本文へジャンプ

ナビへジャンプ

FASHION

東京it girlsの着回しリレー/Vol. 52 大屋夏南

of 10
  • 今回の着回しリレーは、抜群のルックスとファッションセンスで、VOGUE GIRL世代のスタイルアイコンとして人気を集める大屋夏南が担当! 90sブームで人気が再燃している「GUESS(ゲス)」のシグネチャーTを主役にした、変幻自在の3スタイルを提案。感度のいいブランドをいち早く取り入れつつ、卓越したMIX感覚で自分流のスタイルに落とし込む、その鮮やかなテクニックはファッショニスタならでは。時代の一歩先をいく、ストリート×モードな着こなしに早速フォーカス。
  • 夏南が着回しに選んだ「GUESS(ゲス)」ロゴTは、実はプライベートでも購入済のアイテム。「GUESSって90年代のヒップホップシーンですごく流行ったんだけど、最近になってエイサップ・ロッキーがモデルを務めたりしていて。いま改めて着たら面白いかもと思ったんですよね」。相棒に選んだのは「3.1 フィリップ リム」のセットアップ。ハンサムなスーツルックを、「チーゴ」のバングルや「メイデン」のリングでエレガントに味付けしてフィニッシュ。

    着回しアイテム:Tシャツ¥3,900/GUESS(ゲス コールセンター) その他/モデル私物
  • 仕立ての良い「3.1 フィリップ リム」のテーラードパンツには「マルニ」のフスベットサンダルをセット。「歩きやすさを重要視しているので、だいたいサンダルかスニーカー。ヒールのあるものはほとんど履かないかな」。ベージュ×カーキのアースカラーなグラデーションに、赤いペディキュアがアクセントに。

    すべて/モデル私物
  • 続いて披露してくれたのは、オリエンタルなガウンを取り入れた着こなし。Tシャツ×デニムのラフなスタイルも、丈が長いものを1点プラスするだけで、印象がガラリと変化。何気なく合わせたデニムは、泣く子も黙る「ヴェトモン」。Tシャツはタックインして90sフィーリングたっぷりに仕上げ、「ゴーシャ・ラブチンスキー×バンズ」のコラボスニーカーでメンズライクな要素をMIX。Tシャツのロゴとガウンの色を、さりげなくリンクさせたのもポイント。

    着回しアイテム:Tシャツ¥3,900/GUESS(ゲス コールセンター) その他/モデル私物
  • 龍の刺繡があしらわれたヴィンテージの羽織は、トーガXTCで見つけたもの。「セレクトが私好みなので、かなりの確率で欲しいモノに出会えます」。Tシャツとデニムでつくるストリートな着こなしも、シノワなガウンを1枚羽織るだけで、不良性漂う粋なコーディネートにシフト。

    着回しアイテム:Tシャツ¥3,900/GUESS(ゲス コールセンター) その他/モデル私物
  • 「着ていて自然体でいられる服が好き。だからユニセックスなパンツルックが多くなりますね」と夏南。「エミ」のニットガウチョでリラックスムードにたっぷ りに仕上げたら、「パム」のキャップでボーイッシュなアプローチを。そして足元には「ローズバッド」のフラットサンダルをセット。丸いフォルムが目を引く ショルダーは、NYで購入した「ビルディングブロック」。ユースなスピリットを匂わせつつ、モノトーンで締めてワンランク上のスタイルに。

    着回しアイテム:Tシャツ¥3,900/GUESS(ゲス コールセンター) その他/モデル私物
  • キャップはスケーターっぽく後ろかぶりに。仕上げにゴールドのピアスや革のチョーカーをプラスして、女性らしさもしっかりアピール。メイクはナチュラルに仕上げるのが基本。「マック」のペンシルと「アナスタシア」のアイブロウジェルで眉の形を整えたら、「アールエムエス」のリップで血色のいい表情を演出。

    着回しアイテム:Tシャツ¥3,900/GUESS(ゲス コールセンター) その他/モデル私物
  • 普段からあまりモノを持ち歩かない主義らしく、愛用している「ビルディングブロック」のバッグもスモールサイズをチョイス。「バッグにあわせて、財布も小さいものが欲しくて。いろいろと探した結果、セリーヌに落ち着きました。ミニマルなデザインと、大好きなブルーが選んだ決め手かな。iPhoneカバーは友達が作ってくれたミュータントタートルズのもの。キーホルダーは数種類を重ね付けしていて、“K”のイニシャルがクロエ、ひし形のルームキーは中目黒で購入。長方形のネームプレートは海外のサイトでオーダーしたもので、自分の好きなメッセージを入れて楽しんでます」

    すべて/モデル私物
  • 10代の頃からモデルとして活躍し、パーソナルブックやビューティ本の発売など、ガールズトレンドを牽引してきた夏南。またヘルシーな美ボディでも知られ、日々のトレーニングやビューティ法なども綴ったブログは、リアルでわかりやすいと巷でも評判に。ちなみに撮影日も実践中のジュースクレンズやグルテンフリーの情報など、ホットな話題をたくさん届けてくれた。また近年では女優業にも挑戦。ドラマ「HiGH&LOW」ではアクションにもトライするなど、新たな一面を開花させている。7月16日には同作品の劇場版も公開決定! モデルという枠に捉われず、さらにステップアップを続ける彼女からこれからも目が離せない。
  • 関連記事サムネイル

PHOTO : MUNEHIRO SAITO(S-14)  TEXT : YURI TANAKA  MODEL : KANA OYA

FromVOGUE