VOGUE GIRL LINE Twitter Facebook Pinterest Instagram mail
VOGUE GIRL+ マイページへ

「ディースクエアード」の25周年をお祝い! ブランドと同い年、25歳エディターがデザイナーの2人にスペシャルインタビュー。

カナダ出身の双子デザイナー「ディーン & ダン・ケイティン(Dean and Dan Caten)」によってスタートしたディースクエアードDSQUARED2)」。確かなテーラリング技術に裏打ちされたイタリアンモードに、ユーモアのあるアメトラ要素がミックスされた創造性のあるスタイルに定評がある「ディースクエアード」は、世界中のミュージシャンやセレブリティからも愛され続けている。そんなブランドが、今年で25周年。1995年にスタートしたということは……、なんと私と同い年!? 勝手に運命を感じた、エディターAがデザイナーにスペシャルインタビューを敢行! これを読めば「ディースクエアード」、そしてデザイナーのディーンとダンのことがもっと好きになる!

祝25周年! 私と同い年の「ディースクエアード」についてもっと知りたい!

25年前、私が生まれた頃と同じタイミングでブランドとしての歩みをはじめた「ディースクエアード」。まずは、ブランドが誕生したきっかけや、25年の歴史の中で印象に残っている仕事についてASK!

Q(エディターA):「ディースクエアード」のはじまりは25年前。私と同い年で、なんだかちょっと運命を感じています。まずは、ブランドがはじまったきっかけを教えてください!

A(ディーン & ダン):ブランドのはじまりは1995年、僕たちが31歳の時。だけど、情熱はそれよりずっと前からあったんだ。19歳の時にニューヨークのパーソンズ・スクール・オブ・デザインに通い、「ポーツ 1961PORTS 1961)」で6年間の経験を積み、その後夢を追ってイタリアに移り住むことに。その時は、ただの夢見る若者だったけどね! 今は、その夢が現実となっていて感慨深いよ。

Q:ブランドをスタートさせた時から、2人はこんな風に成功する未来を描けていましたか?

A:最初から、誰にも止められないほどの情熱を持っていたから、いつも自分に自信があったんだ。僕たちは双子だから、その自信はいつだって2倍になるしね! 双子であり、家族であり、お互いの鏡である僕たちは、アイデアとインスピレーションを共有し合いながら、時間をかけて、自信をより大きなものにしてきたんだ。もちろん、イタリアに移り住んだ最初の頃は、自信をなくしてしまうこともあったよ。けれども、2人で乗り越えてきた。今振り返ると、困難な状況でさえ、すべて私たちの力になっていたんだと思えるね。

Q:25年の歴史の中で刺激的だった仕事は?

A:これまでコラボレートしたアーティストたちは、僕たちとは違った視点で「ディースクエアード」というブランドを理解し、より良いものにしてくる。自由な視点で新しい景色をみせてくれる、才能のある人たちとの仕事はいつも刺激的だよ。中でも印象に残っているのは、『Don’t Tell Me』(2000)のMVの衣装やDrowned World Tour2001)のためにデザインしたピースなど、マドンナとのコラボレーション。初めてのウィメンズのショーに、ナオミ・キャンベルがランウェイを歩くといってくれた時も最高にワクワクする瞬間だった!

Q:競争の激しいファッション業界で、25年間ブランドを続けられているのはどうしてだと思いますか?

A:理由の1つは、僕たちは洋服をデザインするだけでなく、ブランドがどのようなストーリーやメッセージ、価値観を持っているかを発信し続けてきたから。もう1つは、オリジナリティを大切にし、自分自身に忠実にあり続けてきたから。そのための努力を続けていれば、新しい何かが見えることがある。ブランドも自分自身もいつだってこれが最終ゴールだと思わずに前に進んでいくことが、とても大切なことだと思うんだ。学ぶべきことは、これからもまだまだたくさんあるよ。

Qファッションデザイナーとして大切なことは?

A:あらゆるものからインスピレーションを感じることができる創造性。インスピレーションは、シンプルなものから生まれるもの。普通のものから美を見出す力は、失ってはいけないと思う。もう1つ、自分自身を信じる力も忘れないで。何かを強く信じていれば、まわりから悪い影響を受けることもないし、自分で自分のことを信じていなければ、困った時に誰からも手を差し伸べてもらえないのだから。

Q:私が「ディースクエアード」を着るようになったのは両親の影響です。父も母も大好きで、コーディネートによく取り入れていました。こんな風に世代を超えて愛されるブランドは数少ないと思いますが、私たちのような世代に「ディースクエアード」の洋服をどんな風に楽しんでほしいですか?

A:時代に遅れず、トレンドをキャッチアップすることも大切にしてほしいけれど、常に自分らしくファッションを楽しんでほしい。あなたたちのような若い世代が、世の中を作るパワーと影響力も持っているのだから。

公私ともに素敵なパートナー。双子デザイナー、ディーンとダンの関係をもっともっと知りたい!

双子デザイナーとして、ファッション業界でフレッシュな地位を確立しているディーンとダン。兄弟として、仕事のパートナーとして、長い時間をともに過ごしている2人の関係をもっと教えて!

Q:双子のデザイナーは、とても珍しいですよね。兄弟が仕事のパートナーであることの魅力とは?

