本文へジャンプ

ナビへジャンプ

FASHION

可愛い、おしゃれ、それとも……?ちょっぴり恥ずかしいセレブのレッドカーペットデビュー写真27連発

今でこそファッション、ヘアメイクを完璧に整え、レッドカーペットを我が物顔で歩くセレブたち。でも、実際はデビュー時からそうだったわけじゃない! ファッションが微妙だったり、笑顔やポーズがぎこちなかったり……。今回は、トップセレブたちの可愛いけれど赤っ恥なレッドカーペットデビュー写真を一挙にご紹介。

of 27
  • PHOTO:Everett Collection/AFLO
    マドンナ
    アイコンファッションのビスチェドレスで1984年のMTVビデオ・ミュージック・アワードに登場。初のレッドカーペットから今現在に至るまで、斬新かつ奇抜な衣装で楽しませてくれるのはさすがポップの女王!
  • PHOTO:REUTERS/AFLO
    エマ・ワトソン
    エマの初レッドカーペットは、もちろん初出演映画『ハリー・ポッターと賢者の石』のプレミア。デニムのロングドレス&ファーにそばかすなど、今では見られない11歳ならではの姿がとってもキュート!
  • PHOTO:REUTERS/AFLO
    クロエ・グレース・モレッツ
    2005年の『悪魔の棲む家』映画プレミアにて、プリンセス風ドレスとお嬢様巻きで愛らしさたっぷり。カーペット上では投げキッスをするなど、8歳ながら大人顔負けのパフォーマンスを披露。
  • PHOTO:REUTERS/AFLO
    ブレイク・ライブリー
    2005年にヒットした映画『旅するジーンズと16歳の夏』の共演者とティーン・チョイス・アワードへ。ファッショニスタだけあって、この時も当時大流行していたダメージデニムをチョイス!
  • PHOTO:Rex Features/AFLO
    クリステン・スチュワート
    子役として注目を浴びた『パニックルーム』(’02)の映画プレミアは、12歳ながらオールブラックでシックに決めたクリステン。今でもレッドカーペットでドレスに合わせるほどのスニーカー好きは、この頃からもう始まってたみたい。
  • PHOTO:Rex Features/AFLO
    ドリュー・バリモア
    天才子役として一気に注目を浴びた映画『E.T.』(’82)のロンドンプレミアにて、スティーブン・スピルバーグ監督と一緒に。このご満悦の表情から、もうすでに大物女優への兆しがプンプン。
  • PHOTO:Rex Features/AFLO
    ケイト・モス
    カルバン・クラインの広告でブレイクした1993年、ブルーミングデールズのイベントに出席したケイト。今でこそ定番なマスキュリンスーツにスニーカーを合わせたドレスダウンを当時からサラリとやってのけちゃうのさすが!
  • PHOTO:Rex Features/AFLO
    カーラ・デルヴィーニュ
    モデルのキャリアを始めた2009年、VOGUE FASHION’S NIGHT OUT(ファッションズ・ナイト・アウト)で、ジョルジオ アルマーニのストアを訪問。今では珍しいキュートな装いも、アイコン的な眉毛はくっきりそのまま!
  • PHOTO:Rex Features/AFLO
    アンジェリーナ・ジョリー
    1986年、ノミネートされた俳優の父ジョン・ヴォイトと共にアカデミー賞に出席した10歳のアンジー。存在感大のレースドレスを堂々と着こなし、とびっきりオーラを放つ姿には、もう脱帽の一言。
  • PHOTO:GETTY IMAGES
    ウィロウ・スミス
    歌手、モデルとマルチに活躍するスーパーティーンのウィロウ。映画『シャーク・テイル』(’04)プレミアでは、ネクストおしゃれニスタらしく、3歳にしてツイードジャケットでおめかし。父ウィルに抱かれて甘える笑顔にキュン!
  • PHOTO:GETTY IMAGES
    ジョージア・メイ・ジャガー
    母ジェリー・ホール、弟ガブリエルと一緒に『ハリー・ポッターと賢者の石』(’01)映画プレミアに参加したジョージア。7歳の当時は母の手を握り、後ろに隠れるようなポージングなどシャイな性格だったよう。
  • PHOTO:GETTY IMAGES
    メアリー=ケイト・オルセン&アシュレー・オルセン
    大人気ドラマ『フルハウス』の“ ミシェル”だった頃は、お揃いコーデがお決まりだった2人。1992年の初レッドカーペットでも、色違いのレースドレスとバラのアクセで仲良く肩を組んで登場。
  • PHOTO:GETTY IMAGES
    リアーナ
    デビューした2005年、メンターのJay-Zがホストを務めたティーン・ピープルのイベントに登場。大胆なお腹見せ&見せパンは、レッドカーペットでもステージでも当時のリアーナの定番スタイル!
  • PHOTO:GETTY IMAGES
    マイリー・サイラス
    もはやキワドイ衣装で過激なイメージしかないマイリー。大ヒットTV番組『ハンナ・モンタナ』がスタートした2006年、ディズニーイベントに出席した当時は、まだまだ年相応のおしゃれを楽しむ普通のティーンだった!
  • PHOTO:GETTY IMAGES
    アレクサ・チャン
    16歳でモデルデビューを果たすも、意外にもレッドカーペットデビューは2006年と遅かったアレクサ。ガーリー要素を取り入れたおしゃれスタイルは相変わらず、今よりもちょっと顔がふっくらしているのが可愛い!
  • PHOTO:GETTY IMAGES
    ビヨンセ
    デスティニーズ・チャイルド初期メンバーのケリー、ラトーヤ、ラターヴィアと、1998年のソウル・トレイン・ミュージック・アワードに出席。パワフルウーマンの今と比べると、少々大人しめなビヨンセも魅力的!
     
