VOGUE GIRL LINE Twitter Facebook Pinterest Instagram mail

「アディダス」史上最大規模の海洋プラスチック汚染に対するムーブメント「RUN FOR THE OCEANS」が開幕!

FASHION/NEWS
SHARE

「ADIDAS(アディダス)」が、2019年6月8日(土)の世界海洋デーに合わせ、6月8日(土)~16日(日)にわたって海洋プラスチック汚染に対するグローバルムーブメント「RUN FOR THE OCEANS」を開催。期間中にランニングアプリ「Runtastic」内のチャレンジに参加をすると、1km走るごとに1ドルが海洋保護教育活動「Parley Ocean School Program」へ寄付される。6月15日(土)には葛西臨海公園・葛西海浜公園で「RUN FOR THE OCEANS IN TOKYO」も開催されるので、こちらもぜひ参加して。

2018年には世界で約100万人のランナーたちが集結した「Run For The Oceans」。海洋環境保護団体「Parley for the Oceans」に100万ドルが寄付され、プラスチック汚染の影響を受ける海岸沿いのエリアに暮らす10万人の若者たちとその家族に対し、教育とサポートを直接提供する「Parley Ocean School Program」のために活用された。今年はさらに世界各地で史上過去最大規模の取り組みを予定し、150万ドルの寄付を目指す。

「RUN FOR THE OCEANS」へは、ランニングアプリ「Runtastic」上でチャレンジに申し込みをすれば参加が可能。自身の走った距離がアプリ上でカウントされ、1kmカウントごとに1ドルがParley Ocean School Programに寄付される。
チャレンジはこちらから:https://www.runtastic.com/rfto/hub_JPN

さらに6月15日(土)には、葛西臨海公園・葛西海浜公園で「RUN FOR THE OCEANS IN TOKYO」を開催。ランニングだけでなく、ビーチヨガやトレーニング、ピラティス、海洋環境に関するトークショー、ゲストアーティストによるLIVE、フォトスポット、海洋保護の取り組みに関する特設ブースの設置、と盛りだくさんの内容。※ランニング時はRuntasticの起動が必要

またアディダスは今年、アップサイクル(元の製品よりも価値の高い製品を生み出すこと)された海洋プラスチック廃棄物、PARLEY OCEAN PLASTICを使用したシューズ「Alphabounce+ Parley」を1,100万足生産する予定。従来の機能性を妥協することなく、エコ・イノベーションとスタイルを実現した新作スニーカーが、アディダス オンラインショップ、アディダス ブランドコアストア各店、その他アディダスランニング取り扱い店舗にて発売中なので、合わせてチェックして。

  • 「RUN FOR THE OCEANS IN TOKYO」

    開催日時/2019年6月15日(土) 10:00~18:00 ※開場は9:30(予定)
    開催場所/葛西臨海公園・葛西海浜公園(東京都江戸川区臨海町6丁目2) メイン会場は潮風の広場
    参加可能プログラム/ランニング/ビーチヨガ/トレーニング/ピラティス、海洋環境に関するトークショー、ゲストアーティストによるLIVE、フォトスポット、海洋保護の取り組みに関する特設ブースの設置など。
    ゲスト/SNS・HPにて後日発表
    参加費用/¥500
    参加方法/申し込みサイトよりエントリー https://moshicom.com/profile/68190/

TEXT:TOMOMI HATA
Swipe!
Swipe!