A:僕たちの強みだと思っていることの1つは、お互いについてすべてを知っているということ。競争の激しいこの社会では、ちょっとした遅れや失敗が命取りになってしまうので、信頼関係がとても大切。全幅の信頼を寄せる相手が仕事のパートナーであるということは、物事を進めるスピードを早くし、孤独感を減らすことができる。いつもインスピレーションを共有、比較をすることで、ブランドをより強固で、まとまりのあるものにできていると思うんだ。

Q:仕事をする上で、2人の中のルールはありますか?

A:ブランドをスタートさせた時から、役割やルールを特別に決めるということはしなかった。以前は、すべてのことを一緒にやっていたんだけど、ビジネルのスケールが大きくなるにつれ、それぞれの役割が出てきたという感じかな。今では、ディーンがウィメンズウエア、ダンがメンズウエアをフォローしている。僕たちの性格は真逆なんだけれど、一緒に過ごした長い年月が関係を成熟させ、仕事とプライベートの両面で自分たちの長所と短所を理解することができるようになった。もし、2人のうちのどちらかが疑問を持っているとしたら、大抵の場合はもう1人が解決策を提案することができるよ!

Q:お互いのどんなところを尊敬していますか?

A(ダン):ディーンはより自発的で衝動的、僕はより実用的で注意深いので、生活の中でバランスがとれているように思う。ともに過ごした長い時間をかけて、お互いにすべてを尊重し合うことの大切さを学んだよ。若い頃は、ほかと違っていたためにいじめられたこともあるけど、お互いに支え合いながらポジティブなエネルギーに変えてきたんだ。

ディーン&ダンから学ぶ、人生をより豊かにするためのTIPS。

仕事もプライベートも全力で楽しんでいる2人に、人生をより豊かに生きるためのヒントをASK。青春時代をどう過ごしたの? 私と同世代のガールたちには、どんな女性になってほしい? 毎日に彩りをもたらしてくれそうな、素敵なメッセージを届けてくれた。

Q:2人は20代をどんな風に過ごしましたか?

A:僕たちにとっての20代は、仕事とダンスがすべて(笑)! ニューヨークにいた頃は、家賃を払うためにウェイターとして働き、暇を見つけてはディスコに通っていたんだ。青春時代は「STUDIO 54」とともに過ぎ去ったといっても過言ではないくらい!

Q:今だからいえる20代の頃の失敗談を教えて!

A:過去でも現在でも、進むべき道の中で訪れる犠牲と喜びは、ほとんど同じだと思う。たとえ困難が幸せな瞬間以上のものを教えてくれるとしてもね。だから、失敗体験は(成功体験についても同様に)話さないようにしているんだ。

Q:仕事も全力で頑張りたい! けれどもプライベートも充実させたい! そんな私の悩みは贅沢なのでしょうか。2人の仕事とプライベートを両立させる方法が知りたいです。

A:夢を追い、誰のいうことも聞かずに、一生懸命毎日を楽しむこと。これが僕たちからの永遠のアドバイス! プライペートにおいても、ビジネスにおいても、いつもこの考えに正直であるようにしているんだ。僕たちは、ワーカホリックなのではなく、自分たちの仕事を愛していだけ。だからこそ、どのタイミングで切り替えて友達と出かけるのが自分にとって心地いいかも知っている。これまでの人生振り返ってみても後悔はないよ!

Q良い友人を見つけるためには?

A:良い友達を見つける方法はないけど、見つけたらすぐに引き留める方法はたくさんあるよ。良い友達であることは、フットワークが軽く、お互いに忠実で、本物でいることを意味している。簡単ではないけれど、どんな関係でもいつだって誠実であるようにバランスを取る必要があると思う。イタリアにはこんな有名なことわざがあるんだ。“Whoever finds a friend finds a treasure.(友を見つけるということは、宝物を見つけたということ)

Q:今20代の私たち世代のガールに、どんな女性になってほしいですか?

A:決断力を持ち、自発的で、自信を持って親切に……、そして恐れるなと伝えたい! そのような女性は自分がどこへ向かうべきか、そしてどうやって欲しい物を手に入れるかを知っているから。そしてもう1つ私たちが重要だと思っているのは、自分らしくあり、犠牲と情熱を持って夢を追うこと。これは、女性だけでなくすべての人(特に若いとき)が持つべき姿勢だと思う。もし否定的な意見やあなたの目標を邪魔しようとする人がいたとしても、決してあきらめないで!

Q:最後に、人生を楽しむために必要なことを教えてください。

A:物事は日々進化しているけれど、僕たちはブランドをはじめたときと同じ2人の兄弟であるということは変わらない。成長し、自分たちの人生を楽しんで、家族の暖かさを毎日感じているよ。人生を振り返った時に、これまで一瞬の後悔もないんだ。なぜなら、僕たちは他の誰かになろうとしたことは1度だってないから。

25年という同じ時間をともにしている「ディースクエアード」が、今回のインタビューを通して、より身近で親しい友人のような存在に。ディーン&ダンからは、人生の先輩として毎日を謳歌するためのヒントをたくさんもらいました。アニバーサリーイヤーの今年は、カプセルコレクションも発売中! 限定ポップアップも開催予定なので、足を運んでブランドの美学を感じてほしい。

25周年のアニバーサリーコレクションとポップアップ情報はこちらからCHECK!
FOLLOW US

VOGUE GIRL の最新情報を CHECK!

Swipe!
Swipe!