるとは思っていなかったのですが、2年前くらいから韓国でのお仕事が徐々に増えてきたので、挑戦してみたいなと思ったんです」。

韓国に本格的にベースを移す前は、どのくらい行き来していたの?
「多いときは一ヶ月に3回ぐらいのペースで渡韓していました。旅行は年に3〜4回。仕事のオファーがだんだん増えていって、毎月のように依頼が来るようになったのが2016年の秋ぐらいです。呼ばれる回数も増えて来たので、それなら向こうで活動してみようかな?と思って決意しました」。


 

韓国に興味を持った入り口は?
「実はK-POPアイドルから。当時、東方神起が好きでよく聴いていました。Instagramサーフィンしていたら、好きなアイドルを撮影していたフォトグラファーさんのアカウントを発見して。そのときすでにモデルとしてお仕事をしていたので、興味を持ってくれたみたいで、その方も私をフォローしてくれて作品撮りをすることになったんです。その方との撮影も、韓国で活動するキッカケのひとつになりました」。

韓国語はどうやって習得したの?
「最初は全然言われてもわからなかったんですが、いまはコミュニケーションに問題はないかも。テキストでの勉強はしていなくて、とにかく話して、聞いて覚えて、分からない単語があったら調べて……の繰り返し。基本的に耳から覚えました」。

いまモデルの仕事以外に夢中になっていることはある?
「実はロンドンのファッション学校に通っている韓国人の友だちと服をつくっています! 自分が着たい服が売っていなかったり、欲しい服がものすごく高かったりするので、欲しい服をつくった方が早くない?って。自分はパターンも何もわからないので、インスピレーションソースを集めて、リクエストを伝えて製作しています」。


多くのクリエイターを夢中にさせるMEGの武器のひとつである、透明感溢れる素肌。どんなメイクも映える、トラブル知らずの美肌の秘訣をリサーチ!


PHOTO BY INSTAGRAM/@_chomeg_


肌荒れしたときのスペシャルケアは?

「アイテムに頼るというよりは、ひたすら悪いものを出すことに徹します! メイクはせず、すっぴんで過ごし、水分をたっぷり摂ります。食事は野菜と果物オンリー。これが正しいかは分からないんですが、私には合っているみたいです。あとはひたすら寝る! 仕事がない日は、15時間くらい寝続けていることもあります(笑)」。

特別な日のスキンケアルーティンを教えて。
「夜クレンジングしたあとに、スキンフードのブラックシュガースクラブで余分な角質をオフしたあとに、ルルルンのパックをオン。このパックをした次の日は、メイクノリがよくなるので撮影前には欠かせません!

美肌を生かしたミニマムメイクが印象的なMEG。メイクのこだわりはある?
「奥二重みたいな重めの二重なので、基本的にアイメイクは薄く仕上げています。崩れやすいし、目もとがキツく見えちゃうのが気になって……。その代わり、リップにはこだわっていて、家に40本くらい口紅があります。(笑)色選びは、肌がキレイに見えるかどうか。その日の肌の調子に合わせてカラーを選んでいて、荒れているときは顔色がよく見える明るめの色をつけるようにしています
」。


PHOTO BY INSTAGRAM/@_chomeg_

仕事柄、長時間メイクをすることも多いなか、肌荒れをしないようどんなことに気をつけてる?
「絶対にメイクをしたまま寝ないことが何よりも大切! そして、汚れを残さないように、クレンジングは念入りに4回しています! まず拭き取りクレンジングでベースメイクを落として、クリームクレンジングで毛穴汚れまでしっかりオフ。そのあと、フォームクレンジングをして、一度拭き取りをします」。
すっぴんで過ごした日も、クレンジングは欠かさず行うそうで「韓国はPM2.5がひどいんです。それと空気中のホコリや汚れ、排気ガスなども肌に残したくなくて。毎日の欠かせない習慣です」。


韓国で活躍する日本人モデルはまだまだ少ないなか、年々活躍の場を増やしているMEG。将来はケイト・モスのように、コレクションモデルとして活動できるほど身長が高くなくても、海外でも活躍できるミューズになりたいのだそう。「日本人であることを生かして、もっとポジティブな発信をしていきたいと思ってます」。韓国の様子や撮影した作品を掲載しているInstagramもチェックしてみて。
Instagram:@__chomegyu__

STAFF CREDIT

PHOTO:YIM YOUNG WOONG
MODEL:MEG @AILE COMPANY
TEXT:CHUNG SUNGHEE
EDITOR:LISA HIJIKATA