VOGUE GIRL LINE Twitter Facebook Pinterest Instagram mail
VOGUE GIRL+ マイページへ

“見えない私”を美しく。 香水×ランジェリーの共犯関係。 #11

毎日肌に触れるもの、身に纏うだけで自信をくれるもの。そんな共通項が浮かび上がる香水とランジェリー。その新しい掛け合わせに挑戦してみよう。連載第11回目は「セリーヌ」の香水”ダン・パリ”と「オーバドゥ」のランジェリーをピックアップ。

パリジェンヌの普遍的なエレガンスを纏う。

エディ・スリマンが手掛ける「セリーヌ」のパフュームコレクション「セリーヌ オート パフューマリー コレクション」はパリジェンヌそのもの。タイムレスなマスキュリンフェミニンなスタイルで、モダンな香りのハーモニーを奏でる。いずれの香りもベースはエディの個人的な記憶。「パリで」という意のフレグランス”ダン・パリ”の香りは、エディが20才のころにセーヌ川の観客船で友人たちと見たパリの街並み。映画のように儚くフラッシュバックするパリの街を、ベルガモット、コリアンダーシード、ローレルブロッサム、ムスク、バニラで表現した。心のパリのアコードに合わせるのは、フレンチランジェリーの代表格「オーバドゥ」からアイコニックな黒のランジェリー。刺しゅうが施された定番の”バイア”をモダンに解釈した”バイアアンドモア”コレクションでパリジェンヌのようにフィアレスに官能エレガンスを楽しんで。

香水「ダン・パリ」200ml ¥37,000/CELINE BY HEDI SLIMANE(セリーヌ ジャパン)
  
ブラトップ ¥12,000 ショーツ¥11,000/ともにAUBADE(栄進物産) タイツ¥1,690/CALZEDONIA(H3O ファッションビュロー) シューズ¥40,000/REPETTO(ルック ブティック事業部)
Swipe!
Swipe!