VOGUE GIRL LINE Twitter Facebook Pinterest Instagram mail
VOGUE GIRL+ マイページへ

佐久間由衣の連載がVOGUE GIRL+でスタート! スペシャルメッセージが到着。

FASHION/FEATURE
SHARE

2021年2月1日(月)から、VOGUE GIRLの新コミュニティ「VOGUE GIRL+」がスタート。自分磨きを応援するオンラインセミナーや毎日をハッピーに過ごすためのアイディアが詰まった記事をお届けします。さらには、人気女優がゲストエディターとなり、その独自な世界観を披露するスペシャル企画も連載開始! その中の1人で「」と「花」の連載をはじめる女優・佐久間由衣から、メッセージが届きました。

VOGUE GIRL+では、「本」と「花」をテーマに連載をスタートしていただくことになりました。「本」と「花」、2つのキーワードは最初の打ち合わせで、由衣さんから出てきたアイディア。この連載テーマが浮かんできた理由は?

読み終えた本を閉じる時、私は少し香りに近いものを感じます。きっとそれは自分だけにしか香っていないそんな曖昧なもの。その時間をゆっくりと自分の中で整理して、落とし込みながら自分の生活に戻っていく時間が大好きなんです。この感情はきっと誰かとシェアしたら消えてしまいそうなくらいの儚さも持っていて、誰かにシェアしないとパンクしそうなくらいのエネルギーも持ち合わせている。そんな私の独り言のような時間を、VOGUE GIRL+という場所をおかりして、お花を添えて、アフタートークのようにシェアさせていただきたいなと思いました。

自他共に認める読書家の由衣さん。人生の中で、「本」はどんな存在ですか?

私が小説にのめり込んだのは、子どもの頃からではなく、少し大人になりかけているような年齢でした。それでもまだ自分の軸がはっきりしない頃で、少なからず本に影響を受け、本に導かれ、今の自分がいる気がします。お守りのような精神安定剤のような存在ですが、子どもの頃に出会っていたらきっと友達、そう思っていたと思います。

本を読んで湧き出てきた思いや感情を、手書きで表現し、私たちにシェアしてくれるんですよね。デジタル時代の今、あえてアナログで伝える良さはどんなところにあると思いますか?

手書きには、その時のテンションが宿る気がしています。私も普段、些細な事から忘れたくない重要な事柄までメモを取る事が多いのですが、見返してみるとその時の気持ちが不思議と蘇るんです。そのほとんどは恥ずかしくなるような気持ちに近いですが、今回、思い切って自分のそんな部分までお見せできたらなと考えました。

最後に、VOGUE GIRL+会員に向けて、メッセージをお願いします!

『本は読んだほうがいい』そう大人達に言われて育ちました。ただ、課題図書や教科書に載っている抜粋された言葉達が、面白いと思えたことはなかったんです(国語の先生には申し訳ないけれど……)。けれど、ひょんなことがきっかけで、本の虫になってしまった。今思うと、その時に出合うべくして出合った、そんな運命だった気がします。

VOGUE GIRL+のメンバーの皆様にも、ここの場がそんなきっかけとなったらいいなと思っています。そして、そんな香りが少しでも届けられたらな、と思ってます。

佐久間由衣の連載VOL.01は、2021年2月28(日)公開予定! この連載が楽しめるのは、VOGUE GIRL+会員だけ!

VOGUE GIRL+についてはこちらから!

  • PROFILE | 佐久間由衣

    1995年、神奈川県生まれ。2014年女優として映画デビューを果たし、以降NHK連続テレビ小説『ひよっこ』(2017)、主演映画『“隠れビッチ”やってました。』(2019)他多数出演し、現在『劇場版 殺意の道程』が公開中。今後は『君は永遠にそいつらより若い』の主演映画が控えている。2020年12月から2021年1月にかけて出演した初舞台『てにあまる』では、柄本明や藤原竜也、高杉真宙といった個性派俳優との共演が話題を呼んだ。

EDITOR:SAYA YONEKURA
FOLLOW US

VOGUE GIRL の最新情報を CHECK!

Swipe!
Swipe!