  • PHOTO:GETTY IMAGES
    ジェニファー・ロペス
    1994年、ハリウッドで行われた『Mi Vida Loca(原題)』映画プレミアにて。下積み時代のこの頃は、ナチュラルなカールヘアが定番だったジェニファー。22年後のいまの方が何倍も若く見えるという、奇跡的な美魔女ぶりを証明。
  • PHOTO:GETTY IMAGES
    ジェニファー・ローレンス
    レッドカーペットに欠かせない存在、ジェニファーの初登場は2007年のムービーガイド賞授賞式。TVドラマデビューしたての16歳らしく、プロム感満載のルックに内股のポージングもかなり初々しい!
  • PHOTO:GETTY IMAGES
    ケンダル・ジェンナー
    母クリス、父ケイトリン(当時はブルース)とともに映画『ムーラン』(’98)のプレミアに出席したのは、2歳のケンダル。パッツン前髪&おかっぱのあどけない少女も、今や世界を揺るがすトップモデルに大成長。
  • PHOTO:GETTY IMAGES
    テイラー・スウィフト
    初レッドカーペットは、レコードデビューした2006年のCMTミュージック・アワード。今やポージングも顔つきも完璧に決めるテイラーでも、当時は何だかぎこちないポーズと笑顔だった!
  • PHOTO:GETTY IMAGES
    グウィネス・パルトロウ
    『サウス・キャロライナ/愛と追憶の彼方』(’91)の映画プレミアに、母であるブライス・ダナーと出席したグウィネス。初映画に出演したばかりのこの頃も変わらず、お嬢様らしい上品シンプルなファッション。
  • PHOTO:GETTY IMAGES
    エマ・ストーン
    2006年、リプレイのローンチイベントにて。TVドラマでチョイ役ばかりだった17歳のエマは、まだまだ普通の可愛いティーンエイジャーといったところ。上手に垢抜けて良かったネ!
  • PHOTO:GETTY IMAGES
    ダコタ・ジョンソン
    父のドン・ジョンソンと手をつなぎながら、家族で『ティン・カップ』(’96)の映画プレミアに現れた6歳のダコタ。今ではすっかりブルネットが定着しているけど、実は地毛はブロンドだった!
  • PHOTO:GETTY IMAGES
    キルスティン・ダンスト
    世界に名を広めた『インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア』(94)の映画イベントに、ベルベットドレス&パールネックレスの大人レディな装いで決めたキルスティン。12歳なのにもう完璧に大人の顔なのがスゴイ!
  • PHOTO:GETTY IMAGES
    アナ・ケンドリック
    映画『ピッチ・パーフェクト』シリーズで大ブレイクしたアナは、実は子役出身。初レッドカーペットである1998年の第52回トニー賞では、12歳という史上2番目の若さでノミネートされただけあり、体は小さくとも大人顔負けの抜群の表情。
  • PHOTO:GETTY IMAGES
    キーラ・ナイトレイ
    2001年の『ブリジット・ジョーンズの日記』映画プレミアにて。ブラが見えるレースキャミでソーラ・バーチと仲良く撮影に応えるキーラ。レッドカーペットとなると大胆衣装に挑戦する姿勢は、16歳の時からまったく変わらず。
  • PHOTO:GETTY IMAGES
    ヴィクトリア・ベッカム
    スパイス・ガールズとしてデビューした1996年、得意のシックコーデでイギリスファッションアワードに出席したヴィクトリア。通称“ 笑わない女”の如く、当時から無表情でポーズを取るのがお決まりだった!
  • 関連記事サムネイル

出典:MISS VOGUE
TRANSLATION : PEELING MARIKO

FromVOGUE