本文へジャンプ

ナビへジャンプ

FASHION

パリを魅了したイットガール、中条あやみのパリコレDIARY。

2016年3月にパリで開催された2016-17秋冬パリコレクションで、シャネルのショーに出席した、モデル&女優の中条あやみさんに密着。ショー会場でのエクスクルーシヴインタビューと、中条さんが撮影したパリ滞在中のスペシャルショットをお届け。

IMG_2077PHOTO : RYUSUKE HAYASHI

VOGUE GIRL(以下、VG) : 今日のコーディネートのテーマは?
AYAMI(以下、A) :今年1月に「シャネル」のオートクチュールコレクションのときとはまた違うフレッシュな感じの装いにしたいなと思って。パンクなイメージでシャネルの2016年プレスプリングコレクションから、シルクサテンシャツとレザージャケット、それにツイードのスカートを合わせてモノトーンでコーディネートしました。たまたまフィッティングのときにコンバースを履いていたのですが、その等身大がいいねとなって、今日は足元はコンバース。このチョーカーも自前です。リングはシャネルの黒とホワイトゴールドをじゃらっと付けました。メイクもラインを強めに入れてもらって、パンチを効かせてみました。

VG:今回のコレクションで気になったルックは?
Aシャネルらしい黒とゴールドがミックスされたオーバーオールにひと目ぼれ(写真下)。ジャケットをラフに肩掛けしたら格好いい!

_CHA0493PHOTO : INDIGITAL

VG:ショー会場では誰かと交流した?
A:隣にパク・シネさんが座っていて、ちょっと話しかけてみました。斜め前にはファレル・ウィリアムズの姿も。フォトグラファーの数に圧倒されました。大好きなウィロー・スミスにも会えて。彼女は年下とは思えない貫禄で、いい刺激になりました。

VG中条さんにとってシャネルとはどういう存在?
A:憧れの存在。ガブリエル・シャネルは、その生き方も女性として尊敬しますし、知れば知るほどそのチャームに魅了されています。

VGいつか手に入れたい、シャネルの憧れアイテムは?
A:ツイードのスーツ。いつかスーツが似合う年齢になったら着こなしたいです。

of 7
  • ガブリエル・シャネル時代のオートクチュールサロンが再現されたコレクション会場。「シャネル特有のツイードやキルティング素材のスーツはもちろん、写真の大振りのパールアクセサリーやハット(次頁)が特徴的でした。また会場で一緒になった他のセレブリティのドレスアップが華やかだったことも印象に残っています」
  • 「マレにあるシャネルの香水・化粧品ブティック。遊び心のある内装が可愛かったです」
  • 「ずっと行きたかった念願のルーブル美術館。 規模の大きさに驚きました。パオロ・ヴェロネーゼの『カナの婚礼』の前にて」
  • 「ノートルダム大聖堂の中のステンドガラスは色鮮やかで美術館の中のようでした」
  • 「初めて行ったシテ島。大きな橋や街並みがとてもきれいでした」
  • 「サン=ルイ島の橋に恋人たちの名前が彫ってあって、それすらオシャレにみえたので写真を撮りました」
  • 関連記事サムネイル

VG今回の渡仏。「シャネル」のショーに参加する以外で、印象的な出来事は?
A:はじめてVOGUE JAPANの撮影(※)をさせていただきました。フォトグラファーのエレン・フォン・アンワースをはじめ世界で活躍されているクリエイターの方々とのお仕事はとても光栄で楽しかったです。フリー時間にはサン=ルイ島の教会に行ったり、ルーブル美術館でアートに触れて、いろいろとインプットすることができました。
※VOGUE JAPAN8月号(2016年6月28日売り)にて掲載予定。

VG:パリで好きな場所は?
A:1時間に1回、キラキラと光るエッフェル塔、宿泊していた素敵なホテル……。歩いてる人も街並みもパリはどこを切り取ってもオシャレ。

VG:パリで好きな食べ物は?
A:フランスパンとバター。フランスパンは硬めが好きなので、本場のバゲットとできたてのバターは食べだすと止まらないです!

VG:パリで1日自由に過ごせるとしたら、どう過ごしたい?
A:ヴィンテージショップで掘り出し物を探索して、オペラ座に行ってみたいです。

VG:憧れのフランス人は?
A:カトリーヌ・ドヌーヴ。映画『シェルブールの雨傘』を初めて見たときに、表情の豊かさに目を奪われました。

aflo_MBZA028392カトリーヌ・ドヌーヴ。映画『シェルブールの雨傘』(1964)より。PHOTO : EVERETT COLLECTION/AFLO

VG:中条さんにとってパリとは?
A:そこにいるだけで歴史を感じるし、美しい街にいると夢の中にいるような気分になる場所です。刺激的で、沢山のものを吸収することができると思いました。

将来はインターナショナルに活躍したいと語る中条さん。パリでの刺激を受けて、ますます表現の幅を広げる彼女から今後も目が離せない!

[PROFILE]中条あやみ。1997年2月4日生まれ。集英社『SEVENTEEN』専属モデルとして活躍するかたわら、女優としても才能を発揮。

>シャネル2016-17AWコレクションを見る
>特集 PARIS FANTASY:「中条あやみが演じる、フレンチミューズ」を見る

FromVOGUE