VOGUE GIRL LINE Twitter Facebook Pinterest Instagram mail

“見えない私”を美しく。 香水×ランジェリーの共犯関係。 #5

毎日肌に触れるもの、身に纏うだけで自信をくれるもの。そんな共通項が浮かび上がる香水ランジェリー。その新しい掛け合わせに挑戦してみよう。連載第5回目は「オフィシーヌ・ユニヴェルセル・ビュリー」の香水”ルーブルコレクション”と「アラクス」のランジェリーをピックアップ。

想像力を掻き立てる、アートなケミストリー。

パリ発総合美容専門店「オフィシーヌ・ユニヴェルセル・ビュリー」で手に取りたいのは、ルーブル美術館の作品にインスパイアされた香水。調香師ジャン=クリストフ・エローが想像したのは、ミロのヴィーナスの香り。フェミニティを祝福する愛の女神からは芳醇なマンダリンと繊細なジャスミンで彩られたフローラルのブーケ、大理石の冷たい質感と均整の取れた姿勢はアンバーとウッディでモダンに描いた。

アートなセンスで魅了するNY発「アラクス」のランジェリーはアート作品のようなモダンな色の組み合わせが魅力。ピスタチオグリーンのオーガニックコットンに、淡いパープルのシャムルーズのパネルが施されたブラ&ショーツは印象派の絵画のように光を追って輝きを増す。香りとランジェリーで肉体に生き生きとした美しさを宿らせ、未来への想像力をふくらませよう。

2000年より、デザイナーのアラクス・ヤラムヤンが手がけるランジェリーブランド。高級オーガニックコットンを使用し、肌が呼吸しているようなつけ心地。ボディスーツをレイヤードしたり、色を組み合わせていくのも楽しい。
香水「オー・トリプル ミロのヴィーナス」75ml ¥21,000/OFFICINE UNIVERSELLE BULY(オフィシーヌ・ユニヴェルセル・ビュリー)
    
ブラトップ¥12,000 ショーツ¥8,000 ボディスーツ¥23,500/すべてARAKS(エディット フォー ルル)
  • INFO

    エディット フォー ルル(ベイクルーズ カスタマーサポート)
    0120-301-457
       

    オフィシーヌ・ユニヴェルセル・ビュリー
    0120-09-1803

     

PHOTOS : FISH ZHANG
STYLING : SUMIRE HAYAKAWA(KIKI INC.)
HAIR & MAKEUP : NORI(W)
MODEL : CAI YI
EDITOR : CHIKAKO KURAZUMI
SPECIAL THANKS : SEIBI, HIROKO WATANUKI(SCULPTURE)
Swipe!
Swipe!