VOGUE GIRL LINE Twitter Facebook Pinterest Instagram mail
VOGUE GIRL+ マイページへ

次元を軽やかに飛び越えて。ボーダーレスに描くエライザのヒーロー像。【池田エライザのWISH LIST VOL.7】

池田エライザがゲストエディターとなって、気になるトピックを撮り下ろす連載企画。VOL.7では「次元にとらわれずに表現するファッッションって?」というエライザの一言から、イラストレーターのイリヤ・クブシノブとのコラボレーションが実現。


 

2次元も3次元も自由にホッピング!
イラストで広がるクリエイションのカタチ。

エライザは、今回のテーマを選んだ理由をこう話してくれた。「海外への行き来が思うようにできない今だからこそ、日本でできることをやりたいという思いがありました。じゃあ、誰と何をする?となったときに、フォトグラファーやスタイリスト、ヘアメイクといったクリエイターが現場に集まるのと同じように、イラストレーターのクリエイションをファッションの現場にプラスしてみようと。昔の小説を読んでいると、人間の悪事であったり邪な部分が精霊として登場していることがあり、異なる次元を介して何かを訴えかけるっていう手法にはもともと興味がありました。次元にとらわれずに表現をすることは、実は昔からされ続けていることではあるけれど、今、その感覚をエンタメで取り入れることができればおもしろそうだなと思ったんです。次元や物事の境目をなくして、その間を自由に行ったり来たりする感覚をファッションで取り入れてみました」。

この記事の続きを見るには
LINEでVOGUE GIRL+の会員になる必要があります。

VOGUE GIRL+についてはこちら!
  • VOGUE GIRL+は有料サービスです
  • すでに入会済の方は、VOGUE GIRL公式LINEアカウントより、このページへアクセスしてください
  • VOGUE GIRL+限定記事の対象環境は、スマートフォンLINEアプリのみとなります。パソコン・タブレットは対象外となりますことご注意ください
  • 利用にはLINEの最新バージョンが必要となります

時空を旅し、強く、らしく。
自分の中のヒーロー像を探して。

今回は光沢のあるフューチャリスティックな「ドルチェ&ガッバーナ」のドレスを選び「エライザが描くヒーロー像」をテーマに撮影。「イメージしたのは自由に時空を旅し、社会の問題を解決していくような未来型ロボ。ひとつの側面や軸にとらわれない、柔軟な視野と視点が最大の武器!」このエライザの思いも含めて撮影した写真をイラストに書き起こしてくれたのは、ロシア出身で現在は日本で活動しているイラストレーター、イリヤ・クブシノブ。2020年にNetflixで配信されたアニメ『攻殻機動隊 SAC_2045』のキャラクターデザインを手がけたことでも有名な彼は、みずみずしさを感じるフレッシュなイラストで日本のみならず世界中に多くのファンを持つ。

「イリヤさんの描く女性いつも戦っていて、外的要因にも自分自身にも負けていない。普段、生活をしているなかで自己肯定高く、自分のことをヒーローだなんて思うことはあまりないのですが、イリヤさんが描く世界出てくるパワフルでしなやかな魅力を持つヒーロー像には憧れがあります。キャラクターひとりひとりに必ず長所があって、私も自分の中のヒーローになれる部分を見つけたいですね」。

想像力が最大の武器。
新たな表現が生まれる化学反応を楽しんで。

身体のシルエットや服のディテール、細部まで繊細に描かれた全身のイラストには、もとの写真にはなかったメカが腕や顔の部分に加わっていることがわかる。写真を見たイリヤ・クブシノブが、今回のテーマに合わせて新たな装置を書き加えた。

「今回の撮影で、改めて大切だと思ったのは想像する力。普段から自分でこんな撮影ができたないいな、こういった現場を作れたらいいなと思うのですが、それを作るために、ラックにかかった服としっかり向き合い、撮影現場で組まれたライティングをじっと見てスタッフみんなで想像をします。その結果、こんなにもワクワクするものができるんだよってことをVOGUE GIRL+のメンバーのみなさんにも伝わっていたら嬉しいです。今回イリヤさんは、私にヒーローになるための秘密のメカを持たせてくれました。見る人や想像する人によって、違うパワーが宿るメカ……。みんなにはどう見えるか、物語の背景やストーリーを想像しながら楽しんでほしいです!」と、エライザ。表現によって、生まれたフレッシュな化学反応を堪能して。

  • 池田エライザ

    1996年生まれ。2009年にファッション誌の専属モデルとしてデビュー後、2011年からは俳優としての活動を開始。近年は、俳優としての活動だけにとどまらず映画監督や歌手として活躍のフィールドを広げている。2021年8月には「ELAIZA」名義で本格的な音楽活動をスタート、9月6日には1stアルバム『失楽園』内の『Close to you』が先行配信されことを発表。2021年9月6日(月)からは、ドラマ『古見さんは、コミュ症です。』(NHK)にヒロイン・古見硝子役で出演、2022年冬には映画『真夜中乙女戦争』の公開が控えている。

    https://ikedaelaiza.jp/
    Instagram: @elaiza_ikd

Swipe!
Swipe!